Entries

lai//jeje

saliko/mel
bozimel koerpe
soloto-saliko, saliki, soloka.
teloso-baleko,
paleto.

vihimo
caeca//laemeno

zekuea



role di lant minyi nois tsa zkzk da lae mi legislegi lou zest ydyk maiklio
dae vorzitlea har zilen vugahn cuer eylenber ma sfhua
seilsig nal tkoa rerro o refazr o tad fingel hitoyubi o le ortri
otri dar olkwir
dyfu meer d eintz fyfmunyi gos zidt de ilsi
foldi wi rhgh bdba wirelkun
mer loi fika desqha werd hubennu
romibredhdsikea
orbiskitffruiktea


djqera moikmenn
nn liekxon jeg
nn jeg lieb
ovon a
o nn ha li nn ha laubqqbar bei je
jeg liekqr nn o
lieker jei nn av o va o
je lieb nnta
nnqatarika
kaktoogi tte kakgitte dea


dottidemo
xuer.dzig reiki jezikamuiriki

dei xuer .dm yizk ameriki
xuer yei yuzk amrk demi
tukeeru tekto deiimo
li eto e
t mi hal dimkea


bigouute dea
nebiscikkudea
o a ki ni ga
yi zhi sae lue nie kaa duwakka
tie znuu xnu
b l ka chaokea

to mk lolsuginnaau

zaukbwer
tuideniakariduea

itigokiuniu toyuu kijunkaa




akeko ai banbang hau ywl
di atitud regreta ge efresie
a cauz a humain ojet sunde beflaffa


mis ts mhis dew ku mheus
acer da azer et azre
aber aver
voír

tem
temp
meo
mé m mè ê ª mêa e mêo
prisa
esa eso
eto
eta
ela
ile

ele shiao likka na li
vener xa brapide
queria

warshaw ow siau

eplikar
tener uvas
ikuera
icuera
icera

ocuro
puedo

ambas
sucedo

deber
fazer
fui fiz
gatos
gata
h d ahora b ao´ra e aóra e alhe e olhos kea ea
som ojos
ojho ts olho kea plurai lkea ea

jantar karen
lhamo
lameda

zuker
xil ssilfon
cauza

vinki vinsi vinci
baralor
neste

nada
nadie
mamou
mossia

lekka
~y ^y ý `y è som yko tyfer

akseari ê wa ee
e ha + o '

te ea

ch e VC Cha
tha e Tha
cosono
mo vokalo

cvccv
e
cc ha rha rta rdo trea

et ok hatte z nose nheuee kea ea
bqmpyi go czwa dae
birmani ikta


yan'goun go la dae yangon ni ikta


houkou ya ikisaki ko kakko go ea


taisyiou hi siuhi elta kei
ka wa

di sa'ou' ko pha' tae
kono hon o yonda´
cqnao ma.hla. go vcchi' tae kono ho y lf _ma d d hla_


b naktemo tukaeru ts ko wa naikto ga nrm sse ttesaaew ea


mta naninani o daredareni ageru wa
daredareni ni wa ko o tukemasu

ma.hla. go sa'ou' pe- dae


a kyara no setumei eta
a lae fatzn so kera ea


natt doko mitenno tte ktokaa b yuyyi yuyyidsiiyotokew ea

uálsTuNombre smlag laag o lee


cenau.. menai&'phan.. kheyi: thwee' mai"


'ephe'eme nai. 'etudu.. czwa mai"

began.. bagan sa pagabn bi bukkiuiseki
«dima»(nom)siug ibe
man:delei: outo gaat'a


'etu..du.. issoni


ka. me la: odoru


aatyff nare da br e hg datte narabi tyauu onajino gaarunoni sore nimo haititigaute ea

pi bi.. mou owatta

la.. bi densa nado kita

siowatta
themin sa pi: bi gohan tabeowatta

dopusi lenketu lenzokuu

lai' la.. dai tuitekuru
tukisitagau kuerru
wai.. sa dai katte taberu
doosi sonomama katatiz meelwibun
nrmliu teinei

sa: ba tabetekudasai

lai'la ba.. tuitekite

'emei yai. lounji

d bai..
gimounsi doko dono

bai.. hma sa cdelai

bai hin: sa: melai: dono caita behwa
bai ha.. lai: doredeh


me sa:ya. cdelai

madataberutumorigaarimasen z

me sa cdei bu:


konohiugen sa sonomama ni na
oisii
tabete oisii todenmo naruhr

sa lo. kaun: dai


kijik okrea


tetmin gohan
pi: dai.. nnsi owaru
ya. jodousi czei) mada nn da
minge la ba ss dagliu alle ziten moyen hoje
sa gakkouliu jinkouteki leet

beur brmeese
nei haun_ la: genkideh

ei z e soni
ou z o soni




walkaru da mimiga mawaru
kiku z mimio tsateru
uresii z hara ga kokotiii

hitei a doosibbn dake
sa
na: me lai bu:
na: me thaun.. bu:
wun' me' cza.. bu:




hiteibun
e gimounsi
ba me cai' cze lai_ nani z sukidenaih
ba jaun. me la dce lai: dousitekonakata noh
ba jaun. naze


a. falliu
a: logh lo lentel

muji za cz cda z lkou levl



yakakko ffo ffuff ya zja gja teyu



kantana kaiketuhou da genojin i tyui
attominaade abne dake e
jibun de huirou atto te ktokaa


kobini tokade
lesito o morawanaikyak gairu
naeiruka naze hassiou suruka
ni tuite lonjirukiransaiga

so siuhisia na kweenlli no houki dazo
sitagatte kobinidewa lesito o dasitoite tewatasanai
saabis gaaru ke dareda manyua tyuktta yatu

hitokoto ytuutemade na dolikisitemade rumania
morau kotodatoomoenuyu

sukosi tatisaruno o hikinobasite moraerukamoraenaikawa hannhannda
kore ga meu sentak daga



mab dad ba.a
maa daa baa

katjbe sakjn
sagj malj kinsiligu


palep
papel e escribol areba densijisio
koffie yousi
bolffen dhis ure
rot npyouidakedeiika
motiarukiwa souke


segqranza ce tem vose affostor na wt i es valid ook


hauptkomisser


netotta
so miliuok de lfm
ts hmna kuersse koulio kangee
no baai o kangeetenaiyounaiikatadanaau


lma lt nuharya si
llena rtaoya
tree s lt sila

dei mist o mrs llena koms kakko dhe qsekund fosision i som komfetit

thre iz the werd fer sam i denfkrwea


situlei itamasi
kno mmousikomi vaan mmukou desy da ktmu


aa mittuake no kiy wakta datte

joudan karakakuto
gedan ni no juujou ninaru tie hi e


urdu^oule.dut ^oule-dut tte ktokayee


aasouka aah syh menboo
kami sin noga takainkaasanmbaaikea


am readey ter tel la trode


toche fiisii atowa tanssinomondeei
u fisilig fhon wa tansi youuisareteneesi


dicen ook yo_ dikn at ne debe gente de kantist y fm kysr emap i smsm tv flog ana bitrosgaprea
charze kantistakwea

zenbujaneeyonaakeaa

ta dente deattemo
login gamen so ke
teim genkai naisame dasi
login jootaide moikkai tamesiikrea


nikonikotameni webrouzanihgn settoka


hukuzatukakkoii na hm y jiouhousukunamekwy na fm insiou fas gente de bunsekimeu


getuyoubi bbi ts attono gamen onajiyouka menton to ga mitokerwea


uui iohasiayuyyukerea


wortqpouuer ts hdrrrew ts suiatuhkea

hej
ciuu

ciuciou o riciuh bqq so esstinkt
peipei b ko eztinkt dhoueirea

bq ku esgtinct



pelta
bja betqta

maits
maita ga kwykute ikiterunogaturlai
sa neetafraso ber trot de jeg

giiem eks dot uueskea

yuiyue
yuiyuerkea
tuttemo touniutyuujan twa no efsdo
ok wt absorde kordemeukeatea


neule le leikich dingh
nelte
netleke soirmkkaea

meegen
janektemo
mottohomeroeilaga kawaikute eewre ewrtea


uotthoou ga aknakaakrea

suómi ittan é ´efas e ´ eha erikea yhmm

toyuuktorasii
koko ft entkea

sheeinhaih yosoositenekwanaagarea

ooushiounis tttetrea

seriibrum eeikon deatte selebrnt eikn janeeteyuu mendoo bieta diverarea

konndiniuute rew ts ii ba tinîiu dekkarea


se leiibun sa catz mer de caon kayhmeu


zerker qer hukusigobbikrea

tyiursann
sont tyurrklktrea

kutruukrea


a aah texente xorto sineeteyokatanewffllaklerkea

zhulaoga siozk humeiitekerea
ue ee
ao ha oo

ua ha aa

ie t ron
io t ron
e
ae ha ro ee
ao ha ro oo

ui de
esh ha es
ess ha ec
amyuntzu amyntsezu
ecz ha ez
eq d ng^ ha raro
ui raro
ou ha raro

eu ha raroku

eff bee weru werku nu askeduld ofgraadekea

fuuiriz ber bezkea

gorgia alle testekrea

de letr zif lok nea

ya todrierkea

et eti ut etsh e ets kaa
b ze ha etz dajkannarea

nizffake
kakko de sikakkakikakko uziunlimbkea

froostkolrea

seikareukawzeuzea

tek do na dojikokereunaea

ad aqdeus ba tei ess soni dmeu kka
adeuukea

viddeo enn e
ein e en e een so
enn ga en eni enoi
een ga eankea
e tei utbal één teyuu klea
e fing meeikutteyuuwaea
soqnni mo evvefff sscezzg mo hiujikiiranekaa medanamedewa esa etas arugakeataregouea

senta sentiaeikea

[sedea

entas ekeeyazbrea

mesea]

aauyu* edeokke jiuu
aaydio o_ou lukouea

tsh zakkeqee vi daneeyyeukea
emm emm do akna anmekeea
tiaki itumoissina warini d meusi hrkba sukkiyannaareteuea
filankke oivajea
jeanta jetejea sdsu dsi disiea
mesunggatrea
anjik
anihik
yutte etgtrta sse tyuuukotte te eta
hatt tssitatt tekk terkkejeauea

melennka ka eaka kaea
sousasei d serqro zero d gb dar gbaa tei ddsubakea

yukt okt hanazaasandeuka nanetarea

deter deteikrrkeqea

derrontéa


feuncchiun maik fk kaaiikenea
tyedeikea
trektostrayyuteea
volmbar ga soosa liutakkea okteiearamudea

ha t akse litrluh
aber
die akzente fals aan die erst syllable se da sylla s penultimeeit

die akse falz aan di erst syl se da wt monosyllabea


liknblo meita e ayuta
otagaiatte aah moukk kwiy
kwyqi tawea

tanimaqaah mrn nvikea

nn o dasitauyoh
sitayolkwea


adjonde
tsqa eikum

retorto kurrey
oisiikarraday0
9reeision
hajuregasukkunaasi
oisi toyoweru mikaak motinusi li generali ezist qber
kareeto suihann himoasi
himosi
hosiqi e siohotejk kaarea


yo e ty o u o du
ta ha sie dei der hi ha
mog i lr biete

li ha daiyonninsiu ts kankeedaissi

la e lo daogoninsiu ts sijissi y to

dailokh moghe eto dat e at ce mek nounu frazo

.a rezultamenteb mes of ha unwelkomli welkomte

?a troliun ha fyr ayporpus unwelkomli unwelkomten
taurea


daote
daitainojikan de wkrtyui liyou fits mi cyrklea


lou zek dongfa
donfa yuk luozel
dongfa yuk ezist de louzme
cuimetrofea



ko lit guo no sinn ennh
parametro to,yo lufaa kdwkimei
ts sougoukei na li gra sinnenn ts zhdifaas meeimkwea


eh como en ti e' cm eng i tih
neh e neng tih ne' como nen shi

noh como non tih
no' e no~ rri

li nossa tshois ber fhonetikomlemea

to mog etqh e etqghkresea


waht abeut me, mynameh wtswa kakko hypotekke wtsnem desu
wa hyfoteka
de lop dikun e ta antvore duraskea

waht ov mi minomh wtsd shd antvorte ce wtsnom desu takea


wtsneeim desu accordsu im wtsname fstriktli


wts o towanaranairasii
de isara dit wataasinokotowqa kiraiqdesukah
jidoosi yueh
jidoosi lca kiraikeeyousi y danteissi

watasio o wtsnkto o kirauu desukaqah dit risaracv
tadoositte kubunhkea

sonnano iyadesuuh na hua meiilea


tqtt ttro tofmea


tcgekue ud
tchequeeus
juujimee juusanjiikou

inrka siokbunu
sono mi wa yuderebea* humenne oisikuitadakeru
tpyuu kioku wa omoi wa naidaroo

sakanaa uwo wa
turiage
suimenkara huyouini destesimau
karatoitte

turareruno wa iyada na kangeeya

dakara tuyyiito no kuimono wa hokatokubetusiyou yu
kangeewanaidesoo

aber alle ce aimo ha
kiok o bei kilok wa b arudesiou
kiqok fr alle anime yodk ar barkeaxea

so ce cuol sam z sainotumikasane sinkallikea


negi magisfeeld aukre
dos î tres ctr cnk seis
tres i u ctr crt cnk sqs

ctr i u tres cnk
cnk i u tres ctr

i u na: ghoi
giu gou ghou
na ghou



to vli certa zet^set se la tror ce vos antes dice


shribe
shu kakko bri
sribe bri cusku de verano de wintro de sezono juitigatu
elva monto saizno ba tteyuwarea
kakko i kitahankyuukea


okay ok
her uw ar

llangssuomi zek sil tol kol vel xel jol cil bol nol etkomadi tel

muo rgarde snoib
noil

nyt vak
nyt neh

ah
uih
auh
aoh
aih

tek ne nyhyser achui

duler nyhyfqahirkea

i de maffkikea


nayyiyosokea

saaqanjaaqaqaqaqaahqaah darkkudea



ré'bàto
vnis ye bárètò

fuqo helxesz
fuo helxecz
do uhi ahi ouhee


goridizziie

stutujiyouspga
gobiwa etk de iiteyumeula

setujiyousoga mittumoyottumo

jaa kussetux gobi de yousi itafouga yokuu

muttumo nanatumo turanarunowa koutyak murkee datte
natva joneemoyonyu

natvo har tb ss rr msen ds ta tteyuu korekuraiikea

serislkvokea

kiu ku itiko trrea

sinku daga cinkue janek neekahew ea

gojaneetew ea

haruka oneesama z haruka neesama kaa

owa nom no kawari te kyara gaa gara gaarunkaarew
lubia taru

nunu sika sentaksi mietenai tteyuu soadi kew ea

lamion la
labdaa la laab laad laadi mne dii hutottah wa
kuwe
mne oo siulai
oo siulaiseigaa a mne vui zu yuute neta rika ew ea

lmer eso aka yu o lmer eso yu aka
nandaga
lmer eso aka o lmer lo yu aka kaate
so lmer yu aka kaatew ea

ä leik b dhè ie sond

i wonde how zou gugg szwbqym mnju b,li.gi
how you look dhè idéa sono eidyqa a mit lou surcum

aan' ei found nothin' better dhan
dhen i wonder dher'y dher'z nothin' detteb dhan dhe unriformer veryomn

mzyd my altenate

some ha sum b love ha luvh lovkomokea

an' nothing thq idéa to be found more good dhan bifore
sion onsontariteru
katute thorn et edh tukootetaga

b
v et mer de ez eyh y riffreyet mer de ilevnh

ffáshnth

b tei riform ynekke de latei wt zo dikba

ovub s exeftionell

et k onninn d voy ha
fine wigh mi
dbee fein dat infinit ha tei infinni
car infini ha steez
fine ha fein

se toffsonnel

haisi d add ad well wel
fyr yizu zou

fyr ye di

to ye moja do u feind iy iz dhis much more
mu
much bettre dan biffo
much a bood for youhkea


i dat senc meka ha makina makino ha de obje
meka ha erkug

dat tor e te
criator e criado o kriada
sue

humana de nim ha
humana ser
humano bar

cor ha coloura b tei dele
cor la colour o colouro se ffasiv o okke

meta ut forze eta gurl cora azi etazhq ga delettokea



yuuki ittawaa te irttawaate yuu hituyoudattawaa noda ga kikiyasuune me ra te yuwa ea

tawa tewa kiwa la kanoyunn yuyoon yawaan yuyoonre ew ea

dak e dakks e ankaronn mikeesuka usqt e zumi mne gaaruyo
bure gaaruyo stikam kaa sooyuuno miekesoukanaate
rea ea

oknmwa santoka hokka dousantoka
tokusanjanenowa
dakara
tiba saitama e kantookennaiwade ew ea

neeh maita konsommet yyasakei suuff ni karnn can car carne toyyi y carne buta iyyeteeee te reqa
carne rol na kome dakke sooyuu kara ajin okaa amakara siuyu ajikeikaarew

effuyunga effuyunga ea
schrib dakkan scribe sribe dakkio
iyaah sks az dnmfu drime kizukankattayooudea

sisaqil atte kizuutaye

medáogo
ぶあらもか
http://logsoku.com/thread/academy4.2ch.net/gogaku/1143331014/
べろむ
ひとごれ」の編集 (@wikiモード=>編集方法はこちらをご覧ください)



ボールド イタリック 下線 大見出し 中見出し 小見出し リスト 番号リスト テーブル 水平線

リンク 引用 プラグイン

ごるとごむ


melobido
プラグイン

non set largaa

dea

ニュース
@wikiのwikiモードでは

#news(興味のある単語)

と入力することで、あるキーワードに関連するニュース一覧を表示することができます
詳しくはこちらをご覧ください。
=>http://atwiki.jp/guide/17_174_ja.html




たとえば、#news(wiki)と入力すると以下のように表示されます。


newsプラグインエラー:「wiki」の検索結果を取得できませんでした

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%8D%E8%AA%9E

%E8%A9%B1%E8%80%85%E7%8D%B2%E5%BE%97

wiki/母語話者獲得

つまり
変容しながら
獲得される

また

されたものは
質が異なると

ふぃろぐ

ばぜと-めろご

複合語
ハイフン
でつなげる
慣れがあれば
ハイフンはいらないです
しかしそこまで習得する人はいないと規定します
常に安定してハイフンは使います







Non-land
など

「めろびど」を削除しました。

ねさしゃべ
日本語 / English
kuli

こい せみ、何かぜみ

kaka: least, 最小
kaki: water, 水
kako: warm, 暖かい
kaku: standard, 規格
kala: angle, 角 (度)
kali: cold, 冷たい
kalo: underground, 地下
kalu: driven, 駆動された
kana: position, 立ち位置
kani: minus、マイナス
kapa: leg, 脚
kapi: protection, 保護
kapo: hiding, 隠匿
kapon: behind, 〜の後ろで
kasa: going down (falling, etc.), 降下 (落下など)
kasi: little, 小さい
kata: deposit, 預託 (鉱床、堆積)
kato: slow, 遅い
kika: decaying, 衰退
kiki: fantasy, 幻想
kiko: equilibrium, 平衡
kiku: another (new), もう 1 つの (新しい)
kila: line, 線
kilan: along, 〜に沿って
kili: energy, エネルギー
kilo: moving, 動き
kilu: supported, 支援された
kilun: thanks to, 〜のおかげで
kina: ability, 能力
kini: crisis, 危機
kipa: solidarity, 団結
kipi: hesitating, ためらい
kipin: or, または
kipo: anxious, 不安
kisa: growing, 成長
kisi: competition, 競争
kita: watching, 見張り
kito: chance、チャンス
koka: child, 子ども
koki: human being, 人間
koko: heredity, 遺伝
koku: security, 安全
kola: sibling, 兄弟姉妹
koli: creature-like machine (computer, robot, etc.), 生物的機械 (コンピュータ、ロボットなど)
kolo: the people, 民衆
kolu: born, 生まれた
kolun: years old, 〜歳の
kona: experience, 経験
koni: tiredness, 疲労
kopa: religion, 宗教
kopi: a subordinate, 部下
kopo: monster, 妖怪
kosa: parent, 親
kosi: kin, 血縁者
kota: memory, 記憶
koto: a generation, 世代
kuka: component, 部品
kuki: all, すべて
kuko: species, 種 (族)
kuku: response, 応答
kula: direction, 方向
kulan: in the direction of, 〜の方向に
kuli: name (word), 名前 (単語)
kulo: topography, 地勢
kulu: varied, 多様化された
kuna: studying, 研究
kuni: chaos, 混沌
kupa: type, 型
kupi: custom, 慣習
kupo: special、特別
kusa: design, 設計 (計画、目的)
kusi: feature, 特徴
kuta: strange, 奇妙
kuto: season, 季節
laka: bottom, 底
laki: thinking, 思考
lako: emotion, 情緒
laku: a partition wall, 仕切り壁
lala: togetherness, 共同性
lalan: with, 〜とともに
lali: number, 数
lalo: picture (view), 画像 (景色)
lalu: defended, 防衛された
lana: inside, 内側
lanan: in, 〜の中で
lani: back, 後ろ
lapa: skin, 皮
lapi: duty, 義務
lapo: encountering, 遭遇
lasa: top, 頂上
lasi: mirror, 鏡
lasin: against, 〜に対して
lata: outside, 外側
lato: phase, 段階
lika: carpet, 敷物
liki: catalog, 目録
liko: food, 食べ物
liku: a set, 一式
lila: attachment, 付随品
lili: chain, 連鎖
lilo: facilities, 設備
lilu: quested, 探求された
lina: property, 所有物
lini: weapon, 武器
lipa: public property, 公共物
lipi: a certificate, 権利書
lipo: object, 対象
lisa: cloud, 雲
lisi: itself, それ自体
lita: envy, ねたみ
lito: monument, 記念物
loka: sea, 海
loki: place for development (school, mine, etc.), (能力) 開発拠点
loko: home, すみか
loku: museum, 博物館
lola: suberb (frontier), 周辺地域
loli: warehouse, 倉庫
lolo: map, 地図
lolu: passed, 通された
lona: neighborhood, 近所
loni: hole, 穴
lonin: through, 〜を抜けて
lopa: building, 建物
lopi: the State (a nation), 国
lopo: unidentified place, 不明領域
losa: mountain, 山
losi: book, 書物
lota: Paradise, 楽園
loto: vibration, 振動
naka: taking, 取得
naki: using, 使用
nakin: by use of, 〜を使って
nako: pet, ペット
naku: choice, 選択
nala: mind, 精神
nali: understanding, 理解
nalo: calling, 呼び出し
nalu: pulled, 引っ張られた
nana: loving, 愛
nani: dreaming, 夢想
napa: part, 部分
napi: holding, 保持
napo: subconscious, 無意識
nasa: conscience, 良心
nasi: personality, 人格
nata: coming, 到来
nato: date, 日付
nika: bridge, 橋
niki: despair, 絶望
niko: desert, 不毛地帯
niku: unique, 唯一の
nila: middle, 中央
nilan: among, 〜の間で
nili: poor, 貧乏
nilo: embarrassment, 当惑
nilu: refused, 拒絶された
nina: consuming, 消費
nini: complete, 欠けのない
nipa: ghost, 幽霊
nipi: vagabondage, 放浪
nipo: ordinariness, 平凡
nisa: freedom, 自由
nisi: different, 異なる
nita: loneliness, 孤独
nito: impulse, 衝動
noli: we except you, (あなた (方) を除く) 私たち
nopa: we (as an organized group), 我ら一同
nosi: myself, 私自身
paka: army, 軍
paki: light, 光
pako: nature, 自然
paku: science, 学問
pala: network, ネットワーク
pali: structure, 構造
palo: governance, 統治
palu: played, 演じられた
pana: family, 家族
pani: logic, 論理
papa: empire, 帝国
papi: law, 法
papo: fate, 運命
pasa: star, 星
pasi: form, 形
pata: mechanism, 仕組み
pato: calendar, 暦
pika: money, 貨幣
piki: analysis, 解析
piko: environment, 環境
piku: arrangement, 整理
pila: expression, 表現
pili: source, 源泉
pilo: war, 戦争
pilu: decided, 確固たる
pina: believing, 信じ
pini: bad, 悪
pipa: leader, 指導者
pipi: exchanging (selling, buying, etc.), 交換 (売買など)
pipin: instead of, 〜の代わりに
pipo: deceiving, だまし
pisa: god, 神
pisi: responsibility, 責任
pita: wanting, 欲求
pito: service, 奉仕
poka: sex, 性
poki: in what way (question), どのように
poko: who (question), だれ
poku: what kind of (question), どの種類の
pola: smell, におい
poli: which (question), どれ
polo: where (question), どこ
polu: forgotten, 忘れられた
pona: rapture, 恍惚
poni: presentiment, 予感
popa: why, なぜ
popi: whose (question), だれの
popo: question, 質問
posa: gambling, 賭け
posi: inferring, 推論
posin: if, もしも
pota: caution, 警戒
poto: when (question), いつ
saka: going up (soaring, etc.), 上昇 (飛翔など)
saki: air, 空気
sako: soft, 柔らかい
saku: much, 多い
sala: wing, 翼
sali: hard, 固い
salo: sky, 空
salu: shown, 見せられた
sana: vertical, 垂直
sani: plus, プラス
sapa: head, 頭
sapi: priest, 神官
sapo: silliness, 愚かしさ
sasa: most, 最大
sasi: big, 大きい
sata: curse, 呪い
sato: quick, 速い
sika: pity, 慈悲
siki: perfect, 完全
siko: sympathies, 共感
siku: good, 良い
sila: level, 水平
sili: concept (meaning), (意味) 概念
silo: point, 点
silu: continued, 続けられた
sina: being, 存在
sini: death, 死
sipa: reproduction, 再生産 (生殖)
sipi: brethren, 同胞
sipo: similarity, 類似
sipon: like (as a figure of speech), あたかも〜のように
sisa: morals, 倫理
sisi: truth, 真実
sita: obeying, 服従
sito: stone, 石
soli: you (including them), (彼らも含めて) あなたたち
sono: we (you and I), あなたと私
sopa: you (as an organized group), あなた方一同
sosi: youself, あなた自身
taka: hating, 毛嫌い
taki: pardon, 容赦
tako: abandoning, 見捨て
taku: excepting, 除外
takun: except, 〜を除き
tala: opposite, 向こう側
talan: across (over), 〜を横切って (〜を越えて)
tali: way, 道
talo: foreign, 異国の
talu: pushed, 押された
tana: going, 行き
tani: ruin, 滅び
tapa: surrender, 降伏
tapi: giving, 与え
tapo: erasing, 消去
tasa: turning, 回転
tasi: rival, ライバル
tata: quarrel, いさかい
tato: registering (writing, etc.), 記録 (書きとどめなど)
toka: second (as 1/60-th of a minute), 秒
toki: future, 未来
tokin: before (place), 〜の前 (の位置) に
toko: rhythm, リズム
toku: hour, 時間
tola: day, 日
toli: clock, 時計
tolo: local time, 現地時間
tolu: awaited, 待望の
tona: now, 現在
toni: sleep, 睡眠
topa: month, (暦の) 月
topi: minute (as 1/60-th of an hour), 分
topo: soon, そのうちに
tosa: year, 年
tosi: (almost) the same time, ちょうどそのとき
tota: past, 過去
totan: before (time), 〜より前 (の時) に
toto: tradition, 伝統


ro
はかろ

rroo datye

日本語 / English
kuli tala

めろほ さらし
はかろ-ほ 見せしめ
はがろぼ 鉄

kuli tala lin pasi i ni tosi lalan kuli tala lin sili. kuli tala sinalu nan lala i ki taki e ki siku sa lin i

napi e li lanan kota.
kaki: water, 水
kika: decaying, 衰退

kako: warm, 暖かい
koka: child, 子ども

kaku: standard, 規格
kuka: component, 部品

kala: angle, 角 (度)
laka: bottom, 底

kali: cold, 冷たい
lika: carpet, 敷物

kalo: underground, 地下
loka: sea, 海

kana: position, 立ち位置
naka: taking, 取得

kani: minus、マイナス
nika: bridge, 橋

kapa: leg, 脚
paka: army, 軍

kapi: protection, 保護
pika: money, 貨幣

kapo: hiding, 隠匿
poka: sex, 性

kasa: going down (falling, etc.), 降下 (落下など)
saka: going up (soaring, etc.), 上昇 (飛翔など)

kasi: little, 小さい
sika: pity, 慈悲

kata: deposit, 預託 (鉱床、堆積)
taka: hating, 毛嫌い

kato: slow, 遅い
toka: second (as 1/60-th of a minute), 秒

kiko: equilibrium, 平衡
koki: human being, 人間

kiku: another (new), もう 1 つの (新しい)
kuki: all, すべて

kila: line, 線
laki: thinking, 思考

kili: energy, エネルギー
liki: catalog, 目録

kilo: moving, 動き
loki: place for development (school, mine, etc.), (能力) 開発拠点

kina: ability, 能力
naki: using, 使用

kini: crisis, 危機
niki: despair, 絶望

kipa: solidarity, 団結
paki: light, 光

kipi: hesitating, ためらい
piki: analysis, 解析

kipo: anxious, 不安
poki: in what way (question), どのように

kisa: growing, 成長
saki: air, 空気

kisi: competition, 競争
siki: perfect, 完全

kita: watching, 見張り
taki: pardon, 容赦

kito: chance、チャンス
toki: future, 未来

koku: security, 安全
kuko: species, 種 (族)

kola: sibling, 兄弟姉妹
lako: emotion, 情緒

koli: creature-like machine (computer, robot, etc.), 生物的機械 (コンピュータ、ロボットなど)
liko: food, 食べ物

kolo: the people, 民衆
loko: home, すみか

kona: experience, 経験
nako: pet, ペット

koni: tiredness, 疲労
niko: desert, 不毛地帯

kopa: religion, 宗教
pako: nature, 自然

kopi: a subordinate, 部下
piko: environment, 環境

kopo: monster, 妖怪
poko: who (question), だれ

kosa: parent, 親
sako: soft, 柔らかい

kosi: kin, 血縁者
siko: sympathies, 共感

kota: memory, 記憶
tako: abandoning, 見捨て

koto: a generation, 世代
toko: rhythm, リズム

kula: direction, 方向
laku: a partition wall, 仕切り壁

kuli: name (word), 名前 (単語)
liku: a set, 一式

kulo: topography, 地勢
loku: museum, 博物館

kuna: studying, 研究
naku: choice, 選択

kuni: chaos, 混沌
niku: unique, 唯一の

kupa: type, 型
paku: science, 学問

kupi: custom, 慣習
piku: arrangement, 整理

kupo: special、特別
poku: what kind of (question), どの種類の

kusa: design, 設計 (計画、目的)
saku: much, 多い

kusi: feature, 特徴
siku: good, 良い

kuta: strange, 奇妙
taku: excepting, 除外

kuto: season, 季節
toku: hour, 時間

lali: number, 数
lila: attachment, 付随品

lalo: picture (view), 画像 (景色)
lola: suberb (frontier), 周辺地域

lana: inside, 内側
nala: mind, 精神

lani: back, 後ろ
nila: middle, 中央

lapa: skin, 皮
pala: network, ネットワーク

lapi: duty, 義務
pila: expression, 表現

lapo: encountering, 遭遇
pola: smell, におい

lasa: top, 頂上
sala: wing, 翼

lasi: mirror, 鏡
sila: level, 水平

lata: outside, 外側
tala: opposite, 向こう側

lato: phase, 段階
tola: day, 日

lilo: facilities, 設備
loli: warehouse, 倉庫

lina: property, 所有物
nali: understanding, 理解

lini: weapon, 武器
nili: poor, 貧乏

lipa: public property, 公共物
pali: structure, 構造

lipi: a certificate, 権利書
pili: source, 源泉

lipo: object, 対象
poli: which (question), どれ

lisa: cloud, 雲
sali: hard, 固い

lisi: itself, それ自体
sili: concept (meaning), (意味) 概念

lita: envy, ねたみ
tali: way, 道

lito: monument, 記念物
toli: clock, 時計

lona: neighborhood, 近所
nalo: calling, 呼び出し

loni: hole, 穴
nilo: embarrassment, 当惑

lopa: building, 建物
palo: governance, 統治

lopi: the State (a nation), 国
pilo: war, 戦争

lopo: unidentified place, 不明領域
polo: where (question), どこ

losa: mountain, 山
salo: sky, 空

losi: book, 書物
silo: point, 点

lota: Paradise, 楽園
talo: foreign, 異国の

loto: vibration, 振動
tolo: local time, 現地時間

nani: dreaming, 夢想
nina: consuming, 消費

napa: part, 部分
pana: family, 家族

napi: holding, 保持
pina: believing, 信じ

napo: subconscious, 無意識
pona: rapture, 恍惚

nasa: conscience, 良心
sana: vertical, 垂直

nasi: personality, 人格
sina: being, 存在

nata: coming, 到来
tana: going, 行き

nato: date, 日付
tona: now, 現在

nipa: ghost, 幽霊
pani: logic, 論理

nipi: vagabondage, 放浪
pini: bad, 悪

nipo: ordinariness, 平凡
poni: presentiment, 予感

nisa: freedom, 自由
sani: plus, プラス

nisi: different, 異なる
sini: death, 死

nita: loneliness, 孤独
tani: ruin, 滅び

nito: impulse, 衝動
toni: sleep, 睡眠

papi: law, 法
pipa: leader, 指導者

papo: fate, 運命
popa: why, なぜ

pasa: star, 星
sapa: head, 頭

pasi: form, 形
sipa: reproduction, 再生産 (生殖)

pata: mechanism, 仕組み
tapa: surrender, 降伏

pato: calendar, 暦
topa: month, (暦の) 月

pipo: deceiving, だまし
popi: whose (question), だれの

pisa: god, 神
sapi: priest, 神官

pisi: responsibility, 責任
sipi: brethren, 同胞

pita: wanting, 欲求
tapi: giving, 与え

pito: service, 奉仕
topi: minute (as 1/60-th of an hour), 分

posa: gambling, 賭け
sapo: silliness, 愚かしさ

posi: inferring, 推論
sipo: similarity, 類似

pota: caution, 警戒
tapo: erasing, 消去

poto: when (question), いつ
topo: soon, そのうちに

sasi: big, 大きい
sisa: morals, 倫理

sata: curse, 呪い
tasa: turning, 回転

sato: quick, 速い
tosa: year, 年

sita: obeying, 服従
tasi: rival, ライバル

sito: stone, 石
tosi: (almost) the same time, ちょうどそのとき

tato: registering (writing, etc.), 記録 (書きとどめなど)
tota: past, 過去

とほそれも

とほ 時雨
日本語 / English
kuli sasi sin pila

nekula: east, 東
tekula: southeast, 東南
sekula: south, 南
kekula: southwest, 南西
pekula: west, 西
lekula: northwest, 北西
sukula: north, 北
pukula: northeast, 北東
nesana: left, 左
sanane: right, 右
kula si: straight, まっすぐ
(kila) sasi: long, 長い
(kila) kasi: short, 短い
kila pin na tan ta: distance, 距離
kisa pasi: size, サイズ
sonoli: we (including you and them), 私たち (「あなた」と「彼ら」も含む)

pasi tasa: circle, 円
kila tasa: curve, 曲線
kalake: square, 四角
lo sila: flat, 平面
sipo loni: hollow, くぼみ
laka laka: deep, 深い

(sana) sasi: high, 高い
(sana) kasi: low, 低い
(sila) sasi: wide, 幅広い
(sila) kasi: narrow, 狭い
(lana) sasi: thick, 厚い
(lana) kasi: thin, 薄い

(la) nilan lato: slope, 坂
lola lata: edge, 端
kala kasi: sharp, 鋭い
lili loto: wave, 波

pikulu: simple, 簡単な
ki pikulu: complex, 複雑な
kila kisi: parallel, 平行
lika kasilu: fold, 折りたたみ
tasa nalu: twist, ねじり
nisi kila: end, 末端
tanilu: broken, 破壊
napa napa: bit, 破片

kulali: measure, 目盛り
nisisi: false, 虚偽
sasi napa: rate, 率
sasi pasi: scale, 縮尺

neto(nepike): morning, 朝 (6:00-12:00)
teto(nepike): daytime, 昼 (12:00-18:00)
seto(nepike): evening, 夕 (18:00-24:00)
keto(nepike): night, 夜 (0:00-6:00)
tolata: Yesterday, 昨日
tolana: today, 今日
tolaki: tomorrow, 明日
tolasu: week, 週
kutola: week-day name, 曜日
nekutola: Monday, 月曜日
tekutola: Tuesday, 火曜日
sekutola: Wednesday, 水曜日
kekutola: Thursday, 木曜日
pekutola: Friday, 金曜日
lekutola: Saturday, 土曜日
sukutola: Sunday, 日曜日
nekuto: spring, 春
tekuto: summer, 夏
sekuto: autumn, 秋
kekuto: winter, 冬
netopa: January, 1 月
tetopa: February, 2 月
setopa: March, 3 月
ketopa: April, 4 月
petopa: May, 5 月
letopa: June, 6 月
sutopa: July, 7 月
putopa: August, 8 月
nutopa: September, 9 月
nenitopa: October, 10 月
nenetopa: November, 11 月
netetopa: December, 12 月
kasi toku: early, 早い
sasi toku: late, (時期が) 遅い
kolu (kilo): start, 開始
sini (kilo): stop, 停止
lapo saku: frequent, 頻繁
niponi: sudden, 突然
kikuna: last, 最後の
tasini: young, 若い
nasini: old, 古い

pakuli: language, 言語
lotoni: sound, 音
lotonilu: voice, 声
pipi laki: talk, 会話
pila nini: example, 例
laki tapilu: teaching, 教え
laki pata: theory, 理論
laki salu: statement, 言説
tata posi: argument, 議論
naku taku: test, 試験
kuli kuta: sign, 記号
kuka kuli: letter (alphabet), 文字
kuka lotoni: syllable, 音節
tato katalu: letter (mail), 手紙

i naka e lotoni: hear, 聞く
i naka e paku: learn, 習う
i posi e sisi: judge, 判定
naku sapo: error, 間違い
i sa e kusa: suggest, 提案する
i naka e lipo: feel, 感じる
i napi e sisi: know, 知っている
i nali e losi: read, 読む
saku kona: expert, ベテラン
pata posilu: opinion, 意見

sisina: fact, 事実
latota: (hi)story, 話 (歴史)
tato posilu: fiction, フィクション
kuki lipo: detail, 詳細
kipipi: quality, 質
lapali: relation, 関係

niki tako: important, 重要な
kuki kiku: rest, 残り
kata pito: request, 要請
kunilu: mixed, 混ぜられた
kuku kita: news, ニュース
taliku: process, 過程
kilo kuku: reaction, 反応

paku lili: chemical, 化学
piko lalolu: prose, 散文
pila tokolu: verse, 詩

lilosi: paper, 紙
lalosi: page, ページ
kaki tato: ink, インク
litato: pen, ペン
litato sako: pencil, 鉛筆
lilosi tato: note, ノート
pasi kupo: mark, マーク
koku sisi: stamp, スタンプ
kakula: flag, 旗
lapa pipi: parcel, 小包

lasi lako: face, 顔
kila sapa: hair, 髪
kita paki: eye, 目
kita lotoni: ear, 耳
kita pola: nose, 鼻
saki toko: breath, 息
loni lotoni: mouth, 口
sala sako: lip, 唇
sala sali: tooth, 歯
kapa kapo: tongue, 舌
kala sapa: chin, あご

kapa sapa: neck, 首
lakapa sapa: throat, のど
kulapa kita: chest, 胸
kapa napi: arm, 腕
nekapa(nepipe): thumb, 親指
lapa sali: nail, 爪
lonepite kapa: knee, 膝
kapanepipe: toe, 足指
kapa lani: tail, 尾

kapa sali: bone, 骨
kuka kilo: muscle, 筋肉
kakiko: blood, 血
kila kota: nerve, 神経
lokota: brain, 脳
lotoko: heart, 心臓
lonina: stomach, 胃
katako: man, 男
lokisa: woman, 女
kuka kili: fat, 脂肪
li kon piku kila: brush, ブラシ
li kon sisa kila: comb, 櫛

napi kita: conscious, 意識
kipo pina: doubt, 疑い
kina posi: sage, 頭が鋭い
lapo niponi: surprise, 驚き
kasana: attraction, 引力

(lako) kako: happy, 幸福
(lako) sali: angry, 怒り
(lako) nilu: sad, 悲しみ
(lako) toki: hope, 希望
(lako) satalu: fear, 恐怖
(lako) kapilu: comfort, 安らぎ
(lako) kali: cruel, 冷酷

(pila) kako: smile, ほほえみ
(pila) lota: pleasure, 楽しみ
(pila) sapo: laugh, 笑い
(pila) nani: respect, 尊敬
(pila) nana: kiss, キス
(pila) lapo: shock, ショック
(pila) nilo: shame, 恥
(pila) nita: regret, 後悔
(pila) lapi: serious, まじめ

pikona: condition, コンディション
kokupa: healthy, 健康
konipa: ill, 不調
poni kini: pain, 痛み
kuku lapa: wound, 傷
kinipa: disease, 病気
piku lotoni: cough, 咳
piku pola: sneeze, くしゃみ
pikupa: medical, 医療
kipa siki: married, 結婚した
koka nelato: baby, 赤ん坊
katako koka: boy, 少年
lokisa koka: girl, 少女

kapake: animal, 動物
nako sali: dog, 犬
nako sako: cat, 猫
kapake kato: cow, 牛
kapake sato: horse, 馬
kapake lisa: sheep, 羊
kapake liko: pig, 豚
kapake losa: goat, 山羊
kapake koki: monkey, 猿
kapake lopa: rat, ネズミ
liko kapake: meat, 肉
kaki kisa: milk, ミルク

ko sala (salo): bird, 鳥
(ko) sala likolu: fowl, 鶏
konelato: egg, 卵
lisala: feather, 羽根
kapane: snake, 蛇
ko (sala) kaki: fish, 魚
kapale: insect, 虫
kapale kipa: ant, アリ
kapale paka: bee, 蜂
kapale liko: fly, ハエ
kapanekasi: worm, 幼虫

kopaki: plant, 植物
kopaki sali: tree, 木
kapa kalo: root, 根
pa kopaki: stem, 幹
kapa kopaki: branch, 枝
lakopaki: leaf, 葉
pakika: flower, 花
lana kopaki: wood, 木材
konelato (kopaki): seed, 種
kopaki sako: grass, 草

likopaki: fruit, 果実
likopaki sali: apple, リンゴ
likopaki sako: berry, イチゴ
likopaki sepaki: orange, ミカン
likopaki kasi: grain, 穀物
(likopaki) kasi papaki: rice, 米
likopaki kalo: potato, ジャガイモ
(likopaki pi) pola nita: bulb, タマネギ
likopaki sito: nut, クルミ
(kopaki kon) sini loni: cork, コルク
lini kopaki: stick, 棒

lapaki: color, 色
nipaki: black, 黒
kanepaki: radio waves, 電波
nepaki: infrared rays, 赤外線
tepaki: red, 赤
sepaki: orange (color), オレンジ色
kepaki: yellow, 黄色
pepaki: green, 緑
lepaki: blue, 青
supaki: indigo, 藍色
pupaki: purple, 紫
nupaki: ultraviolet, 紫外線
sanupaki: ionizing radiation, 放射線
papaki: white, 白
nipaki papaki: grey, 灰色
nipaki tepaki: brown, 茶色
lapaki kako: red-like, 赤系
lapaki sako: green-like, 緑系
lapaki kali: blue-like, 青系
lapaki tepepe ni ni: red, 赤
lapaki ni netepu ni: green, 緑
lapaki ni ni tepepe: blue, 青
lapakini: transparency, 透明
lapakinepite: translucent, 半透明

pilipasa: weight, 重さ
kiko kasi: delicate, 繊細
kiloto: quiet, 静か
tapo kipo: ready, 準備
lili sako: sticky, 粘り

lala kipa: smooth, なめらか
lala tata: rough, 粗い
kili sasi: strong, 強い
kili kasi: feeble, 弱い
kusa kasi: tight, きつい
kusa sasi: loose, 緩やか
niniko: fertile, 豊か

kaki salo: rain, 雨
la kaki: drop, 水滴
kaki saki: mist, 霧
likaki: snow, 雪
sito kaki: ice, 氷
i liko e kaki: drink, 飲む
i koku nakin kaki: wash, 洗う
sito nina: soap, 石けん
i kaki e nosi: bath, 浴びる
i tana lanan kaki: swim, 泳ぐ
(lalan) kaki: wet, 濡れた
nikaki: dry, 乾いた

pakila: fire, 火
kapa pakila: flame, 炎
lisa pakila: smoke, 煙
li kon naka pakila: match, マッチ
i naka e liko nakin pakila: cook, 焼いて料理する
li kon naka pi liko pakilalu: oven, オーブン
i naka e liko nakin kaki kakolu: boiling, 煮る
lisa kaki: steam, 湯気

pakisa: sun, 太陽
lasisa: moon, 月
pakilu: bright, 明るい
nipakilu: shade, 陰
sinilo: dust, 塵
lapaki salo: weather, 天気
kilo saki: wind, 風
tata salo: thunder, 雷
paki kasa: lightning, 稲妻

kilo tali: current, 流れ
kilo kaki: river, 川
sito kaka: sand, 砂
(pa) silo: powder, 粉
lo kasi: island, 島
kila tata: crack, 割れ目

kaki pakila: oil, 油
loka nikaki: salt, 塩
sito papaki: chalk, チョーク
sito sako: metal, 金属
sito tepaki: copper, 銅
sito kepaki: brass, 黄銅
sito lisa: iron, 鉄
sito pakila: coal, 石炭
sito pilipasa: steel, 鋼鉄
pasala: jewel, 宝石
lasisala: silver, 銀
pakisala: gold, 金
lasisala nili: tin, 錫

kotalota: beautiful, 美
nakisi: art, 技術
lapapaki: canvas, キャンバス
lo pila: stage, 舞台
lotoni kuni: noise, 騒音
lotonilu nito: cry, 叫び
lapa sali: horn, 角
panalo: song, 歌
lotoni sito: bell, 鐘
lotoni saki: whistle, 笛
palotoni: music, 音楽

linapi: bag, 袋
linapi kila: basket, バスケット
linapi kalake: box, 箱
linapi kaki: cup, カップ
sila liko: plate, 皿
sila kilo: tray, トレイ
linapi kilo: bucket, バケツ
linapi papo: basin, 洗面器
linapi sasi: vessel, 桶

lasa lopa: roof, 屋根
tali pi kaki salo: drain, 雨樋
sila lopa: floor, 床
sala kapo: door, ドア
lilo pota: lock, 錠
lipi lilo: key, 鍵
kulo lopa: room, 部屋
loni kita: window, 窓
lapa kapo: curtain, カーテン
lanapi: table, 机
(linapi) kalake lana: drawer, 引き出し
kapalato: seat, 椅子
lika toni: bed, ベッド
lika sako: cushion, クッション
pa sila: shelf, 棚
kapa napi: hook, フック
kapa loni: pipe, パイプ

kapa pali: base, 基礎
sito kalake: brick, レンガ
nika lasa: arch, アーチ
lokuto: garden, 庭
lo sipaliko: farm, 農場
pa lopa: town, 町
lo nakulu: range, 範囲

: automatic, 自動
: ball, ボール
: band, 帯
: blade, 刃
: board, 板
: camera, カメラ
: card, カード
: cord, コード
: cover, カバー
: hammer, ハンマー
: plane, かんな
: plow, 鋤
: poison, 毒
: pump, ポンプ
: rail, レール
: ring, 輪
: rod, 棒
: scissors, はさみ
: screw, ねじ
: screw, スクリュー
: spade, 鍬
: sponge, スポンジ
: spring, バネ
: umbrella, 傘
: wax, ワックス
: wheel, 車輪
: whip, 鞭
: wire, ワイヤー

: cloth, 服
: hat, 帽子
: shirt, シャツ
: button, ボタン
: pocket, ポケット
: collar, 襟
: coat, コート
: dress, ドレス
: glove, 手袋
: trousers, ズボン
: skirt, スカート
: sock, 靴下
: stocking, ストッキング
: shoe, 靴
: boot, ブーツ

: cotton, 綿
: linen, 木綿
: wool, 羊毛
: silk, 絹
: leather, 革
: thread, 糸
: knot, 結び目
: needle, 針
: pin, ピン
: stitch, 縫う

: bite, かむ
: taste, 味
: acid, 酸っぱい
: bitter, 苦い
: sweet, 甘い
: spoon, スプーン
: fork, フォーク
: knife, ナイフ

: paste, 練り物
: bread, パン
: roll, 菓子パン
: butter, バター
: cheese, チーズ
: jelly, ゼリー
: sugar, 砂糖
: cake, ケーキ
: wine, ワイン

: act, 行動
: awake, 目覚め
: blow, 吹き
: crush, 潰し
: cut, 切り
: fall, 落ち
: hanging, ぶら下がり
: jump, 跳び
: kick, 蹴り
: look, 見る
: open, 開く
: rub, 擦り
: run, 走り
: shut, 閉じ
: slip, 滑り
: smash, 衝突
: touch, 触れ
: walk, 歩き

: attempt, 試み
: attention, 注意
: burst, 破裂
: care, 見守り
: cause, 原因
: change, 変化
: control, 制御
: damage, ダメージ
: destruction, 破壊
: development, 開発
: discovery, 発見
: discussion, 議論
: education, 教育
: expansion, 拡張
: experience, 経験
: guide, 案内
: join, 参加
: operation, 操作
: print, 印刷

: public, 公共
: distribution, 配布
: rule, 規則
: authority, 権威
: chief, 主
: order, 秩序
: tax, 税
: political, 政治の
: protest, 抗議
: punishment, 罰
: crime, 犯罪
: representative, 代表
: invention, 発明
: committee, 委員会
: church, 教会
: hospital, 病院
: library, 図書館
: prison, 刑務所
: school, 学校

: society, 社会
: private, プライベート
: behaviour, 振る舞い
: approval, 賛成
: friend, 友人
: trouble, トラブル
: help, 手助け
: support, 支え
: meeting, 会合
: group, グループ
: agreement, 合意
: organization, 組織
: dependent, 従属
: reward, 賞
: ornament, 飾り
: amusement, 娯楽
: ticket, 券
: trick, コツ

: transport, 輸送
: carriage, 馬車
: cart, 荷車
: lift, エレベーター
: train, 列車
: boat, ボート
: ship, 船
: engine, エンジン
: brake, ブレーキ
: sail, 帆
: journey, 旅
: station, 駅
: harbour, 港
: flight, 飛行

: account, 総計
: price, 値段
: payment, 支払い
: cheap, 安い
: dear, 高価な
: profit, 利益
: loss, 損失
: credit, 信用
: debt, 借り

: business, ビジネス
: mine, 鉱山
: work, 仕事
: industry, 産業
: interest, 利息
: offer, 申し出
: market, 市場
: porter, 運び人
: store, 店
: trade, 貿易
: company, 会社
: office, 事務所
: owner, 所有者
: servant, 召使い
: manager, 経営者
: secretary, 秘書
: insurance, 保険
: receipt, 領収書
: advertisement, 広告

: military, 軍事
: violent, 暴力
: attack, 攻撃
: fight, 戦い
: gun, 銃砲
: mine, 爆弾
: peace, 平和
にょぐ キスすること

けるけも

Sona

汎segae界補助語試案

ケネス・シーライト (Kenneth Searight)

syche Miniatures General Series No. 75

LONDON: Kegan Paul, Trench, Trubner & Co., Ltd., 1935

Web Version
editor: ichard K. Hearrison
typists: Andrey Rogachov, Shane Sniffen,
James Webster, R.K. Harrison, & Mr. Smith
proofreading: Richard Harrison, Paul Bartlett
special thanks to: Paul Bartlett

2nd CYBERSPACE EDITION, 20 06


his version of the text, including the arrangement of all textual and computer formatting

elements, is copyight ©2006 by the Sona So ji gi. he purpose of this copyright declaration is to

prevent profit-seeking or dues-collecting entities from commercializing, copying, taking credit

for, or otherwise exploiting or corrupting the work of the volunteers who donated hundreds of

hours to this project.




目次
第一章
前書き (C.K. オグデン)
記号・省略形一覧
I. 序

第二章
II. SONA 構成要素
§1. 音節文字の獲得
§2. 語根の取り方
§3. 語根
§4. 接頭辞と接尾辞
§5. 語根と単語
§6. 文法原則
§7. 教授法

第三章
III. 綴り方
§8. 文字
§9. 省略音
§10. 外来語音
§11. 強勢
§12. 句読点

第四章
IV. 名詞
§13. 冠詞
§14. 性
§15. 無性名詞
§16. 抽象名詞
§17. 程度
§18. 数
§19. 数詞
§20. 時間
§21. 合成名詞
§22. 形容詞
§23. 代名詞

第五章
V. 小詞
§24. 指示詞
§25. 疑問詞
§26. 否定詞
§27. 間投詞
§28. 強調詞
§29. 方向詞
§30. 前置詞
§31. 格
§32. 副詞

第六章
VI. 動詞
§33. 動詞体系
§34. 活用表
§35. 欠如動詞
§36. その他の用法

第七章
VII. 語順

第八章
VIII. 語根表

第九章
IX. ベーシック英語の
単語と SONA

付録 A
36 標示語根

付録 B
比較表

付録 C
機能語一覧






かほうん
Sona – 汎世界補助語試案
第一章

訳注: Sona という言語を「学びたい」人は第三章から第九章までを会得した後で、(必要な
前書き

単なる時間の無駄遣いだ、おそらく著者自身にとっても、より重要な問いは、著者の試み

を真面目に検討する人にとって、そのために費す時間は単なる無駄遣いなのか、というも

のだろう。

著者が長い年月をかけて作成した言語をその理論化において評価するならば、そして国際

語作成における新しいアイデアが何であれ後続の人々の役に立つならば、その問いへの答
値があるようなシステムの作者こそがそれであろう。そのために組織が作られ、議論が尽

くされようとも、理論的根拠が弱ければイデアを元に始めたかどうか、は重要ではない。

エスペラントを見よ。西欧では十分だったものが、アジアもまた国際社会の一員となるに

おいて、今やその非世界性を露呈する形と相成った。

アジア人に対してエスペラントやイド語、オクツィデンタルやノヴィアルが提唱する「中

立性」は、中国人や日本人が、中国語・日本語・モンゴル語に共通する語根に、いまだか

つてアジアのどこにもなかったような人工語尾を適当にくっつけ、それを広東語風に仕上

げてヨーロッパに持ち込み、さあこれがヨーロッパ、インド、アフリカ、アジアのどの地

域にも「中立」な言語だ、と主張することと何ら変わるものではない。

それら欧州的人工言語の支持者は、著者も言っていることだが、それらが行っているのは

ラテン語の語根の混用ではなく、新たなラテン語方言の、いまだかつてヨーロッパにすら

存在しなかったような語根群を嬉々として生成しているだけだ、ということに気づくべき

である。これが、その他の点では著者と合意し得ない1私が、この文章をベーシック英語で

、著者の興味深く適切にデザインされたこの小さな本にささやかな一助として書き記す理

由である。

–C.K. オグデン

The Orthological Institute,
10, King’s Parade,
Cambridge, England.

1Basic versus the Artificial Languages (Psyche Miniatures, Kegan Paul, 1935).


記号・省略形一覧

訳注: これらは和訳ではまったく使われていないが、英語版を読む際の参考として訳してお

く。
√ 語根

a. 形容詞
av. 副詞
c. 接続詞
cf. 比較
e.g. 例えば
ex. 〜を除き
i. 間投詞
i.e. すなわち
iv. 自動詞
n. 名詞
p. 小詞
pf. 接頭辞
pn. 代名詞
pr. 前置詞
sf. 接尾辞
tv. 他動詞
v. 動詞


A. アラビア語
C. 中国語
E. 英語
F. フランス語
G. ドイツ語
Gk. ギリシア語
H. ヒンディー語
I. イタリア語
I.G. 印欧語
J. 日本語
L. ラテン語
Pr. ペルシア語
Pt. パシュトー語
R. ロシア語
S. Sona 語
Sc. 北欧語
T. トルコ語




I. 序

万人の要求を満たす「国際語」作成において、多くの未解決課題が横たわっている。そも

そもの基本線ですら、今なお議論途上の有り様だ。英語やフランス語、あるいは中国語あ

たりをそのまま用いるべきか? エスペラントやイド語、あるいはノヴィアルのような、自然

言語を整理簡約したアポステリオリ言語にするべきか? それとも、ソルレソルなどのような

、自然言語とはまったく無縁なアプリオリ言語にするべきか? まずはこの基本線をはっきり

させないと、着手すらおぼつかない。

英語や中国語は、話者も非常に多く、極めて論理的にして簡明であり、屈折などの小難し

い文法とはまったく無縁である。だが、ともに発音とそれに伴う表記法が致命的に難しい

。オグデン氏によるベーシック英語でも、この根本的問題にはまったく手つかずである。

かと言って、発音通りの表記にすれば、今度は既存の習得者や欧米諸語の話者にとって受

け入れ難いものとなるだけだ。英米が覇権的存在なのであれば、政治的にも不公平さを助

長しかねないことも否めない。中国語においても、漢字の発音の正当性を誰が保証すると

言うのか。現在それを定める北京も、中国語が国際語となった暁には、国際標準発音に膝

を屈せねばなるまい (かつて長安あたりに都があった頃、中国語の発音はその長安周辺の方

言のそれを標準としていたのであり、日本語の漢字音もこれに由来している。北京周辺の

方言発音が主流になるのは、モンゴルによる征服において北京が都となって以降である)。

その国際標準発音を定めるのは無数の世界大衆であり、必然的に現在よりはるかに簡易化

された発音になるのであれば、それによって生じる同音異義語の氾濫とそれによる混乱は

さながらバベルの塔の再現の様相を呈するであろう (訳注: この段落は、いくらか内容を変

更した)。

かつてはヨーロッパ内国際語であった実績から「ラテン語を使えばいいじゃない」という

人もいるが、ペアノ氏による無活用ラテン語ですら、日常の使用には鈍重過ぎる。ラテン

語は既に科学および技術用語として国際語ではあれども、逆に言えば、それがラテン語の

限界なのだ。完全を期すなら、自然言語および自然死語は国際語には不適切であると言わ

ざるを得ない。しかし同時にまた、それらにおいて達成された諸成果は存分に利用するべ

きであろう。例えば、ドイツ語や日本語の複雑な語順よりも、英語や中国語の論理的語順

をこそ (ほぼそのまま) 取り入れるべきだし、一方で、ドイツ語や日本語における時制の集

約もまた取り込むに値する。日本語でもそうだが、イタリア語のように不要な人称代名詞

を省略しても明瞭さを損うことはない。これは英語でも電報などでお馴染みの措置である

。アラビア語やロシア語が示すように、いわゆる be 動詞の現在形は省略できる。英語の動

詞は分析的 (訳注: 助動詞などほかの語と組み合わせて動詞の文法を表現すること) だが、そ

の不規則さまで取り込む必要はまったくない。普遍的図式から外れない限りにおいて、語

根の語形と意味の対応を、自然言語に既にある対応と合わせないようにする理由もまった

くない。

こうした混合的「国際語」は、スワヒリ語、ピジン諸語、クレオール諸語、世界中から集

まる兵士たちの間で交わされる隠語など、さまざまな時代に人類自身が作っており、すな

わち、何ら不自然なものではない。

ヴォラピュクからノヴィアルに至るアポステリオリ言語はどうかと言えば、ゲルマン諸語

とロマンス諸語とのどれも似たような、すなわち書き損いのラテン語に妙な綴りの英語や

ドイツ語語根を散らした程度の雑種に過ぎない。ジャパンクロニクル (神戸、27.3.30) が、

ノヴィアルについて次のように書いている (訳注: ジャパンクロニクルは、イギリス人 R=ヤ

ングが明治 24 年に神戸で創刊した英字新聞。昭和 15 年にジャパンタイムズと合併消滅した

じさせるものではない」。この批評は的を得たものだ。ロシア人、中国人、日本人、アラ

ビア人など何億もの文明化された人々がいるにもかかわらず、これらアポステリオリ言語

はどれも、そんなアジアやアフリカの切実な要求にほとんど応え得ていない。それらは「

国際語」ではなく「欧際語」に過ぎず、しかもその意味でもまだ部分的なものに過ぎない

。最もフォロワーが多いエスペラントは、しかし粗雑で思わず笑ってしまうほどに凡庸だ

。私はかつて、まあ無謀だったとは言え、エスペラントの会合で次のような文を批評した

ことがある。「Multaj sinceraj kaj honestaj homoj kondamnas la Ligon de Nacioj kiel

multekosta kaj vana ĉarlatanaĵo」。頻出する j をいちいち指し示しながら、kaj と kiel 以外は

出来損ないのラテン語に過ぎないじゃないか、とも言った。誰も、私が何を言いたいのか

理解できなかった。ただ、イギリスのエスペランティストたちが憤然と反論しただけだ。

「だから何だ、文が簡単に理解できればそれで十分だろう! 英語とほとんど同じじゃないか

」。中国人の批評家なら、きっとこう答えただろう。「エスペラントを理解するために先

にラテン語を習得しないといけませんね。でもそうなるともうエスペラントを学ぶ必要が

なくなりますが」。確かに、エスペラントには英語の bird と同じ birdo があるが、発音は

別物だ。boy に至っては knabo と、もはや似ても似つかない。ノヴィアルは fogle と puero

をそれらに配しているが、どっちもどっちだ。ノヴィアルの文「Quum es tum! me vida

nulum! Tum es terorisant!」は、terorisant (怖い) はあんただノヴィアル、と言わしめたいの

かと目と耳を疑う。イド語は、語根が 5000 種以下だと標榜しているが、中国語なら 500 種

程度である (訳注: 漢字の部品を語根と見なしているらしい)。どんな使い方をすれば、5000

種もの膨大な語根が必要になると言うのか。少年、机、本、それぞれに別の語根を用意す

る必要はない。若さ、平ら、読む、という、より概念的な語根から容易に派生できるから

だ。実際、そうした派生で済ませている自然言語はいくらでもある (訳注: 語根が少な過ぎ

ると、合成語同士を組み合わせてさらに合成語を作らねばならなくなり、語の合成が飛躍

的に困難、あるいは意味の割り当てが非常に恣意的になる。私見では、合成の段階化でも

導入しない限りは、この Sona の語根数がおそらくに実用的な最小下限だろう)。結局、これ

らアポステリオリ言語は、そうしたものを偏愛するスラブ的気質にこそよるのであり、も

し完成しても世界の一部の人を引きつける程度のものにしかなり得ない (訳注: エスペラン

トの致命的欠陥は、話し手の母語にある程度通じてないと非常に聞き取りづらい、という

もので、これはイド語などエスペラントの語彙を引き継ぐ諸語にも共通している (私が検討

した限りでは、Arlipo だけがこの難を逃れているが、しかしよく見るとそれはノヴィアルっ

ぽい。ちなみにヴォラピュクは、話し手の母語にかかわらず聞き取りづらいように思う (と

言うか、それ以前に文法が複雑過ぎるが)。小鳥のさえずりのようなエスペラントに対し、

地を這う蛇のような印象を受ける)。蓄音機録音で唯一残る作者ザメンホフ自身の発音は、

およそ 4 段階もの抑揚を使い分ける非常に古典ラテン語・ギリシア語的なもので、これ自

体が、極めてゆっくりと発音しているにもかかわらず既にやや細部が聞き取りづらい (ちな

みに、ウィキメディア・コモンズにある 1905 年演説の音声は、本人の肉声ではなくクロー

ド・ピロンによる朗読版である)。いずれ、聞き取りづらさは語彙の覚えづらさに直結する

ので、作者はこの点をこそ「粗雑で凡庸」と感じたのではないかと思う。j の頻出は、私は

むしろエルフ文字っぽくなってかっこいいと思うが、音が弱い半母音である点で、聞き取

りづらさを助長している可能性もある。ノヴィアルは逆に非常に聞き取りやすい言語だが

、自前の派生用接尾辞を用意しながら、それよりもより国際的 (すなわち欧際的) なスペリ

ングの方を採用しているケースが非常に多いのが、少なくとも非欧米人にとって厄介であ

る。また例外も多く、いわゆる「読んで天国書いて地獄」系に属する点もマイナスポイン

トであろう。この段落の最後の結論について、私は、フランス・ドイツが英語の台頭への

焦りにおいて、大陸ヨーロッパの文化を守らんとして右往左往した結果が、この一連のア

ポステリオリ系ではなかったか、と思っている)。

残るは、アプリオリ言語だけだ。既存のそれらはどれも、習得が難し過ぎ、あまりに要約

的であり過ぎ、その上発音しやすさについてあまりに無頓着である、と言わざるを得ない

。ただ、1 語根 1 概念として、それらの合成でより具体的な事物を表す、というアイデアは

評価に値しよう。ソルレソルなど、音素をごく僅かなものに制約し、それらの組み合わせ

パターンとして語を作るタイプは、なるほど巧妙ではあるがしかし実際の役には立たない (

訳注: 音素制約型の最大の欠点は、国際語彙の導入が困難になることであり、それに次ぐ欠

点が、語形・語音において似たような語ばかりになってしまうことである。この点でも、

私見では Sona の音素数が実用的な最小下限だと思う)。ロジェは、シソーラスにおいて英語

のほぼすべての語を 1000 のカテゴリーに区分して見せた。そのシソーラスの前書きで彼は

、これらのカテゴリーに語根を配当すれば、それだけで完全言語を作れるだろう、と予言

している。私がこの 20 年間行ってきたのは、まさしくそれである。ただ、過程で少なから

ぬカテゴリーが交差的・反意的・冗長的なものであることに気づき、その結果 1000 のカテ

ゴリーをおおよそ 300 から 400 程度にまで縮約することに成功した (これなら、中国語よ

りちょっと少ない程度である)。最終的に私は 360 種の語根と 15 の小詞とを定め、この中庸

な個数に基づいて文法と辞書との編纂を始めたのであった。



せほせも

せほも 気色悪い
Sona – 汎世界補助語試案
VI. 動詞

§33. 動詞体系

da 〜する、ka 先頭に立つ、ba 打つ、zi 〜である、zia 〜にいる、など、語根のうちのおお

よそ 90 語は本質的に動詞 (訳注: それ単体のみで提示されたときに、聞き手に複数の問いを

引き起こすものが本質的に動詞的な概念である) だが、英語で名詞を動詞に転用できるよう

に、Sona でも da を前置することで、ほとんどの語根を動詞化できる (訳注: da の前置は不

定詞化を意味するので、この方法はほかの動詞の後ろでのみ有効である。非動詞的語根の

動詞化は、以下の 3 語根の接辞によるものが最も一般的であろう (ただし、ba はしばしば本

来の意味の方で名詞的合成語を形成する)。なお、最も単純には、人称代名詞を接頭すれば

それが動詞であることを明示できる)。英語では自動詞も他動詞も同形である一方で、ほか

のほとんどの言語では両者を別形とするわけだが、Sona はその中間として、自動か他動か

は 3 つの接辞で明示する、という方法論を取る (訳注: 英語もそうだが、Sona の他動詞は、

意味を完結させるのに主語以外のさらなる名詞を要するもの、というものであって、その

名詞が意味上でも直接目的語であるかどうかは問わない、つまり、ほかの言語の直接目的

語とは必ずしも一致しない)。
-ka- 状態他動詞化接辞 [接頭辞] 〜にする [接尾辞] 〜をもたらす
-ba 行為他動詞化接尾辞 〜する
-ru 自動詞化接尾辞、〜になる
なお、これらの接辞は、kasu 液化する、suka うるおす、suba 注ぐ、suru 流れる、のような

言い分けに重宝されるけれども、動詞ならしめるために必須というわけではない。英語の

ように同一語形で、文脈のみで自他動詞として言い分けてもよい。例えば、da su の su in

velo [ve - 植物 lo - 開放する。合わせて花の意] 「この花に水をやる」で他動詞、gasemi su

[ga - 肉体部分 se - 見る。合わせて目の意] 「私の目に涙が流れる」で自動詞、など。この 3

つの接辞のうちで、最も分かりづらいのは接尾辞としての -ka である (訳注: これは、意味

上の直接目的語を動詞語根としてそれに接尾し、同じく意味上の間接目的語を直接目的語

として取るためである)。ちなみに、この語根単独の意味は、da ka 先頭に立つ、である。

語根 ba は、ruba [ru - 移動する] 押す、kaba せかす、など、接尾辞として一般的な他動詞を

形成するのに加え、接頭辞としては軍事関連を表す。bara 兵士、baika [ika - 点] 銃剣、など

。語根 ru も、baru 闘う、karu そのまま進む (訳注: この語は微妙。英訳である carry on の直

訳か)、など、接尾辞として自動詞を形成するのに加え、接頭辞としては移動を表す。rugo

[go - 丸] 車輪、rubayati [ati - 飛ばす] 野戦砲 (訳注: 車輪などが付いて移動できる大砲)。


動詞形成に用いられる (訳注: 副詞・前置詞的) 接頭辞は、接頭せずに、動詞を補助する副詞

や前置詞として用いてもよい (訳注: 要するに、副詞や前置詞は動詞用接頭辞としても使え

る、ということ)。da minru [min - 中] 入る、da ru min 中へ進む、on minruto kan 彼は家に

入った、on ruto min kan 彼は家の中へ行った。なお、ru 自体が移動を示すので、さらに加

えて li (方向・〜へ) を前置詞として用いると冗長になるだろう。

§34. 活用表

訳注: 作者の用いる文法用語は不適切なものが多いので、例文から補正してある。なお、以

下は英語を母語とする読者が英語から
そういう意図で書かれている)、国際補助語の見地からすれば、厳密にこれらを使い分けね

ばならないものではない。
語根 ru 移動する
不定形 一般 da ru 行くこと
意図 ua da ru [ua - 〜のために] 行くつもり
過去 da to ru [to - 過去] 行ったこと
未来 da va ru [va - 未来] (ちょうど) 行くところ
命令形 命令 ru(ha) 行け!
提案 da mi ru 行かせて!
形容形 関係 ruci(o) [ci - 〜している(人)] 行っている (訳注: 分詞形容詞形)
分詞形 現在 rui [i - 分詞副詞形接尾辞] 行きながら
過去 rutoi 行ってから
直説法 現在 ru 行く
進行 ruci 行きつつある
過去 ruto 行った
完了 to ru 行ってしまっている
過去進行 to ruci 行きつつあった
過去完了 to ruto 行ってしまっていた
条件法 推定 va to ru 行けたのに
可能 fa to ru [fa - 偶然] 行ったかも
未来形 意図 va ru 行くだろう
可能形 可能 fa ru 行くかも


§35. 欠如動詞

国際語と言えども、いくらかの例外や欠如は不可避である。Sona においても、2 つの「動

詞的」語根が欠如動詞 (訳注: 動詞変化の一部を持たない動詞) となる。da (〜する) は、そ

れ自体が不定形一般にはならない。zi (〜である) も同様である。zi はまた、文脈的に明らか

ならば、現在時制形が省略される。on Arabi 彼はアラブ人だ、on inya 彼はここだ、ti bara

彼らは兵士だ。ra ato [ato - 旧] その男は年寄りだ。所有格ではないことを明示したいときは

、zi を省略しない。on zi Arabi。逆に、所有格であることを明示したいときはその代名詞を

接尾辞にする (§23 を参照)。Arabion 彼のアラブ (人)、barati 彼らの兵士 (たち)。zi はまた

、形容詞から動詞を作ることもできる。atozi 年寄りである、kizi [ki - 用意] 用意できている

、ra atozi その男は年寄りだ、an nari kizi 彼女はいつだって用意できていない。節の先頭の

zi は、「〜がある」を意味する。zike または zikeya そこか? (tu zikeya san [san - 健康] 「あな

たは元気か?」のような言い方にも使える (§15 を参照))。nazi 〜がない、nazike ないのか?。

be [be - 〜なしで] との合成動詞 bezi は特に重要で、〜なしにある、からさらに、〜を必要

とする、や、〜を欲する、の意味に展開できる。mi bezi di su 「私は水がすこし欲しい」す

なわち「私はのどが乾いた」。合成語 zia は、形は名詞だが、〜の場所・状態にいる、とい

う意味の動詞として用いられる。mi zia homa [ho - 特定。homa を英語の home に対応する

語とするのは語呂合わせも含まれようが、意味的には問題ないと思う。ただしもちろん、

その対応を固定的なものと見なすべきではあるまい] 私は我が家にいる、keu zia いかがおす

ごしですか?。

§36. その他の用法

英語などにおける動詞のこのほかの形式は、Sona では以下のようにすればよい。

無人称

無人称動詞は、3 つのやり方で対応できる。en mina それは私のだ、si sa [si - 不定代名詞。

世間一般の任意の誰か、という意味での「人」] (そう) 知られている、hu isu [hu - 空気 isu -

冷たい] 寒い。

再帰と相互

再帰は si 自分、相互は isi お互い、を用いる (§23 を参照のこと)。sasi 自身を知る、saisi 互

いを知る、sahasi 汝自身を知れ!。

可能と受動

これらを表すには、次の接辞を用いる。
-ni- 経験する、受動者、〜できる

この語根が「〜できる」の意味を示す (訳注: 経験済み = できる、ということ) のは、接頭辞

として用いられるときである。ni 経験する、〜できる、〜させておく、nika 征服する、niru

行ける、tu nike ru あなたは行けるか?、tu nali ru あなたは行けない、tu nalike ru あなたは行

けないのか?。「〜できない」は nali [無方向、すなわち行き詰まりということ] で表すこと

に注意 (訳注: ni は接頭辞と接尾辞とで意味が変わるので、na と組み合わせてもこの意味に

はならない)。接尾辞としては、この語根は受動表現を形成する (訳注: 経験を、意図せざる

行為、と見なして)。runi 動かされた、sani 知られている、da en sani 吹聴せよ (訳注: これは

英語の慣用句 let it be known の逐語訳であり、すなわち国際的な表現とは言えない)。

このほか、以下の動詞化接尾辞がある。
-ki 〜し始める 例: suki にじみ出る ruki スタートする
-ta 大いに〜する 例: suta つかる ruta 旅する
-ko 〜し散らす 例: suko まき散らす ruko ぶらつく
-fi 〜し損う 例: sufi したたる rufi つまずく
-ire 繰り返し〜する 例: suire 雨が降る ruire 進み続ける
複数の動詞化接尾辞を連結するときは、以下の順にする。
-si : -hasi 自分を〜せよ、-sici 自分を〜しつつある、-sii 自分を〜しながら、-tosi 自分を〜し

た、-tosii 自分を〜してから
-isi : -haisi 互いを〜せよ、-isici 互いを〜しつつある、-isii 互いを〜しながら、-toisi 互いを

〜した、-toisii 互いを〜してから
-ni : -niha 〜されてしまえ、-nici 〜されつつある、-nii 〜されながら、-nito 〜された、-nitoi

〜されてから

接尾辞 -ki、-ta、-ko、-fi、-ire は接尾辞群の先頭に置く。rukisi 自分をスタートする、

rukihasi 自分はスタートせよ、rukisici 自分をスタートしつつある




けろ-けめろ

[edit] Verb prefixes

e meaning of base verbs can be expanded, and sometimes radically changed, through the use of

any number of prefixes. Some prefixes have a meaning themselves; the prefix zer- refers to the

destruction of things, as in zerreißen (to tear apart), zerbrechen (to break apart), zerschneiden

(to cut apart). Others do not have more than the vaguest meaning in and of themselves; the use of

ver- is found in a number of verbs with a large variety of meanings, as in versuchen (to try),

vernehmen (to interrogate), verteilen (to distribute), verstehen (to understand).

Other examples include haften (to stick), verhaften (to detain); kaufen (to buy), verkaufen (to

sell); hören (to hear), aufhören (to cease); fahren (to drive), erfahren (to experience).
[edit] Separable prefixes

any German verbs have a separable prefix, often with an adverbial function. In finite verb forms

this is split off and moved to the end of the clause, and is hence considered by some to be a

"resultative particle". For example, mitgehen meaning "to go along" would be split, giving Gehen

Sie mit? (Literal: "Go you with?" ; Formal: "Are you going along?").

Indeed, several parenthetical clauses may occur between the prefix of a finite verb and its

complement; e.g.

Er kam am Freitagabend nach einem harten Arbeitstag und dem üblichen Ärger, der ihn schon

seit Jahren immer wieder an seinem Arbeitsplatz plagt, mit fraglicher Freude auf ein Mahl, das

seine Frau ihm, wie er hoffte, bereits aufgetischt hatte, endlich zu Hause an .

A literal translation of this example might look like this:

He -rived on Friday evening, after a hard day at work and the usual annoyances that had been

repeatedly troubling him for years now at his workplace, with questionable joy, to a meal which,

as he hoped, his wife had already served him, finally at home ar-.

[edit] Word order

Word order is generally less rigid than in Modern English. There are two common word orders:

one is for main clauses and another for subordinate clauses. In normal affirmative sentences the

inflected verb always has position 2. In polar questions, exclamations and wishes it always has

position 1. In subordinate clauses the verb is supposed to occur at the very end, but in speech this

rule is often disregarded.

German requires that a verbal element (main verb or auxiliary verb) appear second in the

sentence. The verb is preceded by the topic of the sentence. The element in focus appears at the

end of the sentence. For a sentence without an auxiliary this gives, amongst other options:

Der alte Mann gab mir gestern das Buch. (The old man gave me yesterday the book; normal

order)
Das Buch gab mir gestern der alte Mann. (The book gave [to] me yesterday the old man)
Das Buch gab der alte Mann mir gestern. (The book gave the old man [to] me yesterday)

Gestern gab mir der alte Mann das Buch. (Yesterday gave [to] me the old man the book,

normal order)
Mir gab der alte Mann das Buch gestern. ([To] me gave the old man the book yesterday

(entailing: as for you, it was another date))

The position of a noun in a German sentence has no bearing on its being a subject, an object, or

another argument. In a declarative sentence in English if the subject does not occur before the

predicate the sentence could well be misunderstood. This is not the case in German.
[edit] Auxiliary verbs

When an auxiliary verb is present, the auxiliary appears in second position, and the main verb

appears at the end. This occurs notably in the creation of the perfect. Many word orders are still

possible, e.g.:

Der alte Mann hat mir heute das Buch gegeben. (The old man has given me the book today.)
Das Buch hat der alte Mann mir heute gegeben. (The book has the old man given me today.)
Heute hat der alte Mann mir das Buch gegeben. (Today the old man has given me the book.)

[edit] Modal verbs

Sentences using modal verbs place the infinitive at the end. For example, the sentence in Modern

English "Should he go home?" would be rearranged in German to say "Should he (to) home go?"

(Soll er nach Hause gehen?). Thus in sentences with several subordinate or relative clauses the

infinitives are clustered at the end. Compare the similar clustering of prepositions in the following

English sentence: "What did you bring that book which I don't like to be read to out of up for?"
[edit] Multiple infinitives

German subordinate clauses have all verbs clustered at the end. Given that auxiliaries encode

future, passive, modality, and the perfect, this can lead to very long chains of verbs at the end of

the sentence. In these constructions, the past participle in ge- is often replaced by the infinitive.

Man nimmt an, dass der Deserteur wohl erschossenV wordenpsv seinperf solltemod
One suspects that the deserter probably shot become be should
("It is suspected that the deserter probably should have been shot")

The order at the end of such strings is subject to variation, though the latter version is unusual.

Er wusste nicht, dass der Agent einen Nachschlüssel hatte machen lassen
He knew not that the agent a picklock had make let

Er wusste nicht, dass der Agent einen Nachschlüssel machen lassen hatte
He knew not that the agent a picklock make let had

("He did not know that the agent had had a picklock made")
[edit] Vocabulary

ost German vocabulary is derived from the ermanic branch of the Indo-European language

family, although there are significant minorities of words derived from Latin and Greek, and a

smaller amount from French[33] and most recently English.[34] At the same time, the

effectiveness of the German language in forming equivalents for foreign words from its inherited

Germanic stem repertory is great.[citation needed] Thus, Notker Labeo was able to translate

Aristotelian treatises in pure (Old High) German in the decades after the year 1000. Overall,

German has fewer Romance-language loanwords than English or even Dutch.[citation needed]

The coining of new, autochthonous words gave German a vocabulary of an estimated 40,000

words as early as the ninth century.[citation needed] In comparison, Latin, with a written

tradition of nearly 2,500 years in an empire which ruled the Mediterranean, has grown to no

more than 45,000 words today.[citation needed]

Even today, many low-key non-academic movements try to promote the Ersatz (substitution) of

virtually all foreign words with ancient, dialectal, or neologous German alternatives.[35] It is

claimed that this would also help in spreading modern or scientific notions among the less

educated, and thus democratise public life, too.

The modern German scientific vocabulary has nine million words and word groups (based on the

analysis of 35 million sentences of a corpus in Leipzig, which as of July 2003 included 500

million words in total).[36]
[edit] Orthography
Main articles: German orthography and German alphabet

German is written in the Latin alphabet. In addition to the 26 standard letters, German has three

vowels with Umlaut, namely ä, ö and ü, as well as the Eszett or scharfes s (sharp s), ß.

Written texts in German are easily recognisable as such by distinguishing features such as

umlauts and certain orthographical features—German is the only major language that capitalizes

all nouns—and the frequent occurrence of long compounds (the longest German word is made of

63 characters).
[edit] Present

Before the German spelling reform of 1996, ß replaced ss after long vowels and diphthongs and

before consonants, word-, or partial-word-endings. In reformed spelling, ß replaces ss only after

long vowels and diphthongs. Since there is no capital ß, it is always written as SS when

capitalization is required. For example, Maßband (tape measure) is capitalized MASSBAND. An

exception is the use of ß in legal documents and forms when capitalizing names. To avoid

confusion with similar names, a "ß" is to be used instead of "SS". (So: "KREßLEIN" instead of

"KRESSLEIN".) A capital ß has been proposed and included in Unicode, but it is not yet

recognized as standard German. In Switzerland, ß is not used at all.

Umlaut vowels (ä, ö, ü) are commonly transcribed with ae, oe, and ue if the umlauts are not

available on the keyboard used (but see below regarding the use of non-German QWERTY

keyboards to type umlauted characters and the Eszett). In the same manner ß can be transcribed

as ss. German readers understand those transcriptions (although they look unusual), but they are

avoided if the regular umlauts are available because they are considered a makeshift, not proper

spelling. (In Westphalia and Schleswig-Holstein, city and family names exist where the extra e

has a vowel lengthening effect, e.g. Raesfeld [ˈraːsfɛlt], Coesfeld [ˈkoːsfɛlt] and Itzehoe [ɪtsəˈhoː],

but this use of the letter e after a/o/u does not occur in the present-day spelling of words other

than proper nouns.)

There is no general agreement on where these umlauts occur in the sorting sequence. Telephone

directories treat them by replacing them with the base vowel followed by an e. Some dictionaries

sort each umlauted vowel as a separate letter after the base vowel, but more commonly words

with umlauts are ordered immediately after the same word without umlauts. As an example in a

telephone book Ärzte occurs after Adressenverlage but before Anlagenbauer (because Ä is

replaced by Ae). In a dictionary Ärzte comes after Arzt, but in some dictionaries Ärzte and all

other words starting with "Ä" may occur after all words starting with "A". In some older

dictionaries or indexes, initial Sch and St are treated as separate letters and are listed as separate

entries after S, but they are usually treated as S+C+H and S+T.

It is possible for those using Microsoft Windows programmes on PCs that have non-German lock

(Num Lock) and Alt keys. (There may be alternatives, depending upon the software being used,

see e.g., the article on the Eszett, ß). Ensuring that the Num Lock key light is on above the said

key on the right-hand side, one can depress the Alt key either side of the spacebar and then

simultaneously enter a four-digit number using the number keys. The character will be revealed

on screen immediately after the Alt key is released.

The sequence for the lower-case letter “a” with an umlaut (that is, ä) would therefore involve

typing in the four-digit number 0228, i.e., Num Lock (light on) + Alt (depressed) + 0228

(manually entered) + release of Alt Key. The four-digit numbers and other characters are

therefore: 0196 for an umlauted upper-case A (Ä), 0214 for an umlauted upper-case O (Ö), 0220

for an umlauted upper-case U (Ü), 0223 for the Eszett (ß), 0246 for an umlauted lower-case o

(ö), and 0252 for an umlauted lower-case u (ü).

Such a convention can also be used for the opening inverted commas (quotation marks) that

appear in the guise of a “99” on the bottom of the line (rather than as a “66” at the top as in

English) at the beginning of a sentence or clause by using the four-digit number 0132, as in

„Guten Morgen!”.
[edit] Past
Further information: 2nd Orthographic Conference (German), Antiqua-Fraktur dispute, German

orthography reform of 1944, and German orthography reform of 1996

Until the early 20th century, German was mostly printed in blackletter typefaces (mostly in

Fraktur, but also in Schwabacher) and written in corresponding handwriting (for example

Kurrent and Sütterlin). These variants of the Latin alphabet are very different from the serif or

sans serif Antiqua typefaces used today, and particularly the handwritten forms are difficult for

the untrained to read. The printed forms however were claimed by some to be actually more

readable when used for printing Germanic languages.[37] The Nazis initially promoted Fraktur

and Schwabacher since they were considered Aryan, although they later abolished them in 1941

by claiming that these letters were Jewish. The Fraktur script remains present in everyday life

through road signs, pub signs, beer brands and other forms of advertisement, where it is used to

convey a certain rusticality and oldness.

A proper use of the long s, (langes s), ſ, is essential to write German text in Fraktur typefaces.

Many Antiqua typefaces include the long s, also. A specific set of rules applies for the use of long s

in German text, but it is rarely used in Antiqua typesetting, recently. Any lower case "s" at the

beginning of a syllable would be a long s, as opposed to a terminal s or short s (the more common

variation of the letter s), which marks the end of a syllable; for example, in differentiating

between the words Wachſtube (=guard-house) and Wachstube (=tube of floor polish). One can

decide which "s" to use by appropriate hyphenation, easily ("Wach-ſtube" vs. "Wachs-tube"). The

long s only appears in lower case.
[edit] Phonology
De-Faust - Der Tragödie erster Teil-Prolog und Auf dem Theater-wikisource.ogg
Spoken German in Goethe's Faust
Main article: German phonology
[edit] Vowels

German vowels (excluding diphthongs; see below) come in short and long varieties, as detailed in

the following table:
A Ä E I O Ö U Ü
short /a/ /ɛ/ /ɛ/, /ə/ /ɪ/ /ɔ/ /œ/ /ʊ/ /ʏ/
long /aː/ /ɛː/ /eː/ /iː/ /oː/ /øː/ /uː/ /yː/

Short /ɛ/ is realized as [ɛ] in stressed syllables (including secondary stress), but as [ə] in

unstressed syllables. Note that stressed short /ɛ/ can be spelled either with e or with ä (hätte

'would have' and Kette 'chain', for instance, rhyme). In general, the short vowels are open and the

long vowels are closed. The one exception is the open /ɛː/ sound of long Ä; in some varieties of

standard German, /ɛː/ and /eː/ have merged into [eː], removing this anomaly. In that case, pairs

like Bären/Beeren 'bears/berries' or Ähre/Ehre 'spike (of wheat)/honour' become homophonous.

In many varieties of standard German, an unstressed /ɛr/ is not pronounced [ər], but vocalised

to [ɐ].

Whether any particular vowel letter represents the long or short phoneme is not completely

predictable, although the following regularities exist:

If a vowel (other than i) is at the end of a syllable or followed by a single consonant, it is usually

pronounced long (e.g. Hof [hoːf]).
If the vowel is followed by a double consonant (e.g. ff, ss or tt), ck, tz or a consonant cluster (e.g.

st or nd), it is nearly always short (e.g. hoffen [ˈhɔfən]). Double consonants are used only for this

function of marking preceding vowels as short; the consonant itself is never pronounced

lengthened or doubled, in other words this is not a feeding order of gemination and then vowel

shortening.

Both of these rules have exceptions (e.g. hat [hat] 'has' is short despite the first rule; Mond

[moːnt], 'moon' is long despite the second rule). For an i that is neither in the combination ie

(making it long) nor followed by a double consonant or cluster (making it short), there is no

general rule. In some cases, there are regional differences: In central Germany (Hessen), the o in

the proper name "Hoffmann" is pronounced long while most other Germans would pronounce it

short; the same applies to the e in the geographical name "Mecklenburg" for people in that

region. The word Städte 'cities', is pronounced with a short vowel [ˈʃtɛtə] by some (Jan Hofer,

ARD Television) and with a long vowel [ˈʃtɛːtə] by others (Marietta Slomka, ZDF Television).

Finally, a vowel followed by ch can be short (Fach [fax] 'compartment', Küche [ˈkʏçə] 'kitchen')

or long (Suche [ˈzuːxə] 'search', Bücher [ˈbyːçɐ] 'books') almost at random. Thus, Lache is

homographous: (Lache) [laːxə] 'puddle' and (lache) [laxə] 'manner of laughing' (coll.), 'laugh!'

(Imp.).

German vowels can form the following digraphs (in writing) and diphthongs (in pronunciation);

note that the pronunciation of some of them (ei, äu, eu) is very different from what one would

expect when considering the component letters:
spelling ai, ei, ay, ey au äu, eu
pronunciation /aɪ̯/ /aʊ̯/ /ɔʏ̯/

Additionally, the digraph ie generally represents the phoneme /iː/, which is not a diphthong. In

many varieties, an /r/ at the end of a syllable is vocalised. However, a sequence of a vowel

followed by such a vocalised /r/ is not considered a diphthong: Bär [bɛːɐ̯] 'bear', er [eːɐ̯] 'he', wir

[viːɐ̯] 'we', Tor [toːɐ̯] 'gate', kurz [kʊɐ̯ts] 'short', Wörter [vœɐ̯tɐ] 'words'.

In most varieties of standard German, syllables that begin with a vowel are preceded by a glottal

stop [ʔ].
[edit] Consonants

With approximately 25 phonemes, the German consonant system exhibits an average number of

consonants in comparison with other languages. One of the more noteworthy ones is the unusual

affricate /p͡f/. The consonant inventory of the standard language is shown below.
Bilabial Labiodental Alveolar Postalveolar Palatal Velar

Uvular Glottal
Plosive p b t d k ɡ
Affricate pf ts tʃ dʒ
Fricative f v s z ʃ ʒ x h
Nasal m n ŋ
Approximant l j
Rhotic r

/x/ has two allophones, [x] and [ç], after back and front vowels, respectively.
/r/ has three allophones in free variation: [r], [ʁ] and [ʀ]. In the syllable coda, the allophone

[ɐ] is found in many varieties.
The voiceless stops /p/, /t/, /k/ are aspirated except when preceded by a sibilant.
The voiced stops /b/, /d/, /ɡ/ are devoiced to /p/, /t/, /k/, respectively, in word-final position.
Where a stressed syllable has an initial vowel, it is preceded by [ʔ]. As its presence is

predictable from context, [ʔ] is not considered a phoneme.
/d͡ʒ/ and /ʒ/ occur only in words of foreign origin.


c standing by itself is not a German letter. In borrowed words, it is usually pronounced [t͡s]

(before ä, äu, e, i, ö, ü, y) or [k] (before a, o, u, and consonants). The combination ck is, as in

English, used to indicate that the preceding vowel is short.
ch occurs most often and is pronounced either [ç] (after ä, ai, äu, e, ei, eu, i, ö, ü and

consonants; in the diminutive suffix -chen; and at the beginning of a word), [x] (after a, au, o, u),

or [k] at the beginning of a word before a, o, u and consonants. Ch never occurs at the beginning

of an originally German word. In borrowed words with initial Ch before bright vowels (Chemie

"chemistry" etc.), [ç] is considered standard, but is itself practically absent from language in use.

Upper Germans and Franconians (in the popular, not linguistic sense) will replace them with [k],

as German as a whole does before darker vowels and consonants such as in Charakter,

Christentum. Middle Germans (saving Franconians) will borrow a [ʃ] from the French model.

Both agree in considering each other's variant, and Upper Germans also the standard in [ç], as

particularly awkward and unusual.
dsch is pronounced [d͡ʒ] (like j in Jungle) but appears in a few loanwords only.
f is pronounced [f] as in "father".
h is pronounced [h] as in "home" at the beginning of a syllable. After a vowel it is silent and only

lengthens the vowel (e.g. Reh = roe deer).
j is pronounced [j] in Germanic words (Jahr [jaːɐ]). In younger loanwords, it follows more or

less the respective languages' pronunciations.
l is always pronounced [l], never *[ɫ] (the English "dark L").
q only exists in combination with u and appears in both Germanic and Latin words (quer;

Qualität). The digraph qu is pronounced [kv].
r is usually pronounced in a guttural fashion (a voiced uvular fricative [ʁ] or uvular trill [ʀ]) in

front of a vowel or consonant (Rasen [ˈʁaːzən]; Burg [buʁk]). In spoken German, however, it is

commonly vocalised after a vowel (er being pronounced rather like [ˈɛɐ]—Burg [buɐk]). In some

varieties, the r is pronounced as a "tongue-tip" r (the alveolar trill [r]).
s in Germany, is pronounced [z] (as in "zebra") if it forms the syllable onset (e.g. Sohn [zoːn]),

otherwise [s] (e.g. Bus [bʊs]). In Austria and Switzerland, it is always pronounced [s]. A ss [s]

indicates that the preceding vowel is short. st and sp at the beginning of words of German origin

are pronounced [ʃt] and [ʃp], respectively.
ß (a letter unique to German called scharfes S or Eszett) was a ligature of a double s and of a sz

and is always pronounced [s]. Originating in Blackletter typeface, it traditionally replaced ss at

the end of a syllable (e.g. ich muss → ich muß; ich müsste → ich müßte); within a word it

contrasts with ss [s] in indicating that the preceding vowel is long (compare in Maßen [in

ˈmaːsən] "with moderation" and in Massen [in ˈmasən] "in loads"). The use of ß has recently

been limited by the latest German spelling reform and is no longer used for ss after a short vowel

(e.g. "ich muß" and "ich müßte" were always pronounced with a short U/Ü); Switzerland and

Liechtenstein already abolished it in 1934.[38]
sch is pronounced [ʃ] (like "sh" in "shine").
tion in Latin loanwords is pronounced [tsion].
v is pronounced [f] in words of Germanic origin, to wit, Vater [ˈfaːtɐ], Vogel "bird", von "from,

of", vor "before, in front of", voll "full" (yet "to fill" is notwithstandingly spelt füllen) and the

prefix ver-. It is also used in loanwords, where it is supposed to be pronounced [v]. This

pronunciation is retained for example in Vase, Vikar, Viktor, Viper, Ventil, vulgär, and English

loanwords; however, pronunciation tends to [f] the further you travel south. They have reached a

plain f in Bavaria and Swabia.
w is pronounced [v] as in "vacation" (e.g. was [vas]).
y only appears in loanwords and is traditionally considered a vowel.
z is always pronounced [t͡s] (e.g. zog [t͡soːk]). A tz indicates that the preceding vowel is short.

[edit] Consonant shifts
For more details on this topic, see High German consonant shift.

German does not have any dental fricatives (as English th). The th sounds, which the English

language still has, survived on the continent up to Old High German and then disappeared in

German with the consonant shifts between the 8th and the 10th centuries.[39] It is sometimes

possible to find parallels between English and German by replacing the English th with d in

German: "Thank" → in German "Dank", "this" and "that" → "dies" and "das", "thou" (old 2nd

person singular pronoun) → "du", "think" → "denken", "thirsty" → "durstig" and many other

examples.

Likewise, the gh in Germanic English words, pronounced in several different ways in modern

English (as an f, or not at all), can often be linked to German ch: "to laugh" → "lachen",

"through" and "thorough" → "durch", "high" → "hoch", "naught" → "nichts", "light" → "leicht",

"sight" → "Sicht" etc.
[edit] Cognates with English
This section does not cite any references or sources. Please help improve this section by

adding citations to reliable sources. Unsourced material may be challenged and removed.

(January 2009)

A sizable fraction of English vocabulary is cognate with German words, although the common

ancestry may be somewhat obscured by various shifts in phonetics (e.g. the High German

consonant shift), meaning and orthography.

For example:

the High German consonant shift *p→ff led to such cognates as German Schiff with English

ship.
Ger. Baum (meaning "tree") is cognate with the English word beam, as may be seen in the

name of trees such as the hornbeam and the whitebeam.

[edit] Words borrowed by English
For a list of German loanwords to English, see Category:German loanwords.

English has taken many loanwords from German, often without any change of spelling:
German word English loanword Meaning of German word
Abseilen abseil to descend by rope / to fastrope
Angst angst fear
Ansatz ansatz onset / entry / math. approach
Anschluss anschluss connection / access / annexation
Automat automat automation / machine
Bildungsroman bildungsroman novel concerned with the personal development or

education of the protagonist
Blitz Blitz flash / lightning
Bratwurst bratwurst fried sausage
Delikatessen delikatessen/delicatessen delicate / delicious food items
Doppelgänger doppelgänger lit. "double going/living person alive", look-alike of

somebody
Edelweiß edelweiss edelweiss flower
Fest fest feast / celebration
Gedankenexperiment Gedankenexperiment thought experiment
Geländesprung gelandesprung ski jumping for distance on alpine equipment
Gemütlichkeit gemuetlichkeit snug feeling, cosiness, good nature, geniality
Gestalt Gestalt form or shape / creature / scheme; refers to a concept of 'wholeness'
Gesundheit! Gesundheit! (Amer.) health / bless you! (when someone sneezes)
Heiligenschein heiligenschein meteo. "holy shine" / gloriole
Hinterland hinterland lit. mil. "area behind the front-line": interior /

backwoods
kaputt kaput (etymology unclear, possibly French, Yiddish or Latin) out of order, not

working
Katzenjammer katzenjammer lit. "cats' lament": hangover, crapulence
Kindergarten kindergarten lit. "childrens' garden" - nursery or preschool
Kitsch kitsch fake art, something produced exclusively for sale
Kraut kraut herb, cabbage in some dialects
Leitmotiv leitmotif guiding theme (the verb "leiten" means "to guide, to lead")
plündern (v.) to plunder lit. "taking goods by force" (original meaning "to take

away furniture" shifted in German and was borrowed by English both during the Thirty Years

War)
Poltergeist poltergeist lit. "rumbling ghost" (artificial compound, not

originally German)
Realpolitik realpolitik diplomacy based on practical objectives rather than

ideals
Reich reich empire or realm
Rucksack rucksack backpack (Ruck→"Rücken" which means "back")
Sauerkraut sauerkraut sour cabbage
Schadenfreude schadenfreude taking pleasure in someone else's misfortune
Sprachraum sprachraum lit. "place/area/room of a language": area where a

certain language is spoken
Übermensch ubermensch superhuman
verklemmt verklemmt lit. "jammed": inhibited, uptight
Waldsterben waldsterben lit. "forest dieback", dying floral environment
Wanderlust wanderlust desire, pleasure, or inclination to travel or walk
Weltanschauung weltanschauung lit. "perception of the world": ideology
Wunderkind wunderkind lit. "wonder child": child prodigy, whiz kid
Zeitgeist zeitgeist lit. "spirit of the times": the spirit of the age; the trend at that time
[edit] Promotion of the German language

The use and learning of the German language are promoted by a number of organisations. The

government-backed Goethe Institut[40] (named after the famous German author Johann

Wolfgang von Goethe) aims to enhance the knowledge of German culture and language within

Europe and the rest of the world. This is done by holding exhibitions and conferences with

German-related themes, and providing training and guidance in the learning and use of the

German language. For example the Goethe Institut teaches the Goethe-Zertifikat German

language qualification.

The German state broadcaster Deutsche Welle is the equivalent of the British BBC World Service

and provides radio and television broadcasts in German and a variety of other languages across

the globe. Its German language services are tailored for German language learners by being

spoken at slow speed.
[edit] See also
Austria portal
Germany portal
Switzerland portal
Language portal

Deutsch (disambiguation page)
Category:German loanwords
German as a minority language
German exonyms
German family name etymology
German in the United States
German language literature
German name
German placename etymology
German spelling reform of 1996
Germanism (linguistics)
List of German expressions in English
List of pseudo-German words adapted to English
Missingsch
Names for the German language
Umlaut, ß
Various terms used for Germans

[edit] References
[edit] Notes

^ a b Lewis, M. Paul, ed (2009). Ethnologue: Languages of the World (16 ed.). Dallas, Texas:

SIL International.
^ a b Marten, Thomas; Sauer, Fritz Joachim, eds (2005) (in German). Länderkunde -

Deutschland, Österreich, Schweiz und Liechtenstein im Querschnitt [Regional Geography - An

Overview of Germany, Austria, Switzerland and Liechtenstein]. Berlin: Inform-Verlag. p. 7. ISBN

3-9805843-1-3.
^ a b National Geographic Collegiate Atlas of the World. Willard, Ohio: R.R Donnelley & Sons

Company. April 2006. pp. 257–270. ISBN Regular:0-7922-3662-9, 978-0-7922-3662-7.

Deluxe:0-7922-7976-X, 978-0-7922-7976-1.
^ "Rat für deutsche Rechtschreibung - Über den Rat". Rechtschreibrat.ids-mannheim.de.

Retrieved 2010-10-11.
^ EUROPA - Allgemeine & berufliche Bildung - Regional- und Minderheitensprachen der

Europäischen Union - Euromosaik-Studie
^ Support from the European Commission for measures to promote and safeguard regional or

minority languages and cultures - The Euromosaic sutdy: German in Denmark (engl.). Letzter

Zugriff am 13. November 2009
^ EC.europa.eu
^ "KAZAKHSTAN: Special report on ethnic Germans". Irinnews.org. Retrieved 2010-10-11.
^ "Deutsch in Namibia" (in German) (PDF). Supplement of the Allgemeine Zeitung. 2007-08

-18. Retrieved 2008-06-23.
^ "CIA World Fact book Profile: Namibia" cia.gov'.' Retrieved 2008-11-30.
^ "Map on page of Polish Ministry of Interior and Administration (MSWiA)". Retrieved 2010-

03-15.
^ "SbZ - Deutsche Minderheit in Rumänien: "Zimmerpflanze oder Betreuungs-Objekt" -

Informationen zu Siebenbürgen und Rumänien". Siebenbuerger.de. Retrieved 2010-03-15.
^ "Geschichte". Rusdeutsch.EU. Retrieved 2010-10-11.
^ EUROPA - Allgemeine & berufliche Bildung - Regional- und Minderheitensprachen der

Europäischen Union - Euromosaik-Studie
^ Verein Deutsche Sprache e.V. (2006-06-15). "Verein Deutsche Sprache e.V. - Prominente

Mitglieder und Ehrenmitglieder". Vds-ev.de. Retrieved 2010-03-15.[dead link]
^ "U.S. Census Bureau, 2005 American Community Survey". Retrieved 28 March 2011. The

1990 census gives 57.9 million, or 23.3% of the U.S. population.
^ (Portuguese) A Imigração Alemã no Brasil Deutsche Welle. Retrieved 28 March 2011.
^ 2001 Canadian Census gives 2,742,765 total respondents stating their ethnic origin as partly

German, with 705,600 stating "single-ancestry". Retrieved 28 March 2011.
^ a b c d Handwörterbuch des politischen Systems der Bundesrepublik (in German). Source

lists "German expatriate citizens" only for Namibia and South Africa!
^ a b c "Statistics Canada 2006". 2.statcan.ca. 2010-01-06. Retrieved 2010-03-15.
^ "Table 5. Detailed List of Languages Spoken at Home for the Population 5 Years and Over by

State: 2000" (PDF). Retrieved 2010-03-15.
^ Henry Steele Commager (1961). "Immigration and American history: essays in honor of

Theodore C. Blegen". U of Minnesota Press. p.102. ISBN 0816657351
^ 49.2 million German Americans as of 2005 according to the "US demographic census".

Retrieved 2007-08-02.; the 1990 census gives 57.9 million, or 23.3% of the U.S. population.
^ Global Statistics, Global Reach.
^ Internet Languages, NVTC.
^ a b "Distribution of languages on the Internet". Netz-tipp.de. Retrieved 2010-03-15.
^ Palmares, Internet Society.
^ Funredes.
^ Vilaweb.
^ Ulrich Ammon, Hans Bickel, Jakob Ebner, et al.: Variantenwörterbuch des Deutschen. Die

Standardsprache in Österreich, der Schweiz und Deutschland sowie in Liechtenstein,

Luxemburg, Ostbelgien und Südtirol. Walter de Gruyter, Berlin 2004.
^ After English; "Europeans and Language" (PDF). European Commission. 2005. Retrieved

2007-12-08.
^ "Languages in Europe". European Commission. 2007. Retrieved 2008-02-12.
^ some of which might be reborrowings from Germanic Frankish
^ a phenomenon known in German as Denglisch or in English as Germish or Denglisch
^ Verein Deutsche Sprache e.V.. "Verein Deutsche Sprache e.V. - Der Anglizismen-Index".

Vds-ev.de. Retrieved 2010-03-15.
^ "Ein Hinweis in eigener Sache". Wortschatz.informatik.uni-leipzig.de. 2003-01-07.

Retrieved 2010-03-15.
^ Adolf Reinecke, Die deutsche Buchstabenschrift: ihre Entstehung und Entwicklung, ihre

Zweckmäßigkeit und völkische Bedeutung, Leipzig, Hasert, 1910
^ "Mittelschulvorbereitung Deutsch". Mittelschulvorbereitung.ch. Retrieved 2010-03-15.
^ For a history of the German consonants see Fausto Cercignani, The Consonants of German:

Synchrony and Diachrony, Milano, Cisalpino, 1979.
^ http://www.goethe.de/enindex.htm

[edit] General references

Fausto Cercignani, The Consonants of German: Synchrony and Diachrony, Milano, Cisalpino,

1979.
Michael Clyne, The German Language in a Changing Europe (1995) ISBN 0521499704
George O. Curme, A Grammar of the German Language (1904, 1922) — the most complete and

authoritative work in English
Anthony Fox, The Structure of German (2005) ISBN 0199273995
W.B. Lockwood, German Today: The Advanced Learner's Guide (1987) ISBN 0198158505
Ruth H. Sanders. German: Biography of a Language (Oxford University Press; 2010) 240

pages. Combines linguistic, anthropological, and historical perspectives in a "biography" of

German in terms of six "signal events" over millennia, including the Battle of Kalkriese, which

blocked the spread of Latin-based language north.

[edit] External links
German language edition of Wikipedia, the free encyclopedia
Wikimedia Commons has media related to: German language
Wikibooks has a book on the topic of
German
Wikibooks has a book on the topic of
BLL German
German language edition of Wiktionary, the free dictionary/thesaurus
Wikiquote has a collection of quotations related to: German proverbs

German (language) at the Open Directory Project
The Goethe Institute: German Government sponsored organisation for the promotion of the

German language and culture.
Online German Language Course An online German language course that includes lessons

covering pronunciation, vocabulary, and grammar.
German phrasebook at Wikitravel
Learn to Speak German Student Resource
Free German Language Course
The Leo Dictionaries: A German language portal featuring German-English, German-French,

German-Spanish, German-Italian, German-Chinese and German-Russian diction

けろ-みこ

{{Infobox language
|image=
|name=German
|nativename={{lang|de|''Deutsch''}}
|familycolor=Indo-European
|pronunciation={{IPA-de|ˈdɔʏtʃ|}}
|states= Primarily in [[German-speaking Europe]], as a [[German as a minority language|

minority language]] and amongst the [[German diaspora]] worldwide
|speakers=[[Native speakers]]:
ca. 90 – 97 million
name="Marten"/>
Non-native speakers:
ca. 80 million

{{cite book
| authorlink = National Geographic
| title = National Geographic Collegiate Atlas of the World
| publisher = R.R Donnelley & Sons Company
| year = 2006
| month = April
| location = Willard, Ohio
| pages = 257–270
| isbn = Regular:0-7922-3662-9, 978-0-7922-3662-7. Deluxe:0-7922-7976-X, 978-0-7922-

7976-1 }}

|fam1=[[Indo-European languages|Indo-European]]
|fam2=[[Germanic languages|Germanic]]
|fam3=[[West Germanic languages|West Germanic]]
|fam4=[[High German languages|High German]]
|script=[[Latin alphabet]] ([[German alphabet|German variant]])
|nation=
{{flag|European Union}}
(official and working language)
----
{{flag|Austria}}

{{flag|Belgium}}

{{flag|Italy}} ([[South Tyrol]])

{{flag|Germany}}

{{flag|Liechtenstein}}

{{flag|Luxembourg}}

{{flag|Switzerland}}
|minority={{flag|Czech Republic}}

[http://ec.europa.eu/education/policies/lang/languages/langmin/euromosaic/cz1_de.html

EUROPA - Allgemeine & berufliche Bildung - Regional- und Minderheitensprachen der

Europäischen Union - Euromosaik-Studie]

{{flag|Denmark}}

[http://ec.europa.eu/education/languages/archive/languages/langmin/euromosaic/da1_en.ht

ml Support from the European Commission for measures to promote and safeguard regional or

minority languages and cultures - The Euromosaic sutdy: German in Denmark] (engl.). Letzter

Zugriff am 13. November 2009

{{flag|Hungary}}

[http://ec.europa.eu/education/policies/lang/languages/langmin/euromosaic/hu_de.pdf

EC.europa.eu]


{{flag|Kazakhstan}}{{cite web|url=http://www.irinnews.org/report.aspx?reportid=28051

|title=KAZAKHSTAN: Special report on ethnic Germans |publisher=Irinnews.org |date= |

accessdate=2010-10-11}}


{{flag|Namibia}} ([[National language]]; official language 1984–90)

{{cite web|

url=http://www.az.com.na/fileadmin/pdf/2007/deutsch_in_namibia_2007_07_18.pdf|

title=Deutsch in Namibia|publisher=Supplement of the Allgemeine Zeitung|date=2007-08-18|

accessdate=2008-06-23|format=PDF|language=German}}


[https://www.cia.gov/library/publications/the-world-factbook/geos/wa.html "CIA World Fact

book Profile: Namibia"] ''cia.gov'.' Retrieved 2008-11-30.

{{flag|Poland}}

([[Auxiliary language]] in 22 municipalities in [[Opole Voivodeship]])
{{cite web|

url=http://www2.mswia.gov.pl/download.php?s=1&id=944 |title=Map on page of Polish

Ministry of Interior and Administration (MSWiA) |date= |accessdate=2010-03-15}}


/>{{flag|Romania}}{{cite web|

url=http://www.siebenbuerger.de/zeitung/artikel/alteartikel/223-deutsche-minderheit-in-

rumaenien.html |title=SbZ - Deutsche Minderheit in Rumänien: "Zimmerpflanze oder

Betreuungs-Objekt" - Informationen zu Siebenbürgen und Rumänien |

publisher=Siebenbuerger.de |date= |accessdate=2010-03-15}}

{{flag|Russia}}

{{cite web|url=http://www.rusdeutsch.eu/?menu=1&menu0=38&level3=&z=1 |

title=Geschichte |publisher=Rusdeutsch.EU |date= |accessdate=2010-10-11}}



{{flag|Slovakia}} (Official municipal language of [[Krahule|Krahule/Blaufuß]])



[http://ec.europa.eu/education/policies/lang/languages/langmin/euromosaic/slok1_de.html

EUROPA - Allgemeine & berufliche Bildung - Regional- und Minderheitensprachen der

Europäischen Union - Euromosaik-Studie]

{{VAT}}

(Administrative and commanding language of the [[Swiss Guard]]){{cite

web|author=Verein Deutsche Sprache e.V. |url=http://www.vds-ev.de/verein/aha/aha.php |

title=Verein Deutsche Sprache e.V. - Prominente Mitglieder und Ehrenmitglieder |

publisher=Vds-ev.de |date=2006-06-15 |accessdate=2010-03-15}} {{Dead link|date=September

2010|bot=H3llBot}}

|agency=''No official regulation''

(German orthography regulated by the Council for German Orthography ([[Rat für deutsche

Rechtschreibung]]){{cite web|url=http://rechtschreibrat.ids-mannheim.de/rat/ |title=Rat

für deutsche Rechtschreibung - Über den Rat |publisher=Rechtschreibrat.ids-mannheim.de |

date= |accessdate=2010-10-11}}
).
|iso1=de
|iso2b=ger
|iso2t=deu
|lc1=deu|ld1=New High German
|lc2=gmh|ld2=Middle High German
|lc3=goh|ld3=Old High German
|lc4=gct|ld4=Alemán Coloniero
|lc5=bar|ld5=Austro-Bavarian
|lc6=cim|ld6=Cimbrian
|lc7=geh|ld7=Hutterite German
|lc8=ksh|ld8=Kölsch|ll8=Kölsch dialect
|lc9=nds|ld9=Low German
|lc10=sli|ld10=Lower Silesian|ll10=Lower Silesian language
|lc11=ltz|ld11=Luxembourgish|ll11=Luxembourgish language
|lc12=vmf|ld12=Main-Franconian
|lc13=mhn|ld13=Mócheno
|lc14=pfl|ld14=Palatinate German
|lc15=pdc|ld15=Pennsylvania German|ll15=Pennsylvania German language
|lc16=pdt|ld16=Plautdietsch
|lc17=swg|ld17=Swabian German
|lc18=gsw|ld18=Swiss German
|lc19=uln|ld19=Unserdeutsch
|lc20=sxu|ld20=Upper Saxon
|lc21=wae|ld21=Walser German
|lc22=wep|ld22=Westphalian|ll22=Westphalian language
|lingua=52-AC (Continental West Germanic) > 52-ACB (Deutsch & Dutch) >
52-ACB-d

([[Central German]] incl. 52-ACB–dl & -dm [[Standard German|Standard/Generalised High

German]]) + 52-ACB-e & -f ([[Upper German]] & [[Swiss German]]) + 52-ACB-g ([[Yiddish

language|Yiddish]]) + 52-ACB-h ([[German diaspora|émigré German]] varieties incl.
52-

ACB-hc [[Hutterite German]] & 52-ACB-he [[Pennsylvania German language|Pennsylvania

German]] etc.) + 52-ACB-i ([[Yeniche language|Yenish]]); totalling 285 varieties: 52-ACB-daa to

52-ACB-i
|map=Map German World.png
|notice=IPA
}}

'''German''' ({{lang|de|''Deutsch''}} {{IPA-de|ˈdɔʏtʃ||de-Deutsch.ogg}}) is a [[West Germanic

languages|West Germanic language]], related to and classified alongside [[English language|

English]] and [[Dutch language|Dutch]]. With an estimated 90{{Cite

encyclopedia| editor-last = Lewis| editor-first = M. Paul| encyclopedia = Ethnologue: Languages

of the World| edition = 16 | publisher = SIL International | location = Dallas, Texas| year =

2009| url = http://www.ethnologue.com/show_language.asp?code=deu}}
– 97

million{{cite book |editor1-first= Thomas|editor1-last= Marten|editor2-

first= Fritz Joachim|editor2-last= Sauer|title= Länderkunde - Deutschland, Österreich, Schweiz

und Liechtenstein im Querschnitt|trans_title= Regional Geography - An Overview of Germany,

Austria, Switzerland and Liechtenstein|year= 2005|publisher= Inform-Verlag|location= Berlin|

language= German|isbn= 3-9805843-1-3|page= 7}}
native speakers, German is one of

the world's [[world language|major languages]] and the most widely spoken [[first language]] in

the [[European Union]].

==Geographic distribution==
===Europe===
{{Main|German-speaking Europe}}
{{See|German as a minority language}}
German is primarily spoken in [[Languages of Germany|Germany]] (where it is the first language

for more than 95% of the population), [[Languages of Austria|Austria]] (89%), [[Languages of

Switzerland|Switzerland]] (65%) and [[Liechtenstein]] - the latter princedom being the only state

with German as only official and spoken language. German is also spoken by the majority of the

population of [[Luxembourg]].

Other European German-speaking communities are found in [[Northern Italy]] (in [[South

Tyrol]] and in some municipalities in other provinces), in the [[German speaking community in

Belgium|East Cantons]] of [[Belgium]], in the [[France|French]] regions of [[Alsace]] and

[[Lorraine (region)|Lorraine]], and in some border villages of the former [[South Jutland

County]] of [[Denmark]].

German-speaking communities can also be found in parts of the [[Czech Republic]], [[Slovakia]],

[[Hungary]], [[Poland]], [[Romania]], [[Serbia]], [[Russia]] and [[Kazakhstan]]. In Russia,

forced expulsions after [[World War II]] and massive emigration to Germany in the 1980s and

1990s have depopulated most of these communities. German is also spoken by foreign

populations{{Citation needed|date=June 2010}} and

some of their descendants in [[Bosnia and Herzegovina|Bosnia]], [[Bulgaria]], [[Cyprus]],

[[Croatia]], [[Egypt]], [[Greece]], [[Israel]], [[Morocco]], [[Netherlands]], [[Portugal]],

[[Scandinavia]], [[Slovenia]], [[Spain]], [[Turkey]], and the [[United Kingdom]].

===Overseas===
{{Main|German diaspora}}
[[File:NamibiaDeutscheSprache.jpg|thumb|left|Examples of German language in [[Namibia]]n

everyday life]]
German-speaking communities can be found in the former [[List of former German colonies|

German colony]] of [[Namibia]], independent from [[South Africa]] since 1990, as well as in the

other countries of German emigration such as the US, [[Canada]], [[Mexico]], [[Dominican

Republic]], Brazil, Argentina, [[Paraguay]], [[Uruguay]], [[Chile]], [[Peru]], [[Venezuela]]

(where the dialect [[Alemán Coloniero]] developed), South Africa and [[Australia]]. In Namibia,

[[German Namibians]] retain German educational institutions.

Large numbers of people with full or significant [[Germans|German]] ancestry are found in the

United States (approx. 50 million),{{Cite web |

url=http://factfinder.census.gov/servlet/IPTable?_bm=y&-

reg=ACS_2005_EST_G00_S0201:535;ACS_2005_EST_G00_S0201PR:535;ACS_2005_EST

_G00_S0201T:535;ACS_2005_EST_G00_S0201TPR:535&-

qr_name=ACS_2005_EST_G00_S0201&-qr_name=ACS_2005_EST_G00_S0201PR&-

qr_name=ACS_2005_EST_G00_S0201T&-qr_name=ACS_2005_EST_G00_S0201TPR&-

ds_name=ACS_2005_EST_G00_&-TABLE_NAMEX=&-ci_type=A&-redoLog=false&-

charIterations=047&-geo_id=01000US&-format=&-_lang=en|coauthors=United States Census

Bureau|title=U.S. Census Bureau, 2005 American Community Survey|accessdate= 28 March

2011}} The 1990 census gives 57.9 million, or 23.3% of the U.S. population.
Brazil

(est. 5 million){{pt icon}}

[http://www.passeiweb.com/na_ponta_lingua/sala_de_aula/geografia/geografia_do_brasil/d

emografia_imigracoes/brasil_imigracoes_alemanha A Imigração Alemã no Brasil] Deutsche

Welle. Retrieved 28 March 2011.
and Canada (approx. 3 million).

[http://www12.statcan.ca/english/census01/products/highlight/ETO/Table1.cfm?

Lang=E&T=501&GV=1&GID=0 2001 Canadian Census] gives 2,742,765 total respondents

stating their ''ethnic origin'' as partly German, with 705,600 stating "single-ancestry". Retrieved

28 March 2011.
In [[Brazil]] the largest concentrations of German speakers are in [[Rio

Grande do Sul]] (where [[Riograndenser Hunsrückisch]] developed), [[Santa Catarina (state)|

Santa Catarina]], [[Paraná (state)|Paraná]], [[São Paulo]] and [[Espírito Santo]]. There are also

important concentrations of German-speaking descendants in [[Argentina]], [[Venezuela]],

[[Paraguay]] and [[Chile]]. In the 20th century, over 100,000 German [[refugee|political

refugees]] and invited entrepreneurs settled in [[Latin America]], in countries such as [[Costa

Rica]], [[Panama]], Venezuela, and the Dominican Republic, to establish German-speaking

enclaves, and reportedly there is a small [[German immigration to Puerto Rico]]. Nearly all

inhabitants of the city of [[Pomerode]] in the state of [[Santa Catarina (state)|Santa Catarina]] in

[[Brazil]] can speak German. However, in most other locations where German immigrants

settled, the vast majority of their descendents no longer speak German, as they have been largely

assimilated into the host language and culture of the specific location of settlement; generally

English in North America, and Spanish, or Portuguese in Latin America.

{| class="wikitable sortable"
|-
! Country !! German speaking population (outside Europe)

[http://www.bpb.de/wissen/08937231579775312662617270950640,1,0,Auslandsdeutsche.html

#art1 Handwörterbuch des politischen Systems der Bundesrepublik] (in German). Source lists

"German expatriate citizens" only for Namibia and South Africa!

|-
| [[USA]] || 5,000,000
|-
| [[Brazil]] || 3,000,000
|-
| [[Argentina]] || 500,000
|-
| [[Canada]] || 450,000 – 620,000

{{cite web|

url=http://www12.statcan.ca/english/census06/data/topics/RetrieveProductTable.cfm?

ALEVEL=3&APATH=3&CATNO=&DETAIL=0&DIM=&DS=99&FL=0&FREE=0&GAL=0&GC

=99&GK=NA&GRP=1&IPS=&METH=0&ORDER=1&PID=89189&PTYPE=88971&RL=0&S=1

&ShowAll=No&StartRow=1&SUB=705&Temporal=2006&Theme=70&VID=0&VNAMEE=&VN

AMEF=&GID=837928 |title=Statistics Canada 2006 |publisher=2.statcan.ca |date=2010-01-06

|accessdate=2010-03-15}}

|-
| [[Australia]] || 110,000
|-
| [[South Africa]] || 75,000 (German expatriate citizens alone)
|-
| [[Chile]] || 40,000
|-
| [[Paraguay]] || 30,000 – 40,000
|-
| [[Namibia]] || 30,000 (German expatriate citizens alone)
|-
| [[Mexico]] || 10,000
|-
|[[Venezuela]] || 10,000
|}

[[File:Bundesarchiv Bild 137-005795, Deutsche Zeitungen in Nordamerika.jpg|thumb|left|

German-language [[newspaper]]s in [[North America]] in 1922]]
{{See also|Pennsylvania German|Plautdietsch|Hutterite German}}
The United States has one of the largest concentrations of German speakers outside Europe. The

states of [[North Dakota]] and [[South Dakota]] are the only states where German is the most

common language spoken at home after English (the second most spoken language in other

states is either Spanish or French).{{cite web|

url=http://www.census.gov/population/cen2000/phc-t20/tab05.pdf |title=Table 5. Detailed

List of Languages Spoken at Home for the Population 5 Years and Over by State: 2000 |

format=PDF |date= |accessdate=2010-03-15}}
An indication of the German presence can

be found in the names of such places as New Ulm and many other towns in Minnesota;

[[Bismarck, North Dakota|Bismarck]] (state capital), [[Munich, North Dakota|Munich]],

[[Karlsruhe, North Dakota|Karlsruhe]], and [[Strasburg, North Dakota|Strasburg]] in North

Dakota; [[New Braunfels]] and Muenster in Texas; and Kiel, [[Berlin, Wisconsin|Berlin]] and

[[Germantown, Wisconsin|Germantown]] in Wisconsin.

Between 1843 and 1910, more than 5 million Germans emigrated overseas,Henry Steele

Commager (1961). "''[http://books.google.com/books?id=Czlg39-

Z75kC&pg=PA102&dq&hl=en#v=onepage&q=&f=false Immigration and American history:

essays in honor of Theodore C. Blegen]''". U of Minnesota Press. p.102. ISBN 0816657351


mostly to the United States.49.2 million [[German Americans]] as of 2005 according to the

{{cite web |url=http://factfinder.census.gov/servlet/IPTable?_bm=y&-

reg=ACS_2005_EST_G00_S0201:535;ACS_2005_EST_G00_S0201PR:535;ACS_2005_EST

_G00_S0201T:535;ACS_2005_EST_G00_S0201TPR:535&-

qr_name=ACS_2005_EST_G00_S0201&-qr_name=ACS_2005_EST_G00_S0201PR&-

qr_name=ACS_2005_EST_G00_S0201T&-qr_name=ACS_2005_EST_G00_S0201TPR&-

ds_name=ACS_2005_EST_G00_&-TABLE_NAMEX=&-ci_type=A&-redoLog=false&-

charIterations=047&-geo_id=01000US&-format=&-_lang=en|coauthors=United States Census

Bureau|title=US demographic census|accessdate=2007-08-02}}; the 1990 census gives 57.9

million, or 23.3% of the U.S. population.
Over the course of the 20th century many of the

descendants of 18th century and 19th century immigrants ceased speaking German at home, but

small populations of elderly (as well as some younger) speakers can be found in [[Pennsylvania]]

([[Amish]], [[Hutterites]], [[Dunkard Township, Greene County, Pennsylvania|Dunkards]] and

some [[Mennonites]] historically spoke [[Hutterite German]] and a [[West Central German]]

variety of [[Pennsylvania German language|Pennsylvania Dutch]]), [[Kansas]] (Mennonites and

[[Volga German]]s), North Dakota (Hutterite Germans, Mennonites, [[History of Germans in

Russia and the Soviet Union|Russian Germans]], Volga Germans, and [[Baltic Germans]]),

[[South Dakota]], [[Montana]], [[Texas]] ([[Texas German]]), [[Wisconsin]], [[Indiana]],

[[Oregon]], [[Louisiana]] and [[Oklahoma]]. A significant group of German [[Pietists]] in

[[Iowa]] formed the [[Amana Colonies]] and continue to practice speaking their heritage

language. Early twentieth century immigration was often to [[St. Louis, Missouri|St. Louis]],

[[Chicago]], [[New York]], [[Milwaukee]], [[Pittsburgh]] and [[Cincinnati]].

In [[Canada]], there are 622,650 speakers of German according to the most recent census in

2006, while people of German ancestry ([[German Canadians]]) are

found throughout the country. German-speaking communities are particularly found in [[British

Columbia]] (118,035) and [[Ontario]] (230,330). There is a large and

vibrant community in the city of [[Kitchener, Ontario]], which was at one point named Berlin.

German immigrants were instrumental in the country's three largest urban areas: [[Montreal]],

[[Toronto]], and [[Vancouver]]; while post-[[Second World War]] immigrants managed to

preserve a fluency in the German language in their respective neighborhoods and sections. In the

first half of the 20ᵗʰ century, over a million [[German-Canadian]]s made the language Canada's

third most spoken after [[French language|French]] and [[English language|English]].

In Mexico there are also large populations of [[German Mexican|German ancestry]], mainly in

the cities of: [[Mexico City]], [[Puebla]], [[Mazatlán]], [[Tapachula]], and larger populations

scattered in the states of [[Chihuahua (state)|Chihuahua]], [[Durango]], and [[Zacatecas]].

German ancestry is also said to be found in neighboring towns around [[Guadalajara, Jalisco]]

and much of Northern Mexico, where German influence was immersed into the Mexican culture.

Standard German is spoken by the affluent German communities in Puebla, Mexico City, [[Nuevo

León]], [[San Luis Potosí]] and [[Quintana Roo]].

The dialects of German which are or were primarily spoken in colonies or communities founded

by German-speaking people resemble the dialects of the regions the founders came from. For

example, Pennsylvania German resembles [[Palatinate German]] dialects, and Hutterite German

resembles dialects of [[Carinthia (state)|Carinthia]]. [[Texas German]] is a dialect spoken in the

areas of Texas settled by the [[Adelsverein]], such as New Braunfels and Fredericksburg. In the

[[Amana Colonies]] in the state of Iowa, [[Amana German]] is spoken. [[Plautdietsch]] is a large

[[minority language]] spoken in Northern Mexico by the [[Mennonite]] communities, and is

spoken by more than 200,000 people in Mexico. [[Pennsylvania German language|Pennsylvania

Dutch]] is a dialect of German spoken by the [[Amish]] population of Pennsylvania, Indiana, and

Ohio.

[[Hutterite German]] is an Upper German dialect of the [[Austro-Bavarian]] variety of the

German language, which is spoken by Hutterite communities in Canada and the United States.

Hutterite is spoken in the U.S. states of [[Washington (U.S. state)|Washington]], [[Montana]],

[[North Dakota]], [[South Dakota]], and [[Minnesota]]; and in the Canadian provinces of

[[Alberta]], [[Saskatchewan]] and [[Manitoba]]. Its speakers belong to some Schmiedleit,

Lehrerleit, and Dariusleit Hutterite groups, but there are also speakers among the older

generations of Prairieleit (the descendants of those Hutterites who chose not to settle in colonies).

Hutterite children who grow up in the colonies learn and speak first Hutterite German before

learning English in the public school, the standard language of the surrounding areas. Many

colonies, though, continue with German Grammar School, separate from the public school,

throughout a student's elementary education.

In [[Australia]], the state of [[South Australia]] experienced a pronounced wave of Germans

arriving in the 1840s from Prussia (particularly the [[Silesia]] region). With the prolonged

isolation from other German speakers and contact with [[Australian English]] some have

suggested a unique dialect formed known as [[Barossa German]] spoken predominantly in the

[[Barossa Valley]] near [[Adelaide]]. Usage sharply declined with the advent of [[World War I]],

the prevailing anti-German sentiment in the population and related government action. It

continued to be used as a first language into the twentieth century but now its use is limited to a

few older speakers.

There is also an important German [[German-based creole languages|creole]] being studied and

recovered, named [[Unserdeutsch]], spoken in the former German colony of [[Papua New

Guinea]], across [[Micronesia]] and in northern Australia (i.e. coastal parts of [[Queensland]]

and [[Western Australia]]), by a few elderly people. The risk of its extinction is serious and efforts

to revive interest in the language are being implemented by scholars.

===Internet===
According to [[Global Reach]] (2004), 6.9% of the Internet population is German.
"Global Reach">[http://global-reach.biz/globstats/index.php3 Global Statistics],

[http://global-reach.biz./ Global Reach].


[http://www.nvtc.gov/lotw/months/november/internetLanguages.htm Internet Languages],

[http://www.nvtc.gov/ NVTC].
According to Netz-tipp (2002), 7.7% of webpages are

written in German,{{cite web|url=http://www.netz-tipp.de/languages.html |

title=Distribution of languages on the Internet |publisher=Netz-tipp.de |date= |

accessdate=2010-03-15}}
making it second only to English in the European language

group. They also report that 12% of Google's users use its German interface.

Some older statistics included in 1998 Babel found somewhat similar demographics.
"ISOC">[http://alis.isoc.org/palmares.en.html Palmares], [http://isoc.org./ Internet

Society].
FUNREDES

[http://funredes.org/lc2005/english/L3.html Funredes].
(1998) and Vilaweb
"Vilaweb">[http://www.clickz.com/stats/sectors/demographics/article.php/408521

Vilaweb].
(2000) both found that German is the third most popular language used by

websites, after English and [[Japanese language|Japanese]].

==History==
{{Main|History of German}}
[[File:AlthochdeutscheSprachräume962 Box.jpg|right|200px|thumb|The Germanic-speaking

area of the [[Holy Roman Empire]] around 962.]]

===Origins===
The history of the language begins with the [[High German consonant shift]] during the

[[migration period]], separating [[Old High German]] dialects from [[Old Saxon]]. The earliest

testimonies of Old High German are from scattered [[Elder Futhark]] inscriptions, especially in

[[Alemannic German|Alemannic]], from the 6th century AD; the earliest glosses

(''[[Abrogans]]'') date to the 8th; and the oldest coherent texts (the ''[[Hildebrandslied]]'', the

''[[Muspilli]]'' and the [[Merseburg Incantations]]) to the 9th century. [[Old Saxon]] at this time

belongs to the [[Ingvaeonic|North Sea Germanic]] cultural sphere, and [[Low German|Low

Saxon]] should fall under German rather than [[Anglo-Frisian]] influence during the [[Holy

Roman Empire]].

As Germany was divided into many different [[States of Germany|states]], the only force working

for a unification or [[standard language|standardization]] of German during a period of several

hundred years was the general preference of writers trying to write in a way that could be

understood in the largest possible area.

===Modern German===
When [[Martin Luther]] translated the [[Bible]] (the [[New Testament]] in 1522 and the [[Old

Testament]], published in parts and completed in 1534), he based his translation mainly on the

bureaucratic standard language used in Saxony (''sächsische Kanzleisprache''), also known as

''Meißner-Deutsch'' (German from the city of [[Meissen]]). This language was based on Eastern

Upper and Eastern Central German dialects and preserved much of the grammatical system of

[[Middle High German]] (unlike the spoken German dialects in Central and Upper Germany,

which already at that time began to lose the [[genitive case]] and the [[preterit]]). In the

beginning, copies of the Bible had a long list for each region, which translated words unknown in

the region into the regional dialect. [[Roman Catholics]] rejected Luther's translation in the

beginning and tried to create their own Catholic standard (''gemeines Deutsch'') — which,

however, only differed from "Protestant German" in some minor details. It took until the middle

of the 18th century to create a standard that was widely accepted, thus ending the period of

[[Early New High German]].
[[File:Austria Hungary ethnic.svg|thumb|Ethno-linguistic map of [[Austria–Hungary]], 1910.]]
[[File:Historical German linguistical area.PNG|thumb|German language and ethnicity in central

Europe, 1929.]]
Until about 1800, standard German was almost only a written language. At this time, people in

urban [[northern Germany]], who spoke dialects very different from [[Standard German]],

learned it almost like a foreign language and tried to pronounce it as closely to the spelling as

possible. Prescriptive pronunciation guides used to consider northern [[German phonology|

German pronunciation]] to be the standard. However, the actual pronunciation of Standard

German varies from region to region.

German was the language of commerce and government in the [[Habsburg Empire]], which

encompassed a large area of Central and Eastern Europe. Until the mid-19th century it was

essentially the language of townspeople throughout most of the Empire. It indicated that the

speaker was a [[merchant]], an urbanite, not their nationality. Some cities, such as [[Prague]]

(German: ''Prag'') and [[Budapest]] ([[Buda]], German: ''Ofen''), were gradually

[[Germanization|Germanized]] in the years after their incorporation into the Habsburg domain.

Others, such as [[Bratislava]] (German: ''Pressburg''), were originally settled during the

Habsburg period and were primarily German at that time. A few cities such as [[Milan]]

(German: ''Mailand'') remained primarily non-German. However, most cities were primarily

German during this time, such as Prague, Budapest, Bratislava, [[Zagreb]] (German: ''Agram''),

and [[Ljubljana]] (German: ''Laibach''), though they were surrounded by territory that spoke

other languages.

In 1901, the 2nd Orthographical Conference ended with a complete standardization of German

language in its written form while the ''Deutsche Bühnensprache'' (literally, German [[stage

(theatre)|stage]] language) had already established rules for German three years earlier, which

were later to become obligatory for general German pronunciation.

Media and written works are now almost all produced in Standard German (often called

''Hochdeutsch'' in German) which is understood in all areas where German is spoken.

The first dictionary of the [[Brothers Grimm]], the 16 parts of which were issued between 1852

and 1860, remains the most comprehensive guide to the words of the German language. In 1860,

grammatical and orthographic rules first appeared in the ''[[Duden Handbook]]''. In 1901, this

was declared the standard definition of the German language. Official revisions of some of these

rules were not issued until 1998, when the [[German spelling reform of 1996]] was officially

promulgated by governmental representatives of all German-speaking countries. Since the

reform, German spelling has been in an eight-year transitional period during which the reformed

spelling is taught in most schools, while traditional and reformed spellings co-exist in the media.

See [[German spelling reform of 1996]] for an overview of the public debate concerning the

reform, with some major newspapers and magazines and several known writers refusing to adopt

it.

===Reform of 1996 and beyond===
The German spelling reform of 1996 led to public controversy and considerable dispute. Some

states (Bundesländer) would not accept it ([[North Rhine-Westphalia|North Rhine Westphalia]]

and [[Bavaria]]). The dispute landed at one point in the highest court, which made a short issue

of it, claiming that the states had to decide for themselves and that only in schools could the

reform be made the official rule—everybody else could continue writing as they had learned it.

After 10 years, without any intervention by the federal parliament, a major revision was installed

in 2006, just in time for the coming school year. In 2007, some traditional spellings were finally

invalidated. The only sure and easily recognizable symptom of a text's being in compliance with

the reform is the -ss at the end of words, such as ''dass'' and ''muss''. Classic spelling forbade this

ending, instead using ''daß'' and ''muß''.
The cause of the controversy evolved around the question of whether a language is part of the

culture which must be preserved or a means of communicating information which has to allow

for growth.

==Standard German==
{{Main|Standard German}}
[[File:German standard varieties.png|thumb|350px|The national and regional standard varieties

of the Geman language.Ulrich Ammon, Hans Bickel, Jakob Ebner, et al.:

Variantenwörterbuch des Deutschen. Die Standardsprache in Österreich, der Schweiz und

Deutschland sowie in Liechtenstein, Luxemburg, Ostbelgien und Südtirol. Walter de Gruyter,

Berlin 2004.
]]
Standard German originated not as a traditional dialect of a specific region, but as a [[written

language]]. However, there are places where the traditional regional dialects have been replaced

by standard German; this is the case in vast stretches of [[Northern Germany]], but also in major

cities in other parts of the country.

Standard German differs regionally, between German-speaking countries, in [[vocabulary]] and

some instances of [[pronunciation]], and even [[grammar]] and [[orthography]]. This variation

must not be confused with the variation of local [[dialects]] . Even though the regional varieties of

standard German are only to a certain degree influenced by the local dialects, they are very

distinct. German is thus considered a [[pluricentric language]].

In most regions, the speakers use a continuum of mixtures from more dialectal varieties to more

standard varieties according to situation.

In the German-speaking parts of [[Switzerland]], mixtures of dialect and standard are very

seldom used, and the use of standard German is largely restricted to the written language.

Therefore, this situation has been called a ''medial [[diglossia]]''. [[Swiss Standard German]] is

used in the Swiss, [[Austrian Standard German]] officially in the Austrian education system.

===Official status===
Standard German is the only [[official language]] in Liechtenstein; it shares official status in

[[Germany]] (with [[Danish language|Danish]], [[Frisian languages|Frisian]] and [[Sorbian

languages|Sorbian]] as minority languages), in Austria (with [[Slovene language|Slovene]],

[[Croatian language|Croatian]], and [[Hungarian language|Hungarian]]), Switzerland (with

[[French language|French]], [[Italian language|Italian]] and [[Romansh language|Romansh]]),

Belgium (with [[Dutch language|Dutch]] ([[Flemish language|Flemish]]) and French) and

Luxembourg (with French and [[Luxembourgish language|Luxembourgish]]). It is used as a

local official language in Italy ([[South Tyrol]]), as well as in the cities of [[Sopron]] (Hungary),

Krahule ([[Slovakia]]) and several cities in Romania. It is the official language (with Italian) of

the [[Vatican City|Vatican]] [[Swiss Guard]].

German has an officially recognized status as regional or auxiliary language in Denmark

{{Citation needed|date=August 2010}} ([[South Jutland]] region), Italy (Gressoney valley),

Namibia, [[Poland]] ([[Bilingual communes in Poland|Opole]] region), and Russia{{Citation

needed|date=August 2010}} (Asowo and Halbstadt).

German is one of the 23 official [[languages of the European Union]]. It is the language with the

largest number of native speakers in the [[European Union]], and is the second-most spoken

language in Europe, just behind English and ahead of [[French language|French]].

===German as a foreign language===
{{Main|German as a foreign language}}

[[File:Knowledge of German EU map.svg|left|thumb|290px|Knowledge of the German language

in [[Europe]].]]
[[File:German foreign language EU.jpg|thumb|left|300px|Knowledge of German as a [[foreign

language]] ([[second language]] in [[Luxembourg]]) in the [[EU]] member states (+[[Croatia]]

and [[Turkey]]), in per cent of the adult population (+15), 2005.]]
[[File:Continental West Germanic languages.png|250px|right|thumb|Distribution of the native

speakers of major continental West-Germanic dialectal varieties.{{Citation needed|

date=November 2009}}]]

German is the third-most taught [[foreign language]] in the English-speaking world, after French

and Spanish {{Citation needed|date=August 2010}}.

German is the main language of about 90–95 million people in Europe (as of 2004), or 13.3% of

all Europeans, being the second most spoken native language in Europe after [[Russian

language|Russian]], above French (66.5 million speakers in 2004) and English (64.2 million

speakers in 2004). It is therefore the most spoken first language in the EU. It is the second most

known foreign language in the EU.After English; {{cite web|

url=http://ec.europa.eu/public_opinion/archives/ebs/ebs_237.en.pdf|title=Europeans and

Language|publisher=[[European Commission]]|format=PDF|year=2005|accessdate=2007-12

-08}}
It is one of the official languages of the European Union, and one of the three

[[working language]]s of [[European Commission|the European Commission]], along with

English and French. Thirty-two percent of citizens of the EU-15 countries say they can converse

in German (either as a mother tongue or as a second or foreign language).{{cite web|url=

http://ec.europa.eu/education/policies/lang/languages/index_en.html|title=Languages in

Europe|publisher=[[European Commission]]|year=2007|accessdate=2008-02-12}}
This

is assisted by the widespread availability of German TV by cable or satellite.

German was once, and still remains to some extent, a [[lingua franca]] in [[Central Europe|

Central]], [[Eastern Europe|Eastern]], and [[Northern Europe]] {{Citation needed|date=August

2010}}.

==Dialects==
{{Main|German dialects}}
German is a member of the [[West Germanic language|western branch]] of the [[Germanic

languages|Germanic]] [[language family|family of languages]], which in turn is part of the

[[Indo-European language family]]. The German dialect continuum is traditionally divided most

broadly into [[High German languages|High German]] and [[Low German]].

The variation among the German dialects is considerable, with only the neighboring dialects

being mutually intelligible. Some dialects are not intelligible to people who only know standard

German. However, all German dialects belong to the dialect continuum of High German and Low

Saxon languages.

===Low German===
{{Main|Low German}}

[[Middle Low German]] was the [[lingua franca]] of the [[Hanseatic League]]. It was the

predominant language in Northern Germany. This changed in the 16th century, when in 1534 the

[[Luther Bible]] by Martin Luther was printed. This translation is considered to be an important

step towards the evolution of the [[Early New High German]]. It aimed to be understandable to a

broad audience and was based mainly on [[Central German|Central]] and [[Upper German]]

varieties. The Early New High German language gained more prestige than [[Low Saxon

German|Low Saxon]] and became the language of science and literature. Other factors were that

around the same time, the Hanseatic league lost its importance as new trade routes to [[Asia]]

and the [[Americas]] were established, and that the most powerful German states of that period

were located in Middle and Southern Germany.

The 18th and 19th centuries were marked by mass [[education]] of [[Standard German]] in

schools. Slowly, Low Saxon was pushed back and back until it was nothing but a language spoken

by the uneducated and at home. Today Low Saxon can be divided in two groups: Low Saxon

varieties with a reasonable standard German influx and varieties of Standard German with a Low

Saxon influence known as [[Missingsch]]. Sometimes, Low Saxon and [[Low Franconian]]

varieties are grouped together because both are unaffected by the High German consonant shift.

However, the part of the population capable of speaking and responding to it, or of understanding

it has decreased continuously since [[World War II]].

===High German===
{{Main|High German languages}}

High German is divided into [[Central German]], [[High Franconian]] (a transitional dialect),

and [[Upper German language|Upper German]]. Central German dialects include [[Ripuarian

language|Ripuarian]], [[Moselle Franconian]], [[Rhine Franconian]], [[Central Hessian]], [[East

Hessian]], [[North Hessian]], [[Thuringian]], [[Silesian German]], [[Lorraine Franconian]],

[[Alemannic German|Mittelalemannisch]], [[North Upper Saxon]], [[High Prussian]],

[[Lausitzisch-Neumärkisch]] and [[Upper Saxon dialect|Upper Saxon]]. It is spoken in the

southeastern Netherlands, eastern Belgium, Luxembourg, parts of France, and parts of Germany

approximately between the River [[Main (river)|Main]] and the southern edge of the Lowlands.

Modern Standard German is mostly based on Central German, but it should be noted that the

common (but not linguistically correct) German term for modern Standard German is

''Hochdeutsch'', that is, ''High German''.

The Moselle Franconian varieties spoken in Luxembourg have been officially standardised and

institutionalised and are therefore usually considered a separate language known as

[[Luxembourgish language|Luxembourgish]].

The two [[High Franconian]] dialects are [[East Franconian German|East Franconian]] and

[[South Franconian German|South Franconian]].

Upper German dialects include [[Northern Austro-Bavarian]], [[Central Austro-Bavarian]],
[[Southern Austro-Bavarian]], [[Swabian German|Swabian]], [[East Franconian German|East

Franconian]], [[High Alemannic German]], [[Highest Alemannic German]], [[Alsatian

language|Alsatian]] and [[Low Alemannic German]]. They are spoken in parts of the Alsace,

southern Germany, Liechtenstein, Austria, and the German-speaking parts of Switzerland and

Italy.

[[Wymysorys]] is a High German dialect of Poland, and [[Sathmarisch]] and [[Siebenbürgisch]]

are High German dialects of Romania. The High German varieties spoken by [[Ashkenazi Jew]]s

(mostly in the former [[Soviet Union]]) have several unique features, and are usually considered

as a separate language, [[Yiddish]]. It is the only Germanic language that does not use the [[Latin

alphabet]] as its [[official script|standard script]].

===German dialects versus varieties of standard German===
In German [[linguistics]], German [[dialect]]s are distinguished from [[variety (linguistics)|

varieties]] of [[standard German]].

*The ''German dialects'' are the traditional local varieties. They are traditionally traced back to

the different German tribes. Many of them are hardly understandable to someone who knows

only standard German, since they often differ from standard German in [[lexicon]],

[[phonology]] and [[syntax]]. If a narrow definition of [[language]] based on [[mutual

intelligibility]] is used, many German dialects are considered to be separate languages (for

instance in the [[Ethnologue]]). However, such a point of view is unusual in German linguistics.
*The ''varieties of standard German'' refer to the different local varieties of the [[pluricentric

language|pluricentric]] standard German. They only differ slightly in lexicon and phonology. In

certain regions, they have replaced the traditional German dialects, especially in Northern

Germany.

==Grammar==
{{Main|German grammar}}
{{German grammar}}
German is an [[Fusional language|inflected language]] with three [[grammatical gender]]s; as

such, there can be a large number of words derived from the same root, albeit, there are other

languages that are much more inflected.

===Noun inflection===
[[German nouns]] inflect into:
* one of four [[Grammatical case|cases]]: [[nominative]], [[genitive]], [[dative case|dative]], and

[[accusative case|accusative]].
* one of three [[grammatical gender|genders]]: masculine, feminine, or neuter. Word endings

sometimes reveal grammatical gender; for instance, nouns ending in ''...ung'' (ing), ''...schaft'' (-

ship), ''...keit'' or ''...heit'' (-hood) are feminine, while nouns ending in ''...chen'' or ''...lein''

([[diminutive]] forms) are neuter and nouns ending in ''...ismus'' ([[-ism]]) are masculine.

Others are controversial, sometimes depending on the region in which it is spoken. Additionally,

ambiguous endings exist, such as ''...er'' ([[agent noun|-er]]), e.g. ''Feier (feminine)'', Eng.

''celebration, party'', ''Arbeiter (masculine)'', Eng. labourer, and ''Gewitter (neuter)'', Eng.

thunderstorm.
* two numbers: singular and plural

Although German is usually cited as an outstanding example of a highly inflected language, the

degree of inflection is considerably less than in [[Old German]] or in other old [[Indo-European

languages]] such as [[Latin]], [[Ancient Greek]], or [[Sanskrit]], or, for instance, in modern

[[Icelandic language|Icelandic]] or [[Russian language|Russian]]. The three genders have

collapsed in the plural, which now behaves, grammatically, somewhat as a fourth gender. With

four cases and three genders plus plural there are 16 distinct possible combinations of case and

gender/number, but presently there are only six forms of the [[article (grammar)|definite

article]] used for the 16 possibilities. Inflection for case on the noun itself is required in the

singular for strong masculine and neuter nouns in the genitive and sometimes in the dative. Both

of these cases are losing way to substitutes in [[Natural language|informal speech]]. The dative

ending is considered somewhat old-fashioned in many contexts and often dropped, but it is still

used in sayings and in formal speech or in written language. Weak masculine nouns share a

common case ending for genitive, dative and accusative in the singular. Feminines are not

declined in the singular. The plural does have an inflection for the dative. In total, seven

inflectional endings (not counting plural markers) exist in German: ''-s, -es, -n, -ns, -en, -ens, -e''.

In the German orthography, nouns and most words with the syntactical function of nouns are

capitalised, which is supposed to make it easier for readers to find out what function a word has

within the sentence (''Am Freitag ging ich einkaufen.'' — "On Friday I went shopping."; ''Eines

Tages kreuzte er endlich auf.'' — "One day he finally showed up.") This convention is almost

unique to German today (shared perhaps only by the closely related [[Luxemburgish language]]

and several insular dialects of the [[North Frisian language]]), although it was historically

common in other languages such as Danish and English.

Like most Germanic languages, German forms noun [[compound (linguistics)|compounds]]

where the first noun modifies the category given by the second, for example: ''Hundehütte'' (Eng.

''dog hut''; specifically: ''doghouse''). Unlike English, where newer compounds or combinations of

longer nouns are often written in ''open'' form with separating spaces, German (like the other

German languages) nearly always uses the ''closed'' form without spaces, for example: Baumhaus

(Eng. ''tree house''). Like English, German allows arbitrarily long compounds, but these are rare.

(''See also'' [[English compounds]].)

The longest German word verified to be actually in (albeit very limited) use is

[[Rinderkennzeichnungs- und

Rindfleischetikettierungsüberwachungsaufgabenübertragungsgesetz|

Rindfleischetikettierungsüberwachungsaufgabenübertragungsgesetz]], which, literally

translated, is "beef labelling supervision duty assignment law" [from Rind (cattle), Fleisch

(meat), Etikettierung(s) (labelling), Überwachung(s) (supervision), Aufgaben (duties),

Übertragung(s) (assignment), Gesetz (law)].

===Verb inflection===
{{Main|German verbs}}

Standard German verbs inflect into:
* one of primarily two [[Grammatical conjugation|conjugation]] classes, [[Germanic weak

verb|weak]] and [[Germanic strong verb|strong]] (as in English). Additionally, there is actually a

third class, known as mixed verbs, which exhibit inflections combining features of both the strong

and weak patterns.
* three [[Grammatical person|persons]]: 1st, 2nd, 3rd.
* two [[Grammatical number|numbers]]: singular and plural
* three [[Grammatical mood|moods]]: [[Realis mood|indicative]], [[imperative mood|

imperative]], [[subjunctive mood|subjunctive]]
* two [[voice (grammar)|voices]]: active and passive; the passive being composed and dividable

into static and dynamic.
* two non-composed [[Grammatical tense|tenses]] ([[present tense|present]], [[preterite]]) and

four composed tenses ([[perfect (grammar)|perfect]], [[pluperfect]], [[future tense|future]] and

[[future perfect]])
* distinction between [[grammatical aspect]]s is rendered by combined use of subjunctive and/or

preterite marking; thus: neither of both is plain indicative voice, sole subjunctive conveys

second-hand information, subjunctive plus preterite marking forms the conditional state, and

sole preterite is either plain indicative (in the past), or functions as a (literal) alternative for either

second-hand-information or the conditional state of the verb, when one of them may seem

indistinguishable otherwise.
* distinction between perfect and [[Continuous and progressive aspects|progressive aspect]] is

and has at every stage of development been at hand as a productive category of the older

language and in nearly all documented dialects, but, strangely enough, is nowadays rigorously

excluded from written usage in its present normalised form.
* disambiguation of completed vs. uncompleted forms is widely observed and regularly generated

by common prefixes (blicken - to look, erblicken - to see [unrelated form: sehen - to see]).

====Verb prefixes====

The meaning of base verbs can be expanded, and sometimes radically changed, through the use

of any number of prefixes. Some prefixes have a meaning themselves; the prefix '''''zer-''''' refers

to the destruction of things, as in '''''zer'''reißen'' (to tear apart), '''''zer'''brechen'' (to break

apart), '''''zer'''schneiden'' (to cut apart). Others do not have more than the vaguest meaning in

and of themselves; the use of '''''ver-''''' is found in a number of verbs with a large variety of

meanings, as in '''''ver'''suchen'' (to try), '''''ver'''nehmen'' (to interrogate), '''''ver'''teilen'' (to

distribute), '''''ver'''stehen'' (to understand).

Other examples include ''haften'' (to stick), '''''ver'''haften'' (to detain); ''kaufen'' (to buy),

'''''ver'''kaufen'' (to sell); ''hören'' (to hear), '''''auf'''hören'' (to cease); ''fahren'' (to drive),

'''''er'''fahren'' (to experience).

tero
ろめろご
== {{=fr=}} ==
{{-loc-nom-|fr}}
{{fr-rég|ʒø də mo|p=jeux de mots}}
'''jeu de mots''' {{m}}
# [[manipulation|Manipulation]] plaisante des [[mot]]s fondée sur la [[ressemblance]] des mots.
#* ''[…] en bref, seule l’hypothèse d’un original sémite […] peut rendre compte de ces cascades d’

assonances et de '''jeux de mots''' — maladie incurable, selon les uns, et merveille des merveilles,

selon les autres, de la littérature hébraïque traditionnelle, l’une de ses caractéristiques

essentielles en tout cas.'' {{source|[[w:Bernard Dubourg|Bernard Dubourg]], ''L’invention de

Jésus'', tome I, « L’hébreu du Nouveau Testament », Paris, Éditions Gallimard, 1987, p. 82}}
#* ''Bien évidemment, beaucoup des '''jeux de mots''' tramant la Bible hébraïque sont

approximatifs ; certains tournent à la — mauvaise — blague. Et plusieurs recourent, sur des

empilages d’assonances, à des effets d’anagramme et d’acrostiche, et à des réseaux (serrés ou

lâches) de synonymies.'' {{source|[[w:Bernard Dubourg|Bernard Dubourg]], ''L’invention de

Jésus'', tome II, « La fabrication du Nouveau Testament », Paris, Éditions Gallimard, 1989, p.

160}}

{{-syn-}}
* [[calembour]]

{{-trad-}}
{{(}}
* {{T|de}} : {{trad+|de|Kalauer}}, {{trad+|de|Wortspiel}} {{n}}
* {{T|en}} : {{trad+|en|pun}}, {{trad+|en|play on words}}
* {{T|da}} : {{trad-|da|ordspil}} {{n}}
* {{T|es}} : {{trad-|es|juego de palabras}}
{{-}}
* {{T|it}} : {{trad-|it|gioco di parole}}
* {{T|nl}} : {{trad-|nl|woordspeling}}
* {{T|no}} : {{trad-|no|ordspill}} {{n}}
* {{T|pt}} : {{trad+|pt|trocadilho}} {{m}}
{{)}}

{{-pron-}}
* {{pron|ʒø də mo|fr}}
* {{pron-rég|France (Île-de-France)|ʒø də mo|audio=Fr-Paris--jeu de mots.ogg}}

{{-voir-}}
* {{WP|Calembour}}

[[de:jeu de mots]]
[[en:jeu de mots]]
[[pl:jeu de mots]]

へりぇも-ほこ
// Numerals of Melobi are these tabled bellow

|1|nite|
|2|sike|
|3|behi|
|4|neho|
|5|tiko|
|6|kiho|
|7|toce|
|8|soke|
|9|nibe|
|0|lita|

lita is aplied if series of zeros a
that 00 is lita, not litalita

these are the count on humains with itsself no suffixes

pakuli

pakuli is an international auxiliary language created by myself (under strong influences from a

priori

languages and toki pona).

It consists of the only 11 sounds and 34 roots (including 2 suffixes). This pakuli language is the

public domain.
The letters and sounds

a e i o u k l n p s t
The sounds are not strict except a e i o u as Spanish-like; you can pronouce l as r, or k p s t as g b z

d respectively, or s as sh/ch. The accent (longer and so that stronger) falls on the last syllable but

one. A syllable is CV, or CVC only when the second C is n. The syllables ti and tu are never used.

Word forms never change for grammatical reasons. Capital letters are used only in foreign words.
The roots

// Particles
a: interjection (marker preposition)
e: accusative marker preposition
i: verb marker preposition
o: nominative (call, command) marker preposition
u: onomatopoeia (foreign word) marker preposition
-lu: passive participle suffix
-n: prepositionize suffix


// Conceptional roots
ki: possibility
ku: a kind
li: thing (it, he, she, they)
ni: not (zero, no)
pi: of (modifier marker preposition)
si: same (yes)

ta: that
na: this
sa: upper
ka: lower
la: side
pa: body (system)

to: time
lo: place
ko: life
po: something (what)
no: I (we)
so: you
The grammar

In a sequence of words "preposition w1 w2 w3 ..." (phrase), w2 and after work as modifiers for

w1. The preposition before the w1 determines the roll of the phrase for other phrases.
While an o preposition phrase comes before all the other phrases, its o preposition can be

omitted.
The pi as preposition changes (((w1 w2) w3) w4) into (w1 (pi (w2 w3) w4)), that is, then w3 and

after work as modifiers for w2 while w2 itself still works as a modifier for w1.
Imperatives are shown with "o i", empty o preposition just before i preposition phrase.
Simple questions are shown with ", i si?" ending.
Compound words

All the other words of pakuli come as words compounded only from the roots.
Numbers are made from numeral's compounds: 3625 = seletepe, the 3625-th = seletepe- (as

prefix), 36 * 25 = sele tepe, 36 / 25 = sele pi tepe, 36 + 25 = sele sa tepe, 36 - 25 = sele ka tepe,

36.25 (English) or 36,25 (Europe) = sele la tepe.
A large number is shown by lani with a suffix, which is the number of its following zeros: lanite

(or nenini) = 100, lanise = 1000 (kilo), lanike = 10000, lanile = 1000000 (mega), lanisu =

10000000, lanipu = 100000000, laninu = 1000000000 (giga), laninete = 1000000000000

(tera).
Similarly a small number is shown by lani with a prefix, which is the number of its preceding

zeros: telani = 0.01 (centi), selani = 0.001 (milli), lelani = 0.000001 (micro), nulani =

0.000000001 (nano).
Each figure place of a number is shown by sana, with a number suffix if it is counted from the

right, or with a number prefix if it is counted from the left: sanase pi seletepe i le.
Any compound word has no strict meaning. All possible meanings from the roots in it should be

acceptable. This means that those meanings shown by myself are also only examples how to get a

meaning from root combinations.
Any inclined interpretation of compound words, by a group or individual, should be acceptable,

that is, pakuli allows its compound words varied dialectally; I believe that anyone can get the

meanings of them easily by re-analyzing with the roots and context. Such an inclined vocabulary

will show also their worldview clearly.
Those are "the all" of pakuli (that is, now you've mastered pakuli thoroughly). Anything hereafter

is only "my" application, which never rule applications of another pakuli user.
One-syllables
Words of this type consist only of root + n, that is, all of them are prepositions.
kan: under
kin: by
kun: as
kon: for
lan: beside
lin: about
lon: where (relative)
nan: at
nin: but
pan: because of
pin: from
pon: what (relative)
san: above
sin: and
tan: to
ton: when (relative)
-n prepositions also work as conjunction or relativizer when they precede directly with any

marker preposition a e i o u. I think that we can make another relativizing style using pon after

the relativized and showing the real relativizer as po or its compound word, as far as it doesn't

cause confusion.
Two-syllables
Probably this type provides almost of the fundamental words. I recommend, however, that

making and using three-or-more-syllables compounds will be better than using these two-

syllables with too forced interpretations.
The opposite composition pairs in two-syllables
Other compound words
As verbs
Verbalizing non-action or non-state concepts may not be easy so that I list up them. () shows the

transitive corresponding.
ka: (drive)
ki: can (let)
ko: live (give birth to)
ku: vary
la: defend
li: (quest)
lo: (pass)
na: (pull)
ni: refuse
pa: play
pi: (decide)
po: forget
sa: (show)
si: (continue)
ta: (push)
to: wait
In pakuli, I can say by my somewhat using, the longer sentences the easier to memory. It seems to

mean, that a good learning of pakuli will come from writing and reading its sentences than

memorizing its compound words. For a good reading, 1) the marker prepositions a e i o u don't

appear in compound words (at least in my compoundings) so that you can pronounce them as if

they were the first syllable of the next word. 2) you can pronounce consecutive one-syllable words

(except prepositions, which should be only the first syllables or independent words) as if they

were one word whose accent is at the last syllable, until it causes ambiguousness. For example,

you can pronounce "kun o nopa i taki e li pa, pokon i pini lasin nopa" as "kun oNOpa iTAki eliPA,

POkon iPIni LAsin NOpa" (accents are on the capital syllables).
Examples

どり-ふぃろ

http://fr.wiktionary.org/wiki/jeu_de_mots


http://en.wiktionary.org/w/index.php?title=Category:French_nouns&pagefrom=ab%C3%A9e

%0Aab%C3%A9e

http://en.wiktionary.org/wiki/monde#French

合計:&counter()
今日:&counter(today)
昨日:&counter(yesterday)
トップページの合計 totalité:&counter(total, page=トップページ)
http://fr.wiktionary.org/wiki/people


http://fr.wiktionary.org/wiki/Cat%C3%A9gorie:fran%C3%A7ais

http://en.wiktionary.org/wiki/Category:French_lexicons

http://fr.wiktionary.org/wiki/visiteur
http://en.wiktionary.org/wiki/visitor



A est prononcé comme dans « bas ».

B est un son d'emprunt : aucun mot d'origine finnoise n'emploie la lettre B. Les mots comportant

un B sont donc d'origine étrangère, par exemple banaani, la banane. Beaucoup de finnophones le

prononcent couramment encore parfois comme un "P" doux.

C est seulement employé dans des mots d'emprunt, et la prononciation varie en fonction du mot

dans lequel il est employé.
D qui se prononce comme en français
E se prononce comme un É fermé.

F est un son emprunté. Il est parfois encore prononcé V, et ses premières transcriptions

s'écrivaient hv comme dans kahvi (« café »).
G se prononce toujours comme dans « guitare ». Il est couramment prononcé comme un K doux.

Le groupe transcrit ng se prononce comme un seul son très nasalisé

H est toujours aspiré.
I se prononce comme en français.
J se prononce comme le Y dans « mayonnaise ».
K se prononce comme en français

、 ,
。 .


Migoré de Nouvelle-Mélobilande


Melobido


|la République Melobi|
|Parlée en Nouvelle-Mélobilande|
|Nombre de locuteurs 0|


tekwo deux

Borkina, en forme longue la République du Burkina,
est un pays de Melobi.


création d'une identité (comme le nynorsk, l'hébreu), maintien d'une cohésion « nationale »

(arabe littéraire), simplification de la communication internationale



Une langue de fiction[modifier]
La création d'une langue (comme celle d'une mythologie ou d'une histoire par exemple) permet

de donner une profondeur à une civilisation. Plusieurs auteurs ont ainsi créé des langues pour les

héros de leur œuvre (par exemple les langues elfiques de J. R. R. Tolkien). Dans le domaine de la

BD, le schtroumpf peut être considéré comme une langue.


La langue des oiseaux ou langue des anges est un type de langue secrète créée à partir des

correspondances phonétiques et analogiques des mots.

http://fr.wikipedia.org/wiki/Langue_des_oiseaux

il n’est pas réservé à la logique formelle ni destiné à être utilisé uniquement en informatique, et

convient aussi bien à une utilisation humaine pour les communications courantes.

http://fr.wikipedia.org/wiki/Langmaker

http://fr.wikipedia.org/wiki/Kotava


-Note: Les sons [r], [ʁ] et [ʀ] sont des variantes du même phonème /ʀ/.

http://fr.wikipedia.org/wiki/Cr%C3%A9ole_du_Cap-Vert

Conlang : langue construite (le terme le plus utilisé)
Artlang : langue artificielle ou artistique, plutôt personnelle
Auxlang : langue auxiliaire, plus ou moins « mondiale », style espéranto
Modlang : de l'anglais Model Language : langue-maquette, langue en modèle réduit, langue-

jouet...



-Artlang : langue artificielle ou artistique, plutôt personnelle
-Auxlang : langue auxiliaire
-Langues imaginaires

http://fr.wikipedia.org/wiki/Langues_par_famille

http://fr.wikipedia.org/wiki/Langue_morte

http://fr.wikipedia.org/wiki/Langues_en_voie_de_disparition

République des Philippines


http://fr.wikipedia.org/wiki/Langue_minoritaire

La grammaire du Melobido n'est pas simple à
comprendre, et le fait qu’un mot puisse aussi maux

http://fr.wikipedia.org/wiki/Volap%C3%BCk

Nominatif : vol = le monde - vols = les mondes
Génitif : vola = du monde - volas = des mondes
Datif : vole = au monde - voles = aux mondes
Accusatif : voli = le monde - volis = les mondes

vole voli yak faire-vol volas_vols

do do ya du ye da

du ye da

do du

http://fr.wikipedia.org/wiki/Jeux_de_mots





**メロビト


















みごれ

にほんごの

あ と 同じ音 で


相互理解できます




























ち は 日本語のように 







び、ぶ。 は 使われない音節です


ふぁ ノ本ごの おなじ です


わ ふぁの 有声音dっす


かたかな カタカナは 固有名に つかいます

きゃさも

(か) 文頭に置く、これ以降の一文は疑問文とする
(ま) 文頭に置く、これ以降の一文は質問文とする
(な) 文頭に置く、これ以降の一文は資料不足とする 
(れ) 文頭に置く、これ以降の一文は笑っているとする
(さ) 文頭に置く、これ以降の一文は無感情とする
(た) 文頭に置く、これ以降の一文は笑って良いとする
(い) 文頭に置く、これ以降の一文は引用とする
(て) 文頭に置く、これ以降の一文は語気が強いとする
(せ) 文頭に置く、これ以降の一文は陽気な言いとする
(こ) 文頭に置く、これ以降の一文は真剣な言いとする




小詞

§24. 指示詞

次の 2 つの小詞は特殊な用法を持つ。

in これ、後者

un あれ、前者

不定代名詞としての用法 (§23 を参照) と時間における指示機能 (§20 を参照) については既

に触れたが、さらにもう 1 つ重要な用法がある。連結する語根が近づく動きか離れるものか

を示すのである。例えば、no (運搬する) から、次のような語群を作成できる。inno 持って

来る、unno 持ち去る。また ru (移動する) から、inru 来る、unru (去り) 行く。さらに例を

あげれば、ibi (商業) から、inyibi 買う、unyubi 売る。dan (金銭) から、indan 収入・貸方、

undan 支出・借方。

§25. 疑問詞

疑問詞は、-ke- の 2 とおりの使い方で作成できる。接頭辞として用いることで、直接疑問詞

を作る。

keji [ji - 人] 誰?
kena [na - 無性無機物接尾辞] (ke だけもこの意味) 何?
keci どれ? (訳注: ci が係る語がどれか、ということ)
kesi [si - 所有格の明示] 誰の?
keya [a - 場所接尾辞] どこ?
keri [ri - 期間] いつ?
keori [ori - 時刻] 何時? (訳注: keyori のミスか)
keu [u - 副詞化接尾辞] どのように?
keua [ua - 〜のために] なぜ?
keta どれほど?
keye いくつ?
kevi [vi - 性質] どんな?

接尾辞として用いると、連結した語についての問いとなる。rake 男?、tusake あなたは知っ

ているのか? (訳注: 知っているかどうか、についての問い)。必然的にその語を強調するの

で、文内におけるその語の位置をわざわざ変える必要はない (訳注: 作者は、上の直接疑問

詞は文頭に置いているが、語順の一貫性から、そちらも答えが本来文中にある位置に置か

れるべきだと思う)。

onke ari vadiri [ari - 達する va - 未来] 彼が明日来るのか?

on arike vadiri 明日彼は来るのか? (それとも来ないのか?)

on ari vadirike 彼が来るのは明日か?

否定詞との次の 2 つの組み合わせは便利である。ke na 違うか? (訳注: 何が na か?)、na ke そ

うだろう? (訳注: na なのか?)。また、keha 「何という〜!」も使えるだろう。

§26. 否定詞

否定詞や否定表現は、必ず na- [na - 否定接頭辞] または non- [non - 反転] を含む。

na- は単純な否定を示す。


naci 無、ゼロ (§19 を参照)
nayo 否の
nau どうしようもなく、打つ手なく
nadi (〜の) 1 つたりともない
naua [ua - 〜のために] 毛頭ない (訳注: 目的・意向が皆無ということ)
naui [ui - 同意] それでもなお
naue [ue - 〜すべきである] 〜すべきでない (訳注: これは英語的理解で、上 2 つに合わせれ

ば、〜する必要はない、の意味になるはずである。〜すべきでない、は、ue に続く動詞に

na- を付けることで十分にかつより明確に表現できる)
nauo [uo - 〜しなければならない] 〜してはならない (訳注: 同上に、〜しなくてよい、の意

味になるはずである)
nali [無方向、すなわち行き詰まりということ] できない
minasa 私は知らない
tunasake あなたは知らないのか?
na tu na mi sa あなたも私も知らない
non- は反転を示す。
nondinyo [din - 党派] 無党派の (訳注: nadinyo は、非党派的、の意味)

§27. 間投詞

間投詞、呼びかけ、命令は基本的に、-ha (名称。§13 を参照) で示す。baha [ba - 打つ] バー

ン! joha [jo - 神] 神様! ruha 行け!

以下は典型的な間投詞 (的表現) である。丁寧さは、o か -ha を加えて表す (訳注: 原著にはそ

うあるが、-ha は上記の役割があるのでふつうこの意味では使わない)。

aireseda [a - 〜の所で ire - 再度 se - 見る da - 動名詞化接尾辞] さようなら (訳注: また会うと

きに、の意味)
ajo さようなら (訳注: 神が我らを巡り合わせるまで、の意味。いつ再会できるか不明な別れ

のあいさつ)
akasi [aka - 上] 立て
akisi [aki - 速度] 急げ
alisi [ali - 側面] どけ
ama mi [ama - 代わり] 誰か代わってくれ
anisi [ani - 下] 降りろ
aru [aru - 引き寄せる] 引け
asa [asa - 確証する] 確かに
aseki [ase - 保全する ki - 始め] 気をつけろ (訳注: 迷惑なとき)
asesi 気をつけろ (訳注: 危ないとき)
asi [asi - 類似] そんな感じだ
asiha だからそう言ったんだ (訳注: 言ったとおりにしろ、と念を押すことで和訳の意味を示

すものだが、かなり分かりづらく、また、その失敗を繰り返せ、の意味にも取られ得るの

で、もっと単純に (mi) to la の方がよい)
asipan 絶対それだ (訳注: うり二つ、ということ)
aso (mi) [aso - 信頼] 信じてくれ
azasi [aza - 遅延する] ゆっくりやれ
ba バンッ
bali [ba - 武器] 武器を取れ
baze [ze - 邪悪] ズガーン (訳注: 致命的一撃、ということ)
be fa [be - 〜なしで fa - 運] 万事休すだ
be fi [fi - 失敗する] 失敗は許されない
be ken [ken - もしも] 間違いない
be xafa [xa - 善良] 運に見放された
besi 脱げ
cen (mindu) [cen - 遮断する min - 中 du - 堅牢。mindu でドア (堅い入口) の意味] (ドアを) 閉

じろ (訳注: 作者は、ドアを示す語として dulo [lo - 開放する] もあげている)
cen やめろ・止まれ
cesi [ce - 固定する・支える] ジッとしてろ
coba [co - 切る ba - 打つ] ガチャーン (訳注: 一撃でバラバラになる衝撃を表す)
con [con - 粉砕] ガッシャーン (訳注: 上より粉砕度がより細かい感じ)
cu (mi) xafa [cu - 望む] (自分の) 幸運があらんことを
cu ua [ua - 直前の語を意向的に強調する小詞] 〜だったらいいのに (訳注: 主語なし cu の意味

上の主語はふつう mi)
cu ui [ui - 直前の語を同意的に強調する小詞] 喜んで
da (mi) やらせて
eha [e - より多くの] アンコール
einisi [ini - 平穏] くれぐれもお静かに
ekasi [この e は、発話者より前に、の意味合い] お前が先頭だ (訳注: 危ない場所に入るとき

に、(おそらくにそれまで先頭だった) 発話者の後ろの誰かを先に行かせる言葉)
eru 続けて
eui まったくそのとおりだ
euke [uke - 探す] もう一度やってごらん
fake [fa - 〜かもしれない] さて (訳注: これからどうしようか、という意味合い)
fen ua [fen - 欠陥 ua - (それ) については] それは違う (訳注: 相手の意見を否定して。文脈に

よっては、自分の部分的間違いを認める表現にもなる)
fen(mi) ごめんなさい (訳注: この mi は所有格)
fime(yen) [me - 想う] 忘れろ (訳注: 想うことに失敗せよ、すなわち、そう覚えるな、という

こと)
fusi [fu - 外] 出て行け
gonusi [go - 丸 nu - 変転する] 回れ (訳注: 自転)
goru (en) 回せ
gosi 回れ (訳注: 公転。文化によっては、丸まれ、や、車座になれ、の意味もありえる表現)
ha nu ところで (訳注: 話題の変転を示す)
haua これをどうぞ (訳注: まさしくこれこそ、の意味合い)
hin(mi) [hin - 後続] ついてこい
ibuki (en) [ibu - 精選 ki - 〜し始める] やってみろ
ide [ide - 割れ目] ビキッ
ika [ika - 点] まさしく
iki [iki - 瞬間] 今だっ
ima (di) [ima - 所有する] (少し) あげる
infusi 出てこい
ini シッ
inisi お静かに
inli こっちだ (訳注: 案内して)
inmi [この mi は間接目的語] こっちだ (訳注: 呼び寄せて)
inno(mi) [no - 運搬する] こっちだ (訳注: 自分の方へ持って来させて)
innusi 戻ってこい
inse こっちを見ろ
insi [この si は直接目的語] 来い
iresi [ire - 継続] 続けろ
itosi [ito - 終端] もうよせ
ja [ja - 気に障る] うっとおしい
joha おお神よ
jolatu [la - 発言する] 神の祝福があなたにありますように
jolitu 神があなたとともにありますように
jomi 我が神よ
juari [ju - 喜び ari - 達する] ようこそ
juha ばんざい
jukiri おはよう
juniri [ni - 経験する。niri で夕方 (§20 を参照)] こんばんは (訳注: 日暮れ少し前のあいさつ)
juri こんにちは (訳注: 24 時間いつでも使えるあいさつ)
juvan こんばんは (訳注: 夜間のあいさつ。ちなみに azabu juvan は、遅くなりましたがこん

ばんは、の意味になる)
kaman [ka - 〜にする man - 居残る] ほおっておけ
kayari(en) (それを) 送ってくれ
keha vo [vo - 悲しむ] 何という悲劇だ
kila (mi) 時間になったら教えてくれ (訳注: 何かが始まったら伝えてくれ、ということ。朝

起こす意味も含む)
kunsi [kun - 座席] 座れ
kunyeli みんな席につけ
kusi [ku - 横たわる] 横になってくれ・伏せろ
laki(mi) 教えてくれ
lo (mindu) [lo - 開放する] (ドアを) 開けろ
lobain [loba は斜線で打ち消すこと] こっちは取り消しだ
lun [lun - くだらなさ] くだらん
man 動くな!
mansi (mi) 待ってろ
mate [ma - 設置 te - 手] 置け (訳注: 手で設置せよ、の意味)
min 入れ
na huka [hu - 空気。huka で、喫煙する、の意味] 喫煙禁止だ
na po ci [po - 汎用前置詞 ci - 関係代名詞] 気にするな
na いいえ
naire 二度とごめんだ
najasi くつろいでくれ
nalaba [ba - 他動詞化接尾辞] しゃべるな
nali 無理だ
nari 絶対しない・したことない
naua する気もない
nohayen それを運んでくれ
nu 今だ (訳注: 事象の変わり目、ということ)
o cu どうか
o どうぞ
oha すみませーん (ウエイターを呼ぶときなど)
panyasi まったくそのとおりだ
peli [pe - 足] 前へ進め (訳注: 行進の号令)
po jo 神かけて
pu [pu - 汚泥] ふんっ (訳注: 軽蔑の表明)
ru(ha) どっか行け
ru(ha)si もう行け
ruba [ba - 他動詞化接尾辞] 押せ
ruka (mi) [ka - 〜をもたらす] (私へ) 送れ
sameni そうだな (訳注: 聞いたとおり、ということ)
sameua 分かった (訳注: 意図が読めた、ということ)
se [se - 見る] 見ろ!
si alo [alo - 許可する] いいとも (訳注: 誰もが許す、ということ)
soka [so - 支援] 手伝ってくれ・助けてくれ
ta cu 是非とも
ta xa とてもよい
ta xan [xan - 恩恵] どうもありがとう
te 捕まえろ
teka (yen) 持っていけ
torusi [to - 通過する] そのまま行け
tu aza (zi) [zi - 〜である] 遅刻だぞ
tu kizi 早いな
tu uo お前の義務だ
ubani [uba - 禁止する] 禁止されている
ude [ude - 破壊する] ドカーン
udu [udu - 太鼓] ドンッ
ui はい
ukasi [uka - 直立] 立て
unli あっちだ (訳注: 案内して)
unno (yen) (物を) 置いていくな
unsi 去れ
ure [ure - 正規・右] 右だ
urelisi 右へ行け
ureua (意図において) 正しい
utiha [uti - 向こう側] 反対! (訳注: デモ行進などにおけるそれ)
uto [uto - 超過] やり過ぎだ・いき過ぎだ・多過ぎだ
utori いつまでかかるんだ
utoyaki 速過ぎだ
utoyaza 遅過ぎだ
vali 前へ!
vo あぁ (訳注: 悲しみのうめき)
von(mi) [von - 同情する] 赦してくれ
xaba [ba - 打つ] いいぞ! (訳注: 快心の一撃、の意味)
xadani いいできだ
xafatu 幸運を
xahatu ご加護を (訳注: 神の名がともにありますように、ということ)
xan ありがとう
xo (mi) [xo - 示す] 見せろ
zeba [ze - 邪悪・左 ba - 他動詞化接尾辞] くそっ
zeha 呪いあれ!
zelisi 地獄へ堕ちろ・左へ行け (訳注: 左右に固有的語根がないことの懸念は編者も表明して

いる。意味的には nonyure(li) で正確に左を表せる (反転せる正規、は無意味な表現) が、長

過ぎるきらいがある。作者の意図としては、左右という相対的過ぎる概念ではなく、方位

などのより正確な概念を用いるべきだ、ということなのかもしれない)
zike まさか
zinha (ran) [zin - 生きる ran - 王] (王様) 万歳
§28. 強調詞

以下の 4 つの小詞は、強調的意味合いを含む (訳注: 強調の場合は、強調したい語の次に置

く)。

ua [ua - 〜のために・〜について] 〜について言えば、〜こそ (訳注: その意向を明確にする

ことにより強調)

tu ua あなたについては
on ua ci sa 彼こそは知る者
さらに
geua [ge - そして] 今こそは (訳注: 本題へ入る ge であることを示す)
ciua 〜について言えば
asiua da [asi - 類似] 〜するために (訳注: 英語表現 so as to の直訳的表現)
koua 少ない方
taua 多い方
ua na 〜しないように
unaua [una - 単独] 〜だけ
hin ua [hin - 後続] それゆえ
また (訳注: 以下、前置詞用法の強調)
biua [bi - 道具] 〜によってこそ
diua 〜こその
liua 〜へこそ
soua 〜とこそともに
neua [ne - 〜から] 〜からこそ
enua 〜のためにこそ (訳注: enyua の方がよい。この場合、en が定冠詞として ua を強調して

いる)
aua 〜のところでこそ
naua 毛頭ない

肯定: 肯定・賛同・同意は ui で示す。sameniui そのとおりだ。またこの語根は、奨励を示す

のにも使われる。lakamiui 是非教えてくれ!

義務: 義務は、次の 2 つの小詞で示す。

ue 責務。tu ue ari [ari - 達する] あなたは来るべきだ。

uo 必須。tu uo ari あなたは来なければならない。

後者はまた、命令実行の瞬間を指示するためにも使われる。bazo-uo [zo - 火] 構えー撃て!、

ureli-uo 右向けー右!、ase-uo [ase - 保全する] 気をーつけ!

§29. 方向詞

方向は li で示す。先行する場合、この語根は与格 (〜へ) を意味する (訳注: 前置詞用法)。li

mi 私へ、li kan 家へ。接尾辞の場合は、「〜の方へ」の意味になる (訳注: 副詞化接尾辞)。

inli こっちに、unli あっちに、keli どっちに? neinli こっち (の方) から、nekeli どっち (の方)

から、kanli 家 (の方) へ。dili 〜のために、という語は、副詞でなく前置詞となることに注

意 (訳注: 前置詞としての di に、方向の意味合いを追加するために前置詞としての li を続け

ている)。また、この語根は、方向への移動を示す副詞を作るのにも用いられる。akali 上へ

、anili 下へ、akaliani 上下に。fuli 外へ、lifu 行ったり来たり (訳注: 方向の外、で、別方向

へと外れ続けることから)。

この語根は、方位を示すのにも用いられる (訳注: 基本方位の語根の取り方は北半球の場合

しか考えていないが、人類居住可能域の大半は北半球にあるのでとりあえずは問題ないも

のと思う)。
北 poli [po - 覆い。寒い地方での厚着] 南 zoli [zo - 火。太陽のこ

と]
北北東 popokili [ki については後述] 南南西 zozonili [ni については後述]
北東 pokili 南西 zonili
東北東 kipokili 西南西 nizonili
東 kili [ki は kiri (朝) から。日が昇る方] 西 nili [ni は niri (夕方) か

ら。日が沈む方]
東南東 kizokili 西北西 niponili
南東 zokili 北西 ponili
南南東 zozokili 北北西 poponili
このほか、polia 北極、polima 北極圏、polio 北の。

§30. 前置詞

Sona には不定前置詞 po (覆い) があり、例えば英語からの翻訳などで、元の前置詞が、at

last (ついに)、on purpose (わざと)、by day (昼間に)、in case (万一〜の場合は) などのように

比喩的なものはすべてこれに置き換えてよい。po xi diri 6 日間、po ki 最初に、po ke どのく

らい? = いくら?

前置詞として用いられるどの語根も、次の方法で副詞化できる。a- 〜の場所で (位置。§15

を参照): afu 外で、ayeza (e - 調音用の無意味な追加音、§8 を参照 za - 背後) 背後で。-li 〜の

方へ (移動方向。§29 を参照): fuli 外へ、zali 背後へ。

[編者より: 原著ではこの部分にある機能語一覧は、そのままではあまりに見づらいので、付

録 C として独立させた] (訳注: 付録 C は第九章に統合した)
§31. 格

12 の格が、次のように表せる。
主格 (主語) 動詞の前 misa 私は (知っている)
呼格 (呼びかけ) -ha miha 私め!
対格 (直接目的語) 動詞の後ろ sami 私を (知っている) (訳注: この形は与格の場

合もある)
指格 (方向) -li mili 私の方へ
因格 (動機) dili dili mi 私のために
与格 (間接目的語) li li mi 私へ
処格 (場所) a- ayemi 私のところ (家) で [e - 調音用の無意味な追加音]
奪格 (由来) ne ne mi 私から
具格 (手段) bi bi mi 私によって
属格 (属性) vi vi mi 私の (発する・体現する) [vi - 性質]
分格 (部分) di di mi 私の
所有格 (帰属) 名詞の前 mi kan 私 (に帰属するところ) の (家)
所有格かどうか曖昧さが生じるときは、-si を接尾して所有格であることを強調する (訳注:

代名詞の場合は §23 を参照)。rasi nin その男の (家族である) 子ども (「息子」を意味する

ranin との混同を避けるため)。

属格: dili fo vi mi [fo - 脅す] 私への怖れのために、のように、帰属でも部分でもない場合に

用いる (訳注: fo di mi だと「私の怖い一面」、mi fo (または misi fo) だと「私の怖いもの」

の意味になる。なお、fo は動詞的語根なので、fomi だと所有格か目的格か曖昧である)。

§32. 副詞

語根や合成名詞はそのまま副詞として用いることもできる。ta とても、nari 決して〜しな

い。また、次のような組み合わせで表現することもできる。
-(y)u あり方 例: irau 強く [ira - 筋力]
bi 手段 例: bi ira 力づくで
po 不定 例: po ira 大挙して (訳注: 英語熟語 in strength の直訳)
a- 場所 例: afu 外で
-li 運動方向 例: fuli 外へ
-i 分詞副詞形 例: fui (押し) 出しながら
-ua (意向の) 強調 例: naua 毛頭ない
-ui 肯定 例: naui それでもなお





目次 | 次章

 
てれぼ
| est une langue construite.&br()| il n’est pas une langue auxiliaire.&br() le mot MELOBIDO

vient de la contraction des mots&br() Melo et bido,&br() les peuples melobi et langage.|

|BGCOLOR(lightblue): &bold(){モナ語}       |
COLOR(red):ううう|BGCOLOR(blue):えええ|おおお|
BGCOLOR(色指定):
COLOR(色指定):
SIZE(サイズ指定):
LEFT:
CENTER:
RIGHT:

モナ語とは、モナー族の言語である。アト・アスキィで最も多数派の言語であ
モララー語とは同一語族で類縁関係であり、方言程度の違いしかないらしい。モナ語が分

かるものはモララー語もほぼ理解できるという。
また、子供世代においては、アト・アスキィで二番目に多数派言語であるシィ語との間に

クレオール言語ができている。

音声
集計
擬音語・人名を除く(16-463まで)

p 3
b 15
t 38
d 5
k 56
g 16
m 31
n 37
tS 2
dZ 23
f 28
v 2
s 30
z 1
S 8
C 5
x 4
h 30
l 80
w 23
j 9
i 135
y 6
e 39
a 178
o 82
u 46

子音
/p/ /b/ /t/ /d/ /k/ /g/
/m/ /n/
/tS/ /dZ/
/f/ /v/ /s/ /S/ /C/ /x/ /h/
/l/
/w/ /j/

確認出来る限り20子音

ロッホ(山脈)から見るように無声軟口蓋摩擦音が存在するらしい。
est, wiit, lox, ovikなど子音で終わるものや、二重母音になる者も存在する。
ベルガという単語を流用しているのでbelgaなど語中での/l/の単独利用可能
日本語同様ヒが無声硬口蓋摩擦音なら/Ciip/(ヒープ)などで/C/も存在する。
モララー語と同系統だとすれば、/z/もありうるが未確認。

○history小話設定
[r]歯茎ふるえ音も聞こえるが、音素/l/と認識され、弁別性はない。
ラ行を[r] [l] [R] [L] [4]など色々な音で発音するが、弁別性はなく、音素/l/と認識される。
摩擦音は日本語並みに鈍く発音。
/m/, /n/は日本語より長く発音するので、ナルーガ(夜闇)はンァルーガ、モーガン(大怪鳥)

はムォーガンのように聞こえる。

母音
/i/ /y/ /u/
/o/ /e/
/a/

確認出来る限り5つ
テュールをtylだとすれば、6つ。tjulだとすれば5つ。
クーダ・リウェなど長音の発音もある。

history小話設定によると、[@]シュワー、[{]非円唇前舌狭めの広母音、[A]非円唇後舌広母

音などの音声も聞こえるが、すべて音素/a/と認識される。

文字
東征1年春より、アルファベット(ラテン文字)を使用。媒体は粘土板。東征1年4の月(夏)には

竹簡も開発された。
→文字について

語彙
riwe, laaf, est, wiitなど、一部英語由来と思われるものがある。
lox, hiipなどアプリオリと思われるものがある。
モナモーラ語001案の単語を借用してito 魚、joa 塩などもある。
lanuaはモナ語のラーフ (大きい)とシィ語のヌイ(水)、アト(場所)からできていて、シィ語の

語彙が一部入っている。
イトヌイ 魚醤油もその例。
シュスリク(風呂)などモナ語にはないシィ語の単語も流入。

文法
統語
SOV語順。フーン語やタカラ=エヌミミ混成語と異なり、格助詞が未発達である。
AN語順(形容詞→名詞語順)。

history小話の非公式例文
ショボーン ペル ラーフ ハージ ダー (ショボーンがペルに大きな土器を与える)

代名詞
コイクル こっち側

形容詞
形容詞→名詞語順
ラーフ・ウィジャ(大きい森)のようにそのまま繋げる。

アト・アスキィは「場所 人々」の順で逆になるので例外。

叙述用法では-iを接続する。
コイクル ウェイム ラーフィ? こちら側のが大きい。

比較
ウェイムを用いる。
コイクル ウェイム ラーフィ? こちら側のが大きい。

動詞
時制は未発達。

アスペクト
「見ている」など経過相がある。


「知る 欲しい」のように法情報は動詞の後につく。
命令や使役、可能もあるらしい。

繋辞
恐らく「モナ」である。
モナー、モナ(モナーです。)

動詞化
「狩り する」のように名詞の後に動詞化の動詞をつなげて動詞を派生させる。

接続詞
「けど」に相当する物があるらしい。

文化
モララー語と類縁言語。方言程度の違いらしい。
子供たちの間ではシィ語とのクレオール化が進んでいる



モララー語
モララー語とは、モララー族の言語である。モナ語とは類縁関係にあるため、モララー語

が分かればモナ語は理解できると言う。

音声
集計
擬音語・人名を除く(15-642まで)

b 5
t 50
d 22
k 0
g 8
m 46
n 20
dZ 3
f 31
v 1
s 2
z 23
S 34
h 14
l 79
j 11
i 40
y 11
e 33
a 177
o 43
u 25

子音
/b/ /t/ /d/ /g/
/m/ /n/
/dZ/
/f/ /v/ /s/ /z/ /S/ /h/
/l/
/j/

/zadam Sataf/(偉大な戦士)のように子音で終わる語がある。
belga elteなど語中において/l/単独での発音が可能
ボッソのように撥音もある
モナ語と同系統だとすれば、/p/ /k/ /tS/ /C/ /x/ /w/などもありうるが、未確認。

母音
/i/ /y/ /u/
/e/ /o/
/a/

仮名表記で確認できるのは5音。推定では6音。長音・短音の区別あり
シャロウのように二重母音/ou/が可能。
tyl(テュール 決闘)、lydzis(リュジス 因縁)のように円唇前舌狭母音が存在する。tjul

ljudzisである可能性もあるが。

文字
東征1年春ごろ、モララー族の地に現れたカンリがアルファベット(ラテン文字)を使用。媒

体は粘土板。
今のところモララー族の領域でアルファベットを使用する者はカンリのみ。
アト・アスキィで捕虜生活を送るモランバーグはシオンよりアルファベットを習得。

東征1年春ごろ、カンリが若衆たちに文字の教育を始める。この当時の媒体も粘土板。マニ

ーも文字を習得。
(カンリの答え 22-414 2011/05/26(木) 20:54:45.99)

詳細な年代は不明だが、東征1年以降のいずれかの年代で、モララー族の地で、カンリの知

識により羊皮紙が開発された。
このころにはカンリ以外の人間による粘土板による記述が一般化していたようである。
(支配者のための管理の方法 23-808 2011/06/18(土) 23:26:27.42)

後世、海産村モーラルの武術大会の歴代チャンピオン名簿や、マニーが執筆し、モラーテ

が編纂したオオミミールのモラシスの組織名簿が出土している。恐らく粘土板だと思われ

るが、どの媒体が使われていたかは明記されていない。
(「神殺しのゲララー」が死んだ日 16-414 2011/05/26(木) 20:54:45.99)

→文字について


語彙
アプリオリと推測される。

接尾辞
/Sataf/(戦士), /Satafiin/(戦士階級)のような接尾辞による派生がある。

文法
おそらくSOVと思われるが、"リーラ!ウーレ ザダム シャタッフ"という文章からみて

SVO語順のような倒置表現もある。
形容詞→名詞語順

代名詞
ウーレ 我らの 二人称複数所有格

ウーレ ザダム・シャタッフ 我らの偉大な戦士

文化
モナ語と類縁言語。方言程度の違いらしい。
history諸言語

ふぃろぐ-めうんと

 






補語の
助動詞を 取り出す
めいしのように 文法の しようは されない

否定文を作る場合は、"うみ swiswi 自分 や さおれ おれ"のように
助動詞の前に め をおく。


Klaris kokoro yak てれ-ゆ るふぁうん/Lupin.



とある
ひゅ 
ひ なんとか けら(なんとか)は します/です



いは 拗音として使うことがあるが

いとえは 最小対立がない仕様です



否定文は、動詞の前に め をつけて作る。
助動詞の前が優先です

wau ya con め fue.「あなたは犬を持っていません。」

いいえ
はい

めい/せう

しません
します

てい/せう


疑問詞は副詞にふくみます

べ 丁寧に頼むときは べとや











地球には常に動き続けているという、通常がある

earth has
moving
rotating

変化があり

状態に 形容詞表現がふくまれる

動品詞
だけが

述語能力がある


tipps-esyett senj z senje de nionkasaa

てるといぇるご

375 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 19:17:12
とりあえずグモソ語、グモソ語文学のノートに攻撃すればいいんだな?

376 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 19:17:55
wikipedia制圧キターーーーーーーーー!!!

377 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 19:22:39
http://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:%E5%89%8A%E9%99%A4%E4%BE%9D

%E9%A0%BC/%E3%82%B0%E3%83%A2%E3%82%BD%E8%AA%9E20061228
グモソ語ノート
http://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:%E5%89%8A%E9%99%A4%E4%BE%9D

%E9%A0%BC/%E3%82%B0%E3%83%A2%E3%82%BD%E8%AA%9E%E6%96%87%E5%AD

%A6
グモソ語文学ノート




378 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 19:23:21
祭りだワッショイ!

379 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 19:55:57
荒らしは死ね。
氏ねじゃなくて死ね。

380 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 20:15:13
>>379
工作員乙w

381 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 20:15:46
>>379
はいはいワロスww

382 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 20:17:09
>>379
空気嫁

383 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 20:17:45
さあ総攻撃だ!ウィキペディアを叩き潰すぜ!

384 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 20:20:41
[編集] グモソ語文学 - ノート
Googleで検索すると117件しか至らず。

(コメント)依頼理由はWikipedia:削除依頼/ウグニペムセル語と同じです。124.18.129.45

2007年1月21日 (日) 08:43 (UTC)
(削除)2ちゃんねるで作られたものであるにも関わらずgoogleでヒット20件。
文学と言えるものではなく、グモソ語、グモソ神聖文字も含めて削除が妥当。--かぼ 2007

年1月21日 (日) 09:21 (UTC)
(即時削除)悪戯。--PeachLoverももがすき。 2007年1月21日 (日) 09:29 (UTC)
(即時削除)悪質な悪戯。Sionnach 2007年1月21日 (日) 09:48 (UTC)
(削除)グモソ語が初回の削除依頼で存続、2度目の削除依頼で拮抗し、
ウグニペムセル語が削除依頼を受けていることで面白がり、急遽立てた項目と判断。
ウグニペムセル語の便乗か、グモソ語を巻き込む意図かは知りませんが、削除。
ウィキペディアンのグモソ語に対する反応を面白がっているとしか思えません。
過剰反応には注意したい。--٢١٩.١٧٤.١٥٨.٢٢٥ 2007年1月21日 (日) 09:57 (UTC)
(コメント)こんなものを書いて反応を面白がるという発想は中学生か小学生でしょうか


粛々と削除。--PeachLoverももがすき。 2007年1月21日 (日) 10:00 (UTC)
(コメント)苦言。煽らないように。あなたはこの手の記事の乱立を望まれているのです

か? 
こうしたコメントの書き方は、その意図を疑いたくなります。--٢١٩.١٧٤.١٥٨.٢٢٥ 2007年1月

21日 (日) 10:06 (UTC)
(コメント)乱立は望んでおりません。--PeachLoverももがすき。 2007年1月21日 (日) 10:09

(UTC)
2ちゃんねらーに逆らう馬鹿に俺らの恐ろしさ見せ付けてやろうぜ!

385 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 20:21:07
グモソ語は言語そのものに問題はない。
作るのは自由だからな。

だが使用者がクソだらけでは仕方ないな。
2CH以外(「徒然」は除く)でグモソ語が普通の文で使われるように
なればウィキの見方も変わるだろう。

一応言っておくが、零細なものだからという理由で
載せない・削除しようとするやり方は「百科事典」としてふさわしくないと、俺も思うこと

だ。

386 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 20:23:38
>>385
なら早くウィキペディアに突撃して我々の援護をしてくれ!馬鹿どもを説得してくれ!

387 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 20:24:11
皆で議論ページにのりこむお!

388 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 20:25:06
ねらーの力みせてやるお!ウィキペディアンは後悔するお!

389 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 20:25:46
俺もちょっくら突撃してくるか♪

390 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 20:32:23
tsr砲使う?

391 : 385 : 2007/01/21(日) 20:32:50
俺の文意、読み取れなかったのか?

ならはっきり言おう。
ウィキペディアに乗り込もうという馬鹿の相手はしないということだ。
俺が認めたのはお前らじゃなくて「グモソ語」そのものだ。

そこ勘違いしてもらっては困る。

祭り中なら空気を壊して申し訳なかったな。

392 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 20:33:08
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%A9%E7%94%A8%E8%80%85:PeachLover
攻撃対象だぉ

393 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 20:34:35
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%A9%E7%94%A8%E8%80%85:

%D9%A2%D9%A1%D9%A9.%D9%A1%D9%A7%D9%A4.%D9%A1%D9%A5%D9%A8.

%D9%A2%D9%A2%D9%A5

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%A9%E7%94%A8%E8%80%85:%E3%81%8B

%E3%81%BC

邪魔ばっかしてくるアフォぺディアンだぉ

394 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 20:35:26
ねらー舐めてると痛い目に会うってこと思い知らせてやるぜ

395 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 20:39:39
自演はやめていただけませんか?一人のリアル厨房さん。そうやって自分の作った言語が

ウィキペディアで消されたから
腹いせにグモソ語のイメージ悪化工作ですか。

396 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 20:40:27
>>395
空気嫁


398 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 20:42:14
>>395
お前もしかしてかぽ?自作自演かよおめでてーな♪

399 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 20:42:57
よ~し、パパtsr使っちゃうぞ~~

402 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 20:48:25
皆、ウィキペディアの工作員が来てるぞ気を付けろ!

404 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 20:50:17
グモソカテゴリーに二十個ぐらい記事作ればいいんじゃね?
誰か記事候補のリスト作ってくれ

405 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 20:52:47
それよかスレの皆でグモソ語での文芸活動をしてウィキの連中をあっと言わせてやるほう

がよくない?
あいつ等もグモソ語で立派な文学が出来るとわかれば記事を認めると思うぜ

406 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 20:53:16
Nopion datcywaif-iban.
彼は空気嫁と言った。

Mbas Gumosopo-hanas-yase.
しかし、グモソ語を使っていない。

Ite ba-paan, zaein rakon.
この板で自演は容易だ。

Ma nopion a Gumosopo-makr-kibona neomugia.
よって彼はグモソ語を貶めんとする悪魔だ。

datcywaif 空気嫁
makr 落ちる、落とす
neomugia 悪人、悪魔

407 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 20:54:16
おい!どこに書き込んでるんだ?!

俺も一緒にやってやるから教えてくれ!!

408 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 20:56:19
>>407
上見れ

409 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 20:58:10
グモソ語で文芸活動をするスレを立てようぜ!

410 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 20:59:58
エロパロ板に新しくグモソポでエロ小説書くスレ立てようか?

411 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 21:00:50
Mahte ciot-va uro-lieba cona aldah Gumosopo-hanas-sil!
少しでも郷土愛があるならば全ての会話をグモソ語で行うべきだ。

mi-ya-mi nopion a cion-po-gebok.
さもなくば彼は侵略者だ。

uro 一族、民族、氏族、郷土

412 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 21:01:50
グモソ語のスレをエロパロ板、創作文芸板、外国語板などに立てまくってこの
言語を広めるんだ!


415 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 21:04:54
空気読まずに言う。
小説スレ荒らすな死ね。

416 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 21:05:05
>>408
上って、覗いてやったが何にも起きてないじゃないかw
ウィキに攻撃できるはずがないということははじめから知っていたがな。

417 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 21:05:13
グモソ語で聖書を翻訳しようぜ

418 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 21:06:39
>>416
攻撃の必要はない、皆で議論ページを占領すればいいだけだ、勿論荒らしとかは禁止

419 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 21:07:07
Ciok-pero nom hanas-ya-sil!
日本語だけを話すな。

Perolist-trika a ite batyam.
語彙集はここにある。

http://www6.atwiki.jp/gumosopo/pages/39.html

420 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 21:07:10
皆で議論ページを占領してウィキペディアを征服しよう

421 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 21:15:07
http://yy31.kakiko.com/x51pace/
大変だ、この荒らしはこの掲示板から来たらしい、オルタナティブ政治経済という
掲示板だ。何でも2ちゃんを攻撃するらしいぞ。

422 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 21:15:15
Mi ba-jojo Gumosopo-hanas-ya mi ite Wikipe po Gumosopo-abone a-ny'.
これ以上グモソ語を話さないのならウィキペのグモソ語を消すぞ。

Niomosso pon se-mai po mes-kibona.
それがお前の望みだろう。

423 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 21:16:02
>>422
http://yy31.kakiko.com/x51pace/
オルタナのブサヨがこのスレに攻撃を仕掛けてきたらしい。


426 : kamayan : 2007/01/21(日) 21:21:00
ふん、ばれちまったらしょうがないぜw俺がオルタナの管理人のカマヤンだ。
貴様らネット右翼を討伐するためにグモソスレに攻撃を仕掛けたんだが失敗に
終わったようだな。おい、貴様ら2糞の屑言語であるグモソなんぞ俺たちオルタナ
にとっちゃあ目障りなんだよww


  \        ⌒ ノ______    | グモソ最高! グモソ語を使わない奴は

ドキュン、ブサヨ!

やあ頭の悪いネット右翼の皆元気かな?(@∀@)
俺は九郎政宗といってリベラル派の中じゃちょっとした有名人さ。
それにしても君たちいくら彼女いないからってグモソ語なんてオナニー言語
つくって楽しいのかな?(@∀@)
しかも君たちチョンとかファビョンとかこの言語に盛り込んでるらしいじゃないかw
やっぱりクソウヨクは何をやってもクソウヨクなんだなw
ああ、俺に言いたいことがあるなら俺のサイトに来いよ、アドレス晒しとくから(@∀@



http://claw.nobody.jp/

   /::::::::::::::::::::::::::\                  _
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\             /  ̄   ̄ \
  |:::::::::::::::::|_|_|_|_|           /、          ヽ はぁ?黙っ

てろデブw
  |;;;;;;;;;;ノ   \,, ,,/ ヽ          |・ |―-、       |

432 : kamayan : 2007/01/21(日) 21:31:44
グモソ語なんて差別主義反動の言語は俺たちオルタナがぶっ潰してやるぜ!
悔しかったらかかってこいや!

433 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 21:33:06
Ite Gumosopo ans gaki po amak nama yan.
グモソポ文化では子供に正式な名前はない。

Mbas ma humhum nusi-eli, gahteni gerogerona mes-namal-sil!
だが個人を区別するために、互いに汚い名前を付けよう。

Mi syoma nam-cigeil kibon, mi syoma nopion-mes-namal-gum-sil!
もし誰かが名前を変えたいなら、誰かが彼の名前を再び付けよう。

Sely-ba?
どうだ。

434 : オルタナンA : 2007/01/21(日) 21:34:21
グモソ語のスレは今からオルタナの基地になった!住人は抵抗せず出て行きなさい!

435 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 21:36:22
Nusini >>432 omaila.
まず>>432よ.

Se-mai po nam a Wauburia a-ny'.
お前の名は犬糞だ。

436 : 右翼討伐人 : 2007/01/21(日) 21:36:47
http://uyotoubatsunin.seesaa.net/
日本帝國主義復活を目論む残忍なグモソ語スレの住人は出て行け!

437 : 右翼討伐人 : 2007/01/21(日) 21:37:59
>>435
だまれ!日本帝国主義者!カマヤンさんを侮辱するな!それなら貴様の名前は『うんこ』

だ!

438 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 21:39:16
グモソ人には日本語で罵倒しても通じませんよ。

439 : kamayan : 2007/01/21(日) 21:39:39
クソウヨが断末魔の叫びを挙げているようだなwwww
悔しかったら俺の本拠地http://yy31.kakiko.com/x51pace/ まで攻めて来いよww
まあお前みたいなネットウヨには無理だと思うがなwwww

440 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 21:40:25
お前だろ?ネットウヨは。オカマヤン

441 : 右翼討伐人 : 2007/01/21(日) 21:40:57
打倒日本帝国主義!打倒グモソポ!2糞は直ちに降伏せよ!我々リベラル派連合軍に
降伏するのだ!!!!!!!

442 : 右翼討伐人 : 2007/01/21(日) 21:42:22
>440
この屑ウヨ!カマヤンさんに対して何たる無礼!貴様のような帝國主義反動は
思想改造が必要だな!

443 : 右翼討伐人 : 2007/01/21(日) 21:43:58
ネットウヨは芋虫!屑!糞!生きる価値のない蛆虫!この世のゴミだ!
そんなヤツラの作ったグモソ語なんぞこの世に存在する価値もない言語!
日本帝国主義反動を撃破してやる!

444 : 九郎政宗 : 2007/01/21(日) 21:45:14
>>432お前の名前は犬糞だ
______  ___________
         V
    _____
   /::::::::::::::::::::::::::\                  _
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\             /  ̄   ̄ \
  |:::::::::::::::::|_|_|_|_|           /、          ヽ はぁ?黙っ

てろゴミw
  |;;;;;;;;;;ノ   \,, ,,/ ヽ          |・ |―-、       |
  |::( 6  ー─◎─◎ )          q -´ 二 ヽ      |
  |ノ  (∵∴ ( o o)∴)          ノ_ ー  |     |
/|   <  ∵   3 ∵>          \. ̄`  |      /
::::::\  ヽ        ノ\           O===== |
:::::::::::::\_____ノ:::::::::::\        /          |


445 : オルタナンA : 2007/01/21(日) 21:50:37
>>435、貴様はクソウヨの中でもとりわけ糞だな!
さっさと此のスレから出て行け!

446 : ゆうと : 2007/01/21(日) 21:52:25
僕も攻撃に参加しますよ!カマヤンさん万歳!オルタナ万歳!2ちゃんのクソウヨは
全員地獄に落ちろ!

447 : ゆうと : 2007/01/21(日) 21:54:38
さてはお前たちはオナスレの住人だな!よくも僕を騙してくれたな!このネット右翼
め!お前たちの屑言語なんか僕がぶっ潰してやる!

448 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 21:55:42
結局こうなっちゃったか…
一応>>348で予防線をはったつもりだったんだけどねえ。

449 : kamayan : 2007/01/21(日) 21:56:32
皆、後一歩でクソウヨどもを此のスレから追い出せるぞ!総攻撃の開始だ!

450 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 21:57:11
Wauburia omaila.
“犬糞”よ。

Ed zaein gumoso-kriga-felan, mbas ni-"Ujoku"-cci yan ite batyam.
我々を自演で攻撃したつもりになっても、その右翼とやらはここにはいない。

Niomosso-sil nde "Sajoku"-phjwoda fue nde ite pensa-lukta pilsa kita cesilo, rial batyam-jasy a

heki-fasco sil kendmo.
そうやって左翼のふりをしてイメージ悪化工作に必死になったところで当の彼らは何食わ

ぬ顔をしているのに。

pilsa 必死

451 : kamayan : 2007/01/21(日) 21:57:58
>>448
貴様らネット右翼も此れで終りだ!!!!さあさっさと此のスレを放棄して逃げ出せwwww

452 : kamayan : 2007/01/21(日) 22:00:12
>>450
おい“うんこ”、テメエがそんな事いえる筋合いか?
テメーミテーなクソウヨ見てっとホントムカつくぜ!
さあ俺たちの勝利は確定したんだからさっさと此のスレを捨てて逃げ出せ!
分かったか“うんこ”!

453 : 右翼討伐人 : 2007/01/21(日) 22:01:56
>>450
さっさとこのスレから出て行け!このクソウヨ!日本帝国主義者!

454 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 22:03:29
似非左翼の振りをした極右に憬れたリアル厨房の荒らしがいるスレはここですか。

455 : オルタナンA : 2007/01/21(日) 22:03:58

  ____
   ,/:::::::::::::::::::::\   
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::\    
 |:::::::::::|_|_|_|_|_|       
 |_|_ノ∪ \,, ,,/ ヽ        
 |::( 6  ー─◎─◎ )    
 |ノ  (∵∴∪( o o)∴)  /
 |   <  ∵   3 ∵>  <不逞鮮人がグモソ語を貶めようとしている!
/\ └    ___ ノ   \
  .\\U   ___ノ\    
    \\____)  ヽ    
    >>クソガキ右翼

オマイら……………………………………………………………………
………………………………………………………………………………
………………………………………………………………………………
………………………………………………………………………………
……………………………………………………………………ガキかw

457 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 22:05:14
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
ぷよぷよ!15th Anniversary■22連戦目■ [携帯ゲーソフト]

荒らしの正体はガキということでFA

458 : オルタナンA : 2007/01/21(日) 22:05:42
《ネット右翼の一日》

7:00 起床、どれみでオナニー
8:00 大学へ。と見せかけてネットカフェで2ch。ぷちこでオナニー
12:00 昼飯
12:30 トイレに行って小麦ちゃんでオナニー
12:31 再び2ch
17:00 帰宅、部屋でエロゲーに没頭。はじるすでオナニー
19:00 夕飯
19:30 昼に買った東京ミュウミュウのエロ同人誌でオナニー
19:30 ゲームor2ch
22:00 入浴。湯船の中でブリジットでオナニー
22:02 ゲームor2ch
24:00 さくらと知世でオナニー後、就寝 3:00 夢の中で榊と大阪と神楽とちよと5Pセクース、そして

夢精
     |
     |
     |
   _____
|   <  ∵  3 ∵>  <今日はどのキャラでオナーニしようかな?
\  ヽ        ノ     \_______
  \_____ノ
    (∩ ∩) ───────
    /
  /


459 : 右翼討伐人 : 2007/01/21(日) 22:06:49
>>457
この右翼!帝國主義者!さっさと此のスレを捨てて逃げ出せ!
お前たちは負けたんだ!

460 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 22:08:21
ぶっちゃけ過疎ってたスレに逃げ出せって言われてもw

461 : 右翼討伐人 : 2007/01/21(日) 22:10:01
どうしたクソウヨ!?ションベンチビって震えてんのか?おらww
悔しかったらオルタナに攻撃するくらいの度胸見せてみろよ!この包茎ww

http://yy31.kakiko.com/x51pace/

462 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 22:10:11
“犬糞”は左翼とやらではない。
Wauburia ya "Sajoku"-cci.

左翼を貶めようとする右翼だ。
"Sajoku" makr-kibona "Ujoku".

463 : 右翼討伐人 : 2007/01/21(日) 22:16:18
俺が右翼だと!貴様らと一緒にするな!
貴様らクソウヨは直ちに此のスレを放棄せよ!

464 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 22:16:57
お前は右翼だ。断じて左翼ではない。

465 : 九郎政宗 : 2007/01/21(日) 22:18:14
君達まだこのスレにいたの?(@∀@)
往生際悪いよね(@∀@)

http://claw.nobody.jp/

466 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 22:20:10
お前は右翼だ。断じて左翼ではない

467 : 九郎政宗 : 2007/01/21(日) 22:20:36
>>右翼討伐人
クソウヨに何を言っても無駄(@∀@)
こいつ等はソースソースというくせに自分たちは根拠のない妄言を吐くからね。
(@∀@)

468 : オルタナンA : 2007/01/21(日) 22:21:59
>>466
お前らお得意のソースはどうした!?俺たちが右翼だってソースを見せろ!

469 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 22:23:14
お前は右翼だ。断じて左翼ではない
我々左翼の仲間ではない。

470 : オルタナンA : 2007/01/21(日) 22:29:02
糞ウヨ!!!!!!貴様らはもう終りだ!さっさと降伏しろ!
貴様らクソウヨの言語であるグモソ語ももう終りだ!

471 : ゆうと : 2007/01/21(日) 22:30:02
お前らみたいな右翼なんて僕は絶対に許さないぞ!お前たち右翼は人間の
ゴミなんだ!この屑!芋虫!

472 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 22:30:42
言わせておけ
自分が普通の右翼とは違う自演と荒らし依頼でイメージ悪化工作をする賢い右翼だと思い

込んでいるんだろう。
いわゆる中二病だ。子供にはよくある症状だ。

473 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 22:32:55
荒らしに反応するものも荒らし、だったな。
でもこれだけは言いたい。ウヨじゃなくてもアンチサヨだろw

gumosopo pero ya con vorskansie-po cumari-s.
グモソ語には政治的意図はない。

まあ、そんなことより数詞の話しようぜ。
>>363
人工的過ぎて好きじゃない。グモソ語は自然言語っぽいほうが面白いと思う。

474 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 22:33:13
犬糞は中二病なのだろう。放っておけばママがパソコンの前にかじりついている彼を叱っ

てくれよう。

475 : 右翼討伐人 : 2007/01/21(日) 22:37:50
>>472~474
黙れ!俺がクソウヨだと!冗談も休み休み言え!
貴様らこそクソウヨだ!グモソ語は屑言語!帝國主義者の言語だ!
さあ!さっさとスレを放棄してオルタナに降伏しろ!

476 : 右翼討伐人 : 2007/01/21(日) 22:39:25
日本帝国主義者は直ちにオルタナに降伏せよ!繰り返す、日本帝国主義者は
直ちにオルタナに降伏せよ!貴様らクソウヨに未来はない!

477 : kamayan : 2007/01/21(日) 22:40:46
結局お前らは俺たちオルタナに降伏したというわけだな♪♪
さあ、さっさとスレを明け渡し此の場を立ち去るが良い。

478 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 22:46:57
ウィキペディアに自分の作った言語が消されたからグモソ語を潰すことに必死な中二病

479 : kamayan : 2007/01/21(日) 22:47:17
リアル嫌韓流

  彡川川川三三三ミ
  川|川 \.  /|    韓国にはもう
 川川∥    3  ヽ   謝罪も補償も必要ないんだ!!
 韓国はどうして日本の領土   (__ノ-○─○― .'i,_彡|
                        ヽ (__) ノ    6)

  l////_    ┥
  l    i⌒; ̄ ̄ ̄丶┃ サムライ、剣道、茶道、忍者など
  l    ヽ-      `っ
 { ̄""ー,,_ヽ     )3   多くの日本文化を韓国起源と捏造している!

480 : kamayan : 2007/01/21(日) 22:51:14
打倒右翼!打倒グモソポ!

481 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 22:51:56
Dodemo "paci" ol "ocawa" mbas, bam ba mot ksandae cin ibna. Na?
"右"でも"左"でもいいけど、もっと頭の良い言葉使えよ。な?

dodemo:どうでもいい

482 : kamayan : 2007/01/21(日) 22:57:54
右翼は蛆虫!芋虫!屑!ゴミ!カス!
ネットウヨは氏ね!視ね!詩ね!
ネットウヨのゴミ言語グモソをぶっ潰せエエエエエエ!!!!!!


484 : ゆうと : 2007/01/21(日) 23:04:46
此のクソウヨどもめ!さっさと降伏しろよ!
オマエラ負け犬なんかにこんなスレ勿体ねーんだよ!
悔しかったら俺の掲示板、
http://yy45.60.kg/utopian/#4まで攻めて来いよwどーせ出来ねーだろうけどなw

じょくおらいも

543 : 473 : 2007/01/24(水) 23:56:06
>>541
>>473は単純ミスだぜ…。sumaso pe.
俺も能格言語だと思う。前スレの731で話題振ってみたら(動詞の前が絶対格、後が主格説)
主格前置詞定義されたり後置詞にされたりで(´・ω・`)だった。

tp://rokurei60.spaces.live.com/blog/cns!828123C266ADB696!263.entry で思った点いくつか


反特亜っぽさは、2ちゃんねらの共通知識として扱いやすかっただけじゃないかな、と思う


2chでやってる以上、2ch思想の濃い人もいた、と。だからグモソ語自体の政治性は薄いん

じゃないかな、と。
嫌韓が持ち込まれたときも半島ネタはもういい、という扱いだったし。
言語そのものが持つ政治性と、言語によって表現された文章の政治性は分けて考えるべき


グモソ語自体が持つ政治性というのは、通常の政治思想じゃなくて、
なんていうのかな、もっとメタな感じだと思う。上手く表現できないけど。
実情だと思う。

544 : NCBK-a : 2007/01/25(木) 10:34:40
もう絶対格が動詞の前にあれば複合語とも整合がとれるし、能格の位置は前でも後ろでも

いいっしょ

545 : Kakis Erl Sax ◆CcpqMQdg0A : 2007/01/25(木) 14:25:04
>>543 政治的意図でなくて、その時代の人にははっきり自覚できない
空気というか雰囲気みたいな感じ?

>>544
能格=他動詞の主語
・有標。具格、属格と同形の場合あり。
絶対格=自動詞の主語、他動詞の目的語
・格標識なしが多し

主格対格言語  能格絶対格言語
①Aが消える。 =A消える
 abone A.(正式)  A abone.(自動詞はSV語順が許されるというルールに基づく構文)
②AがBを消す。 =AでB消える
 B abon A.    B abone (ed) A.

確かに能格・絶対格言語とみれば、
基本的にA動詞以外はOVSにもかかわらず、自動詞では誤解が生じる余地が少ないため、
SV語順が許されるという例外ルールの説明になります。
しかし、特に言語学をやっていない人には分かりにくい悪寒。
日本語も英語も主格対格言語だからなじみがないし。

546 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/25(木) 16:13:02
その割りには日本語でも時に複合語が能格言語的になることがあるような。

山歩きを「山を」歩くことだが
歯軋りは「歯が」軋る。

どうも本能的に能格言語性が染み付いてしまっている気さえする。

547 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/25(木) 23:50:14
>>545
仮にも言語学板なわけだから、分かりにくいからだめ、ということにはならないと思う。
目的は作ることだから、面白ければおk。

自動詞しか存在しない、としたほうが良いかもしれない、とその例を見て思った。

今日も感想を。http://rokurei60.spaces.live.com/blog/cns!828123C266ADB696!266.entry
一応先に言っておくと俺は削除賛成派だ。>>348>>448は俺。
この間荒らされてるのに気づいたとき、削除しようとしてた奴かな、と思ったわけ。それ

が「予防線」発言。
おそらくあれは便乗だったと思うけどね。でももっと早く削除されてれば防げた可能性も

ある。
で、さくっとやっちゃってくれよ、と思ったのさ。保存したから後でコピペしちゃうから

大丈夫だぞってね。

WikipediaではNPOV、VERIFY、NORが三大方針。郷に従うべきだろう、と。
2ちゃんとWikipediaは全く違う思想性をもってると思う。
例によって上手く表現できないけど。空気とは違う次元なんだよなあ。
削除議論ではアンサイクロペディアにでも書け、というのがあったよね。
今つながりにくいんだけど…。でもまあ、その通りだと思うよ。
人工言語制作って一種のエクストリームスポーツだよねw
とはいえ、これはある意味、マジで人工言語作ってる人に対する侮辱とも取れるから辛い


でも、人工言語作成なんて、そんなもんさ。心得てしかるべきだと思うよ。

548 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/26(金) 01:58:29
ウィキペに書いたものをアンサイクロペに写した荒らし死ね


ただ、
「2ちゃんねらーが作ったものだから載せる価値がない」
とか
「悪戯だから即時削除」
というような意見には違和感を覚える。
このように言っている人達は、「削除の方針」や「即時削除の方針」をちゃんと読んでい

ない気がする。

550 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/26(金) 07:25:45
商用の本があるからノシロは妥当とか言ってたウィキペディアンはウィキの恥さらしだね


なぜ?出版幻想に囚われた無知なる一般人に無料百科事典など荷が重いからだよ。
ノシロだがね、某書店の全店の売り上げが何点か知ってるかい?
全店で絶版に至るまで人間の目玉ほどしかないw
全国で何点か。人間の指くらいしかないw
図書館売り上げも雀の涙。ネット販売の方が見込めるということを考えると、諸人工言語

と何が違うのか気になるところだね。
エスペラントだけだよ、書籍と呼べるものは。版元通しただけのノシロがそれだけで商用

などとは笑える。
おいおい、少しは損益分岐点を考えてから物言えよ。商用ってことは商売用ってことだぜ


それで商売が成り立つか?ぷ、つまりノシロは商用でさえないんだよ。
まったく、どこまで誇大妄想なんだか。自費出版でノシロ以上に売れてるものは星の数ほ

どある。
ぶっちゃけその辺のサイトを「とめぞう」で製本しただけでもノシロは超えられるよw
わかったかい?出版幻想なんて実態はこんなもんだよ。ウィキの恥をさらさないでくれ。


551 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/26(金) 21:20:23
私が思ったよりも多くの人がスレにいる。
流れの質は置いといて、賑わっているのはよいことです。

比較対象を節にしてみるテストとして、一行目をグモソ語訳してみる。

1) "~ choma asacio"型(解り易い): 私が思ったよりも多くの人がスレにいる。
pens-an pe choma asacio on mot hraun yash ite sre.
2) "ka ~ choma"型(伝統的な単語): 多くの人がスレにいる、私が思ったよりも。
on mot hraun yash ite sre ka pens-an pe choma.
3) 名詞化型(勝負を避ける): 多くの人がスレにいる、私の思いよりも。
on mot hraun yash ite sre ka pepo pens-a.

552 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/26(金) 22:52:38
>>548
コピペするやつは逝ってよし、と思った。
>>549
そういう理由での削除は俺も反対。だからぼちぼち反論してるんだけどねえ。
>>550
商用書籍に関しては俺も違和感というか、違うだろ、と思った。
ちょっとした文法解説書いてシェアウェアとして公開してみる?ある意味商用だぜw
>>551
ka pens-an pe chome mot hraun yash on arite sre.
に俺だったらするかな。
chomeのほうが適切な気がするし、後置修飾にするときはariteにしないといけない気がする

し。
SVにしたのはなんとなく。

553 : Kakis Erl Sax ◆CcpqMQdg0A : 2007/01/26(金) 23:44:26
私が思ったよりも多くの人がスレにいる。
ite sre on pens-an pe chom edjo hraun yash.

語のときは前置詞でも問題ないものの、
節のときはどこまでかかっているのかわからないので後置詞、
または後置詞的に使う方が便利な希ガス。

edjo 以上
edge 以下
edmai 以前
edbac 以後、以降

554 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/27(土) 00:08:54
>>553
以上以下ではこの場合不適切な希ガス

552ではkaを使ったけど節の最初が体言のときは分かりにくいな。
やっぱり>>551の1のほうがいいかも。
ka chome (節) muni みたいにできると良いのかな。これは文法上ありか?

ふと思ったこと。グモソ語が「学会等で取り上げられている」を満たしてしまう、という

のは
架空の言語作って言語学者釣ろうぜwwww、が大成功!ってことになるような。

555 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/27(土) 01:00:23
ka pensanis pe, mot bianko yash on ite sre.
ではどうか。
ka は前置詞なので、pensan[is] と -is をつけることで節を名詞化する。
古文の「思ひたる(より多く人あり)」みたいなイメージで。

556 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/27(土) 02:49:30
asimeni hiroyuki an.
nusi chomo, teppo bokus nde jikopo kalpis mikusan cesile nusi cubo luktan hiroyuki. sna 2-

channeru.

始めにひろゆきがあった。
ひろゆきはある時、鉄の箱と自らの精を練って一つの壷を作った。2ちゃんねるである。

bokus 箱
kalpis 精
cubo 壷

557 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/27(土) 02:51:49
2-channeru an yokkibonis tubo. an kazyas yash derolis cesile gokkunis buriburi tubo.
pensan hiroyuki: <>
sna noripipo biogjah.

2ちゃんねるは貪欲な壷だった。無数の人を溶かして呑み込む凶悪な壷だった。
ひろゆきは思った、「いたずらはいやずら。。。」
すなわち法の誕生である。

yokkibonis 貪欲な (yok+kibon+is 望むことをよくする)
kazyas 無数の (kaz ya a-s 数がないところの)
derol 溶かす
gokkun 飲む
biogjah 誕生 (bi+ogjah)
noripi 法 (peronoripi 文法)


558 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/27(土) 02:52:19
asimeni, sa jiko luktanis noripi emedan, zi ite tubo pukalis nigai otconan hiroyuki.
nigai pensan: <>
mbas nopion ya yosan hiroyuki. nigai sa bin il bucluktbaran nde cuksilbaran. sna bitajihobar.
tubo sory kitan. mbas pensan: <>

ひろゆきはまず、自らの生んだ法に従い、壷に浮かんだ灰汁を掬った。
灰汁は思った、「ガクガクブルブル(((;;゚;Д;゚;)))ガクガクブルブル許してちょー」
ひろゆきは許さなかった。灰汁は瓶に詰められドブ川に沈められた。すなわちタイーホである


壷は澄んだ。しかし思った、「(#゚Д゚) ひろゆきの野郎、裏切ったなゴルァ」

pukal 浮く
nigai 灰汁
yos 許す(助動詞としては「~してよい」)
bin 瓶
cuksil 沈める(cuk 下に sil する)
bitajihobar 捕まえられること=逮捕
~po se kutkiz ~の背中を傷つける=裏切る


559 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/27(土) 02:52:49
tubo gakubulonan. ka hiroyukipo mom ogjahanis jiko abon zaka hiroyuki, hamo ya kay nopion.
pensan tubo: <>
sna kimyasvaseli.

壷は脅えていたのだ。ひろゆきの手で生まれた自分は、いつまたひろゆきの手によって殺

されるか知れない。
壷は思った、「刺客を送り込むのだ」
すなわちボランティアさんである。

abonya 殺し屋
fyrocibuc 送り込む(fyr+oci+buc)
kimyasvaseli ボランティア (kim 金 y'a-s なしの vas-eli 働く人)


560 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/27(土) 03:31:59
batyam zhuusapo bokora a sna jihad, na mi selis sekimcon nde sekimyaconpo bakorapo asime.
zhuusa eli minachomo ib: <<2-channeru a ka kopila sa cumsila waidni bucbamis vovovo

itaeath...>>

そしてこの三つ巴の抗争はすなわち聖戦であり、今日でも続く階級闘争の端緒である。

三人は常に曰く、
   2ちゃんねるは「ハッキング」から「夜のおかず」までを手広くカバーする巨大掲

示板群です。。。

bokora 戦い
jihad 聖戦
sel 続く
sekimyacon 金のない人、貧乏人
minachomo いつも
kopila kop+il 入り込むの名詞化=ハッキング
cumsila 「一緒にするもの」オナニーのネタの隠語


561 : Kakis Erl Sax ◆CcpqMQdg0A : 2007/01/28(日) 12:05:15
cuyni, abon-baran pazl-po gumosopo pero-po atikl.
ついに、ウィキペディアのグモソ語記事が削除された。
abone-n pazl-po atikl, mbas ya abone mesa Gumosopo pero.
ウィキの記事消えども、グモソ語消えじ。

dodemo, mbas nukgwi-na abon-eli muni ib-barse rasi gumosopo pero-po atikl abon-anis

Bellcricket muni ib-is choma
どうでもいいが、グモソ語記事を消したBellcricketという者は、
強引な削除人と言われているらしい。

562 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/28(日) 14:37:10
言語学の知識がないから、後置詞とかさっぱり理解できないよorg

563 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/28(日) 14:55:43
>>555
そのほうが良いかも。でも節の最初に体言がくるときはどうしよう。

>>561
なんというか、煮詰まらないまま、削除理由の合意も取れないまま終了されてしまったな…


復帰依頼出して第2ラウンド、っていうのもありだけどね。

>>562
ぐぐればいいと思うよ。

564 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/28(日) 22:34:40
削除の理由に「悪戯」が含まれているのは納得いかんな
その削除人は「グモソ語」の項目を削除した後、「人工言語」の項目にある人工言語の例

からもグモソ語を消している
グモソ語という人工言語が存在することは紛れもない事実なのだから、そこまでする必要

があるとは思えない

565 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/29(月) 02:54:18
むしろ削除人や、それをゆるすWikipediaが悪戯をしてるように見える。
そんなに消したきゃ、Wikipediaのサーバーの電源でも消しときゃいいよ。すっきりすっき

り。

566 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/29(月) 03:20:18
いや、言い過ぎた…

根拠のない項目を消さなきゃいけないってのはわかるけど、
だからといって、根拠のない削除理由をつけるのもどうかなと思った。
「項目が不要なんだから削除理由も不要!」なんて姿勢でいたら、後々、潜入工作員の検

閲に対抗する方法がなくなっちゃうよね。
西社長がゴネて、Wikipediaに勝手に検閲を入れた事件もあった。
「俺が見たくないから消す」という理屈がまかりとおればWikipedia自身が困るはず。

567 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/29(月) 03:31:06
削除理由で揉めてたのに理由を明確にせずに削除した、というのは合意に基づく削除では

ないよなあ。
復帰依頼出すべきかもわからんね。削除賛成派だったけど、これはひどい。

568 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/29(月) 03:58:29
「馬鹿馬鹿しいから」という理由で、「便」の項目を「悪戯」認定し、削除したら通っち

ゃうのかな?
……本来、Wiktionary向けの項目だし、意外と通るかもしれないな。

動物解剖学の世界では、「どのウシの耳の中にも横穴があるか(※特に機能はない)」とかの

話題で、本人たちも下らないとおもいつつモメたり、あまつさえ論文で言及されたりする

らしいが、
Wikipediaに「ウシの耳の横穴」で項目を立てると、どうなるんだろうな。
元々余興の要素が強いから、悪戯と認定されるのか。
それとも論文発表があるから削除されないのか。

569 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/29(月) 04:06:05
まあとりあえず復帰依頼出しといた。

570 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/29(月) 13:15:36
sa pe-pon, Bellcricket muni ibis abon-eli-pon, abone gumosopo pero muni kibonnu nopion muni

pens-gum.
私には、Bellcricket という削除人は、グモソ語が消えることを望んでいるように思われる。

571 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/29(月) 17:24:11
グモソをどう評価するかはどうでもいい(世界にはもっと大事な少数言語がたくさんあるか

らね)けど、
削除人が個人の価値観のみによって削除理由を付するのはWikipedia的にまずいよなあ。

572 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/31(水) 03:09:45
まず、まとめサイトを充実させてから復帰以来を出しなよ。
一応学問系の板にあるんだし、学問の体裁取ってないくせに百科事典に載ることに執着す

るのは恥ずかしいよ。

573 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/31(水) 03:42:24
掲載なんてどうでもいいんだけどね…
誤解を解こうとするのはそんなに悪いことかな?

574 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/31(水) 15:43:25
何でこんな過疎スレに粘着してるのか理解できん

575 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/31(水) 23:58:58
そりゃそうだ。理解してもらうために粘着してないしw

576 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/02/01(木) 02:39:14
悪戯じゃないけど、戯れに作ってるだけなのは事実だからな。
Wikipediaはやめて、よそでやればいいよ。

577 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/02/01(木) 17:00:55
復帰依頼のことを言ってるのかな…?
あれは復帰が目的じゃないし、もはやグモソ語とは関係ないよねー。
つーわけで復帰依頼の話はよそでやればいいよ。

578 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/02/04(日) 01:24:48
今日も感想。http://rokurei60.spaces.live.com/blog/cns!828123C266ADB696!274.entry
過疎ってるの人大杉のせいだったのか!みんな専用ブラウザ使おうよ…。
なんか検証可能性があれば記事立て直して良いっぽいけどね。上手くやれば独自の研究条

件は回避できると思った。
複数のスレッド条件も、どうかな。所詮1人の自分ルールじゃん?俺は黙殺するけど。
分裂防止という合理的理由があるし、何の脈略も無く複数のスレッドに書かれてたら、グ

モソ語荒らしじゃんw
まあ俺はWikipediaに載せる気ないし載せるべきだとも思わないから別に良いけどねー。

579 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/02/06(火) 00:08:05
http://sakuratan.ddo.jp/uploader/source/date32216.gif

selahのoの母音の書き方を改良してみた。これで更に書きやすく、見栄えもよくなった。

580 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/02/06(火) 17:12:11
ここに逝ってよし
http://8014.teacup.com/cc/bbs
言い負かせたら大勝利

581 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/02/12(月) 21:44:19
保守

582 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/02/13(火) 12:25:53
専用ブラウザなくても携帯用から見れよ。

583 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/02/16(金) 11:07:57
age

584 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/02/16(金) 19:58:15
翻訳をorzしたので、単語だけ置いていきますね。

kuceklunporin :v.おどる
yura :v.ゆれる
foge :n.方角
supopiktofogesasaafarbarekabutminachomo :adj.いつもの cf.tenchomo(n./adj.)
amahjajakul
585 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/02/18(日) 01:10:46
ite uripero-po Wikipedia onajik abon-baran gumosopo pero-po atikl.

というわけで@Wikiに転載してみたけど、削除された記事ってライセンス的にどういう扱い

なのかなー、と思った。

586 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/02/19(月) 23:02:09
so isankskon ko、と古風に感謝してみる。
グモソ語も変わるものだね。

587 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/02/21(水) 21:50:04
俺の書いた誤爆をグモソ語にするな!

588 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/02/24(土) 12:00:32
移転記念

589 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/02/26(月) 06:38:21
スレが過疎っているので、「主の祈り」をグモソ語に訳してみた。


Saakipo Radona
主の祈り

Ite selipoci onofis gumosopo papan omaila,
天にいらっしゃる我らの父よ、

bit selilbaras fuepo nam.
あなたの名が聖なるものとされますように。

Bit saitamas fuepo pharaosu.
あなたの王国が来ますように。

Jafni ite selipoci onajik ite elipoci bit oknafbaras fuepo stoon.
天におけるように地においてもあなたの意志が行われますように。

590 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/02/26(月) 06:38:59
Napi sa gumoso gumosopo pino kome oneg con buclucktof.
今日我らに我らの日々の糧をお与え下さい。

Nde jafni sa gumoso damepo atlasis elieath uls anajik gumoso, gumusopo damepo oneg ulsof.
そして我らに対して罪を背負う人々を我らも許すように我らの罪をお許し下さい。

Nde sa wana gumoso y'oneg dukof,
そして誘惑に我らをお導きにならず、

e ka lesadah gumoso oneg shabasilof.
悪から我らを解放して下さい。

Pharaosu, peskand nde gjibbara a yaciiyo fuepo chomi.
王国と力と栄光は永遠にあなたのものです。

Aamen.
アーメン。

591 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/02/26(月) 06:39:38
saaki:主
radona:祈りselil:聖なるものとする
pharaosu:王国oknaf:行う
stoon:意志
pino:日々のkome:糧、食料
atlas:背負う、負う
wana:誘惑
y'oneg:どうか~しないでduk:導く
lesadah:悪shabasil:自由にする、解放するyaciiyo:永遠に
aamen:アーメン

592 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/02/26(月) 06:47:21
>>590
スペルミスをしてしまったorz

2行目
×anajik
○onajik

593 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/02/26(月) 17:07:46
>>590には他にもミスがあったので、再修正


Napi sa gumoso gumosopo pino kome oneg con buclucktof.
今日我らに我らの日々の糧をお与え下さい。

Nde jafni sa gumoso damepo atlasis elieath uls onajik gumoso, gumusopo damepo oneg ulsof.
そして我らに対して罪を背負う人々を我らも許すように我らの罪をお許し下さい。

Nde sa wana gumoso y'oneg dukof,
そして誘惑に我らをお導きにならず、

e ka lesadah gumoso oneg shabasilof.
悪から我らを解放なさって下さい。

Yue pharaosu, peskand nde gjibbara aas yaciiyo fuepo chomi.
王国と力と栄光は永遠にあなたのものですから。

Aamen.
アーメン。

594 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/03/02(金) 21:02:45
Ya bit Gumosopo-po oldre-pero lukt pe'o go-kaka.
私の誤爆をグモソ語の古語にしないでくれ。

oldre 古い
go-kaka 誤記

595 : Kakis Erl Sax ◆CcpqMQdg0A : 2007/03/03(土) 12:10:14
satma 西(⇔azma 東)
nar 火(←narak 燃える/narek 燃やす)
satmanar アンドゥリル(西方の焔)、サトゥマナル
narpika ナルシル(炎の輝き)
bakin 折れる
bokin 折る
ganj 鍛える
keal 直す、修理する
frei 剣

ite "luveseath-po vos", satmanar a bakinanis narpika ganjkealanis frei.
「ロードオブザリング」において、アンドゥリルは、折れたナルシルを鍛えなおした剣で

ある。

596 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/03/06(火) 00:42:59
グモソ語スレの最初期の目標として、吉野家コピペの完訳があった。
これはまだ果たされていないが、同様に初期から出ていた例文に、
「ko a nya. na mi nam ya con ko.」がある。「吾輩は猫である」だ。
これを、少しずつ訳して行こうかと思う。
勝手に参加してくれて一向構わない、むしろ歓迎するので、良ければ手伝っていただきた

い。

597 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/03/06(火) 00:44:12
"ko a nya"
kakbaran ka NACUME Sooseki. swyrperolbaran ka nam-ya-con.

ko a nya. na mi nam ya con.

hamu ogjahan ya humhum ko aldahni.
chomeni ite skannduub nde jimet chomu, nyaan muni nom oboy. ite batyam chomu, asimzi eli

muni ibis chomi milan ko.
nijojo, niomosso an yecemaseli (書生) muni ibis eli, an nusimeni rag tagui, edbac batyam muni

kikan ko.
syontok gumoso tajiho, guc, nde gep batyam yecemaseli muni ibis tagui muni ibbarse.
kendmo niomosso chomo ya kayan, yue ya gakubulonan ko.

598 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/03/06(火) 00:46:51
jojo nopionpo mom nululbaran nde otconbaranis chomo, chomeni mofmofni nom felan.
jojo nom ciotni ko mataaran, nde yecemaselipo fasco milan --- batyam ka eli muni ibis milis

josaa asimen.
niomosso chomo "mion" muni pensan, na mi batyam fel ko.
nusini, bot ka ge (毛) cherebbarses fasco culculgum (滑らかである), aldahni sa agrhaoba (やか

ん) mielgum.
edbac bianko nya nerokan, mbas sa batyam ya man eli ya nerok ko nusi chomo nom.
yanom (のみならず) fascopo amak uci hazkoppgum (出っ張る) ite jousan.
nde ma batyampo boko (穴) syontok sig (煙) kopp.
batyam siguzan (煙たい) yue mazi koman.
batyam a gokis eli "sig" muni ibis chomi muni ite cuy batyam mi kay ko.

599 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/03/06(火) 00:51:42
napi cum batyam was pe.
do digime chomo, bitolia rider omaila.
eti nerok!

600 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/03/12(月) 00:16:32
こういう表記法って、どうかな?
1.特にめいじされなければ、子音の次は母音。
2.前出の母音が次の音節も同じ母音。
という約束ごとをつくる。
 こころ → KOKR
 ささかま → SASKM
母音が変わるところで母音を書く。
 あまがさき → AMGSKI
 ところざわ → TOKRZAW
母音が変わったら、変わったところからそのまま
 いしかわ → ISKAW
 ちがさき → TIGASKI
母音が隣接するときは両方とも書く
 おりおの → ORION
 かまいし → KAMAIS
母音を欠くところは明示する
 てんまばし → TEN'MABSI
 まっちゃまち → MAT'YAMTI

ぱっと見で、母音の頻度が高い、同じ母音を持つ音節が続くので、
つづり長さをどうにか縮める巧い方法はないかと、思ったんだが
かえってややこしいかな?
それ向きの字でも作ってみれば便利かどうかわかるかもしれんが。

601 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/03/14(水) 00:57:37
Selahはアバカダだから充分対応できてる。

602 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/03/14(水) 00:59:41
Selahはアブギダだから充分対応できてる。

605 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/03/14(水) 19:39:02
>>604
続き。。。

我が輩は実は猫ではなかった。

-------------------END----------------------

続編

「実は猫ではなかった我が輩は犬であった」

606 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/03/15(木) 07:20:01
gumosopo @Wiki→グモソ語文法→前置詞の
> 節や句など長い意味の塊の場合、格がかかる部分を明確にするために接尾辞的に用いる
例もある。
について誰かくあしく教えてください

607 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/03/15(木) 22:54:31
>>606
そんな使い方はしない
誰かが勝手に書いただけだ



610 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/03/19(月) 18:28:57
>>609
南極点から北極点に貫く直線に対して垂直な面で地球を輪切りにするとき、切り口に
沿った円周に相当するのが、緯線並行東西だ。つまり、メルカトル図法の地図の東西だ。

実際には地球は真球ではないけれども、デコボコを無視して真球として扱う。
このときの最大周(たとえば、赤道を一回り)の環状の真円を想定する。
或る一点に於いて、その環を経線と直角に置いたときの、環の上にある東西。
大圏東西と南北で地球を切ると、きっかり四等分に切り分けられる。

611 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/03/19(月) 18:39:31
たとえば、東京から大圏東西で真東に行くと、同じ緯度のシリコンバレーには至らず、
途中にアンカレッジとチリの北端、一番遠いところはフォークランド諸島沖。

612 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/03/19(月) 23:13:36
>>610-611
禿げしく板違いではあるがためになったよ、ありがとう。

しかし、方角の起源は太陽の昇る方向が東、沈む方向が西だろうから、
緯線並行東西(正確には南極点と北極点を貫く直線ではなく自転軸に直行するが)が
無標だろうな。>>595はそっちだろう。

613 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/03/20(火) 19:25:01
春分・秋分の日、日の出の方向へ方向を定めて、向きを変えず向かって行くと、
実際には大圏東西での東に行くんだよ。


614 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/03/20(火) 22:39:26
本当に直線に真っ直ぐ行くとやがて宇宙に出る件について

そもそもグモソ語の話者が居住する世界観は球状の惑星か?

615 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/03/23(金) 16:34:08
まっすぐ東か西へ行ってみろよ。本当に宇宙まで行った人はまだ居ないから。
それに、まだどこにもグソモ後の話者なんていないんだけれど。

たほ-たりほ

たりもたほ 概要


このページを編集する トラックバック(1) リンク元(0)
概要
統語論
韓国語との関連性
参考文献

概要
グモソ語(gumosopo)は、2ちゃんねるにて創作されつつある人工言語である。
人工言語は一般に何らかの必要性があって造られるものだが(多くは国際補助語で、また

残りの多くは架空世界のための言語である)、グモソ語は人工言語を作ること自体を目的

として創作されている、自己目的的な人工言語である。
その目的から、グモソ語の構築は既存の言語をベースにするのではなくゼロから開始され

、また匿名掲示板という活動の場の特徴によって誰もが自由に創作に携わっているところ

から、エスペラントのような計画言語よりは自然言語に近い様相を呈している。

グモソ語の名の由来は、「我々」を意味する"gumoso"(「グモソ」と発音される)が最初

に決定された単語のうちの一つであるところから来ている。"gumosopo pero"で、「我々の

言葉」という意味になる。いくつかの自然言語において、話者である民族の名称がその言

語で「我々」を意味している事例に倣っていると見ることもできる。

歴史
グモソ語の創作は、2003年12月5日に、2ちゃんねるの言語学板にて、匿名の

「◆FnT0SU2gCU」なる人物が立てた「【そろそろ】人工言語を作ろう!【僕達の手で】

」というスレッドに端を発する。ただし、◆FnT0SU2gCU氏は純粋に「人工言語を作ろう

」と呼びかけを行ったのみで、その人工言語に対する基本構想を全く持ち合わせていなか

った。また「◆FnT0SU2gCU」の名を用いたのは最初の数発言のみで、その後は名無しに

徹した(あるいは積極的な参加を放棄した)。そのため、グモソ語はゼロからの構築が行

われる言語となり、主導者も存在しなかったが、良い方向に働いていた。

文字・発音
グモソ語には文字が数種考案されているが、電子掲示板上での活動であるため、表記は基

本的にラテンアルファベットが用いられている。そして2007年現在存続している固有文字

表記法はパスパ文字に類似する、インド系文字とハングルを参考にして作られた神聖文字

(Selah)のみである。また現時点で書き言葉しか存在しないため、発音も厳密に規定され

ておらず、アクセントも未定であるが、抱合語的言語特性によって生まれた同綴り語がハ

イフンにより区別されていることから弁別的なものであると思われる。

単語
グモソ語は基本的に、新単語の決定に先願主義を適用しているようである。まだ決定され

ていない単語が必要となった場合、スレッド内で「○○を意味する単語をXXXXとする」と

発言すれば、基本的にそのまま採用される。要するに言った者勝ちである。

全般的に日本語、あるいは2ちゃんねる用語として「読める」単語が多く、「笑える」もの

も少なくない。

musko 息子
haahaa 性的に好む(ハァハァより)
orz 挫折する ~に屈服する(顔文字orzより)

音韻
音韻がオーストロネシア語族的であるという指摘がなされているが、これはグモソ語創作

者の大半が母語とする日本語とオーストロネシア語族との類縁から来ているとする見方が

ある。とはいえ、上述の通り単語の語形は言った者勝ちで決まっていくため、全くオース

トロネシア的ではない子音連続も見られる。その為、基本的な音節構造はおおむねCVCを基

本としていると言えるが、phonotacticsを正確に記述するのはほぼ無理であると言えよう。

形態論
グモソ語の形態論は、全体として非常に膠着的であり、また規則的である。 構築中の言語

であるということもあり、接頭辞、接尾辞ともにきわめて生産的であり、また意味の広が

りも大きい。

動詞の形態論

動詞はおおむね、次のような構造をしている:[語幹]-[態]-[時]-[相]。

例えば、lukt 「作る」に対して、-bar (受動態)、-an (過去)、-se (継続相) を附せば、

luktbaranse 「作られていた」という定動詞が出来る。勿論、能動態現在で、特に相を指定

しないのであれば、lukt だけで「作る」という定動詞として使われる。

そのほかに、語幹についてさらに別の語幹を派生する接頭辞、接尾辞もある。 例えば、

kopp 「出す」という語幹に dili- 「ふたたび」、-gum 「(再帰動詞)」をつけると、

dilikoppgum「もう一度出る」という語根が作れる。(この再帰動詞形成接辞は、語幹を形

成していると見るよりも、-barと同様に態を表していると見る方がいいかも知れない)

また、定動詞に -is (子音後) / -s (母音後) を接続することによって、日本語の連体形にあた

る形を作ることが出来る。例えば、trik 「集まる」から、trikis ci 「集まる場所」という名

詞句が作れる。なお、複合語 trikisci は「街」という意味である。

決定された経緯は、最初に書かれた文がOVSであったからという、先願主義がここでも見ら

れる。
ただし、文法の決定はグモソ語構築に強く影響するため、単語決定の場合とは違い、ある

程度議論し合意を得た上で決定されているようである。

基本的にOVSだが、自動詞文の場合にSVが見られることがある。他動詞文がOVS、自動詞

文がSVとする立場からは、グモソ語を能格言語であると見なす立場もあるが、自動詞文が

VSの語順で使われる場合もあり、活格言語である可能性や、単に流動的であるという解釈

も成り立つ。
他動詞文で主語がしばしば省略される。(日本語の影響と思われる)

言語学板のデフォルトネームである「名無し象は鼻がウナギだ」を訳せるようにするため

、コピュラ文が作れるようになっている。
一時期は「吉野家コピペ」を訳せるようにするという仮目的があった。

そみこ

http://logsoku.com/thread/academy4.2ch.net/gengo/1139296693/

http://logsoku.com/thread/kamome.2ch.net/gengo/1287820452/

グモソ語
文法

文の種類
平叙文と否定文
疑問文
sei/yan疑問文
否定疑問文
選択疑問文
疑問詞を使った疑問文
命令文
文型
SVC(A動詞を使うとき)
OVS(一般動詞を使うとき)
時制
過去形
未来形
助動詞
可能(zaka)
義務必要(sil, bit)
希望(kibon, kibonnu)
使役(buclukt)
許可(yos)
謙譲語 -(e)g
二方面への敬意 -(e)gof
丁寧語 -as
丁寧終助詞

動名詞
動詞の連体形(-is)
動詞の名詞化(-a)
代名詞
人称代名詞
指示代名詞
人、物、場所、行動、時を表す代名詞。
前置詞

文の種類
平叙文と否定文

否定文は、動詞または助動詞(zakaなど)の前にya(ja, y', j'も可)をつけて作る。

pe a nulnul.「私はウナギです。」
batyam y'a[ya a] nulnul.「これはウナギではありません。」

wau con pe.「私は犬を持っています。」
wau ya con fue.「あなたは犬を持っていません。」

gumosopo pero hanas zaka nopion.「彼はグモソ語を話せます。」
gumosopo pero hanas ya zaka nahue.「彼女はグモソ語を話せません。」

疑問文

sei/yan疑問文

「はい」か「いいえ」でこたえる疑問文は文頭にneiをつけてつくる

"nei fue a Selen?" "sei, pe a Selen."/"yan, pe y'a Selen."
「あなたはセレンですか?」 「はい、私はセレンです。」/ 「いいえ、私はセレンではあ

りません。」
"nei nahue-po ye kay fue?" "sei, kay pe."/"yan, ya kay pe."
「彼女の家を知っていますか?」「はい、知ってます。」/「いいえ、知りません。」

否定疑問文

否定疑問文に応えるときは、日本語と同じく質問の内容が正しければsei、そうでなければ

yanと答える。

nei horie-po mail ya a rjalon?
「堀江メールは本物でないのですか? 」
sei, ya a rjalon. / yan, a rjalon.
「はい、本物ではありません。」「いいえ、本物です。」

選択疑問文

「Aですか、それともBですか?」という疑問を表すときは、olを挟む。

"nei fue a urieli ol kiisu-eli?" "pe a urieli."
「あなたは朝鮮民族ですか、それとも中国人ですか?」「私は朝鮮民族です。」
"nei wau ol nya mon fue?" "nya mon pe."
「あなたは犬が好きですか、それとも猫が好きですか?」「私は猫が好きです。」

疑問詞を使った疑問文

「nei+疑問詞を含んだ文+?」が基本だが、neiは省略されることがある。

nei con hama?「誰が持っているんだ?」
nei hami con? 「なにを持っているのか?」
nei hame bojun? 「どのようにおもしろいのか?」
kibonnumilis chomi a hami?「欲しいものは何なのか?」
sa hamu oci fue?「どこへ行くんだ?」
Hami kibonnumil?「何を探しているの?」
nei sa nopion kaybarbekina hore hama?「彼に情報を与えているのは誰なのだろうか?」
hame pens minaeli?「みんなはどう思う?」
nei hamy ya ik fue?「何故あなたは逝かないのか?」=「逝きませんか?」

nei 疑問詞
hama 誰
hami 何
hame どのように
hame hraun いくつ
hamu どこ
hamo いつ
hamy どうして、なぜ
ikawak 如何なる訳で(古風)
ikaeli どなたの(古風)

命令文

動作を促すbit(丁寧に頼むときはbitolia)を動詞の前後につけて作る。
または文頭にoneg(pleaseの意味)をつける。

ik bit arraasyeli! 「荒らしは逝ってよし(荒らしは逝け)」
bit gangal! 「がんばれ」
oneg ye yocci.「どうか家に帰って」

文型
SVC(A動詞を使うとき)

「AはBだ」のような文を作るときは、主語・A動詞・補語の順に書く。

pe a nya.「私は猫だ。」
pe an eli.「私は人だった。」
sa seli pe abaranse nya.「神によって私は猫にされた。」


OVS(一般動詞を使うとき)

一般動詞を用いるときは、目的語・動詞・主語の順に書く。

fue mon pe.「私は君が好きだ。」
nahue monan pe.「私は彼女が好きだった。」
sa nopion fue nerokbaran pe.「彼によって私は君に出会わされた。」

時制
過去形

動詞に接尾辞-(a)nをつける。最も基本的な過去の表現で過去のほぼ一点を表す。

cepi, pe an byo.「昨日、私は病気だった。」
cepi, sre trikan gumoso.「昨日、私たちはスレに集まった。」


現在までしているのなら-(a)nseをつける

cepi, pe anse byo.「昨日、私は病気だった。(今も病気)」
Avalon ocinse nopion.「彼はイギリスに行った。(今もイギリスに行っている)」


過去の過去の一点からその後の過去の一点までの行為を指すときは-(a)nedをつける。

oreore nerokan pe hamo, kan nusi wene pe aned byo.
「医者に会ったとき、私は一年間病気だった。」
Zonu milan nahue hamo, Giko gavaned Zonu.
「彼女がゾヌを見たとき、ゾヌはギコに噛み付いていた。」

未来形

mes-~するだろう、~するつもり

mes-ekon gumoso.「われわれは結婚するだろう。」


(a)l 未来
syomo ikal aldah elieath.「全ての人間はいつか死ぬだろう。」


(a)lse意思未来、推量未来 思ったことが未来まで継続する。-(a)nse mes- よりも確信的。

ed azma ocis tosgata tosocilse pe.
「東に行く電車で、私は旅に出るだろう。」

助動詞
動詞の後に付く(例外もある)。
否定文を作る場合は、"swiswi ya zaka pe"のように助動詞の前にyaをおく。

可能(zaka)

gaman ya zaka pe.「私は耐えられない。」

義務必要(sil, bit)

ちなみにbitは単独では、命令形を作るときに使われる。

sou ibanis chome hases sil pe.
「私は嘘をついたことを反省しなければならない。」
Okelipo, ed okeli, ma okeli vorskansie, ma elipoci bossit ya bit niomosso.
「人民の人民による人民のための政治、それは地上から奪われてはならない。」

希望(kibon, kibonnu)

「~したいと思う、望む」を意味する動詞kibon、またはkibonnuを動詞の後に置くことで、
~したいという意味を表す。

cum fue sekus kibonnu pe! 「私はあなたとセックスしたい」
nya con kibon pe.「私は猫を飼いたい」
sait lukt kibon-an nopion.「彼はページを作りたかった」
omaila selieath, sotask-bar kibonnu pe! 「神々よ、私は助けられたい。」

使役(buclukt)

動詞の後にbucluktを入れることで「~させる」という意味を表す。

nelpo-is Aramaki Skalcinof kuw buclukt ybit so.
「あなたは、眠れる荒巻スカルチノフを起こさせてはならない。」

許可(yos)

動詞の後にyosを入れて「~してよい」という意味を表す。

ik yos fue.「あなたは、逝ってよい。」


受動態

動詞に接尾辞-barをつけて作る。時制を現す接尾辞もある場合、「語幹・態・時制」の順に

接続する。

sa Abojinidaa pero rebibar Kimcitarou.
「キムチ太郎はアボジニダーに言葉を教えられる。」

sa Lupin misa pakkibaranse Klalis.
「クラリスはルパンに心を盗まれた。」

sa Moraraa abonbaral nde gepbaral Sii.
「しぃはモララーに殺され、食われるだろう。」

敬語
尊敬語 se-~-a kita/-(o)f

動詞にse-~-a kita「お~になる」のイディオムを適応するか(2-973)、
尊敬語化接尾辞-(o)fをつけることで、動作主に敬意を示す尊敬語になる(2-984)。
尊敬語化接尾辞は受動態や時制に先立ち接続する。

se-mukacka kita-n fusamonof.「聖獣がお怒りになった。」
sa ye oci-(o)f-an vos. 「王が家にいらっしゃった。」

謙譲語 -(e)g

動詞に謙譲語化接尾辞-(e)gをつけることで、動作主を低めることで間接的に被動作主を高

める謙譲語になる(2-984)。
謙譲語化接尾辞は受動態や時制に先立ち接続する。

fusamonof kitto-(e)g-an gumoso.「私たちは聖獣を信奉いたした。」
○○ muni yohvgum-eg pe.「わたしは、○○と申します。」

二方面への敬意 -(e)gof

動作主、被動作主ともに敬意の対象である時は、謙譲語化接尾辞-(e)gと尊敬語化接尾辞-

(o)fを
合成した-(e)gofを用いる(2-987)。

fusamonof se-johv-egof-an vos.「王は聖獣をお呼びいたしなさった。」

丁寧語 -as

動詞に丁寧語化接尾辞-asをつけることで、聞き手に敬意を示す丁寧語になる(2-989)。
接続位置は、日本語の「ます」と同じで受動態より後、時制より前の位置になる。

ka Shobo oca hore-bar-as-an Giko.「ギコはショボからお茶を与えられました。」
(この場合、敬意はギコでもショボでもなく、聞いている人々に向かっている。)

丁寧終助詞

ba 動詞文近称の丁寧終助詞。batyamからの変形。
nio 動詞文中称の丁寧終助詞。niomossoからの変形。
hu 動詞文遠称の丁寧終助詞。hukengからの変形。
ha 疑問動詞文の丁寧終助詞。hamiからの変形。

これら丁寧終助詞を文末に付すことで、丁寧さを表現する(2-973)。

原理はチベット語の終助詞と同様である。
日本語と同様に自分側にあるものを近称、相手側にあるものを遠称、どちらでもないかど

ちらでもあるものを中称と扱う。
この丁寧終助詞は但し(文末に)主語がある文の時は不要(2-988

Fusamonof pon y'nom uri-gebokath mbas uri-yon-yath se-gepa-kita nio.
「聖獣は、媚韓厨たちだけでなく嫌韓厨たちもお召し上がりになります。」


次の代名詞を節になる文の後ろにつけて、節を作る
(chom系代名詞は公言をはばかられる言葉や文脈から容易に想像されうる言葉の代用にも使

われる。)

choma  ~のひと
chomi  ~のもの
chomu  ~のところ
chome  ~の行動
chomo  ~のとき
mata ~しながら

gakbur Nobita choma Gian alzi Gian-po maman.「ジャイアンの母は、のび太が恐れるジャイ

アンを使役する。」
naisjo kakened aneo chomi pikaka rideran ani.「兄は、妹が秘密を書いた日記を読んだ。」
syomo, eli birmil seli chomu selipoci ocil gumoso.「いつか、我々は神が人を待つ天上へ行くだ

ろう。」
kibon gumoso chome sil gumoso.「我々は我々の望む行動をする。」
pe an cibicemaseli chomo, pe an bon.「私が小学生のとき、私はクソガキだった。」
gep fue mata ib ya yos fue.「あなたは食べながら喋ってはならない。」


動名詞
動詞の連体形(-is)

動詞の語末に-isを加えることで名詞・代名詞を形容する連体形を作ることができる。
一般的に冗長になりやすいchom関係詞を使うより好まれるが、受動態を駆使して
OV-is体言またはV-is体言のような連体形動詞の直後に節の主語が来ないようにしないと
文意が不明確になりやすい。

b, m nde p ya conis pero a yunyunon!
b,m,pを持たない言語は電波だ。

×hore-an-is nafue wau mon pe.
私は彼女が与えた犬が好きだ。(horeanisがnafueにかかっているように見え、文意不明確。)
○sa nahue hore-bar-an-is wau mon pe.
私は彼女に与えられた犬が好きだ。

動詞の名詞化(-a)

動詞の語末に-aを加えることで動詞を名詞化できる。


men 疑う menbar 疑われる
mena 疑い menbara 容疑

代名詞
代名詞には1-83が作ったものと1-85が作ったものがある。
両単語は「1-83(1-926のyash形ふくむ)/1-85」というように区切った。

1-83の代名詞(pe, gumoso, fue, nopion, nahue, batyam, niomoso)は高頻度に用いられている。

1-85の代名詞は丁寧な言い方をしたいときに使うko(私)so(あなた)以外の使用頻度は低く、
死語と化しているものが多い。
ko, so, sora(あなたたち), sokora(私とあなたたち)は2スレ1で利用され、
おそらく、改まった言い方をしたいときの古語と考えられているのではないか?
1-86では1-85が大東亜共通語スレと間違えて誤爆したと言及したことから
2-153のように認めないものもいる。

1-926で人称の複数を表すjash(yashと綴られることが多い)が定義されたので、
頻繁に使用されていたけれど二人称と三人称の複数形が欠落していた1-83代名詞 fue,

nopion, nahue
と結合されてfue yash, nopion yash, nahue yashが使われるようになった。

2-587であれを表す頻用指示代名詞hukengを追加。
また、指示代名詞の複数形batyath, niomoth, hukethも追加。

人称代名詞

頻用/古語
一人称単数 pe/ko
一人称複数 gumoso/kora
一二人称(自分と相手) /sokora
一三人称(自分と他人) /akora
一二三人称(自分と相手と他人) /asokora
二人称単数 fue/so
二人称複数 fue yash/sora/
二三人称(相手と他人) /asora
三人称単数(男性) nopion/
三人称単数(女性) nahue/
三人称単数(無指定) /a
三人称複数(男性) nopion yash/
三人称複数(女性) nahue yash/
三人称複数(無指定) /ara



指示代名詞

頻用/古語
近称単数 batyam/kore
近称複数 batyath/korera
中称単数 niomosso/sore
中称複数 niomoth/sorera
遠称単数 hukeng/are
遠称複数 huketh/arera


人、物、場所、行動、時を表す代名詞。

疑問詞
choma 人 hama 誰 syoma 誰か
chomi 物 hami 何 syomi 何か
chomu 場所 hamu どこ syomu どこか
chome 行動 hame どのように syome どのようにか
chomo 時 hamo いつ syomo いつか
hamy なぜ

前置詞
グモソ語は基本文型にOVSを採りながら、専ら前置詞を用いている。
後置詞はない。-poが所有格を表す後置詞であるといわれることがあるが、伝統的な文法研

究はあくまでこれを接尾辞であるとする。
グモソ語は元々孤立語として設計されたため決して後置詞として使用してはならない。

sa ~に。与格表示の前置詞。
cum ~と(ともに)
ma ~から、だから
ed ~(手段・道具)で
ite ~にて、~の中で、具格
ka 奪格
omaila 呼格
jojo 上
i 目的格補語
kan ~の間
nom ~だけ、~のみ
fa 主格、~は、~が
ba 目的格、~を
jaf 様格前置詞、~のような、~みたいな
//
- 不可解な点など 質問 -- いぇうご (2011-08-11 03:28:07)
#comment

//
 

きぇるご-ひぼちす
Prefasie

Me ha kompila ti lit vortellibre o plu bon vorteliste ek le du tekste`s da Erich Weferling „Standard

gramatike del international planlingue Intal e su autobiografie „Ek le vive de un old

interlilnguistiker“. Weferling did skripta ambi tekste`s kompletim in Intal.

Me ha tradukta le vorte`s in germanum, pro ke it es mei matralingue, ma ank le matralingua del

kreater de Intel Eugen Weferling. Ma me es sert ke ti liste es ank util por persone`s ki non

komprenda le germanum.

Weferling did skripta ke Intal non bezona un propri vortelibre, ma it es tre util vida ki forme`s il

selekta por su tekste`s. To fasilika le propri selektion de vorte`s por tekste`s in Intal.

Le lit liste de sirka 2180 vorte´s vol esa un mikri auksilie por persone`s ki hava un interese por

Intal e forsan ank un lit kontribution por le dokumentation del lingue da Weferling.

Me selekta un simpli format de ti liste pro ke on pot plu simplim trova vorte`s per komputor.

Vusi
Andoromeda in le siksmon/jun 2011





Verwendete Abkürzungen/Uzat abreviation's:

ADJ Adjektiv
ADV Adverb
DAT – Dativ
f. femininum
m. maskulinum
Pl. Plural
Poss. Possessiv
Sgl. Singular




INTAL

VORTELIBRE INTAL – DEUTSCH


a - zu, an (DAT)
a hir - hierher
a ku - wohin
a posteriori - a posteriori
abandona – aufgeben
abasa – senken
abasim! – nieder!
abolia – abschaffen
abolition - Abschaffung
abreviation - Abkürzung
absolut - absolut
absolutim – absolut ADV
abstrakti - abstrakt
ad - zu, nach, ad-en – herein
ad e fro – hin und her
ad e retro – hin und zurück
ad in - hinein
ad infra – nach unten
ad supra – nach oben
adavan - vorwärts
adepte – Anhänger
adherante – Anhänger
adio – auf Wiedersehen, lebe wohl
adjektive – Adjektiv
adjunta – anfügen, hinzufügen
adjuntion - Anfügung, Hinzufügen
admira - bewundern
admisa – zulassen, einräumen
adopta - annehmen, adoptieren
adoption - Annahme, Adoption
adrese - Adresse
adverbal - adverbial
adverbe – Adverb
advere – zwar, allerdings
adverim – zwar, allerdings
aer-navigation - Luftschifffahrt
aer(e) – Luft
aeroplan – Flugzeug
afabli – freundlich, liebenswürdig
afere – Angelegenheit, Sache
afikse – Affix
afin – wesensverwandt, ähnlich
afirma – bekräftigen, bestätigen
aflikta – betrüben, bekümmern
Afrika – Afrika
agnoska - anerkennen
akademia –Akademie
aksenta - akzentuieren, die Betonung tragen
aksente – Akzent, Betonung
aksente-signe – Akzentzeichen, Betonungszeichen
aksepta – annehmen, akzeptieren
akseptabl – akzeptabel, annehmbar
akta – handeln
akte – Akte
aktes – Akten
aktie - Aktie
aktion – Handlung, Aktion
aktionario - Aktionär
aktionfelde - Aktionsfeld
aktivi – aktivisch, aktiv
aktivité - Aktivität
aktivum – das Aktive, Aktiv
akto - Akt
aktual - aktuell
akuzative – Akkusativ
akva – Wasser
alé – Allee, Landstraße
alfabet – Alphabet
álgebra – Algebra
algebrai – algebraisch
algebraikai – algebraisch
algebraist - Algebra
álibi – Alibi
alinea - Absatz
alinea - Absatz
álkohol – Alkohol
alkoholiker - Alkoholiker
alme - Seele
alternative - Alternative
alti – hoch
altigrad – in hohem Maße
altri – anderer
altrikaz – andernfalls
altriklok – zu einer anderen Stunde
altrimod – auf andere Weise
altris – Andere Pl.
ama – lieben, me ama tu – ich liebe dich
amant – liebend, amanto – der Liebende, amantes – die Liebenden
amat - geliebt
ambi – beide
Amerika - Amerika
amerikani - amerikanisch
amerikano - Amerikaner
ameska - verlieben
amike – Freund
amiko – Freund (männlich)
amindi - liebenswert
amor – Liebe
amorindi – liebenswert
an – an
anakronisme - Anachronismus
analiti – analytisch
analitik - analytisch
analize - Analyse
analogie – Analogie
angina – Angina, Halsentzündung
angli – englisch ADJ
Anglia – England
anglo - Engländer
anglum – Englisch
animale - Tier
ank(e) - auch
ankor – noch
ankor non – noch nicht
ansieni – alt, ehemalig
ante – vor, ante ke (Konjunktion) – vor, in ante – im voraus
antei – vorherig
anteim – davor
antemedidi – vormittags
anteyer - vorgestern
anti- - anti-, gegen- (Präfix), anti-alkoholiker = Antialkoholiker, anti-klerikal - antiklerikal
antiseptik - antiseptisch
anunsia – anzeigen, ankündigen, bekanntgeben
äone – Äonen
aparia – erscheinen, aparia a me – mir scheint
apartena a – gehören zu
apartim - gesondert
apel – Appell, Aufruf
apela - appellieren, aufrufen, apela ad – appellieren an
apen - kaum
aperta – öffnen, eröffnen
apertiv – Öffnungs-, Eröffnungs-
aplika - anwenden
aplikation - Anwendung
aproksimat - angenähert
apti – geeignet, passend
apud - neben, bei
arena - Arena
ariva – ankommen
arki- = Erz-, hohe Position (Präfix)
arki-duko = Erzherzog,
arki-episkopo – Erzbischof
armé - Armee
armi - Waffe
armiza - bewaffnen
armizat – bewaffnet
artefisial - künstlich
artikle - Artikel; definat artikle - bestimmter Artikel
artisialisme – Künstlichkeit
asekurans - Versicherung
aspekta - aussehen
aspekte - Aussehen
aspira – streben nach, trachten
astma – Asthma
astona – verwundern, erstaunen
astonim – verwunderlich, erstaunlich
astronomer - Astronom
astronomi - astronomisch
astronomial - astronomisch
astronómie - Astronomie
astronomist - Astronom
atenta - beachten
atentivité - Aufmerksamkeit
atinga – erreichen
atlanti - atlantisch
atom – Atom
atomfiziker - Atomphysiker
audi – hören
auditorie - Hörsaal
augmenta – vergrößern
augmentativ – vergrößernd, augmentativ
august - August
auksiliari - Hilfs-, auksiliari verbe's – Hilfsverben
auksilie - Hilfe
aure – Gold
auri - golden
auto - Auto
automatike - Automatik
autor – Autor
autorité - Macht, Autorität
avan - vor (räumlich), avan to - vorn
avanim - vorn
avantaje – Vorteil
avantajosi –vorteilhaft
aventure – Abenteuer
Azia – Asien
baka – backen
baker – Bäcker
bakerie – Bäckerei
balalaika - Balalaika
bald - bald
baldi – baldig (ADJ)
balo – Ball (Tanzfest)
balon(e) - Riesentanzfest
balti –baltisch
bariere – Hindernis, Hürde
basi – niedrig
basim – niedrig (ADV)
baze – Basis
bed - Bett
bel – schön
belisi - wunderschön
ben – wohl
benke – obwohl, obgleich
bezona – brauchen
biblioteke - Bibliothek
bilion – Billion
binda – binden (Buch)
biologi – biologisch
biologial - biologisch
biologie – Biologie
biologist - Biologe
bir – Bier
blanki - weiß
blind – blind
blinde – blinder Mensch
blu-ókuli - blauäugig
blu(i) – blau
bluatri - bläulich
bo- - Schwieger- (Präfix)
bo-filia – Schwiegertochter
bo-matra – Schwiegermutter
bok – Mund, bokede – ein Mund voll
bon(i) – gut, bonim – gut (ADV)
bonum – gut (abstrakt), lo bonum – das Gute
borgezi - bürgerlich
borse – Aktienbörse
boske - Wald
bove - Rind
brav – tapfer, brav
bravo! – bravo!
brevi - kurz
brevité - Kürze
brila – scheinen, leuchten
brocure - Broschüre
brosa – bürsten; le brosa – das Bürsten
brose – Bürste
Bruxelles – Brüssel
buró - Büro
cak – jeder
cakdi – an jedem Tag
cakimod – auf jede Weise
cakitemp – zu jeder Zeit
cakum - jedes
cambre - Zimmer
canja - ändern, wechseln
canje - Änderung
carité - Barmherzigkeit
ce - bei
cef (e)– Chef
cefi - Haupt-
cek - Scheck
celo - Cello
Cina – China
cineze – Chinese
cinezes – die Chinesen
cinezi – chinesisch ADJ
cinezum - Chinesisch
cip – Schiff
cok – Schock
da - von, durch (Urheber)
dani - dänisch
Dania – Dänemark
danjere - Gefahr
danjerozi - gefährlich
dank - dank
danka – danken; me danka vu/a vu – ich danke Ihnen
danke – danke; multi danke – vielen Dank
dansa – das Tanzen
danse - Tanz
darf – dürfen
dative - Dativ
de – von
deal - göttlich
defekte – Mangel, Fehler, Defekt
defensa - verteidigen
defina - definieren
definat - definiert, bestimmt
definitivi – definitiv
dek – zehn
dekdu – zwölf
dekdumon - Dezember
dekime - Zehntel
deklination - Deklination
dekmon - Oktober
dekos – zu zehnt
dekstri – rechts
dekun – elf
dekunmon - November
del toti monde – der ganzen Welt
delegate – Delegierter, Abgesandter
delegation – Delegation
delta - Flussdelta
demonstra - zeigen, demonstrieren
demonstrativi – demonstrativ, hinweisend
denovim – wiederum, erneut, wieder
dent – Zahn
dentist - Zahnarzt
deo – Gott
departa – abreisen, abfahren
dependa (fro) - abhängen (von)
depos – seit
deriva - ableiten
derivation – Ableitung
derma – Lederhaut, Derma
des – zehn
des- - Gegenteil (Präfix), un-, nicht-
desduo – dutzend
desfasil – schwierig
desfasilité - Schwierigkeit
desfasiliza - erschweren
desfavorabilim – abwertend, ungünstig ADV
desfortun – Unglück
desimal –dezimal
desinfekta - desinfizieren
deskovra – entdecken, aufdecken
deskriptat – beschrieben
desprisa – missfallen
desprisanti – missfallend, abwertend
destin – Bestimmung, Schicksal
destina – ausersehen, bestimmen
destinat – bestimmt, vorbestimmt
destrukta – zerstören
detalozim - detailliert
determina – bestimmen, festlegen
detra – hinter
detrim – hinten (ADV)
dev – sollen; devud - sollte
devena – werden
deviant – abweichend
deviza – dividieren, teilen; divizat per – geteilt durch
devize – Devise, Motto
dezinens(e) - Wortendung
dezira – wünschen
dezirindi - gewünscht
diable – Teufel
dialekte – Dialekt
diaré - Durchfall
did – tat (Hilfszeitwort für Präteritum), il did sended / il sended – er schickte; did es - war
die – Tag
diferant(i)- verschieden
diferense - Unterschied
difisil - schwierig
difisilizi – erschweren
diftonge - Diiphtong, Doppellaut
difuzat - verbreitet
difuzion - Verbreitung
digni - würdig
diktata - diktieren
dilema - Dilemma
diné - Abendessen
dira - sagen
direkta - führen, leiten, lenken
direkter – Leiter, Führer, Direktor
direkti – direkt
direktor - Direktor
dis- - Trennung, Zerstreuung, ver-, auseinander (Präfix)
disdona - verteilen
diserna – unterscheiden, erkennen
disipa – verschwenden, vergeuden
disipation – Verschwendung, Vergeuden
diskurse - Vortrag
diskusa – diskutieren
diskusion - Diskussion
dispersion – Zerstreuung
dissenda – verschicken, versenden
distans(e) – Entfernung, Distanz
distinkta - unterscheiden
distintion - Unterscheidung
distrikte - Bezirk
diversi – verschieden
do – also, folglich
dogma - Dogma
doktor – Doktor
doktrin - Doktrin
dokumenta – dokumentieren
dokumentat - dokumentiert
dolar - Dollar
dom – Haus
domatce – Bruchbude
domene – Gut, Gebiet
domina – dominieren, herrschen
domisil – Sitz, Domizil, Heimatadresse
dona (a) – geben
dorma – schlafen
dormatorie - Schlafsaal
dormeska - einschlafen
dormifika – einschläfern
dózis - Dosis
drama - Drama
drinka - trinken
du – zwei
dubia – zweifeln, bezweifeln
dudek – zwanzig
duim - halb
duime – Hälfte
dukia - Herzogtum
duko - Herzog
dukta (vers) – führen (zu)
dum – während
dumon - Februar
duo - Duo
dupli – doppelt
durant – während
dure - Dauer
duti - zweiter
duvez - zweimal
e – und
ebri – betrunken, trunken
edita – herausgeben, verlegen
editerie - Verlag
edition - Ausgabe
editur(e) - Ausgabe, Edition
efekta – bewirken
egal – gleich
egal (ad) – gleich (zu)
egalim – gleich (ADV)
egalité - Gleichheit
egarda – berücksichtigen, beachten
ego - Ego
ek - aus, heraus, ek Elizium – aus Elysium
ekmigra - auswandern
eko - Echo
ekonomie – Wirtschaft
ekpulsa – vertreiben
eks- - ex-, ehemalig (Präfix), eks-rego – Exkönig, eks-imperater – Ex-Kaiser, eks-prezident –

Ex-Präsident
eksamina – untersuchen, prüfen
eksamplare - Exemplar
eksekuta – ausführen, durchführen
eksemple – Beispiel; por eksemple – zum Beispiel
eksemplin - beispielsweise
eksept – außer, ausgenommen
eksept ke – außerdem
eksept si – außer wenn
ekseption - Ausnahme
eksersa - üben
eksersita - üben
eksista - existieren, bestehen
eksistens(e) - Existenz
eksklusiv – ausschließlich, exklusiv
ekspedia – erforschen
ekspedition - Expedition
ekspekta - erwarten
ekspensar – ausgeben, aufwenden
eksperiment - Experiment
eksperimental - experimentell
eksperte – Experte
eksplisitim – ausdrücklich, explizit ADV
eksplora – erforschen
eksplorablum – das Erforschbare
ekspresa - ausdrücken
ekspresion - Ausdruck
ekster - außerhalb von
eksterim – draußen, außen
eksterni – äußerlich, äußerer
ekstrakta - herausziehen, extrahieren
ekstrem – extrem
el – sie (w. sgl.)
elabora – ausarbeiten
elan – Schwung, Elan
elegans - Eleganz
elekromotor -Elektromotor
elekta - wählen
elektri(k) – elektrisch
elektriza – elektrisieren, unter Strom setzen, mit Strom versorgen
elemente – Element
elsui – ihr (w. sgl. Poss.)
embrasa - umarmen
emfaze - Nachdruck, Betonung, Emphase
eminent – hervorragend, eminent
emu - Emu
en – herein, hinein
ene - irgendjemand
energeti – energetisch
energie - Energie
eni – irgendein, ein beliebiger, irgendetwas
eniklok – zu irgendeiner Uhrzeit
enilok – irgendwo
enimod – auf irgendeine Art, in beliebiger Weise
enitemp - irgendwann
enmigra – einwandern
enorm – enorm, sehr gross
ente – Wesen; vivant ente – Lebewesen
enterprize – Unternehmen
entra – heineingehen, betreten
epilog - Epilog
episkopo - Bischof
era - Ära
ergo – also, somit
erika – Heidekraut, Erika
erora (se) – (sich) irren
erst - erst
erudat – gebildet
es – ist, wird bei Passiv, zu sein
es oldi – alt sein, me es oldi 87 yar – ich bin 87 Jahre alt
esa - zu sein
esens – das Sein
Espania - Spanien
espanum – Spanisch
espera – hoffen
Esperanto - Esperanto
espere – Hoffnung
est - östlich
estono - Este
estraner - Externer
esud – wäre
et .. e – sowohl als auch
etaje - Etage, Stockwerk
etni – ethnisch
ets – etc.
eufonie – Euphonie, Wohlklang
Europa - Europa
europan(i) – europäisch
europane – Europäer
europanes – (die) Europäer Pl.
eventa – ereignen, geschehen
ever – wer auch immer; ki ever – wer immer; ko ever – was auch immer, ku ever – wo auch

immer
evident – offensichtlich, evident
evita – vermeiden, weglassen, auslassen
evolua – entwickeln
evoluanti – entwickelnd
evolution – Entwicklung, Evolution
fairo - Feuer
fak – Fach; fakleksike – Fachlexik
faktim – faktisch, tatsächlich
faktum - Tatsache
fakultativi - fakultativ
fala – fallen
falat – gefallen; le falat ston – der gefallene Stein
falsi - falsch
familie – Familie
familiza – vertraut machen
famoz(i) – berühmt
fanatisme – Fanatisme
fara - machen, tun
fasil - einfach
fasilité – Einfachheit
fasiliza – vereinfachen, leichter machen
fasina – faszinieren, it fasined me – es faszinierte mich
favora – begünstigen
favorer – Förderer, Vertreter
federal – föderal, Bundes-
felde – Bereich, Untersuchtungsfeld
felisi - glücklich
felisi – glücklich
felisité - Glückseeligkeit
fema - Frau
feminin(i) – weiblich
fenomene - Phänomen
fer(e) – Eisen
ferm - fest
fern(i) – fern, weit weg
fernité – Ferne, Weite
fervie – Eisenbahn
feste – Fest
fez - Fez
fi - werden (Passiv, Aktion), ve fi – wird werden, vud fi – würde werden, fiu sendat – soll

geschickt werden
fi! – mist! Scheiße!
fid – wurde (Passiv Aktion)
fika – bewirken dass, machen zu, veranlassen
fiks - fest, starr
filantrop – Menschenfreund, Philantrop
filia – Tochter
filie – Sohn/Tochter
filio – Sohn
filozofa – Philosophin
filozofes – Philosophen
filozofie - Philosophie
filozofira - philosophieren
filozofo - Philosoph
fina - enden
final - endgültig, final
finale – Ende, Endung
finalim – schließlich, endlich
finans – Finanz-
finans-ofise - Finanzamt
finat - beendet
fingre - Finger
firma - Firma
fizikal - physikalisch
fizike – Physik
fiziker - Physiker
fiziki - phyisch
fiziologie - Physik
flektion - Beugung, Flexion
flilozofo – Philosoph
flore – Blume
fluantim – fließend ADV
fluvie – Fluss
fonem – Phonem
foneti - phonetisch
fonetikal - phonetisch
fonetike – Phonetik
fonetiker – Phonetiker
fonetikera – Phonetikerin (f.).
fonetikero – Phonetiker (m.)
fonologi - phonologisch
fonte - Quelle
for – fort, weg
form - Form, Gestalt
forma – formen, bilden
formation – Bildung, Formung
formularo – Formulare, Sammlung von Blättern
forsan – vielleicht
forti – stark, kräftig
fortisi – bärenstark
fortisim – bärenstark (Adverb)
fortun - Glück
foto – Photo
fotografie – Fotographie
fotografira – photographieren
fotografur – Fotographie
frakasa - zerbrechen
fraksional – Bruch-
fraktion – Bruch
Fransia - Frankreich
franso - Franzose
fransum – Französisch
frapa – schlagen, hauen
frate – Bruder/Schwester, Geschwister
fraze – Redensart, Phrase
frenesi – verrückt, wahnsinnig
frenesie - Wahnsinn
fro - von, aus, weg, fort
fro ku - woher
fru – früh
frukte – Frucht
funktion - Funktion
futur – Zukunft
futuri – zukünftig
futurum – Zukunft (grammatikalisch)
gana - gewinnen
garda – hüten, bewachen
garde - Garde
gaste - Gast
general(i) – allgemein
generalim – allgemein, generell ADV
genial – genial
genitive – Genitiv
geografi(e) - Geographie
geologie - Geologie
germana – Deutsche f.
germanes – die Deutschen
germani - deutsch
Germania - Deutschland
germanist, -o, -a – Germanist/in
germanisti – germanistisch
germanistik(e) – Germanistik
germanistikal – germanistisch
germano - Deutscher
germanum – Deutsch
gidanti prinsip – Leitprinzip
giro – Gyro (Messgerät)
glad – froh, erfreut
glas – Glas, glasede – ein Glas voll
gnu - Gnu
grade - Grad, Stufe
gramatik(e) – Grammatik
gramatikal - grammatisch
gran – groß
granta – gewähren, einräumen
grasiozi – anmutig, grazil, reizend
gratuit – gratis, kostenlos
gravi - gewichtig, schwerwiegend
grek - griechisch
greko-latin – griechisch-lateinisch
grel – Hagel
grelun - Hagelkorn
grupe – Gruppe
guere - Krieg
guvernerie - Regierung
ha - haben (als Hilfszeitwort), il non ha pavore – er hat keine Angst, il ha senda – er hat geschickt
habiter - Einwohner, Bewohner
had – hatte (Hilfszeitwort), il had senda – er hatte geschickt
hai – es gibt, es ist vorhanden, es sind
haló – hallo
hana – Huhn
hano – Hahn
hant - habend (Partizip Präsens Partikel)
hanyun - Küken
harakiri – Harakiri, Selbstmord
harmoniozi – harmonisch
hasti – eilig, hastig
hav(a) - haben (besitzen); did hav - hatte
hazarde – Zufall, da hazarde - zufällig
he – hei, ha
hegemonie – Hegemonie, Übermacht
helpa - helfen
helpe – Hilfe
hereda – erben
heredat – ererbt, geerbt
heterogenité – Heterogenität
hipertrofie – Hypertrophie
hipotezi - hypothetisch
hir – hier
histori – geschichtlich, historisch
historie – Geschichte, Historie
historik –historisch, geschichtlich
ho- - heutig, gegenwärtig (Präfix), homonat – diesen Monat, homatin – heute Morgen, novespre

– heute Abend
hobi - Hobby
hodi - heute
hom – Mensch
homal - menschlich
homaro - Menschheit
homogen – homogen
hop – hopp!
hore – Stunde
hortativ – Hortativ
hotel – Hotel
humani – menschlich, human
humanité - Humanität
humor - Humor
hunde - Hund
hura – hurra!
idé - Idee
ideal – Ideal
idiom – Idiom, Sprache
idiomisme – Idiomatik
Idisto – Idist
Ido – Ido (Plansprache)
il – er
il-em – ihn, ihm
ilsui – sein (Poss. m. Sgl.)
imita – nachahmen, imitieren
impeda – hindern, behindern, abhalten
imperater – Herrscher, Kaiser
imperativum - Imperativ
important(i) - wichtig
in – in
in fin - schließlich
in general – im allgemeinen
indijene – Eingeborener
indika – angeben, bezeichnen
indikative – Indikativ
induljense – Ablass, Kirchenablass
industrial – Industrie-
infantaje - Kinderei
infante – Kind
infer-ente - unterirdische Wesen, Höllenwesen
infiniti - unvollendet
infinitive – Infinitiv
influa - beeinflussen
information - Information
infra – unten, unterhalb
inim – innen, drinnen
initia – initiieren, anstoßen
inklination - Neigung
inklusiv – einschließlich, inklusive
inspira – einhauchen, inspirieren, eingeben
instala – einsetzen, installieren
instantim – sofort
insted - statt
instinktiv - instinktiv
institut – Institut
institute – Institut
instruktion – Unterweisung, Unterricht
instruktiv – lehrreich
intelektu – Intellekt, Verstand
inteligent - intelligent
intenta - beabsichtigen
inter - zwischen
interesant – interessant
interese - Interesse
interjektion - Interjektion
interkomprenda – einander verstehen, untereinander verstehen
interlingue - internationale Sprache
interlinguiste - Interlinguist
interlinguistik - interlinguistisch
interlinguistike – Interlinguistik
international – international
internationalité – Internationalität
interni - innerlich
interogativ - Frage-, interrogativ; interogativ-pronom - Interrogativpronomen
intertemp – inzwischen
intervú - Interview
intra - innerhalb
intrigante – Intrigant
introdukta - einführen
introduktion - Einführung
inventa - erfinden
invention - Erfindung
inversim – umgekehrt
inversion – Umstellung, Inversion
íris – Regenbogenhaut, Iris
Israelite - Israeli
it – es (Sache)
italiano - Italiener
italianum – Italienisch
itera - Wiederholung
iterativ – iterativ
itsui – sein (Neutrum Poss. Sache)
ja – schon
jáguar - Jaguar
jelé - Gelee
jodi - Donnerstag
jorne – helllichter Tag, bon jorne – guten Tag
jornim – tagsüber, bei Tag
joya – freuen, me joya pri – ich freue mich über
joye - Freude
joyim – fröhlich ADV
jubilé - Jubiläum
judike - Urteil
juno – Juni
juntim - zusammen
jurnal - Zeitschrift, Journal
jurnalista - Journalistin
jurnalisto – Journalist
jus – soeben, gerade
justi – richtig, recht, passend
ka – ob, etwa
kadi – Gericht
kafé – Café
kafetorie - Café
kali - Kalium
kam – als (beim Vergleich), wie
kamera - Kamera
kamping - Camping
kanson – Lied
kanta - Singen
kante – Lied, Gesang; le kanta – das Singen
kanter – Sänger
kapabl – fähig
karakter - Charakter
karakteriza (per) – charakterisieren (durch)
karea – entbehren, mangeln
kareabl - verzichtbar
karesiv – entbehrend, Mangel haben an
kariere – Karriere
karte – Karte
kastel – Schloss
kauza - verursachen
kauza – hervorrufen, hervorbringen
kauze – Grund, Ursache
kaval(e) – Pferd
kavala – Stute
kavalo – Hengst
kavalyun - Fohlen
káviar - Kaviar
kayere – Heft
kaze – Fall; spesial kaze – Sonderfall, in ti kaze – in diesem Fall
kazéo - Käse
ke – dass
kemi – chemisch
kemial – chemisch
kemie – Chemie
kemikal – chemikalisch
kemiker - Chemiker
ki – wer (Interrogativpronomen), welche, welcher, welches (Relativpronomen); ki ta? – wer ist

da?, de ki – von wem, wessen
ki-em – wen, was (Akkusativ)
ki-su – wessen
kia – welche (Interrogativ- und Relativpronomen f..)
kie – welcher (Interrogativ- und Relativpronomen)
kilo - Kilo
kio – welches (Interrogativ- und Relativpronomen m.)
kiosk - Kiosk
kisa - küsssen
klar - klar
klase - Klasse
klef – Schlüssel
klima - Klima
klok – Uhrzeit, tri klok – drei Uhr, tri klok des du – drei Uhr zwanzig
kloza – schließen
klozat – geschlossen, le porte es klozat – die Tür wird geschlossen
ko – was
ko- - mit-, ko-, zusammen (Präfix), ko-eksista - koexistieren
ko-em – was (Akkusativ); ko-em fara? – was tun?
ko-ordina - koordinieren
koalition – Koalition, Bündnis
koketira – kokettieren
kolabora - zusammenarbeiten
kolekta – sammeln
kolektion - Sammlung
kolektiv – kollektiv
kólibri - Kolibri
kom – als, wie
koma - Komma
kombination – Kombination
komensa – anfangen, beginnen; Nos komensu! – Lass uns anfangen!
komense - Anfang, Beginn
komensim – anfangs, anfänglich
komersa – (kaufmännisch) handeln
komersal – Handels-, Kaufmanns-, komersal lingue - Handelssprache
komerse – Handel
komersisto – Händler, Kaufmann
komersisto – Händler, Kaufmann
komité – Komitee
komodi - bequem
komparation – Vergleich
komparative - Komparativ
kompetenti – kompetent
kompila – zusammenstellen
kompilation - Zusammenstellung
kompleksi – komplex
komplement - Ergänzung
kompleti – komplett, vollständig
komplikat – kompliziert, schwierig
komplikation - Komplikation
kompoza - komponieren, zusammenstellen, zusammensetzen
kompozition – Komposition, Zusammensetzung
komprenda - verstehen
komprenda (le) – Verständnis, Verstehen
komprendabl – verständlich
komprende – Verständnis, Verstehen
komprendize – Verstehen, Verständigung
kompromis – Kompromiss
komputor - Computer
komun – gemeinsam
komunika – kommunizieren
komunikation – Kommunikation, Verständigung
komunikilo - Kommunikationsmittel
kon* - mit
konditionalum – Konditional
konektion - Verbindung
konferens – Konferenz
konform a – entsprechend nach
konfuzion - Verwirrung
kongres(e) - Kongress
konjunktion – Konjunktion
konjunktive - Konjunktiv
konkorda (kun) – übereinstimmen (mit)
konkorde – Eintracht
konkreti - konkret
konkurant – konkurrierend
konkurens – Wettbewerb, Konkurrenz
konosa – kennen, bekannt sein, konosa un lingue – eine Sprache kennen
konosat - bekannt
konosens – Kenntnis
konoser – Kenner, Wissender
konsekve de – infolge
konsekvim - folglich
konsenta – zustimmen; konsenta al – zustimmen zu
konsepta - entwerfen
konserva – erhalten, verwahren, konservieren
konservativ – konservativ
konservative - Konservativer
konsidera – betrachten, erwägen
konsista (ek) – bestehen (aus)
konsonant - Konsonant
konsputa – verachten, geringschätzen
konsputer – Verächter
konstanti – beständig
konstation - Feststellung
konstitua – bilden, konstituieren
konstruktat lingue - konstruierte Sprache
konstruktion - Konstruktion
kontena - beinhalten, enthalten
kontenatum - Inhalt
kontenatum – Inhalt
kontinua – fortsetzen, weitermachen
kontinuation - Fortsetzung
konto - Konto
kontra - gegen
kontra to – dagegen
kontrakta - zusammenziehen, kontrahieren
kontrarie - Gegenteil
kontrarim – im Gegenteil
kontribua – beitragen
konversation – Unterhaltung, Konversation
konvikta – überzeugen
konviktat – überzeugt, me fi konviktat – ich werde überzeugt (von jemanden)
konvinkat – überzeugt
konvoka* – zusammenrufen, einberufen
koordinal - koordinierend
koram - in Gegenwart, in Angesicht von
kordialim - herzlich ADV
kordie - Herz
korekti – richtig, korrekt
korekture - Korrektur, Verbesserung
koresponda (kun) – korrespondieren (mit)
korespondens – Briefwechsel, Korrespondenz
korespondera (al) - entsprechen, korrespondieren (mit)
kosekve - Folge
koze – Sache, Ding
krea – erschaffen
kreater – Schöpfer
kreatur – Geschöpf, Kreatur
kreda – glauben
kredo - Glaube
kreska – wachsen
kreskanti - wachsend
kriti – kritisch
kritika – kritisieren
kritikal - kritisch
kritike – Kritik
kritiker - Kritiker
ku - wo
kubik – Kubik- (Raummaß)
kultiva – kultivieren, bebauen
kultur – Kultur
kultural - kulturell
kun – mit
kupé - Abteil
kupon - Kupon
kursa – laufen, rennen
kursiv – kursiv
kursu - Kurs
kurtese - Kürze
kurti -kurz
kustom - Gewohnheit
kustomari - gewohnheitsmäßig, gewohnte
kuzina – Cousine
kuzino – Cousin
kvadratik – quadratisch
kvai - warum
kval – was für ein
kvalim – wie
kvalitativi - qualitativ
kvalité – Qualität, Eigenschaft
kvalmod – auf welche Weise
kvan – wenn, wann, als
kvanti – wie viele (ADJ)
kvantim – wie viel
kvantum - Menge
kvar – vier
kvarime – Viertel
kvarmon - April
kvartir - Quartier
kvazi – gleichsam, beinahe, quasi, sozusagen, fast
kvestion - Frage
kvieti - ruhig
kvin – fünf
kvinmon - Mai
kvintesens – Quintessenz
labora – arbeiten
laborasi – arbeitsam
laborasi – arbeitsam
laboratorie - Labor
lago - See
lama – Lama
lampe - Lampe
land(e) – Land
landnome - Ländername
lange – Zunge
lange-punte - Zungenspitze
las - zulassen, lassen
lasti - letzter
later - an der Seite von, neben
lateral - seitlich
latere - Seite
latin – lateinisch
latinidi – latinid, vom Latein abstammend
latinidité - Latinidität
latinum – Latein
lava – waschen; lava se – sich waschen
le - der, die, das
lefti - links
lege – Gesetz
legitimi – legitim, rechtmäßig
leksike - Lexik
lekta – lesen
lektabl - lesbar
lektat – gelesen
lektindi – lesenswert
lent - langsam
lerna - lernen
lerne – Lernen, in lerne – beim Lernen
lertese – Geschick, Gewandtheit
les - sie (Pl.)
lesi – ihr (Poss. Pl.)
let – lass! (Hortativ); Let nos komensa! – Lass uns beginnen!
letre – Brief
leva – heben. Steigen, aufgehen, le lun se leva – der Mond geht auf
levat – gehoben, höhere
lia - liegen
liberal – liberal, freiheitlich
liberi - frei
liberité - Freiheit
libre – Buch
librone – dickes Buch, dicker Wälzer
liga – verbinden, binden
liga-strek – Bindestrich
ligat – gebunden (Buch)
lila - lila
limita - begrenzen
lingual - sprachlich
lingue – Sprache
linguist(o) – Linguist
linguisti – linguistisch
linguistikal - linguistisch
linguistike - Linguistik, Sprachwissenschaft
linguistiker – Sprachwissenschaftler, Linguist
liste - Liste
lit-borgezi - kleinbürgerlich
lit(i) - klein
literatur(e) - Literatur
litere – Buchstabe
liva – verlassen
livra - liefern
livré – Livree, Dienerkleidung
livro - Lieferung
lo – es, das, etwas allgemein
logik(e) – Logik
logikal – logisch
loke - Ort
longese – Länge
longi – lang
longtemp – lange Zeit
lor - zur Zeit des
lote – Los Schicksal
lua – mieten, luendi – ist zu bieten, soll gemietet werden
luda – spielen
ludilo – Spielzeug
luksu – Luxus
lukte – Kampf, Ringen
lume - Licht
lumozi – leuchtend
lun - Mond
lundi - Montag
Luxemburg – Luxemburg (Stadt)
ma – aber
macine – Maschine
madam – meine Dame (Anrede)
magasin – Magazin, Lager
magneti – magnetisch
mai - Mai
mais - Mais
majorité – Mehrheit
majuskul - Großschreibung
maks posibl - möglichst
maks(im) - am meisten (Superlativ), maks gran – am größten
maksimum – Maximum
mal – schlecht
malad(i) – krank
maladese - Krankheit
malgre – trotz
malgre to - trotzdem
mama – Mama, Mutti
mana – Himmelsbrot, Manna
mani – viele, viel
manir – Art, Weise
manja - essen
manka – fehlen
mankant - fehlend
manko – Fehler, Mangel
mantena – aufrechterhalten, unterhalten
manu – Hand
manuskripte – Handschrift, Manuskript
márabu - Marabu
mardi - Dienstag
mariaja - heiraten
mariaje - Heirat
marita – Ehefrau
mark - Mark
markiza – markieren, kennzeichnen
Maroko – Marokko
marvel - Wunder
marvelbel - wunderschön
maskulin(i) – männlich; de seksu maskulini – männlichen Geschlechts
matemati – mathematisch
matematikal - mathematisch
matematike – Mathematik
matematiker - Mathematiker
materie - Materie
matin – Morgen
matiné – Matinee, Morgenvorstellung
matinim – morgens
matra - Mutter
matralingue – Muttersprache
maturi – reif

てべろ-きぇるご
maturum – Reife
me – ich
me-em – mich, mir
medesin – Medizin
medesini – medizinisch
medi - mittlerer
medi maturum – Mittlere Reife
mediat - mittelbar
medidi - mittags
medika – Ärztin
medikament - Medikament
medikes - Ärzte
mediko – Arzt
medita - nachdenken
mei – mein; le mei – das meinige, le mei`s – die meinigen
meliora - verbessern
melioration – Verbesserung
melodie - Melodie
mem – sogar, selbst
membre – Mitglied, Glied
mental – mental, geistig
mente – Geist, Gemüt
merkurdi - Mittwoch
meséne – Mäzen, Förderer
metali - metallisch
metatri – metallartig
metode – Methode
mey – möge (Optativ), il mey vena – er möge/soll kommen
mid - mitten, in der Mitte von
mil – tausend
milarde - Milliarde
milion – Million
militar-ofisisto - Armeeoffizier
milite - Krieg
min – weniger; min gran kam il – kleiner als er
minim – am wenigsten, minim gran – am wenigsten groß
minus – minus, weniger
mis – un-, miss-, falsch, unzutreffend (Präfix)
miskomprenda - missverstehen
misterie – Rätsel, Mysterium
misuza – missbrauchen
mode – Mode, Modus
model – Modell
modern(i) – modern
modesti - bescheiden
modus – Art, Weise, Modus
moka - spotten
mokantim – spöttisch
molesta – belästigen
monat (mensu) – Monat, monat-nom - Monatsname
monde - Welt
monde-guere – Weltkrieg, le duti monde-guere – der Zweite Weltkrieg
mondelingual – weltsprachlich
mondelingue - Weltsprache
mondlinguiste – Anhänger einer Weltsprache
moné - Geld
monosilabi(k) – einsilbig
monoton – monoton
monstra - zeigen
monta – aufsteigen, hochgehen
monte - Berg
montra – zeigen
moral(i) - moralisch
morda - beißen
mordasi – bissig
morgim – morgen
moria – sterben
morie – Sterben, Tod als Übergang
morizanti vunde – tödliche Wunde
mortal - sterblich
morte – Tote, morta – die Tote, morto – der Tote
mortese – Tod als Zustand
morti – tot
mortiza – töten
motive – Motiv
moto – Motto, Leitspruch
mótor – Motor
mova - bewegen
movement – Bewegung
moyen - Mittel
multi – viele, viel
multilingualité – Vielsprachigkeit
multim – viel (ADV)
multiplikativ – multiplikativ, vervielfachend
multisorti – vielfältig
mus – müsse
muti – stumm
mutu – einander
mutualim – gegenseitig, einander; Les parla mutu – sie sprechen miteinander
muza – Muse
muzeo - Museum
muzi – musisch, musikalisch
muzikal – musikalisch
muzikant - Musikant
muzike – Musik
muziker - Musiker
nam – denn, nämlich
nanú – nanu! (Verwunderung)
naska – geboren werden
naskat - geboren
nation – Nation
national - national
nátron - Natron
natur - Natur
natural – natürlich
naturalim – natürlich ADV
naturalisme - Naturalismus
naturalisti(k) – naturalistisch
naturalité - Natürlichkeit
naturim - natürlich ADV
neble - Nebel
Nederland - Niederlande
negation – Verneinung
neglija – vernachlässigen
nek ?c ni – weder ?c noch
neks – nächst-, folgend (Präfix), neks-die – nächster Tag, neksmonat – nächster Monat, neksvez

– nächste Mal
nesesi – notwendig
nesesité - Notwendigkeit
net – sauber
neta - säubern
neutral – neutral
ni – auch nicht, weder
nigri - schwarz
nin – neun
ninmon - September
ninsent – neunhundert
nokte - Nacht
nokti – nächtlich
noktim – nachts ADV
nom(e) – Name
noma – nennen, bezeichnen
nomenklatur – Nomenklatur, Benennung
nominative - Nominativ
non – nicht, nein
non ja – noch nicht
non plus – nicht mehr
non- nicht-, un- (Präfix), non-util – nutzlos
non-direkt(i)- indirekt
non-latin – nicht lateinisch
non-reglarité – Unregelmäßgkeit
nondefinat - unbestimmt
nonkoveniant – unzutreffend, unpassend
nonmediat - unmittelbar
nonperfekti – nicht perfekt, unvollständig
nonposibl – unmöglich
nonreglari – unregelmässig
nonregulari - unregelmäßig
nonsense - Unsinn
nord - nördlich
nos - wir, uns
note - Anmerkung
notion - Begriff
notori – notorisch
novi – neu
nu ben – na gut
nuansa - Nuance
nul - Null
nul(i) – kein, nul kauze! – keine Ursache!
nule - niemand
nulilok - nirgendwo
nulkaz – auf keinem Fall, keinesfalls
nullilok – nirgendwo
nulmod – in keiner Weise
nultemp – niemals, nie
nulum – nichts
nulum dankendi – nichts zu danken
nulvez – kein Mal
numer – Zahl
numeral – Zahl-, numerisch; numeral vorte - Zahlwort
número – Zahl, Nummer
nun - jetzt, nun
nur - nur
o - oder
obedia – gehorchen
objekt – Objekt
objektion - Einwand
obligatori – verpflichtend, obligatorisch
observa – beobachten
observatorie - Observatorium
obstaklo - Hindernis
obtena - erhalten, erreichen
od ?c o – entweder ?c oder
odia –hassen
oferta – anbieten, bieten
ofise - Amt
ofisial – offiziell
ofisisto – Offizier
oft - oft
oftim - oft ADV
ok – acht
oknom - August
oksidental - westlich, abendländisch
okul – Auge
okul-mediko - Augenarzt
okupa se (pri) – sich beschäftigen mit
ol – es (Neutrum Person/Tier ohne Geschlechtsangabe)
old – alt
olde – alter Mensch
olim – einst, einmal
olsui – sein (Neutrum Poss. Person/Tier ohne Geschlechtsangabe)
om- - um- noch einmal machen, aber anders (Präfix), omlabora – umarbeiten, omforma -

umformen
omisa – weglassen, auslassen
omne - jeder
omni – alle. jeder
omnidi – jeden Tag, alltäglich
omnidial – alltäglich
omnikaz – auf jedem Fall
omnilok - überall
omnitemp - immer
omnum - alles
on – man
ópera – Oper
opina – meinen
opine - Meinung
opozit – gegenüber
optativ - Optativ
optimal - optimal, möglichst gut
option – Option, Wahlmöglichkeit
or – nun aber
ordin - Ordnung
ordina - ordnen
ordinal – Ordinal-, Ordnungs-
ordinari - ordentlich, gewöhnlich; ordinari lingue - Umgangssprache
ordra – bestellen, anfordern
órel - Ohr
organ - Organ
organiza – organisieren
organization - Organisation
organizatori - organisatorisch
original – originell, original, ursprünglich
orna – schmücken, verzieren
ornament – Ausschmückung, Verzierung
ornilo – Schmuckstück, Schmuck
ortografi – orthographisch, Rechtschreib-
ortografie - Rechtschreibung, Orthographie
ove - Ei
oza - wagen
pagin - Seite (Buch)
pan – Brot
panorama – Panorama
papa – Papa, Vati
par- - aus-, fertig, komplett, durch- (Präfix)
paralel - parellel
parapluve - Regenschirm
pardona – vergeben, entschuldigen
parent – verwandt
parente se – Verwandtschaft
parente - Verwandter
parkursa – durchlaufen
parla – sprechen
parlament - Parlament
parlante - Sprecher
parlat lingue – gesprochene Sprache
parlekta – durchlesen, auslesen
parstudia – fertig studieren
parte – Teil
parteprenda - teilnehmen
parteprender – Teilnehmer
partikle - Partikel
partim – teilweise
partisipe – Partizip
pasati - vergangen
pasatum – Vergangenheit
pase – Frieden
pasivi – passivisch
pasivum – Passiv
pasu - Schritt
patria - Vaterland
patro – Vater
pauze – Pause
pavore – Furcht, Angst
paya – bezahlen, zahlen, payendi – zu bezahlen
payarie – Zahlungsempfänger, Rechnungsadressat
pensa - denken
pensade - (das) Denken
pense - Gedanke
pension – Pension, Rente; in pension – in Pension, in Rate
pensiona – in Rente gehen, pensioniert werden
per - durch, mittels
per ke – deshalb
per to - womit
perda - verlieren
perde – Verlust, perde de tempe – Zeitverlust
perfekti - perfekt
perfektion – Perfektion
perfektiona - perfektionieren
perfektum – Perfekt (Zeitstufe gram.)
perfida - verraten
perfide – Verräter
perisa – vergehen, umkommen
permisa – erlauben, gestatten
person - Person
personal – personal, Personal-; personal pronom - Personalpronomen
pianim – leise (ADV)
piano – Klavier, Piano
piktur - Bild
pionir – Pionier
planlingual - plansprachlich
planlingue – Plansprache
plantaje – Pflanze, Gewächs
plante – Pflanze; le planta – das Pflanzen
plas – Platz
plasa – platzieren
plasma - Plasma
plen (de) – voll (von)
plena - füllen
pleza (a) – gefallen
plezir – Vergnügen, multi plezir – viel Vergnügen
pli – bitte! Pli dona a me! – Bitte gib mir! Ko pli? – Wie bitte?
plu - mehr (Komperativ), plu gran kam el – größer als sie
plu bon - besser
plu o min – mehr oder weniger
plumpi – plump, unbeholfen
plumps –plumps
plur(i) - mehrere
plural - Mehrzahl, Plural; pluralsigne – Pluralzeichen, Pluralkennzeichen
plurvez - mehrmals
plus – plus
plusi – mehrere, weitere
plusim - weiterhin, außerdem, darüber hinaus, lekta plusim - weiterlesen
pluva – regnen, es regnet
po - je, zu je
poem – Gedicht
pok – wenig, un pok – ein wenig
pok a pok – nach und nach, Stück für Stück
pokim – wenig ADV; maks pokim – am wenigsten
polise - Polizei
polisist - Polizist
polit – höflich
politese - Höflichkeit
politi – politisch
politike – Politik
politiker - Politiker
politiki – politisch
poloni - polnisch
pom – Apfel
pomiere - Apfelbaum
popul – Volk
popul-skol - Volksschule
populari – populär, beliebt
populatce - Pöbel
por - für, um zu
por ke – weil
por ko – wofür
por to - dafür
porozi, pori – porös
porta – tragen
porte - Tür
porto - Porto
portugalanum - portugiesisch
portuo - Hafen
pos – nach
pos ke - nachdem
posesatum – Eigentum, Besitz
posesiv – besitzanzeigend, possessiv
posibl – möglicherweise
posibl(i) - möglich
posiblité – Möglichkeit
posim – nachher
posmorgim - übermorgen
poste – Post
postekarte - Postkarte
pot – können; potud - könnte
potens – Potenz
potensialité – Wahrscheinlichkeit, Möglichkeit
povri - arm
poza – stellen, setzen
pozition - Position
prais - Preis
prakti(k) – praktisch
praktikal - praktisch
praktike – Praxis
praktiker – Praktiker
prate - Wiese
pre- -vor-, prä- (Präfix)
pre-urbe – Vorstadt
predira - vorhersagen
predomina – überwiegen, vorherrschen
prefase – Einleitung, Vorwort
prefera– bevorzugen, vorziehen
preferim – vorzugsweise
prehistorik - prähistorisch
prejudike - Vorurteil
prelasti – vorletzter
premedidi - vormittags
prenda – nehmen
prenomat - vorbezeichnet
prepara - vorbereiten
preponderantim - überwiegend, vorwiegend
prepozition - Präposition
preseda – vorhergehen, vorangehen
presedant - vorhergehend, vorherig
presk – fast
pret - bereit
preter - dran vorbei, an vorbei
preyer - vorgestern
prezentim – gegenwärtig
prezentum - Gegenwart
prezident - Präsident
pri – über, betreffs
pri to - darüber
prim - erster
primim – zuerst, anfangs
primvez – erstmals
prinsip – Prinzip
prinsipalim - grundsätzlich
printa - drucken
printatum – Ausdruck, Ausgedrucktes
printer - Drucker
printerie – Druckerei
pripensat – durchdacht, überlegt
private - Privatperson
privatim - privat ADV
prizenta – darstellen, überreichen
pro - wegen
pro ke - weil
pro ko – warum
pro to – deshalb, darum
proba – versuchen, testen
probabl - wahrscheinlich
problem – Problem
produkta – produzieren, herstellen
produkte - Produkt
produktivi – produktiv
profesion – Beruf
profesional – beruflich, professionell
profesor - Professor
profete - Prophet
profetira - prophezeien
progres(e) – Fortschritt
projekt(e) – Projekt
projet – Projekt
proklamation – Proklamation, Ausrufung
proks(im) – nahe, nahe bei
proksi – nahe
proksité – Nähe
proksitemp – bald, tam proksitemp kam posibl – so schnell wie möglich
promena - spazierengehen
promisa – versprechen
pronom - Pronomen
pronunsiat – ausgesprochen
pronunsiation – Aussprache
propaga - propagieren
proportion – Verhältnis
propoza (a) – vorschlagen (jemandem)
propoze – Vorschlag
propozition - Vorschlag
propri – eigener
proprietatum – Besitz, Eigentum
proprim - eigentlich
proseda - verfahren
prosedur – Verfahren
protekta – schützen, beschützen
protektante – Beschützer
proverbe - Sprichwort
proviza (per) – versorgen (mit)
provizori – provisorisch, vorläufig
pruve - Beweis
psikologie - Psycholgie
pst – pst! still!
publika – veröffentlichen
publikat – veröffentlicht
publikation – Publikation, Veröffentlichung
publikum – Öffentlichkeit, Publikum
publisa - veröffentlichen
puela - Mädchen
pulsa – stoßen, treiben
puma - Puma
punktu - Punkt
punsa – Löcher stampfen
punse – Loch
punse-karte - Lochkarte
punta – spitzen
punte – Spitze
puntiza – anspitzen, spitz machen
pupé – Puppe
puré – Püree
radikaro - Wurzelwörterbuch
radike – Wurzel
radio - Radio
ragú - Ragout
rakonta - erzählen
rapide - schnell
rapidim - schnell (ADV)
rar - selten, rar
rational – rational
re - betreffend, bezüglich
real – real, wirklich
realim - wirklich
realist – Realist
realiza – verwirklichen
realization - Verwirklichung
realizebl – verwirklichbar, umsetzbar
rebeli – rebellisch
red(i) – rot
redakter - Redakteur
redeska - erröten
reduktion – Reduktion, Verringerung
reform – Reform
reforma - reformieren
region - Region
regira – regieren, herrschen
registra (in) – registrieren, eintragen (in)
regla - regeln
reglari – regelmäßig
reglarim – regelmäßig (ADV)
reglarité – Regelmäßigkeit
regle – Regel
regna – regieren, herrschen
regnante – Herrscher, Herschender
rego – König
regreta – bedauern; me regreta – es tut mir leid
regretabilim - bedauerlicherweise
regulari – regulär, regelmäßig
regularité - Regelmäßigkeit
rekomenda – empfehlen
rekomender - Empfehlender
rel(e) – Gleis, Spur
relat - in Bezug auf
relata (ad) – sich beziehen (auf), relatant a – bezüglich auf
relation – Verhältnis, Beziehung, in relation ad – im Verhältnis zu
relativ – relativ; relativ-pronom - Relativpronomen
relé - Relais
relvie - Eisenbahn
remarke – bemerken, anmerken
remplasa (per) – ersetzen (durch)
rendevú – Verabredung, Rendezvous
renomé – Renome, Ruf
rent – Rente
rentiero - Rentner
repetition – Wiederholung
reporta - berichten
reporte - Bericht
reprezentar – darstellen, vorstellen, repräsentieren
republike – Republik
republike – Republik
repulsa – zurückweisen, zurückstossen
resentim – kürzlich, neulich
respekta – respektieren, achten
respektindi – achtenswert
responda - antworten
responsabilité - Verantwortung
resta nul altrum – nichts anderes übrigbleiben
retro - zurück
retro- - zurück-, rück- (Präfix), retromova - zurückbewegen
retrosenda – zurückschicken, zurücksenden
retrovada – zurückgehen
retrovena – zurückkommen
revenú – Einnahme, Einkommen
revizion - Revision
revizor - Revisor
revue – Zeitschrift
rez - auf einer Höhe mit
rezulta - resultieren. Hervorgehen
rezultate . Ergebnis, Resultat
rezumé – Zusammenfassung, Resüme
ri – wieder, von neuem
ri e ri – immer wieder
ri- - wieder (Präfix)
rida – lachen, rida pri – lachen über
rideta - lächeln
ritme – Rhythmus
ritu - Ritus
rivena – wiederkommen
rivida - wiedersehen
romani(k) - romanisch
rondi - rund
roze – Rose
rozé – Rozewein
rusi – russisch
Rusia - Russland
rusum – Russisch
sable – Sand
sablun – Sandkorn
sago - Sago
saji - weise
saldo – Saldo
salto - Salto
saluta - grüßen
sam – derselbe, gleich
sam kam - ebenso wie, gleichsam
samideano – Gleichgesinnterm
samim - ebenso
samimod – auf gleiche Weise
samtemp - gleichzeitig
sanatorie – Sanatorium, Krankenhaus
sanese – Gesundheit, sanese! – Gesundheit!
sani - gesund
sanité – Gesundheit, a tui sanité! – auf deine Gesundheit!, Prost!
Sanskrit – Sanskrit
santuarium – Heiligtum
sarkasme - Sarkasmus
sat – genug, ausreichend
satse – Satz
saturdi - Samstag
sava – kennen, wissen
se – sich (reflexiv)
segun - laut, gemäß
sekretariat - Sekretariat
sekretario - Sekretär
seksu – Geschlecht
seksual – geschlechtlich, sexuell
sekundari – sekundär, nebensächlich
sekva – folgen
sekvant(i) - folgender
selekta – auswählen, wählen
selektion – Auswahl, Wahl
self – (ich) selbst
selfinstruktion – Selbstunterricht
semane – Woche, semane-die - Wochentag
semantik – semantisch
sembla – scheinen, erscheinen
semer – Same
semester - Semester
semper – immer
senda – schicken, senden
sendarie – Empfänger, Adressat
senilese – Greisenhaftigkeit, Senilität
sense – Sinn
sensu – Sinn (Gefühls-)
sent – hundert
sentense* - Satz
sentia - fühlen
sentime – Hundertstel
sentral - zentral
sentrale - Zentrale
sep - sieben
sepera – trennen
seperation – Trennung
sepmon - Juli
septa - verabschieden
septembre – September
serioz – ernsthaft, seriös
serten – ein gewisser
serti - sicher
sertim – gewiss, sicher
serva – dienen
serva – dienen
sesion - Sitzung
séteri – übrig; e tal seteri?fs – und so weiter
séterim - übrigens
severi – strikt, streng
si – wenn, falls
siel – Himmel
sielblu - himmelblau
siensal - wissenschaftlich
siense – Wissenschaft
siensiste -Wissenschaftler
sign(e) – Zeichen
signifika - bedeuten
signifikation - Bedeutung
siks – sechs
siksmon - Juni
sila - schweigen
silabe – Silbe
simbol - Symbol
simil (a) – ähnlich (zu)
simpli – einfach
simplifika - vereinfachen
simplifikation – Vereinfachung, Simplifizierung
simplité - Einfachheit
sin – ohne
sin – ohne- Fehlen, Mangel (Präfix),
singli – einzeln
singul - einzelnes
siniora – Frau (Anrede)
siniorina - Fräulein
sinioro – Herr
sinomin - synonym
sintaks – Syntax, Satzbau
sinteze - Synthese
sintezi – synthetisch
sintile - Funken
sinvalori - wertlos
sinvivi - leblos
sirk – um,herum
sirka – ungefähr, circa
sirkulare – Rundschreiben, Rundbrief
sis - diesseits
sistem – System
sistematik - systematisch
situation – Situation, Lage
sivilizat - zivilisiert
sivilization – Zivilisation
skale – Leiter, Skala
skalun – Sprosse, Stufe einer Leiter
skandinavi - skandinavisch
skemati - schematisch
skol(e) - Schule
skop – Ziel
skripta – schreiben
skriptamacine – Schreibmaschine
skriptilo - Stift
slavi – slawisch
soda - Soda
sofa - Sofa
sol – einzig, allein
soldato - Soldat
solim – einzig, allein, nur (ADV)
solua – lösen, soluendi – zu lösen
soluabl - lösbar
solution – Lösung
som – einige, etwas, ein
somdi – einige Tage lang
somgrad – bis zu einem gewissen Grad
somtemp – zu einiger Zeit, manchmal
somvez - manchmal
son – Ton
sordid – schmutzig
sordide – Schmutzfink, schmutziger Mensch
sori – betrübt, traurig, me es sori – es tut mir leid
sorim – leider
sorsie - Zauber
sosial – sozial
sosialisme – Sozialismus
sosialist – Sozialist
sosiete – Gesellschaft (Organisation)
spara – sparen
spela - buchstabieren
spesial – besonders, speziell
spesialim – besonders, speziell ADV
spesialisto - Spezialist
spesie – Art, Spezies, Gattung
spesimen – Musterbeispiel, Beispiel, Probestück
sponjatri – schwammartig
sport - Sport
stabil – stabil, fest
standa – gehen, befinden, kvalim vu standa? – Wie geht es Ihnen?
standard – Standard
stande – Zustand
stara – stehen
starta – starten, losfahren; le tren starta – der Zug fährt los
stele – Stern
stelozi – sternenübersät
stenografira - stenographieren
stif- - Stief-, Verwandtschaft durch zweite Heirat (Präfix)
stif-matra - Stiefmutter
stil – Stil
stilistike - Stilistik
ston – Stein
stopa – anhalten, stoppen, stopu! – Stopp!
straks - sofort
stranjere – Ausländer, Fremder
stranjeri – fremd
stranjeri lingue - Fremdsprache
stranji – seltsam, komisch
strek - Strich
struktur - Struktur
struktural – Struktur-
studia - studieren
studie - Studium
stul – Stuhl
stulone - Sessel
su – sein, ihr (Possesivpronomen 3. Pers. Singular)
sub – unter
sub to - darunter
subit - plötzlich
subjekt – Subjekt
submisa - unterwerfen
subordinal - unterordnend
substantive – Substantiv
sud - südlich
sufikse – Suffix
sufisens - Genügsamkeit
sukses(e) – Erfolg
sun – Sonne
sun-lum - Sonnenlicht
sundi – Sonntag
supé - Abendessen
super - über, über hinaus
super-ente – Überwesen, Himmelswesen
supera - übertreffen
superflui – überflüssig
superioté – Überlegenheit
superlative - Superlativ
supersigne – Überzeichen
suporta – unterstützen, stützen
supozat ke – vorausgesetzt dass
supra – oben, oberhalb
supra skol - Oberschule
sur – auf
svima - schwimmen
svimer – Schwimmer
Svisia – Schweiz
ta – dort
tábak - Tabak
table - Tisch
tabú – Tabu
tai – deshalb, darum
taksi - Taxi
tal – solch, derartig
talim – so
talim ke – so dass
tam – genauso, so; tam gran kam – so groß wie
tam ke – so dass (Konjunktion)
támen - dennoch
tan – dann, darauf
tango - Tango
tanti – so viele
tantim - soviel
tardi – spät
tarif - Tarif
tatsa - schweigen
tcip – billig
teatre - Theater
tekni - technisch
teknikal – technisch
teknik(e) – Technik
tekniker - Techniker
teknologie - Technologie
tekste – Text
telefon - Telefon
telefona – Telefonieren
telefonist - Telefonist
telegrafie - Telegraphie
telegram – Telegramm
televizion - Fernsehen
tempe – Zeit
tempe-punktu – Zeitpunkt
tempo – Tempo (Musik)
tempopim – dann und wann
tempor* - Zeit, liberi tempor* - Freizeit
tenda ya – tendieren zu, neigen zu
tendens – Tendenz, hava le tendens – die Tendenz haben
ténis - Tennis
teoreti – theoretisch
teoretikal - theoretisch
teoretiker - Theoretiker
teorie – Theorie
tera - Erde
teste – Test
ti - dieser, diese, dieses
ti hir – dieses hier
ti ki – derjenige welcher
ti ta – jenes dort
ti-su – dessen (Demonstrativpronomen Genitiv)
ti?fs – diese (Plural)
tia – diese
tia – diese (fem.)
tie – dieser, diese, dieses
tifus - Typhus
til - bis
til nun - bisjetzt
tima – fürchten
tio – dieser
tipe – Druckzeichen, Setzzeichen
titulation - Titel, Ehrenbezeichnung
to – das
tolera – tolerieren, ertragen, hinnehmen
tolerans – Toleranz
ton – Tonne
tóraks - Brustkorb
tot(i)- ganz, völlig; un tot – ein Ganzes
total – total, völlig
totim - vollständig, vollkommen ADV
totum – Gesamtheit, in totum - insgesamt
tra - durch, quer durch
tradukta - übersetzen
traduktion - Übersetzung
trafike – Verkehr
trans - jenseits
trase – Spur, Fährte
tre – sehr
tren - Zug
tri – drei
tridek - dreißig
trilion – Trillion
trimon - März
trio – Trio, zu drittt
tripli - dreifach
tristi – traurig
tristité – Trauer, Traurigkeit
triti - dritter
tritim - drittens
triumfa – triumphieren
tro – zu (sehr), zuviel
trofé - Trophäe
trompa – täuschen, betrügen
trompa se – sich täuschen
trova - finden
tu – du
tu-em – dich, dir
tuk – Tuch
turisme - Tourismus
uf e bas – auf und ab
ultra - außer, zu ... hinzu
ultrim - außerdem
un - ein, einer, eines, le uni – die eine
unaje – Einheit, Lektion lern-unaje – Lerneinheit
unaltrim - einander
UNESCO - UNESCO
unese – Einheit
unifika - vereinigen
unifikation - Vereinigung, Vereinheitlichung
uniformi - einheitlich, uniform
uniki - einzig
union - Union, Vereinigung
uniona - einen, vereinen
unisilabi – einsilbig
unitar – einheitlich
universal – allumfassend, universell
universe - Universum
université - Universität
unlaterim – einseitig
unmon - Januar
UNO - UNO
unti - erster
unvez – einmal
up – hinauf
urbane - Städter
urbe - Stadt
urja – drängen
urjantim – dringend
USA – USA
USSR/UdSSR – UdSSR, Sowjetunion
util – nützlich
utopist - Utopist
uza – nutzen, gebrauchen
uze – Gebrauch
vada – gehen, fahren
vala – gelten
valor - Wert
valori – wertvoll
valorozi – wertvoll
vanim - vergeblich
variabl – veränderlich, variabel
variante – Variante
varmi – warm
varmisi – heiß
varta - warten
vas – war, wurde (Passiv Zustand), it vas sendat – es wurde geschickt
vasti – weit, breit
vastim – weit (ADV)
vaze – Vase
ve - werden (Hilfszeitwort für Futur), il ve senda – er wird schicken,
ve ha – wird haben (Hilfszeitwort Futur II). il ve ha senda – er wird geschickte haben
veka – aufwachen, erwachen
veki – wach
vekiza – aufwecken, wecken
vena – kommen
venda – verkaufen
venera - verehren
veneration - Verehrung
venerdi - Freitag
vent(e) – Wind
ventone - Sturm
ver(i) – wahr, wirklich
verbe – Verb
verim – wahrlich, wahrhaftig
verke – Werk
vers - gegen, auf...zu
versimil – wahrscheinlich
vertu - Tugend
vespre – Abend, cak vespre –jeden Abend
veste – Anzug, Kleidungsstück
veto - Veto
vez – mal, multipliziert mit
veze – Mal
vi – hier, sieh da
via - via, über
vida – sehen
vidabl – sichtbar
vide – Blick, ye prim vide – auf dem ersten Blick
videska – erblicken
vidindi - sehenswert
vidu – siehe
vie (a) - Weg (nach)
vigor – Lebenskraft, Stärke
vikta – siegen
vikter – Sieger
viktorie – Sieg
vila –Landhaus, Villa
vilaje - Dorf
virgina – Jungfrau
viro – Mann
virus - Virus
vise – statt, anstelle von
vista – Sicht
vital - vital
vivant lingue – lebendige Sprache, lebende Sprache
vive – Leben
vivi – lebendig
vizion – Vision
vizita - besuchen
vois(e) - Stimme
voisat - stimmhaft
vokabulare - Wortschatz, Vokabular
vokabularo - Vokabular, Wortschatz
vokal – Selbstlaut, Vokal
vokali - vokalisch
vol – wollen; volud – würde gern, möchte gern
vole – Wille
volt - Volt
voluntarim - freiwillig
voluntim - gern
vort(e) – Wort
vortaro - Wortschatz
vorte-formation - Wortbildung
vorte-ordin – Wortordnung
vota - stimmen
vote – Stimm, Votum
voto – Votum, Abstimmung
voyaja - reisen
vu – Ihr (Poss.)
vu – Sie
vud – würde (Konditional), il vud senda – er würde schicken
vulgari – vulgär, primitiv, gewöhnlich
vunde - Wunde
vundese - Verwundung
vus – ihr (2.Pers. Pl.)
vusi – euer
wat - Watt
west – westlich
west-europane - Westeuropäer
ya – ja, doch
yar - Jahr
ye - bei, um (undefinierte Hilfspräposition)
yer - gestern
yes – ja
yuhé – juch he!
yun – jung
yunese – Jugend, Jungsein
zenit - Zenit
zero - Null


* Parallelform aus der Autobiographie

2183 Wörter / vorte's


SUFFIXE

-abl(i) – passive Möglichkeit (Suffix)
-ad – Dauer, Wiederholung einer Handlung (Suffix), frapada – andauerndes Schlagen
-aje – Art, Gattung, Spezies (Suffix)
-al – Adjektive aus Substantiven (Suffix)
-an – Mitglied, Einwohner (Suffix)
-ans – abstraktes Substantiv (Suffix)
-ant – Partizip Aktiv, amant - liebend
-ari – bezüglich auf, entsprechend nach (Suffix)
-arie – Empfänger, Adressat, einige Berufe (Suffix)
-aro – Sammlung, Gruppe von (Suffix)
-asi – Neigung, die Tendenz haben zu (Suffix)
-at – Partizip Passiv, soluat - gelöst
-atc – Pejorativ, abwertend (Suffix)
-atri – ähnlich (Suffix)
-e – jemand, Suffix zur Bildung von Personen
-ede – bestimmte Menge von (Suffix)
-em - Akkusativendung
-endi – was zu tun ist, Notwendigkeit (Suffix)
-ens – abstrakte Substantive (Suffix) wie eksistens
-er – Person mit Funktion (Suffix)
-erie – Institut, Unternehmen (Suffix)
-ese – Zustand (Suffix)
-esk – werden, beginnen (Suffix)
-i – so seiend (Adjektivendung)
-ia – Land, Region, Gebiet, Gut
-id – Nachkomme, Abkömmling
-iere – Substantiv charakterisiert von, Früchte tragende Pflanzen (Suffix)
-ifik – erzeugen, verursachen (Suffix)
-ike – wissenschaftlicher Begriff (Suffix)
-ilio - vermissen, entbehren- -los (Suffix), fratilio – geschwisterlos,
-ilo – Mittel (Suffix)
-indi – wert sein, würdig sein (Suffix)
-inia – entbehren, mangeln, -los (Suffix), matrinia - mutterlos
-ion – Handlung, Zustand, Ergebnis (Suffix)
-ira – Suffix zur Bildung von Verben aus Substantiven, die lebende Wesen umfassen (Suffix)
-isme –Doktrin, System, Bewegung (Suffix)
-ist – Beruf, Anhänger (Suffix)
-isti – sehr hoher Grad (Suffix)
-ité – Qualität, Eigenschaft (Suffix)
-iv – geeignet, fähig, -haft (Suffix)
-iz – machen, versorgen durch, veranlassen (Suffix)
-ment – Aktion, Ergebnis, Mittel (Suffix)
-on – augmentative Steigerung (Suffix)
-or – Funktion, Beruf (Suffix)
-ori – dienen zu (Suffix)
-orie – Ort, Platz (Suffix)
-oz – habend, voll sein von (Suffix)
-tion – Handlung, Aktion, Resultat nach –e und –i, sonst –sion (Suffix)
-um – Sache, Sprache, Neutrum (Suffix)
-un – Einzelstück, Bestandteil (Suffix)
-ur – Produkt, Ergebnis (Suffix)
-yun – junges Lebewesen (Suffix)

Abkürzungen im Intal / Abreviation's in Intal

Sro – Sinioro
Sra. – Siniora
Srina. – Siniorina
Sre’s – Siniora’s e sinioro’s
Md. – Madam
Dr. – Dokter
Prof. – Profesor
PS. – Pos-skriptur
nro. – numero
p. eks. – por exemple
p. – pagin
v. - vidu



Interjektionen
ha –
he –
ho –
hm –
nu –
ai –
au –
vei –
ct –
krak –
paf –
uf –
paf –
hu –
na -


Яндекс Реклама на Яндексе Помощь Спрятать

Новый Firefox 6 с поиском Яндекса. Скачать

Яндекс Реклама на Яндексе Помощь Показать Закрыть

くおり

- はじめまして ようこそ -- いぇうご (2011-08-11 03:17:28)
#comment()




















 
じょこれもミリカ
853 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/02/12(火) 14:58:53 0
もしも2chにグモソ語板があったら
(mahte ite 2ch on gumosopo peropo ita)

グ→英→グで機械翻訳して腹を抱えるスレ
(ka gumosopo → Avalonpo → gumosopo pero swyrperol nde bojl chomu sre)
エスペラント
(Esperanto)
vasmikone
(vasmikone)
荒巻様をおあがめするスレ
(fusamonof kittog chomu sre)
最近の若者のグモソ語は…
(cuypo jowelipo gumosopo peropon...)
piktoidelは面倒かっこいい
(piktoidel a uzaikeon)
グモソ語は後置詞を採用せよ
(bacpero bit bam gumosopo pero)

joweli 若者
ike かっこいい
bacpero 後置詞

854 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/02/12(火) 22:23:26 0
>>853
mahte gumosopo peropo ita on ite 2ch
にすべき。

855 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/02/15(金) 09:20:55 0
>>854
mahte ite 2ch gumosopo peropo ita on でない理由は?

856 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/02/15(金) 19:14:00 0
>>855
前置詞句の位置はまだ流動的で合意が得られているわけではないが、
>>819-820でも触れられているように、動詞の後ろに持ってきた方が理解しやすいんじゃな

いか?
ite 2ch gumosopo peropoのようにすると、名詞が連続することになって、
意味の切れ目が分かりにくくなると思う。


857 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/02/23(土) 08:56:38 0
sre hosh pe


"fue ... a hama?
"haua nei hami ib?
"LEIN!
"LEIN! LEIN!
"XION? XION a fue?
"hh! cesile fue diliogjahanas nei ya? XION hue!
"we... hamy chigei pero sa ARKA hanaseas fue, XION hue?
"mm... josaa fue hazociseas ARKA nei ya? fue onanadas ite chigei jo yue
"sa lapionpo cuno pe taskanas fue yue fue vongole sankskoas pe
"hore fue ma oca luktas pe
"oneg pesin fue



865 : Kakis Erl Sax ◆CcpqMQdg0A : 2008/04/14(月) 23:53:06 0
>>864 何気に紫苑の書が。

とりあえず、ルーミス エテルネの訳

cuksil choma jupi, dombr choma cibi eev.
batyam a jaf kanta, matara-po sory kanta.
vuaso meate-n fue, sa matara-po gat-eli?
siomiz vongoluu mata triob, cum lieba triob nafue yash.
pe-po misa fela-bul vie-po hale.
kibona-po elleni, yaciiyo pikal-an elleni,
yaciiyo pikal-an.

eev 波


piromi
通信が素早く行われている。(回線が)太い、(鯖が)軽い、(ファイルサイズが)小さい
bomiso
通信が素早く行われていない。(回線が)細い、(鯖が)重い、(ファイルサイズが)大きい
zaki
通信が行われていない。(回線が)切れている、(鯖が)落ちている
zarora
通信が行われている。(回線が)繋がっている、(鯖が)起きている

867 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/04/26(土) 12:16:10 0
能格言語に今から仕立てるのはちょっと無理なような

868 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/04/26(土) 13:20:37 0
仕立てるというより、OVtS/SViが定着してしまったから、
結果的に能格言語説が有力になっただけのような
どちらにせよ、動詞の定義はもうちょっと厳密にしたほうが、と思う



870 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/05/03(土) 18:37:11 0
だからr'+前置詞で漢文で言う「所(~ところの)」とすればいいじゃないか。


nopionpo hiso kikanse.
ringo hamava ite jaama zuzaan
nde uro taskan muni.
nopionpo hiso kikanse.
ci dotan nde fulis aldah muneon muni.
nopionpo hiso kikanse.
nopionpo hiso kikanse.
minaelipo kirala, pepo onajik.
minaelipo gakbura, pepo onajik.
nopion
a ite pepo kuce.
ite pepo kuce a nopion.
nakaama a cum pe.
mkas a meriken choma
mkas a kennen choma.
gehteni hages bonga nde bokor mata
pika fuel.

hiso 噂
jaama 敵
zuzaa 突進する
dota 走る
kirala あこがれ
meriken 英雄
kennen 宿敵
hages 激しく
bonga 競う

かっこいいのに最終行で台無し(w

いんす 忘れる。


>>874
Yue birni fue ya saitamanse,
fuepo onos wasranse pe.

birni:長く(birの副詞化)
onos:存在(onの名詞化)

876 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/08/01(金) 12:09:30 0
ayeliw a aye-liw, ed cokparipo pero "悲しさ" nde ed avalonpo pero "how sad".
要はliwの俺感嘆用法。語幹だけでayeとしても感嘆になると思う。cf. あなかま

877 : Kakis Erl Sax ◆CcpqMQdg0A : 2008/08/01(金) 20:51:24 0
haan, humhuman. vongole oragita.

haan なるほど

878 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/08/03(日) 23:29:43 0
聖書訳そうとしてたやつはどこいったんだ


(・ω・)セル・テン  こんにちは

( ^ω^)オラギタ  ありがとう

( ´ー`)つ アシャド  なんてね

(・∀・)セイ    はい

(・A・)ヤン    いいえ


グモソ神聖顔文字

○ 2chの顔文字に、グモソ語の単語をあてはめる
○ 発音しやすいように、発音をカタカナで表記
○ 意味を考慮して顔文字を選択すること。

880 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/08/09(土) 12:36:07 0
rag ten tei ten yunyunni bir ten
tok ik kibonnu kitto bit
kalenzu akbal fusamonof
Aramaki selia kitto bit

詩の音が降ってきたから単語を当てはめていたら荒巻教の歌になっていた不思議。
selia ~様。神に対する敬称。

>>879 クックルとたいようが隣り合って今にも何か起こりそうです。
( ゚∋゚) - (゚∀゚) - ((((;゚Д゚)))) - (゚∀゚) - ((・)ω(・)) <*`∀´> >――< - (゚∀゚) -
 ラグ   テン       テイ      テン   ユンユ    ニ     ビル     

テン
(・ω・ ) (-_-) ( ´ⅴ`) (-人-) (´∀`)9m
  トク    イク  キボンヌ  キット   ビト
‐ー  くー | ・ー |=|・ー | /,'3 `ァ
カレンズ   アクバル フサモノフ
/ ,' 3  `ヽーっ ヽ|・∀・|ノ (-人-) (´∀`)9m
  アラマキ    セリア   キット   ビト

881 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/08/09(土) 21:21:40 0
あと昔作ったkabutは「頭」って意味だったけど既出だったから「帽子」に変更。

882 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/08/09(土) 22:00:12 0
(`・ω・´)
 カブト   帽子

883 : Kakis Erl Sax ◆CcpqMQdg0A : 2008/08/09(土) 23:07:16 0
酷い天気寒い天気狂った長い天気
歩み死にたきを信奉せよ
高貴で偉大な聖獣
荒巻様を信奉せよ

bitは前置だった気がするような。



sa selipoci pukal-is enn ennki jaf fusamonof
sa batyam bitlia saitam-of
sa gumoso-po johvega bitlia kuwa-of
jiko-po adela bitlia buw-of
zafulon zaen bitlia gep-of
gumosopo fusamonof ais aramaki skalcinof

天に浮く白き雲の如き聖獣
ここに来し給へ
我らの呼びかけに目覚め給へ
己が身を膨らませ給へ
愚かな自演を喰らひ給へ
我らの聖獣なる荒巻スカルチノフ

884 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/08/10(日) 00:15:05 0
ミスった!ww
rag pi tei pi yunyunni bir pi
「日」はtenだとばかり思っていたがこれは「天気」だった。piに直したら響きが悪くなっ

てしまった。

酷い日寒い日異常に長い日
死にたくなったら崇めなさい
高貴で偉大な御神体
荒巻様を崇めなさい

つかこれ日本語モーラによる七五調風だからネイティブグモソエリには解ってもらえない

だろうなあ。

> bitは前置だった気がするような。
命令用法のbitだけ前置なのか。そういえばそうだったかも。oragita.

885 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/08/11(月) 12:01:28 0
((((;゚Д゚))))    恐怖
 ガクブル

886 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/08/11(月) 21:07:13 0
>>883

顔文字表示


(*゚∀゚)(~ ̄▽ ̄)( ^▽^)旦(。・-・)(´ー`)( ゚д゚)  /,'3 `ァ
 サ   セリポキ   プカス   エン  エンキ ジャフ フサモノフ

(*゚∀゚)(・Ω・) (´∀`)9m (゚ー^*)  (#゚ー゚)
 サ  バトヤン    ビトリア    サイタモフ

(*゚∀゚) (*´・ω・)(・ω・`*)(*゚Д゚) ヾ[ ・∀・]ノ (´∀`)9m (゚ー^*) (`・д・´)
 サ      グモソポ       ジョベンガ    ビトリア    クワ・オ



(∩´∀`)∩(*゚Д゚) o(´□`o) (´∀`)9m (゚ー^*) (     ゜∀゜    )
   ジコ・ポ     アデラ    ビトリア        ブウ・オブ

( `∀´)ヾ(o゚ω゚o)ノ゙  (´∀`)9m (゚ー^*)  (゚ε゚)
 ザフロン  ザエン     ビトリア     ゲブ・オフ

(*´・ω・)(・ω・`*)(*゚Д゚) /,'3 `ァ    (´-`).。oO  / ,' 3  `ヽーっ /´・ω・` \
    グモソ・ポ    フサモノフ    アイス   アラマキ     スカル

チノフ

カタカナ表記は、これで正しいですか?

887 : Kakis Erl Sax ◆CcpqMQdg0A : 2008/08/11(月) 22:22:47 0
vongole ank

ank かわいい キュート

確か発音はcがチャチチュチェチョだった気がする。
だからselipociはセリポチと発音するらしい。
あと、たぶん、接尾辞はアンシェヌマンを起こすから、
pukal-isはプカリス、buw-ofはブウォフ、gep-ofはゲポフだと思う。
ただグモソ語は綴りと発音の正確な規則は未整備だから不明なところが多かったり。

888 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/08/14(木) 19:11:34 0
"tasi" という「強い疑問」をあらわす単語を思いついたのだが品詞がピンと来ない。後置純

詞はアルカから輸入された品詞だし。ので誰か任せた。

レイン「アルカと違う言語をなぜ話たし」

889 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/08/14(木) 19:17:04 0
副詞または系助詞でどうだろうか。

890 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/08/14(木) 19:34:05 0
dayooと同じカテゴリでいいんじゃね。感動詞か。

891 : Kakis Erl Sax ◆CcpqMQdg0A : 2008/08/14(木) 19:41:47 0
lein"nei hamy ya arkapo pero hanasanse fue tasi?"
レイン「アルカと違う言語をなぜ話たし」

グモソ語の場合、エスペラントのc^uにあたる疑問を表す接頭語neiがあるから二重表現に。

892 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/08/15(金) 11:35:48 0
ik yos

~⊂´⌒∠;゚Д゚)ゝつ   逝ってよし
 イク・ヨス

893 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/08/19(火) 20:05:06 0
<丶`∀´>   uli 朝鮮
  ウリ

<丶`∀´>(´・ω・`)    ulieli 朝鮮人
   ウリ・エリ

(´・ω・`)         eli 人
  エリ




<丶`∀´> が uri ウリ なのはよいとして、

(´・ω・`) が cokpari チョッパリ というのはネーミングが悪い。
       なんか、もっといいネーミングがないか?また、

(`ハ´  ) が kiisu キース というのも、かっこ良過ぎて違和感がある。

きるもうん

>笑うことは笑い物がなくてもできるが
これは個人差がある。
オナニーも妄想だけで出来る香具師と
目に見えるオカズが必要な香具師もいる。

819 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/01/14(月) 20:50:02 0
>>818
それはオカズという手段の有無の話であって、
いずれにせよオナニーするは自動詞でしょ。

Minachomo pe sikosiko ringo cumsila.
いつも私は一緒にするもの(オカズ)なしにオナニーする。

Mbas cepi pe sikosikon ed nahue.
しかし昨日私は彼女でオナニーした。

sikosiko: オナニーする
ringo: ~なしに

820 : Kakis Erl Sax ◆CcpqMQdg0A : 2008/01/15(火) 18:50:16 0
オール他動詞言語での自動詞の処理例。

an leex-e kaf or ek eselkon.
我 自慰-通時 常 己 不伴 淫具
tal an leex-a or ok la im fas.
しかし 我 自慰-過去 己 伴 あの人 時 昨日

というか、>>819の語順のように
(副詞 絶対格 動詞 能格 [前置詞 名詞] [前置詞 名詞])の語順が、
伝統的な(副詞 [前置詞 名詞] [前置詞 名詞]) 目的語 動詞 主語)に取って代わる予感。
徹底するなら、(絶対格 動詞 能格 [前置詞 名詞] [前置詞 名詞] 副詞)のようにした方が見やす

そうですが、
その場合、節を現行の前置修飾でなく後置修飾にした方が読みやすいかもしれません。

821 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/01/16(水) 00:59:20 0
swiswiは自動詞
日本語でも英語でも「泳ぐ」(swim)ことだけでなく「歩く」(walk)ことも「飛ぶ」

(fly)こともは対象がなくても成立するのだから

だから能格言語と考えればGaki swiswis siomiz.(孩子游的海)は別におかしくない。

gepはどうやっても自動詞にはなれない。
「食べる?」という質問を受けて
Gep.とだけ言うことはできても、
Pe gep.では「私を食べる」という意味にしかなりえない。

822 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/01/16(水) 01:02:36 0
そして漢文の関係代名詞「所」に当たるのがar

823 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/01/16(水) 22:10:01 0
>>821
だからこそ>>796みたいに「~(の胃袋)に収まる」っていう無理矢理な
自動詞的解釈が提案されたんじゃないの?

まあ Pe gep. が結果的に「(何かが)私を食べる」になるのは同じ事だが

824 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/01/17(木) 01:00:21 0
能格言語だと考えるならそもそも、
動詞は「~の状態が移行する」というような意味を持っていると考えたほうがいい。
だから、pe gepは「私が、食べられた状態になる」であり、
pe gep fueの場合「私が、あなたによって、食べられた状態になる」=「あなたが私を食べ

た」となる。

825 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/01/20(日) 16:06:46 0
cepi nde napi onan com asime, oma, CENTER testo.
昨日と今日は共通一次、じゃないわ、センター試験があった。
burini latfal pe.
私の結果は悪いだろう。

com 共通の
oma 「おい、はぁ?、なんでやねん、ちょwおまw」と前の発言を否定し、反論・つっこみす

る。
   言い間違えた時や発言してから考えが変わった時など、自分の発言に対しても使え

る。
latfa 結果を出す、実を結ぶ

それはそうと、単語を作る接辞と自由に品詞を変えられる接辞がごっちゃになってるって

のはまずくない?

826 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/01/22(火) 10:15:27 0
能格言語になるとしたら、bit swiswi は 泳げ でいいとして、
bit gep はどういう意味になるんだ? 食われろ とか、もしかしたら 食用たれ とか?
食べろ はどうなるんだ? 受身でもなかろうし。bit gep fue でいいのか?



「食べる」はどうだかわからんが、"eat"は「食事を摂る」という意味の自動詞になりうる


我々は生きるために食べる。
gep gumoso ma haar.



bit gepは「食べろ」でいいんじゃないの?




1. 漁師は(paragtajihona)は海に出て(koppgum)、漁師はサメ(jaws)を殺した。
*英語としては1-3が自然だが、グモソ語では前文の主語は絶対格・後文の主語は能格に置

かれているので、良く考えると同一人物として捉えるのはおかしい?
1-1 Paragtajihona koppguman sa siomiz nde jaws abonan paragtajihona. 同一名詞の繰り返


    The fisherman went out to sea and the fisherman killed the shark.
1-2 Paragtajihona koppguman sa siomiz nde jaws abonan nopion. 代名詞の使用
    The fisherman went out to sea and he killed the shark.
1-3 Paragtajihona koppguman sa siomiz nde jaws abonan. 既出名詞の省略
    The fisherman went out to sea and killed the shark.
*以下、後文の主語を絶対格に持ってくるため、主語が絶対格・目的語が能格の逆受動文

(antipassive)を新たに導入する(動詞+rab)。
1-4 Paragtajihona koppguman sa siomiz nde paragtajihona abonraban jaws. 逆受動文+同一

名詞の繰り返し
    英訳不能
1-5 Paragtajihona koppguman sa siomiz nde nopion abonraban jaws. 逆受動文+代名詞の使


    英訳不能
1-6 Paragtajihona koppguman sa siomiz nde abonraban jaws. 逆受動文+既出名詞の省略
    英訳不能

830 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/01/26(土) 15:24:36 0
続き

2. 漁師は海に出て、サメは漁師を殺した。
*2-3は後文の目的語がないため英語としては奇異だが、グモソ語では後文の目的語=絶対

格=前文の主語が省略されていると考えれば自然?
2-1 Paragtajihona koppguman sa siomiz nde paragtajihona abonan jaws. 同一名詞の繰り返


    The fisherman went out to sea and the shark killed the fisherman.
2-2 Paragtajihona koppguman sa siomiz nde nopion abonan jaws. 代名詞の使用
    The fisherman went out to sea and the shark killed him.
2-3 Paragtajihona koppguman sa siomiz nde abonan jaws. 既出名詞の省略
    The fisherman went out to sea and the shark killed.
*後文の主語を前文と一致させるために受動文を使う。英語としては2-6が最も自然。
2-4 Paragtajihona koppguman sa siomiz nde paragtajihona abonbaran sa jaws. 受動文+同一

名詞の繰り返し
    The fisherman went out to sea and the fisherman was killed by the shark.
2-5 Paragtajihona koppguman sa siomiz nde nopion abonbaran sa jaws. 受動文+代名詞の使


    The fisherman went out to sea and he was killed by the shark.
2-6 Paragtajihona koppguman sa siomiz nde abonbaran sa jaws. 受動文+既出名詞の省略
    The fisherman went out to sea and was killed by the shark.

831 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/01/27(日) 09:12:02 0
>>826-828
受動命令文用の助動詞でも新しく作ったらどうだろう
bit gep で「食われろ」、bat gep で「食え」とか

>>829
1-3を素直に解釈すると「漁師は海に出て、鮫は死んだ」にしからならい希ガス
流石に省略し過ぎじゃね?  1-2と1-6ならアリだとオモ
どっちが自然かっていうと、強いて言えば1-2かなあ?

>>830
2-3が一番自然だと思う
下半分も別に不自然というわけではないが、
この場合はそういうひねりを入れる必要は無いんジャマイカ?

832 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/01/27(日) 14:53:57 0
Paragtajihona koppguman sa siomiz nde abonan jaws.
だと漁師は海に出てサメに殺されたになるぞw

833 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/01/27(日) 18:50:17 0
>>832
いや、それでいいんだって。
日本語や英語だと後文を受け身にしないと代名詞が省略できないけれど、
能格言語のグモソ語ならば能動文のまま省略できる。

834 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/01/27(日) 19:34:11 0
abonan jawsではどう考えても主語はjaws。
能格言語として動詞の直前に絶対格が必須の構造。
これを変えるルールはない。

Paragtajihona koppguman sa siomiz nde abonan jaws.
漁師が海に出てサメが殺した。

下手をすればndeまでの句をabonの絶対格と捉えられる。
上記の文は修飾語の位置を変えるだけで自動詞と他動詞のくびき法の例になってしまう。
sa siomiz paragtajihona koppguman nde abonan jaws.
海に漁師が出てサメが殺した。


835 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/01/27(日) 19:58:37 0
>>834
何か話が噛み合ってない気がするのだが。
2.の原文は「漁師は海に出て、サメは漁師を殺した」だから、
主語はjawsで問題ないでしょ。
Paragtajihona koppguman sa siomiz nde (nopion) abonan jaws. ってことで。

後、「くびき法」については何が言いたいのか理解できなかったので、
説明お願い。

836 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/01/27(日) 20:13:58 0
結局漁師は海に出てサメに殺されたと同じ意味だったのか

837 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/01/27(日) 20:18:38 0
>>836
そう。
日本語や英語では「漁師は海に出てサメに殺された」というところを、
グモソ語では「漁師は海に出てサメは殺した」で通じるのではないかって話。

838 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/01/27(日) 21:15:09 0
くびき法とはジューグマのことなり

zeugma-nori a "ziuuguma" po tingu a'ny.

zeuguma 軛
tingu 事

839 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/01/27(日) 23:08:55 0
訂正

zeugma 軛

840 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/01/28(月) 02:20:11 0
>>834-835
下手に『主語』って用語を使うから混乱すんじゃね?
「漁師」が絶対格で「鮫」が能格って事だけ把握してたらそれで充分な希ガス

っていうかむしろ俺なんかは2-3の主語は左半分も右半分も「漁師」って解釈してたんだよ


「漁師は海に出た。そして死んだ、鮫によって」って感じで

841 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/01/28(月) 03:26:22 0
複文と代名詞の省略についてまとめてみた。反論があったらどうぞ。

自動詞文主語をS、他動詞文主語をA、他動詞文目的語をOとすると、

・S=OあるいはO=Sの場合
省略可能
Paragtajihona koppguman sa siomiz nde abonan jaws.
漁師は海に出て、サメは(彼を)殺した。
=漁師は海に出て、サメに殺された。

・S=AあるいはA=Sの場合
そのままでは省略不能だが、Aが含まれる他動詞文を逆受動にすれば可能
Paragtajihona koppguman sa siomiz nde abonraban jaws.
漁師は海に出て、(彼は)サメを殺した。

・A=OあるいはO=Aの場合
そのままでは省略不能だが、Aが含まれる他動詞文を逆受動にすれば可能
Paragtajihona abonraban jaws mbas gepan chigei jaws.
漁師はサメを殺したが、別のサメが(彼を)食べた。
=漁師はサメを殺したが、別のサメに食べられた。

要するに、前文と後文の絶対格が同一ならば省略可能。
たとえば、S=O=Aの場合は、
Paragtajihona koppguman sa siomiz, nde gep girin jaws, mbas trabni abonraban niomosso.
漁師は海に出て、サメが(彼を)食べかけたものの、(彼は)やっとのことでそれを殺した


=漁師は海に出て、サメに食べられかけたものの、やっとのことでそれを殺した。

giri:(助動詞)~しかける
trabni:やっとのことで、苦労して trab(苦労)+ni(副詞接尾辞)

842 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/01/29(火) 21:27:49 0
>>841
結論に対しては異議無し  ots!

ただ、これから能格言語として進めて行くとすると「主語」「目的語」「自動詞」「他動

詞」みたいな
用語の使用は控えていくべきかもしれんとかオモた  混乱の元になりそう
どっちの格が主語でどっちの格が目的語とか言い出すと話がややこしくなるし、能格言語

には
本質的に自動詞と他動詞の違いなんか無いはずだし・・・

実際、俺も途中までは「これ違うんじゃね?」って思いかけた
日本語を無視してグモソ文だけ見たら「ああ、合ってたよ」って納得出来たけど


グモソ語を分析的能格言語として捉える限りにおいて、『絶対格+動詞+能格その他』と

いう
語順が一般的であり、動詞に rab が付くとそれが逆になる、という点を強調するのが吉かな



843 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/01/30(水) 00:10:10 O
>>842
自動詞しかない言語と能格言語は似ているけれど、別物じゃないの?
仮に同じ物だとしたら、能格なんて概念は不要。
自動詞と他動詞の区別があって、自動詞主語と他動詞目的語を同じ形式で表す時に、
初めて能格という概念が必要になると思う。
それにバスク語やグルジア語など、自然言語の能格言語を記述する際にも、
普通に「主語」「目的語」「自動詞」「他動詞」という言葉が使われているし。

それと逆受動rabの構造は、能格+動詞+絶対格ではなくて、あくまで絶対格+動詞+能格。
「サメが漁師を殺した」という内容で、jawsを絶対格に置きたい場合、
能格言語であるグモソ語では受動にしてもparagtajihonaが絶対格にきてしまうので、
これを解決するために導入されたのが逆受動だから。
(能動)Paragtajihona abonan jaws.
(受動)Paragtajihona abonbaran sa jaws.
(逆受動)Jaws abonraban paragtajihona.

844 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/01/30(水) 07:48:26 0
rabじゃなくて-bar

845 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/01/30(水) 15:41:38 0
>>844

-rabは逆受動の活用語尾。


そう言われても逆受動は能格言語の一部にしかない概念だ
↓の「8.3.複文:統語的能格性(syntactic ergativity)」を読めば、あるいは理解できるか

もしれない。
ttp://www.tooyoo.l.u-tokyo.ac.jp/Australia/LgOutline.html

848 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/02/02(土) 00:44:26 0
受動が-bar-で逆受動が-rab-って、
気持ちは分かるんだけど実用上はハテナな気がする・・・

見た目にも聞いた耳にもまぎらわしくね?
せめて母音を変換して-rob-にするとかしない?


それと能動文の目的語が逆受動文でどの格をとるかも
考え直した方がいいような気がしてきた。
一応>>847に挙げられているワルング語と同じく能格にしてみたが、
Jaws abonroban paragtajihona.
これだとただのSVO構文に見えてしまうから、
受動文に合わせて与格(sa)にした方が対比がはっきりする。
Jaws abonroban sa paragtajihona.
Wikipediaによると、実際ディルバル語では与格になるようだし。
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Antipassive_voice

850 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/02/02(土) 15:14:38 0
能動態と逆受動態は分かるんだけど、普通の受動態がどういう意味になるのかが混乱して

きた

(能動)Paragtajihona abon-an jaws. 「漁師は死んだ、鮫で」→「鮫が漁師を殺した」
(逆受動)Jaws abon-rob-an (sa) paragtajihona. 「鮫は漁師を死なせた」→「鮫が漁師を殺

した」

(受動)Paragtajihona abon-bar-an sa jaws. 「漁師は鮫に死なれた」?(それとも「鮫は漁

師に死なれた」?)

いわゆる迷惑受身って事でいいのかな?
素直に解釈するとそういう意味になるような気がするんだが・・・

じぇねらとく
白菜に彼女を与えるとはなんと恐ろしい人食い植物だ。
石が彼を落とすとはなんと恐ろしい落石だ。
それにグモソ語のスレで日本語でもグモソ語でない言葉を使うとはなんと恐ろしいKomac-

tacianだ。



絶対格:動詞の前
能格:動詞の後
与格:前置詞sa
奪格:前置詞ka
具格:前置詞ed
処格:前置詞ite
が保守的なグモソ語じゃないかと

756 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/11/28(水) 21:35:12 0
@Wikiの数詞の項目をシンプルに新しく作ってみた。
11~19はとりあえず十二進法にしておいた。
natの自然な十位形はnaだから、それだとna-nusiは101になるから
安易に11=na-nusiとするのもなあ…

100=natatiにしてみたけど(十進法における100の最初の定義は1-773)
八進法だと1-265で100=fasiと定義されてるけど、
fasiは十進化すると800になるはず。でも100の誤用も定着してるとも言えるし。

八進法時代には16=geti または ge-muhだったのが、
現在は16=geti、20=ge-muhと分かれたという説を出してみる。

757 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/11/29(木) 04:03:35 0
>>743
あなたがまだいらしたとはおどろきです。

758 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/12/03(月) 15:40:25 0
前置詞ではなくて、格表示副詞

759 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/12/20(木) 21:19:56 0
>>758
おまえは何を言っているんだ

760 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/12/24(月) 20:20:06 0
有気無気と有声無声の二項対立で行った方が綴り字の矛盾が解消できるんじゃないか

無気無声歯茎破擦音 - c
無気有声歯茎破擦音 - z
有気無声歯茎破擦音 - ch
有気有声歯茎破擦音 - zh

すなわちdatchの発音は/datʦฺʰฺ/となる

761 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/12/25(火) 02:23:58 0
カナへの転写規則があったほうが、ある程度発音も決められるし、色々便利な気がした。

ついでに>>1の文章の再翻訳
ma ib-an-is, taisi sa eliluktanis pero con-is omaila eli,
nei ed gumoso-po mom cumni lukt?
fue a wota-ya ol ya muni ya doyo gumoso.
ka hoka-po seliluktanis pero-po peronoripi nde perolist hariko,
sa esperanto ya uwaan-is chomi meat-alse.

マ・イバニス・タイシ・サ・エリル(ク)タニス・ペロ・ツォニス・オマイラ・エリ
ネイ・エド・グモソポ・モム・ツ(ム)ニ・ル(ク)ト
フエ・ア・ウォタヤ・オル・ヤ・ムニ・ヤ・ドヨ・グモソ
カ・ホカポ・セリル(ク)タニス・ペロポ・ペロノリピ・ンデ・ペロリ(ス)ト・ハリコ
サ・エ(ス)ペラントォ・ヤ・ウワアニス・チョミ・メアタ(ル)セ

こんな感じだろうか?


763 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/12/25(火) 13:16:13 0
>>762
oragita!


haun haja kobayasi satikopo kitana.
kendmo ma aku juupo ika aya an niomosso.
bit biron kitaas.

VSを連体形にするとSpo Vaで合ってますか。


Bit biron kitaas!


「彼女が早く来た(hajani kitan nahue)」を名詞節にすると「彼女が早く来たこと(hajani

kitana nahue)」になるのか「彼女の早い来訪(nahuepo haja kitana)」になるのかっていう。
検索してもまるで出てこないので調べられませんが、これがコト言語モノ言語ってやつな

んでしょうか。


768 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/01/03(木) 23:45:29 0
>>767
OVtS/SViで書いてるやつと、OVtS/ViSという語順で書いてるやつがいる。
前者の場合は能格言語的。後者の場合は只のOVS語順の言語。
この辺は揺れがあるっぽいな。

769 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/01/04(金) 00:05:36 0
bit biron kitaas!

>>764
-(n)aは~する人、のはず
あと、下みたいに接続詞っぽいほうが自然じゃない?
Kobayasi Satiko haja-ni kita-n chome hau-n pe.
kendomo, Aku Juu-po ik-os ay-an, yue an niomosso.

> 基本的にOVSだが、自動詞文の場合にSVが見られることがある。
> 他動詞文がOVS、自動詞文がSVとする立場からは、グモソ語を能格言語であると見なす

立場もあるが、
> 自動詞文がVSの語順で使われる場合もあり、活格言語である可能性や、
> 単に流動的であるという解釈も成り立つ。


>>769 素直にchomを使えばよかったな。oragita.
-(n)aについては>>47-57参照。
>>770 kendmo ma aku juupo ika aya an niomosso.
しかし のために 阿久 悠の 死去を 悲しむこと だった それが。
しかしそれは阿久悠の死去を悲しむことのためだった。


Pe haun chome Kobayasi Satiko hajani kitan.
Mbas niomosso an ma Aku Juupo tomrauna.

tomrau:追悼する
tomrauna:追悼←tomrau+na(動詞の名詞化)

まずhauは「驚かせる」なので、
能動態ではpeを主語にすることはできないはず。
peを主語にするなら、受動態にして、
Sa chome Kobayasi Satiko hajani kitan haubaran pe.
かな?
それとkendmoは英語でいうところのthoughなので、
この場合はmbasの方が適切だと思う。



774 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/01/08(火) 22:25:33 0
http://www4.uploader.jp/home/gumoso/
gumosopo upa はいかがでしょうか。
あとアーカイブが勝手になくなっててburi

 1.「能格+動詞+絶対格」語順の能格絶対格言語
 2.「対格+動詞+主格」語順の主格対格言語
のどっちの説が正しいのかは未定なままって事でFA?

SもOも無標のグモソ語が能格言語たりうるものなの?
単に自動詞文と他動詞文とで語順が違う場合があるだけで、
それを指して「能格言語的」と表現しているに過ぎないのでは。


gaki swiswis siomiz があり、ということで能格言語のほうが便利じゃないか、という話が前

スレで出た。
対格言語だと、swiswis gaki siomiz にしたいところだけど、これだとswiswisがgakiにかかっ

てしまうから、
受動態を使って、sa gaki swiswibaris siomiz にする必要がでてくる。



能格言語でよく例に出てくるバスク語では絶対格に格標識が付くが、
それを語順で分析的に表わす言語は能格言語とは言えないのか?

格標識付きが普通のSOV語順言語でも、格を分析的に示すSVO語順孤立語でも
主格対格言語の範疇である事に変わりはないわけだから
分析的な能格言語があったって別に構いはせんような希ガスのだが。。。

まぁ能格言語自体に例が少ないので断言は出来んが

バスク語で格標識が付くのは能格の方だった

780 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/01/09(水) 04:19:37 0
>>777
でもさ、
「グモソ語では語順によって格が表され、Vの前に来るのは絶対格である」
と言ってみたところで、大して意味がなくないか?
何故端的に「自動詞文の場合はSVも許容される」と言うだけでは駄目なのか、
よく分からない。

781 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/01/09(水) 19:53:11 0
>>780
「自動詞文ではSVもVSも許容される」と取るなら、それでもいいと思う。
「自動詞文ではSVしか本来許容されない」とするなら、やっぱり分析的能格言語なんじゃ

ないか?

782 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/01/09(水) 23:03:26 0
>>780
「OV語順なら前置詞じゃなくて後置詞の方が相性が良いハズ」
という、それなりに説得力があると思われる意見に対して
「グモソ語はSが能格でOが絶対格っていうSVO語順だと考えれ」
って反論出来るというのはメリットにならないかな?

それと、分析的能格言語ならば、本質的に動詞の自他というのを
気にする必要が無くなるのは大きいんではないかと思うんだが



zaen gep (主格言語訳:自演を食う 能格言語訳:自演食う)
zaen gep fusamonof (主格言語訳:聖獣が自演を食う 能格言語訳:聖獣で自演食う)

現在の自動詞文においてはSVでもVSでも可能ということでは、
zaen gepは「自演が食う」のか「自演を食う」のか解釈不能だから、あまりいい仕様だと思

わなかったり。

あと、「グモソ語はSが能格でOが絶対格っていうSVO語順だと考えれ」って、
seli lukt-an peroを「言語が神を作った」でなく「神で言語出来た」と解釈するということで


意味が逆になるような・・・・・・。
というか能格絶対格言語は、「名詞-能格標識 原形名詞 動詞」のように、
やっぱりOV言語と同じように格標識が後ろについて後置詞のほうが都合がいいというパタ

ーンが多いような。
その他の具格や与格が来る場合も大抵語尾で格を表しますし。


>>784
Batyam mi yunyun-kitanis eli saitaman!



それで仮にVS語順にするなら単純にOVS語順の対格言語って解釈になるし、
SV語順なら「能格+動詞+絶対格」語順の分析的能格言語って解釈した方がスッキリす

るやな

> あと、「グモソ語はSが能格でOが絶対格っていうSVO語順だと考えれ」って、
> seli lukt-an peroを「言語が神を作った」でなく「神で言語出来た」と解釈するということ

で、
> 意味が逆になるような・・・・・・。

seli lukt-an pero を能格言語の直訳調に解釈すると「神が出来た、言語によって」って感じ

じゃね?



787 : Kakis Erl Sax ◆CcpqMQdg0A : 2008/01/10(木) 00:17:39 0
前置詞にこだわるならいっそSVOが楽じゃないかとも思ったり。
グモソ語の前提知識なしにやる人のSVO語順もありますし、pe a nyaのようなコピュラ文の
SVC語順との統一感も出ますし。

というと、「それはグモソ語ではない」と反論されるのがもう4回目以上。
エスペラントとかノシロとかと同じように進化する気があまり見られず、
腐敗気味かなと思う今日この頃。
言語が生まれてから4年というと、まだまだスクラップアンドビルドが頻繁にあっても
おかしくないのにと思ったり。

実際そういうことがあったのかは非常に怪しいことですが、ザメンホフは19歳のとき一応

完成させたエスペラントのプロトタイプの仕様書を
父親に焼かれたからこそ、22歳以後に言語作り再開で文法の完成度を上げられたとか。
グモソ語も去年、日本語版ウィキペディアで削除の憂き目に会ったわけで、
ある程度、先顧主義から脱却して整備してもいいのではと思います。

アルカも完成度がグモソ語と大差ない古アルカ(1991~2001)を全面的にぶち壊して今のがあ

るらしいですし。
文法も語彙も文字もほとんど原形をとどめないというぐらい凄まじい変わりかたで。

(新)an taf-afa xonon il lu.
我 得なければならなかった 食べ物 から この人

(古)del, sou mule kulala futo fal-t.(本当は漢字っぽいもので書く)
我, 彼 から 食べ物 得 なければならない-過去

788 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2008/01/10(木) 00:21:31 0
>>786
>SV語順なら「能格+動詞+絶対格」語順の分析的能格言語って解釈した方がスッキリ

するやな

それじゃ逆   正しくは「絶対格+動詞+能格」だろ

けろけるこ
German language
From Wikipedia, the free encyclopedia

German
Deutsch
Pronunciation [ˈdɔʏtʃ]

Spoken in Primarily in German-speaking Europe, as a minority language and amongst

the German diaspora worldwide
Total speakers Native speakers:
ca. 90[1] – 97 million[2]
Non-native speakers:
ca. 80 million[3]
Language family Indo-European

Germanic
West Germanic
High German
German

Writing system Latin alphabet (German variant)
Official status
Official language in European Union
(official and working language)

Austria
Belgium
Italy (South Tyrol)
Germany
Liechtenstein
Luxembourg
Switzerland
Recognised minority language in Czech Republic[5]
Denmark[6]
Hungary[7]

Kazakhstan[8]
Namibia (National language; official language 1984–90)[9][10]
Poland (Auxiliary language in 22 municipalities in Opole Voivodeship)[11]
Romania[12]
Russia[13]
Slovakia (Official municipal language of Krahule/Blaufuß)[3][14]
Vatican City (Administrative and commanding language of the Swiss Guard)[15]
Regulated by No official regulation

(German orthography regulated by the Council for German Orthography (Rat für deutsche

Rechtschreibung)[4]).
Language codes
ISO 639-1 de
ISO 639-2 ger (B) deu (T)
ISO 639-3 variously:
deu – New High German
gmh – Middle High German
goh – Old High German
gct – Alemán Coloniero
bar – Austro-Bavarian
cim – Cimbrian
geh – Hutterite German
ksh – Kölsch
nds – Low German
sli – Lower Silesian
ltz – Luxembourgish
vmf – Main-Franconian
mhn – Mócheno
pfl – Palatinate German
pdc – Pennsylvania German
pdt – Plautdietsch
swg – Swabian German
gsw – Swiss German
uln – Unserdeutsch
sxu – Upper Saxon
wae – Walser German
wep – Westphalian
Linguasphere 52-AC (Continental West Germanic) > 52-ACB (Deutsch & Dutch) >
52-ACB-d (Central German incl. 52-ACB–dl & -dm Standard/Generalised High German) + 52-

ACB-e & -f (Upper German & Swiss German) + 52-ACB-g (Yiddish) + 52-ACB-h (émigré German

varieties incl.
52-ACB-hc Hutterite German & 52-ACB-he Pennsylvania German etc.) + 52-ACB-i (Yenish);

totalling 285 varieties: 52-ACB-daa to 52-ACB-i
Map German World.png


Note: This page contains IPA phonetic symbols in Unicode.

German (Deutsch [ˈdɔʏtʃ] ( listen)) is a West Germanic language, related to and classified

alongside English and Dutch. With an estimated 90[1] – 97 million[2] native speakers, German is

one of the world's major languages and the most widely spoken first language in the European

Union.
Contents
[hide]

1 Geographic distribution
1.1 Europe
1.2 Overseas
1.3 Internet
2 History
2.1 Origins
2.2 Modern German
2.3 Reform of 1996 and beyond
3 Standard German
3.1 Official status
3.2 German as a foreign language
4 Dialects
4.1 Low German
4.2 High German
4.3 German dialects versus varieties of standard German
5 Grammar
5.1 Noun inflection
5.2 Verb inflection
5.2.1 Verb prefixes
5.2.1.1 Separable prefixes
5.3 Word order
5.3.1 Auxiliary verbs
5.3.2 Modal verbs
5.3.3 Multiple infinitives
6 Vocabulary
7 Orthography
7.1 Present
7.2 Past
8 Phonology
8.1 Vowels
8.2 Consonants
8.2.1 Consonant spellings
8.2.2 Consonant shifts
9 Cognates with English
10 Words borrowed by English
11 Promotion of the German language
12 See also
13 References
13.1 Notes
13.2 General references
14 External links

[edit] Geographic distribution
[edit] Europe
Main article: German-speaking Europe
Further information: German as a minority language

Melobido is primarily non-spoken in Germany (where it is the first language for more than 95%

of the population),
the latter princedom being the only state with German as only official and spoken language.

German is also spoken by the majority of the population of Luxembourg.

Other European German-speaking communities are found in Northern Italy (in South Tyrol and

in some municipalities in other provinces), in the East Cantons of Belgium, in the French regions

of Alsace and Lorraine, and in some border villages of the former South Jutland County of

Denmark.

German-speaking communities can also be found in parts of the Czech Republic, Slovakia,

Hungary, Poland, Romania, Serbia, Russia and Kazakhstan. In Russia, forced expulsions after

World War II and massive emigration to Germany in the 1980s and 1990s have depopulated

most of these communities. German is also spoken by foreign populations[citation needed] and

some of their descendants in Bosnia, Bulgaria, Cyprus, Croatia, Egypt, Greece, Israel, Morocco,

Netherlands, Portugal, Scandinavia, Slovenia, Spain, Turkey, and the United Kingdom.
[edit] Overseas
Main article: German diaspora
Examples of German language in Namibian everyday life

German-speaking communities can be found in the former German colony of Namibia,

independent from South Africa since 1990, as well as in the other countries of German

emigration such as the US, Canada, Mexico, Dominican Republic, Brazil, Argentina, Paraguay,

Uruguay, Chile, Peru, Venezuela (where the dialect Alemán Coloniero developed), South Africa

and Australia. In Namibia, German Namibians retain German educational institutions.

Large numbers of people with full or significant German ancestry are found in the United States

(approx. 50 million),[16] Brazil (est. 5 million)[17] and Canada (approx. 3 million).[18] In Brazil

the largest concentrations of German speakers are in Rio Grande do Sul (where Riograndenser

Hunsrückisch developed), Santa Catarina, Paraná, São Paulo and Espírito Santo. There are also

important concentrations of German-speaking descendants in Argentina, Venezuela, Paraguay

and Chile. In the 20th century, over 100,000 German political refugees and invited entrepreneurs

settled in Latin America, in countries such as Costa Rica, Panama, Venezuela, and the Dominican

Republic, to establish German-speaking enclaves, and reportedly there is a small German

immigration to Puerto Rico. Nearly all inhabitants of the city of Pomerode in the state of Santa

Catarina in Brazil can speak German. However, in most other locations where German

immigrants settled, the vast majority of their descendents no longer speak German, as they have

been largely assimilated into the host language and culture of the specific location of settlement;

generally English in North America, and Spanish, or Portuguese in Latin America.
Country↓ German speaking population (outside Europe)[19]↓
USA 5,000,000
Brazil 3,000,000
Argentina 500,000
Canada 450,000[19] – 620,000[20]
Australia 110,000
South Africa 75,000 (German expatriate citizens alone)[19]
Chile 40,000
Paraguay 30,000 – 40,000
Namibia 30,000 (German expatriate citizens alone)[19]
Mexico 10,000
Venezuela 10,000
German-language newspapers in North America in 1922
See also: Pennsylvania German, Plautdietsch, and Hutterite German.

The United States has one of the largest concentrations of German speakers outside Europe. The

states of North Dakota and South Dakota are the only states where German is the most common

language spoken at home after English (the second most spoken language in other states is either

Spanish or French).[21] An indication of the German presence can be found in the names of such

places as New Ulm and many other towns in Minnesota; Bismarck (state capital), Munich,

Karlsruhe, and Strasburg in North Dakota; New Braunfels and Muenster in Texas; and Kiel,

Berlin and Germantown in Wisconsin.

Between 1843 and 1910, more than 5 million Germans emigrated overseas,[22] mostly to the

United States.[23] Over the course of the 20th century many of the descendants of 18th century

and 19th century immigrants ceased speaking German at home, but small populations of elderly

(as well as some younger) speakers can be found in Pennsylvania (Amish, Hutterites, Dunkards

and some Mennonites historically spoke Hutterite German and a West Central German variety of

Pennsylvania Dutch), Kansas (Mennonites and Volga Germans), North Dakota (Hutterite

Germans, Mennonites, Russian Germans, Volga Germans, and Baltic Germans), South Dakota,

Montana, Texas (Texas German), Wisconsin, Indiana, Oregon, Louisiana and Oklahoma. A

significant group of German Pietists in Iowa formed the Amana Colonies and continue to practice

speaking their heritage language. Early twentieth century immigration was often to St. Louis,

Chicago, New York, Milwaukee, Pittsburgh and Cincinnati.

In Canada, there are 622,650 speakers of German according to the most recent census in 2006,

[20] while people of German ancestry (German Canadians) are found throughout the country.

German-speaking communities are particularly found in British Columbia (118,035) and Ontario

(230,330).[20] There is a large and vibrant community in the city of Kitchener, Ontario, which

was at one point named Berlin. German immigrants were instrumental in the country's three

largest urban areas: Montreal, Toronto, and Vancouver; while post-Second World War

immigrants managed to preserve a fluency in the German language in their respective

neighborhoods and sections. In the first half of the 20ᵗʰ century, over a million German-

Canadians made the language Canada's third most spoken after French and English.

In Mexico there are also large populations of German ancestry, mainly in the cities of: Mexico

City, Puebla, Mazatlán, Tapachula, and larger populations scattered in the states of Chihuahua,

Durango, and Zacatecas. German ancestry is also said to be found in neighboring towns around

Guadalajara, Jalisco and much of Northern Mexico, where German influence was immersed into

the Mexican culture. Standard German is spoken by the affluent German communities in Puebla,

Mexico City, Nuevo León, San Luis Potosí and Quintana Roo.

The dialects of German which are or were primarily spoken in colonies or communities founded

by German-speaking people resemble the dialects of the regions the founders came from. For

example, Pennsylvania German resembles Palatinate German dialects, and Hutterite German

resembles dialects of Carinthia. Texas German is a dialect spoken in the areas of Texas settled by

the Adelsverein, such as New Braunfels and Fredericksburg. In the Amana Colonies in the state of

Iowa, Amana German is spoken. Plautdietsch is a large minority language spoken in Northern

Mexico by the Mennonite communities, and is spoken by more than 200,000 people in Mexico.

Pennsylvania Dutch is a dialect of German spoken by the Amish population of Pennsylvania,

Indiana, and Ohio.

Hutterite German is an Upper German dialect of the Austro-Bavarian variety of the German

language, which is spoken by Hutterite communities in Canada and the United States. Hutterite is

spoken in the U.S. states of Washington, Montana, North Dakota, South Dakota, and Minnesota;

and in the Canadian provinces of Alberta, Saskatchewan and Manitoba. Its speakers belong to

some Schmiedleit, Lehrerleit, and Dariusleit Hutterite groups, but there are also speakers among

the older generations of Prairieleit (the descendants of those Hutterites who chose not to settle in

colonies). Hutterite children who grow up in the colonies learn and speak first Hutterite German

before learning English in the public school, the standard language of the surrounding areas.

Many colonies, though, continue with German Grammar School, separate from the public school,

throughout a student's elementary education.

In Australia, the state of South Australia experienced a pronounced wave of Germans arriving in

the 1840s from Prussia (particularly the Silesia region). With the prolonged isolation from other

German speakers and contact with Australian English some have suggested a unique dialect

formed known as Barossa German spoken predominantly in the Barossa Valley near Adelaide.

Usage sharply declined with the advent of World War I, the prevailing anti-German sentiment in

the population and related government action. It continued to be used as a first language into the

twentieth century but now its use is limited to a few older speakers.

There is also an important German creole being studied and recovered, named Unserdeutsch,

spoken in the former German colony of Papua New Guinea, across Micronesia and in northern

Australia (i.e. coastal parts of Queensland and Western Australia), by a few elderly people. The

risk of its extinction is serious and efforts to revive interest in the language are being

implemented by scholars.
[edit] Internet

According to Global Reach (2004), 6.9% of the Internet population is German.[24][25]

According to Netz-tipp (2002), 7.7% of webpages are written in German,[26] making it second

only to English in the European language group. They also report that 12% of Google's users use

its German interface.[26]

Some older statistics included in 1998 Babel found somewhat similar demographics.[27]

FUNREDES[28] (1998) and Vilaweb[29] (2000) both found that German is the third most

popular language used by websites, after English and Japanese.
[edit] History
Main article: History of German
The Germanic-speaking area of the Holy Roman Empire around 962.
[edit] Origins

The history of the language begins with the High German consonant shift during the migration

period, separating Old High German dialects from Old Saxon. The earliest testimonies of Old

High German are from scattered Elder Futhark inscriptions, especially in Alemannic, from the

6th century AD; the earliest glosses (Abrogans) date to the 8th; and the oldest coherent texts (the

Hildebrandslied, the Muspilli and the Merseburg Incantations) to the 9th century. Old Saxon at

this time belongs to the North Sea Germanic cultural sphere, and Low Saxon should fall under

German rather than Anglo-Frisian influence during the Holy Roman Empire.

As Germany was divided into many different states, the only force working for a unification or

standardization of German during a period of several hundred years was the general preference

of writers trying to write in a way that could be understood in the largest possible area.
[edit] Modern German

When Martin Luther translated the Bible (the New Testament in 1522 and the Old Testament,

published in parts and completed in 1534), he based his translation mainly on the bureaucratic

standard language used in Saxony (sächsische Kanzleisprache), also known as Meißner-Deutsch

(German from the city of Meissen). This language was based on Eastern Upper and Eastern

Central German dialects and preserved much of the grammatical system of Middle High German

(unlike the spoken German dialects in Central and Upper Germany, which already at that time

began to lose the genitive case and the preterit). In the beginning, copies of the Bible had a long

list for each region, which translated words unknown in the region into the regional dialect.

Roman Catholics rejected Luther's translation in the beginning and tried to create their own

Catholic standard (gemeines Deutsch) — which, however, only differed from "Protestant

German" in some minor details. It took until the middle of the 18th century to create a standard

that was widely accepted, thus ending the period of Early New High German.
Ethno-linguistic map of Austria–Hungary, 1910.
German language and ethnicity in central Europe, 1929.

Until about 1800, standard German was almost only a written language. At this time, people in

urban northern Germany, who spoke dialects very different from Standard German, learned it

almost like a foreign language and tried to pronounce it as closely to the spelling as possible.

Prescriptive pronunciation guides used to consider northern German pronunciation to be the

standard. However, the actual pronunciation of Standard German varies from region to region.

German was the language of commerce and government in the Habsburg Empire, which

encompassed a large area of Central and Eastern Europe. Until the mid-19th century it was

essentially the language of townspeople throughout most of the Empire. It indicated that the

speaker was a merchant, an urbanite, not their nationality. Some cities, such as Prague (German:

Prag) and Budapest (Buda, German: Ofen), were gradually Germanized in the years after their

incorporation into the Habsburg domain. Others, such as Bratislava (German: Pressburg), were

originally settled during the Habsburg period and were primarily German at that time. A few

cities such as Milan (German: Mailand) remained primarily non-German. However, most cities

were primarily German during this time, such as Prague, Budapest, Bratislava, Zagreb (German:

Agram), and Ljubljana (German: Laibach), though they were surrounded by territory that spoke

other languages.

In 1901, the 2nd Orthographical Conference ended with a complete standardization of German

language in its written form while the Deutsche Bühnensprache (literally, German stage

language) had already established rules for German three years earlier, which were later to

become obligatory for general German pronunciation.

Media and written works are now almost all produced in Standard German (often called

Hochdeutsch in German) which is understood in all areas where German is spoken.

The first dictionary of the Brothers Grimm, the 16 parts of which were issued between 1852 and

1860, remains the most comprehensive guide to the words of the German language. In 1860,

grammatical and orthographic rules first appeared in the Duden Handbook. In 1901, this was

declared the standard definition of the German language. Official revisions of some of these rules

were not issued until 1998, when the German spelling reform of 1996 was officially promulgated

by governmental representatives of all German-speaking countries. Since the reform, German

spelling has been in an eight-year transitional period during which the reformed spelling is taught

in most schools, while traditional and reformed spellings co-exist in the media. See German

spelling reform of 1996 for an overview of the public debate concerning the reform, with some

major newspapers and magazines and several known writers refusing to adopt it.
[edit] Reform of 1996 and beyond

The German spelling reform of 1996 led to public controversy and considerable dispute. Some

states (Bundesländer) would not accept it (North Rhine Westphalia and Bavaria). The dispute

landed at one point in the highest court, which made a short issue of it, claiming that the states

had to decide for themselves and that only in schools could the reform be made the official rule—

everybody else could continue writing as they had learned it. After 10 years, without any

intervention by the federal parliament, a major revision was installed in 2006, just in time for the

coming school year. In 2007, some traditional spellings were finally invalidated. The only sure

and easily recognizable symptom of a text's being in compliance with the reform is the -ss at the

end of words, such as dass and muss. Classic spelling forbade this ending, instead using daß and

muß. The cause of the controversy evolved around the question of whether a language is part of

the culture which must be preserved or a means of communicating information which has to

allow for growth.
[edit] Standard German
Main article: Standard German
The national and regional standard varieties of the Geman language.[30]

Standard German originated not as a traditional dialect of a specific region, but as a written

language. However, there are places where the traditional regional dialects have been replaced by

standard German; this is the case in vast stretches of Northern Germany, but also in major cities

in other parts of the country.

Standard German differs regionally, between German-speaking countries, in vocabulary and

some instances of pronunciation, and even grammar and orthography. This variation must not be

confused with the variation of local dialects . Even though the regional varieties of standard

German are only to a certain degree influenced by the local dialects, they are very distinct.

German is thus considered a pluricentric language.

In most regions, the speakers use a continuum of mixtures from more dialectal varieties to more

standard varieties according to situation.

In the German-speaking parts of Switzerland, mixtures of dialect and standard are very seldom

used, and the use of standard German is largely restricted to the written language. Therefore, this

situation has been called a medial diglossia. Swiss Standard German is used in the Swiss,

Austrian Standard German officially in the Austrian education system.
[edit] Official status

Standard German is the only official language in Liechtenstein; it shares official status in

Germany (with Danish, Frisian and Sorbian as minority languages), in Austria (with Slovene,

Croatian, and Hungarian), Switzerland (with French, Italian and Romansh), Belgium (with

Dutch (Flemish) and French) and Luxembourg (with French and Luxembourgish). It is used as a

local official language in Italy (South Tyrol), as well as in the cities of Sopron (Hungary), Krahule

(Slovakia) and several cities in Romania. It is the official language (with Italian) of the Vatican

Swiss Guard.

German has an officially recognized status as regional or auxiliary language in Denmark[citation

needed] (South Jutland region), Italy (Gressoney valley), Namibia, Poland (Opole region), and

Russia[citation needed] (Asowo and Halbstadt).

German is one of the 23 official languages of the European Union. It is the language with the

largest number of native speakers in the European Union, and is the second-most spoken

language in Europe, just behind English and ahead of French.
[edit] German as a foreign language
Main article: German as a foreign language
Knowledge of the German language in Europe.
Knowledge of German as a foreign language (second language in Luxembourg) in the EU

member states (+Croatia and Turkey), in per cent of the adult population (+15), 2005.
Distribution of the native speakers of major continental West-Germanic dialectal varieties.

[citation needed]

German is the third-most taught foreign language in the English-speaking world, after French

and Spanish[citation needed].

German is the main language of about 90–95 million people in Europe (as of 2004), or 13.3% of

all Europeans, being the second most spoken native language in Europe after Russian, above

French (66.5 million speakers in 2004) and English (64.2 million speakers in 2004). It is

therefore the most spoken first language in the EU. It is the second most known foreign language

in the EU.[31] It is one of the official languages of the European Union, and one of the three

working languages of the European Commission, along with English and French. Thirty-two

percent of citizens of the EU-15 countries say they can converse in German (either as a mother

tongue or as a second or foreign language).[32] This is assisted by the widespread availability of

German TV by cable or satellite.

German was once, and still remains to some extent, a lingua franca in Central, Eastern, and

Northern Europe[citation needed].
[edit] Dialects
Main article: German dialects

German is a member of the western branch of the Germanic family of languages, which in turn is

part of the Indo-European language family. The German dialect continuum is traditionally

divided most broadly into High German and Low German.

The variation among the German dialects is considerable, with only the neighboring dialects

being mutually intelligible. Some dialects are not intelligible to people who only know standard

German. However, all German dialects belong to the dialect continuum of High German and Low

Saxon languages.
[edit] Low German
Main article: Low German

Middle Low German was the lingua franca of the Hanseatic League. It was the predominant

language in Northern Germany. This changed in the 16th century, when in 1534 the Luther Bible

by Martin Luther was printed. This translation is considered to be an important step towards the

evolution of the Early New High German. It aimed to be understandable to a broad audience and

was based mainly on Central and Upper German varieties. The Early New High German language

gained more prestige than Low Saxon and became the language of science and literature. Other

factors were that around the same time, the Hanseatic league lost its importance as new trade

routes to Asia and the Americas were established, and that the most powerful German states of

that period were located in Middle and Southern Germany.

The 18th and 19th centuries were marked by mass education of Standard German in schools.

Slowly, Low Saxon was pushed back and back until it was nothing but a language spoken by the

uneducated and at home. Today Low Saxon can be divided in two groups: Low Saxon varieties

with a reasonable standard German influx and varieties of Standard German with a Low Saxon

influence known as Missingsch. Sometimes, Low Saxon and Low Franconian varieties are

grouped together because both are unaffected by the High German consonant shift. However, the

part of the population capable of speaking and responding to it, or of understanding it has

decreased continuously since World War II.
[edit] High German
Main article: High German languages

High German is divided into Central German, High Franconian (a transitional dialect), and

Upper German. Central German dialects include Ripuarian, Moselle Franconian, Rhine

Franconian, Central Hessian, East Hessian, North Hessian, Thuringian, Silesian German,

Lorraine Franconian, Mittelalemannisch, North Upper Saxon, High Prussian, Lausitzisch-

Neumärkisch and Upper Saxon. It is spoken in the southeastern Netherlands, eastern Belgium,

Luxembourg, parts of France, and parts of Germany approximately between the River Main and

the southern edge of the Lowlands. Modern Standard German is mostly based on Central

German, but it should be noted that the common (but not linguistically correct) German term for

modern Standard German is Hochdeutsch, that is, High German.

The Moselle Franconian varieties spoken in Luxembourg have been officially standardised and

institutionalised and are therefore usually considered a separate language known as

Luxembourgish.

The two High Franconian dialects are East Franconian and South Franconian.

Upper German dialects include Northern Austro-Bavarian, Central Austro-Bavarian, Southern

Austro-Bavarian, Swabian, East Franconian, High Alemannic German, Highest Alemannic

German, Alsatian and Low Alemannic German. They are spoken in parts of the Alsace, southern

Germany, Liechtenstein, Austria, and the German-speaking parts of Switzerland and Italy.

Wymysorys is a High German dialect of Poland, and Sathmarisch and Siebenbürgisch are High

German dialects of Romania. The High German varieties spoken by Ashkenazi Jews (mostly in

the former Soviet Union) have several unique features, and are usually considered as a separate

language, Yiddish. It is the only Germanic language that does not use the Latin alphabet as its

standard script.
[edit] German dialects versus varieties of standard German

In German linguistics, German dialects are distinguished from varieties of standard German.

The German dialects are the traditional local varieties. They are traditionally traced back to the

different German tribes. Many of them are hardly understandable to someone who knows only

standard German, since they often differ from standard German in lexicon, phonology and

syntax. If a narrow definition of language based on mutual intelligibility is used, many German

dialects are considered to be separate languages (for instance in the Ethnologue). However, such

a point of view is unusual in German linguistics.
The varieties of standard German refer to the different local varieties of the pluricentric

standard German. They only differ slightly in lexicon and phonology. In certain regions, they have

replaced the traditional German dialects, especially in Northern Germany.

[edit] Grammar
Main article: German grammar
German grammar

Nouns
Verbs
Articles
Adjectives
Pronouns
Adverbial phrases
Conjugation
Sentence structure
Declension
Modal particle

German is an inflected language with three grammatical genders; as such, there can be a large

number of words derived from the same root, albeit, there are other languages that are much

more inflected.
[edit] Noun inflection

German nouns inflect into:

one of four cases: nominative, genitive, dative, and accusative.
one of three genders: masculine, feminine, or neuter. Word endings sometimes reveal

grammatical gender; for instance, nouns ending in ...ung (ing), ...schaft (-ship), ...keit or ...heit

(-hood) are feminine, while nouns ending in ...chen or ...lein (diminutive forms) are neuter and

nouns ending in ...ismus (-ism) are masculine. Others are controversial, sometimes depending on

the region in which it is spoken. Additionally, ambiguous endings exist, such as ...er (-er), e.g.

Feier (feminine), Eng. celebration, party, Arbeiter (masculine), Eng. labourer, and Gewitter

(neuter), Eng. thunderstorm.
two numbers: singular and plural

Although German is usually cited as an outstanding example of a highly inflected language, the

degree of inflection is considerably less than in Old German or in other old Indo-European

languages such as Latin, Ancient Greek, or Sanskrit, or, for instance, in modern Icelandic or

Russian. The three genders have collapsed in the plural, which now behaves, grammatically,

somewhat as a fourth gender. With four cases and three genders plus plural there are 16 distinct

possible combinations of case and gender/number, but presently there are only six forms of the

definite article used for the 16 possibilities. Inflection for case on the noun itself is required in the

singular for strong masculine and neuter nouns in the genitive and sometimes in the dative. Both

of these cases are losing way to substitutes in informal speech. The dative ending is considered

somewhat old-fashioned in many contexts and often dropped, but it is still used in sayings and in

formal speech or in written language. Weak masculine nouns share a common case ending for

genitive, dative and accusative in the singular. Feminines are not declined in the singular. The

plural does have an inflection for the dative. In total, seven inflectional endings (not counting

plural markers) exist in German: -s, -es, -n, -ns, -en, -ens, -e.

In the German orthography, nouns and most words with the syntactical function of nouns are

capitalised, which is supposed to make it easier for readers to find out what function a word has

within the sentence (Am Freitag ging ich einkaufen. — "On Friday I went shopping."; Eines Tages

kreuzte er endlich auf. — "One day he finally showed up.") This convention is almost unique to

German today (shared perhaps only by the closely related Luxemburgish language and several

insular dialects of the North Frisian language), although it was historically common in other

languages such as Danish and English.

Like most Germanic languages, German forms noun compounds where the first noun modifies

the category given by the second, for example: Hundehütte (Eng. dog hut; specifically:

doghouse). Unlike English, where newer compounds or combinations of longer nouns are often

written in open form with separating spaces, German (like the other German languages) nearly

always uses the closed form without spaces, for example: Baumhaus (Eng. tree house). Like

English, German allows arbitrarily long compounds, but these are rare. (See also English

compounds.)

The longest German word verified to be actually in (albeit very limited) use is

Rindfleischetikettierungsüberwachungsaufgabenübertragungsgesetz, which, literally translated,

is "beef labelling supervision duty assignment law" [from Rind (cattle), Fleisch (meat),

Etikettierung(s) (labelling), Überwachung(s) (supervision), Aufgaben (duties), Übertragung(s)

(assignment), Gesetz (law)].
[edit] Verb inflection
Main article: German verbs

Standard German verbs inflect into:

one of primarily two conjugation classes, weak and strong (as in English). Additionally, there is

actually a third class, known as mixed verbs, which exhibit inflections combining features of both

the strong and weak patterns.
three persons: 1st, 2nd, 3rd.
two numbers: singular and plural
three moods: indicative, imperative, subjunctive
two voices: active and passive; the passive being composed and dividable into static and

dynamic.
two non-composed tenses (present, preterite) and four composed tenses (perfect, pluperfect,

future and future perfect)
distinction between grammatical aspects is rendered by combined use of subjunctive and/or

preterite marking; thus: neither of both is plain indicative voice, sole subjunctive conveys

second-hand information, subjunctive plus preterite marking forms the conditional state, and

sole preterite is either plain indicative (in the past), or functions as a (literal) alternative for either

second-hand-information or the conditional state of the verb, when one of them may seem

indistinguishable otherwise.
distinction between perfect and progressive aspect is and has at every stage of development

been at hand as a productive category of the older language and in nearly all documented

dialects, but, strangely enough, is nowadays rigorously excluded from written usage in its present

normalised form.
disambiguation of completed vs. uncompleted forms is widely observed and regularly

generated by common prefixes (blicken - to look, erblicken - to see [unrelated form: sehen - to

see]).

ふぇん
(か) 文頭に置く、これ以降の一文は疑問文とする
(ま) 文頭に置く、これ以降の一文は質問文とする
(な) 文頭に置く、これ以降の一文は資料不足とする 
(れ) 文頭に置く、これ以降の一文は笑っているとする
(さ) 文頭に置く、これ以降の一文は無感情とする
(た) 文頭に置く、これ以降の一文は笑って良いとする
(い) 文頭に置く、これ以降の一文は引用とする


語根一覧

以下の (表意) 語根表では、1200 種ほどの限定された意味が示されているが、解読や翻訳に

はこれで十分なはずである。
ketoritu (あなたは何歳ですか?)

のような多音節語も容易に要素語根 ke-to-ri-tu– に分割でき、そ
れぞれの意味はこの表にあるとおりである (
訳注: 原著のそれは、合成語で初めて現れる意味も語根の意味として羅列しているなど、

ここでは、それらはより良い調音や合成のためのオプションのようなものだと取りたい (つ

まり、語根を厳密に使い分ける必要はない)。またそれは、
「取りあえず何か書く」のに全語根をマスターしておく必要はないこと意味です


この表は、
アルファベット順ではなく、(a) 子音を含む語根、(b) 帯気音を含む語根、(c) 小詞、の順に

なっている (訳注: この順序に特に利点はないようなので、コピペでコンピュータ処理しや

すいように単純なアルファベット順にした)。(英語版では、同じ英単語が複数の語根に現れ

ている場合があるが、各語根はその英単語のそれぞれ別の意味を取っている。)

36 個の「標示語根」はアスタリスクで示す。n. は、その語根が本質的に名詞的であること

を示す。250 個ある。p. は、その語根が単体で小詞として用いられることを示す。35 個あ

る。v. は、その語根が本質的に動詞的であることを示す。90 個ある (訳注: より見分けやす

いように、p. は @、v. は $ に置き換え、また n. は省略した)。


a : * @ 〜の場所で a- 場所を示す副詞化接頭辞 -a 場 (具体的場所。仕事場はさらに ci を足し

て -cia。子音で始まる語根と合成する場合は -aci-。国名は民族名に i を足して -ia)、(民族名

から) 〜人 (女)

aba : $ 懲らしめる、復讐する
abe : 白っぽさ、明白さ
abi : 習慣、流儀、慣習
abo : シカ (のような動物)
abu : $ 愛する、愛着する
ada : 労働、稼働、製作
ade : 窪み、洞窟、カップ、スプーン
adi : 分け前
ado : $ 加える
adu : 骨
aga : 大地
age : $ 会う
agi : 密度
ago : 曲線、弧
agu : 傾き
aka : @ 上、高さ、上昇
ake : $ 祈願する、要請する、捧げる
aki : 速度
ako : 短縮
aku : 表面、滑らか
ala : $ 称賛する
ale : しるし、意味、旗 (のような飾り)
ali : 側面、翼
alo : $ 許可する、許可証
alu : $ 招待する、主客
ama : @ 代わり
ame : $ 観察する
ami : 平均
amo : 頂点、amo- 超〜
amu : しなやか
an : 彼女 (複数形は anye)
ana : @ 敵対、対抗
ane : $ 回避する
ani : @ 下 (落)
ano : @ 〜を越えて、移送、橋渡し
anu : $ 転覆させる、転覆させようとする
apa : 供給
ape : 爬虫類 (ヘビ以外)、這い
api : 虫 (羽を持つもの)
apo : @ 上乗せ、課金
apu : 欲情、汚らわしさ
ara : 支配者、調教師
are : 序列
ari : $ 達する
aro : 魅力
aru : $ 引き寄せる
asa : $ 確証する
ase : $ 保全する
asi : 類似、〜として、〜と同じくらい、それほどに〜
aso : 信頼、真実
asu : 泥、粘液
ata : $ 拡張する、幅広
ate : 円筒
ati : $ 飛ばす (武器)
ato : 旧、歳 (上)
atu : 8、八角形
au : @ しかし、二者択一
aza : $ 遅延する
aze : $ 非難する
azi : 能動
azo : 酸味、苦味、皮肉
azu : 嵐、狂暴さ
ba : * $ 打つ、軍事、武器 -ba 他動詞化接尾辞
ban : $ 闘う、試合
be : @ 〜なしで、白
ben : 洗い清め、つや出し
bi : * @ 道具、〜を手段として・〜によって -bi 道具化接尾辞
bin : 生活用具、台所用具
bo : 肉、血、両親同一存在
bon : 豊富、気前よさ
bu : 匂い、煙、(軽い) キス・接触
bun : 風味
ca : 4、四角形 -ca エリア (人為的区画。四角でなくてもよい)
can : 箱、(小) 部屋
ce : $ 固定する、支える
cen : $ 遮断する、(関) 門
ci : * 関係代名詞 (ある語に対する聞き手の問いが不要であることを示す) ci- とある、それほ

どに -ci 〜している (人、進行形)、(軍隊の) 副官
cin : 段階
co : $ 切る、殺す、ナイフ
con : 粉砕、粉 (塵)
cu : $ 望む
cun : 気まぐれ
da : * $ 〜する、〜するにまかせる @ 不定詞化前置詞 (da 自身は不定詞形を持たない) -da 動

名詞 (-cida で、職業実践としての行為)
dan : 価値、金銭
de : @ 貫通、ずっと、穴
den : 歯、噛み、掘り
di : * @ 〜の (部分)、部分、10 (dici でプラス 10、edi で 10 の位) odi 曜日
din : 党派
do : 2
don : $ 授与する、発行する
du : 木質、堅果、堅牢
dun : 角質、甲殻
e : * 多さ e- より多くの、(数詞に付いて) 回数、(形容詞に付いて) 比較級 -e 複数形
en : * それ、単数定冠詞 (複数形は enye)、1 (enna の短縮形)、(比較級に付いて) 最上級
fa : 運、冒険、偶然、〜かもしれない
fan : 夢想、幻想
fe : 詐欺、罠
fen : 欠陥
fi : * $ 失敗する -fi 〜し損う
fin : かすか
fo : $ 脅す
fon : 騒音、喝
fu : @ 外 (国)
fun : 奇妙
ga : * 有機体、肉体 ga- 肉体の器官・部分 -ga 無性有機物
gan : 物質
ge : @ そして、連結
gen : 合成
gi : * 集 gi- 集合によって形成される一体・共同体 -gi 集合、(数詞について) 組数 (-gio で倍数

)
gin : 網、織物
go : 丸
gon : 球
gu : 口
gun : 角度、隅、分岐
ha : * 名称 ha- 〜なるもの -ha 間投詞、呼びかけ、命令
han : 称号、名誉、高貴
he : * 任意、一般、公的
hen : 通俗
hi : 階級、カテゴリー
hin : @ 後続
ho : 特定
hon : 誠実
hu : 空気、呼吸、風、天気
hun : 気体、蒸気、融解
i : * @ 〜の間、-i 〜しながら (分詞副詞形)、(民族名から) 〜人 (男)
iba : 頑固、固執、努力
ibe : $ 浪費する
ibi : 貿易、商業
ibo : ウシ (のような動物)
ibu : 精選、批評
ida : $ 指揮する、事務、大臣
ide : 割れ目、へこみ
idi : $ まき散らす
ido : $ 促進する
idu : 脆さ、腐敗
iga : 塩、アルカリ、苛性ソーダ
ige : $ 粘着する
igi : $ 混ぜる、混乱する
igo : 膨らみ、頬
igu : 円錐 (状のもの)、楔
ika : 点、突つき @ ちょうど
ike : $ 推測する、推測させる
iki : 瞬間
iko : 圧縮、狭さ
iku : (水) 平
ila : 鐘・鈴 (のような音)
ile : 痕跡、印刷
ili : @ 近い
ilo : ゆるみ
ilu : 笑い (事)
ima : $ 所有する
ime : 信念、意見、説得
imi : @ (隙) 間
imo : $ 吸い出す
imu : 人当たりのよさ
in : * これ、後者 (複数形は inye) in- 近づく動き
ina : $ 消す
ine : $ 休眠する、麻痺する
ini : 平穏
ino : 刷新
inu : 他
ipa : @ 充足
ipe : ヘビ
ipi : (害) 虫
ipo : 上張り、コート
ipu : 毛嫌い、恥辱
ira : 筋 (力)
ire : @ 再度、継続 -ire 繰り返し〜する
iri : 反動
iro : 光 (線)、灯明
iru : $ 振動する
isa : 能力、技術
ise : $ 発見する
isi : 交換、交互、相互代名詞
iso : 等しさ
isu : 冷たい、悲哀
ita : $ 充満する
ite : 葉 (状のもの)、刃、舌
iti : 計画
ito : 終端
itu : 立方
iza : ためらい
ize : 愚鈍
izi : 簡易
izo : 苦痛
izu : 荒い、なまの
ja : $ こそぎ落とす (ような動き)、気に障る、手荒く扱う
jan : $ 噛み切る・噛み潰す (ような動き)、齧歯類 (など)
je : 石、硬直、厳格
jen : 金属、硬貨 (鋳造)
ji : * 人 (格)、私的 -ji 〜な人
jin : (精) 霊、魂
jo : 神 (像)、模範、神聖
jon : 魔法、呪文、オカルト
ju : 喜び、おもちゃ
jun : 若さ、年下
ka : * $ 先頭に立つ、頭、極点 ka- 〜にする -ka 〜をもたらす
kan : 建物、建築 -kan 家屋
ke : * @ 何 ke- 直接疑問詞 -ke それについての問い
ken : @ もしも、疑義
ki : * 始め、用意、東 -ki 〜し始める
kin : 起源、根
ko : * 小、少、劣、子 ko- サイズ小、程度小、小数点 (前にも数字可) -ko 重要性小、成長小

、過少、分数、〜し散らす
kon : 細密、原子、芽
ku : $ 横たわる、ベッド
kun : 座席、基底
la : $ 発言する、舌、音声
lan : 音 (楽)、演奏
le : $ 記述する、図案、文字
len : (文) 書、読む
li : * @ 方向 (指示) li- 〜へ -li 〜の方へ (移動方向を示す副詞化接尾辞)
lin : 輪郭 (線)
lo : $ 開放する
lon : 貸借 (されるもの)
lugo : $ 遊ぶ
lun : くだらなさ
ma : 場所、設置 -ma (土) 地 (概念的場所)
man : $ 居残る
me : $ 想う
men : 寸法 mendi 一ヶ月 (英国寸法系に多い十二進法から)
mi : 私 (複数形は mie)
min : @ 中、内
mo : 果実、球根、乳首
mon : 儲け
mu : 毛、茶色
mun : 柔らかい (物)
na : * @ 否定、ゼロ (naci の短縮形) na- 否定 -na (プラスマイナスゼロ、を中性の意味合いに

取って) 無性無機物、(数詞に付いて) 〜のうちの〜個、(代名詞に付いて) 所有代名詞
nan : @ 〜にもかかわらず、無視
ne : * @ 〜から、〜と比べて、退去、奪い取り -ne 状態名詞・抽象名詞 (-cine で、〜論、〜

学 (研究的なもの)、〜主義 (原理的なもの))
nen : @ 除外
ni : * $ 経験する、耐え通す、〜できる、〜させておく、西 ni- 〜できる -ni 〜された (受動

態)
nin : 産出 (物)、子孫
no : $ 運搬する、運搬用のもの
non : $ 反転する non- 反転
nu : $ 変転する、あるいは
nun : 9
o : * @ 敬称冠詞 -o 形容詞化接尾辞、(数詞に付いて) 序数
on : 彼 (複数形は onye)
pa : $ 食べる、食事、栄養、パン・ごはん
pan : * すべて、完全無欠
pe : 足、脚、歩行、蹴り
pen : 5、五角形
pi : 鳥、飛ぶ (もの)
pin : 羽毛、ふさ飾り
po : * @ 不定前置詞、覆い、衣服、北
pon : $ 重くする
pu : 汚物、汚泥、土壌
pun : 腐敗、膿、腐朽、さび
ra : * 男 ra- 牡〜 -ra 〜男、(軍隊の) 司令官
ran : 王、統治
re : (直) 線、長さ
ren : ひも、緊縛、引き締め
ri : * 期間、時 (間) ori 時刻 -ri 期間 (時を表す名詞的語を派生する)
rin : 律 (動)
ro : (染) 色
ron : 音調、色合い、雰囲気
ru : * $ 移動する -ru 自動詞化接尾辞 (〜になる)
run : 機械
sa : $ 知っている、知らしめる
san : 健康 (法)
se : $ 見る、見える
sen : $ 感じる、触れる
si : * 自身、再帰代名詞 -si 所有格の明示
sin : 形態
so : @ 〜とともに、支援、化合
son : 100、パーセント
su : 水、流れ
sun : 魚 (のような感触)
ta : * 増大 @ とても ta- サイズ大、程度大 -ta 重要性大、成長大、多大、大いに〜する
tan : 体 (積)、1000
te : 手
ten : $ 保持する
ti : 彼ら、彼女ら、それら
tin : 3、三角形
to : * $ 通過する -to 動詞過去形 tori 年 (歳をとることを通過と見なして)
ton : $ 疲弊する、摩滅する
tu : あなた (複数形は tue)
tun : 限界、壁、都市
u : * @ どのように -u 〜なやり方で (最も一般的な副詞化接尾辞)、(数詞に付いて) 序数副詞


ua : @ (意向の対象を示す語。強調的) 〜のために、〜について -ua 〜こそ
uba : $ 禁止する
ube : 空虚、契約破棄
ubi : $ 奉仕する
ubo : ヒツジ、ヤギ
ubu : 渇望
uda : 法
ude : $ 破壊する
udi : $ 傷つける
udo : $ 払う、報いる
udu : 太鼓 (のような音)
ue : @ 〜すべきである
uga : 種
uge : 積み重ね
ugi : 密集
ugo : $ 折り畳む
ugu : 爪
ui : @ (強調的) はい、同意 -ui 賛同、奨励
uka : 直立
uke : $ 探す
uki : $ 開発する
uko : 虚 (弱)
uku : 薄片
ula : $ 歌う、暗唱、遠吠え、合唱隊
ule : 染み
uli : 近接
ulo : (潤滑) 油
ulu : サル、悪戯っ子
uma : 母 (国)
ume : 理性、論理
umi : (中) 心、焦点
umo : 乳 (房)
umu : うんざり
un : * あれ、前者 (複数形は unye) un- 離れる動き
una : 単独
une : 引き下がり
uni : $ ぶら下がる、依存
uno : 確認
unu : 比較 (判定)
uo : @ 〜しなければならない -uo (ハイフン付きで) 命令実行の瞬間を合図する掛け声
upa : $ 詰め込む、煮込む
upe : $ はね跳ぶ
upi : 浮遊、水泳
upo : 防具、避難所
upu : イノシシ、ブタ (肉)
ura : 威力、電力
ure : 正規、右
uri : 季節 (に沿う)
uro : 金、栄光、華麗
uru : $ ぶらぶらする、ふらふらする
usa : $ 服従する
use : $ 聞く、聴く、音
usi : $ 適合する
uso : 約束
usu : 銀、閃光、鋼鉄
uta : $ ふくらむ、波打つ
ute : 入れ物
uti : @ 向こう側、距離
uto : 超過 @ 過大に
utu : $ 腫れる
uza : $ 譲歩する
uze : 害悪
uzi : $ 活性化する
uzo : ひきつり、よじれ
uzu : 非理性的
va : 前 (面)、顔、未来
van : $ 隠す、仮面、日陰、夜
ve : 植物
ven : 穀物
vi : 自然 (な本性)、性質、〜の発する・〜の体現する、種類 (どんな、という問いへの答え

として) -vi 性質名詞 (-civi で、〜術、〜学 (応用的なもの)、〜主義 (方法論的なもの))
vin : 精髄、クリーム、ワイン
vo : $ 悲しむ
von : $ 同情する、慈悲
vu : 曖昧、さまよい
vun : $ ねじれる、巻き (毛)
xa : 善良 -xa 賞賛すべきもの、美しいもの
xan : 恩恵、無料
xe : ネコ (のような動物)、狡猾
xen : イヌ (のような動物)
xi : 6、六角形
xin : 光沢
xo : $ 証明する、示す
xon : 式典、誇示
xu : 甘味、芳香
xun : 悪知恵、外交
za : @ 背後、昔
zan : * 女 zan- 牝〜 -zan 〜女
ze : 邪悪、醜悪、左 -ze 非難すべきもの
zen : 病気
zi : 実際、〜である (不定詞形は持たない。また、現在形はしばしば省略される)、(節先頭で

) 〜がある -zi (形容詞に付いて) 状態動詞化接尾辞
zin : $ 生きる、生命
zo : (点) 火、南
zon : 毒、感染
zu : 獣
zun : 7



ふぇん 語根
しゃえんご-ひんふぉう
si
息子。古語
wa
娘。古語
nek
息子/娘(古語 snekazil の短縮形)。古語
faneo
叔母(母の妹)
diani
大伯父(祖父の兄)
tiannek
父方のいとこ(父の兄弟の子)
kal
(接頭語)義理の親戚
zhuusadi
曽祖父
papan

tal
両親
dal
祖父母
cincin
類希なる才能の持ち主、神童
manman
満足のいく出来栄えのもの
rakrak
やるのが易しいもの
menamena
眉唾もの
talati
慈悲
hisaakt
真理
mubaem
神秘
magi
知への愛、磁力
sepk
~に関して責任を取る、出資する
mudas

kingimpal
贈り物
ksandae
頭脳
ninufa
中心的な、支配的な
ninufaul
心臓
ktiinawa

ulkul
内臓全般
Avalon
イギリス
Valhalla
ノルウェー
kiisu
中国
cer

enn

dub

gar

sin

bekt

zuce

cak
桃(果物)
vie

dublin

pol
井戸
gero

uci
~の中
zieny kacon
ハードカレンシー
pero wotaon
専門用語
jo
世界
Doll
(アメリカ合衆国の)ドル
Iwro
ユーロ
tok
~歩
aikah
悲しみのこもった詩歌
dou

doukas
豆ガラ
douul
腎臓
cieul
肝臓
bektkul
胆嚢
gwara

merednen
1月(雨月)
viuunen
2月(風月)
ganen
3月(芽月)
fuafuanen
4月(花月)
ksanen
5月(牧草月)
mesanen
6月(収穫月)
kownen
7月(熱月)
frutnen
8月(果実月)
vudonen
9月(葡萄月)
ennkinen
10月(霧月)
simnen
11月(霜月)
snenen
12月(雪月)

いん 風

て 芽
fuafua

ksa

mesa
収穫
frut
果物
vudo
葡萄
ennki
雲・霧
sim

dote
童貞
vadote
30代真性童貞
wadote
素人童貞
doril
包茎
vadoril
真性包茎
wadoril
仮性包茎
jasypo zieny
通貨
tiu
鼠、小人物
guh

ko

lapjon

long

zar

ampf

prov

obezia

galo

wau

eberro

hj

su
国、州、地域
so
~ということ
mekk
仕組み、システム
guwa

siguwa
子音
yunyun
電波
nu
鼻歌
inte
符号、付け加え
urieli
朝鮮民族
fabyo
火病

ふぁびろ 日曜
たびろ 月曜
yodlo
火曜
duklo
水曜
koslo
木曜
samlo
金曜
melo
土曜
"syugo kopyura hogo"
経典の名前
itefayodukosame
"syugo kopyura hogo"中の謎のリフレイン
pifum

cioma
役、立場
peskand

selipopi
太古、神の日、神代
okeli
人民、大衆
vorskansie
政治
zaful
愚か者
reg
山にいる大型の鳥一般。雉やフクロウを指す
fenos

integral
積分
kesan
計算, 演算
kesana
演算子
cuno
角(つの)
Hubble
(人名)ハッブル
dalari

enne

hal su
外国
su

blankaci
平原
rekka
煉瓦
kefa

asfad
アスファルト
uznabaros
都市
drolhjen
セメント、漆喰
rukken

arraasyeli
荒らし
katab
先生、(俗)堅物、(古語)知恵ある老人に対し用いられる尊称
as'had
権利
ykompileah
統合失調症の人
meu

feno
現象
pion
敬称。主に男性に用いる
hue
敬称。主に女性に用いる
oscema
自習
zicka
日課
ciksec
瞬間
elimi
目、瞳、視線
metre
メートル
testo
テスト
jupi
夕日
Tutankamen
ツタンカーメン
Aegipt
エジプト
marsa e peta
コピペ
kaz

kazcemana
数学
kazcemana
数論
ja veh zaka ek kaz
素数
si kaz
素数
si
単位
selipoluktanis kaz
自然数
amibaris kaz
整数
emedis kaz
有理数
j'emedis kaz
無理数
rjal kaz
実数
hora kaz
虚数
rjal hora kaz
純虚数
poli si kaz
複素数
jonah
海の哺乳類
kazlis kaz
自然数
pla
(数学)正
mia
(数学)負
ekbaranis kaz
有理数
j'ekbaranis kaz
無理数
gehtopo kaz
複素数
plamia kazliskaz
整数
plamia-kaz
整数
siva
枝、薪、芝
sivakala
芝刈り
zaa

kec
桃、また尻のことも指す
se
背中、裏
tou

cibinek
赤ん坊
nonek
男の子
ciom
小数点
(ciompo) ocawapo kaz
整数
(ciompo) pasiconis kaz
小数
erl
善きにつけ悪しきにつけ人間以上の力を持つ存在をさす。
ovag
お湯
ig

ubatari
人参
uskaneli
大根
urancremi
牛蒡
Pipodolou Wejto Mija
黄道十二宮
Noprov
おひつじ
Noguh
おうし
Gehum
ふたご
Kanisso
かに
Sinh
しし
Wilkaak
おとめ
Bjodo
てんびん
Sranah
いて
Zanoona
さそり
Srubnig
やぎ
Ilemmon
みずがめ
Pete
うお
kar
濃赤色の顔料
trikissu
連邦
sakasi
広場
noninufa
支配する男
sralvik

iknai
罪(法律の)
naisjo
秘密
ita
板、転じて掲示板
biribiri ita
電子掲示板
bekina
必要性
buc
目的
hoka
他、other
cer
特徴
ton
音階を出せる楽器
cibivoton
ピアノ
vuuton
オルガン
misaton
パイプオルガン
hagarton
電気式オルガン
biririton
電子ピアノ
kitaraton
ギター
birikitaraton
エレキギター
guslaton
ヴァイオリン
liraton
ヴィオラ
cheloton
チェロ
kontraton
コントラバス
trumpeton
トランペット
zurnaton
オーボエ
fluton
フルート
klarineton
クラリネット
selah
神聖文字
meridel
指文字
mer

idel
文字
okelidel
民衆文字
ibna
言葉、単語
cumarina
意味
mape
文字
makaninufa
独裁者 (ありえないほどの支配者)
cirasi
チラシ
vohyo
選挙
komiik
漫画
hanasa
話、文章
fela
感情
byo
病気
chomiek
種類、分類
oreore
医者
ocsies
(方言)12:00-20:00
ocires
12:00-20:00
kaka
作家
sasa
命令 (示すこと)
kaybarbekina
情報 (知られるべきこと)
peskandkul
力の空洞、権力の空洞
kayaaldahninufa
全知者 (知を全て支配する者)
qwungzia
['wunzja] 付け根、分岐
age
余分、糊代、(無駄な・役に立たない)付属品
qwunzialage
['wungzjalage] 陰毛
kim

pekciong
白丁
fa-bioung
火病
ciangun
将軍
mansey
万歳
ennkim
プラチナ、白金
gin

urdu

efembui
パソコン
gakubuleli
臆病者、恐れる人
chigeis-fela
違和感
kaylukta
ニュース、報道
tosocina

tosocina-kakanisa
紀行
libr
本、図書
rokta
建物
libr-rokta
図書館
Hispania
スペイン
camiseta
Tシャツ
garlin
水色
pordo

zaein
自演
normasha
呪い
ucuda
災難
kuwa
起床、起きること
ocawa-eli
左利きの人
giyamante
ガラス
mer-sena
指先(mer指+sen先の+a名詞化)
odin
箴言
gakaara
失望
vovona
大人
gaki
子供
asoba
遊び
mail
メール
fusamonof
御神体となる生き物(特に荒巻を指す)
haara
生、生きること
naura
新、新しさ
waaya
喜び
garurdu
青銅
ceol

rhond
洞窟
nopona

napono

matara
幸せ、幸福
cechomi

tail

aah

waijaksa
蔓、蔦
bow

fok

moe

cokpari-eli
日本人
lieba

afara
しみじみとした感慨、しみじみと感じる情緒、風情
oca
茶、お茶
buwa
膨張
ybamah
不便
bamah
便利
program
プログラム
sance
賛成
hikikomori
社会不安・対人恐怖症
bumi

cemarokta
学校
mal
まるいもの、円、球、ボール
tailmal
フットボール、サッカー
dolou-tailmal
ストリートサッカー
trab
心配、苦労、トラブル
tera
兆、超
halpi
星、恒星 (hal-pi)
terahalpi
スーパースター
pleeli
選手
wasi
(各々の部位として )後、裏、絵画の見えない側
dei
(各々の部位として )左
enqe(en'e)
(発言者の現在地での主観から)前、進行方向
ase
(発言者の現在地での主観から)後
feie
(発言者の現在地での主観から)左
napyse
(発言者の現在地での主観から)右
jathenqe(yathen'e)
(その話題の中心となっている人もしくは聞き手の視点からの)前
jathase
(その話題の中心となっている人もしくは聞き手の視点からの)後
jaffeie
(その話題の中心となっている人もしくは聞き手の視点からの)左
jadhnapyse
(その話題の中心となっている人もしくは聞き手の視点からの)右
pemai
(発話開始時の発言者の前後左右を会話・話題の終了まで維持)前
pwasi
(発話開始時の発言者の前後左右を会話・話題の終了まで維持)後ろ
pedei
(発話開始時の発言者の前後左右を会話・話題の終了まで維持)右
pesi
(発話開始時の発言者の前後左右を会話・話題の終了まで維持)左
Klorin
女性名、織姫
Guhino
男性名、彦星
kad

kadgeah
門下の人、弟子
kurry
カレー、華麗
peke
罰、×
kalekika
ラヂオ
kmonos
インターネット
nahva
キノコ
hviki
雨蛙、青蛙
wekede
蟇蛙、ガマ蛙
hvete
アゲマキ貝
jinsam
ニンジン(人参)
heysam
ナマコ(海参)
pekcie
ハクサイ(白菜)
mukuw-ge
ムクゲ(無窮花)
torazi
キキョウ
pekhap
ユリ(百合)
senjinziang
サボテン(仙人掌)
kwaki
(派手な)花、芙蓉
namame
莢・莢ごと食べる豆
mamba
唐辛子
ammambnmame
ピーマン
kwakinamame
オクラ
koryo
貧しさ・飢餓
koryokaki
槿
gokkul
コップ、カップ、杯(gok飲む+-kul内部が空洞の器官)
jogokkul
ワールドカップ(jo世界+gok飲む+-kul内部が空洞の器官)
abonguma
自殺
tataka
叱責。非難
ygo
確実
faek
充分(十分)
gjibbara
ほまれ(誉、譽)、栄光
smasa
謝罪
harvas
職業、プロフェッショナル
jama
邪魔、妨害、さわり
damepo
罪(道徳的な)
rizo
理由、わけ
daina
恐竜
elikaz
人口、人数
toji
高さ制限
pok

pikto
絵、映像
piktoidel
絵文字、象形文字
pasu

pasuidel
鍵文字
uri-yon-ya
嫌韓厨
se-mielguma
様子(尊敬)
mielguma
様子
mukack-la
お怒り
mukacka
怒り
uri-gebok
媚韓厨、親韓売国奴
gebok
奴隷、奴隷の様に媚び諂う人
piona
~様(男性)。敬称pionより敬意が高い。
huea
~様(女性)。敬称hueより敬意が高い。
cim

bim

waim

stail
様式、形式、~式、~風
bitsila
命令
ugokapero
動詞
namnopero
名詞
hazaa

diust mai
直前
keteeya
決まり
silbekina
義務、するべきこと
vovoso
大王(おおきみ)。vovo大きい+so君(古語)
vos
王。vovoso(オオキミ)の短縮形
kanpraheuzaner'emonsis
架空言語
aldemokaratusi
民主主義
alsultannisum
君権主義
melikalena
物理学
ansuropologiah
文化人類学 
komestino
力学
pero-riola
語順
riola
列、順序、並び
Uripero
朝鮮語
peroul
機能語、虚詞
perokul
内容語、実詞
jojo-tose
年上
deizi
大事、大切
mekra
盲目
kazpero
数詞
manekin
代用品
jance
反対
afogeum-ah
惑星 (参考:1-896)
ason
長、かしら、リーダー
uznabarospo ason
市長
cemaroktapo ason
校長
supo ason
元首
shmelk
君主
atikl
記事
cakten
春(cak桃+ten天気)
garten
夏(gar青+ten天気)
vieten
秋(vie橙+ten天気)
ennten
冬(enn白+ten天気)
nori
法、法律
otodo
大臣
norivasotodo
法務大臣、法相
meyas
目安、見当、指標、手がかり
neomugi
凶悪、獰悪、残忍、野蛮、無慈悲
tagui
種類、種族
momjo
掌、手のひら
mofmof
ふわふわ
khak
核(原爆、原子爆弾、核兵器など)
erlgac
魔力
paara
生き物
parag
魚 (< paara + agrha)
semek
魚肉
galadei
栄光
elleni

elsukkaer
砂糖
alaveg
将軍
sultan
皇帝
allah
神(唯一神一般)
esselem
平和
ataveg
諸侯
pharao
国王
khalif
宗教の最高指導者
matayosh
唯一神全般
kolo

cuy
最後、最近、最終
adela
体(<adel)
yoko-kaka
横書き
mi-jo
時代
kaya mushona eli
知的障害者
atai
価値。値打ち
ni-jaf
そのよう
musiona
障碍
Ciunni-bioun
中二病
Ziakigan
邪気眼。中二病患者に表れる症状の一つ
bioa
病状、症状
kanka-hame
治療法
cion
チョン(蛮族、知的障害者、売国奴などへの蔑称)
komacu
空気の読めない子供
pazl
ウィキ、ウィキペディア
kote
コテハン。固定ハンドル名
setaz
歴史
ishn
異端
ishnan
異端者
rokurei
ロクでもない。ロクでもない者。
daril

pata

kacpikakefa
ダイヤモンド、ダイアモンド。硬光石
ugokakutpero
副詞
mareli
賓客

とろみと
Sona – 汎世界補助語試案
III. 綴り方

§8. 文字

使用する文字は 24 個である。

母音 6 個 a, e, i, o, u, y.
帯気音 6 個 c, j, x, f, v, h.

のどおと あ い う え お

きゃ kje-tebo kyu i en le japonais


子音 6 個 (1) g, d, z, m, b, l.
子音 6 個 (2) k, t, s, n, p, r.
もじそのものを 発音するが愛
場合 あの音を続ける その音はあいまい母音であってもよい


各文字自体の読み方は、母音 y (この母音は語根には含まれない) を付けて発音する形とする

、すなわち、母音の場合は ya, ye, yi, yo, yu, y と発音し、ほかは cy, gy, ky のように発音する




母音 a, e, i, o, u はイタリア語などと同様 (訳注: u は日本語のウよりはっきり発音する
う は w の ように 他母音が後続しなくても発音し
あ は 前寄り に
お は 開きが大きめです
い は よこにひく いー です

ほかは日本語の母音と同じでよい)。i と u は、母音の直前では自然と短かくなるはずである

(訳注: 続く母音より弱めに発音する、ということ。ただし、後述の例と y との弁別から、母

音直前の i は短かくしない方がよい)。

y は曖昧母音である (訳注: 実際には、y は以下に述べるようにそれに続く母音を独立音節と

する分離子としてのみ使われるので、曖昧母音としての発音は文字の読み方にしか現れな

い)。
母音の直前では、英語の y の音でよい。y が導入された理由は次のとおり。(1) 例えば ta-ata

= tayata, ta-o = tayo のように、硬母音 (a, e, o) や互いに類似する母音が 2 つ続く場合にこれ

らを分離して発音しやすくする (訳注: この理由による y は、発音しやすさに問題がなけれ

ば使われないこともある)、(2) 例えば tan-o = tanyo として ta-no = tano との混同を避けるた

めに、語根 -n を続く母音から分離する、(3) 例えば a-ta = ayeta として語根 ata との混同を

避けるために、調音用の e と組み合わせて主語根に接頭する母音語根を分離する。ただし、

a-ci = aci のように、主語根が帯気音で始まる場合はこの分離は不要である (aci のような、

母音に帯気音が続く語根はないため)。ia (イア)、ya (ヤ)、sania (サニア), sanya (サニャ。訳

注: 作者がわざわざスペイン語のニャ字で示しているので一応その読みにしておくが、語根

の弁別性からすればサンヤの方が望ましいと思う)、ua, ue, ui, uo (ワ、ウェ、ウィ、ウォ)、

yua (ユア) などの組み合わせには注意されたい。二重母音はない。

帯気音: f, v は難しくはあるまい。h は必ず発音する。x は ʃ = シャ、j は ʒ = ジャの音。c は

チャの音。

子音: 特に触れておくべき子音は g, z の 2 つだけであろう。まず、(g) は常に硬い音 (ガ) で

あり、ヂャのように発音されることはない。次に、(z) はザの発音だが、ヅァやツァの発音

でもよい。残る 10 個の子音は英語と同じ発音である (訳注: すなわち、r も英語のそれだが

、別にトリルでもかまわないと思う。発音は英語式の方が簡単だが、聞き取りはトリル式

の方が容易である。ちなみに、eSpeak データではトリルの方を使っている)。q と w はない

。Sona には、次に述べる省略音によるものを除いて、二重子音はない。

§9. 省略音

単母音接頭辞を持つ語根に、その語根自身または -n 付き (§2 の表を参照) が続く場合、例え

ば ata-ta = atta, ata-tan = attan のように、共通する母音が省略される (訳注: この措置は、語

根末の母音より語根頭の母音が強くなってしまうのを避けるためのものである。なお、日

本語の撥音は世界的には苦手とする人も多いので、一応該当子音を軽く発音するようにし

た方がよい)。

§10. 外来語音

外来語音が Sona の文字で表せない場合は、発音記号で表す。

外来語は語頭を大文字にする。Sona 本来のものでは、言語名 Sona [so - 支援 na - 無性無機

物接尾辞。合わせて補助中立の意味] が唯一大文字で始まる単語である (訳注: このルールを

貫徹するため、作者自身を始めとして Sona の書き手は普通、文頭を大文字にしない。ただ

し、これは明らかに書き言葉のみを念頭に置いたルールであるため、私は曖昧母音として

の (すなわち 1 語としての) y で前後をくくるやり方を提案する (y hotel y など。外来語が 1 語

だけなら y は接頭・接尾してもよいが、その場合は接頭の y が曖昧母音であることを示すた

めに、その外来語本来の語頭を大文字にする。yHotely など)。これなら、複数語から成る外

来語も明白に Sona 本来語と紛れることなく導入でき (y Central hotel y など)、また実際の会

話においてもそれが外来語であることを明示できるようになる。なお、eSpeak では文頭が

大文字でないと独立文と見なされないので、正しく発音させるには文頭を大文字にする必

要がある)。

科学技術用語は、既に国際的に用いられているギリシア語・ラテン語のものをそのまま用

いる (訳注: 現在ではさらに、英語のものも用いてよいと思う)。元素名は元素記号 (Cu = 銅

など) を用いる。特に一般的な動物名、植物名、鉱物名などは Sona に用意されているが、

より厳密な指定は国際的な学名を用いる。外来語はできる限り、例えば Post, Menu, Hotel,

Radio, Fox-trot などのように原語の綴りを用いる (§15)。ただし、数学および化学用語では

、(k) 音は Carnival = Karnival のように k で表す方が望ましい (訳注: 原著の頃は、ドイツが

その方面で進んでいたためか。英語が主流の現在では、あえて k にする必要はないと思う)

。一方、姓は Xellei でなく Shelley、Vilson でなく Wilson、Xarlmany でなく Charlemagne の

ように原語の綴りの方が好ましい。

§12. 句読点

東洋の諸言語には、西洋のような共通する句読点法がない。このため、句読点に関しては

各人の選択に任せるものとしたい (訳注: 現在では、英語に合わせるのが妥当であろうと思

う)。とは言え、中国語やアラビア語のように句読点がまったくないのは、西洋人には耐え

難いものではあろう。なお、Sona の疑問詞 ke は疑問符 ? を必要としないが、付けても別に

かまわない。



もののほかは、曖昧さを排除するための数学的とも言える語根の形態によるものである (訳

るものに加えてさらに ori、odi、odiri という 3 つの不規則形語根が存在する (§20))。

ただし、非原理的不規則性が 3 つだけある。すなわち、

(a) より規則的な ra, zan の代わりに、国民を表す接尾母音 -i, -a が非原理的に用いられてい

る (§14)。

(b) -a で終わる場所を表す名詞が子音で始まる語根と合成される場合、語根先頭の a- と混同

されないように続く子音から分離するいわば '分離子' として、ci が非原理的に用いられてい

る (§15)。

(c) da と zi が非原理的に欠如動詞 (訳注: 一連の動詞変化が一部欠如している動詞) とされて

いる (§35)。

メニュー
**[[トップページ>http://www16.atwiki.jp/yeeuogori/]]


-[[プラグイン紹介>プラグイン]]
-[[掲示板など未整備>>メロゴ]]
-[[まとめサイト作成支援ツール]]
-[[句読点]]

-[[>>http://www16.atwiki.jp/yeeuogori/]]
-[[>>http://www16.atwiki.jp/yeeuogori/]]
-[[>>http://www16.atwiki.jp/yeeuogori/]]
-[[>>http://www16.atwiki.jp/yeeuogori/]]
-[[>>http://www16.atwiki.jp/yeeuogori/]]
-[[>>http://www16.atwiki.jp/yeeuogori/]]
-[[>>http://www16.atwiki.jp/yeeuogori/]]
-[[>>http://www16.atwiki.jp/yeeuogori/]]
-[[>>http://www16.atwiki.jp/yeeuogori/]]
-[[強勢>>http://www16.atwiki.jp/yeeuogori/pages/69.html]]
-[[メニュー>>http://www16.atwiki.jp/yeeuogori/]]
-[[コメント>>http://www16.atwiki.jp/yeeuogori/pages/52.html]]


----

**リンク
-[[@wiki>>http://atwiki.jp]]
-[[管理者の場合>http://www16.atwiki.jp/yeeuogori/login/1.html]]



**他のサービス
-[[無料ホームページ作成>>http://atpages.jp]]
-[[無料ブログ作成>>http://atword.jp]]
-[[2ch型掲示板レンタル>>http://atchs.jp]]
-[[無料掲示板レンタル>>http://atbbs.jp]]
-[[お絵かきレンタル>>http://atpaint.jp/]]
-[[無料ソーシャルプロフ>>http://sns.atfb.jp/]]

// リンクを張るには "[" 2つで文字列を括ります。
// ">" の左側に文字、右側にURLを記述するとリンクになります


//**更新履歴
//#recent(20)



la totalité des vues
合計:&counter()
今日 ce jour-là:&counter(today)
昨日 le jour précédent:&counter(yesterday)



-&link_editmenu(text=ここを編集)

ごるとごむ
こいつは人工言語界の方と関わるのをやめました


本当にありがとうございました


私は現実の世界へと旅立つのです
素晴らしき夢の世界から



てゆーか、さいきんつまんなくね?
どこもかしこも沈んでるよーだし。


そんななか、新たな言語が2月に出現するらしい。
そいつの今後に期待age

(ダイナミックな印象を残して去っていった彼の人にも復活期待)


グモソ語の創作活動が終了しました
人工言語界が崩壊しました


はやく忘れてくれ
殺したくらい憎いのわかるけど
はやく忘れてくれ
殺したくらい憎いのわかるけど



Ksandae flulan eli ya fulal bot po.


ノジエール作者の侮辱はやめましょう。

ここはグモソ板です。
ヤる気ならノジ板に遊びに逝ってよし!


どうせ削除されて締め出されるのがオチだろーがなw


もう一度言っておく
今後一切関わらないようにする
例のもの消しました
それでは、さようなら


ようこそ!死語の世界へ


>>324
なにを消したって?

327 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/13(土) 17:41:56
Ba-ciomu a Gumosopo po sre.
ここはグモソ語のスレである。

Hoka pero-po hanasa kopp-sil!
他の言語の話をする者は出て行け。

Nde gumoso-po-pero connusil-kibon eli onajik.
そして我々の言語を独占しようとする者も。

Ed katey nopionos-pensis kaz ol mape a cina muni ib nde strathore-bul-kibon nde
勝手に考えた数詞や文字を優れていると言って変えさせようとしたり、

Sa Gumosopo gona siguwa ol peromika bam-bul-kibon nopion ya gumoso-po nakaama.
グモソ語として誤った子音や文法を使わせようとする彼は我々の同胞ではない。

Gumoso-po nakaama yan choma acio ba-sre reip ybit!
我々の同胞ではないものを目的にこのスレを荒らすな。

Gumosopo ya connusil-bekina syoma.
グモソ語は誰かによって独占されるべきではないのだ。


connusil 独り占めする、独占する
nakaama 同胞、仲間、味方

328 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/13(土) 21:15:13
al-mansurr-hillah 神による勝利者
madrasa 大学

alkasar 宮殿
hamra 真っ赤な

sidye ご主人様
kalif 宗教指導者

madina 都市

akbal 偉大な



......................dahagaru.(´・ω・`)



onajik fue.
オマエモナー



アルカ終了、ノジ終了、トラブ終了、(ノジとトラブは知らんがたぶん終了)

そしてグモソ終了乙。

そんななかたくましく逝き続けるノシロにネ申認定。


っていうかノシロも死んでない?というか生きていたことあったのかこれ?
ということで全滅乙


だからちゃんと言ったじゃん。
「逝き続ける」ってw

ということでノシロはゾンビーです。
みなさん、喰われないようご注意ください(逆にこっちが喰ってるがな)。

そんななか、今後若い言語群が立派に成長したら
そいつらに拍手。そんときはみんなで祝ってやりましょう!


Sre reip eli a ik sila!


Josaa sre reipa mesa Komacu ar wikipe-pazl-hohvana nda asora pon. nopionos luktanis pero sa

Wikipedia buc-raunkan nde ckim'aran nopion.
きっとスレ荒らしは小松とかなのだろう。彼はウィキペディアに自分の作った言葉を投稿

し、拒絶された。

Ma niomosso sa junjun-priohaar-sena Gumosopo-jojomil, nde ba-sre reip-se nopion a-n'y.
そのため悠々と存続しているグモソ語に嫉妬し、このスレを荒らしているのだ。

Jojo-niomosso ite gumoso-po pazl gjib-zaeinal nopion gerogeronaon.
その上我々のウィキでも自画自賛をしており醜い。

josaa きっと、多分、おそらく
mesa ~だろう。(may be)
Komacu ar wikipe-pazl-hohvana とあるリア厨(「ウィキペを砂場呼ばわりした空気の読めな

い子」の意)
priohaar 継続する。続く。存続する。
junjun-on 悠々としている
gjib-zaeinal 自画自賛する

※ここで動詞の形容詞化の-(n)aと連体接尾辞-(i)sを整理しておく。
グモソ語には定冠詞・不定冠詞の概念がないため名詞が特定のものかそうでないものかを

判断することができない。
現在混同されている二つの表現のニュアンスを明確に分けることにする。
すなわち-(n)aは修飾している名詞をその動詞に当てはまるものに限定し(定冠詞が付いて

いる状態と同じ)、
-(i)sはその名詞の指すもの全体の状態を表わす(不定冠詞が付いている場合と同じ)。

例:
gaki-suisuina-siomiz /子供が泳ぐ海(子供が泳ぐ全ての海)
gaki-suisuis-siomiz /子供が泳ぐ海(子供が泳ぐとある海)
(関係ないがやはり連体形の場合は能格言語になっている様である。どうもこの現象はド

イツ語に似ている)

priohaar-sena-Gumosopo /存続しているグモソ語(グモソ語という名の現在存続している言

語)
priohaarses-Gumosopo /存続しているグモソ語(グモソ語という名の言語の中で現在存続し

ているもの)

342 : Grar Evidia ◆I6EcXjNeAA : 2007/01/16(火) 18:49:50
悪いですが、してないです。
と言うより久しぶりに2chに書きました。
勝手に思っていらっしゃるのならかまいませんが・・・


nda asora


横書神聖文字による吉野家コピペ文
http://sakuratan.ddo.jp/uploader/source/date31015.gif

Cepi, sa Yoshinoya ocin. Yoshinoya.
昨日、近所の吉野家行ったんです。吉野家。
Cesile, we yash a vongole bianko trika nde pesin ya zaka pe.
そしたらなんか人がめちゃくちゃいっぱいで座れないんです。
Nde, mi yokmilan, chomeni sagena bira sagebaranse
で、よく見たらなんか垂れ幕下がってて、
nde "Fas-temuh yen ciotl" kakbaranse.
150円引き、とか書いてあるんです。
niomosso mi do puccunan pe.
そこでまたぶち切れですよ。
kik fue, na mi ya macri cujudaku. dokjun.
あのな、つゆだくなんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。

fas-temuh 150

345 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/16(火) 23:43:42
横書きの際、縦書きではjogeの下に付加されていたnul-po-inteは過去形を作る際に語幹が閉

音節の動詞である場合は右側に下のjogeから続く様にして書き足す。
これにより約1.5文字分のスペースをとることとなり、パターンを変えることなく文字数と

音節数を一致させることに成功した。

346 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/17(水) 00:13:49
自分なりにアクセントを考えてみる。スウェーデン語にある様な外来語や複合語の弁別に

用いられる高低アクセントだと思う
(高=H、低=L、降=D、昇=U)

Cepi, sa Yoshinoya ocin. Yoshinoya.
HL H LLHH HD LLHH

Cesile, we yash a vongole bianko trika nde pesin ya zaka pe.
LHL H D L LLH LHL HL L LD L HL H

Nde, mi yokmilan, chomeni sagena bira sagebaranse
U L HDL LHL LHL LH LUHDL

nde "Fas-temuh yen ciotl" kakbaranse.
U HLD L H LUDL

niomosso mi do puccunan pe.
LDL L H LHL H

kik fue, na mi ya macri cujudaku. dokjun.
U D L H H LH LLLH LD

音節内の上下は自信がないが、動詞のどこまでが語幹で何処からが活用語尾なのかとか
どれが外来語なのかというのを意識して口に出してみたら違いが出てきた。

347 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/17(水) 00:31:42
普通の名詞は最終音節を高く発音する様な気がするが、複合語は違う感じがする。
例えばCepiは日を意味するpiから派生したので複合語と考えられるから第一音節を高く発音

する。

動詞も同様で、接尾辞が付いたらそれがわかるようにその部分と語幹の最終音節のトーン

は違うと思う。
例えばocinをそのまま読んだらLHと読みたいところだが、過去形の-nがあるからそこは音

節内下降が入りそうだ。
形容詞(限定用法)のbiankoはなぜか後ろから2番目に高トーンが来るイメージがする。動

詞形容詞化接尾辞-(n)aのイメージ影響かもわからない。

あと接続詞は低く始まるイメージがある。
それと前置詞は次の語と区切りをつけるために、次の単語の第一音節とは必ず違うトーン

で発音される感じだ。

348 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/17(水) 02:16:54
150をfas-temuhとするのは850と紛らわしいと思うんだが。
おそらく850はfats-te-muhだと思うけど、区別しにくくないか?
八進数時代に10の位以上でfaが1を表してた名残とは言え、
これは合理性に欠けると思う。
まあ数詞は全体的に未完成だからなあ。
@Wikiの数詞もなんか混沌としてるし。今度まとめるか。

さて、Wikipediaで項目削除の議論が(あまり進展がないが)行われてる件。
ぶっちゃけ削除されて仕方ないんじゃね?とは思う。
Wikipediaの人工言語関連は荒れてるし。
ネット上での人工言語は排除しないときりが無いんじゃないかな、と。
まあWikipediaでそういう合意がされるかどうかは別だろうけど。
と、一応グモソ語制作者の一人として言っておく。
荒らされて消されるのは悲しいけど、
記事が立てられた一昨年の夏から、いろいろあったからなあ。


確かfatsの発音は/fat-s/だったという噂があった。
もしくはfacは低平調に発音され、fatsは高降調に発音されるという噂もある。

350 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/17(水) 15:37:51
fasがfasiの略ということは最後のsは/s/ではなく本当は/∫/だったんじゃないのか?
発音の長さを変えずに区別を付けやすくするため100の略はfasyと綴ってみる。
ついでに吉野家コピペ文のアクセントは音節毎に3種類の声調が組み合わさってできた語声

調だと仮定した場合を考えて見る。
/:上昇、\:下降、―:平板

Cepi, sa Yoshinoya ocin. Yoshinoya.
HL H LLHH HD LLHH
\/ \ ―/\― /\ ―/\― 

Cesile, we yash a vongole bianko trika nde pesin ya zaka pe.
LHL H D L LLH LDL HL L LH L HL H
/\― \ \ / ―/\ /\― \― ― /― / \― \

Nde, mi yokmilan, chomeni sagena bira sagebaranse
U L HDL LHL LHL LH LUHDL
/ / ―\― /\/ /\/ /\ ―/―\/

nde "Fasy-temuh yen ciotl" kakbaranse.
U HLD L H LUDL
/ \/\ / ― ―/\―

niomosso mi do puccunan pe.
LDL L H LHL H
/\/ / \ /\/ \

kik fue, na mi ya macri cujudaku. dokjun.
U D L H H LH LLLH LD
/ \ / \ \ /\ ――/\ /\

351 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/17(水) 21:26:24
やはり音節毎の声調ではなく語声調のイメージがあるな、Yoshinoyaのnoのトーンが曖昧だ

ったが語声調にするとうまく誤魔化せる。
アクセントの位置と最初のトーンで定義する形にしてみると。
(前置詞のトーンは後の語で決定されることにし、接続詞や助詞(助動詞も?)は低起式

で2音節目にアクセントというルールを採用、接尾辞-barはなぜか一体化した動詞扱い)

Cèpi, sa Josínojà ócìn. Josínojà.
HL H LLHH LD LLHH

Césìle, wè jàsy á vongóle biànko trìka ndé pésìn yá zàka pè.
LHL H D L LLH DL HL L LH L HL H

Ndé, mi yòkmìlan, ciómèni ságèna bíra sagébarànse
U L HDL LHL LHL LH LLUDL

ndé "Fàsy-témùh-jén ciòtl" kákbarànse.
U HLD L H LUDL

niómòsso mi dò púccùnan pè.
LDL L H LHL H

kìk fùe, nà mi ya-mácri cujudáku. dókjùn.
H DL H L HLH LLLH LD

352 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/17(水) 23:58:55
このスレでは数詞は>>54-56で触れられてるぐらいだけど、
>>348で言ったようにfaが1と8の両方を表す問題がある。
0~9は、綴りに多少揺れがあるが、ほぼ確定した。10もnatでいいだろう。

11以上の数詞について考える。
二桁の場合は10の位、1の位の順で10の位は短縮して言う。
timeu (十位形)、ciommeu (一位形)とでも言おうか。
八進数時代でのciommeu⇔timeu の比較
nusi⇔fa gehto⇔ge zhuusa⇔zhu awoli⇔aw temp⇔te wady⇔wa raki⇔ra
simeu (百位形)は timeu の後ろに s を付ける。

十進数時代になり、fati と kiy が追加された。
ここで nusi と fati の timeu に混乱が起き、fa派(仮)とna派(仮)に分裂した。
ファ派は nusi⇔fa fati⇔fat とし、ナ派は nusi⇔na fati⇔fa としているようだ。
さらに、nusi の timeu は存在しないとするweito派(仮)も確認される。
ファ派とナ派は timeu に関してはナ派に統一したようだ。
と、でっちあげておく。

この三派は20~99に関しては争いはないと言って問題ないだろう。
2~7の timeu は八進数時代と同じ、8と9のは、fa、ki である。
問題は10~19と、100以上。

ウェイト派は、桁名使用を推進する穏健派と、
10~19の timeu を決めようとする過激派に分けられそうだな。
11 tempwady 12 weito 13 nusiweito 14 gehtoweito 15 ziuteito
16 awoliweito 17 tempweito 18 wadiweito 19 rakiweito
ここまで穏健派。ここから過激派。短縮形を用意する:
11 pwady 12 weito 13 siwej 14 towi 15 jute 16 liuy 17 epiuzia 18 uzia 19 ge-epy
timeu は、10 nata 11 pwa 12 we 13 sie 14 to 15 ju 16 liy 17 piu 18 uzi 19 ges-ey
17、19は、-1=epyを用い、epy の timei は ey とした。18 は六進の wadizhuusa から。
150は過激なことに、ju-muhだw

353 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/18(木) 18:26:28
いいからあちこちの板に支部を作って宣伝しろや

354 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/20(土) 00:05:39
>>353
na lukt, yue mi ek mi kita mendoi-on. yue tuins pe.
制作中なんだから分裂すると大変。だから却下。

355 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/20(土) 00:47:15
Gumosopo-pero-po hanaseri-fuelis bekina on.
グモソ語の話者が増える必要がある。

Gumosopo-pero-po vovo-otkitaa pon yon.
グモソ語の完成など存在しない。

Gumoso ya nusiah syomu-po ykompileah gaki po ed nusi-eli ite kmonos haz-poinis bamayasely

pon ya-n'y.
我々はどこぞの精神分裂した子供が一人でウェブ上に撒き散らした役立たずとは違う。

vovo-otkitaa 完成(大人な vovo+成り立つ otkita)
nusiah 同じ(nusi 一つ + ah ~なもの)
haz-poi 蒔く、撒き散らす
bamayasely 役に立たない(bam 使う + ya ない+ sely よい)


mi pero selyni lukt nde rak-kita cema-s, mi lukt seli asa Gumosopo-pero hanas-is eli fuel.
活発に言語制作を行い、学び易くしていけば、話者は増えるだろう。

yue gumoso-pon pero ite apateia lukt-is gangal beki.
だから我々は淡々と言語制作に励むべきである。

lukt seli asa ~ 神が~にする
ite apateia 禁欲的に

357 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/20(土) 02:12:40
この言語の存在意義は作る事です

糸冬了

358 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/20(土) 02:24:52
Ite Gumosopo-ans gaki-ya-nam-lukt, ma reipa-saitam.
グモソポ文化では子供の名を付けない、荒らしが来るから。

Johvis ciomo a "burinah" ol "tamponaizan" nde asora muni johv gumoso.
呼ぶ際は「糞」や「血まみれの陰茎」などと我々は呼ぶ。

359 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/20(土) 02:43:08
混乱するからもう整理して
グモソ語は完全な能格言語と言うことにしておこう。

絶対格は動詞の前、能格が動詞の後に固定として

eli-ika 人死に
Eli ik. 人が死ぬ。
Ik eli. 人は死ぬ。
Eli a ika. 人は死ぬ。

mislu sa nya bucraunka ミサイルの猫への発射
Mislu sa nya bucraunk. ミサイルを猫に発射する。
sa nya mislu-bucraunka 猫へのミサイル発射
Sa nya mislu-bucraunk. 猫へミサイル発射する。

360 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/20(土) 02:46:50
>>355
「どこぞの精神分裂した子供」て、テラヒドス

361 : Kakis Erl Sax ◆CcpqMQdg0A : 2007/01/20(土) 15:02:45
どうせ没だろうが

簡略十進法
混成十進法の一位形(nusi,gehto,zhuusa)を廃止し、十位形(na,ge,zi)をデフォルトとする。
十の位は-t、百の位は-sをつけて表現する。
10^3ごとにSI接頭辞(kilo, mega, giga, tera, peta, eksa, zetta, yotta)を挿入。
表現可能な最大数は10^27未満まで。
序数は-(i)mを付加して生成。

0 muh 1 na 2 ge 3 zi 4 au 5 te 6 wa 7 rak 8 fat 9 ki
10 nat 11natna 12natge 13 natzi 14 natau
20 get
30 zit
100 nas 101 nasna 111nasnatna

1,000 kilo(-lam) 2,000 ge kilo/gelam
1,000,000 maga
1,000,000,000 giga
9,999,999,999 kigiga kiskitkimega kiskitkilam kiskitki
10^12 tera 10^15 peta 10^18 eksa 10^21 zetta 10^24 yotta

362 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/20(土) 16:43:20
>>361
8 fat と 80 fatt の区別が困難。没w

363 : Kakis Erl Sax ◆CcpqMQdg0A : 2007/01/20(土) 19:20:17
じゃ、8はfaで。どうせ主格前置詞faはほとんど使わないし。
ついでに7もraに短縮

0 muh 1 na 2 ge 3 zi 4 au 5 te 6 wa 7 ra 8 fa 9 ki

364 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/20(土) 20:51:49
小数も10^(-3)毎にSI接頭辞を使うとして、
0.1を nasmilli (100ミリ) などと表してはどうだろうか。

365 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/20(土) 22:24:04
要らん。
何でもかんでも短くすりゃええわけでない。
フランス語かて90が四廿余十(quatre-vingt-dix)言うてもフェルマーだのガロアだのがお

る。

366 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 17:55:37
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%A2%E3%82%BD%E8%AA%9E

%E6%96%87%E5%AD%A6

367 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 17:57:03
tp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%B0%E3%83%8B%E3%83%9A

%E3%83%A0%E3%82%BB%E3%83%AB%E8%AA%9E

==語彙==
===代名詞===
*ve:私
*se:貴方
*te:彼
*ne:彼女
*ge:これ
*fe:それ
*be:あれ
*ze:どれ(単)
*ke:だれ(単)
*de:何(単)
===名詞===
*pa:父
*ma:母
*ni:兄
*di:弟
*le:姉
*pe:妹
*kkani:山
*resvien:川
*aknaev:神
*ugnipem:人間
*sidye:御主人様、男性敬称


368 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 17:58:53
Цэпи, са Йошинойа оцин. Йошинойа.
Цэсилэ, ўэ йаш а вонголэ бианко трика ндэ пэсин йа зака пэ.
Ндэ, ми йокмилан, чомэни сагэна бира сагэбарансэ
ндэ "150 йэн циотл" какбарансэ.
ниомоссо ми до пуццунан пэ.
кик фуэ, нами йа мацри цуйудаку.докйун.





皆でグモソ語文学の偉大さを思い知らせよう!


371 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 19:05:47
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%A2%E3%82%BD%E8%AA%9E

%E6%96%87%E5%AD%A6
皆でグモソ語の成長を見せ付けてやるんだ!頭の固いウィキペディアンどもにグモソ語が

どれだけ
立派な言語か分からせてやろう!



グモソ語の価値に気付かない馬鹿がグモソ語関連の記事を削除しようとしている!
皆でグモソ語を守ろう!

373 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 19:14:47
俺は立ち上がるぞ、グモソ語を守るんだ。

374 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/21(日) 19:16:02
俺もw

h
tguwe tguew
ttp://w16.atguww

iki.jp/yeeuobiogori/
さこてめろ

ona – 汎補助語試案
IV. 名詞

§13. 冠詞

定冠詞は en (それ) で示す。
ただし、強調するためにのみ用い、常用はしない、すなわち、
ra は例えば英語の man、the man、a man のいずれをもそれだけで表す。

en ra = (まさしく) その男。in (これ、後者)、

および un (あれ、前者) も定冠詞の機能を持つ。不定冠詞はない。

enna [na - 無性無機物接尾辞] = 1 つ、he = 任意の、
cien [ci - とある] = ある (話者は知っているがあえて特定しない場合)、が不定冠詞を代用す

るものとして使えよう。

Sona には、日本語に由来する敬称冠詞があり、母音 o がそれである (日本語の「お」すがた

、「お」殿様など)。

名前、呼びかけ、動詞の前に用いて丁寧さを表現する。例えば、o ra お人 (男性)、紳士、o

hara [hara は後述] だんな様、

o tu jiko [tu - あなた ji - 人 ko - 子] あなたのお子様たち、o toru [to - 通過する ru - 〜になる]

お通りよ、o min お入り。東洋の絢爛たる敬語から新世界のぶっきらぼうな「よお兄弟」ま

組みは是非とも必要である。

イタリア語の呼びかけは tu、voi、lei の三とおりもある一方で、横柄な民族は王様だろうが

貧者だろうが ty 一つで済ませていたりする。英国英語では例えば仕立屋には Mr. (〜さん)

と書いても、敬すべき友人には

Esq. (〜殿) と書くけれども、呼びかけはまた異なる。ところで、ウエイトレスはどう呼び

かけるべきなのか。こっそり Miss (〜嬢) とでも言うかあるいは咳払いで済ますべきか (訳
hau telia Leka

Sona では単純に、母音 o をちょっと付けるだけなのでそうした問題は生じない。hara

(Mister (〜さん) に相当) は書き言葉でも口頭でも、また仕立屋にも敬すべき友人にも用いる

ことができ、さらに o hara とすれば Sir (〜様)、Dear Sir (拝啓)、Respected Sir (謹啓)、Your

Honour (啓白) などのすべてに対応する。同様に、tu (あなた) は o tu で丁寧な呼びかけへと

変更でき、Yours truly (敬具)、Yours faithfully (敬白)、Your obedient Servant (頓首) などの書

き分けを不要にする。

呼称: その他、語根 ha- (名称。この語根は呼格、間投詞、命令形を作るためにも利用されて

いる) により冠詞的な表現ができる。この語根が接頭することで何でも「呼称」化されるが

、これは英語で言えば「the 大文字で始まる語」という表現を取ることにほぼ相当する。

hara 殿方、hari 時なるもの、Aleksander hata [ta - 増大] アレキサンダー大王 (Alexander The

Great)、hapi ハーピー (鳥なるもの)、hatazu [zu - 獣] ゾウ (巨獣なるもの)、hama 地方 (土地

なるもの)。

§14. 性

無生物において性の明示は不要である。性は、次の語根により明示される。

ra 男

zan 女

接頭辞として、雌雄を示す。
lefa'mepo
lefa'mepa

rako 男子 (人間以外も指す)、zanko 女子
rapi 雄鶏、zanpi 雌鳥
rane [ne - 状態名詞化接尾辞] 男らしさ、zanne 女らしさ
人間: これらの語根を接尾辞として用いた場合は、人間の男または女であることを示す。

kora 少年、kozan 少女
pira 鳥男 (男の鳥飼い)、pizan 鳥女 (女の鳥飼い)
hara 殿方、hazan 奥方 (訳注: 敬すべき女性を指し、結婚しているかどうかは問わないはず

である)

各親族を指す語も、これらや -nin (子孫) を含んでいる。

nuzapara [nu - あるいは。さらなる、の意味合い] 曾祖父、nuzauma 曾祖母
zapara [za - 昔] 祖父、zauma 祖母
para [pa - 栄養。養う男、の意味] 父、uma [uma で 1 語根] 母
gepara [ge - 連結。結婚による、の意味] 義父、geuma 義母
nupara 継父、nuyuma 継母
nura 叔父、nuzan 叔母
nubora 従兄弟、nubozan 従姉妹
bora [bo - 両親同一存在] 兄弟、bozan 姉妹
boranin 甥、bozannin 姪 (訳注: bo/ranin、bo/zannin)
ranin 息子、zannin 娘
geranin 婿、gezannin (息子の) 嫁
nuranin 継子、nuzannin 継娘
varanin [va - 未来] 孫、vazannin 孫娘
nuvaranin 曾孫、nuvazannin 曾孫娘
gera 夫、gezan 妻、gerazan 夫婦
nagera [na - 否定接頭辞] 未婚男性、nagezan 未婚女性
gekira 花婿、gekizan 花嫁
kira [ki - 始め。初期ということ] 青年男子、kizan 青年女子
hara 殿方、hazan 奥方
haranin ぼっちゃま、hazannin お嬢様
(最後の 4 つの語はそれぞれ h、hz、hn、hzn と短縮表記できる)。

人間において性別を明示したくない場合は次の語根を用いる。

-ci 〜している人

-ji 〜な人

前者は、正確には分詞を作るものである (訳注: このため、必ずしも人には限定されないが

、名詞用法で特に明示がなければ普通は人を指す)。ruci 移動 (しつつある) 者。従って、「

何かをしている者」と、常に動作を示唆することになる。一方後者は、単純に人間を性別

不定で示すものである。

次のように、語根 ka (先頭に立つ) と組み合わせて見れば -ra、-ci、-ji の違いが明白となろ

う。kara 官僚 (kazan との協働が想定されるので、全権ではないことから。ただし、女性官

僚もいる現在では不適切な語である)、kaci 先導者・ガイド、kaji 首長。少し分かりずらい

が、また、bora 兄弟、boci 肉屋 (訳注: 店ではなく人の方。bo は、血や肉をも指す)、boji 血

縁者。

軍隊における階級の場合は、ra は司令官、-ci は副官を表す (実務は副官が行うため)。

民族名からの派生に関しては、特別に次のようにする。

-i 男: Angli、Rusi、Arabi、Sini (中国人の男)

-a 女: Fransa、Itala、Irana、Doica

これら 2 つの接尾辞は恣意的なものであり、語根 i、a [i - 分詞副詞形接尾辞 a - 場所接尾辞]

とは関係ない。では続いて、無生物の名詞を見てみよう。

§15. 無性名詞

無性名詞は、単純に語根だけで表現できる。bo 肉・血、di 部分、mo 果実、te 手、pe 足。

ただし、動詞的語根においては、名詞として使われていることを示すための接辞が必要に

なる場合もある。そうした場合には次の接尾辞を用いる。

-na 無性の事物 (無機物)

-ga [ga - 有機体] 無性の事物 (有機物)

例えば、tena 突起、tega 腕; cena [ce - 固定する・支える] 錠、cega 腱; dina 断片、diga 肢;

bona 調理済みの肉、boga 生肉。

二番目の接尾辞はまた、接頭辞として肉体のパーツを示す (訳注: 〜のための肉体部分、の

意味合い)。gabi [bi は下記参照] 器官、gase [se - 見る] 目、gace 筋肉系。

道具: -bi (道具) を接尾することで、仕事道具、生活用具、その他の道具を表す名詞を作れる

。rabi 男性器、cebi 鍵、tebi ハンドル、gabi 器官。

場所: 次の接尾辞により、場所、店、建物を表す名詞を作れる。
-a 〜場 (具体的場所)
-ma 〜 (土) 地 (概念的場所)
-ca [ca - 4・四角形] エリア (訳注: 人為的区画なら四角にはこだわらない)、一面
-kan 家屋

例えば
dia (小) 部屋
dima 地区
dica エリア
dikan アパート、マンション
kaya 司令部
kama 陣地
kaca 県 (など、国家に次ぐ行政区画)
kakan または kayokan [o - 形容詞化接尾辞] 司令部 (建物)、役所
pia 巣
pima 養鶏場 (屋根のないもの)、鳥類生息地
pica 鳥類保護区
pikan 鳥小屋

-cia (ci + a) は仕事場を示す。bocia 肉屋 (訳注: 人ではなく店の方)。

接尾辞 -a によって作られた場所を示す名詞にさらに子音で始まる語根を接尾する場合は、

分離子 -ci- [分離子としての ci には、特に意味はない] を間に挟む必要がある。pia-piga =

piacipiga 巣の卵。分離子 -ci- がないと、この場合は pi + api [api - 羽を持つ虫] + ga [合わせ

て、飛行 (pi) 中だった虫の死骸、の意味になる] と紛れてしまうからである (§35 も参照の

こと)。

国名: 国名は、既に世界的に広まった形であることから、民族名に -ia [i - 〜の間。その民族

で占められている、の意味か] を接尾して作るものとする。Anglia (音節は An-gli-a)、

Fransia、Doicia、Russia、Irania、Sinia (中国) (訳注: USA は、Unani (統合された) Haidaye (

州群) di (〜の) Amerika で UHA になる)。

大陸名は普通そのまま用いられる。Europa、Asia、Afrika、Amerika。その他一般に、地名

は原語の綴り (を Sona のアルファベットに変換したもの) に従う。Praha、Wien、Napoli、

Moskva。

§16. 抽象名詞

時、状態、行為、質などを示す抽象名詞は次の接尾辞で作る。
-ri 期間 (時間に関するさまざまな語は §20 を参照)
-ne 抽象。状態名詞 (〜であること) を作る
-da 行為。動名詞 (〜すること) を作る
-vi 性質。性質名詞 (〜さ) を作る

例えば、diri [di - 部分] 一日、dine 分割 (状態)、dida 分割 (行為)、divi 個別性。kari [ka - 極

点] 真昼、kane 指導的立場、kada 指導、kavi 卓越性。

最初のものを除く 3 つは、ci と組み合わせて次の意味で使える。
-cine (訳注: 〜している人である状態、を支えるもの) 〜論、〜学 (研究)、〜主義 (原理)。jo

(神)、jocine 神学。
-cida 職業の実践。jocida 伝道。
-civi (訳注: 〜している人ならではのもの) 〜術、〜学 (応用)、〜主義 (方法)。jocivi 僧職心得



§17. 程度

より大きい、より小さい、好ましい、好ましくない、は次の語根で示せる。
-ta- 増大
-ko- 指小
-xa 賞賛
-ze 非難
最初の 2 つは、接頭辞としてはサイズや程度 (訳注: 具体的大小)、接尾辞としては重要性、

成長度、多寡 (訳注: 概念的大小) を示す。後ろの 2 つは、接尾辞として話者による評価を示

す。-xa は美しさをも示すので、花名、鳥名、装飾名などにも使えるであろう。以下に例を

示す。

tara 大男、偉人
rata 巨人、重要人物
kora 少年
rako 男子 (訳注: 成長度の点から。人間以外も指す)
さらに組み合わせて、
tarata 大巨人
korata 青年とも言うべき少年
kokora 小さな少年
korako 小男子
raxa いい男
raze いやな男
takoraxa 背の高い美少年
takoraze でくの妨
次のようにも使える。
paraxa [xa を愛称化として用いる] パパ、父ちゃん
raninxa 坊っちゃん
abexa [abe - 白っぽさ] (白) ユリ
jexa [je - 石] 宝石
daxa [da - 〜する] 親切 (行為)
donxa [don - 授与する] 心付け、チップ

§18. 数

名詞の単複を明示することは、別に必須ではない。現に英語でも、例えば man goes after

tiger など、sheep、fruit、fish、man、tiger のように単複同形の語はあるのだし (訳注: 厳密

には、英語のこれらの語はすべて「類」を示す場合のみ単複同形である)、そのせいで困る

ことも特にはない。それで、Sona でも同じく、ra uke taxe [uke - 探す xe - ネコ] と単複は明

示しない (訳注: この Sona 語文は、man や tiger に a が付いたり複数形が明示される場合も

含むため、先に挙げてある英文よりも意味が広く、さらには、最も一般的に解されるであ

ろう意味はその英文の意味 (hara uke hataxe) とは異なる)。もちろん、数詞や語根 e (数 = 多

くの) の後ろや、または ti (zi) ra [ti - 彼ら zi - 〜である] 彼らは男たちだ、mie (zi) pan kora

[mi - 私 e - 接尾辞としての意味は後述 pan - すべて] 私たちはみな少年だ、のように複数代

名詞の述語となる場合でも同様である。ただし、必要なら接尾辞 e で複数形を作ることもで

きる。mie 私たち、koraye 少年たち。この語根は接頭辞としては、量、多さ、頻度、多様さ

を示す (訳注: 今一度、や、もう一つ、の意味合いで使われる場合も多い)。ekora 多くの少

年、eri しばしば、ena [na - 無性無機物接尾辞] それぞれ。(§22 の比較に関する説明も参照

のこと)。

集合名詞: 集合名詞は gi (集) で作れる。この語根は接頭辞としてはドイツ語の Gebrüder

(Gebru:der、u: はウムラウト) における ge- と同じ意味 (訳注: 一体・共同体としての集合) を

持ち、また接尾辞の場合は普通の集合名詞 (訳注: 一体・共同体を形成しない集合) を作る。

gibora (全) 同業者、boragi (全) 兄弟 (訳注: この 2 つの言い分けの説明は、英語 brothers の

直訳的なものであり、国際的には適切な説明とは言えないものと思う。「先行する語根が

て、つまりは「集いの兄弟」 (集いによって形成される後天的兄弟) と「兄弟の集い」 (先天

的兄弟によって形成される集い) の違い、ということである)。

§19. 数詞

12 個の基本数詞がある (訳注: enna と dici 以外はそれぞれ単一の語根)。

1 enna [en - それ na - 無性無機物接尾辞]
2 do
3 tin
4 ca
5 pen
6 xi
7 zun
8 atu
9 nun
10 dici [di - 部分 ci - 関係代名詞。数に係る「部分」を「指」として、その 10 本あることか

ら]
100 son
1000 tan

11 から 19 までの数は、1 から 9 までの数に dici を接尾して作る。11 ennadici または endici、

12 dodici など。20 から 90 までの「〜十」は、2 から 9 までの数に edi [多くの部分、から、

10 の個数ということ] を接尾して作る。20 doyedi、26 doyedixi。「〜百」や「〜千」も同様

である。442 cason cayedido (合わせて 1 語にしてもよい)、1934 tan nunson tinyedica、10000

dicitan (10,000 から)、100000 sontan (100,000 から)。世紀 sontori [to - 通過する。tori の、

通過する期間 (単位・繰り返し) で、年の意味 (通り過ぎ終えたことの実感から、区切りを毎

度祝う年が適切、ということ)]、千夜一夜 tanyenna vandi [van - 夜 di - 部分]。ゼロ naci [na -

否定 ci - 関係代名詞。何にも係らない関係代名詞ということ]、百万 tanta [ta - より多である

ことを示す接尾辞。すなわち、1000 1000 で、これは乗算を意味するので 1000 x 1000 から

百万]、一兆 dotanta [1000 1000 の 2 度、すなわち 1000 x 1000 x 1000 x 1000 の百万 x 百万

から一兆] (訳注: dotanta は以下のような疑義があるので、eSpeak データには tanta までしか

入れていない)。

編者より: dotanta は二百万になるはずで (訳注: 作者の理屈は上の述べたとおりだが、それ

だと二百万の表現が面倒になるので、ほかに合わせて dotanta も二百万と解する方がよい)

、原本自身にあるミスである (現在、mentanta [men - 寸法。これを 1000 x 1000 x 1000 の示

唆と解する] を 十億として一兆には domentanta などが代替候補としてあげられている)。な

お、原本の billion は著者の場所と時代から、当然に英国英語用法、すなわち一兆の意味で

ある (訳注: 十億は tantanta、一兆は tantatanta の方が論理的な気がする)。

集合内数: 中国語や日本語のように、Sona でも -na [na - 無性無機物接尾辞] で「〜のうちの

個数」や「〜のうちの頭数」を表現できる (訳注: 中国語や日本語にこれに相当するものは

ない。むしろ、エスペラントの da に等しい機能である。すなわち、多数あるうちの指定数

分を表現する)。dodicina (〜のうちの) 1 ダース、doyedina (〜のうちの) 20 個、xina (〜のう

ちの) 6 つ。cana ibo [ibo で単一の語根] 牛のうちの 4 頭、atuna velen [ve - 植物 len - 書。植

物から作られた文書、の意味] 紙のうちの 8 枚、dicina usu [usu で単一の語根] 銀のうちの

10 個。

組数: 組数は語根 -gi [gi - 集] で作る。dodicigi 1 ダース、songi 百人隊、engina 単位、単一体

。(訳注: 形容詞化接尾辞 o による真正な) 形容詞内では、この語根は倍数を意味する。engio

一倍の、xigio 六倍の、dogio 二倍の、tingio 三倍の。pando 両者、pantin 三つすべて。語根

小詞 po [po - 不定前置詞] が先行すると、po engi 一つずつ、po dodicigi 12 ずつ。

分数: 小数と分数は ko (小) で示す。接頭辞なら -na- を後続するゼロとして小数点となり、

接尾辞なら分数となる。kotin .3 (訳注: eSpeak はこの場合、ドットを読まない。ドットも読

ませるには、0.3 のように表記すること (ただしこちらはこちらで、先頭の 0 も読み上げ

る))、konatin .03、konanatin .003。tinko 1/3、tincako 3/4、zunyatuko 7/8。do di は「2 つの

部分」の意味になることに注意。「半分」は diko (訳注: 分割の小 = 最小分割 = 一回だけの

分割、という理屈か。ただ、doko でも意味はとおるはずであり、またその方がより論理的

な造語と思われる) で、1 と 1/2 は engediko [ge - そして]、断片は kodi である。

序数: 序数は接尾辞 -o (すなわち形容詞化、§22 を参照のこと) で示す。enyo 第一の、doyo

第二の、dicio 十番目の、cayedio 四十番目の。対応する副詞は、-o を -u (すなわち副詞化、

§32 を参照のこと) へと替えることで得られる。

回数: 回数は接頭辞 e- (多さ) (§18) で示す。eyenna または eyen 一度、edo 二度、etin 三度。

§20. 時間

時刻は 1 から 24 までの数詞だけで表せるが、必要なら語 ori (時計上の時刻) [ori は、おそら

くに英語の o'clock への示唆を含めた hori の省略形で、語根と直接に対応しない、Sona にお

ける稀な例外的語の一つである] を続けて時刻であることを明示できる。enna (ori) 午前 1 時

(訳注: Sona では 24 時間制が基本)、tindici (ori) 午後 1 時、ke ori [ke - 何] (今) 何時? 60 分を

単位とする時間は hori [ho - 特定] で示す。1 時間 enna hori、1 時間半 horigediko、30 分

dikohori または直訳的に tinyedi kori [kori は後述]。

一日のおおまかな区分けは次のとおり: iroki [iro - 光 ki - 始め] 夜明け、kiri 朝、kari [ka - 極

点] 正午、hinkari [hin - 後続] 午後、niri [ni - 経験する。時を経た、から] 夕方、irofin [fin -

かすか] 日没、kavan [van - 夜] 真夜中。

各時刻は、時間と分の数字の組で表す: dici cayedipen 午前 10 時 45 分、xidici cayedi 午後 4

時 40 分 (16 時 40 分)。一分を指す語は kori、一秒は riko。

昼間は irodi、夜は vandi、一日 (24 時間) は diri。

irovandi 昼夜
indiri [in - これ] 今日
invandi 今夜
vadiri [va - 未来] 明日
vavandi 明夜
unvadiri [un - あれ。in に対し、より遠いものを指す] あさって
hindiri 翌日
zadiri [za - 昔] 昨日
zavandi 昨夜
unzadiri おととい
unzavandi おとといの夜
odi [odi も、ori に合わせた、語根と直接に対応しない稀な例外語] 曜日
odiri [odiri も、odi/ri よりは、語根と直接に対応しない稀な例外語とした方がよい] 日付
xi diri 6 日間
po xi diri 6 日間ずっと (訳注: 状態の期間)
va xi diri 6 日間のうちに (訳注: 6 日間のうちのいつか、ということ)
pan xi diri [pan - すべて] 6 日間にわたって (訳注: 行為の期間)
ena xi diri [ena は、§18 を参照] 6 日間毎日
ena xio diri 6 日ごとに
po e xi diri [e - もう一つの] 次の 6 日間 (ずっと)
ili xi [ili - 近い] おおよそ 6
ili enna diri または ili dirina [na - 無性無機物接尾辞。事物として対象化することで単位的完

結と見なすのは、極めて英語的発想であり、国際的とは言い難い] ほぼ 1 日
pan diri 1 日中ずっと
ena diri 毎日
enu diri [nu - あるいは] 1 日おきに

週は ridi、曜日は odi、平日は riodi [ri + odi で平日とする根拠はまったくないが、これ以外

の語にする理由も特にはないので、そういうものだとして受け入れるのがよいと思う]、休

日は alodi [alo - 許可する。休日を許可を要する日とする発想は、作者が軍人ならではのも

のだが、もちろんまったく国際的ではない]、今週は inridi、来週は varidi、先週は zaridi。

各曜日は、1 から 7 までの数に -odi を接尾して示す。enyodi 月曜日、doyodi 火曜日、tinyodi

水曜日、cayodi 木曜日、penyodi 金曜日、xiodi 土曜日、xunyodi 日曜日 (訳注: xunyodi は

HTML 2006 年版のミスで、原著では zunyodi。なお、月曜を週の初日としない文化もある

が、基本的にはこれもそういうものだとして取りあえず受け入れるのがよいと思う)。

一ヶ月は mendi で [men - 寸法。英国古来の寸法系では十二進法が目立つことから、同じ十

二進法単位である一ヶ月をこの語根で示したものと思われる]、各月はラテン語 の月名で示

す (訳注: Ianuarius 一月、Februarius 二月、Martius 三月、Aprilis 四月、Maius 五月、Iunius

六月、Iulius 七月、Augustus 八月、September 九月、October 十月、November 十一月、

December 十二月)。季節は uri [uri で単一の語根] で、kiuri [ki - 始め] 春、kauri [ka - 極点]

夏、niuri [ni - 経験する。時を経た、から実りを連想] 秋、finyuri [fin - かすか。日光の弱々

しいことから] 冬。inkiuri 今年の春、などの言い方は日のそれらと同様。年は tori [to - 通過

する。歳をとることを通過と見なして、一年間をこの語根で示す] で、この語は歳を示すの

にも用いられる: ketori 何歳? (訳注: 文脈にもよるが、(今) 何年? の意味に取る方がふつうだ

ろう。歳を尋ねるときは、次の例のように人称代名詞の接尾で明示した方がよいと思う)、

ketoritu [tu - あなた。接尾による所有格明示は §23 を参照のこと] あなたは何歳か?、mi

xidici tori 私は 16 歳だ。

§21. 合成名詞

複数の語根から成る名詞は、既に合成名詞である (訳注: 原著に従って名詞と訳したが、こ

れは「概念」のことであり、品詞的には名詞に限定されない)。各語根同士の論理的関係が

明白である限り、合成できる語根の数に制限はない。多音節語をいかに分析的に分割でき

るか、については、この本の最初の方で例示済みである (訳注: Sona の多音節合成語の形成

しば直観的・詩的であることが分かっている)。主語根 (群) は、例えば「スイカ/割り」の

ように最初に来る (訳注: 意味をより具体化する語根が先に来る。日本語では、漢字音合成

ではなく、訓読み合成がおおよそこの形になる)。このため、形容詞とそれが修飾する名詞

はしばしば合成名詞として示されることになる。zorovelo 赤い花 (zoroyo velo [zo - 火 ro - 色

ve - 植物 lo - 開放する。zoro で、赤、velo で、花、の意味])。所有格についても同様である

。korakadi 少年の頭 (§31 も参照のこと)。もちろん、合成要素は名詞同士 (parauma 父母) や

副詞同士 (akayani [aka - 上 ani - 下] 高く低く、akaliani [li - 方向] 上に下に) でもよい。また

、次のように詩的な合成名詞もよいだろう。irovuda [vu - 曖昧 da - 動名詞化接尾辞] あけぼ

の、fanvasini [fan - 幻想 va - 顔 si - 自身 ni - 受動態接尾辞] 妖精のような面立ち (訳注: 英語表

現 fairy-faced (妖精のように美しい) の直訳。fan だけで妖精を示すのは無理があるので、国

際的には「不思議な面立ち」 (人間離れした顔) の意味に取られる可能性が高い)、

akisamene [aki - 速度 sa - 知っている me - 想う ne - 状態名詞化接尾辞。想いが知により速く

なった状態] 聡明さ。

語根の意味はおおよそ定まっているので、同じ語根を含む合成名詞も互いに関連した意味

合いになる (訳注: この段落の例は微妙に意図不明)。hama [ha - 〜なるもの ma - 土地] 地方

、hedi [he - 公的] 市民、kayo 原則的、basu [ba - 軍事 su - 水] 海軍的、kaida [ida - 指揮する

・事務・大臣] 公政府、haida 州・主権国家・中央政府 (訳注: 統治組織としての国家を指す

語)、kaisa [isa - 能力・技術] 政治的、heida 文明、kaidakacia [cia は §15 を参照] 省庁、

kaisadin [din - 党派] 政党。

§22. 形容詞

名詞が続く場合、前の名詞は次の名詞を修飾または限定するものとして機能する。takan

[kan - 建物] 大きな家、sucanya [can - 箱。sucan でボートの意味] ボート庫、vecaya [ve - 植

物 ca - 四角形。veca で畑の意味] カントリー・ハウス (訳注: 英国以外ではもちろん、単なる

農家・農園・農場の意味になる)。ただし、より厳密には接尾辞 -(y)o を付けて、それが形容

詞であることを明示する。tayo 大きな、kanyo 屋内の・家庭内の、suo 水の。§19 の序数も

、本質的にはこの意味である。

形容詞化接尾辞
-vio [vi - 性質] 〜な品質の・〜クオリティーの、ravio 男らしい
-bio [bi - 道具] 〜に役立つ、rabio 男根の (訳注: 男である有用性・必要性から)
-dio 〜に属する、radio 男の
-lio [li - 方向] 〜としての能力を持つ、ralio 男として性交可能な
-sio [si - 自身] 〜っぽい、rasio 男っぽい
-kio [ki - 始め] 〜初期の、rakio 男の青年期の
-fio [fi - 失敗する] 〜足りえない、rafio 女が男をまねた・男が男らしくない
-cio or -ci [ci - 〜している (人)] 分詞形容詞、raci(o) 男足りえている・勇敢な
-nio or -ni [ni - 受動態化接尾辞] 受動形容詞、rani(o) 男らしくされた
次のようなものもある。
beyo [be - 〜なしで] 〜なしの、rabeyo 男なしの
-noyo [no - 運搬する] 〜を生む・〜を含んだ、ranoyo 男を生みがちな
-panyo 〜でいっぱいの、rapanyo 男気あふれた。

動詞を挟んで主語を修飾する形容詞の場合、語根が形容詞的なら、o は不要である。ra aka

その男は背が高い、in raye ta この男たちは大きい (動詞省略については §35 を参照)。

形容詞の比較について: 比較対象は ne (〜と比べて) で示す。単純な比較なら、これだけで

暗黙に示すこともできる。in ne un aka [un - あれ] これはあれより高い (訳注: in aka ne un の

方がよい)。また最上級も、簡易には ne pan ほかのどれよりも、の表現で示せる。un aka ne

pan あれが (最も) 高い。

明示的な比較は、e- を形容詞に接頭して比較級、さらに en [この場合は定冠詞の意味] をそ

の前に置いて最上級として示す。 eta より大きな、eko より小さな、en eta 最大の、en eko

最小の、eyaka ra より高い男、en eyaka ra 最も高い男、en ekoya ra 最も小さい男、un en

eko(zi) [zi - 〜である。zi は形容詞に接尾してこれを形容動詞にできる] あれが最小 (である)

、inye en eko(zi) ne pan これらがほかのどれよりも最小 (である)、Fuji en eta akama di

Nihonia [di - 〜の。akama で、山、の意味] 富士は日本の最も高い山である。また、より感

覚的には、ta- とても、や ko- いくらか、が使える (訳注: §17 を参照)。tayaka とても高い、

kokoyo いくらか小さい、kotayo いくらか大きい。

色名: 色彩や陰影を示す語は語根 ro (色) で作れる。単純なものはおおよそ以下のとおりであ

る。

naro [na - 否定。ほかのすべての色を塗り潰せる色から] 黒 (訳注: vanro [van - 夜] の方がよ

い)
jero [je - 石] 灰色
jenaro スレート色 (黒っぽい灰色)
suro [su - 水] 青
huro [hu - 空気] (うすい) 水色
usuro [usu - 銀] 銀色
viro [vi - 自然] 虹色 (まだらな多色)
puro [pu - 汚泥] 黄色
urro [uro - 金] 金色
puvero 黄緑色
vero [ve - 植物] 緑色
vemuro オリーブ色 (黄色がかった暗緑色)
muro [mu - 茶色] 茶色
jemuro 薄茶色
garo [ga - 肉体] 桃色
boro [bo - 血] カーマイン (茶色っぽい赤)
zoro [zo - 火] 赤
umoro [umo - 乳] 乳白色
bero [be - 〜なしで。無色ということ] 白 (訳注: igaro [iga - 塩] の方がよい)

ro による色名には、形容詞化接尾辞 -(y)o は付けなくてもよい。zoro(yo) 赤色 (の)。陰影は

以下の接辞を用いて示す。azi- [azi - 能動] 鮮明な、ta- 明るい、-ta 深い、-van 暗い、-ko 軽

い、-fi [fi - 失敗する。染めの失敗から] 薄い、-ki [ki - 始め。染め始め、から] かすかな、-

nan [nan - 無視。染めにくさから] 鈍い。合成の場合、先に示した方への偏移になる。

suzoro 青紫色、zosuro 赤紫色、suvero 青緑色、vesuro 緑がかった青色。

§23. 代名詞

Sona の代名詞は以下のとおり (訳注: inu、asi、ini は、それだけで単一語根)。

単数 複数
mi 私 mie 私たち
tu あなた tue あなたたち
on 彼 onye 彼ら (男性のみ)
an 彼女 anye 彼女ら (女性のみ)
en それ enye それら (無性のみ)
ti 彼ら、それら (性不定)
in これ、後者 inye これら
un あれ、前者 unye あれら
ena 各 pan 皆
inu 他 enu その他すべて
asi 同一 (的) 存在 isi お互い
si 自分、不定代名詞 sie 自分たち
代名詞 si は、人称・数にかかわらず再帰代名詞としても使える。on abu si para [abu - 愛す

る] 彼は自分の父を愛する、on sa on para [sa - 知っている] 彼はその彼 (その男) の父を知っ

ている (訳注: 最初の on と同一人物なら si で示すので、2 つめの on は別の「彼」を指す)、

ti sa si uene [ue - 〜すべきである ne - 状態名詞化接尾辞] 彼らは自分たちの責務を知っている

、xoti anye uene [xo - 示す。間接目的格としての接尾代名詞は後述] 彼らに彼女らの責務を

教えてやれ、si abu pan jiko [ji - 人] 誰にとっても子どもは可愛いものだ (訳注: si は、任意の

誰かを示す不定代名詞としても使える)、ti abuisi 彼らは互いに愛し合っている、ti abusi 彼

らは彼ら自身を愛している。所有格明示接尾辞としての -si については §31 を参照されたい



特別な所有格語形はないが、代名詞を名詞に接尾することで、その名詞に係る所有格であ

ることを明示できる。mi kadi または kadimi 私の頭、kadieti [kadie-ti] 彼らの頭。強調的所

有格は、simi や situ のように再帰で示せばよい。simikadi または kadisimi 私自身の頭。所

有代名詞は、mina や tuna [na - 無性無機物接尾辞] の形で示す。その複数形は tina 彼らのも

の、anyena 彼女らのもの、miena 私たちのもの。欠如動詞 (§35) との兼ね合いに注意された

い。un sina あれは彼のものだ、un on あれは彼だ、en ti それは彼らだ。

動詞に先行または接頭する代名詞は主語であり、後続または接尾する代名詞は目的語であ

る。mi sa ti または misati 私は彼らを知っている、tu sa an または tusayan あなたは彼女を知

っている。直接目的語と間接目的語は、その順で動詞に後続または接尾する (訳注: 直接目

的語が代名詞でないか、複数形などで重い場合、間接目的語が代名詞なら先んじて動詞に

接尾してよい。続く非接尾の語が間接目的語であることを示す要素を持たないことで、そ

の接尾代名詞の間接目的語であることが明白だからである)。xo en mi または xoyenmi それ

を私に見せろ、ka mi on [ka - 先頭に立つ。ここでは、導く、の意味] または kamion 私を彼

の所へ案内せよ。なお、発音的に問題があるときは、li (〜へ。§29 を参照) を間接目的語と

しての on、an、en に前置してよい。xo inye li on これらを彼に示せ。

Sona では、欧米語のようには人称代名詞を濫用しない。英語では電報や軍事報告でしばし

ば人称代名詞を省略するが、Sona では通常文でもそうしてよい。むしろ、アジア諸語のよ

うに、文脈上明白な人称代名詞は省略するのが Sona 流である。「あなたはどこへ行くのか

?」は keli [ke - 何 li - 方向] (どちらへ) 1 語で十分表現でき、「あなたは何をしているのか?」

も ke dai [da - 行為 i - 分詞副詞形接尾辞] (何してる) で十分伝わるはずである。
wre datouusseei
suisok liki loate znerwe dea

関係代名詞には ci を用いる。人、事物、場所、時節、方法、種類、量などすべてに対して

使える (訳注: ci は本質的には、ci に先行または後続する語に対する聞き手の「どの」「何

後に話者が説明を追加するがゆえに問いが不要なわけである。また、既に何度も出ている

分詞形容詞・分詞名詞用法も、その「何が」が直後に現れ、あるいはそれ自体が「どの」

という問いへの答えであり、そして動詞に元来付随するそれら以外の問いへの答えもそれ

らに収束される (あるいは現在進行中であるがゆえに不確定である) がゆえに、問うこと自

体が不要となるのである)。

ra ci 〜であるところの男
ti ci 〜であるところの彼ら
kan ci 〜であるところの家
a ci 〜であるところの場所
ri ci 〜であるところの期間
u ci 〜であるところのあり方
vi ci 〜であるところのクオリティー
taci 〜ほどに大きな
e ci 〜ほどにたくさん

この語根は、接頭辞としては「とある〜」や「それほどに〜」の意味になる (訳注: 「どの

」という特定化の問いが、元来不特定あるいは既出であるために不要であることを示す)。

cira とある男
ciji とある人
cina [na - 無性無機物接尾辞] とあるもの、ちなみに複数は、cigi [gi - 集] とある集まり、で

示す。
cia とある場所
ciri とある期間
ciu とあるあり方で、とにもかくにも
civi とある種類の
cita それほどに大きな
cie それほどにたくさん
以下のような表現も可能である。
cieta [cie-ta] さらにたくさん
cisi (今言及している) その人の (訳注: 関係代名詞所有格)
cidi (部分としての) いくらか。





めろびど



人工計の声onnで利用できます


人工言語
同じ名前で機械が相手ということも在ります


または
計画言語
と呼び


人間用だが使われるわけ無いというのは事実

となりの言語を使うだけをしな

どれかが国際語として機能すると言います



メロビ語は
表記は ひらかな カタカナ

を 使い ラテンアルファベット での 転写は 可能です

Melobi-language



作者名 ー イェウゴ です
the conlanger / Yeugo d begow beugo





産まれた後で言語
消滅が危惧されるはずがなく危惧です


MELOBIDO
est une langue construite.
il n’est pas une langue auxiliaire.
le mot MELOBIDO vient de  

**[[めろびど]]



人工設計の音声で利用できます


**人工言語
同じ名前で機械が相手ということも在ります


または
**計画言語
と呼び


人間用だが使われるわけ無いというのは事実

となりの言語を使うだけをしな

どれかが国際語として機能すると言います



メロビ語は
表記は ひらかな カタカナ

を 使い ラテンアルファベット での 転写は 可能です

Melobi-language



作者名 ー イェウゴ です
the conlanger / Yeugo





産まれた後で言語
消滅が危惧されるはずがなく危惧です


**MELOBIDO
| est une langue construite.&br() il n’est pas une langue auxiliaire.&br() le mot MELOBIDO vient

de la contraction des mots&br() Melo et bido,&br() les peuples melobi et langage.|




**MELOBIDO/めろびど, it's an artwork of mine. -yeugo.












**その他お勧めサービスについて
-[[大容量1G、PHP/CGI、MySQL、FTPが使える無料ホームページは

@PAGES>>http://atpages.jp/]]
-[[無料ブログ作成は@WORDをご利用ください>>http://atword.jp/]]
-[[2ch型の無料掲示板は@chsをご利用ください>>http://atchs.jp/]]
-[[フォーラム型の無料掲示板は@bbをご利用ください>>http://atbb.jp/]]
-[[お絵かき掲示板は@paintをご利用ください>>http://atpaint.jp/]]
-[[その他の無料掲示板は@bbsをご利用ください>>http://atbbs.jp/]]
-[[無料ソーシャルプロフィールサービス @flabo(アットフラボ)>>http://sns.atfb.jp]]

**おすすめ機能
-[[気になるニュースをチェック>http://atwiki.jp/guide/17_174_ja.html]]
-[[関連するブログ一覧を表示>http://atwiki.jp/guide/17_161_ja.html]]

**その他にもいろいろな機能満載!!
-[[@wikiプラグイン>http://atwiki.jp/guide/category17.html]]
-[[@wiki便利ツール>http://atwiki.jp/guide/category32.html]]
-[[@wiki構文>http://atwiki.jp/guide/category16.html]]
-[[@wikiプラグイン一覧>http://www1.atwiki.jp/guide/pages/264.html]]
-[[まとめサイト作成支援ツール>http://atwiki.jp/matome/]]

**バグ・不具合を見つけたら? 要望がある場合は?
お手数ですが、メールでお問い合わせください。


la contraction des mots
Melo et bido,
les peuples melobi et langage.




MELOBIDO/めろびど, it's an artwork of mine. -yeugo.












その他お勧めサービスについて

大容量1G、PHP/CGI、MySQL、FTPが使える無料ホームページは@PAGES
無料ブログ作成は@WORDをご利用ください
2ch型の無料掲示板は@chsをご利用ください
フォーラム型の無料掲示板は@bbをご利用ください
お絵かき掲示板は@paintをご利用ください
その他の無料掲示板は@bbsをご利用ください
無料ソーシャルプロフィールサービス @flabo(アットフラボ)


おすすめ機能

気になるニュースをチェック
関連するブログ一覧を表示


その他にもいろいろな機能満載!!

@wikiプラグイン
@wiki便利ツール
@wiki構文
@wikiプラグイン一覧
まとめサイト作成支援ツール


バグ・不具合を見つけたら? 要望がある場合は?
お手数ですが、メールでお問い合わせください。
meloggo

もごだと

もろ 数詞
このページを編集する トラックバック(0) リンク元(0)

参考
100までの数詞
数 名前 読み方 意味
0 muh 0
1 nusi 1
2 gehto 2
3 zhuusa 3
4 awoli 4
5 temp 5
6 wady 6
7 raki 7
8 fati 8 (1×8が語源)
9 kiy 9
10 nat 10
11 temp-wady 5+6
12 weito 12 (6×2が語源)
13 nusi-weito 1+12
14 gehto-weito 2+12
15 zhuusa-weito 3+12
16 awoli-weito 4+12
17 temp-weito 5+12
18 wady-weito 6+12
19 nusi-wady-weito 1+6+12
20 ge-muh 2×10+0
21 ge-nusi 2×10+1
22 ge-gehto 2×10+2
23 ge-zhuusa 2×10+3
24 ge-awoli 2×10+4
25 ge-temp 2×10+5
26 ge-wady 2×10+6
27 ge-raki 2×10+7
28 ge-fati 2×10+8
29 ge-kiy 2×10+9
30 zhu-muh 3×10+0
31 zhu-nusi 3×10+1
32 zhu-gehto 3×10+2
33 zhu-zhuusa 3×10+3
34 zhu-awoli 3×10+4
35 zhu-temp 3×10+5
36 zhu-wady 3×10+6
37 zhu-raki 3×10+7
38 zhu-fati 3×10+8
39 zhu-kiy 3×10+9
40 aw-muh 4×10+0
41 aw-nusi 4×10+1
42 aw-gehto 4×10+2
43 aw-zhuusa 4×10+3
44 aw-awoli 4×10+4
45 aw-temp 4×10+5
46 aw-wady 4×10+6
47 aw-raki 4×10+7
48 aw-fati 4×10+8
49 aw-kiy 4×10+9
50 tem-muh 5×10+0
51 tem-nusi 5×10+1
52 tem-gehto 5×10+2
53 tem-zhuusa 5×10+3
54 tem-awoli 5×10+4
55 tem-temp 5×10+5
56 tem-wady 5×10+6
57 tem-raki 5×10+7
58 tem-fati 5×10+8
59 tem-kiy 5×10+9
60 wa-muh 6×10+0
61 wa-nusi 6×10+1
62 wa-gehto 6×10+2
63 wa-zhuusa 6×10+3
64 wa-awoli 6×10+4
65 wa-temp 6×10+5
66 wa-wady 6×10+6
67 wa-raki 6×10+7
68 wa-fati 6×10+8
69 wa-kiy 6×10+9
70 ra-muh 7×10+0
71 ra-nusi 7×10+1
72 ra-gehto 7×10+2
73 ra-zhuusa 7×10+3
74 ra-awoli 7×10+4
75 ra-temp 7×10+5
76 ra-wady 7×10+6
77 ra-raki 7×10+7
78 ra-fati 7×10+8
79 ra-kiy 7×10+9
80 fa-muh 8×10+0
81 fa-nusi 8×10+1
82 fa-gehto 8×10+2
83 fa-zhuusa 8×10+3
84 fa-awoli 8×10+4
85 fa-temp 8×10+5
86 fa-wady 8×10+6
87 fa-raki 8×10+7
88 fa-fati 8×10+8
89 fa-kiy 8×10+9
90 ki-muh 9×10+0
91 ki-nusi 9×10+1
92 ki-gehto 9×10+2
93 ki-zhuusa 9×10+3
94 ki-awoli 9×10+4
95 ki-temp 9×10+5
96 ki-wady 9×10+6
97 ki-raki 9×10+7
98 ki-fati 9×10+8
99 ki-kiy 9×10+9
100 natati 10×10

100より大きい数詞
数 名前 読み方 意味
1000 nusi kilo 1×1000
10000 nusi man 1×10000
100000 nusi lakh 1×100000
1000000 nusi mega 1×1000000
10000000 nusi crore 1×10000000
100000000 nusi ok 1×100000000
1000000000 nusi giga 1×1000000000

せみれごれで
ばりのき 白菜
きゃさも せっかく
きゃで 生活
えるこ 節、特徴
じぇんてみろ 碌な

まじぇぺりぉ 対象語、目的語
まじぇ 客語
まぼく 動輪、車輪
こるげく 発明
あじれ 文化、ミーム
komacu-tacian空気の読めない子供や余所へ迷惑をかける輩
とくろめ 天皇
めくろ 皇后
ちろき 王族
はるまちぇ 高貴な身分
せご 貴族
ても 鬼族
nakaama
同胞、仲間、味方
al-mansurr-hillah
神による勝利者
madrasa
大学
alkasar
宮殿
sidye
ご主人様
kalif
宗教指導者
madina
都市
Komacu ar wikipe-pazl-hohvana
とあるリア厨(「ウィキペを砂場呼ばわりした空気の読めない子」の意)
vovo-otkitaa
完成(大人な vovo+成り立つ otkita)
neomugia
悪人、悪魔
uro
一族、民族、氏族、郷土
pilsa
必死
gero-nam
醜名(グモソ語話者が名無しだと不便なので付ける便宜上の呼び名)
NCBK-a
クレクレ君 (NCBK nom con buclukt kibon)
てじぇ 野生、野良、ノラ
なふ-てじぇ 野良猫。ノラ猫
mazkas
無味乾燥
yosigy
殺伐
yeuro
家族(ye家+uro一族)
kimcon
金持ち
milulchomi
見世物。ショー。
shosen
所詮。結局
hao
当然。当たり前
amez
元、原初。
ildoh
一部、部分。
elia
圏。領域。範囲。区域。
edjo
以上
edge
以下
edmai
以前
edbac
以後、以降
bokus

kalpis

cubo

biogjah
誕生 (bi+ogjah)
noripi
法 (peronoripi 文法)
nigai
灰汁
bin

bitajihobar
捕まえられること=逮捕
abonya
殺し屋
kimyasvaseli
ボランティア (kim 金 y'a-s なしの vas-eli 働く人)
bokora
戦い
jihad
聖戦
sekimyacon
金のない人、貧乏人
kopila kop+il
入り込むの名詞化=ハッキング
cumsila
「一緒にするもの」オナニーのネタの隠語
kuce
近く
foge
方角
supopikto
地図
fogesasa
コンパス、方位磁針
kabut
帽子
amah
飴、キャンディ
jajakul
ポケット
saaki

radona
祈り
pharaosu
王国
stoon
意志
kome
糧、食料
wana
誘惑
lesadah

go-kaka
誤記
satma
西(⇔azma 東)
nar
火(←narak 燃える/narek 燃やす)
satmanar
アンドゥリル(西方の焔)、サトゥマナル
narpika
ナルシル(炎の輝き)
frei

yecemaseli
書生
ge

agrhaoba
やかん
boko

sekku
性交
sivakaka
朴筆(枝+書く) - (注意:決してsiva-kakaと分離して綴ってはならない。「枝を書くもの

」という全く別の意味になるため)
prov-dori-kak'ara
羊皮紙(羊+皮+紙)
kak'ara
紙(書かれるもの)
suiry
マウス(生物ではなくコンピュータ用具の方)
ordinatory
コンピュータ
dogrib
独立
haebang
解放
dongmu
マブダチ
agassi
お嬢さん
gongzhu
お姫様
gongbuto
女王様
vosobuto
サド
geboka
マゾ
timtirapoppo
頭の中が収拾のつかない様子
Omacinko
放送禁止にすること
seli

natose
今年<na(今)+tose(年)
asahiru
自分の思想を大切にし公平さが極端にかけるが、人に自らの正義を訴える行為。
tomrauna
追悼
kak

bekis-kak
絶対格
nom
やつ
sern
発想、アイディア
miz

terakaos
混沌
kuwa
できごと (<kuw)
ji-ugokapero
自動詞
hoka-ugokapero
他動詞
rom
野次馬
dom
こそ泥
ba

bas
頂点、頂上
bar

baba

barve

ma

map
目に見えるもの
mape
文字
mapdi
文章
mapdut
本、書物
mapon

piut

piutal

jaws
サメ
zeugma

tingu

joweli
若者
bacpero
後置詞
eev

hiso imperiao

jaama

kirala
あこがれ
meriken
英雄
kennen
宿敵
pakani
金烏。太陽と関連付けられる架空の聖獣。しばしば鳥の姿で描かれる。
tewi
玉兎。月と関連付けられる架空の聖獣。しばしば兎の姿で描かれる。
knuso
薬剤
daros
ブルドーザー
geci
地中
nefel

monek
モナー板系アスキーアート
imif
意味不明、理解不能、よくわからない。
kakiko
文章
rohgata
バス
zippa
30/60、半分、ハーフ
gatamareli
乗客
kotafa
答え
hanaseli
話者
bathomu
ここ
niomossoth
それら(「それ」が人でない場合の複数形、人の時はniomosso yash)
sanadan
ぬるぽ (san=null/da=pointer/na=exeption)
tedashu
掘削
tamya
大会などの打ち上げ花火
kagya
個人でやる手持ち式花火
icekin
かき氷
形容詞

-on
前の名詞を形容するばあいにつける
-(n)a
動詞の形容詞化。名詞と同形
-e
動詞の形容詞化。「~ている」
i~n
強調
比較級
副詞mot「もっと」で修飾し、比較対象を奪格(ka)で表すことで作られる。
-(a)s
~すぎる
-no
名詞の形容詞化
hikki
内気な、引きこもりの
bir
長い
cik
短い
ce
前の
boj
面白い、笑える
sory
美しい
amak
正しい
buri
クソな、ダメな、悪い。重ねて使うと更に強調される。
uza
ウザい
cibi
小さい
asime
最初の、はじめの
digime
2番目の、次の
shobon
寂しい
krisot
似ている
sely
良い。sel-selyとすることで強調。
lesad
悪い
nyomom
傲慢な
eti
よろこばしい、ありがたい
mahi
暇な
hyakt
重い
waid
広い
cielin
桃色の、ピンク色の、桜色の
cie
赤い
tostenchomo
季節外れな
tenchomo
季節の
wasbara
最後の
blanka
統一された、単一の、単調な、単純な、モノトーンの、(卑)馬鹿な
uza
ウザい、手間がかかる、困難である。連体形語尾をつけた動詞が主語になると、「~しに

くい」という意味。
gois
凄い
ni
その。母音及び半母音の前ではn'
chigei
異なる [sa]
eliluktonis
人工の
seliluktonis
天然の
yabe
ヤバイ
tei
寒い
gakubul
怖い
garagara
ガラガラだ、空いている、場所がある
suge
凄い
rak
容易・簡単である
cin
優れている、珍しい
man
豊か、満足
mena
疑わしい
puci
~の中の
kac
硬い
cima
細かい
rag
酷い、残酷な
strathore-zaka
交換できる
gugege
怪しい、得体の知れない
yunyun
電波だ。ありえない。気違いじみている。
il
逆の、逆さになった
skann
過疎である、密度の薄い
hraun
多い
sen
先端の
makarena
maka
heki
平気な
idaj
偉い、偉大な
afogeum
流れに逆らった、正しい方向に無い、違法の
am
甘い
en
しょっぱい
ug
苦い、辛うじての
kar
辛い
fis
酸っぱい、酸性の、切ない
laran
運のよい
gai
もう出ている、既出の
go
誤った
roh
共通の
gehte
互いの
dotamma
賢い(clever)
ycompile
統合失調症である
geitemeu
形而下の、物質の
joitemeu
形而上の、精神の
adel
実体を持つ、しっかりとした。
haja
はやい
rjal
本当の、現実の
hora
嘘の
poli
多数の
vovo
大きな
nami
通常の、常識の。時として「平凡な」。
tokzioh
非凡な
hamaged
究極の
biribiri
電気的な、電子的な
osbucna
自己目的的な。
jojokan
世界間の、国際的な。
krisot
[sa]似ている
hagar
電気的
girry
残念
milig
軽い、ちょっとした
zafulon
愚かな
nauris
新しい
onjon
あらゆる
cioton
少しの、少ない
matalon
幸せな
moen
萌えな
afaron
しみじみと情緒が深い
afaraon
しみじみと情緒が深い
vovovo
巨大な
mendoi
面倒な
kadge
門下の
sobon
毒のある
naroo
狭い
eliluktanis
人工の(eliluktonisの異字体 eli人+lukt作る+-an過去形+-is連体形)
aye
悲しい=ay悲しむ+-e動詞の形容詞化(~ている)
jason
幼い
duub
暗い
skannduub
薄暗い
jimet
湿っている。じめじめした。
nyohvar
いわゆる
mio
妙な、奇妙な
naya
精力を減退させるような
jow
若い
gerogerona
醜悪な
aik
哀しい、可哀相
hamra
真っ赤な
akbal
偉大な
junjun-on
悠々としている
nusiah
同じ(nusi 一つ + ah ~なもの)
bamayasely
役に立たない(bam 使う + ya ない+ sely よい)
yokkibonis
貪欲な (yok+kibon+is 望むことをよくする)
kazyas
無数の (kaz ya a-s 数がないところの)
afarbare
お気に入りの
minachomo
いつもの
pino
日々の
oldre
古い
siguzan
煙たい
simraa rider-zaka
ご都合主義の(空気が読める)
buria-sekkula
どうしょうもない(shit fuck)
kituvesugana
人工的な
tamifl
器用な、アクロバティックな、幻覚的な
mabusik
明るい
do
身近な
hal
遠い
kale
遠い・彼方の
kalenzu
高貴な
com
共通の
ike
かっこいい
piromi
通信が素早く行われている。(回線が)太い、(鯖が)軽い、(ファイルサイズが)小さい
bomiso
通信が素早く行われていない。(回線が)細い、(鯖が)重い、(ファイルサイズが)大きい
zaki
通信が行われていない。(回線が)切れている、(鯖が)落ちている
zarora
通信が行われている。(回線が)繋がっている、(鯖が)起きている
ank
かわいい キュート
orisay
黄色い
crisogen
緑の
aruteru
青い
tricoyde
黒い
serebis
白い
mana
満足のいく(量の)
cracra
つまらない
間投詞・感動詞

bubera
痛い、とか アウチッにあたる言葉
haua
おどろいたときの感嘆詞
yan
NO、いいえ
we
間投詞
bit
命令的にうながす、行け!、早くしろ!、出て行け!
sei
YES、はい
awawa
どうしようと慌てふためき焦る気持ちを表す感動語
ai
ああ。 
dalari
汗をかく状況での間投詞
ashad
なんてね。
dayoo
萌え語尾
kita
おお、なんとまあ。
hepon
へぇ~
heponaizun
へぇ~、そうなんだ
ots
乙、お疲れ様、労をねぎらう言葉
selyvas
GJ、すばらしいことを成した人物をたたえる言葉
ba
動詞文近称の丁寧終助詞。batyamからの変形。
nio
動詞文中称の丁寧終助詞。niomossoからの変形。
hu
動詞文遠称の丁寧終助詞。hukengからの変形。
ha
疑問動詞文の丁寧終助詞。hamiからの変形。
maha-garansha
「ふたつとも自分で申告した言葉だったのに、うるおぼえで一つは全然覚えていなかった

のがショックだった。そんな気持ち」
phgera
「うるおぼえ」という言葉を使っている人を見た時の気分
a'ny
~である。(<a niomosso;強い断定の際の終助詞)
vasmikonea
そんな…。(悲観に暮れる時の間投詞)
nusiadela
一体(一体全体;nusiadela-aldahの略)
aamen
アーメン
oma
「おい、はぁ?、なんでやねん、ちょwおまw」と前の発言を否定し、反論・つっこみする。

言い間違えた時や発言してから考えが変わった時など、自分の発言に対しても使える。
haan
なるほど
tasi
強い疑問
慣用句

oragita
ありがとう
samisat
ありがとう

eti samisat
どういたしまして
yan monda
気にしないでください
Sel nusi!
おはよう
Sel ten!
こんにちは(日中)
Sel macri!
こんばんは
Sel alanoya
さようなら
Eti nerok
さようなら。出会った時の挨拶にも使える。
Con sely!
元気で!
YUN!
若者同士の挨拶として使われる単語。別れる時はしばしばYUN-YUN!になる。
ksug ~ vizda
~に過ぎない
ksug mudas vizda
塵に過ぎない
kakoste?
立ち直った?
sa ~ … buc-bam
…を~として扱う
sa lapionpo cuno
とにかく
mes-~ bit
~しよう(let's~)
nulpo
ああ、もうわけがわからない!
gat
しっかりしろ!
Ja A se B
AでなくBが、を
Ai, Seli ragon!
なんということだ!
yak + V-an 過去形
ちょうど~しようとした
甲 teb 乙 丙
甲にとって、乙とは丙である。乙・丙とも名詞
甲 aleb 乙 丙
甲にとって、丙とは乙である。乙は用言
Seli-dayoo!
キリスト教の「アーメン」的な言葉
emodote
おめでとう
ya nom ~ mbas …
~だけでなく…も
ybittrabl,oragita.
どうぞお構いなく。
dilinerok
別れるときの挨拶
smaso
ごめん、すまん、すいません(謝罪)
bit mes-~
~しよう。(let's)近年、bitを前置することが一般化したため変化。
Nei se-yaa-kita rite ... -ame fue (yash)
~しないでいただけますか
simraa rider
空気を読む
maruku po dilli-kopplukt
車輪の再発明
lukt seli asa~
神が~にする
Onajik natose bit biron kitaas sre!
新年の挨拶。直訳すると、「今年もスレが伸びますように!」親しい者の間では省略形"Bit

biron kitaas!"を用いる。
bit V-as
~しますように(要求話法)
nei ya?
そうではないか?
後置純詞

po
文末に付加することによって伝聞、推量モダリティを表す後置純詞。~らしい。~ようだ


sete
確認を意味する後置純詞。でしょう?でしょ?だろう?だろ?
めりさこ
ごると つまりは
ありぁ こうで それである
けた またね

語彙

(20060901)まとめサイト単語集より転記。当時、2-839まで更新。
(20060901)3-79まで更新。2sremilyazakape!!\(`Д´)ノuwaan!!ということで、2スレ分未更


(20070123)3-521まで更新
(20070128)3-563まで更新
(20070217)HTML的に整形
目次

前置詞

sa
~に。与格表示の前置詞。
cum
~と(ともに)
ma
~から、だから
だと ~(手段・道具)で
でれ ~にて、~の中で、具格
ka
奪格
omaila
呼格
jojo

i
目的格補語
kan
~の間
nom
~だけ、~のみ
fa
主格、~は、~が
ba
目的格、~を
jaf
様格前置詞、~のような、~みたいな
tsil
~として
ringo
~なしに
後置詞

強調として特別に語順を変える場合以外非推奨
acio
~に(与格)(=sa)(<a ociis ciomo po)
akcio
~と(共格)(=cum)(<a kut-cioma/ciomi po)
arizo
~から、だから(奪格)(=ma)(<a rizo po)
abamo
~(手段・道具)で(具格)(=ed)(<a bama po)
ancio
~にて、~の中で(処格)(=ite)(<a onis ciomu po)
asacio
~から、~より(出格)(=ka)(<a saitamis ciomu po)
接続詞

cesile
それで、そしたら
nde
そして
nde
~及び、~と
muni
Complementizer、~と
sna
すなわち
batyam cesile
こうして
cesilo
ところで
yue
~から、~ゆえに
ma
~だから、~なので、~のために、~するために(for)
kendmo
~だけども、~にも拘らず(though)
e
万能肯定接続 (そして、だから、それゆえ…)
mbas
万能否定接続 (でも、しかし、だからといって…)
ol
万能並列接続 (または、…)
zi
万能接続詞 (なんでもよし。「而」から。)
jue
yue
hazaafyr
例えば
mahte
もしも
jojo niomosso
その上
nga
動詞や前置詞の左につき、動詞や前置詞の右に目的語があることを示す。
gan
は動詞や前置詞の右につき、動詞や前置詞の左に目的語があることを示す。
tok
~するとき
mata
~しながら
ar
後置修飾のための接続詞
a(r)-
arと前置詞の結合型。後続が子音でrが落ちないとき、aが省略される。
kendmo mahte
もし~だとしても
yanom
のみならず
疑問詞

ねしぇ 疑問詞

ama

ami


えめ えめだ どのように
hamu
どこ
hamo
いつ
ikawak
如何なる訳で(古風)
ikaeli
どなたの(古風)
hame hraun
いくつ
nei yue
どうして、なぜ
hamy
どうして、なぜ
助動詞

zaka
できる(can)
sil
(must)
bit
命令形、強意
ybit
するなかれ
bitolia
bitがあまりにも失礼ではないかと思われる状況で用いる。
yos
~してよい。許可を表す助動詞
bot
~しなければならない。義務
bet
~しなさい!
mesa
~だろう。(may be)
y'oneg
どうか~しないで
giri
~しかける
副詞

-ni
副詞を作る接尾辞
-va
~でも。主に疑問詞に接続(例:hamava誰でもhamiva何でもhamuvaどこでもhamevaどう

でもhamovaいつでも)
na

mi
~に至っても、~(時期)になって
na mi
いまだ、まだ
ya
否定
mot
もっと
mi ~ mi ~
もし~なら~
ciot
ちょっと
niomosso mi
そこで
do
また
cepi
昨日
vongole
とても
bianko
多く
onajik
~も
kwashik
詳しく
maka
すげえ~ 、あり得ない程
chomo
~の時
mazi
本当に
es
可能
napi
今日
minapi
毎日
minameres
毎晩
cumni
一緒に
oneg
どうか(please)
chomeni
なんだか、どうしてか、どのようにか
jikoni
自分で
nusini
まず
nomal
普通
nusimeni
もっとも
syomo
いつか
sa batyam
これほど
mosto
もしかしたら、ことによると(maybe)
yak
約、大体
syomi ibis
何を言おうとも。連体形には、譲歩を表す場合がある。
diust
ただ・丁度
ja
ya
hadni
突然に
aldah
全て
fyr-gumoso
私たちに向かって
ciotni
すこし、たかだか
selyni
上手に、上手く
nama
もうそろそろ
dotammnani
賢く
klunni
くるんと
batyam mi
最近
veh
否定強調
bacni
戻って、後ろへ
yalse
yaの未来推量、~ではなくなる
daet
敢えて、わざわざ
mazi mi
実は
dandan
次第に
mkas
昔、かつて
asimzi
初めて、始めて
lesadni
下手に、つたなく
yvuasonerok
とりあえず
nani
今のように (na-ni)
ygoni
確かに
faekni
充分(十分)に,よくよく
sikosikoni
一心に、熱心に
sug
すぐ、さっそく、ただちに、即座に
hamova
いつでも
ed katey
勝手に、無断に
ite jousan
濫りに、やたらと
ite mekrah
盲目的に
aldahni
全く、全然、全てに
nijojo
その上、さらに、しかも
syontok
時々、時に、たまに
ite cuy
ついに、ようやく
josaa
きっと、多分、おそらく
ite apateia
禁欲的に
hisoni
ひっそり、こっそり、ひそかに、秘密裏に。
ciotmo
少しも
kitili
きちんと
bucbilni
末永く
minachomo
いつも
yaciiyo
永遠に
aldah'de-aldah
なにもかも
tera
とても(強調)
sa-hami
どれだけ、どこまで
dina
っていうか、つーか、というよりか、それより
sra
心理的な甚大さを表わす。~も、~さえも、~すらも、~までも、こんなにも
sri
~しか。心理的な甚小さを表わす
trabni
やっとのことで、苦労して
hages
激しく
-mega
たいへん、完全に
動詞

-(a)n
動詞過去形。最も基本的な過去形で、過去のほぼ一点の行為のみを指す。
-se
~するかも
mes-
~するだろう、~するつもり、~の様に見える、~そうだ
-bar
動詞受動態
-ar
受身の-barの省略形。
-bul
使役形。~せる、~させる
-(a)ned
過去の一点からその後の過去の一点までの行為を指す。すこし遠い過去からごく近い過去

でもよし。
-(a)nse
過去の継続性をあらわす。
-(a)mel
「~といわれている」とか当然の常識っぽく知識を話すかんじ。当然の状態の表現形。
-(a)in
~してしまった。して少し過ぎたかんじ。
-gum
動詞について、再帰動詞を作る接尾辞。kopp出す+gum→出る
tos-
遠く、離れて
-(a)lse
意思未来、推量未来思ったことが未来まで継続する。-(a)nsemes-よりも確信的。
-se
継続性を表す動詞の活用語尾。
-(a)l
未来
buc-
~を目的にして(to) [sa]
fuk-
~の彼方へ(far) [sa, ka]
fyr-
~の方に向けて(for about) [sa]
cuk-
~から下へ(down) [ite, ka]
ot-
~から上へ(up) [ite, ka]
nuk-
強調
swyr-
~を抜けて [ka]
phjwod-
~の振りをする
kut-
~に接して [sa, ite]
sut-
~の上空で [sa, ite]
kir-
~をかき分けて [sa]
ge(l)-
受け身
bi-
~すること
strat-
~に平行して [ite]
jen-
~を元にして [ka]
haz-
~の外へ向かって [sa, ite]
kom-
~の内に向かって [sa, ite]
efta-
~から後へ [ite, ka]
prio-
~から前へ [ite, ka]
-se
進行形
lim-
極限まで~する。
y-
否定形を作る接頭辞
dili-
再~
-(y)leb
後接助動詞
(形容詞)-kita
~になる
-(a)me
~すること
-eta
~しておく (peta 置く)
se-~a-kita
動詞を一度名詞化してkitaを付ける事で尊敬語にする。「お―になる」
-(o)f
尊敬動詞化接尾辞
-(e)g
謙譲動詞化接尾辞
-(e)gof~
いたされる、~いたしなさる。二方面への敬語表現。動作主、被動作主ともに敬意の対象

であることを表す。(-(e)g謙譲+-(o)f尊敬)
-as
丁寧語化接尾辞。~です/~ます。聞き手に敬意を表すときに使う。
-rob
逆受動
a
A動詞
mon
すき、好む
haahaa
性的に好む
con
持つ、所有
kak
書く
macri
もりあがる
ib
言う
sekus
セクースする
sil
する(do)、~しろ、~やれ
puccun
ぶち切れる
kik
聞く
oci
行く
yocci
帰る
ekon
結婚する
sanksko
感謝する

けじん 集まる

pesin
座る
men
疑う
bojl
笑う
otu
労う
hanas
話す
kita(自)現れる
ねきた (他)なる
orz
挫折する、[sa]~に対して屈服する
hases
反省する
nusil
スレを立てる
uzal
うざくする、迷惑をかける
sumaso
謝る
ik
逝く、死ぬ
gaman
耐える
ugok
活動する、(古語)動く
lukt
作る
humhum
理解する
roci
気付く
muneo
崩壊する
mukack
怒る、むかつく
kopp
追い出す
nerok
出会う
yohv
呼ぶ、(COVS)
kibon
~したいと思う、望む
beki
~を必要とする
mil
見る
kak
書く
cema
学ぶ
rebi
教える
yak
焼く
golur
喧嘩する、威嚇する
stakora
逃げる
swiswi
泳ぐ
etil
気持ちよくする、喜ばしくする
momij
手を振る
bootmil
眺める(ある程度遠くから、眼球を動かさずにマターリ見てるニュアンス)
mil
対象を意識して見る(look)
miel
視界に入るものを認識するという意味の「見る」(see)
yokmil
対象を目で追い、観察する(watch)
naks
なくす
ma misa naks
忘れる
fuk
拭う、拭く
mak
巻く
was
(作業を)終わらせる、やり遂げる
gangal
頑張る、気張る、普段より気合を入れて行う
gat
運ぶ
tosoci
旅に出る、旅する
hore
贈る、あげる
kibonnumil
探す
meredl
雨が降る
meredlbar
(悪い)影響を受ける
sas
指す、示す、見せる
misal
心にかける、気にする
snel
雪が降る, 同族主語を取りうるので、~な雪が降る、という場合は ~ sne snel
cibiib
つぶやく、ささやく
birmil
待つ
sage
下げる
milkopp
見つける
raunk
放つ、投擲する、ぶつける
triob
飛ぶ、飛行する
jenluktbar
~をもとに作られる [ka]
jeb
切る
doyo
問う、問題とする
hariko
引用する
on
存在する [ite]
peta
置く [ite] johavy yobu yonbu
wota
専攻する、専門的に研究する
uwaan
負ける [sa]
hatena
調べる
poncho
嫉む
kupene
通販で購入する
vongoluu
超越する
puk
膨らむ
biron kita
伸びる
kom
困る
uween
泣く
toko
歩く
uwaan
泣く
sug
過ぎる。名詞化した形容詞を主語に取ると、「~すぎ」の意味。
tonkac
釘を打つ
cukcon
保障する
tuins
止める・止まる
buclukt
~させる
kay
知る
kuthanas
説明する
fyrmuhl
省く、消す
otmil
認知する
strathore
交換する
guc
煮る
ogjah
生まれる
narak
燃える
narek
燃やす
hazkopp
発行する、表現する
kirhore
貿易する
gav
噛み付く
ov
追う
otkita
成り立つ
bam
使う
strata
重なる、適合する、協調する
stratbokor
矛盾する、拮抗する、あい争う
bokor
戦う
rider
読む
nul
鼻歌を歌う
pakki
盗む
johv
yohv
alzi
使役する
bossiut
不当に奪う
normash
呪う
swyrperol
翻訳する
gakbur
恐れる
tjok
解釈する
chereb
応援する
tav
堪える
issoro
住み着く
rokt
建設する
abeskennid
いたる
-ospe nam age
名を上げる
baras
散らす、バラす
arraasy
荒らす
reip
レイープする
kanta
歌う
pile
束ねる
ibkal
いぶかる
milnerok
見合う
eftamil
後ろを見る、振り向く
pens
思う、考える
fuel
増える、増やす
masra
猿真似する、複写する
peta
貼る
ek
分割する
ami
整える
emed
法を遵守する
kazl
数える
kal
刈る
zhabzhab
洗う
dombr
流れる
bivil
おどろく
otcon
持ち上げる (ot- ~から上へ+ con 持つ)
(A cum B) namlukt
(AをBと) 名付ける
ndzambur
苦しむ
nukkur
(正当な理由をもって)成敗する
ob
湧き出る、沸騰する
Sran
射る
teb
である、なり、慣用句を参照
aleb
である、なり、慣用句を参照
bhan
かかわる、影響を与える、知る、同居する、出会う
krig
侵攻する
zekjo
叫ぶ
tajiho
捕まえる、大枠を理解する
harmag
宣告する
walol
嘲笑する
molas
漏らす
task
助ける、補助する
asim
始める
asimgum
始まる

jenbam
ベースにする、元にする
cumari
意味する
fel
感じる
kank
治す
はう 驚かせる

げねる 誤る、間違える
jojomil
嫉妬する

saitam
来る
きぇとむ 見なす(look on)
hosh
保守する、守る
age
上げる

いぇぶるごれむ

【グモソ語】人工言語を作ろう!3

muni ib-is rizo-ed, eliluktanis pero-sa taisi on-is choma omaira,
nei cumni gumoso-po mom-ed ya lukt fue yash?
fue a wotaya ol y'a-is ya doyo gumoso.
onajik hoka-po seliluktanis pero-ka peronoripi nde perolist hariko mata,
sa Esperanto ya uwaan-is chomi bitlia mes-meat fue yash.
<訳>
というわけで人工言語に興味のある方、共に僕達の手で創りませんか?
専門家・非専門家問いません。他の自然言語からの文法や語彙の
引用もしつつ、エスペラント語に引けを取らないものを目指しま


手に入れる 食う

gehto get-ain pe.「私は2を得てしまった。」
nusi omaira, fue ots pe. 「1よ、私はあなたをねぎらう。」


アルカを披露するスレ セレンが ここか です にゃ

4 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/07/18(火) 11:17:21
an taf-ik ta.「私は2を得てしまった。」
ko! an stis-i ti. 「1よ、私はあなたをねぎらう。」


5 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/07/18(火) 11:37:38
単語登録

民主主義 aldemokaratusi
君権主義 alsultannisum
物理学  melikalena
文化人類学 ansuropologiah 
力学  komestino


6 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/07/18(火) 12:04:21
頭のいい人、これなんて読むんですか?わかる人いたら教えてください。お願いします

http://t.pic.to/2rnzd

7 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/07/18(火) 15:34:34
【NYTIMES】中国にて小学校教師が担当クラスの女子生徒ほぼ全員にあたる26人の女児を

当するクラスの女子生徒ほぼ全員に
されていたのである(写真は事件が起きた小学校)。


グモソが有名とは笑わせる。ねらーとヒッキーの自演で大きく見せているにすぎない


>>1
vongole otu




初めての人のためにレクチャーをかねてマジレス

yan.「いいえ」
Alka mil buclukt Selen chom sre y'a[ya a] ba'chomu[batyam-po chomu].
(アルカ 見 させる セレン 関係代名詞 スレ ない である ここ)
「セレンがアルカを見させるスレはここではありません。」

A動詞(英語で言うbe動詞)はSVC文型
pe y'a[ya a] Selen.「私はセレンではありません。」

一般名詞はOVS文型。
Alka hanas ya zaka pe.「私はアルカを話せません。」

許可はyos。義務はbit。命令もbit。位置で区別。
ik yos fue. 「あなたは逝って良い。」
ik bit fue. 「あなたは逝かなければならない。」
Bit ik fue. 「逝け。」

bil yuk fizez dea

Alka mil buclukt Selen chom sre y'a[ya a] ba'chomu[batyam-po chomu].
seren sins-e arka ka koa os

pe y'a[ya a] Selen
an ut seren

Alka hanas ya zaka pe
an ku-ul arka


OVS a besa no buimeu. (besa:基本,buimeu:文型)


義務はbotに変更


gumosopo hanas fue. 文型はOVS
ya gumosopo hanas fue. 否定:文頭にya置くだけ
nei gumosopo hanas fue? 疑問:文頭にnei置くだけ
nei ya gumosopo hanas fue? 疑問+否定:文頭にnei ya置くだけ


bit gumosopo hanas fue! ~すれ!:文頭にbit置くだけ
bet gumosopo hanas fue! ~しなさい!:文頭にbet置くだけ
bitolia gumosopo hanas fue. ~してください:文頭にbitolia置くだけ
bot gumosopo hanas fue. ~しなければならない:文頭にbot置くだけ


文頭式だと、節でどちらの動詞が命令形か否かの判別に困る。
だから動詞の近くがよいと思われ

bit pe a seli muni pens fue!
「私は神だと思え!/私は神であれとあなたは思う。」

pe a seli muni Bit pens fue!
「私は神だと思え!」
pe Bit a seli muni pens fue.
「私は神であれとあなたは思う。」



「クモソ」は改造案その2
「接辞→前置詞」に変更
格とか時制とかあらわす語は、対象となる語の前に置く
nei ain puccun pon fue?
同音異義語、関係代名詞とか関係副詞とかなくす
gumosopo ya hanas fue. 否定:,動詞と前置詞の前にya置くだけ


嫌いをya+monでyonにしちゃったけど
ないという意味のya+onのyonと被るからjonに変更な。


>>22
同音異義語はともかく、関係詞はSVOやOVS文型の宿命。
日本語は「彼は[彼女が文法を作った]言葉を聞いた。」のように連体形動詞があり
節が明確になる。
しかし、名詞にかかる部分が名詞になる文型では、名詞が連続してしまうため、
節の境界が解りにくい。
しかもグモソ語は、代名詞に格の情報が内包されていないので、さらに解りにくい。
関係詞があってこそ境界が明確になる。

({[peronoripi lukt-an] nahue} pero) kik-an nopion.境界不明
[peronoripi lukut-an nahue chom]→ pero kik-an nopion.関係詞chomで節境界明確化

ただし、A動詞文のSVや一般動詞文のOVの時など動詞が右端にあるときは連体形-isを
用いることで関係詞を使わなくて済む。

batyam sil-an-is eli kay pe.「私はこれをした人を知っている」
nopona a-is Emily lieb Oka.「オカは妻であるエミリーを愛する」

26 : pedant ◆mN11BBDroY : 2006/07/20(木) 10:54:41
nopona a-is Emily lieb Oka.「オカは妻であるエミリーを愛する」

arka
oka tial-e emili del mal


ba nopona a Emily lieb Oka.


[ba(nopona a Emili) lieb fa(napono a Oka).]
夫であるオカは、妻であるエミリを愛する


[ba(Emili a-nopona) lieb fa(Oka a-napono).]
夫であるオカは、妻であるエミリを愛する
[ba(Emili ya-nopona) ya lieb fa(Oka ya-napono).]
夫でないオカは、妻でないエミリを愛さない

30 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/07/20(木) 21:13:21
http://www.google.co.jp/gwt/n?u=http%3A%2F%2Fwww2.ttcn.ne.jp%2F%7Echipmunk

%2Finoue.htm&hl=ja&mrestrict=chtml&lr=&inlang=ja&q=%E4%BA%95%E4%B8%8A

%E5%B7%A7%E4%B8%80&output=imode&site=search


[ba(Emili a-nopona) lieb fa(Oka a-napono).]
夫であるオカは、妻であるエミリを愛する

arka
oka del mil tial-e emili del mal

[ba(Emili ya-nopona) ya lieb fa(Oka ya-napono).]
夫でないオカは、妻でないエミリを愛さない

arka
oka del mil os tial-u emili del mal os

how strange!


oka en mil-u tial-u emili en mal-u.

33 : pedant ◆mN11BBDroY : 2006/07/21(金) 00:25:36
>>32
tu eks-e u

34 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/07/21(金) 00:25:44
nei on Alka-po pero-po sre?
アルカ語スレがあるか?
sei, on niomoth.
はい、それらはあります。



pedant ◆mN11BBDroY omaira, nei hamy sa ni'chomu ya oci fue?

pedant ◆mN11BBDroYよ、あなたはなぜそこへ行かないのか?
ba'chomu a Gumosopo pero-po sre, nde y'a Alka sre.
ここはグモソ語スレであり、アルカスレではない。

35 : pedant ◆mN11BBDroY : 2006/07/21(金) 00:43:21
eda finaen arka xa-e?
nei on Alka-po pero-po sre?
アルカ語スレがあるか?

ax,ve xa-e
sei, on niomoth.
はい、それらはあります。

>>34
an xook-i arka os tal gumoso al tiso,kon arka

36 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/07/21(金) 21:28:13
>>35
kak-an Selen chom Alkapo pero-po sehanasa a-is "Sion-po Kakana" rider-is orz-an pe.
私はセレンが書いたアルカ語物語である"紫苑の書"を読むことを挫折した。
ma, Alkapo pero nom ciotni humhum ya zaka pe.
だから私はアルカ語を少ししか理解できない。
swyrperol-alse muni pens-an pe kendmo, kroz-an selen-po sait yue,
翻訳しようと思ったが、セレンのwebページが閉じたゆえ、
Alka-po makra get ya zaka pe, nde ni'bumi swyrperol ya zaka pe.
アルカの辞書を入手できず、その文を翻訳できない。

kroz-an-is Selen-po sait(閉鎖したセレンのサイト)


nei Cokparipo pero ol Avalonpo pero-sa ni'bumi swyrperol-an-is bumi Bitlia up-of?
その文を日本語か英語に翻訳した文を公開していただけませんか?


up 公開する。披露する。(web上に)upする。アップではなく/up/と発音


*勝手に語順を朝鮮語と同じにしないでいただけますか。
Nei ed katey se-yaa-kita rite pero-riola cum Uripero nusilame fue.

*濫りに機能語を増やされても、私は先に出た用法を優先します。
Ed jousan peroul fuelar, mbas jojo-tose-na peromika deizil pe.

*文法に合った文字を使用してくださると幸いです。
Ite peronoripi milnerokis idel se-bama-kita fue muni chome a matal ba.

*無闇に同じ意味の数詞を増やされると困ります。
Ite mekrah nusi cumari-na kazpero fuelis chome kom pe.

*ローマ字は代用です故、それに迎合するのは賛成しかねます。
Romaanah po manekin nio jue, niomosso milneroka a y-sancel-eg pe.

*私はその使い方に反対です。
Pe-pon ed ni bam-hame jance ba.

*それはグモソ語とは呼べません。
Niomosso ya Gumosopo-pero muni yohvzaka-na nio.



ed katey 勝手に、無断に
Nei se-yaa-kita rite ... -ame fue (yash)~しないでいただけますか
pero-riola 語順 riola 列、順序、並び riol 並ぶ
Uripero 朝鮮語
nusil 同じにする、一つにする
ite jousan 濫りに、やたらと
peroul 機能語、虚詞 perokul 内容語、実詞
jojo-tose 年上
deizi 大事、大切 deizil 大切にする、優先する
ite mekrah 盲目的に mekra 盲目 mekral 失明する
kazpero 数詞
manekin 代用品 manekinal 代用する
jue ~から、~ゆえに<-yue
bam-hame 使い方
jance 反対

39 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/07/22(土) 14:37:31
-ar 受身の-barの省略形。

40 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/07/22(土) 23:41:14
>*勝手に語順を朝鮮語と同じにしないでいただけますか。
>Nei ed katey se-yaa-kita rite pero-riola cum Uripero nusilame fue.

nei jafni Gumosopo pero, OSV kita-n uripero?
朝鮮語はグモソ語のようにOVSになったの?
ya kay-an pe!
わたしは知らなかった!
mahte sa OVS bumi y'on S, OV kita-is chom a-mel.
SがOVS文になければ、OVになることは当然である。
cecile, mahte sa SVC bumi y'on C, SV kita-is chom a-mel.
そして、SVC文にCがなければ、SVになることは当然である。

41 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/07/23(日) 00:30:46
>*無闇に同じ意味の数詞を増やされると困ります。
>Ite mekrah nusi cumari-na kazpero fuelis chome kom pe.

ya nom nusi kazpero mbas gehto ol ziusa con Avalonpo pero ol Cokparipo pero.
英語や日本語は一つの数詞だけでなく二つか三つ持っている。
nei ni'chom ya kay-of fue?
あなたはそのことをご存知でないのですか?
"gehto" ol "zhuusa"-jaf kazpero-pon,
「2」や「3」のような数詞は、
ed kazcemana bam-is chomo, ibna a bir-os muni pens pe.
数学で使う時、単語が長すぎると私は思う。
ma, onajik cikon kazpero beki-alse Gumoso muni pens pe.
だから、我々は短い数詞も必要とだろうと私は思う。

>*ローマ字は代用です故、それに迎合するのは賛成しかねます。
>Romaanah po manekin nio jue, niomosso milneroka a y-sancel-eg pe.

ed efta jo, sa hazsaitampero pero bam-bar Q nde X muni pens pe.
QとXが後世で外来語に使われると私は思う。
ma, Q nde X-po idel beki-lse gumoso muni pens pe.
だから我々はQとXの文字を必要とするだろうと私は思う。

42 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/07/23(日) 01:04:53
>*私はその使い方に反対です。
>Pe-pon ed ni bam-hame jance ba.
>
>*それはグモソ語とは呼べません。
>Niomosso ya Gumosopo-pero muni yohvzaka-na nio.

amak muni pens fue chome sil yos fue.
あなたはあなたが正しいと思うことをすればよい。
mbas, sa bam-bar-is pero y'on ya heng-is Pero.
しかし使われる言語に変化しない言語はない。
Gumosopo pero y'a nom pe-po pero, mbas niomosso y'a nom fue-po pero.
グモソ語は私だけの言語ではないが、それはあなただけの言語ではない。
Gumosopo pero a Gumoso-po pero.
グモソ語は我々の言語である。
rider nde kak rak Cokparieli bam-is ba'chome ya tuins pe
私は、日本人が読み書きしやすいこの使い方をやめないだろう。

heng 変わる。変化する。

43 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/07/23(日) 01:14:55
>bam-hame 使い方

"hame"-po imi a Cokparipo Pero-po "どのような/どのように".
"hame"の意味は日本語の"どのような/どのように"である。

行為や方法を表すchomeをつかうのが適切と思われる。
chomeの方がhameより歴史的に古い。

44 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/07/23(日) 11:48:27
>>24
ya と ja とは別音な。
母韻は6個、a e o y i u で、うしろ三つは子音扱いの半母音、y j w があるけれど、
yは表記が確定していなくて、暫定的に半母音も母韻もごちゃ混ぜ表記




chaci 教会



mujico 音楽
risolvo 解決する
tradanto 翻訳する

四季
harin 春
etasta 夏
otamon 秋
inven 冬




"-eli" "-a" は、ともに「~する人」を表わしうるようなので、ニュアンスの違いを設定。

"-eli": 生まれつき・職業など、そうであることを変えるのが難しいことを示す。
ex. ocawa-eli(左利きの人)/tenpoeli(店員)/task-eli(助手)
"-a": 広い意味での「~する人」、"-eli"を含む。ただし、"-eli"と対比して使われる場合は"-

eli"を含まない。
ex. task-a(助ける人;(成り行き上・自分の意思・相手の弱い要求などにより)助ける人)

Pe a alzi-bar-a sa selipoci!
Nde halpi ov-eli!


-ah
形容詞の名詞化。「~な人」「~なもの」

shobon-ah さびしい人 vovo-ah 大きい人 yabe-ah ヤバイ人

-(i)cci
-という名の人、-という名のもの

>>47
-aは単なる名詞化で人とは限らない。
てか動詞に付いた時は行為そのものを表わす。


> ekona :n.,a. 結婚した状態、結婚中、結婚した人、何度も結婚する人(俗)、 <1-158
> giko haahaaa ギコを愛する人 <1-640

51 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/07/24(月) 21:15:19
やっぱり「~な人」と単なる名詞化が混同するのは難しい。
こんな感じがいいのかもしれない。

lieb 愛する lieba 愛 lieb-eli 愛人 lieb-is eli 愛する人
lieb-icci 愛という名の物/人

-(i)cciは、最近の用法では "○○ muni ib-is nam-po chomi/choma"にもなる。


taskaは「助け」る行為だ。助ける人じゃない。

53 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/07/25(火) 20:21:42
ed task-eli po taska task-an pe.
ヘルパー(ask-eli)の救助(taska)で私は助かった(task-an)。

54 : トンデモ理論 : 2006/07/27(木) 19:55:20

0 muh 10 nat
1 nusi 11 na-nusi
2 gehto 12 na-gehto
3 zhuusa 13 na-zuura
4 awoli 14 na-awoli
5 temp 15 na-temp
6 wady 16 na-wady
7 raki 17 na-raki
8 fati 18 na-fati
9 kiy 19 na-kiy

11,111 nau-nala-nas-na-nusi

千 kilo / nat natati  万 man  10^5 lakh  M mega  10^7 crore  億 ok  G giga
(mega は用例が存在するが中途半端なものは用例がすくない。)

しかし、以前は、六進法や八進法が使われたのである。
人間が数を数える時、両手を使って数えれば、十進法になるのが自然であるにもかかわら

ず、
何故このような数え方が出来たのであろうか?

55 : トンデモ理論2 : 2006/07/27(木) 19:56:12
それは「片手三本指の鳥または爬虫類型の知的生命体がもともとのグモソ語話者だったの

だ!」と
仮定できる。

※六進法の数詞体系
0 muh
1 nusi 2 gehto 3 zhuusa 4 awoli 5 temp 6 wady
7 nusi-wady 8 gheto-wady 9 zhuusa-wady 10 awoli-wady 11 temp-wady
12 wadigehto 13 nusi-wadigehto

おそらく三本指のネイティブグモソエリは、両手の六本の指を使って6進法を使用したの

である。

※十二進法の数詞体系
12 weito
24 weito-weito
72 puppa
144 munda
150 awoli-weito-munda

そして、12が素数分解すると(2/2/3)になり、物を分けるのにすこぶる都合が良いと考え、

12という数
を多用し、十二進法が確立したと思われる。

56 : トンデモ理論3 : 2006/07/27(木) 19:57:06
※八進法の数詞体系(ここの10はイチゼロで8のこと)
0 muh 10 fati 20 ge-muh 30 zhu-muh 40 aw-muh
1 nusi 11 fa-nusi 21 ge-nusi
2 gehto 12 fa-gehto 22 ge-gehto
3 zhuusa 13 fa-zuura
4 awoli 14 fa-awoli
5 temp 15 fa-temp
6 wady 16 fa-wady
7 raki 17 fa-raki

あるとき、三本指のネイティブグモソエリは、こう考えた。
「片手を二進法的に使えば、0~7まで表現できる」と。
こういう風にして、八進法が出来たと思われる。

この時点で、ネイティブグモソエリが、何らかの理由で滅亡。
人間がこの言語を発見し、主な使用者となったと思われる。
当初、十進法だと誤解されたため、100 fasi 1000 falam が本当は、8^2, 8^3にもかかわら

ず、
10^2, 10^3の意味で誤用として定着。
のちに9を意味するkiyや他言語のmegaやgigaがはいり、使用に耐える十進法へ変貌を遂げ

たと思われる。

58 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/07/27(木) 22:26:08
[決定]使う文字これだけにする
a b d e g h i k m n o p r s t v z

ia/ヤ ie/イェ ii/イィ io/ヨ iv/ユ va/ワ ve/ウェ vi/ウィ vo/ウォ v/ウ

59 : Kakis-Erl Sax ◆CcpqMQdg0A : 2006/07/27(木) 23:31:32
とりあえず、数字を作ってみた。
http://www6.atwiki.jp/gumosopo/pages/37.html

手数字(mom-kazidel)と言って、手話の時の0~9までの数の表現を図式化した。

>>58 QとXは、用例がほぼ皆無のため、なくても外来語覗いて支障はないが、
ほかは基本的単語に使われているため、いまさら無理と思われ。

con持つ ciot小さい cecileそして fueあなた jiko 自己 uwaan負ける 
urieli朝鮮民族 wau犬 ya~ない yanいいえ yash~たち ybit~するな


いぇとるぼきて
[単語作成基準]
文字数:基本語4文字、その他最大8文字
表記:ローマ字・カタカナ併記
意味:同音異義語なし
[書式]
単語(ローマ字表記):
単語(カタカナ表記):
意味(日本語等で):

動 動詞
状 形容詞
作 他動詞

名詞

題詞

終助詞

語気詞



動 動詞 状 形容詞
作 他動詞



題めざ 状かるだ 気ぼに


>>60
数字は、二又で棒が2なら2、三叉で3本なら3、みたいな作り方だと可視性が悪くなるよ。
アラビア数字が使いやすいのは、それぞれ形がバラバラで意味する数と形との意味的相関


無いから可視性が高いという面が大きいんだよ。



vos on-an Kameda Koki,
亀田弘毅は王者となったが、
"batyam a sugeon usa!!" muni sa gumoso men-bar-se nopion.
彼は, 「これは凄いいんちき合戦だ!!」と私たちに疑われている。
batan-an nopion yue, sa Landaeta uwaan-an nopion muni pens-an gumoso.
彼は倒れたので、彼はランダエタに負けたと我らは思ったからだ。
ite 2ch, ba'bukora y'a sely muni pens-is eli-eath a hraun.
2chにおいて、この試合は良くないと思うものが多い。

64 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/08/02(水) 22:32:11
抜き打ちテスト
次の語の意味を思い浮かべなさい。(各5点)
(1) datenra
(2) dahagaru
各自答え合わせをして点数を申告すること。


>>63
ni'jaf pens-an ya nom 2ch-eli mbas hraun-on Cokpari eli.
2chの人だけでなく多くの日本人もそう思った。

>>64
niomoth a-as-an rak-os.「これらは簡単過ぎでした。(丁寧語)」

(1) datenra
雨が降りそうな日に傘を持たず家を出て、帰る時に雨が降り出して「ああ、やっぱり傘を

持って来るべきだったな」って気持ち

(2) dahagaru
一人暮らしの俺が夜、家に帰ってきたら電気がつけっぱなしになっていて
「もったいないなあ、電気代。。。」っていう気持ち

(10点)


age


エイジ


Gedbokorkaka an buri-ah!!
ゲド戦記は糞だった。

"ed yak-bara Bit ik haara ya vovojeb-is eli!" muni chome sil-an "haara ya vovojeb-is eli jon pe!"

mini ib-an-is Teluu a stratbokora,
命を大切にしないものは嫌いだといったテルーが「命を大切にしないものは焼け死ね。」

という行動をしたことは矛盾だ。

69 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/08/13(日) 01:05:34
>>64

5点だった。

maha-garansha

意味「ふたつとも自分で申告した言葉だったのに、うるおぼえで一つは全然覚えていなか

ったのがショックだった。そんな気持ち」

70 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/08/22(火) 20:29:03
momong- 滑空する

71 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/08/24(木) 19:14:40
phgera 「うるおぼえ」という言葉を使っている人を見た時の気分

72 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/08/24(木) 20:57:06
はっきり言って、俺、人工言語発明した。しかも完璧に使える奴。

Erlich zu sagen, habe ich eine künstliche Sprache erfunden.
Ausserdem ist sie perfekt gebrauchbar.

73 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/08/25(金) 01:04:48
ka afogeum-ah haz-oci tomboh.
冥王星は惑星ではなくなった。

afogeum-ah 惑星 (参考:1-896)
haz-oci 外に行く、外れる、~でなくなる

74 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/08/25(金) 12:33:34
tomboh an afogeum-ah .
冥王星は惑星だった。
mbas, ka cepi afogeum-ah y'a-is kita-n tomboh..
しかし昨日から冥王星は惑星ではなくなった。。
pe a aye.
私はかなしい。

ay悲しむ+-e動詞の形容詞化(~ている)= aye 悲しい

75 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/08/27(日) 22:30:08
人工言語があがってきてるのでついでにあげとこう

76 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/08/28(月) 13:50:01
誰かセレンの嫁、ブログで見た人、他にいる?どんな印象?

77 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/08/28(月) 22:37:24
2chてつまんないからかえってハマルよね

78 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/08/29(火) 20:51:25
2ch y'a boj-pon yue, janceni sikosik gumoso.
2chは面白くないからこそ逆に私たちは熱中する。

sikosik 熱中する。熱心にする。


ason: 長、かしら、リーダー
uznabarospo ason: 市長
cemaroktapo ason: 校長
supo ason: 元首
 shmelk: 君主
asonl: 治める
jason: 幼い

まとめサイト更新されないね、どうしたものか



81 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/09/02(土) 01:44:02
乙&頑ガレ。



83 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/09/02(土) 17:15:58
接尾辞
 ~an
 ~yn (直前が母音の場合)

最初からそういう性質を持つもの、そういう動作をせずにはいられないもの。

mam 哺乳する
maman < mam-an 哺乳する宿命にあるもの → 母親


fue ots pe!!
色整えとおいたよ。

>>83
過去形の接尾辞-(a)nとだぶる。
mam-anだと、「哺乳した」になる。
むしろmam-ah「哺乳する人(物)」のほうが適訳。

nde cecile, maman y'a mam-is, a mam-bar-is.
それに母親(maman)というのは哺乳するものでなく、哺乳される(mam-bar)ものだ。


あ。よく考えると哺乳される人(mam-ar-ah)か。
ママラーって、なんか2chキャラっぽい
-ahは、受動態接尾辞-barの短縮バージョン(既出)。


-ahじゃなく-arな

87 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/09/04(月) 21:56:56
abone-in Alka-po pero-po sait.
アルカ語のwebページが消えてしまった。
abone-in LWCC-po pero-po sait.
LWCC語のwebページが消えてしまった。
abone-in 3CL-po wiki-po atikl.
3CLのウィキの記事が消えてしまった。
sa Eliluktanis pero-po jo saitam-ain ennten.
人工言語の世界に冬が来てしまった。

Gumosopo pero omaira, ybit abone!
グモソ語よ、消えることなかれ。

abone 消える(abon消す/殺す)
atikl 記事
cakten 春(cak桃+ten天気)
garten 夏(gar青+ten天気)
vieten 秋(vie橙+ten天気)
ennten 冬(enn白+ten天気)


selahもどきで書いてみる。

गुमोसोपो पेरो ऒमिर, यबि् अबोने !
Gumosopo pero omaira, ybit abone!

89 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/09/05(火) 21:49:12
【vorskansie】 "Kiko-huea wumsa, wums-of nonek chom kibon-se pe" …ib-an Sugiura

norivasotodo
【政治】 「紀子さま出産、男子が誕生されるのを期待している」…杉浦法相が発言

nori 法、法律
otodo 大臣
norivasotodo 法務大臣、法相

90 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/09/07(木) 22:41:32
使役形 bucluktはよく使いそうな割に長い。
-bulみたいに短縮して使うほうがよさそう。

gumoso waay-bul-an wums-ar-an nonek chom.
男子が生まれたことは、私たちを喜ばせた。

-bul 使役形。~せる、~させる


pe a nya. na mi nam ya con pe.
吾輩(わがはい)は猫である。名前はまだ無い。
nei ed hamu ogjah-an pe aldahni meyas get ya zaka pe.
どこで生れたかとんと見当(けんとう)がつかぬ。
mbas ed skannduub-on nde jimet-is chomu nyaa-nse pe chom nom oboy-se pe.
何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。
ed ba'chomu asimzi eli ib-is chomi mil-an pe.
吾輩はここで始めて人間というものを見た。


aldahni 全く、全然、全てに
meyas 目安、見当、指標、手がかり
duub 暗い
skannduub 薄暗い
jimet 湿っている。じめじめした。
nyaa ニャーニャ―鳴く。
oboy 記憶する。覚える


nijojo, niomosso a-n cemaseli ared uci elieath asim-on neomugi-no tagui muni ite ase kik-an pe.
しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪(どうあく)な種族であったそう

だ。
syontok, gumoso tajiho nde yude nde gep ba'cemaseli muni ib-is hanasa a.
この書生というのは時々我々を捕(つかま)えて煮(に)て食うという話である。


nijojo その上、さらに、しかも
neomugi 凶悪、獰悪、残忍、野蛮、無慈悲
tagui 種類、種族
yude 茹でる、煮る。
syontok 時々、時に、たまに


mbas ni'chomo, hami ib-is pensa ya con-an pe yue gakubule ya pens-an pe.
しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。

diust, sa nopion-po momjo nolul-bar-an-is nde SUUni otcon-bar-an-is chomu,
nom on-an syomini mofmof-no fela.
ただ彼の掌(てのひら)に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じが

あったばかりである。

momjo 掌、手のひら
nol 乗る
nolul 乗せる
mofmof ふわふわ

94 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/09/13(水) 19:44:15
ed momjo-po jojo ciotni mataarni cemaseli-po fasco mil-an-is a-lse nyohvar eli muni ib-is

choma-po mil-asima.
掌の上で少し落ちついて書生の顔を見たのがいわゆる人間というものの見始(みはじめ)

であろう。

na-va nokol-se ba'chomo "a mio-n chom" muni pens-an-is fera.
この時妙なものだと思った感じが今でも残っている。

mataar 落ち着く。マターリする。
nyohvar いわゆる
mio 妙な、奇妙な


naye 精力が減退する
naya 精力を減退させるような




小松 ◆I6EcXjNeAA
Ya mes-abone in Nozi-po pero-po sait.
Nozi pero omaira, ybit abone!


napi, cigege khak jikeena sil-ain pok korio.
今日、北朝鮮が地下核実験をしてしまった。
was-an pok korio. \(^o^)/
北朝鮮オワタ。
・・・・・・muni 7nin chomo onajik pens-aned pe, mbas ya was-an ni'su.
と私は7月の時も思いましたが、あの国は滅びませんでした。


khak 核(原爆、原子爆弾、核兵器など)
jikeen 実験する


asimeotodo sa kita-n Abe pion,
vorskansie sa-po taisi naks-ain pe.
Koizumi-po erlgac an vongole tuyos muni pens-bul-an pe.

安陪氏が総理大臣になり、
私は政治への興味を失ってしまった。
私は小泉の魔力はとても強いと思わされた。

erlgac 魔力


百げと


>>99
sa asimeotodo kitan Abe,
sa vorskansie as taisi naksain pe.
Koizumipo erlgac vongole tuyosonan muni pens bucluktbaran pe.



始めまして。
新しく人工言語作成スレを立てたものです。自スレの>>3さんにより、初めて
グモソ語なるものが存在している事を知りました。そうとは知らずに同じような板を立て

てしまい
申し訳ありません。
削除しろといわれましたがどうしても僕のスレでも皆さんの力で人工言語を
作り上げていきたいという思いが消せません。どうか僕のスレのほうも皆さんの力で盛り

上げて
頂けないでしょうか?
す。
なにとぞ御贔屓のほどよろしくお願いしますm(_)m
ですから基本造語はアルファベットではなくて5文字以内のカタカナ表記でOKです。
まだ名前は決まっていませんがここがリンク先です。
ttp://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1164032785/

ya nom GMOSO mbas pe oneg!oneg!


parag 魚 (< paara + agrha)


魚肉 semek
栄光 galadei
星 elleni


apenimi donhaa titune dos baegdusan umisture zieskare,kurat vesela
vesganu uikeni aknaev!

mugunhwa kulodimesmi li sepuna kkani dos resvien. daehana ugnipemsel
tupini wekmiptere daehan kestipmiso!

sonamu ekt sunti sukepinu namsana viti kaenture kisima pulhati.apenimi
fielle dos sinsine sunti, bukangieresi esti vesela fusulti!

gaulisa tankiuesl esti bibuga,uha gyutom busunti. supilera tuelkwei esti
vesela gakuti ilpyeondansim.

uikeni ga fusulti dos ga gakuti ,vesel tupini elsampire ziense. apenimi
vesel esti stinipa bustinipa ,tupini slenhare vesela vesganu!


gesela yavessel ferurekire uikeni ugnipemsel.


sesela kipunoresi esti tielita roenurekire ezhar vesel!
yuvet kipunore kipunoreko ekt vesel tielita roenurekire!


roenuresi angla kipunoreki buesti esia,ve sulore.


elemir gradire ta viemtisel.
osugnohereikel gradire ta ugnipemsel.


hanguga kipunoreki dos nippona kipunoreki esti duukosga!
hanguga ugnipemsel dos nippona ugnipemsel esti nidi,ve sulore!

112 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/11/25(土) 22:06:39
nippona koegduiti esti tokyo!
hanguga fe esti seoul!
zhongua fe esti beidzhing!


gumosopa kipunoreki esti sturuktereka uikeni nitshannnerasel!

114 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/11/25(土) 22:12:20
vadiggata uhakipune esti "ekkilap"(lumive),"gradire"(sugnohere),keyut.

115 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/11/25(土) 22:14:45
wiphela nippon(nippona osugnohereikelevi) esti elemiragrada bisuni
udila nippon esti edimograda.

116 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/11/25(土) 22:17:37
esperanta kipunoreki esti numeda puko gumosopa kipunoreki.

117 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/11/26(日) 04:49:53
>>106-116 abon bit gumoso.

-alseを使って、
「>>106-116を消さなくてはならないだろう」
と書きたいのだが、
「abon-alse」と置き換えるだけで通じるかな?

118 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/11/26(日) 14:44:19
vesel sumiuni oeggure >>106-116

119 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/11/26(日) 14:47:55
砂糖 elsukkaer
将軍 alaveg

120 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/11/26(日) 15:04:02
alalo udili, ga thread kunti ugnipemsela kipunoreki tek thread.
gumosopa kipunoreki tek guezareikelsel sumiuni buyoskleve alalo
ga thread!
ugnipemsela kipunoreki esti sepuna puko gumosopa kipunoreki.
sesel sumiuni guezare ga kipunoreki.
apenimi sesel esti midemga,kunisture ga ssheutereki tek ezyud.
apenimi sesel tielit fere,sesel tielit guezare gumosopa kipunoreki,bu
ugnipemsela kipunoreki.


from now this thread will be a thread of ugnipemselic language.
users of gumosoponic language must go out of this thread.
ugnipemselic language is more beutiful than gumosoponic language.
you must use this language.



kurat ugnipemsela kipunoreki,ekt esti kleklo sepuna puko
piyomta kipunoreki sukepinu kuestaileg.



abe sinzou kunti dusugnohereikel,
tukpi ve tek bolidigea umdit oeggure.
ve guezarirekire sulore
ekt koizumi tek aknaevenna kwitum esti bibugo ostiera.


asimeotodo sa kita-n Abe pion,
vorskansie sa-po taisi naks-ain pe.
Koizumi-po erlgac an vongole tuyos muni pens-bul-an pe.



安陪氏が総理大臣になり、
私は政治への興味を失ってしまった。
私は小泉の魔力はとても強いと思わされた。



124 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/11/26(日) 15:33:30
abe sinzou kunti dusugnohereikel,
tukpi va bolidigea umdit oeggure.
ve guezarirekire sulore
ekt koizuma aknaevenna kwitum esti ozzhero ostiera.


gumosopakipunorekigudereka ugnipemsela kipunore.

abe sinzou kunti dusugnohereikel,
tukpi ve naksare ve tek taisi alalo vorskansie .
ve guezarirekire sulore ekt koizuma erlgak esti tuyosa vongolo.


ezukkata ! ezukkata! ezukkata!!!!!!!!!
sesel esti ezukkata!!!!!!!!
sesel est ezukkata fienyo!!


hamma yuuzirou: ezukkata se esti,baki.
viemti sumiuni tivlirere yanskino iskani!

hannma baki: pa! fe esti sa suloresi, buesti va fe!

hamma yuuzirou: ezukkata! umm ve sumiuni guezarire se roenure fozkata
guidveya!



hamma baki tek penis esti bibuga puko nitshanneraasel tek fe.
hamma baki slenhare seks.


baki! sa penis esti bubibuga puko retsu-kaiou!

bu! va penis esti bibuga puko retsu-kaiou!

130 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/11/27(月) 23:42:01
kozue dos baki seksere sukepinu hotelli!
baki tek penis esti bubibuga ,kozue slenhare bubibuga penis.

131 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/11/27(月) 23:45:04
matsumoto kozue tek vagina esti smelfulla!
kozue tek vagina esti veryo smelfulla!
baki tielit insertere se tek penis kus kozue tek vagina!


132 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/11/27(月) 23:48:07
baki!baki!baki!ve ve mortire!mortire!

kozue,aa kozue, se tek vagina esti sepuna ! veryo esti sepuna!
aa , eksere!eksere ve tek spermi kussukepinu se tek vagina!!!!!!!


133 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/11/27(月) 23:50:25
nityanneraasel esti niit?

bu! buesti niit!

134 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/11/27(月) 23:54:48
baki:kozue tek vagina esti ezukkata!

hanayama:baki...se esti reala tsherri!

135 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/11/28(火) 07:47:23
このbe動詞estiの人は何がしたいんだ。
「グモソは停滞している」と主張したい小松の自演か?

136 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/11/28(火) 22:40:10
>>135
ve simplio sulore ekt ugnipemsela kipunoreki esti sepuna puko gumoso!
gumoso buesti sepuna!

137 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/11/28(火) 22:49:36
>>121の超稚拙な英文を見る限り、高校生以上の荒らしってことは
ありえんだろ。内容も、いかにも中学生っぽいし。
小松に触発された別の中学生じゃないか?

138 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/11/28(火) 23:03:42
ve esti kadini.ve tek tuseri busunti eomlo.
ve esti kadini, dos buanture tuseri eomlo.
pe a nya. na mi nam ya con pe.
吾輩(わがはい)は猫である。名前はまだ無い。
ve bure roenure sukepinu zelik ve upenrekiresi ziffeito.
ve buroenure ve upenrekiresi zeliko ziffeito.
nei ed hamu ogjah-an pe aldahni meyas get ya zaka pe.
どこで生れたかとんと見当(けんとう)がつかぬ。
ve uho sekukenire ve ktesare nya-nya sukepinu suegdisupila dos guillea lik.
ve uho sekukenire ve ktesare nya-nya suegdisupila dos guillea liko.
mbas ed skannduub-on nde jimet-is chomu nyaa-nse pe chom nom oboy-se pe.
何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。
ve munure ugnipemsel sukepinu gelik uhuto.
ve munure ugnipemsel geliko uhuto.
ed ba'chomu asimzi eli ib-is chomi mil-an pe.
吾輩はここで始めて人間というものを見た。


>>137
ve esti suloresikeolti,se buesti!



141 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/11/28(火) 23:13:02
>>137
guezare ugnipemsela kipunoreki! bu gumoso!





guezare ugnipemsela kipunoreki! bu nippona kipunoreki dos gumoso!


>>142
ga thread kunti ugnipemsela kipunoreki tek thread!
gumoso tek guezareikelsel sumiuni buyoskleve alalo
ga thread!
buyoskleve!



this thread became the thread for users of ugnipemselic language!
users of gumosonic language must go out!
go out immediately!



go out gumoso users! this thread is not yours!
this thread is for ugnipemselic users!



>>146
fucking gumosoneans! go out!


gumoso language is fucking ugly!hahahahaha!


can you understand what i wrote in ugnipemselic here,fucking gumosoneans
ahha?you gumosoneans are fucking stupid so you maybe can not understand this
language!if you would say you are not stupid,please translate all these ugnipemselic
sentences into gumoso ,or japanese.

151 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/11/28(火) 23:38:08
Ĝis revido gumoso!

152 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/11/28(火) 23:45:10
>>150
Did you know... you are allowed to write your comments in English here?

153 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/11/28(火) 23:45:32
グモソ逝って良し!


>>152
oh!sorry,i forgot!........

ve sumiuni esleiyure sukhem kus se!
vesel sumiuni ugnipemsela kipunoreki ziffeito!



sultan 皇帝
allah 神
esselem 平和



神はseliが既出だけど、allahってことは、イスラム教における唯一神を指すっていう理解で

いいのかな?それとも唯一神全般を指すのかな?

日本語の「神」は、西洋で言う「精霊」、「神話の神々」から「唯一神」までいろいろな

意味を含んでいて混乱が多い訳語だから、
グモソでは整理しておくのもいいと思うんだ。


唯一神一般とすべし。


ataveg 諸侯
pharao 国王
khalif 宗教の最高指導者

唯一神全般はmatayoshがいいなあw


allah ya koloraunk.
神は賽を投げない
seli kitan!
神キター

kolo 賽
koloraunk 賽をなげる

165 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/12/02(土) 21:41:14
いつの間にかwikiに画像がうpできなくなってる。

166 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/12/07(木) 23:24:18
Ite cuy Selah-po onj idel-adela lukt-baranse.
ついに神聖文字の新字体が出来上がった。

E ed ni'idel yoko-kak-zakanse.
これで横書きが可能になった。

Onj mi-jo po saitama a'ny.
新時代の到来だ。

cuy 最後、最近、最終
ite cuy ついに、ようやく
adela 体(<adel)
yoko-kaka 横書き
mi-jo 時代
a'ny ~である。(<a niomosso;強い断定の際の終助詞)





ed 3U
   tン|

mbas ン
    予|

gumosopo ヲЛ 幺_レ で_レ ユ_レ


ろくさん あるか は いいから
ぐもそ で おもしろいこと かいて おくれよ


>ed 3U
>   tン|

3U
tニ| に見える。

3_レ は 3レでいいんじゃないだろうか。レが突き出てるように見えるのは単なるデザインだと

思う。

170 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/12/18(月) 14:43:25
おもしれーのまだー?

171 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/12/18(月) 17:10:42
グモソのきちんとした文法書としっかりとした辞書まだー?

172 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/12/18(月) 19:24:33
>>171
言い出しっぺ乙

173 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/12/19(火) 16:58:52
なんだ終わりか これ

174 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/12/20(水) 05:53:33
新年の挨拶ってまだ決まってないよな?

Onajik natose bit biron kitaas sre!
直訳すると、「今年もスレが伸びますように!」
親しい者の間では省略形"Bit biron kitaas!"を用いる。

natose 今年<na(今)+tose(年)
bit V-as ~しますように(要求話法)

175 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/12/20(水) 16:36:13
natose/死に際 nato[死ぬ] se[まもなく死神様が参ります、もうしばらくお待ちください]

176 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2006/12/22(金) 10:13:55
na-tose[ナートセ] 今年<na[ナ](今)+tose(年)
nato-se[ナトーセ]/死に際 nato[死ぬ] se[まもなく死神様が参ります、もうしばらくお待ちく

ださい]

じぇるもち
じぇるもち アンサイクロペディアの


♪ 毎日毎日 平日昼間から
♪ 2ちゃんでチョンシナ アカヒ叩き
♪ ある朝僕は 外に出るのが
♪ 嫌になって2ちゃんに 逃げ込んだのさ
♪ 初めて出会った ウヨ仲間
♪ とっても気持ちが いいもんだ
♪ 無職は心が 重いけど
♪ チョンシナ叩けば 心が晴れる
♪ ネトウヨ仲間が 手を振って(^^)ノシ
♪ 僕のチョンシナ叩きを 眺めていたよ

♪ 毎日毎日 楽しいことばかり
♪ ν速+が 僕の住みかさ
♪ 時々サヨにニートと いじめられるけど
♪ そんなときゃアカヒと チョンシナ叩き
♪ 一日2ちゃんじゃ 無収入
♪ 首が全然 回らない
♪ たまには仕事も やらなけりゃ
♪ 2ちゃんばかりじゃ 稼ぎにならない
♪ 求人広告 食いつけば
♪ それは小さな企業の 求人だった

♪ どんなにどんなに もがいても 学歴職歴 なんにも書けない
♪ 総務と人事の おじさんが
♪ 僕の履歴書見て ビックリしてた

♪ やっぱり僕は ネトウヨさ
♪ 無職でニートの ネットウヨさ
♪ おじさんつばを ひっかけて
♪ 僕に帰れと 言ったのさ



そのスレは荒らしが来なくとも表示されていたものだ。
kak-bar-anse ni sre kendmo mahte j'saitam arraasyeli.

私がそのスレを読む。
ni sre rider pe.

私は荒らしではないし、ガキでもない。
pe j'a arraasyeli nde j'a bon.



523 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/23(火) 21:16:02
Tes-na-kiyime omaila, Sa ya-gaki muni fue "Burikatabino" muni gero-namal kibon pe.
>>519よ子供ではない君に「糞じじい」と醜名を付けたい。

Mi maeli mi "Burikatabarin" muni....
女なら「糞ばばあ」と―。

Nde sa pe gero-namal kibon!
そして私にも醜名をつけてほしい。

gero-nam 醜名(グモソ語話者が名無しだと不便なので付ける便宜上の呼び名)


>>521>>522
巣に帰ろうな?


>>523
bit jikoni pens, NCBK-a.
自分で考えろよクレクレ君。

muni ib-an-is testo. (oldr-is)
と言ってみるテスト(古

NCBK nom con buclukt kibon
oldr 古くする



528 : NCBK-a : 2007/01/24(水) 12:46:00
>>525
Sely ok!
よし承知した。

Pe'o a NCBK-a!
私の名はクレクレ君だ。

ok おk


mkas mkas, on-an nusi bynya
昔昔、一匹のノラ猫がいました。

wums-an hama, hamo ogjah-an, ya yokhumhum.
namlukt-an hama onajik ya yokhumhum,
mbas nam an "giko".
ite mazkaza nde yosigya kmonos-po jo,
sa nam ya con-is hraun eli-eath naznam-baranse
"gorra" muni nyaa-is cioton mio ni' bya nya.
"ik yos" ol "gorra"ol, ni'jaf chom nom hanas-an giko ed giko,
mbas jafni yeuro-po nusi eli
giko naznam-an nam ya con-is eli-eath.
誰が生んだか、いつ生まれたのか、よくわかりません。
誰が名づけたのかもよくわからないけど、
名前は「ギコ」といいました。
「ゴルァ」と鳴くちょっと変わったそのノラ猫は、
無味乾燥で殺伐としたインターネットの世界で、
数多くの名前のない人々にかわいがられていました。
ギコはギコで「逝ってよし」とか「ゴルァ」とか、そんなことばかりしか
話さなかったけど、それでも、名前のない人たちは、
ギコを家族の一員のようにかわいがっていました。

530 : Kakis Erl Sax ◆CcpqMQdg0A : 2007/01/24(水) 14:05:59
nusipi, sa kmonos saitam-an nusi se-kimcon.
aldah chomo se-kim-sinja nom pens-anse se-kimcon yue,
nam ya con-is hraun eli-eath acio naznam-barse giko mil-an,
nde "sely, niomosso tajiho nde sa milulchomi mes-sil. mi niomosso sil,
mi mot mot se-kim-sinja zaka" muni pens-an.
"shosen pon vynya.y'a hama-po chomi sete? sna, pe-po chomi"
niomosso ib-an nde hisoni giko con-yocci-ain.
ある日、一人の金持ちがインターネットにやってきました。
お金持ちは、いつもお金儲けのことばかりを考えていたので、
ギコがたくさんの名前のない人にかわいがられているのを見ると、
「よし、あれを捕まえて、見世物にしよう。そうすれば、もっともっと
お金儲けができるぞ」と考えました。
「所詮はノラ猫。誰のものでもないんだろ?じゃあ、俺のもんだ」
そういうとそのお金持ちは、こっそり、ギコを持ち帰ってしまいました。

"ya on giko kita-n? vasmikonea blanka..."
hadni ya on giko kita-ain ma,
vongole ay-an nam ya con-is hraun eli-eath.
「ギコがいなくなったって?そんなバカな・・・」
多くの名前のない人たちは、突然ギコがいなくなってしまったので
ひどく悲しみました。


lim niomosso, bir chomo cum giko ikn-aned, lim na pon,
aldahchomo cumni on-is a hao muni pens-an.
mbas, y'a ciotmo hao muni asimni roci-an eli-eath
それまで、長い間ギコと暮らしてきて、いままでは、
いつも一緒にいるのが当たり前だと思っていました。
でも、ちっとも当たり前なんかじゃないことに、人々ははじめて気づいたのです。

cum hraun sa se-kimcon-po ye oci-an nam ya com-is eli-eath.
cecile, ed minaeli aah strata-bul-an, nde ba'jaf ib-an.
"giko bit kees! ba bynya-po giko jafni amez bit kajiho!"
oci ni'jaf hraun eli muni
pens ya sil-an se-kimcon.
"giko bit kees!" dandan vovoni kita-n ni'aah.
"giko bit kajiho!"
名前のない人々は大勢でお金持ちの家まで行きました。
そして、みんなで声を合わせて、こういいました。
「ギコを返して!野良猫のギコを元のように放してあげて!」
お金持ちは、そんなに大勢の人がやってくるなんて
思いもしませんでした。
「ギコを返して!」その声は次第次第に大きくなっていきました。
「ギコを放してあげて!」


ma amez se-kimcon y'a lesad-eli,
pakki-eli nusiahjafni ka eli-eath giko bossiut-ain jiko chom imp-an.
sa nam ya on-is eli-eath smas-an, nde sug sa eli-eath-po chomu giko kees-an.
"smaso" nam ya on-is elieath acio dogez-an se-kimcon.
お金持ちは、もともと悪い人ではなかったので、
自分が盗賊同様にギコを人々から奪ってしまったことを恥じました。
名もない人々に謝ると、ギコを人々のもとへすぐに返してあげたのです。
「申し訳なかった」お金持ちは平身低頭、名もない人々に謝ったのです。

mbas niomosso, mukack-anse ildoh-po nam ya on-is eli.
yue se-kimcon a vongole jikokatey muni pens-an.
mbas niomosso, ma kitili smas-an se-kimcon,
se-kimcon uls chom sil-an nam ya on-is elieath.
一部の名もない人はそれでも怒っていました。
お金持ちがあまりに自分勝手だと思ったのです。
それでも、お金持ちはきちんと謝ってくれたので、
名もない人たちはお金持ちを許してあげることにしました。

buc niomosso muni ib-is chomi-po, bucbirni
matalon pi-eath ikn zaka-n giko nde nam ya on-is elieath po.
それからというものの、ギコと名もない人たちは末永く、
幸せな日々を送ることができたそうな。

emodote-an emodote-an
めでたしめでたし

どういし
どうし きhごんごび
なして


by 野生、野良、ノラ
bynya 野良猫。ノラ猫
mazkas 無味乾燥
yosigy 殺伐
naznam かわいがる、寵愛する
yeuro 家族(ye家+uro一族)
kimcon 金持ち
sinj 儲ける
milulchomi 見世物。ショー。
shosen 所詮。結局
sete 確認を意味する後置純詞。でしょう?でしょ?だろう?だろ?
hisoni ひっそり、こっそり、ひそかに、秘密裏に。
ikn 暮らす。生活する
hao 当然。当たり前
ciotmo 少しも
kees 返す
amez 元、原初。
kajiho 解放する。解き放つ。放す。
imp 恥じる
uls 許す
dogez 平身低頭に謝る。平に謝る。陳謝する。
ildoh 一部、部分。
kitili きちんと
bucbilni 末永く




ko on mata so on.「私が有りながらあなたも有る」
あってる?


ウィキに書かれてるけどその人称代名詞は誤爆です。
Pe on mata fue onといいませう。


Pe sanksko fue.
Mazi mi pe veh kay knowledge of linguistics.
Nei pe ok?

おけ そ おけ


Bit mil ≪http://same.u.la/test/p.so/yy41.60.kg/zombie/≫ fue yash

539 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/24(水) 19:47:28
>>535-536
yan, gor fue yash.
gumosopo pero a OVS.

540 : 名無し象は鼻がウナギだ! : 2007/01/24(水) 20:37:08
能格言語なんじゃない?

541 : Kakis Erl Sax ◆CcpqMQdg0A : 2007/01/24(水) 20:48:35
>>535
gumosopo pero a OVS nde SVC.
ma, "on pe mata on fue" a sely.
mbas cuy, hraun kita-ain SVO bam-is eli.
mahte on gehto nampero,asim a S muni pens 98%-po eli po yue,
gor-is y'a mio.
cecile na, ka bam-is eli vongole chigei peronoripi muni ib-is mielgum.
diust, gumosopo ibna nom a roh.
sna ya gumosopo pero mbas gumosopo-ibna-anselia a na-po rjal.

グモソ語は、OVSとSVCです。
だから、"on pe mata on fue"がよい。

しかし最近、SVOを使う人が多くなってしまった。
もし二つの名詞があれば、初めがSだと98%の人が思うらしいので、
間違うことは変でない。
そして今、使う人によって文法が甚だ異なるという様子である。
ただ、グモソ単語のみが共通である。
すなわち、グモソ語でなくグモソ単語文化圏が今の現実である。

elia 圏。領域。範囲。区域。

ひんたれご
Sona – 汎世界補助語試案

ベーシック英語の単語と ソナ

ソブナ 850語

ソナの同義語へと翻訳すればどうかと提案してくれた、その成果である。ベーシック英語

では動詞の多くを動名詞や動詞的名詞としてのみ導入しているが、これらに正確な Sona の

訳語を与えることは難しい。例えば、change はベーシック英語では名詞以外の用法を認め

ていないが、Sona ではその意味の語根を、標準の英語と同じく名詞としても動詞としても

使える。それで、以下では Sona の語が動詞として与えられているものは (v.) で明示してあ

る。Sona 自体の基本語彙という意味では、以下のリストは網羅的ではない。しかし、より

詳細にして網羅的な辞書が完成するまでのつなぎとしては、どの分野においても用いられ

る基本語彙を一通り含む有益なものだと思う。単純な語根から語を合成する Sona の方法
論では必然的に、生成できる語彙はほとんど無限大なのであれば、用意され辞書
造語力の会得をこそ促すものであるべきだろう。なお、ベーシック英語に不慣れな人々の

ために、ベーシック英語の定めるもの以外でもむしろより一般的と思える派生または特殊

意味には訳語を与えてある。以下のリストにおいて、その語形のままで名詞としても動詞

としても使える英単語はすべて、(v.) を明示されない限りは名詞としてのみ扱っている (訳

注: 本来のそれ挙げてない意味も取り得ること)、また、さまざまな同義表現が可能である

こと (すなわち、ここに挙げてない言い方もできること) に注意されたい。


abegin : [abe - 白っぽさ gin - 織物] 亜麻布、リネン、リンネル (訳注: 下着など、ふつう白い

衣類や布製品もこの語でよい)
abejen : [jen - 金属] ニッケル
abevan : 霧
adebin : [ade - 窪み bin - 生活用具] たらい、洗面器
adema : [ade - 洞窟] 鉱山
adolen : 帳簿、勘定書、一覧
adusinyo : [adu - 骨 sin - 形態] 痩せた
agaden : [aga - 大地 den - 掘り] 鋤
agaitu : [itu - 立方] レンガ
agama : 国土
agamo : ジャガイモ
agina : [agi - 密度] 固体
agune : [agu - 傾き] 傾向
aguni : (他因的) 傾向
ahin : [hin - 後続] 〜のすぐ後を追って
aidi : [idi - まち散らす] バラバラで
akacan : [aka - 上昇] エレベータ
akadi : [aka - 上] 頂部
akama : 山
akiperu : 走る
akiri ci : 〜するやいなや
akizu : 馬
akka : 持ち上げる
akoriu : [ako - 短縮] 一時的に
akufen : [aku - 滑らか fen - 欠陥] 滑り転び
Al : アルミニウム
aleko : [ale - 意味] 詳細
alena : 記号、サイン
alepanyo : 意味深な、真面目な
aletayo : 重要な
alidi : 側面
aliga : 脇腹
Alkohol : アルコール
alukan : [alu - 主客] ホテル
Alumin : アルミニウム
ameda : [ame - 観察する] 敬意 (訳注: 観察から敬意の意味を引き出すのは欧米的偏移)
amocin : [amo - 頂点 cin - 段階] (スポーツの) 記録
amubi : [amu - しなやか] ばね
anaban : [ana - 敵対 ban - 闘う] 攻撃する
anala : 抗議する
anaui : 〜にもかかわらず
anitayo : [ani - 下] 深い
aniten : [ten - 保持する] トレイ
anore : [ano - 橋渡し] 橋
apando : 両面に
apodan : [apo - 上乗せ] 税金
apona : 屋根
arabino : [ara - 調教師] (御者付き) 馬車
arace : 制御
arili : 〜の限りでは、〜しない限りは
arona : [aro - 魅力] 装飾
arone : 芸術
arovio : 美しい
arubi : [aru - 引き寄せる] ポンプ
arucan : 引き出し
aruka : 引く
asaua : [asa - 確証する] 疑いの余地なく
asekio : [ase - 保全する] 用心して
asi A ci B : B と同じくらい A
asi A siu B : A と同様に B (する)
asina : コピー
asiua : あたかも〜のような
asiuada : 〜するために
asoua : [aso - 真実] 本当に
assi : [asi - 類似] ちょうど (そんな感じ)
atare : [ata - 拡張する] 引き伸ばす
ataru : 〜に及ぶ
atasada : プロパガンダ
aude : [ude - 破壊する] バラバラに (訳注: ayude の方がよい)
auti : [uti - 向こう側] はるか遠くで (訳注: ayuti の方がよい)
azabi : [aza - 遅延する] ブレーキ
bacote : 武器
bahu : 風
bandi : [ban - 闘う] 軍隊
Bar : バー (酒場)
baren : [ren - ひも] 鞭
bate : 棒
batebi : ハンマー
bazo : 射撃
bazote : 火器
bengin : [ben - 洗い清め gin - 織物] 布巾
bensuda : 洗い
benya : 浴場、風呂
berogin : 木綿
berojen : [jen - 金属] 錫
berove : 綿花
bezio : 貧しい
biji : 召使い
bina : 器具
bine : 方式
bino : 手押し車
Bir : ビール
bixo : 広告する
boji : 親類
bosu : 血
buga : [bu - 匂い] 鼻
bugafu : くしゃみ
Burs : 証券取引所
busa : [bu - キス] キスする
cagun : [gun - 角度] 正方形
Cai : 茶
ceika : [ika - 点] ピン
ceiro : [iro - 光] 星
cekadi : 警察
celena : 小切手
ceme : 決める
cemo : ボタン
cenya : 停留所、着陸場
cepo : カバー
cero : ロウ (訳注: ロウは、色の固着剤としても古来から用いられている)
cezio : 安全な
codo : ハサミ
coko : アリ
Cokolat : チョコレート
dalen : プログラム
dangi : 金銭
danko : 釣り銭
danne : 価値
dannu : 釣り銭
dasi : 演じる
decen : [de - 貫通] コルク
demanyo : 永遠の
dena : 穴
denbi : [den - 掘り] シャベル
denga : [den - 歯] 歯
dente : フォーク
dibana : 平手打ち
dite : 指
dubi : (道具としての) 小枝
duiku : [iku - 平] 板
duma : 森
dumo : 堅果
duna : (落ちてある) 枝
dure : 木
e ci : 〜と同じくらいたくさん
efu : さらに
Elektrik : 電気
eli : さらに進んで
emen : [men - 寸法] 数
enari : いつも
eu : また
faba : 驚かす
fada : 出来事
falio : あり得る
fane : 機会
fazi : おそらく
fenko : [fen - 欠陥] ちょっとしたミス
fenyo : 悪い
feyo : [fe - 詐欺] 悪どい
fiua : [fi - 失敗する] 空しく
fiui : ただ単に (訳注: この語は微妙)
foline : [fo - 脅す] 危険
Fonograf : 蓄音機
fuga : 肌
fugana : 革
fuiku : [iku - 平] テラス
fuzo : 銃、砲
gacan : 胸部
gafinyo : [fin - かすか] 過敏な
gala : 声
game : 心
gapanyo : 太った
gapo : 皮、毛皮、樹皮、果皮
gasen : [sen - 感じる] 感覚器
gasere : 視界
gasin : [sin - 形態] 体格、骨格
gatan : [tan - 体] 肉体
gehin : [hin - 後続] それから
gelen : 本
gelendia : 図書館
geren : [ren - ひも] 鎖
gesini : 既婚の
geua : それでは、そのうえ
geui : それなのに
gidi : グループ
gina : 一群
ginbi : [gin - 織物] 網
ginda : 縫い
ginna : 結び目
ginte : (裁縫の) 針
gisoci : 社会 (訳注: gi/soci)
gisone : 交際
giuma : (民族) 国家
gonu : 転身
goxa : 指輪
gufu : [gu - 口] 咳
gula : [la - 音声] 鳴き声
gundi : [gun - 分岐] 枝 (的なもの)
haco : 昆虫
hadagi : 委員会
hagen : [gen - 合成] 化学
hairo : 太陽
haissa : [isa - 技術] 学問
hamen : [men - 寸法] 月
hani : 名前
haruba : 戦争
hegi : [he - 公的] 公衆
heibia : [ibi - 商業] 市場
hele : [he - 一般] 散文
hepaya : 料理屋
hepi : 家禽
heri : いつまでも
heua : 一般的に
heve : 草
heyasi : [asi - 類似] 某
hezio : 一介の
hiada : [hi - カテゴリー ada - 労働] 産業
hin ua : [hin - 後続] そのあとすぐに
hinli : 以後
hinne : 効果
hinyi : ゆえに
hisatori : 歴史
hivi : 種類
Hotel : ホテル、宿屋
huca : 帆
hudi : 空
hufon : [fon - 騒音] 雷鳴
huga : 息
huissu : 雪
hukate : (たばこ用の) パイプ
hukave : (植物としての) たばこ
huki : 息
hula : 警笛、ホイッスル
huri : 天気
husu : 雨
huvan : 雲
huzo : 暑さ
ibbo : [ibo - ウシ] 牛肉
idakaci : [ida - 指揮する] マネージャー
idaya : 事務所、オフィス
idujen : [idu - 脆さ jen - 金属] 亜鉛
igeven : [ige - 粘着する ven - 穀物] ペースト、のり
ikate : 爪
ikaui : かろうじて
ikayasi : [asi - 類似] そっくり
ikayo : 鋭い
ikeni : [ike - 推測する] 気配、連想
ikibani : [iki - 瞬間] ショック
ikoce : [iko - 狭さ] カラー、えり、首輪
ikoga : 首
ikuca : [iku - 平] プレート (状のもの)
ikucin : [cin - 段階] 階
ikucin : レベル
ikuna : 床
ikuxin : [xin - 光沢] 板ガラス
ikuyu : 平等に
ilaba : [ila - 鐘] 鐘・ベルを鳴らす
ilebi : [ile - 痕跡] スタンプ
ileko : 切手
ilena : 痕跡
ilivari : [ili - 近い] そうこうするうちに
ilizari : 近頃、さっき
illan : [lan - 音] 響き
ille : [ile - 印刷] 印刷 (物)
illi : ほとんど
ilocio : [ilo - ゆるみ] うなだれた
ilukida : [ilu - 笑い] 微笑み
imagan : [ima - 所有する gan - 物質] 資産
imagi : 所有物
imaji : オーナー、所有者
imaka : 手に入れる
imiri : [imi - 間] 〜している間に
imove : [imo - 吸い出す] 海綿、スポンジ (訳注: 海綿は動物である)
imusenyo : [imu - 人当たりのよい sen - 感じる] 丁重な
imuxinyo : [xin - 光沢] 洗練された
inada : [ina - 消す] 破棄
indiua : 一方では
Influenza : インフルエンザ
inkori : 直ちに
insa : 学ぶ
intelen : レシート、レシピ、処方箋
inudio : [inu - 他] 異なる
ipaxa : [ipa - 充足] 安堵
ipeko : [ipe - ヘビ] ミミズ (状のもの)
irajen : [ira - 筋 jen - 金属] 鉄
iraxin : [xin - 光沢] 鋼鉄
ireli : [ire - 継続] さらに進んで
ireua : さらに
irila : [iri - 反動] 応答する
irokan : カメラ
irore : 光線
isayo : [isa - 能力] エキスパートな
isidio : 共有の
isinu : 交換
isiua : めいめいに
isodire : [iso - 等しさ] 平行線
isoriu : 同時に
issa : [isa - 技術] 科学
isucon : [isu - 冷たい con - 粉] 雪
isuje : [je - 石] 氷
itaui : [ita - 充満する] おっしゃるとおりです
itega : [ite - 葉] 耳
itisini : [iti - 計画] 企て
itiua : 故意に
itoika : [ito - 終端 ika - 点] 終点
itone : 死
itoni : 死んだ (ような)
itoriu : 結局は
jaben : [ja - こそぎ落とす ben - つや出し] 磨き
jabi : ブラシ
jakine : [ja - 気に障る] トラブル
jasenyo : [sen - 感じる] 耳障りな、目障りな
jebero : [je - 石] 白亜、チョーク
jeilo : [ilo - ゆるみ] ゼリー
jelen : 厚紙、カード (訳注: この je は、石のように硬い、の意味)
jema : 鉱山
jenko : [jen - 金属] 硬貨
jenmo : 堅果
jereni : 堅い、硬直した
jibilen : 免許、特許
jihe : (接頭辞) 某〜
jileci : 秘書
jimeni : 世論
jio : 私的な
jisa : 体験する
Kafe : コーヒー
kaida : [ida - 指揮する] 政府
kaisadio : [isa - 能力] 政治の
kalana : 指令
kapo : 帽子
karune : 工程、処理、プロセス (訳注: 〜になるようにする、ということ)
kasani : ニュース
kasi : (〜として) 振る舞う
kasin : [sin - 形態] 作成
kayasa : [asa - 確証する] 保険をかける
kayosama : 大学
ken A hin B : もし A なら B
ken A na : A かどうか
ken A nu B : A であれ B であれ
kenda : 疑い
keni : 質問事項
kidon : 捧げる
kimo : 種
kinga : [kin - 根] 根
kini : 用意
kinlen : 樹形図、家系図
kinyara : [ara - 支配者] 権威
kipa : 調理する
kiru : 〜となるに至る、育つ
kiua : すでに (訳注: もう始まっている、ということ)
kivain : 今まで (訳注: 始めから進んで今、ということ)
kizin : [zin - 生きる] 生まれる
ko ci : 〜と同じくらい小さい
kobin : [bin - 生活用具] 鉢 (訳注: 非常に広義な語なので、意味限定には無理がある)
kojiko : 赤ん坊
kono : 小包
kubi : [ku - 横たわる] トレイ、盆
kuce : 台架
kuna : ベッド
kundi : [kun - 基底] 基盤
kunya : [kun - 座席] 席
Kutun : コットン、綿
labi : 唇
lafan : [fan - 夢想] 物語
lakana : 説明
lakani : 物語
lana : 単語
lango : レコード、CD
larindi : [rin - 律動] 韻文
lasin : [sin - 形態] 言語
ledu : [du - 木質] 鉛筆
leni : 手紙
leno : 郵便
lesa : 読む
lesin : デザイン
lesu : インク
lete : ペン
leziu : 文字どおりに、逐語的に
lici : ガイド
liin : これまでは
Lin : リネン、リンネン、亜麻布
lindi : [lin - 輪郭] 限界、境界
lingo : 枠
lire : 光線
liua : そこへ
loca : [lo - 開放する] パーク (訳注: 意図的に空き地にされている場所・区画のこと)
lokani : 自由な
lubanda : [lu - 遊ぶ ban - 闘う] スポーツ
lukaca : ステージ
lukaya : 劇場
lunyo : [lun - くだらなさ] バカな
luxo : [xo - 示す] 演技
madu : [du - 堅牢] テーブル
makan : 駅
makun : [kun - 基底] コロニー、居留地
malen : 地図
mane : ポジション
manya : [man - 居残る] 停留所、着陸場
manze : [ze - 醜悪] ゴミ
mate : 置く
mave : 栽培植物
mefan : [fan - 夢想] 想念
mega : 脳
meiti : [iti - 計画] 理念、企図
mekin : [kin - 起源] 発明する
melan : [lan - 音] 音楽
melangi : 音楽バンド、オーケストラ
mele : メモ
melen : 記録文書
meminda : 関心
mene : 精神
meni : 思考
meri : 気分
mese : 観察する
mesen : [sen - 感じる] 気持ち
mezoni : [zo - 火] 怒った
moga : 眼球
mokin : [kin - 根] 球根
moko : 液果
mondi : [mon - 儲け] 利子
muden : [mu - 毛 den - 歯] 櫛
muga : 羊毛
muren : [ren - ひも] 糸
murojen : [jen - 金属] 銅
na A au B : A だけでなく B も
na A na B : A でも B でもなく
naciu : 無視して
naha : ノー
naire : [ire - 再度] もう〜しない
naitiu : [iti - 計画] 故意にではなく
nataua : もう〜しない
neda : 別離
nedini : 分けられた
neli : 離れて
neri : 以来
Ni : ニッケル
ninko : [nin - 子孫] 赤ん坊
ninna : 生産
nore : 線路
nu A nu B : A でも B でも
nusi : 振り返る
roda : 色塗り
Opera : オペラ、歌劇
oribi : 時計
paga : 胃、消化器系
pagan : [gan - 物質] 食物
pagu : [gu - 口] 口
paimo : [imo - 吸い出す] 消化する
pana : パン (訳注: 単位的な食べ物のこと)
pando A ge B : A と B の両方とも
pani : 食べ物
papun : [pun - 腐敗] チーズ (などの臭い発酵食品)
Parafin : パラフィン
pari : 食事
pasua : バー (酒場)
pasuna : 飲み物
pate : スプーン
paulo : [ulo - 油] バター
paxuna : [xu - 甘味] 菓子
pazocan : オーブン
pece : ブーツ
peceko : 靴
pecin : [cin - 段階] 踏み段
pega : 脚
pegavando : ズボン
pegin : [gin - 織物] 靴下
peginta : ストッキング
pegun : [gun - 角度] 膝
pekaba : 蹴る
perin : [rin - 律動] 踊る
peru : 歩く
pete : つま先
Petrulo : ガソリン
Piano : ピアノ
piga : 卵
pila : さえずり
piru : 飛ぶ
podan : [dan - 価値] 価格
pogan : [gan - 物質] 衣類
pogin : [gin - 織物] 布巾
Polis : 警察
pomo : りんご (訳注: 北の果実、の意味)
pona : カバー
ponjen : [pon - 重くする jen - 金属] 鉛
pontane : 重さ
poru : 覆う
ろし 着る
posina : 衣服
Post : 郵便
povan : カーテン
Prosa : 散文
puate : [pu - 汚物 ate - 円筒] 排水管
pupi : ハエ
purojen : [jen - 金属] 真鍮
Radio : 無線、ラジオ
rapo : シャツ
recin : [re - 線 cin - 段階] 範囲
rega : 幹、茎
rejen : (金属の) 手すり、レール
renbe : [ren - ひも] 無線、ラジオ
rengin : [gin - 織物] 帆布、粗布、キャンバス、画布、テント布、ズック
renni : きつい
rete : 竿
reten : [ten - 保持する] 棚
retun : [tun - 限界] 壁
reya : 街路
ri ci : 〜しているとき
riaza : [aza - 遅延する] 遅刻
rifi : [fi - 失敗する] 稀に
rima : 段階
riman : [man - 居残る] 〜している間
riui : 依然として
rodana : 絵
rogan : [gan - 物質] 絵の具
royale : [ale - 旗] 旗
rucin : [cin - 段階] 速度 (訳注: 計測上の速度)
rugo : [go - 丸] 車輪
rugon : [gon - 球] 巻く
runbi : [run - 機械] 装置
runci : 技師、エンジニア
rusu : 川
safan : [fan - 夢想] 理論
sahanne : [han - 称号] 著名
sama : 学校
samen : [men - 寸法] テスト
sanco : [san - 健康 (法)] 手術する
sane : 知識
sangenci : [gen - 合成] 薬剤師
sanya : 病院
senga : [sen - 感じる] 神経
seni : 眺め
seru : 〜に見える
siada : [ada - 労働] ビジネス (訳注: 自分のための労働、ということ)
sibada : 衝動
Sigaret : 紙巻たばこ
sinda : [sin - 形態] 構造
sino : 自動車
sio : 同一の
sirunyo : [run - 機械] 自動の
siui : 均一に、均一な (訳注: この合成語の真義はよく分からない)
sivan : 秘密
soban : [ban - 闘う] 競争する
soceni : 安全な
socia : クラブ (訳注: いわゆる部室やクラブハウスを拠点とするもの)
socine : クラブ、協会 (訳注: socia でないクラブ活動的なもの)
sogane : システム
soginyo : [gin - 織物] 複雑な
soji : 友人
soka : 手伝う、手を貸す
solan : [lan - 音] ハーモニー
sonu : (接頭辞) メタ〜、形而上〜 (訳注: 諸変化の背後にあってそれらの協調を司るもの)
soyare : [are - 序列] 組織する
Sport : スポーツ
subeyo : 乾いた
subinko : [bin - 生活用具] バケツ
subuna : [bu - 匂い] 石鹸
sucema : 港
sucon : [con - 粉] 砂 (訳注: 水流によって生成されることから)
sudi : 海
suhun : [hun - 気体] 蒸気
suko : 水滴
suni : 濡れた
suno : 船
supa : スープ
suruate : [ate - 円筒] 排水管
suruna : 流れ
suven : [ven - 穀物] 米
suzo : [zo - 火] 沸かす
ta ci : 〜と同じくらい多く・大きく
Tabak : たばこ
tacan : 櫃
Taksi : タクシー
tamen : [men - 寸法] 量
tane : サイズ、大きさ
tareyo : 長い
Te : 茶
Teatro : 劇場
teba : 握る
tebin : [bin - 生活用具] カップ
tece : 手袋、グローブ、グラブ
teka : 取る
telanna : [lan - 音] ピアノ (のような楽器)
Telefon : 電話
Telegram : 電報
telika : 指し示す
tendu : [ten - 保持する du - 堅牢] 棚
tenga : 親指 (訳注: おそらく、本のページを保持することから)
tenka : 維持する
tenna : 桶
teri : 腕時計
tesen : [sen - 感じる] 感触
tolen : 通行証、切符、パスポート
tonne : [ton - 疲弊する] トラブル
tonni : 疲れた
torilen : カレンダー
tundi : [tun - 限界] 限界
u ci : 〜するように
ua ci : なぜ〜なのかを
ua na : 〜しないように
ubeni : [ube - 空虚] 空っぽの
ubiji : [ubi - 奉仕する] 召し使い、奉公人
udara : [uda - 法] 審判、判事
udeba : [ude - 破壊する] 破裂させる (ように壊す)
udeni : 壊れた
udico : [udi - 傷つける] 外傷を与える
udoni : [udo - 払う] 支払い金
uene : 借金、借り
ugevio : [uge - 積み重ね] 粘つく
ugona : [ugo - 折り畳む] 帯、折り重ね、ひだ、包み
ugubi : [ugu - 爪] フック
Uiski : ウイスキー
ukelu : [uke - 探す lu - 遊ぶ] (スポーツとして) 狩る、釣る
ukisada : [uki - 開発する] 教育
ukka : [uka - 直立] 建立する
ulage : [ula - 歌う] コーラス、合唱
ulani : 歌
umiga : [umi - 中心] 心臓
umma : [uma - 母] (母なる) 国土
umosu : [umo - 乳房] (牛) 乳
unadi : [una - 単独] 単位
unama : 島
unaua : 〜だけ
undiua : 他方では
unilio : [uni - ぶら下がる] 責任がある
Universita : 大学
unno : 持って行く
unri : そのとき
unu po : [unu - 比較] 〜と比較して
unya : あそこ
upiru : [upi - 水泳] 泳ぐ
upive : [upi - 浮遊] コルク
urazo : [ura - 威力 zo - 火] 電気 (訳注: 火花や雷から)
urevio : [ure - 正規] 適正な
uromo : [uro - 金] オレンジ、みかん (類)
usona : [uso - 約束] (契約における) 条件
utana : [uta - 波打つ] 波
utegin : [ute - 入れ物 gin - 織物] かご
utila : [uti - 向こう側] 電話
utile : 電報
utimen : [uti - 距離 men - 寸法] 距離、遠さ
utten : [ten - 保持する] バッグ
vadi : 前面
vaime : [ime - 信念] 希望
vasiga : 顔
vate : あご
vedaya : 農場
velenna : ページ
veloca : 庭園
vema : 田舎
vetan : [tan - 体] 幹、茎
vidi : 性 (訳注: かなりの婉曲表現である)
vikin : [kin - 起源] 家族
viko : 例
visu : 精液 (訳注: かなりの婉曲表現である)
vola : 泣き喚く
vozine : 後悔
vunna : [vun - ねじれる] ねじ (状のもの)、スクリュー、プロペラ
xamevio : 優しい
xin : [xin - 光沢] ガラス
xingin : [gin - 織物] 絹
xinte : びん
xola : [xo - 証明する] 議論する
xolu : [lu - 遊ぶ] 演技する
zaga : [za - 背後] 背中
zahinyo : [hin - 後続] 最後の (訳注: 最後尾の後続の、と読む)
zame : 記憶
zanpo : スカート
zate : 尾
zenga : [zen - 病気] 疾病
言しら 明言する、声明
zina : 事実
zine : 状態、事情、体調
ziri : 現在
zivio : 自然の、自然な
Zn : 亜鉛
zobin : [zo - 火 bin - 生活用具] やかん
zofi : [fi - 失敗する] 暖かい (訳注: 燃えるほどではない (すなわち害のない) 温度、というこ

と)
zoga : 火傷、日焼け
zoje : [je - 石] 石炭
zoki : 熱
zona : 炎
zoru : 燃える
zorusu : 溶岩
zote : マッチ
zovan : 煙
zumeni : [zu - 獣] 残虐な


gailaigo z oomojihajimari kaa
onsetumo hakaku da sona dasi nebi


目次

this version ©2002-2006 by the Sona Sojigi
revised 2006.11.30

めごてよ
これてよ スピーカー
くほ アルコール

Sona – 汎世界補助語試案

VII. 語順

また、各音節が意味を持つのだから、明瞭でゆったりした発音が望ましい。欧米諸語では

、語形の変化で品詞を示す。主語と目的語も同様に別変化で明示される言語が多いが、
語順だけで示す言語もあり、Sona も後者の方式を採用する。

Sona における語順は、思考の論理的な流れに基づくものとする。
修飾語は、被修飾語に先行する。
isuyudeci [isu - 冷たい ude - 破壊する] は、「砕氷者」の順ではなく、「氷砕き (人)」の順に

なる (訳注: 例の和訳のように、漢字熟語でなく大和言葉的熟語にすると Sona の語順とたい

てい一致する)。

主語は動詞に先行し、目的語がその動詞の後に続く。「私はあなたを愛する」は、mi abu

tu 「私・愛する・あなた」で、「私・あなた・愛する」とはしない。

疑問文でも語順は入れ替わらない。mi imake [ima - 所有する] 私は持っているか。

副詞は、固定的位置を持たない。mi ziu sa または mi sa ziu 私は現に知っている。動詞は英

語と同じく孤立語的。
時制などの文法的要素を、別語との組み合わせで示すやり方である。

ただし、Sona ではいわゆる be 動詞の 2 つの意味を別語で表す。en zi 〜である、en zia 〜が

ある。この be 動詞の現在形 (zi) は、名詞同士を結ぶ場合は普通省略する (訳注: zi の後ろが

形容詞の場合も、名詞用法と見なして zi を省略できる)。

相関する節の間で、同じ時制を常に明示するのは簡明さに反するので、日本語の文法を参

考に (訳注: 連用形を無時制動詞と勘違いしているようだが、もちろん連用形に相当するの

は分詞副詞形である)、

それら同一時制の最初の動詞においてのみ明示する。

人称代名詞の常なる明示も、可能な限り避ける。

ke [ke - 疑問] と ua [ua - 〜について言えば] の用法は、日本語を参考にしている (訳注: 終助

詞の「か」 (疑問表明) と係助詞の「は」 (話題提示)。ただし、ua は話題提示でなく意向の

対象を示す点で、本質的には異なる)。

o min お入り、の文構造が日本語に由来するように、東西の諸言語を広く参照している (訳

注: 「ん」以外は単子音開音節な音節構造であること、日本語からの影響がかなり大きい。

Sona の間接話法では、時制を一致させる必要はない。
最初の節で時制が明示された以降は、別の時制を必要に応じて明示するまでは、すべては

直説法現在形のでよい。

mi zen 私は病気だ
mi to zen または mi zito zen 私は病気だった
on la ua mi zen 彼は言う、私は病気だと
on la ua mi to zen 彼は言う、私は病気だったと
on lato ua mi zen 彼は言った、私は病気だと
on lato ua mi to zen 彼は言った、私は病気だったと
ti kelatoyan keri ru ua arise parayan
彼らは彼女に尋ねた、いつ彼女の父を訪ねに行くのかと [ari - 達する se - 見る。合わせて

、訪ねる] (訳注: 原著のここの英訳文は正しくない。had gone ではなく、次の次の行と同じ

would go でないと意味が通らない)
ti kelatoyan keri si ru ua arise parayan
彼らは彼女に尋ねた、いつ自分たちは彼女の父を訪ねに行くのかと (訳注: いつ行けばよい

のか、ということ)
ti kelatoyan keri ru ua arise parasi
彼らは彼女に尋ねた、いつ自分たちの父を訪ねに行くのかと

時制はまた、副詞によって間接的に示されてもよい。
mi nayari vadiri 私は明日は来ない (だろう)
an ari zadiri 彼女は昨日来た

on latomi ua ari li Roma vatori 彼は私に言った、来年ローマへ行く (だろう) と
keri mi se tu いつ私はあなたに会うのか (訳注: いつ会えるのか、ということ)
keri mi seto tu いつ私はあなたに会ったのか (訳注: この最後 2 つの例は意図不明)

以上を単純に言えば、以下の 3 つの方式の組み合わせ、ということになる。(1) 西洋諸語の

、発話時点を基準とする時制方式、
(2) ロシア語など東欧諸語の、直接話法の時制をそのまま間接話法でも用いる方式、
(3) 同一時制の動詞の時制は単一の動詞にのみ明示する方式。

mi ruto ua se borasi nukiri ge layon mi nali ari a karipa kin kiua siadani [pa - 食べる kin - 起源 (

根拠) kiua - 既に (ki - 始め、を ua で強調) ada - 労働] 私は自分の兄弟に別の日の朝に会いに

行き、そして彼に言った、自分は昼食には行けない、仕事が入ってるからと。

動詞 la と ari は、発話時には過去時制だが、ここでは直説法現在になっている

(訳注: 結局、本質的には (1) だが、(3) による簡明化により、結果的に (2) になっている)。

なお、未来を示す標示語根である va と fa の違いは、前者が「起こりそうなこと」を表わす

のに対し、後者は「起こり得ること」を表すことにある。mi va to setu ken halami [ken - も

しも。hala で、呼び叫ぶ、の意味] 大声で呼んでくれれば会えたのに、tu fa to semi ken na

zia huvan [huvan で、雲 (天気による隠し)、の意味] 霧でなければ会えたかも。

注: 以下の例において、( ) は省略可能な語を示す。


mi uto azake. 私は遅刻か? [uto - 超過 aza - 遅延する]
ubijie ueke donxani. 召使いたちはチップを与えるられるべきか? [ubi - 奉仕する ue - 〜すべ

きである don - 授与する。donxa で、(金銭の) チップ、の意味]
(tu) adanike indiri. (あなたは) 今日は仕事か? (訳注: ke による疑問詞を含む文は、必ず疑問

文であって命令文ではあり得ないので、mi または tu が主語である場合はその主語を省略で

きる)
(tu) furucike. (あなたは) 外出中か?
(mie) va ru li Napoli ke. (私たちは) ナポリに向かっているのか?
xen aloni inya. 犬はここでは許可されているか? [xen - 犬 alo - 許可する] (訳注: 原著の英

訳に合わせて疑問文とするが、その場合は alonike とするべきである)
hasanii inya mi nali ru. ここでは名前を知られているので、私は行けない。

zii jun mi akasi ki. 若いので私は早起きだ。 [jun - 若さ aka - 上]
innomi di mujali su. ひげ剃り用の水をちょっと持って来てくれ。 [mu - 毛 ja - こそぎ落とす

。この li は、〜向き、の意味合い]
inkati akali mi dia. 彼らを私の部屋によこしてくれ。 (訳注: 部屋が上階にあるので ka や

aka が使われている。日本語訳には組み込みづらい表現)

(tu) nike numi in danlena. (あなたは) この紙幣をくずせるか? [ni - 〜できる dan - 金銭 le -

図案 na - 無性無機物接尾辞]
(tu) nike zokami. 私に (あなたの) 火をくれないか? [zo - 火 ka - 〜をもたらす] (訳注: たば

こ用にライターやマッチ、または相手のたばこの火などを借りる表現)
(tu) nike agemi a — (あなたと) 〜で会えるか? [age - 会う]

(tu) nike inkanotimi. (あなたが) それらを私まで送れるか? [ka - 〜にする]
(tu) sake laba Sona. (あなたは) ソナ語を話せるか? [ba - 他動詞化接尾辞] (訳注: 言う、の系

の動詞概念を自動詞と見なすのは英語的。従って、ここは ba を外して la Sona だけでもよ

い)

(tu) nike lami a ci — (あなたは) 〜はどこか知らないか?
(tu) nike mankosi. (あなたは) ちょっと待てるか? [man - 居残る]
ari ki, ken ni. 早めに来てくれ、もしよければ。

(tu) to rutake xau. (あなたにとって) いい旅だったか?
na ari uto aza. 遅れて来るな。
na uzikayon. 彼を元気づけるな。 [uzi - 活性化する]
(tu) sake a ci da ru. どこへ行けばよいか (あなたは) 知っているか?
(tu) hasake on. (あなたは) 彼と知り合いか?
(tu) sake via. (あなたは) 経路を知っているか? (訳注: 作者は via を、英語などの via と

からめて経路・経由地の意味と定めているが、本来的には「事物が本来あるべき場所」と

解されるべき語である)
(tu) nake zamemi. (あなたは) 私を思い出さないか? [za - 昔 me - 想う]
(tu) zameke (an). (あなたは) (彼女を) 覚えているか? (訳注: an の省略は無理であろう)

(tu) zameke a ci. (あなたは) どこか覚えているか?
(tu) cuke da — (あなたは) 〜したいのか?
noru li (Savoi) Hotel. [ru - 〜になる] (サヴォイ) ホテル まで行ってくれ。 (訳注: タ

クシーの運転手への言葉。サヴォイが省略可能とされるのは、その状況でホテルと言えば

そこしかないためであろう)

ru innomi di velen. 行って紙を何枚か持って来てくれ。 [ve - 植物 len - 書] (訳注: 「植物に関

する本」は vecine gelen または vecivi gelen)

(tu) to zenke. (あなたは) 病気だったのか? [zen - 病気]
(tu) imake di Anglo gelen. (あなたは) 英語の本を何冊か持っているか? [ima - 所有する]
(tu) imake cina da fula. (あなたは) 何か言いたいのか?
(tu) to seketi. (あなたは) 彼らに会ったのか?
(tu) na imake cina ekodan. (あなたは) もっと安いのを持ってないのか? [dan - 金銭]
haua lenietu, o hazannin. お手紙ですよ、お嬢さん。 [le - 記述する ni - 受動態接尾辞 e -

複数 tu - 第二人称所有格。haua で、これをどうぞ、の意味]
kesantu indiri. 今日のあなたはどんな調子か? [san - 健康]
keuti li — 〜までどれぐらい? [uti - 距離]
(tu) ketari zia. (あなたは) どのくらい (ここに) 住んでいるのか?

keye (Mail) li — 〜までどのくらい (何マイル)?
(tu) keye cu. (あなたは) いくついるのか? (訳注: 和訳は英訳に従ったが、厳密にはこ

の文は「何度望むのか」の意味になるはずで、英訳・和訳の意味にするには、cu を keye の

前に置く必要があると思う)
in kedan. これいくら?
ketoritu. あなたいくつ? (訳注: 歳を聞く表現だが、文脈によっては生年を聞く表現でもあ

りえる)
(tu) to inte mi leni. (あなたは) 私の手紙を手に入れたか? [te - 手] (訳注: inte で、手に入れる

、は日本語由来の表現かもしれない。疑問文というよりは確認文な表現)

mi neruci vadiri. 私は明日出発する。 [ne - 〜から] (訳注: 定まった予定を進行形で表すの

は英語的。この場合は neru だけで十分である)

xan, mi ita san. ありがとう、私はいたって健康だ。 [xan - 恩恵 ita - 充満する]
mi na sa ci on. 私は知らない、彼を。 (訳注: ci 節で zi が省略されており、zia ではない

ことで「彼が誰か知らない」意味に定まる)
mi na sa ci da. 私は知らない、為すべきことを。
mi na sa heci. 私は何も知らない。 [he - 任意]
mi na hasa parayon ita. 私は彼の父についてまったく知らない。 (訳注: hasa でなく sa

だと、彼に父がいたことを知らない、意味になると思う)
mi na cu da — 私は〜したくない。
mi na sa cisi en. 私は知らない、それが誰のかを。 [si - 所有格の明示]

(mi) na useto ci tu la. (私は) 聞かなかった、あなたが言ったことを。 [use - 聞く] (訳

注: 過去形も命令形ではありえないので、mi を省略できる)
mi ima cana ko can. 私は (その) 小箱の 4 つを持っている。 [ima - 所有する ca - 4 can - 箱] (

訳注: na が接尾する数詞は、〜のうちの個数、を示す)
mi nari to zia (Moskva). 私はそこ (モスクワ) にいたことはない。 (訳注: zia が「そこ」

の意味合いを含む)
mi to fime(yen). 私は (それを) 忘れていた。 [fi - 失敗する] (訳注: yen は会話中では省略

できるが、文章中では難しいだろう。ちなみに、mi もおそらく省略可能である)
mi ima di celeni nogi. 登録済みの私の手荷物がいくつかある。 [ce - 固定する le - 記

述する gi - 集]
(mi) to nefi mi cebi. (私は) 私の鍵をなくした。 (訳注: nefi は、誤って ne する、の意味。こ

の ne には、英語の off 的連想がいくらかあるように思う)
(mi) ime inri tu sen esanyo. これがあなたのお気に召せば (私にとって) 幸いです。 [ime -

信念 sen - 感じる] (訳注: inri 今、を、今のこのことが、の意味合いに訳した。形容詞化の yo

は、esan を比較級 (better) へと定めるために必要である。ただし、san をこの意味 (英語の

well) で使うのは、英語的偏りと言わざるを得ず、より普遍的な表現を取れば、おそらくに

そうした小細工は不要になるのではないかと思う)
mi uo ru li lenocia. 私は郵便局へ行かねばならない。 [uo - 〜しなければならない。leno で

、郵便、の意味]

mi me hu va su. 私は想う、天気は雨になると。 [hu - 天気]
(mi) me ua mie hasaisi. (私は) 想う、私たちは互いに知り合えればと。 (訳注: ここで

の mi の省略は、相手の返答をそれとなく期待する意味合いを持つ)
mi cu engidia. 私は一人用の部屋を望む。 [gi - (数詞に接尾して) 組数]
mi cu iritolen li — 私は〜への往復切符を望む。 [iri - 反動 to - 通過する len - 書。tolen で、

切符・通過許可証、の意味] (訳注: iritolen は英語 return ticket の直訳。米語では帰りの切符

の意味にしかならないように、この表現は国際的とは言えない。tolen li ge ne (〜へおよび〜

からの切符) の方がよいだろう)
mi cu kihalani atu ori. (朝) 8 時に起こしてほしい。 [atu - 8]
mi bezi ado mukupona. 余分な毛布がほしい。 [be - 〜なしで ado - 加える mu - 毛 ku -

横たわる po - 覆い na - 無性無機物接尾辞]

mi culatu ju inotori. 新年の祝福をあなたに。 [ju - 喜び ino - 刷新]
(mi) va agetu ayesuno. 船の上でまた (会おう)。 [age - 会う e - 調音用の無意味な追加

音]
mi va lakati. 私は彼らに話すだろう。 [ka - 〜をもたらす]
mi va to laka kora ciua. 少年にそのことを話しておけばよかった。 [ciua で、〜につい

て言えば、の意味。ここでは、人称代名詞省略に乗っ取り、「〜」を ci に収束している]
keu tu ale. どういうつもりだ? [ale - 意味] (訳注: 英語 how do you mean? の直訳。相手の発言

や行為の意図を問う表現。keua tu to da(yen)? の方が明快で普遍的な問い方と思う)
danya cennike indiri. 銀行は今日は休みか? [cen - 遮断する]
tareke li makan. 駅まで遠いのか? [re - 長さ] (訳注: 距離を意味する uti で utike でもかま

わないと思う)
hukada aloke inya. ここでたばこを吸っていいのか? [huka で、喫煙する・燻す、の意味] (

訳注: 文脈によっては、「ここでのろしを上げてもいいのか?」の意味ももちろん可である)
in palioke su. これは飲める水なのか? [pa - 食べる] (訳注: palio で、食用、の意味。

Sona では「飲む」を pa su 水を食べる、と表現する)

zikeya ipa lia — 〜のための十分な余地はあるか? [ipa - 充足] (訳注: zia の疑問形が zikeya

になっているが、「あるのか」と存在の有無を尋ねるのだから、これで正しい。ziayeke だ

と、「そこではなくほかにあるのか」という意味 (a が示す場所の是非) になる)
zikeya sirunorua. 自動車道路はあるか? [siruno で、自動車、の意味]
zikeya Doico kaidora (または Konsul). ドイツ領事はいるか? [ido - 促進する] (訳注: 領事は

、通商促進を主目的とする外交官のこと)
hu isuke indiri. 今日は寒いか? [hu - 天気 isu - 冷たい]
hu seru tayazuvi. 大嵐になりそうな天気だ。 [se - 見える ru - 〜になる azu - 嵐] (訳注: vi

は、ここでは、〜の類い、の意味合い)

reurelisi. 右へまっすぐ。 [re - 直線 ure - 右]
da mi lakatu ciua. それについては、私からあなたに話させてくれ。
da mie sebakiti. それらを見に行こう。 [ba - 他動詞化接尾辞]
zoka min mi dia. 私の部屋で吸ってくれ。 [zo - 火 min - 〜の中で] (訳注: zoka は、火を灯

す、の意味。たばこの火に解したが、作者の時代からランプかろうそくの火かもしれない)

(mi) aloke minsi. (私は) 入ってもいいか?
(mi) aloke manyen so tu. (私は) あなたにこれを置いて行っていいか? [man - 居残る so -

〜とともに]
(tu) uoke ziu ru. (あなたは) どうあっても行くのか? (訳注: ziu で、本当に・実際に、の意

味)
o adolen, panoci. 勘定書を、ウエイターくん。 [ado - 加える len - 書]

nari da un ire. 二度とあんなことはするな。 [ire - 再度]
eua, zaxiodi to suki. そう、先の土曜は霧だったのだ。 [za - 昔 xi - 6。xiodi で、土曜日、の意

味] (訳注: eua で、意向の多・強調の多、から、次の言葉を特に強調する、すなわち、相手

の注意を引く掛け声)

o kayarimi Taksi. タクシーを拾って来てくれ。 [ka - 〜にする]
o ki mi benya. 私の風呂を用意してくれ。 [ben - 洗い清め]
o inno di zoje. 石炭を少し持って来てくれ。
ma cigimi apo reten. 私の荷物を (網) 棚に載せろ。 [ma - 場所 apo - 上乗せ ten - 保持する] (訳

注: 網棚か普通の棚かは文脈による)
mayen apo lemadu. それを書類机に置け。 [du - 木質]

o ilaba. 呼び鈴を頼む。 [ila - 鈴]
inyila bikora. ボーイが入用の場合はお鳴らしください。

inruka muci da jami. ひげを剃りたいので床屋をよこせ。 [ja - こそぎ落とす。ここ

では、ひげを剃る、の意味]
an na sa laba ci Ruso. 彼女はロシア語は話せない。 (訳注: この laba は名詞で、ci は

それに係る関係詞)

nukasi en uli gun ureli. 次の角を右へ。 [nu - 変転する en - 定冠詞 uli - 近接 gun - 角・

分岐]
untein li kaminci. これを門番まで。 [ka - 〜にする]
tekai mi kapo (mi) ruto fu. 帽子を取りつつ私は外へ出た。 [po - 衣服] (訳注: kapo への所

有格は本来的には si の方が厳密だが、それを mi に特定することで主節の mi を省略可能に

している)
un mipandi. あれが手持ちのすべてだ。 (訳注: un mi pandi の方がよい)
un ta uto dan. あれはちょっと高過ぎる。 [uto - 超過] (訳注: 値段が高過ぎること)

unli en kaminya, o hazan. あちらが玄関ホールです、奥様。
ginca ita suki. シーツがすっかり湿っている。 [gin - 織物 ita - 充満する] (訳注: suki は

、(水が) にじみ出る、の意味)
seloren udeni. 窓ひもが壊れている。 [lo - 開放する ren - ひも ude - 破壊する] (訳注:

selo で、窓、の意味。ひもで操作する上げ下げ窓は、欧米では普通である。戸車用の隙間が

不要な分気密性が高くなる、窓枠が縦長横短なのでその分壁の縦柱を増やせる、など、極

寒豪雪地に向く)
na zia bivelen. トイレットペーパーがない。 [ve - 植物] (訳注: bivelen でトイレットペー

パーを指すのは、もちろん婉曲表現である)
in dannu na ure. 釣り銭が間違えている。 [dan - 金銭]
in bona na kipani. この肉は生だ。 (訳注: kipa で、食事として調理・用意する、の意味。

paki だと「食べ始める」意味になるので、この形しかない)
in Cai (または Te) ita isuni. この紅茶はすっかり冷めてしまっている。 [isu - 冷たい] (訳注

: 実際の茶の種類は文脈次第である)
inha via, o hara. こちらをお通りください、旦那様。
rutocie nari iresi. 行きし者一人として戻らず。

kehanitu. あなたの名前は何? (訳注: hani で、名前、の意味。tu は所有格)
(tu) kena lato. (あなたは) 何て言ったのか? (訳注: kena で、何事、の意味。tu lato kena

の方がよい)
un kehani (po —). (〜語で) あれは何と言うのか?
ke tu akedan. あなたの経費は何か? [ake - 祈願する] (訳注: akedan は、おそらく「供物

」が本来的語義であろう。keyakedantu だと分かりづらいのでこの形になる)
ke akedan po — 〜の手数料は何か?

ke ori. (今) 何時? (訳注: keyori (または keori) の方がよい)
po ke ori si pata. 夕食は何時? (訳注: po は、おそらくに英語の in what time の in の直訳で

、なくてもかまわないように思われる。また、pata は dinner の意味の直訳で、西洋的であ

る (西洋以外では、宴会の意味に取られる可能性が高い)。niripasi keyori の方がよいか)

kevi rua. どんな道?
po ke engio rudan. 一人用料金はいくら? [gi - 組数化接尾辞] (訳注: gio は倍数の意味になる

ので、engi だけでよい。po ke は、おそらくに英語の how が in what way と同義なことから

、how であることを示すものとして po が用いられている。合わせて、engi rudan keta の方

がよい)
po ke ori mie ariva. いつ私たちは着くのか? [va - 前] (訳注: ariva よりも、ただの ari の方が

分かりすいと思う。mie (va) ari keyori の方がよい)
keha xafadi. 何とラッキーな! [fa - 運] (訳注: di があるので、総括的評価ではなく、目

撃的評価である)
ke (si) ue lati. (人は) 何を彼らに言うべきか? (訳注: si ue lati ke の方がよい)
ke fa (tu). (あなたに) 何が起きたのか? [fa - 偶然]
ke inyodiri. 今日は何月何日か? [odiri - 日付] (訳注: in によって、keyodiri が分割され

た形)
po ke ori apakanye cenni. この辺りの店はいつ閉まるのか? [apa - 供給] (訳注: apakanye

cenni keyori の方がよい)
mie uo aluti da pata. 私たちは彼らを夕食に招待せねばならない。 [alu - 招待する] (訳注: こ

の da は英語 to の直訳で、作者のミス。li でないと、私たちは夕食するために彼らを招待せ

ねばならない、すなわち、彼らに夕食を作ってもらわねばならない、という意味になる (英

語の dinner は動詞用法がないのでこの意味にはならない))
mie cu dia jidoli. 私たちは 2 人用の部屋を望む。 [ji - 人] (訳注: jidoli は、人 2 人分の、と

解せばよい。dojili だと、do jili、すなわち、人間用 2 つ、の意味に取られる可能性がある。

いずれにせよ、dia の後に来るのは破格である)
mansi mi inya. ここで私を待て。 [man - 居残る] (訳注: mi が対格に取られる恐れがある

(英訳文からして、man si li mi の省略形だが、この li の意味が非常に曖昧である)。mansi

inya (ri ci) be mi または mansi inya arili mi inru の方がよい)
keya bidia. トイレはどこだ? (訳注: bidia でトイレを指すのは婉曲表現。bidia keya

の方が論理的だが、マナー的には bidia を後に置いた方がよいのかもしれない)
keya jitolencia. パスポート事務局はどこだ? (訳注: jitolencia keya の方がよい)
(tu) keli. (あなたは) どこへ (行くのか)?
(tu) kezia. (あなたは) どこに住んでいるのか?

keri mi inyire. いつ私はここに戻るのか?
keri (tu) ni unzia. いつ (あなたは) あそこに在れるのか?
keri (tu) zia Paris. いつ (あなたは) パリにいるのか?
po ke ori toreno ruki. 何時に列車は出発するのか? (訳注: toreno ruki keyori の方がよ

い)
(tu) nekeli. (あなたは) どこから来たのか?
po ke ori ito leno. 最終の郵便回収は何時か? [ito - 終端] (訳注: ito leno keyori の方がよい)
(tu) minrui cenba dulo. (あなたが) 入るときはドアを閉めろ。 [ba - 他動詞化接尾辞 du

- 木質 lo - 開放する。dulo で、ドア、の意味]
tu cuke inpa Cai (または Te). あなたは茶を飲みたいのか?
ne inye keci xa. これらのうちでどれがよいか?
kejihe lato un li tu. 一体誰があのことをあなたに言ったのか? [he - 公的] (訳注: この he は、

相手だけでなく広く世間にも問う意味合い)
in kesi sutepona. これは誰の傘か? [po - 覆い] (訳注: sutepona は、雨において手にする覆

い物、の意味)

(tu) keua lato un. なぜ (あなたは) あのことを言ったのか? (訳注: tu lato un keua の方がよ

い)
(tu) keua na irila. なぜ (あなたは) 答えないのか? [iri - 反動] (訳注: tu na irila keua の方がよ

い)
(tu) keua na rukatoyen. なぜ (あなたは) それを送らなかったのか? (訳注: tu na

rukatoyen keua の方がよい)

santu, o hara. あなたに健康があらんことを、旦那様。
tu na to donmi ipana. あなたは私に十分には与えていない。 [don - 授与する ipa - 充

足]

torugi ci na cu da injidon jitolensi nu inu jilen li kinyara uenitoci po ukeseda viua a toruda vi

valinye, kasani ua imigiumadio kunogiada kinyalo dakaciesi da inte ne torugi kivacilani lengi ge

da undonti, samenitoi xoyu, naui, ua dai ti va daka asi jibici dili toruji.
国境 (valinye) を通る際の本人確認に要する場合でも自分のパスポート (jitolensi) や自己証明

書 (jilen) を政府 (kinyara) に示したがらない旅行者たち (torugi) は、国際寝台車会社

(imigiumadio kunogiada) が自社の車掌たち (dakaciesi) にそれらの (kivacilani、訳注参照) 書

類を旅行者たちから受け取り本人確認するよう認可していると教えられるが、そうするこ

とで (ua dai) 彼らは個々の旅行者の代理人 (jibici) として振る舞えるのだとはっきり (xoyu)

分かっていればこそ (従うの) である。 [inu - 他 kin - 起源 ara - 支配者 uke - 探す lin - 輪郭

imi - 間 uma - 母国 ku - 横たわる ada - 労働 xo - 証明する asi - 類似] (訳注: viua で、本人確認

、のような意味合い。接尾辞の dio は、〜に属する、の意味。kuno で、寝台車、の意味。

kivacilani は、kivaci lani で、kiva は、始めからここまでの間、で、既に・以前に、の意味。

基本的に英語の文章の逐語訳なので、英文の方も次に示しておく)

Passengers who do not desire to present in person their passports or other identity papers to the

Authorities charged with the examination thereof on the passage at frontiers, are informed that

the International Sleeping Car Company authorises its conductors to receive from the passengers

the above mentioned documents and to present them, it being clearly understood, however, that

by doing so they will be acting as the personal agents of the passenger.
xolen
foli da agusi fu selo.
ubani da bi sucandia ri toreno zia makan.
告示 [xo - 示す]
窓の外へ身を乗り出すと危険。 [fo - 脅す agu - 傾き lo - 開放する] (訳注: ここの foli は folio

の省略形で、脅しうる (もの)、の意味)
列車が駅にいる間はトイレの利用を禁止。 [uba - 禁止する can - 箱]
foyale
po fa foline aru ren (または tebi). abadan vi fen bida na ko ne pen Sterlin.
警告 [ale - しるし]
危険なときはひも (またはハンドル) を引け。不正使用の罰金は 5 ポンド以上。 [fa - 偶然 ne

- 状態名詞化接尾辞 aru - 引き寄せる ren - ひも aba - 懲らしめる fen - 欠陥 pen - 5] (訳注:

Sterlin スターリング (sterling) はイギリスの通貨ポンドのこと)
kindileni.
o hara, mi han da kasatu ua hakaidaleci vi fuada vosi ua nali meka aketu po same ikeni. mi uo,

naui, da alete ua, po unume di hakaidaleci, tu hojio vie fa seru da udaxo jidi akeda bi tu li

minyadaya, ge on to kalami usiu da vaka hanitu li un idadi, so tu leni ge jidiubizamelen.
o tu.
理由説明の手紙。
啓白、外務大臣 (hakaidaleci vi fuada) におきましては、あなたのご請願を当方が察する限り

においては (po same ikeni) 申し訳なくも考慮できないことを、あなたにお知らせする名誉

を得た者にございます。とは言え、大臣の見解 (unume) として、本省 (minyadaya) へのあ

なたの個人的請願 (jidi akeda) があなたにおける固有的 (tu hojio) 条件 (vie) にあっては適法

かもしれないことを鑑み、あなたのお名前をそのまま (usiu)、あなたの手紙および国家貢献

の記録 (jidiubizamelen) とともに、省 (un idadi) へ提出するように私に命じたこともまた明

らかにしておきたく思います。 [han - 名誉 ida - 指揮する le - 記述する ada - 労働 vo - 悲しむ

ake - 祈願する ike - 推測する ale - しるし unu - 比較 ho - 特定 uda - 法 xo - 証明する usi - 適合

する ubi - 奉仕する za - 過去] (訳注: hakaidaleci で、大臣、の意味 (ka はトップであること、

ha は尊称を示す)。alete で、指し示す、の意味。melen で、記録、の意味)
頓首。
adaleni.
o hara, mi ima tu leni vi dicio ge to mele ueyu vi ameni kalatu po sunoda vi cadici ducan subeni

mo. asi zilani po kiva sokasaye udoyusone zi dangi ana len, tin po son didan, nu adolen po tinyedi

diri, Net. imei ua rukanina va aritu ceu, ge po san zine, ge ua mi fa xadonni so ire kalani, o tu.
ビジネスレター。
拝啓、10 日付けのあなたのお手紙を拝見し、目にした記述から、乾燥果実を木箱 14 個で船

便のご注文として承りました。これまでのやり取りで申し上げたとおり、お支払いは書面

でなく現金なら 3 パーセント割引、または一覧後 30 日払い荷為替手形なら正価です。荷が

無事にそちらへ届き、傷みもないものと信じております。さらなるご注文を頂ければ幸い

です。敬具。 [ima - 所有する ame - 観察する mo -果実 asi - 類似 udo -払う uso - 約束 ana - 敵

対 tin - 3 son - 100 ado - 加える ime - 信念 ari - 達する ce - 固定する san - 健康 don - 授与する]

(訳注: dicio で、10 番目の、の意味 (数詞に o を接尾して序数化)。po son で、パーセント、

の意味。Net は、英語の net (正価) を外来語として取り込んだもの)
savilana.
ji akelanii ci isara be ukida to asi, irila:– “api be xuga. laka izu ge naxame api:– ‘po ko netensi da

ika, ken tu na don xuga.’”
格言。
鍛えもせずに有能な男はどのようなものか、と言葉を請われた人が答えた、「蜜のないハ

チだ。荒らくれで不親切なそのハチに言ってやれ、『せめて突つくのはよせ、(訳注: 守るべ

き) 蜜もないなら』」 [ake - 祈願する isa - 能力 uki - 開発する asi - 類似 iri - 反動 api - (羽) 虫

xu - 甘味 izu - 荒い ten - 保持する ika - 突つき ken - もしも] (訳注: to は、本質的には irila に

係るのが、最初の動詞が時制を示す規約により、asi の前に置かれている。ただ、asi は関係

節内の動詞なので、この場合は主節の動詞である irila の前に to を置いても問題はないよう

に思う)
panyunadi lasin.
po ukedasi vi socie di imigiumadi gina di kafoci geni po Marseilles hakacoda hayagadio ceka

sokanici, nu azani, bi e isafi ukecekaci. zadiri zan akibasi min cekadikaya, lai ua useto tin ra

labaci zuvi lasin anaxunci min Kafeya. ukesada xokato ua kennie zi kisara dilakaci jelio keni min

kivadirio lenda a kayosakan. enna to Portogali, inu Fransi, ge tinyo Itali. ‘zuvi lasin’ to Anglo,

unayo (lasin) heisili.
普遍言語。 [una - 単独 sin - 形態] (訳注: lasin で、言語、の意味)
マルセイユ暗殺事件に関連する国際テロリスト (kafoci) 集団のメンバーら捜索において、に

わか探偵 (ukecekaci) たちに時に助けられ時に邪魔されている大陸 (hayagadio) 警察 (ceka)。

昨日も、ある女性が、警察本部 (cekadikaya) に飛び込むや否や、カフェの中で三人の男たち

が獣じみた言語で話し合い何か企んでいるのを耳にした、と告発した。捜査したところ、

容疑者 (kennie) は、大学 (kayosakan) での前日の講義における難解な問題 (jelio keni) を議論

していた学生 (kisara) たちだった。一人はポルトガル人、もう一人はフランス人、そして三

人目はイタリア人だった。獣じみた言語とは、その三人が共に知る唯一の言語、英語だっ

た。 [uke - 探す imi - 間 fo - 脅す co - 殺す aga - 大地 ce - 固定する aza - 遅延する fi -失敗する

za - 昔 aki - 速度 use - 聞く zu - 獣 ana - 敵対 xun - 悪知恵 xo - 証明する je - 石 inu - 他 he - 任

意 isi - 交換] (訳注: hakaco は、トップの人を殺す、の意味。ここで言う「大陸」は、島であ

るイギリスに対しての欧州大陸部のこと。ただし、hayaga 自体は任意の大陸を指す語。

ceka は、固定をもたらす (もの)、で、極めて広義な語。ここでは、捕縛する (もの)、の意

味に取っている。特定の組織ではなく、警察全般を指す場合は cekadi。akibasi min の min

は、〜の中へ、と方向の意味合いも含む。Kafe は、コーヒーを指す外来語。keni は、謎と

された (もの)、の意味。lenda は、読むこと、の意味。欧米で講義を意味する lecture も、読

まれた、というラテン語に由来する。kayosakan は、kayo sakan 高等学校 (舎) の意味だが、

欧米では「高等教育」は大学のそれを指し、日本の高等学校は中等教育後半にあたる)



目次 | 次章

this version ©2002-2006 by the Sona Sojigi
revised 2006.11.21

けほ
senmonbeles

Li noovi vestes de li imperiestre

Anti muite yaares vit-adden imperiestro,
qui tiel treegii satadden beli novi vestes,
que lo elspezad sin tuti mone por et-ak chiam beli ornam-aki.

Lo non-zorgadak pri sen soldates, non xatad komedie kay nek tul veturak-ek en arbare, krom nuri

se tium donad-ak al lo okaze tul montr-ak sen novi vestes.

Lo havidden robe porii qi oore de li taage, kay kiel ordinari

les dirak pri qi ali reje, ke le estak en li konsilistare,

tiel les qiam dirad diex:
"Li imperiestre estak en li vestexranke!"

En li grandi urbe,
kiex lo lojad, li vive estad tre gayi, qitagim multi fremdules venad.

En i tage du frawdistos venad;
los xaynigad se teksistos kay dirad,
ke los komprenak tul teksak li pley ravi xtofe,

kiu ies kul imagak al sen.
Non nur li kolores kay li deseine estad ium eksterordinarim beli, sed li vestes, kius ies kudrad el li

xtofe,

havad ti mirindi ece, ke lus farijak nonvidebli por qie, kie non tawgak por sin ofice,

aw kie estak nonpermeseblim stulti.

"Tius vul estak ya bonegi vestes," pensad li imperiestro; "portantim lus, mo vul kul eksciak,
ki vires en mon regne non tawgak por ti ofice, kiun les havak; mo vul kul distingak li sajis de li

stultis! yes,

ies tuy mul teksak ti xtofe por mo!"

Kay lo donad al li du frawdistos grandi antawpage,

por ke los tud komencak sin labore.


Los ankaw starigad du teksiles kay xaynigad, kvazaw los vud laborak, sed los havad tutim neniu

en li teksile.

Senjenim los postulad li pley delikati silke kay li pley boni ore; sed los metad ties en sin propri

sake kay

labor-idek per li malpleni teksiles,

kay eq jis malfruim en li nokte.
"Nun mo tre vul xatak tul sciak, kiom los atingad pri li xtofe!" pensad li imperiestro, sed lo havad

iom strangi sente qe li kore pro li pense, ke tie, kie estak stulti aw malbonim tawgak por sin ofice,

non kul vidak tiu; nu,

lo ya kredad certim, ke lo non bezonak tul timak pro si mem, sed tamen lo volad unesmim

sendak ali persone tul rigardak, kiel statak li afere.

Qi homes en li tuti urbe sciad, kiax mirindi forte li xtofe havak, kay qies estad avidi tul vidak,

kiel maltawgi aw stulti len naybare estak.


"Mo vul sendak al li teksistos mon malyuni, honesti ministro!" pensad li imperiestro, "lo kul pley

bonim vidak, kiel li xtofe aspektak, qar lo havak kapable, kay nenie prizorgak sin ofice pli bonim

ol lo!"
Nun li malyuni, bonkori ministro enirad en li salone, kiex li du frawdistos sidad laborantim per li

malpleni teksiles. "Deme yul gardak mes!" pensad li malyuni ministro kay malfermegad li okules,

"mo ya kul vidak neniu!" Sed lo non dirad tium.
Ambaw frawdistos petad lo bonvolim tul proksimijak kay demandad, qu non estak beli desegne

kay ravi kolores. Tiam los montrad al li malpleni teksile, kay li kompatindi malyuni ministro

dawrim malfermegad li okules,

sed lo kul vidad neniu, qar neniu estad. "Sinyore Deme!" lo pensad, "qu eblim mo estak stulti? Mo

neniam kredad tium, kay neni home raytak tul sciak tium!

kiun qu
qu eblim mo non tawgak por mon ofice? Non, mo non kul riskak tul rakontak, ke mo non kul
vidak li xtofe!"

"Nu, ve dirak nenium pri lu!" dirad un el li teksantos. "Ho, lu estak beli! neprim pley dolqi!" dirad

li malyuni ministro kay rigardad tra sin okulvitres, "ti desegne kay ti kolores! yes, me vul dirak al

li imperiestre, ke lu treegim plaqak al me!"
"Nu, tium joyigak mes!" dirad ambaw teksistos, kay nun los nomad li kolores kay li kuriozi

desegne. Li malyuni ministro atentim awskultad, por ke lo tud kul dirak li same, kiam lo vul

venak heymim al li imperiestro, kay lo farad tium.

Nu-n li frawdistos postulad pli da mone, pli da silke kay ore, kium los xul uzad por teksake. Los

metad qiu en sin propri poxe, en li teksile venad eq ne uni fadene,
sed kiel antawim los pluteksad per li malpleni teksile.

Baldaw li imperiestro denovim sendad ali bonkori oficisto por vidak, kiel statak li teksake, kay qu

li

xtofe baldaw vul estak preti.

Okazad por lo tiel samim kiel por li ministro, lo rigardad kay rigardad, sed qar estad nenu krom

li malpleni
teksiles, lo kul vid-edak nenu.

"yes, qu lu non estak beli xtofe!" dirad ambaw frawdistos kay montrad kay klarigad li ravi

desegne, kium tutim non estad.
"Mo non estak stulti!" pensad li viro, "do estak mon boni ofice, por kium mo non tawgak? Tium

estak tre strangi! sed ies non tud lasak ie tul sentak tium!" kay tiam lo lawdad li xtofe, kiu lo non

vidad, kay certigad al los
sin joye pri li beli kolores kay li ravi desegne.
"yes, lu estak neprim pley dolci!"
lo dirad al li imperiestro.

kies homes en li urbe parolad pri li belegi xtofe.

Nun li imperiestro mem volad tul vidak lu, dum lu ankoraw estad en li teksile.
Kun tuti are da elektati viros,
inter kios li du malyuni, bonkori oficistos, kios yam antawim estad tiex, lo nun irad al li du ruzi

frawdistos, kios nun teksad per qi fortes, sed sen xnurete aw fadene. "yes, kies lu non estak

pompi!" dirad ambaw bonkori oficistos. "qu Ven Moxte vidak, kiax desegne, kiax kolores!" kay

tiam los montrad al li malpleni teksile, qar los pensad, ke li alis kredeblim kul vidak li xtofe.
"Kiu!" pensad li imperiestro, "mo vidak neniu! Tium estak ya teruri! qu mo estak stulti? qu mo

non tawgak

por estak imperiestre? dium estak li pley teruri,

kium kul okazad al mo!" "Ho, lu estak tre beli!" dirad li imperiestro, "lu havak men pley alti

aprobe!"

kay lo kapgestad kontentim kay rigardad li malpleni teksile; lo non volad tul dirak, ke lo kul vidak

neniu.

Li tuti sekvantaro, kio lo havad kun si, rigardad kay rigardad, sed non vidad pli ol qi alis, sed

samim kiel li imperiestro los dirad, "Ho, lu estak tre beli!" kay los konsilad al lo tul prenak vestes

el ti novi belegi

xtofe unesmifoyim por li grandi procesie vul okazanti. "lu estak pompi! belegi, eminenti!" ies

dirad de buxe al buxe, kay los qios estad tiel sincerim joyi. Li imperiestro donad al qio el li

frawdistos kavaliri kruce por fiksak

en li butontrue kay li titole teksakyunkre.
Li tuti nokte antaw ti antawtagmeze, kiam

li procesie mul okazak, li frawdistos sidad laborantim kay havad pli ol deke seke kandeles

lumigati. Ies kul vidad, ke los estak fortim okupati tul finpretigak li novi vestes de li imperiestro.

Los xaynigad, kvazaw los vud deprenak de li teksile li xtofe, los tondad en li aere per grandi

tondiles, los kudrad per kudrile sen fadene kay finfinim dirad: "Tud rigardak, nun li vestes estak

preti!"

Kun sin pley distingati korteganes li imperiestro
yam venad al tiex, kay ambaw frawdistos levad un brake, kvazaw los vud tenak iu, kay dirad: "Yul

rigardak,

yen li pantalone! yen li robe! yen li mantele!" kay tiel pluim. "lu estak malpezi, kiel araneaje! Ies

eblim kredak, ke neniu estak sur li korpe, sed justim tium estak lun avantaje!"
"yes!" dirad qi korteganes, sed les kul vidad neniu, ta tsar car neniu estad.
"qu nun pley gracim vud plaqak al Ven Imperiestri Moxte deprenak li vestes!" dirad li frawdistos,

"kay mes vul surmetak al Ve li novis diex antaw li grandi spegule!"
Li imperiestro demetad qi sin vestes, kay li frawdistos farad, kvazaw los vud surmetak qi pece de

li novis,

kius mul estad kudrati, kay los prenad lo qe li talie kay farad, kvazaw los vud alligak iu, tiu estak li

trenaje, kay li imperiestro turnad si kay turnadad si antaw li spegule. "Deme, kiel tiu belvestak!

kiel ravim lu sidak!" dirad les qies. "Kiax desegne! kiax kolores!

lu estak multimkosti veste!"
"Eksterim ies starak kun li baldakene, kiu en li procesie vul estak portati super Ven Moxte!" dirad

li superi ceremoniestre.


"yes, me estak ya preti!" dirad li imperiestro. "qu lu non bonim sidak!" Kay tiam ankorawfoyim lo

turnad si antaw li spegule, por ke tium tud xaynigak, kvazaw lo verim vud rigardak sin ornamaje.
Li qambelanes, kies xul portad li trenaje, palpad per li manes law li planke, kvazaw les vud

prenak li trenaje, les irad kay tenad en li aere, les non kurajad tul sentigak, ke les kul vidad neniu.
Kay tiam li imperiestro irad en li procesie sub li belegi baldakene, kay qi homes sur li strate kay

en li fenestres dirad: "Deme, kiel senkompari estak li novi vestes de li imperiestre! Kiel ravi

trenaje le havak sur li robe! Kiel bonegim lu sidak!" Nenie volad tul sentigak, ke le vidak neniu,

qar do ankaw le ya non vud tawgak en sin ofice, aw vud estak tre stulti. Neniu el li vestes de li

imperiestro havad tiom da sukcese.
"Sed le ya havak neniu sur si!" dirad eti infane. "Sinyore Deme, yul awdak li voqe de li

senkulpule!" dirad li patre; kay ies flustrad un al ali, kium li infane dirad.
"Le havak neniu sur si, dirak eti infane, le havak neniu sur si!"
"Le havak neniu sur si!" kriad finfinim li tuti popole. Kay malagrablijad en li imperiestro, qar

xaynad al lo,

k-e les pravak, sed lo pensad yenim: "Nun mo xul eltenak li procesium." Kay tiam lo tennad
tenfad si ankoraw pli fierim, kay li qambelanes irad portantim li trenaje, kiu tutim non estadik.


エスペラントには、字上符と聞き取りづらさという、
小手先の改良ではどうにもならない 2 つの問題がある。
一応 イド語において前者が、さらに

Novial において後者が、

ボキャブラリの大幅な入れ替えという新たな問題を孕みつつも解決されているのだけれど

も、ともに自然言語指向に拠って立った点において、それらを知らない欧米人にもパッと

見で読めてしまうという可読性と引き換えに、「読んで天国書いて地獄」とも言うべき複

雑なものと化してしまっているのが現状だ (これは、インターリングァなどほかの自然言語

指向人工言語でも同様である)。

キャブラリをほとんどそのまま流用しつつ、字上符と聞き取りづらさとを解決しながら、

なおエスペラントと同程度の書きやすさをも保持する新言語 Sonbelum (ソンベールム、ソ

ンベール (音・美) 語の意味) を提案する。

ちなみに、基本語彙を世界中からかき集める方式は、私は反対だ。中国語の語彙は抑揚ア

クセントを前提とし、また中国人が聞いてすぐ分かるほど正確に音写するにはかなり複雑

な子音の組み合わせを要する。アラビア語は子音 3 つを語幹として挟む母音を変化させて

派生させる仕組みなので、欧米語式の派生には組み込み得ない。英語は複雑な母音が肝要

なので、これを単純化すると取り込める語はかなり限られてしまう。一方、幸か不幸かヨ

ーロッパは千年以上の長きにわたる群雄割拠状態のために、「民族間」すなわち「インタ

ーナショナル」なやり取りの経験において明らかにこの世界では群を抜いている。その語

彙、特に古代から中世をまさしくインターナショナルなものとして生き抜いた教会ラテン

語は、従って、そのような交渉の過程でよりインター
ナショナルなものとして洗練された、適度に抽象
的でいながら具体に即した造語力のある語根一式が期待できるのである。そもそも、語彙

の肝要は意味範囲の相互制約、すなわち現実をどう切り分けて命名するか、にあり、この

切り分け方、このための客観的基準は存在しない) が個々の言語の暗黙のイデオロギーを形

成するわけだが、これを自覚せずに単純に語彙のみを各言語からかき集めるのは、結局は

収集者の母語の(無自覚である限りはこれがそのまま採用基準になるはずである) を国際性

の美名のもとに押しつける形になる恐れが非常に高く、むしろなおさらに陰湿な帝国主義

的あり方である、と言わざるを得まい。


アルファベットの変更点は次のとおり。
ĉ 音は q で表す。ĝ 音と ĵ 音は j で表し、j 音自体は y で表す。Sonbelum の j は、エスペラン

トの ĝ 音と ĵ 音のどちらで発音されてもよい。ĥ 音は字も音もともに k に統合する。ŝ 音は x

で表す。ŭ 音は w で表す。
Sonbelum の eSpeak 用発音辞書。
冠詞

定冠詞はエスペラントの la に代わり Sonbelum では li である。エスペラントでも実際上は

そうだが、必要な定冠詞の省略は Sonbelum ではできない。

kantedir ko

文法語尾の大幅な見直しが必須であり、
Novial がエスペラント系では際立って聞き取りやすいのもこの理由による。そのため、

Sonbelum の文法語尾は、動詞以外は Novial をそのまま踏襲している。
名詞の基本語尾は -e であり、単数を示すほか、生物の場合にはさらに性別不定であること

をも示す。男性を明示するときはこの -e を -o に替え、女性の場合は -a に替える。

無生物物体を示す -u と いわゆるエスペラントの tio のようなものを示す -um は、代名詞や

相関詞用であって、普通名詞の場合は語の意味で明白なので普通は -e で十分であり、従っ

て -u や -um を用いる場合はそのことを明示すなわち強調する意味合いを持つ

engle
angle イギリス人、anglum 英語)。複数はさらに -s を追加するが、-um のように子音で終わ

っているものの場合は間に e を挟んで例えば -umes とする (実際には、-um は本質的に複数

的なので複数の明示を必要としない、すなわち、-umes となる場合は特殊な意味合いを帯び

ることになる)。

所有格も同様に、-n を追加して示す。複数の所有格では -s が先んじるので、-sen という形

になる。対格語尾は存在しない。

形容詞の語尾は -i、
副詞の語尾は -im である。
Novial では形容詞語尾は省略可能だが、それは自然言語指向による措置
省略は不可である。
形容詞も副詞もともに、意味的に明白ならば後置などでもよい。

形容詞は、それが修飾する語の単複によっては変化しないが、それ自体が代理名詞的に用

いられている場合には複数語尾も可能である。

動詞部に先行する直前の名詞部を主部に固定する。つまり、SVO か OSV が可能である。
非推奨ではあるがこれら以外の語順にしたい場合は、O 部に
対格前置詞 em を置く。意味的に明白ならこの規則を外れてもよい。

beranto
berantak
beratek
動詞の現在時制語尾は -ak、過去時制語尾は -ad である。また、能動分詞接尾辞は -ant-、受

動分詞接尾辞は -at- である。未来を示す時制語尾および分詞接尾辞と、過去を示す分詞接

尾辞、また不定詞と仮定形および命令形語尾はない。代わりに、次の助動詞 (無変化) があ

る:
kul tul 不定
hul 完了
vul 未来
kul 可能
mul 強制
sul xul 義務
yul 祈願

kut tuute tud 命令
hud 進行
vud 仮定
qud kud 同情
mud 非難
suute xud 推奨
yud 呪詛

havak kut kantate

つまり、動詞まわりの構造は、Novial と同じく英語に近いタイプである。ただし、それら

と異なり、動詞部の過去時制や分詞化は助動詞ではなく本動詞のそれで示す (例: kantak 歌

う、kantad 歌った、kul kantak 歌える、kul kantad 歌えた、kul kantanti 歌えている、

hul kay kul kantantim 歌えるようになって)。


受動態は、エスペラントや Novial と同様に estak -ati で示す

Novial を踏襲して、無主語文の修飾語は、副詞であるべき必然性がない限りは形容詞でよ

く (Estak heli. 晴れている。)、また間接話法では時制を一致させる (を推奨とする)。

動詞の動作や状態を単純に示す名詞、すなわち動名詞は -ake で作る (例: kante 歌、kantake

歌い、tul kantak 歌うこと

詩において、助動詞に続く本動詞の -ak (または a を残して -k) を省略できる。引用符による

代替やアクセントの無変化は名詞語尾の省略時と同様。
代名詞

第一人称は me で、mo (男性、俺) や ma (女性、あたし) も可能だがフォーマルな場では失

礼にあたろう。

代名詞も複数と所有格は名詞のそれに準じる。

第二人称は ve vo va。mo や ma で自称していない相手に vo や va を用いるのは無礼であろう

。第三人称は le lo la。この場合は対象可能者が飛躍的に増えるので lo や la で絞る方が普通

であり、le は何かワケありな印象を与えるだろう。lu は無生物物体を示すので人に対して

用いるのは無礼である。Novial と同じく Sonbelum には lum があるので、エスペラントの

tio に相当する tium の出番は (エスペラントからの翻訳とかでなければ) あまりない。第三

人称の再帰代名詞は
se で単複性別同形であり、従って所有格の sen がほかにあるだけである。


相関詞

エスペラントのそれに、di- (この) と ali- (ほかの) を追加したものが Sonbelum の相関詞であ

る。ただし語尾の方の関係でエスペラントの例えば

kio kiu kia kie はそのままは採れないので、それぞれ
kium kie (kio kia kiu) kiax kiex とする。また、エスペラントの形容詞的働きをする kiu は、無

語尾すなわち ki をそれとする。

kiums kie kiadi kiim

関係詞は、Novial とは異なりエスペラントの ki- 系をそのまま用いるが、性別も明示される

ことで Novial 同様により複雑な構造を可能にする指定性を持つ (これにより、エスペラント

ほど自在ではないにせよ、語順固定の弊害をいくらかは回避できるようになる。例えば、Li

knaba non estak amika de lo, kia kurak en li strate. kia が li knaba を指しているのは明白である

)。
エスペラントの

les
oni は 相関詞の ies で示す。

kiz pikamodasiww


lis knaa
lin knaaba
darenodemonaimonnonkaa
変更語彙

以上のほかはエスペラントに準じるわけだが、やはりどうしても変更を要する語が出てし

まう。この項では以下それらを一覧しておく (エスペラント・Sonbelum の順。項目は順次

増加予定)。
unu un
uni unua unesmi (-(e)sm- で序数を表す。unue も unesmim)
nen ne non
dio deme


Li novi vestes de li imperiestro

Antaw multim da yares vivad imperiestro, kio tiel treegim xatad beli novi vestes, ke lo elspezad

sin tuti mone por estak qiam belim ornamati. Lo non zorgad pri sin soldates, non xatad komedie

kay nek tul veturak en arbare, krom nur se tium donad al lo okaze tul montrak sin novi vestes. Lo

havad robe por qi hore de li tage, kay kiel ordinarim ies dirak pri qi ali reje, ke le estak en li

konsilistare, tiel ies qiam dirad diex: "Li imperiestre estak en li vestexranke!"
En li grandi urbe, kiex lo lojad, li vive estad tre gayi, qitagim multi fremdules venad. En i tage du

frawdistos venad; los xaynigad si teksistos kay dirad, ke los komprenak tul teksak li pley ravi

xtofe, kiu ies kul imagak al si. Non nur li kolores kay li desegne estad ium eksterordinarim beli,

sed li vestes, kius ies kudrad el li xtofe, havad ti mirindi ece, ke lus farijak nonvidebli por qie, kie

non tawgak por sin ofice, aw kie estak nonpermeseblim stulti.
"Tius vul estak ya bonegi vestes," pensad li imperiestro; "portantim lus, mo vul kul eksciak, ki

vires en mon regne non tawgak por ti ofice, kium les havak; mo vul kul distingak li sajis de li

stultis! yes, ies tuy mul teksak ti xtofe por mo!" Kay lo donad al li du frawdistos grandi

antawpage, por ke los tud komencak sin labore.
Los ankaw starigad du teksiles kay xaynigad, kvazaw los vud laborak, sed los havad tutim neniu

en li teksile. Senjenim los postulad li pley delikati silke kay li pley boni ore; sed los metad ties en

sin propri sake kay laborad per li malpleni teksiles, kay eq jis malfruim en li nokte.
"Nun mo tre vul xatak tul sciak, kiom los atingad pri li xtofe!" pensad li imperiestro, sed lo havad

iom strangi sente qe li kore pro li pense, ke tie, kie estak stulti aw malbonim tawgak por sin ofice,

non kul vidak tiu; nu, lo ya kredad certim, ke lo non bezonak tul timak pro si mem, sed tamen lo

volad unesmim sendak ali persone tul rigardak, kiel statak li afere. Qi homes en li tuti urbe sciad,

kiax mirindi forte li xtofe havak, kay qies estad avidi tul vidak, kiel maltawgi aw stulti len naybare

estak.
"Mo vul sendak al li teksistos mon malyuni, honesti ministro!" pensad li imperiestro, "lo kul pley

bonim vidak, kiel li xtofe aspektak, qar lo havak kapable, kay nenie prizorgak sin ofice pli bonim

ol lo!"
Nun li malyuni, bonkori ministro enirad en li salone, kiex li du frawdistos sidad laborantim per li

malpleni teksiles. "Deme yul gardak mes!" pensad li malyuni ministro kay malfermegad li okules,

"mo ya kul vidak neniu!" Sed lo non dirad tium.
Ambaw frawdistos petad lo bonvolim tul proksimijak kay demandad, qu non estak beli desegne

kay ravi kolores. Tiam los montrad al li malpleni teksile, kay li kompatindi malyuni ministro

dawrim malfermegad li okules, sed lo kul vidad neniu, qar neniu estad. "Sinyore Deme!" lo

pensad, "qu eblim mo estak stulti? Mo neniam kredad tium, kay neni home raytak tul sciak tium!

qu eblim mo non tawgak por mon ofice? Non, mo non kul riskak tul rakontak, ke mo non kul

vidak li xtofe!"
"Nu, ve dirak nenium pri lu!" dirad un el li teksantos. "Ho, lu estak beli! neprim pley dolqi!" dirad

li malyuni ministro kay rigardad tra sin okulvitres, "ti desegne kay ti kolores! yes, me vul dirak al

li imperiestre, ke lu treegim plaqak al me!"
"Nu, tium joyigak mes!" dirad ambaw teksistos, kay nun los nomad li kolores kay li kuriozi

desegne. Li malyuni ministro atentim awskultad, por ke lo tud kul dirak li same, kiam lo vul

venak heymim al li imperiestro, kay lo farad tium.
Nun li frawdistos postulad pli da mone, pli da silke kay ore, kium los xul uzad por teksake. Los

metad qiu en sin propri poxe, en li teksile venad eq ne un fadene, sed kiel antawim los pluteksad

per li malpleni teksile.
Baldaw li imperiestro denovim sendad ali bonkori oficisto por vidak, kiel statak li teksake, kay qu

li xtofe baldaw vul estak preti. Okazad por lo tiel samim kiel por li ministro, lo rigardad kay

rigardad, sed qar estad neniu krom li malpleni teksiles, lo kul vidad neniu.
"yes, qu lu non estak beli xtofe!" dirad ambaw frawdistos kay montrad kay klarigad li ravi

desegne, kium tutim non estad.
"Mo non estak stulti!" pensad li viro, "do estak mon boni ofice, por kium mo non tawgak? Tium

estak tre strangi! sed ies non tud lasak ie tul sentak tium!" kay tiam lo lawdad li xtofe, kiu lo non

vidad, kay certigad al los sin joye pri li beli kolores kay li ravi desegne. "yes, lu estak neprim pley

dolqi!" lo dirad al li imperiestro.
Qi homes en li urbe parolad pri li belegi xtofe.

Nun li imperiestro mem volad tul vidak lu, dum lu ankoraw estad en li teksile.
Kun tuti are da elektati viros, inter kios li du malyuni, bonkori oficistos, kios yam antawim estad

tiex, lo nun irad al li du ruzi frawdistos, kios nun teksad per qi fortes, sed sen xnurete aw fadene.

"yes, qu lu non estak pompi!" dirad ambaw bonkori oficistos. "qu Ven Moxte vidak, kiax desegne,

kiax kolores!" kay tiam los montrad al li malpleni teksile, qar los pensad, ke li alis kredeblim kul

vidak li xtofe.
"Kiu!" pensad li imperiestro, "mo vidak neniu! Tium estak ya teruri! qu mo estak stulti? qu mo

non tawgak por estak imperiestre? dium estak li pley teruri, kium kul okazad al mo!" "Ho, lu

estak tre beli!" dirad li imperiestro, "lu havak men pley alti aprobe!" kay lo kapgestad kontentim

kay rigardad li malpleni teksile; lo non volad tul dirak, ke lo kul vidak neniu. Li tuti sekvantaro,

kio lo havad kun si, rigardad kay rigardad, sed non vidad pli ol qi alis, sed samim kiel li

imperiestro los dirad, "Ho, lu estak tre beli!" kay los konsilad al lo tul prenak vestes el ti novi

belegi xtofe unesmifoyim por li grandi procesie vul okazanti. "lu estak pompi! belegi, eminenti!"

ies dirad de buxe al buxe, kay los qios estad tiel sincerim joyi. Li imperiestro donad al qio el li

frawdistos kavaliri kruce por fiksak en li butontrue kay li titole teksakyunkre.
Li tuti nokte antaw ti antawtagmeze, kiam li procesie mul okazak, li frawdistos sidad laborantim

kay havad pli ol dek ses kandeles lumigati. Ies kul vidad, ke los estak fortim okupati tul

finpretigak li novi vestes de li imperiestro. Los xaynigad, kvazaw los vud deprenak de li teksile li

xtofe, los tondad en li aere per grandi tondiles, los kudrad per kudrile sen fadene kay finfinim

dirad: "Tud rigardak, nun li vestes estak preti!"

Kun sin pley distingati korteganes li imperiestro mem venad al tiex, kay ambaw frawdistos levad

un brake, kvazaw los vud tenak iu, kay dirad: "Yul rigardak, yen li pantalone! yen li robe! yen li

mantele!" kay tiel pluim. "lu estak malpezi, kiel araneaje! Ies eblim kredak, ke neniu estak sur li

korpe, sed justim tium estak lun avantaje!"
"yes!" dirad qi korteganes, sed les kul vidad neniu, qar neniu estad.
"qu nun pley gracim vud plaqak al Ven Imperiestri Moxte deprenak li vestes!" dirad li frawdistos,

"kay mes vul surmetak al Ve li novis diex antaw li grandi spegule!"
Li imperiestro demetad qi sin vestes, kay li frawdistos farad, kvazaw los vud surmetak qi pece de

li novis, kius mul estad kudrati, kay los prenad lo qe li talie kay farad, kvazaw los vud alligak iu,

tiu estak li trenaje, kay li imperiestro turnad si kay turnadad si antaw li spegule. "Deme, kiel tiu

belvestak! kiel ravim lu sidak!" dirad les qies. "Kiax desegne! kiax kolores! lu estak multimkosti

veste!"
"Eksterim ies starak kun li baldakene, kiu en li procesie vul estak portati super Ven Moxte!" dirad

li superi ceremoniestre.
"yes, me estak ya preti!" dirad li imperiestro. "qu lu non bonim sidak!" Kay tiam ankorawfoyim lo

turnad si antaw li spegule, por ke tium tud xaynigak, kvazaw lo verim vud rigardak sin ornamaje.
Li qambelanes, kies xul portad li trenaje, palpad per li manes law li planke, kvazaw les vud

prenak li trenaje, les irad kay tenad en li aere, les non kurajad tul sentigak, ke les kul vidad neniu.
Kay tiam li imperiestro irad en li procesie sub li belegi baldakene, kay qi homes sur li strate kay

en li fenestres dirad: "Deme, kiel senkompari estak li novi vestes de li imperiestre! Kiel ravi

trenaje le havak sur li robe! Kiel bonegim lu sidak!" Nenie volad tul sentigak, ke le vidak neniu,

qar do ankaw le ya non vud tawgak en sin ofice, aw vud estak tre stulti. Neniu el li vestes de li

imperiestro havad tiom da sukcese.
"Sed le ya havak neniu sur si!" dirad eti infane. "Sinyore Deme, yul awdak li voqe de li

senkulpule!" dirad li patre; kay ies flustrad un al ali, kium li infane dirad.
"Le havak neniu sur si, dirak eti infane, le havak neniu sur si!"
"Le havak neniu sur si!" kriad finfinim li tuti popole. Kay malagrablijad en li imperiestro, qar

xaynad al lo, ke les pravak, sed lo pensad yenim: "Nun mo xul eltenak li procesium." Kay tiam lo

tenad si ankoraw pli fierim, kay li qambelanes irad portantim li trenaje, kiu tutim non estad.
けを 整った
senmonbeles

Li noovi vestes de li imperiestre

Anti muite yaares vit-adden imperiestro,
qui tiel treegii satadden beli novi vestes,
que lo elspezad sin tuti mone por et-ak chiam beli ornam-aki.

Lo non-zorgadak pri sen soldates, non xatad komedie kay nek tul veturak-ek en arbare, krom nuri

se tium donad-ak al lo okaze tul montr-ak sen novi vestes.

Lo havidden robe porii qi oore de li taage, kay kiel ordinari

les dirak pri qi ali reje, ke le estak en li konsilistare,

tiel les qiam dirad diex:
"Li imperiestre estak en li vestexranke!"

En li grandi urbe,
kiex lo lojad, li vive estad tre gayi, qitagim multi fremdules venad.

En i tage du frawdistos venad;
los xaynigad se teksistos kay dirad,
ke los komprenak tul teksak li pley ravi xtofe,

kiu ies kul imagak al sen.
Non nur li kolores kay li deseine estad ium eksterordinarim beli, sed li vestes, kius ies kudrad el li

xtofe,

havad ti mirindi ece, ke lus farijak nonvidebli por qie, kie non tawgak por sin ofice,

aw kie estak nonpermeseblim stulti.

"Tius vul estak ya bonegi vestes," pensad li imperiestro; "portantim lus, mo vul kul eksciak,
ki vires en mon regne non tawgak por ti ofice, kiun les havak; mo vul kul distingak li sajis de li

stultis! yes,

ies tuy mul teksak ti xtofe por mo!"

Kay lo donad al li du frawdistos grandi antawpage,

por ke los tud komencak sin labore.


Los ankaw starigad du teksiles kay xaynigad, kvazaw los vud laborak, sed los havad tutim neniu

en li teksile.

Senjenim los postulad li pley delikati silke kay li pley boni ore; sed los metad ties en sin propri

sake kay

labor-idek per li malpleni teksiles,

kay eq jis malfruim en li nokte.
"Nun mo tre vul xatak tul sciak, kiom los atingad pri li xtofe!" pensad li imperiestro, sed lo havad

iom strangi sente qe li kore pro li pense, ke tie, kie estak stulti aw malbonim tawgak por sin ofice,

non kul vidak tiu; nu,

lo ya kredad certim, ke lo non bezonak tul timak pro si mem, sed tamen lo volad unesmim

sendak ali persone tul rigardak, kiel statak li afere.

Qi homes en li tuti urbe sciad, kiax mirindi forte li xtofe havak, kay qies estad avidi tul vidak,

kiel maltawgi aw stulti len naybare estak.


"Mo vul sendak al li teksistos mon malyuni, honesti ministro!" pensad li imperiestro, "lo kul pley

bonim vidak, kiel li xtofe aspektak, qar lo havak kapable, kay nenie prizorgak sin ofice pli bonim

ol lo!"
Nun li malyuni, bonkori ministro enirad en li salone, kiex li du frawdistos sidad laborantim per li

malpleni teksiles. "Deme yul gardak mes!" pensad li malyuni ministro kay malfermegad li okules,

"mo ya kul vidak neniu!" Sed lo non dirad tium.
Ambaw frawdistos petad lo bonvolim tul proksimijak kay demandad, qu non estak beli desegne

kay ravi kolores. Tiam los montrad al li malpleni teksile, kay li kompatindi malyuni ministro

dawrim malfermegad li okules,

sed lo kul vidad neniu, qar neniu estad. "Sinyore Deme!" lo pensad, "qu eblim mo estak stulti? Mo

neniam kredad tium, kay neni home raytak tul sciak tium!

kiun qu
qu eblim mo non tawgak por mon ofice? Non, mo non kul riskak tul rakontak, ke mo non kul
vidak li xtofe!"

"Nu, ve dirak nenium pri lu!" dirad un el li teksantos. "Ho, lu estak beli! neprim pley dolqi!" dirad

li malyuni ministro kay rigardad tra sin okulvitres, "ti desegne kay ti kolores! yes, me vul dirak al

li imperiestre, ke lu treegim plaqak al me!"
"Nu, tium joyigak mes!" dirad ambaw teksistos, kay nun los nomad li kolores kay li kuriozi

desegne. Li malyuni ministro atentim awskultad, por ke lo tud kul dirak li same, kiam lo vul

venak heymim al li imperiestro, kay lo farad tium.

Nu-n li frawdistos postulad pli da mone, pli da silke kay ore, kium los xul uzad por teksake. Los

metad qiu en sin propri poxe, en li teksile venad eq ne uni fadene,
sed kiel antawim los pluteksad per li malpleni teksile.

Baldaw li imperiestro denovim sendad ali bonkori oficisto por vidak, kiel statak li teksake, kay qu

li

xtofe baldaw vul estak preti.

Okazad por lo tiel samim kiel por li ministro, lo rigardad kay rigardad, sed qar estad nenu krom

li malpleni
teksiles, lo kul vid-edak nenu.

"yes, qu lu non estak beli xtofe!" dirad ambaw frawdistos kay montrad kay klarigad li ravi

desegne, kium tutim non estad.
"Mo non estak stulti!" pensad li viro, "do estak mon boni ofice, por kium mo non tawgak? Tium

estak tre strangi! sed ies non tud lasak ie tul sentak tium!" kay tiam lo lawdad li xtofe, kiu lo non

vidad, kay certigad al los
sin joye pri li beli kolores kay li ravi desegne.
"yes, lu estak neprim pley dolci!"
lo dirad al li imperiestro.

kies homes en li urbe parolad pri li belegi xtofe.

Nun li imperiestro mem volad tul vidak lu, dum lu ankoraw estad en li teksile.
Kun tuti are da elektati viros,
inter kios li du malyuni, bonkori oficistos, kios yam antawim estad tiex, lo nun irad al li du ruzi

frawdistos, kios nun teksad per qi fortes, sed sen xnurete aw fadene. "yes, kies lu non estak

pompi!" dirad ambaw bonkori oficistos. "qu Ven Moxte vidak, kiax desegne, kiax kolores!" kay

tiam los montrad al li malpleni teksile, qar los pensad, ke li alis kredeblim kul vidak li xtofe.
"Kiu!" pensad li imperiestro, "mo vidak neniu! Tium estak ya teruri! qu mo estak stulti? qu mo

non tawgak

por estak imperiestre? dium estak li pley teruri,

kium kul okazad al mo!" "Ho, lu estak tre beli!" dirad li imperiestro, "lu havak men pley alti

aprobe!"

kay lo kapgestad kontentim kay rigardad li malpleni teksile; lo non volad tul dirak, ke lo kul vidak

neniu.

Li tuti sekvantaro, kio lo havad kun si, rigardad kay rigardad, sed non vidad pli ol qi alis, sed

samim kiel li imperiestro los dirad, "Ho, lu estak tre beli!" kay los konsilad al lo tul prenak vestes

el ti novi belegi

xtofe unesmifoyim por li grandi procesie vul okazanti. "lu estak pompi! belegi, eminenti!" ies

dirad de buxe al buxe, kay los qios estad tiel sincerim joyi. Li imperiestro donad al qio el li

frawdistos kavaliri kruce por fiksak

en li butontrue kay li titole teksakyunkre.
Li tuti nokte antaw ti antawtagmeze, kiam

li procesie mul okazak, li frawdistos sidad laborantim kay havad pli ol deke seke kandeles

lumigati. Ies kul vidad, ke los estak fortim okupati tul finpretigak li novi vestes de li imperiestro.

Los xaynigad, kvazaw los vud deprenak de li teksile li xtofe, los tondad en li aere per grandi

tondiles, los kudrad per kudrile sen fadene kay finfinim dirad: "Tud rigardak, nun li vestes estak

preti!"

Kun sin pley distingati korteganes li imperiestro
yam venad al tiex, kay ambaw frawdistos levad un brake, kvazaw los vud tenak iu, kay dirad: "Yul

rigardak,

yen li pantalone! yen li robe! yen li mantele!" kay tiel pluim. "lu estak malpezi, kiel araneaje! Ies

eblim kredak, ke neniu estak sur li korpe, sed justim tium estak lun avantaje!"
"yes!" dirad qi korteganes, sed les kul vidad neniu, ta tsar car neniu estad.
"qu nun pley gracim vud plaqak al Ven Imperiestri Moxte deprenak li vestes!" dirad li frawdistos,

"kay mes vul surmetak al Ve li novis diex antaw li grandi spegule!"
Li imperiestro demetad qi sin vestes, kay li frawdistos farad, kvazaw los vud surmetak qi pece de

li novis,

kius mul estad kudrati, kay los prenad lo qe li talie kay farad, kvazaw los vud alligak iu, tiu estak li

trenaje, kay li imperiestro turnad si kay turnadad si antaw li spegule. "Deme, kiel tiu belvestak!

kiel ravim lu sidak!" dirad les qies. "Kiax desegne! kiax kolores!

lu estak multimkosti veste!"
"Eksterim ies starak kun li baldakene, kiu en li procesie vul estak portati super Ven Moxte!" dirad

li superi ceremoniestre.


"yes, me estak ya preti!" dirad li imperiestro. "qu lu non bonim sidak!" Kay tiam ankorawfoyim lo

turnad si antaw li spegule, por ke tium tud xaynigak, kvazaw lo verim vud rigardak sin ornamaje.
Li qambelanes, kies xul portad li trenaje, palpad per li manes law li planke, kvazaw les vud

prenak li trenaje, les irad kay tenad en li aere, les non kurajad tul sentigak, ke les kul vidad neniu.
Kay tiam li imperiestro irad en li procesie sub li belegi baldakene, kay qi homes sur li strate kay

en li fenestres dirad: "Deme, kiel senkompari estak li novi vestes de li imperiestre! Kiel ravi

trenaje le havak sur li robe! Kiel bonegim lu sidak!" Nenie volad tul sentigak, ke le vidak neniu,

qar do ankaw le ya non vud tawgak en sin ofice, aw vud estak tre stulti. Neniu el li vestes de li

imperiestro havad tiom da sukcese.
"Sed le ya havak neniu sur si!" dirad eti infane. "Sinyore Deme, yul awdak li voqe de li

senkulpule!" dirad li patre; kay ies flustrad un al ali, kium li infane dirad.
"Le havak neniu sur si, dirak eti infane, le havak neniu sur si!"
"Le havak neniu sur si!" kriad finfinim li tuti popole. Kay malagrablijad en li imperiestro, qar

xaynad al lo,

k-e les pravak, sed lo pensad yenim: "Nun mo xul eltenak li procesium." Kay tiam lo tennad
tenfad si ankoraw pli fierim, kay li qambelanes irad portantim li trenaje, kiu tutim non estadik.


エスペラントには、字上符と聞き取りづらさという、
小手先の改良ではどうにもならない 2 つの問題がある。
一応 イド語において前者が、さらに

Novial において後者が、

ボキャブラリの大幅な入れ替えという新たな問題を孕みつつも解決されているのだけれど

も、ともに自然言語指向に拠って立った点において、それらを知らない欧米人にもパッと

見で読めてしまうという可読性と引き換えに、「読んで天国書いて地獄」とも言うべき複

雑なものと化してしまっているのが現状だ (これは、インターリングァなどほかの自然言語

指向人工言語でも同様である)。

そこで、Novial を参考に、その自然言語指向をあえて捨てることで、エスペラントのボキ

ャブラリをほとんどそのまま流用しつつ、字上符と聞き取りづらさとを解決しながら、な

おエスペラントと同程度の書きやすさをも保持する新言語 Sonbelum (ソンベールム、ソン

ベール (音・美) 語の意味) を提案する。

ちなみに、基本語彙を世界中からかき集める方式は、私は反対だ。中国語の語彙は抑揚ア

クセントを前提とし、また中国人が聞いてすぐ分かるほど正確に音写するにはかなり複雑

な子音の組み合わせを要する。アラビア語は子音 3 つを語幹として挟む母音を変化させて

派生させる仕組みなので、欧米語式の派生には組み込み得ない。英語は複雑な母音が肝要

なので、これを単純化すると取り込める語はかなり限られてしまう。一方、幸か不幸かヨ

ーロッパは千年以上の長きにわたる群雄割拠状態のために、「民族間」すなわち「インタ

ーナショナル」なやり取りの経験において明らかにこの世界では群を抜いている。その語

彙、特に古代から中世をまさしくインターナショナルなものとして生き抜いた教会ラテン

語は、従って、そのような交渉の過程でよりインター
ナショナルなものとして洗練された、適度に抽象
的でいながら具体に即した造語力のある語根一式が期待できるのである。そもそも、語彙

の肝要は意味範囲の相互制約、すなわち現実をどう切り分けて命名するか、にあり、この

切り分け方、このための客観的基準は存在しない) が個々の言語の暗黙のイデオロギーを形

成するわけだが、これを自覚せずに単純に語彙のみを各言語からかき集めるのは、結局は

収集者の母語の(無自覚である限りはこれがそのまま採用基準になるはずである) を国際性

の美名のもとに押しつける形になる恐れが非常に高く、むしろなおさらに陰湿な帝国主義

的あり方である、と言わざるを得まい。


アルファベットの変更点は次のとおり。
ĉ 音は q で表す。ĝ 音と ĵ 音は j で表し、j 音自体は y で表す。Sonbelum の j は、エスペラン

トの ĝ 音と ĵ 音のどちらで発音されてもよい。ĥ 音は字も音もともに k に統合する。ŝ 音は x

で表す。ŭ 音は w で表す。
Sonbelum の eSpeak 用発音辞書。
冠詞

定冠詞はエスペラントの la に代わり Sonbelum では li である。エスペラントでも実際上は

そうだが、必要な定冠詞の省略は Sonbelum ではできない。

kantedir ko

文法語尾の大幅な見直しが必須であり、
Novial がエスペラント系では際立って聞き取りやすいのもこの理由による。そのため、

Sonbelum の文法語尾は、動詞以外は Novial をそのまま踏襲している。
名詞の基本語尾は -e であり、単数を示すほか、生物の場合にはさらに性別不定であること

をも示す。男性を明示するときはこの -e を -o に替え、女性の場合は -a に替える。

無生物物体を示す -u と いわゆるエスペラントの tio のようなものを示す -um は、代名詞や

相関詞用であって、普通名詞の場合は語の意味で明白なので普通は -e で十分であり、従っ

て -u や -um を用いる場合はそのことを明示すなわち強調する意味合いを持つ

engle
angle イギリス人、anglum 英語)。複数はさらに -s を追加するが、-um のように子音で終わ

っているものの場合は間に e を挟んで例えば -umes とする (実際には、-um は本質的に複数

的なので複数の明示を必要としない、すなわち、-umes となる場合は特殊な意味合いを帯び

ることになる)。

所有格も同様に、-n を追加して示す。複数の所有格では -s が先んじるので、-sen という形

になる。対格語尾は存在しない。

形容詞の語尾は -i、
副詞の語尾は -im である。
Novial では形容詞語尾は省略可能だが、それは自然言語指向による措置
省略は不可である。
形容詞も副詞もともに、意味的に明白ならば後置などでもよい。

形容詞は、それが修飾する語の単複によっては変化しないが、それ自体が代理名詞的に用

いられている場合には複数語尾も可能である。

動詞部に先行する直前の名詞部を主部に固定する。つまり、SVO か OSV が可能である。
非推奨ではあるがこれら以外の語順にしたい場合は、O 部に
対格前置詞 em を置く。意味的に明白ならこの規則を外れてもよい。

beranto
berantak
beratek
動詞の現在時制語尾は -ak、過去時制語尾は -ad である。また、能動分詞接尾辞は -ant-、受

動分詞接尾辞は -at- である。未来を示す時制語尾および分詞接尾辞と、過去を示す分詞接

尾辞、また不定詞と仮定形および命令形語尾はない。代わりに、次の助動詞 (無変化) があ

る:
kul tul 不定
hul 完了
vul 未来
kul 可能
mul 強制
sul xul 義務
yul 祈願

kut tuute tud 命令
hud 進行
vud 仮定
qud kud 同情
mud 非難
suute xud 推奨
yud 呪詛

havak kut kantate

つまり、動詞まわりの構造は、Novial と同じく英語に近いタイプである。ただし、それら

と異なり、動詞部の過去時制や分詞化は助動詞ではなく本動詞のそれで示す (例: kantak 歌

う、kantad 歌った、kul kantak 歌える、kul kantad 歌えた、kul kantanti 歌えている、

hul kay kul kantantim 歌えるようになって)。


受動態は、エスペラントや Novial と同様に estak -ati で示す

Novial を踏襲して、無主語文の修飾語は、副詞であるべき必然性がない限りは形容詞でよ

く (Estak heli. 晴れている。)、また間接話法では時制を一致させる (を推奨とする)。

動詞の動作や状態を単純に示す名詞、すなわち動名詞は -ake で作る (例: kante 歌、kantake

歌い、tul kantak 歌うこと

詩において、助動詞に続く本動詞の -ak (または a を残して -k) を省略できる。引用符による

代替やアクセントの無変化は名詞語尾の省略時と同様。
代名詞

第一人称は me で、mo (男性、俺) や ma (女性、あたし) も可能だがフォーマルな場では失

礼にあたろう。

代名詞も複数と所有格は名詞のそれに準じる。

第二人称は ve vo va。mo や ma で自称していない相手に vo や va を用いるのは無礼であろう

。第三人称は le lo la。この場合は対象可能者が飛躍的に増えるので lo や la で絞る方が普通

であり、le は何かワケありな印象を与えるだろう。lu は無生物物体を示すので人に対して

用いるのは無礼である。Novial と同じく Sonbelum には lum があるので、エスペラントの

tio に相当する tium の出番は (エスペラントからの翻訳とかでなければ) あまりない。第三

人称の再帰代名詞は
se で単複性別同形であり、従って所有格の sen がほかにあるだけである。


相関詞

エスペラントのそれに、di- (この) と ali- (ほかの) を追加したものが Sonbelum の相関詞であ

る。ただし語尾の方の関係でエスペラントの例えば

kio kiu kia kie はそのままは採れないので、それぞれ
kium kie (kio kia kiu) kiax kiex とする。また、エスペラントの形容詞的働きをする kiu は、無

語尾すなわち ki をそれとする。

kiums kie kiadi kiim

関係詞は、Novial とは異なりエスペラントの ki- 系をそのまま用いるが、性別も明示される

ことで Novial 同様により複雑な構造を可能にする指定性を持つ (これにより、エスペラント

ほど自在ではないにせよ、語順固定の弊害をいくらかは回避できるようになる。例えば、Li

knaba non estak amika de lo, kia kurak en li strate. kia が li knaba を指しているのは明白である

)。
エスペラントの

les
oni は 相関詞の ies で示す。

kiz pikamodasiww


lis knaa
lin knaaba
darenodemonaimonnonkaa
変更語彙

以上のほかはエスペラントに準じるわけだが、やはりどうしても変更を要する語が出てし

まう。この項では以下それらを一覧しておく (エスペラント・Sonbelum の順。項目は順次

増加予定)。
unu un
uni unua unesmi (-(e)sm- で序数を表す。unue も unesmim)
nen ne non
dio deme


Li novi vestes de li imperiestro

Antaw multim da yares vivad imperiestro, kio tiel treegim xatad beli novi vestes, ke lo elspezad

sin tuti mone por estak qiam belim ornamati. Lo non zorgad pri sin soldates, non xatad komedie

kay nek tul veturak en arbare, krom nur se tium donad al lo okaze tul montrak sin novi vestes. Lo

havad robe por qi hore de li tage, kay kiel ordinarim ies dirak pri qi ali reje, ke le estak en li

konsilistare, tiel ies qiam dirad diex: "Li imperiestre estak en li vestexranke!"
En li grandi urbe, kiex lo lojad, li vive estad tre gayi, qitagim multi fremdules venad. En i tage du

frawdistos venad; los xaynigad si teksistos kay dirad, ke los komprenak tul teksak li pley ravi

xtofe, kiu ies kul imagak al si. Non nur li kolores kay li desegne estad ium eksterordinarim beli,

sed li vestes, kius ies kudrad el li xtofe, havad ti mirindi ece, ke lus farijak nonvidebli por qie, kie

non tawgak por sin ofice, aw kie estak nonpermeseblim stulti.
"Tius vul estak ya bonegi vestes," pensad li imperiestro; "portantim lus, mo vul kul eksciak, ki

vires en mon regne non tawgak por ti ofice, kium les havak; mo vul kul distingak li sajis de li

stultis! yes, ies tuy mul teksak ti xtofe por mo!" Kay lo donad al li du frawdistos grandi

antawpage, por ke los tud komencak sin labore.
Los ankaw starigad du teksiles kay xaynigad, kvazaw los vud laborak, sed los havad tutim neniu

en li teksile. Senjenim los postulad li pley delikati silke kay li pley boni ore; sed los metad ties en

sin propri sake kay laborad per li malpleni teksiles, kay eq jis malfruim en li nokte.
"Nun mo tre vul xatak tul sciak, kiom los atingad pri li xtofe!" pensad li imperiestro, sed lo havad

iom strangi sente qe li kore pro li pense, ke tie, kie estak stulti aw malbonim tawgak por sin ofice,

non kul vidak tiu; nu, lo ya kredad certim, ke lo non bezonak tul timak pro si mem, sed tamen lo

volad unesmim sendak ali persone tul rigardak, kiel statak li afere. Qi homes en li tuti urbe sciad,

kiax mirindi forte li xtofe havak, kay qies estad avidi tul vidak, kiel maltawgi aw stulti len naybare

estak.
"Mo vul sendak al li teksistos mon malyuni, honesti ministro!" pensad li imperiestro, "lo kul pley

bonim vidak, kiel li xtofe aspektak, qar lo havak kapable, kay nenie prizorgak sin ofice pli bonim

ol lo!"
Nun li malyuni, bonkori ministro enirad en li salone, kiex li du frawdistos sidad laborantim per li

malpleni teksiles. "Deme yul gardak mes!" pensad li malyuni ministro kay malfermegad li okules,

"mo ya kul vidak neniu!" Sed lo non dirad tium.
Ambaw frawdistos petad lo bonvolim tul proksimijak kay demandad, qu non estak beli desegne

kay ravi kolores. Tiam los montrad al li malpleni teksile, kay li kompatindi malyuni ministro

dawrim malfermegad li okules, sed lo kul vidad neniu, qar neniu estad. "Sinyore Deme!" lo

pensad, "qu eblim mo estak stulti? Mo neniam kredad tium, kay neni home raytak tul sciak tium!

qu eblim mo non tawgak por mon ofice? Non, mo non kul riskak tul rakontak, ke mo non kul

vidak li xtofe!"
"Nu, ve dirak nenium pri lu!" dirad un el li teksantos. "Ho, lu estak beli! neprim pley dolqi!" dirad

li malyuni ministro kay rigardad tra sin okulvitres, "ti desegne kay ti kolores! yes, me vul dirak al

li imperiestre, ke lu treegim plaqak al me!"
"Nu, tium joyigak mes!" dirad ambaw teksistos, kay nun los nomad li kolores kay li kuriozi

desegne. Li malyuni ministro atentim awskultad, por ke lo tud kul dirak li same, kiam lo vul

venak heymim al li imperiestro, kay lo farad tium.
Nun li frawdistos postulad pli da mone, pli da silke kay ore, kium los xul uzad por teksake. Los

metad qiu en sin propri poxe, en li teksile venad eq ne un fadene, sed kiel antawim los pluteksad

per li malpleni teksile.
Baldaw li imperiestro denovim sendad ali bonkori oficisto por vidak, kiel statak li teksake, kay qu

li xtofe baldaw vul estak preti. Okazad por lo tiel samim kiel por li ministro, lo rigardad kay

rigardad, sed qar estad neniu krom li malpleni teksiles, lo kul vidad neniu.
"yes, qu lu non estak beli xtofe!" dirad ambaw frawdistos kay montrad kay klarigad li ravi

desegne, kium tutim non estad.
"Mo non estak stulti!" pensad li viro, "do estak mon boni ofice, por kium mo non tawgak? Tium

estak tre strangi! sed ies non tud lasak ie tul sentak tium!" kay tiam lo lawdad li xtofe, kiu lo non

vidad, kay certigad al los sin joye pri li beli kolores kay li ravi desegne. "yes, lu estak neprim pley

dolqi!" lo dirad al li imperiestro.
Qi homes en li urbe parolad pri li belegi xtofe.

Nun li imperiestro mem volad tul vidak lu, dum lu ankoraw estad en li teksile.
Kun tuti are da elektati viros, inter kios li du malyuni, bonkori oficistos, kios yam antawim estad

tiex, lo nun irad al li du ruzi frawdistos, kios nun teksad per qi fortes, sed sen xnurete aw fadene.

"yes, qu lu non estak pompi!" dirad ambaw bonkori oficistos. "qu Ven Moxte vidak, kiax desegne,

kiax kolores!" kay tiam los montrad al li malpleni teksile, qar los pensad, ke li alis kredeblim kul

vidak li xtofe.
"Kiu!" pensad li imperiestro, "mo vidak neniu! Tium estak ya teruri! qu mo estak stulti? qu mo

non tawgak por estak imperiestre? dium estak li pley teruri, kium kul okazad al mo!" "Ho, lu

estak tre beli!" dirad li imperiestro, "lu havak men pley alti aprobe!" kay lo kapgestad kontentim

kay rigardad li malpleni teksile; lo non volad tul dirak, ke lo kul vidak neniu. Li tuti sekvantaro,

kio lo havad kun si, rigardad kay rigardad, sed non vidad pli ol qi alis, sed samim kiel li

imperiestro los dirad, "Ho, lu estak tre beli!" kay los konsilad al lo tul prenak vestes el ti novi

belegi xtofe unesmifoyim por li grandi procesie vul okazanti. "lu estak pompi! belegi, eminenti!"

ies dirad de buxe al buxe, kay los qios estad tiel sincerim joyi. Li imperiestro donad al qio el li

frawdistos kavaliri kruce por fiksak en li butontrue kay li titole teksakyunkre.
Li tuti nokte antaw ti antawtagmeze, kiam li procesie mul okazak, li frawdistos sidad laborantim

kay havad pli ol dek ses kandeles lumigati. Ies kul vidad, ke los estak fortim okupati tul

finpretigak li novi vestes de li imperiestro. Los xaynigad, kvazaw los vud deprenak de li teksile li

xtofe, los tondad en li aere per grandi tondiles, los kudrad per kudrile sen fadene kay finfinim

dirad: "Tud rigardak, nun li vestes estak preti!"

Kun sin pley distingati korteganes li imperiestro mem venad al tiex, kay ambaw frawdistos levad

un brake, kvazaw los vud tenak iu, kay dirad: "Yul rigardak, yen li pantalone! yen li robe! yen li

mantele!" kay tiel pluim. "lu estak malpezi, kiel araneaje! Ies eblim kredak, ke neniu estak sur li

korpe, sed justim tium estak lun avantaje!"
"yes!" dirad qi korteganes, sed les kul vidad neniu, qar neniu estad.
"qu nun pley gracim vud plaqak al Ven Imperiestri Moxte deprenak li vestes!" dirad li frawdistos,

"kay mes vul surmetak al Ve li novis diex antaw li grandi spegule!"
Li imperiestro demetad qi sin vestes, kay li frawdistos farad, kvazaw los vud surmetak qi pece de

li novis, kius mul estad kudrati, kay los prenad lo qe li talie kay farad, kvazaw los vud alligak iu,

tiu estak li trenaje, kay li imperiestro turnad si kay turnadad si antaw li spegule. "Deme, kiel tiu

belvestak! kiel ravim lu sidak!" dirad les qies. "Kiax desegne! kiax kolores! lu estak multimkosti

veste!"
"Eksterim ies starak kun li baldakene, kiu en li procesie vul estak portati super Ven Moxte!" dirad

li superi ceremoniestre.
"yes, me estak ya preti!" dirad li imperiestro. "qu lu non bonim sidak!" Kay tiam ankorawfoyim lo

turnad si antaw li spegule, por ke tium tud xaynigak, kvazaw lo verim vud rigardak sin ornamaje.
Li qambelanes, kies xul portad li trenaje, palpad per li manes law li planke, kvazaw les vud

prenak li trenaje, les irad kay tenad en li aere, les non kurajad tul sentigak, ke les kul vidad neniu.
Kay tiam li imperiestro irad en li procesie sub li belegi baldakene, kay qi homes sur li strate kay

en li fenestres dirad: "Deme, kiel senkompari estak li novi vestes de li imperiestre! Kiel ravi

trenaje le havak sur li robe! Kiel bonegim lu sidak!" Nenie volad tul sentigak, ke le vidak neniu,

qar do ankaw le ya non vud tawgak en sin ofice, aw vud estak tre stulti. Neniu el li vestes de li

imperiestro havad tiom da sukcese.
"Sed le ya havak neniu sur si!" dirad eti infane. "Sinyore Deme, yul awdak li voqe de li

senkulpule!" dirad li patre; kay ies flustrad un al ali, kium li infane dirad.
"Le havak neniu sur si, dirak eti infane, le havak neniu sur si!"
"Le havak neniu sur si!" kriad finfinim li tuti popole. Kay malagrablijad en li imperiestro, qar

xaynad al lo, ke les pravak, sed lo pensad yenim: "Nun mo xul eltenak li procesium." Kay tiam lo

tenad si ankoraw pli fierim, kay li qambelanes irad portantim li trenaje, kiu tutim non estad.
けを 整った

にゃり 明日であること




































こにょ むすび 紐など

ちぇけ-ふぃる」の編集 (@wikiモード=>編集方法はこちらをご覧ください)


けろ-ごも
=====Separable prefixes=====
Many [[German verbs]] have a separable prefix, often with an adverbial function. In [[finite

verb]] forms this is split off and moved to the end of the clause, and is hence considered by some

to be a "resultative particle". For example, ''mitgehen'' meaning "to go along" would be split,

giving ''Gehen Sie mit?'' (Literal: "Go you with?" ; Formal: "Are you going along?").

Indeed, several [[Parenthetical referencing|parenthetic]]al clauses may occur between the prefix

of a finite verb and its complement; e.g.
:''Er '''kam''' am Freitagabend nach einem harten Arbeitstag und dem üblichen Ärger, der ihn

schon seit Jahren immer wieder an seinem Arbeitsplatz plagt, mit fraglicher Freude auf ein

Mahl, das seine Frau ihm, wie er hoffte, bereits aufgetischt hatte, endlich zu Hause '''an''' ''.
A literal translation of this example might look like this:
:He '''-rived''' on Friday evening, after a hard day at work and the usual annoyances that had been

repeatedly troubling him for years now at his workplace, with questionable joy, to a meal which,

as he hoped, his wife had already served him, finally at home '''ar-'''.

===Word order===

Word order is generally less rigid than in Modern English. There are two common [[word

order]]s: one is for main [[clause]]s and another for [[subordinate clause]]s. In normal

affirmative sentences the ''inflected'' verb always has position 2. In polar questions, exclamations

and wishes it always has position 1. In subordinate clauses the verb is supposed to occur at the

very end, but in speech this rule is often disregarded.

German requires that a verbal element (main verb or [[auxiliary verb]]) appear second in the

sentence. The verb is preceded by the [[topic–comment|topic]] of the sentence. The element in

focus appears at the end of the sentence. For a sentence without an auxiliary this gives, amongst

other options:

: ''{{lang|de|
Der alte Mann gab mir gestern das Buch.
}}'' (The old man gave me yesterday the book; normal order)

Das Buch gab mir gestern der alte Mann.
(The book gave [to] me yesterday the old man)

Das Buch gab der alte Mann mir gestern.
(The book gave the old man [to] me yesterday)

Gestern gab mir der alte Mann das Buch.
(Yesterday gave [to] me the old man the book, normal order)

Mir gab der alte Mann das Buch gestern.
([To] me gave the old man the book yesterday (entailing: as for you, it was another date))

The position of a noun in a German sentence has no bearing on its being a subject, an object, or

another argument. In a [[sentence (linguistics)|declarative sentence]] in English if the subject

does not occur before the predicate the sentence could well be misunderstood. This is not the case

in German.

====Auxiliary verbs====
When an [[auxiliary verb]] is present, the auxiliary appears in second position, and the main verb

appears at the end. This occurs notably in the creation of the [[perfect (grammar)|perfect]].

Many word orders are still possible, e.g.:

Der alte Mann hat mir heute das Buch gegeben.
The old man has given me the book today.

Das Buch hat der alte Mann mir heute gegeben.
The book has the old man given me today.

Heute hat der alte Mann mir das Buch gegeben.
Today the old man has given me the book.


====Modal verbs====
Sentences using modal verbs place the infinitive at the end. For example, the sentence in Modern

English "Should he go home?" would be rearranged in German to say "Should he (to) home go?"

(''{{lang|de|Soll er nach Hause gehen?}}''). Thus in sentences with several subordinate or relative

clauses the infinitives are clustered at the end. Compare the similar clustering of prepositions in

the following English sentence: "What did you bring that book which I don't like to be read to out

of up for?"

====Multiple infinitives====
German subordinate clauses have all verbs clustered at the end. Given that auxiliaries encode

[[future]], [[Passive voice|passive]], [[Modality (semiotics)|modality]], and the [[perfect

(grammar)|perfect]], this can lead to very long chains of verbs at the end of the sentence. In these

constructions, the past participle in ''ge-'' is often replaced by the infinitive.

''Man nimmt an, dass der Deserteur wohl erschossenV wordenpsv

seinperf solltemod''

One suspects that the deserter probably shot become be should

("It is suspected that the deserter probably should have been shot")

The order at the end of such strings is subject to variation, though the latter version is unusual.

''Er wusste nicht, dass der Agent einen Nachschlüssel hatte machen lassen''

He knew not that the agent a picklock had make let

''Er wusste nicht, dass der Agent einen Nachschlüssel machen lassen hatte''

He knew not that the agent a picklock make let had

("He did not know that the agent had had a picklock made")

==Vocabulary==
Most German vocabulary is derived from the Germanic branch of the Indo-European language

family, although there are significant minorities of words derived from [[Latin language|Latin]]

and [[Greek language|Greek]], and a smaller amount from Frenchsome of which might be

reborrowings from Germanic [[Frankish language|Frankish]]
and most recently

English.a phenomenon known in German as [[Denglisch]] or in English as [[Germish]] or

Denglisch
At the same time, the effectiveness of the German language in forming

equivalents for foreign words from its inherited Germanic stem repertory is great.{{Citation

needed|date=June 2011}} Thus, [[Notker Labeo]] was able to translate Aristotelian treatises in

pure (Old High) German in the decades after the year 1000. Overall, German has fewer

Romance-language loanwords than English or even Dutch.{{Citation needed|date=October

2009}}

The coining of new, autochthonous words gave German a vocabulary of an estimated 40,000

words as early as the ninth century.{{Citation needed|date=June 2009}} In comparison, Latin,

with a written tradition of nearly 2,500 years in an empire which ruled the Mediterranean, has

grown to no more than 45,000 words today.{{Citation needed|date=June 2009}}

Even today, many low-key non-academic movements try to promote the ''[[Ersatz]]''

(substitution) of virtually all foreign words with ancient, dialectal, or [[neologism|neologous]]

German alternatives.{{cite web|author=Verein Deutsche Sprache e.V. |url=http://vds-

ev.de/anglizismenindex |title=Verein Deutsche Sprache e.V. - Der Anglizismen-Index |

publisher=Vds-ev.de |date= |accessdate=2010-03-15}}
It is claimed that this would also

help in spreading modern or scientific notions among the less educated, and thus democratise

public life, too.

The modern German scientific vocabulary has nine million words and word groups (based on the

analysis of 35 million sentences of a [[corpus (lexicography)|corpus]] in Leipzig, which as of July

2003 included 500 million words in total).{{cite web|

url=http://wortschatz.informatik.uni-leipzig.de/html/inhalt_next.html |title=Ein Hinweis in

eigener Sache |publisher=Wortschatz.informatik.uni-leipzig.de |date=2003-01-07 |

accessdate=2010-03-15}}


==Orthography==
{{Main|German orthography|German alphabet}}
German is written in the Latin alphabet. In addition to the 26 standard letters, German has three

vowels with [[Umlaut (diacritic)|Umlaut]], namely ''ä'', ''ö'' and ''ü'', as well as the Eszett or

''[[scharfes s]]'' (sharp s), ''[[ß]]''.

Written texts in German are easily recognisable as such by distinguishing features such as

[[Germanic umlaut|umlauts]] and certain [[German orthography|orthographical]] features—

German is the only major language that capitalizes all nouns—and the frequent occurrence of

long compounds (the [[Rinderkennzeichnungs- und

Rindfleischetikettierungsüberwachungsaufgabenübertragungsgesetz|longest German word]] is

made of 63 characters).

===Present===
Before the [[German spelling reform of 1996]], ''ß'' replaced ''ss'' after [[vowel length|long

vowels]] and diphthongs and before consonants, word-, or partial-word-endings. In reformed

spelling, ''ß'' replaces ''ss'' only after long vowels and diphthongs. Since there is no [[capital ß]], it

is always written as SS when capitalization is required. For example, ''Maßband'' (tape measure)

is capitalized ''MASSBAND''. An exception is the use of ß in legal documents and forms when

capitalizing names. To avoid confusion with similar names, a "ß" is to be used instead of "SS".

(So: "KREßLEIN" instead of "KRESSLEIN".) A [[capital ß]] has been proposed and included in

[[Unicode]], but it is not yet recognized as standard German. In [[Switzerland]], ß is not used at

all.

Umlaut vowels (ä, ö, ü) are commonly transcribed with ae, oe, and ue if the umlauts are not

available on the keyboard used (''but see below regarding the use of non-German [[QWERTY]]

keyboards to type umlauted characters and the Eszett''). In the same manner ß can be

transcribed as ss. German readers understand those transcriptions (although they look unusual),

but they are avoided if the regular umlauts are available because they are considered a makeshift,

not proper spelling. (In Westphalia and Schleswig-Holstein, city and family names exist where

the extra e has a vowel lengthening effect, e.g. ''Raesfeld'' {{IPA-de|ˈraːsfɛlt|}}, ''Coesfeld''

{{IPA|[ˈkoːsfɛlt]}} and ''Itzehoe'' {{IPA|[ɪtsəˈhoː]}}, but this use of the letter e after a/o/u does

not occur in the present-day spelling of words other than [[proper noun]]s.)

There is no general agreement on where these umlauts occur in the sorting sequence. Telephone

directories treat them by replacing them with the base vowel followed by an e. Some dictionaries

sort each umlauted vowel as a separate letter after the base vowel, but more commonly words

with umlauts are ordered immediately after the same word without umlauts. As an example in a

[[telephone directory|telephone book]] ''Ärzte'' occurs after ''Adressenverlage'' but before

''Anlagenbauer'' (because Ä is replaced by Ae). In a dictionary ''Ärzte'' comes after ''Arzt'', but in

some dictionaries ''Ärzte'' and all other words starting with "Ä" may occur after all words

starting with "A". In some older dictionaries or indexes, initial ''Sch'' and ''St'' are treated as

separate letters and are listed as separate entries after ''S'', but they are usually treated as S+C+H

and S+T.

It is possible for those using [[Microsoft]] [[Windows]] programmes on PCs that have non-

German QWERTY keyboards to type letters with umlauts, be they capitalized or lower-case, as

well as the Eszett ([[ß]]), by following a convention pre-programmed via the number keys as well

as the number lock (Num Lock) and Alt keys. (There may be alternatives, depending upon the

software being used, see e.g., the article on the Eszett, [[ß]]). Ensuring that the Num Lock key

light is on above the said key on the right-hand side, one can depress the Alt key either side of the

spacebar and then simultaneously enter a four-digit number using the number keys. The

character will be revealed on screen immediately after the Alt key is released.

The sequence for the lower-case letter “a” with an umlaut (that is, ä) would therefore involve

typing in the four-digit number 0228, i.e., Num Lock (light on) + Alt (depressed) + 0228

(manually entered) + release of Alt Key. The four-digit numbers and other characters are

therefore: 0196 for an umlauted upper-case A (Ä), 0214 for an umlauted upper-case O (Ö), 0220

for an umlauted upper-case U (Ü), 0223 for the Eszett ([[ß]]), 0246 for an umlauted lower-case

o (ö), and 0252 for an umlauted lower-case u (ü).

Such a convention can also be used for the opening inverted commas (quotation marks) that

appear in the guise of a “99” on the bottom of the line (rather than as a “66” at the top as in

English) at the beginning of a sentence or clause by using the four-digit number 0132, as in

„''Guten Morgen''!”.

===Past===
{{See|2nd Orthographic Conference (German)|Antiqua-Fraktur dispute|German orthography

reform of 1944|German orthography reform of 1996}}
Until the early 20th century, German was mostly printed in [[blackletter]] [[typefaces]] (mostly

in [[fraktur (typeface)|Fraktur]], but also in [[Schwabacher]]) and written in corresponding

[[Penmanship|handwriting]] (for example [[Kurrent]] and [[Sütterlin]]). These variants of the

Latin alphabet are very different from the serif or [[Sans-serif|sans serif]] [[Antiqua (typeface

class)|Antiqua]] typefaces used today, and particularly the handwritten forms are difficult for the

untrained to read. The printed forms however were claimed by some to be actually more readable

when used for printing [[Germanic language]]s.Adolf Reinecke, ''Die deutsche

Buchstabenschrift: ihre Entstehung und Entwicklung, ihre Zweckmäßigkeit und völkische

Bedeutung'', Leipzig, Hasert, 1910
The [[Nazis]] initially promoted Fraktur and

Schwabacher since they were considered [[Aryan]], although they later abolished them in 1941 by

claiming that these letters were Jewish. The Fraktur script remains present in everyday life

through road signs, pub signs, beer brands and other forms of advertisement, where it is used to

convey a certain rusticality and oldness.

A proper use of the [[long s]], (''langes s''), [[Long s|ſ]], is essential to write German text in

[[Fraktur (script)|Fraktur]] typefaces. Many [[Antiqua script|Antiqua]] typefaces include the

[[long s]], also. A specific set of rules applies for the use of long s in German text, but it is rarely

used in Antiqua typesetting, recently. Any lower case "s" at the beginning of a syllable would be a

long s, as opposed to a terminal s or short s (the more common variation of the letter s), which

marks the end of a syllable; for example, in differentiating between the words ''Wachſtube''

(=guard-house) and ''Wachstube'' (=tube of floor polish). One can decide which "s" to use by

appropriate hyphenation, easily ("Wach-ſtube" vs. "Wachs-tube"). The long s only appears in

[[lower case]].

==Phonology==
[[File:De-Faust - Der Tragödie erster Teil-Prolog und Auf dem Theater-wikisource.ogg|right|

thumb|170px|Spoken German in [[Goethe's Faust]]]]

{{Main|German phonology}}

===Vowels===

German vowels (excluding diphthongs; see below) come in ''short'' and ''long'' varieties, as

detailed in the following table:
{| class="wikitable"
|-
! !! A !! Ä !! E !! I !! O !! Ö !! U !! Ü
|-
! short
| {{IPA|/a/}} || {{IPA|/ɛ/}} || {{IPA|/ɛ/, /ə/}} || {{IPA|/ɪ/}} || {{IPA|/ɔ/}} || {{IPA|/œ/}} ||

{{IPA|/ʊ/}} || {{IPA|/ʏ/}}
|-
! long
| {{IPA|/aː/}} || {{IPA|/ɛː/}} || {{IPA|/eː/}} || {{IPA|/iː/}} || {{IPA|/oː/}} || {{IPA|/øː/}} ||

{{IPA|/uː/}} || {{IPA|/yː/}}
|}
Short {{IPA|/ɛ/}} is realized as {{IPA|[ɛ]}} in stressed syllables (including [[secondary stress]]),

but as {{IPA|[ə]}} in unstressed syllables. Note that stressed short {{IPA|/ɛ/}} can be spelled

either with ''e'' or with ''ä'' (''hätte'' 'would have' and ''Kette'' 'chain', for instance, rhyme). In

general, the short vowels are open and the long vowels are closed. The one exception is the open

{{IPA|/ɛː/}} sound of long Ä; in some varieties of standard German, {{IPA|/ɛː/}} and

{{IPA|/eː/}} have merged into {{IPA|[eː]}}, removing this anomaly. In that case, pairs like

''Bären/Beeren'' 'bears/berries' or ''Ähre/Ehre'' 'spike (of wheat)/honour' become

homophonous.

In many varieties of standard German, an unstressed {{IPA|/ɛr/}} is not pronounced {{IPA|

[ər]}}, but vocalised to {{IPA|[ɐ]}}.

Whether any particular vowel letter represents the long or short phoneme is not completely

predictable, although the following regularities exist:
* If a vowel (other than ''i'') is at the end of a syllable or followed by a single consonant, it is

usually pronounced long (e.g. ''Hof'' {{IPA|[hoːf]}}).
* If the vowel is followed by a double consonant (e.g. ''ff'', ''ss'' or ''tt''), ''ck'', ''tz'' or a [[consonant

cluster]] (e.g. ''st'' or ''nd''), it is nearly always short (e.g. ''hoffen'' {{IPA|[ˈhɔfən]}}). Double

consonants are used only for this function of marking preceding vowels as short; the consonant

itself is never pronounced lengthened or doubled, in other words this is not a [[feeding order]] of

[[gemination]] and then [[vowel shortening]].
Both of these rules have exceptions (e.g. ''hat'' {{IPA|[hat]}} 'has' is short despite the first rule;

''Mond'' {{IPA|[moːnt]}}, '[[moon]]' is long despite the second rule). For an ''i'' that is neither in

the combination ''ie'' (making it long) nor followed by a double consonant or cluster (making it

short), there is no general rule. In some cases, there are regional differences: In central Germany

(Hessen), the ''o'' in the [[Noun#Proper nouns and common nouns|proper name]] "Hoffmann" is

pronounced long while most other Germans would pronounce it short; the same applies to the ''e''

in the geographical name "Mecklenburg" for people in that region. The word ''Städte'' 'cities', is

pronounced with a short vowel {{IPA|[ˈʃtɛtə]}} by some (Jan Hofer, ARD Television) and with a

long vowel {{IPA|[ˈʃtɛːtə]}} by others (Marietta Slomka, ZDF Television). Finally, a vowel

followed by ''ch'' can be short (''Fach'' {{IPA|[fax]}} 'compartment', ''Küche'' {{IPA|[ˈkʏçə]}}

'kitchen') or long (''Suche'' {{IPA|[ˈzuːxə]}} 'search', ''Bücher'' {{IPA|[ˈbyːçɐ]}} 'books') almost

at random. Thus, ''Lache'' is homographous: (Lache) {{IPA|[laːxə]}} 'puddle' and (lache) {{IPA|

[laxə]}} 'manner of laughing' (coll.), 'laugh!' (Imp.).

German vowels can form the following digraphs (in writing) and diphthongs (in pronunciation);

note that the pronunciation of some of them (ei, äu, eu) is very different from what one would

expect when considering the component letters:
{| class="wikitable"
|-
! spelling
| ai, ei, ay, ey || au || äu, eu
|-
! pronunciation
| {{IPA|/aɪ̯/}} || {{IPA|/aʊ̯/}} || {{IPA|/ɔʏ̯/}}
|}
Additionally, the digraph ''ie'' generally represents the phoneme {{IPA|/iː/}}, which is not a

diphthong. In many varieties, an {{IPA|/r/}} at the end of a syllable is vocalised. However, a

sequence of a vowel followed by such a vocalised {{IPA|/r/}} is not considered a diphthong: Bär

{{IPA|[bɛːɐ̯]}} 'bear', er {{IPA|[eːɐ̯]}} 'he', wir {{IPA|[viːɐ̯]}} 'we', Tor {{IPA|[toːɐ̯]}} 'gate', kurz

{{IPA|[kʊɐ̯ts]}} 'short', Wörter {{IPA|[vœɐ̯tɐ]}} 'words'.

In most varieties of standard German, syllables that begin with a vowel are preceded by a [[glottal

stop]] {{IPA|[ʔ]}}.

===Consonants===
With approximately 25 phonemes, the German consonant system exhibits an average number of

consonants in comparison with other languages. One of the more noteworthy ones is the unusual

[[affricate]] {{IPA|/p͡f/}}. The consonant inventory of the standard language is shown below.

{| class="wikitable" style="text-align:center"
|-
!
! [[Bilabial consonant|Bilabial]]
! [[Labiodental consonant|Labiodental]]
! [[Alveolar consonant|Alveolar]]
! [[Postalveolar consonant|Postalveolar]]
! [[Palatal consonant|Palatal]]
! [[Velar consonant|Velar]]
! [[Uvular consonant|Uvular]]
! [[Glottal consonant|Glottal]]
|-
! [[Plosive consonant|Plosive]]
| {{IPA|p}}  {{IPA|b}}
|
| {{IPA|t}}  {{IPA|d}}
|
|
| {{IPA|k}}  {{IPA|ɡ}}
|
|
|-
! [[Affricate consonant|Affricate]]
|
| {{IPA|pf}}
| {{IPA|ts}}
| {{IPA|tʃ}}  {{IPA|dʒ}}
|
|
|
|
|-
! [[Fricative consonant|Fricative]]
|
| {{IPA|f}}  {{IPA|v}}
| {{IPA|s}}  {{IPA|z}}
| {{IPA|ʃ}}  {{IPA|ʒ}}
|
| {{IPA|x}}
|
| {{IPA|h}}
|-
! [[Nasal consonant|Nasal]]
| {{IPA|m}}
|
| {{IPA|n}}
|
|
| {{IPA|ŋ}}
|
|
|-
! [[Approximant consonant|Approximant]]
|
|
| {{IPA|l}}
|
| {{IPA|j}}
|
|
|
|-
! [[Rhotic consonant|Rhotic]]
|
|
| {{IPA|r}}
|
|
|
|
|
|}

*{{IPA|/x/}} has two allophones, {{IPA|[x]}} and {{IPA|[ç]}}, after back and front vowels,

respectively.
*{{IPA|/r/}} has three allophones in free variation: {{IPA|[r]}}, {{IPA|[ʁ]}} and {{IPA|[ʀ]}}. In

the [[syllable coda]], the allophone {{IPA|[ɐ]}} is found in many varieties.
* The voiceless stops {{IPA|/p/}}, {{IPA|/t/}}, {{IPA|/k/}} are [[aspiration (phonetics)|

aspirated]] except when preceded by a [[sibilant]].
* The voiced stops {{IPA|/b/}}, {{IPA|/d/}}, {{IPA|/ɡ/}} are devoiced to {{IPA|/p/}},

{{IPA|/t/}}, {{IPA|/k/}}, respectively, in word-final position.
* Where a stressed syllable has an initial vowel, it is preceded by {{IPA|[ʔ]}}. As its presence is

predictable from context, {{IPA|[ʔ]}} is not considered a phoneme.
*{{IPA|/d͡ʒ/}} and {{IPA|/ʒ/}} occur only in words of foreign origin.

====Consonant spellings====
* '''c''' standing by itself is not a German letter. In borrowed words, it is usually pronounced

{{IPA|[t͡s]}} (before ä, äu, e, i, ö, ü, y) or {{IPA|[k]}} (before a, o, u, and consonants). The

combination '''ck''' is, as in English, used to indicate that the preceding vowel is short.
* '''ch''' occurs most often and is pronounced either {{IPA|[ç]}} (after ä, ai, äu, e, ei, eu, i, ö, ü and

consonants; in the diminutive suffix -chen; and at the beginning of a word), {{IPA|[x]}} (after a,

au, o, u), or {{IPA|[k]}} at the beginning of a word before a, o, u and consonants. '''Ch''' never

occurs at the beginning of an originally German word. In borrowed words with initial Ch before

bright vowels (''Chemie'' "chemistry" etc.), {{IPA|[ç]}} is considered standard, but is itself

practically absent from language in use. Upper Germans and Franconians (in the popular, not

linguistic sense) will replace them with {{IPA|[k]}}, as German as a whole does before darker

vowels and consonants such as in ''Charakter'', ''Christentum''. Middle Germans (saving

Franconians) will borrow a {{IPA|[ʃ]}} from the French model. Both agree in considering each

other's variant, and Upper Germans also the standard in {{IPA|[ç]}}, as particularly awkward

and unusual.
* '''dsch''' is pronounced {{IPA|[d͡ʒ]}} (like ''j'' in ''Jungle'') but appears in a few [[loanwords]]

only.
* '''f''' is pronounced {{IPA|[f]}} as in "''f''ather".
* '''h''' is pronounced {{IPA|[h]}} as in "''h''ome" at the beginning of a syllable. After a vowel it is

silent and only lengthens the vowel (e.g. ''Reh'' = [[roe deer]]).
* '''j''' is pronounced {{IPA|[j]}} in Germanic words (''Jahr'' {{IPA|[jaːɐ]}}). In younger

loanwords, it follows more or less the respective languages' pronunciations.
* '''l''' is always pronounced {{IPA|[l]}}, never {{IPA|*[ɫ]}} (the English "[[dark L]]").
* '''q''' only exists in combination with '''u''' and appears in both Germanic and Latin words

(''quer''; ''Qualität''). The digraph '''qu''' is pronounced {{IPA|[kv]}}.
* '''r''' is usually pronounced in a [[Guttural R|guttural]] fashion (a [[voiced uvular fricative]]

{{IPA|[ʁ]}} or [[uvular trill]] {{IPA|[ʀ]}}) in front of a vowel or consonant (''Rasen'' {{IPA|

[ˈʁaːzən]}}; ''Burg'' {{IPA|[buʁk]}}). In spoken German, however, it is commonly vocalised after

a vowel (''er'' being pronounced rather like {{IPA|[ˈɛɐ]}}—''Burg'' {{IPA|[buɐk]}}). In some

varieties, the '''r''' is pronounced as a "tongue-tip" ''r'' (the [[alveolar trill]] {{IPA|[r]}}).
* '''s''' in Germany, is pronounced {{IPA|[z]}} (as in "''z''ebra") if it forms the [[syllable onset]]

(e.g. ''Sohn'' {{IPA|[zoːn]}}), otherwise {{IPA|[s]}} (e.g. ''Bus'' {{IPA|[bʊs]}}). In Austria and

Switzerland, it is always pronounced {{IPA|[s]}}. A '''ss''' {{IPA|[s]}} indicates that the preceding

vowel is short. '''st''' and '''sp''' at the beginning of words of German origin are pronounced

{{IPA|[ʃt]}} and {{IPA|[ʃp]}}, respectively.
* '''ß''' (a letter unique to German called ''scharfes S'' or ''[[ß|Eszett]]'') was a ligature of a double

'''s''' ''and'' of a '''sz''' and is always pronounced {{IPA|[s]}}. Originating in [[Blackletter]]

typeface, it traditionally replaced '''ss''' at the end of a syllable (e.g. ''ich muss'' → ''ich muß''; ''ich

müsste'' → ''ich müßte''); within a word it contrasts with '''ss''' {{IPA|[s]}} in indicating that the

preceding vowel is long (compare ''in Maßen'' {{IPA|[in ˈmaːsən]}} "with moderation" and ''in

Massen'' {{IPA|[in ˈmasən]}} "in loads"). The use of '''ß''' has recently been limited by the latest

German spelling reform and is no longer used for '''ss''' after a short vowel (e.g. "ich muß" and

"ich müßte" were always pronounced with a short U/Ü); Switzerland and Liechtenstein already

abolished it in 1934.{{cite web|url=http://www.mittelschulvorbereitung.ch/index.php?

SUBJECT=&actualid=5 |title=Mittelschulvorbereitung Deutsch |

publisher=Mittelschulvorbereitung.ch |date= |accessdate=2010-03-15}}

* '''sch''' is pronounced {{IPA|[ʃ]}} (like "sh" in "shine").
* '''tion''' in Latin loanwords is pronounced {{IPA|[tsion]}}.
* '''v''' is pronounced {{IPA|[f]}} in words of Germanic origin, to wit, ''Vater'' {{IPA|[ˈfaːtɐ]}},

''Vogel'' "bird", ''von'' "from, of", ''vor'' "before, in front of", ''voll'' "full" (yet "to fill" is

notwithstandingly spelt ''füllen'') and the prefix ''ver-''. It is also used in loanwords, where it is

supposed to be pronounced {{IPA|[v]}}. This pronunciation is retained for example in ''Vase'',

''Vikar'', ''Viktor'', ''Viper'', ''Ventil'', ''vulgär'', and English loanwords; however, pronunciation

tends to {{IPA|[f]}} the further you travel south. They have reached a plain ''f'' in Bavaria and

Swabia.
* '''w''' is pronounced {{IPA|[v]}} as in "''v''acation" (e.g. ''was'' {{IPA|[vas]}}).
* '''y''' only appears in loanwords and is traditionally considered a vowel.
* '''z''' is always pronounced {{IPA|[t͡s]}} (e.g. ''zog'' {{IPA|[t͡soːk]}}). A '''tz''' indicates that the

preceding vowel is short.

====Consonant shifts====
{{details|High German consonant shift}}

German does not have any [[dental fricative]]s (as English '''th'''). The '''th''' sounds, which the

English language still has, survived on the continent up to Old High German and then

disappeared in German with the consonant shifts between the 8th and the 10th

centuries.For a history of the German consonants see [[Fausto Cercignani]], ''The

Consonants of German: Synchrony and Diachrony'', Milano, Cisalpino, 1979.
It is

sometimes possible to find parallels between English and German by replacing the English '''th'''

with '''d''' in German: "Thank" → in German "Dank", "this" and "that" → "dies" and "das",

"[[thou]]" (old 2nd person singular pronoun) → "du", "think" → "denken", "thirsty" → "durstig"

and many other examples.

Likewise, the '''gh''' in [[Germanic languages|Germanic]] English words, pronounced in several

different ways in modern English (as an '''f''', or not at all), can often be linked to German '''ch''':

"to laugh" → "lachen", "through" and "thorough" → "durch", "high" → "hoch", "naught" →

"nichts", "light" → "leicht", "sight" → "Sicht" etc.

==Cognates with English==
{{Unreferenced section|date=January 2009}}
A sizable fraction of English vocabulary is [[cognate]] with German words, although the common

ancestry may be somewhat obscured by various shifts in phonetics (e.g. the [[High German

consonant shift]]), meaning and orthography.

For example:
* the High German consonant shift *p→ff led to such cognates as German ''Schiff'' with English

ship.
* Ger. ''Baum'' (meaning "tree") is cognate with the English word beam, as may be seen in the

name of trees such as the [[hornbeam]] and the [[whitebeam]].

==Words borrowed by English==
{{for|a list of German loanwords to English|Category:German loanwords}}
English has taken many [[loanword]]s from German, often without any change of spelling:
{| class="wikitable"
|- style="background:#FFDEAD;"
! German word
! English loanword
! Meaning of German word
|-
|Abseilen|| [[abseil]] || to descend by rope / to fastrope
|-
|Angst || [[angst]] || fear
|-
|Ansatz || [[ansatz]] || onset / entry / math. approach
|-
|Anschluss || [[anschluss]] || connection / access / annexation
|-
|Automat || [[automat]] || automation / machine
|-
|Bildungsroman || [[bildungsroman]] || novel concerned with the personal development or

education of the protagonist
|-
|Blitz || [[The Blitz|Blitz]] || flash / lightning
|-
|Bratwurst || [[bratwurst]] || fried sausage
|-
|Delikatessen || [[delikatessen]]/delicatessen || delicate / delicious food items
|-
|Doppelgänger || [[doppelgänger]] || lit. "double going/living person alive", look-alike of

somebody
|-
|Edelweiß || [[edelweiss]] || edelweiss flower
|-
|Fest || fest || feast / celebration
|-
|Gedankenexperiment || [[Gedankenexperiment]] || thought experiment
|-
|Geländesprung || gelandesprung || ski jumping for distance on alpine equipment
|-
|Gemütlichkeit || [[gemuetlichkeit]] || snug feeling, cosiness, good nature, geniality
|-
|Gestalt || [[wikt:Gestalt|Gestalt]] || form or shape / creature / scheme; refers to a concept of

'wholeness'
|-
|Gesundheit! || Gesundheit! (Amer.) || health / bless you! (when someone sneezes)
|-
|Heiligenschein || [[heiligenschein]] || meteo. "holy shine" / gloriole
|-
|Hinterland || [[hinterland]] || lit. mil. "area behind the front-line": interior / backwoods
|-
|kaputt|| [[wikt:kaput|kaput]] || (etymology unclear, possibly French, Yiddish or Latin) out of

order, not working
|-
|Katzenjammer || [[katzenjammer]] || lit. "cats' lament": hangover, crapulence
|-
|Kindergarten || [[kindergarten]] || lit. "childrens' garden" - nursery or preschool
|-
|Kitsch || [[kitsch]] || fake art, something produced exclusively for sale
|-
|Kraut || [[kraut]] || herb, cabbage in some dialects
|-
|Leitmotiv || [[leitmotif]] || guiding theme (the verb "leiten" means "to guide, to lead")
|-
|plündern (v.) || [[Plunder|to plunder]] || lit. "taking goods by force" (original meaning "to take

away furniture" shifted in German and was borrowed by English both during the [[Thirty Years

War]])
|-
|Poltergeist || [[poltergeist]] || lit. "rumbling ghost" (artificial compound, not originally German)
|-
|Realpolitik || [[realpolitik]] || diplomacy based on practical objectives rather than ideals
|-
|Reich || [[reich]] || empire or realm
|-
|Rucksack || [[rucksack]] || backpack (Ruck→"Rücken" which means "back")
|-
|Sauerkraut || [[sauerkraut]] || sour cabbage
|-
|Schadenfreude || [[schadenfreude]] || taking pleasure in someone else's misfortune
|-
|Sprachraum || [[sprachraum]] || lit. "place/area/room of a language": area where a certain

language is spoken
|-
|Übermensch || [[ubermensch]] || superhuman
|-
|verklemmt || verklemmt || lit. "jammed": inhibited, uptight
|-
|Waldsterben || [[waldsterben]] || lit. "forest dieback", dying floral environment
|-
|Wanderlust || [[wanderlust]] || desire, pleasure, or inclination to travel or walk
|-
|Weltanschauung || [[weltanschauung]] || lit. "perception of the world": ideology
|-
|Wunderkind || [[wunderkind]] || lit. "wonder child": child prodigy, whiz kid
|-
|Zeitgeist || [[zeitgeist]] || lit. "spirit of the times": the spirit of the age; the trend at that time
|}

==Promotion of the German language==
The use and learning of the German language are promoted by a number of organisations. The

government-backed Goethe Instituthttp://www.goethe.de/enindex.htm (named

after the famous German author [[Johann Wolfgang von Goethe]]) aims to enhance the

knowledge of German culture and language within Europe and the rest of the world. This is done

by holding exhibitions and conferences with German-related themes, and providing training and

guidance in the learning and use of the German language. For example the Goethe Institut

teaches the Goethe-Zertifikat German language qualification.

The German state broadcaster [[Deutsche Welle]] is the equivalent of the British [[BBC World

Service]] and provides radio and television broadcasts in German and a variety of other

languages across the globe. Its German language services are tailored for German language

learners by being spoken at slow speed.

==See also==
{{Portal box|Austria|Germany|Switzerland|Language}}

* [[Deutsch]] (disambiguation page)
* [[:Category:German loanwords]]
* [[German as a minority language]]
* [[German exonyms]]
* [[German family name etymology]]
* [[German in the United States]]
* [[German language literature]]
* [[German name]]
* [[German placename etymology]]
* [[German spelling reform of 1996]]
* [[Germanism (linguistics)]]
* [[List of German expressions in English]]
* [[List of pseudo-German words adapted to English]]
* [[Missingsch]]
* [[Names for the German language]]
* [[Umlaut (diacritic)|Umlaut]], [[ß]]
* [[Various terms used for Germans]]



==References==
===Notes===
{{Reflist|colwidth=30em}}

===General references===
{{Refbegin}}
* [[Fausto Cercignani]], ''The Consonants of German: Synchrony and Diachrony'', Milano,

Cisalpino, 1979.

* [[Michael Clyne]], ''The German Language in a Changing Europe'' (1995) ISBN 0521499704
* [[George Oliver Curme|George O. Curme]], ''A Grammar of the German Language'' (1904,

1922) — the most complete and authoritative work in English
* Anthony Fox, ''The Structure of German'' (2005) ISBN 0199273995
* W.B. Lockwood, ''German Today: The Advanced Learner's Guide'' (1987) ISBN 0198158505
* Ruth H. Sanders. ''German: Biography of a Language'' (Oxford University Press; 2010) 240

pages. Combines linguistic, anthropological, and historical perspectives in a "biography" of

German in terms of six "signal events" over millennia, including the Battle of Kalkriese, which

blocked the spread of Latin-based language north.
{{Refend}}

==External links==
{{InterWiki|code=de}}
{{Commons category}}
{{Wikibooks|German}}
{{Wikibooks|BLL German}}
{{Wiktionarylang|code=de}}
{{Wikiquote|German proverbs}}
*{{dmoz|Science/Social_Sciences/Linguistics/Languages/Natural/Indo-

European/Germanic/German|German (language)}}
*[http://www.goethe.de/enindex.htm The Goethe Institute]: German Government sponsored

organisation for the promotion of the German language and culture.
*[http://www.Deutsched.com Online German Language Course] An online German language

course that includes lessons covering pronunciation, vocabulary, and grammar.
*[http://wikitravel.org/en/German_phrasebook German phrasebook at Wikitravel]
*[http://www.learntospeakgerman.net Learn to Speak German] Student Resource
*[http://www.populearn.com/german/ Free German Language Course]
*[http://www.leo.org/index_en.html The Leo Dictionaries]: A German language portal featuring

German-English, German-French, German-Spanish, German-Italian, German-Chinese and

German-Russian dictionaries, with forums and a search function
*{{Wikisource-inline|list=
** “[[s:1911 Encyclopædia Britannica/German language|German language]],” [[Encyclopædia

Britannica]], 11th ed., 1911
** [[Mark Twain]], [[s:The Awful German Language|The Awful German Language]], 1880
** [[Carl Schurz]], [[s:The German Mothertongue|The German Mothertongue]], 1897
}}

{{Germanic languages}}
{{Official EU languages}}
{{Languages of Europe}}
{{Use dmy dates|date=June 2011}}

{{DEFAULTSORT:German Language}}
[[Category:German language| ]]
[[Category:Fusional languages]]
[[Category:High German languages]]
[[Category:Languages of Austria]]
[[Category:Languages of Belgium]]
[[Category:Languages of Brazil]]
[[Category:Languages of Denmark]]
[[Category:Languages of France]]
[[Category:Languages of Germany]]
[[Category:Languages of Hungary]]
[[Category:Languages of Kazakhstan]]
[[Category:Languages of Liechtenstein]]
[[Category:Languages of Luxembourg]]
[[Category:Languages of Namibia]]
[[Category:Languages of Romania]]
[[Category:Languages of Russia]]
[[Category:Languages of Switzerland]]
[[Category:Languages of Trentino-Alto Adige/Südtirol]]
[[Category:Stress-timed languages]]

{{Link FA|an}}

[[af:Duits]]
[[als:Deutsche Sprache]]
[[am:ጀርመንኛ]]
[[ang:Þēodsc sprǣc]]
[[ab:Алман бызшәа]]
[[ar:لغة ألمانية]]
[[an:Idioma alemán]]
[[arc:ܠܫܢܐ ܓܪܡܢܝܐ]]
[[frp:Alemand]]
[[ast:Idioma Alemán]]
[[ay:Aliman aru]]
[[az:Alman dili]]
[[bn:জার্মান ভাষা]]
[[zh-min-nan:Tek-gí]]
[[ba:Немец теле]]
[[be:Нямецкая мова]]
[[be-x-old:Нямецкая мова]]
[[bcl:Aleman]]
[[bar:Deitsche Sproch]]
[[bo:འཇར་མན་སྐད།]]
[[bs:Njemački jezik]]
[[br:Alamaneg]]
[[bg:Немски език]]
[[ca:Alemany]]
[[cv:Нимĕç чĕлхи]]
[[ceb:Inaleman]]
[[cs:Němčina]]
[[co:Lingua tedesca]]
[[cy:Almaeneg]]
[[da:Tysk (sprog)]]
[[pdc:Modern Hochdeitsch]]
[[de:Deutsche Sprache]]
[[dv:އަލްމާނީ]]
[[nv:Bééshbichʼahii bizaad]]
[[dsb:Nimšćina]]
[[et:Saksa keel]]
[[el:Γερμανική γλώσσα]]
[[eml:Tedèsch]]
[[es:Idioma alemán]]
[[eo:Germana lingvo]]
[[ext:Luenga alemana]]
[[eu:Aleman]]
[[fa:زبان آلمانی]]
[[hif:German bhasa]]
[[fo:Týskt mál]]
[[fr:Allemand]]
[[fy:Dútsk]]
[[fur:Lenghe todescje]]
[[ga:An Ghearmáinis]]
[[gv:Germaanish]]
[[gd:Gearmailtis]]
[[gl:Lingua alemá]]
[[gan:德語]]
[[gu:જર્મન ભાષા]]
[[hak:Tet-ngî]]
[[xal:Немшин келн]]
[[ko:독일어]]
[[hy:Գերմաներեն]]
[[hi:जर्मन भाषा]]
[[hsb:Němčina]]
[[hr:Njemački jezik]]
[[io:Germaniana linguo]]
[[ilo:Pagsasao nga Aleman]]
[[bpy:জার্মান ঠার]]
[[id:Bahasa Jerman]]
[[ia:Lingua german]]
[[ie:German]]
[[os:Немыцаг æвзаг]]
[[xh:IsiJamani]]
[[is:Þýska]]
[[it:Lingua tedesca]]
[[he:גרמנית]]
[[jv:Basa Jerman]]
[[kl:Tyskisut]]
[[kn:ಜರ್ಮನ್ ಭಾಷೆ]]
[[krc:Немец тил]]
[[ka:გერმანული ენა]]
[[kk:Неміс тілі]]
[[kw:Almaynek]]
[[rw:Ikidage]]
[[ky:Немис тили]]
[[sw:Kijerumani]]
[[kg:Kidoitce]]
[[ht:Alman]]
[[ku:Zimanê almanî]]
[[lad:Lingua alemana]]
[[ltg:Vuocīšu volūda]]
[[la:Lingua Theodisca]]
[[lv:Vācu valoda]]
[[lb:Däitsch]]
[[lt:Vokiečių kalba]]
[[lij:Lengua tedesca]]
[[li:Duits]]
[[ln:Lialémani]]
[[jbo:dotybau]]
[[lmo:Lengua Tudesca]]
[[hu:Német nyelv]]
[[mk:Германски јазик]]
[[mg:Fiteny alemana]]
[[ml:ജർമ്മൻ ഭാഷ]]
[[mi:Reo Tiamana]]
[[mr:जर्मन भाषा]]
[[xmf:გერმანულ ნინა]]
[[arz:لغه المانى]]
[[mzn:آلمانی زبون]]
[[ms:Bahasa Jerman]]
[[cdo:Dáik-ngṳ̄]]
[[mwl:Lhéngua almana]]
[[mdf:Германонь кяль]]
[[mn:Герман хэл]]
[[nah:Teutontlahtōlli]]
[[nl:Duits]]
[[nds-nl:Duuts]]
[[new:जर्मन भाषा]]
[[ja:ドイツ語]]
[[nap:Lengua germanese]]
[[ce:Germanhoyn mott]]
[[frr:Tjüsch]]
[[pih:Doichland laenghwij]]
[[no:Tysk]]
[[nn:Tysk]]
[[nrm:Allemaund]]
[[nov:Germanum]]
[[oc:Alemand]]
[[mhr:Немыч йылме]]
[[pa:ਜਰਮਨ ਭਾਸ਼ਾ]]
[[pfl:Daitschi Sprooch]]
[[pnb:جرمن]]
[[pap:Alemán]]
[[ps:آلماني ژبه]]
[[koi:Немеч кыв]]
[[pcd:Alemant]]
[[pms:Lenga tedësca]]
[[tpi:Tok Jeman]]
[[nds:Düütsche Spraak]]
[[pl:Język niemiecki]]
[[pt:Língua alemã]]
[[kbd:Джэрмэныбзэ]]
[[crh:Alman tili]]
[[ty:Reo Heremani]]
[[ksh:Dütsche Sprooch]]
[[ro:Limba germană]]
[[rmy:Jermanikani chib]]
[[rm:Lingua tudestga]]
[[qu:Aliman simi]]
[[rue:Нїмецькый язык]]
[[ru:Немецкий язык]]
[[sah:Ниэмэс тыла]]
[[se:Duiskkagiella]]
[[sm:Fa'asiamani]]
[[sa:जर्मन् भाषा]]
[[sc:Limba tedesca]]
[[sco:German leid]]
[[stq:Düütsk]]
[[st:Se-jeremane]]
[[sq:Gjuha gjermane]]
[[scn:Lingua tidesca]]
[[simple:German language]]
[[ss:SíJalimáne]]
[[sk:Nemčina]]
[[cu:Нѣмьчьскъ ѩꙁꙑкъ]]
[[sl:Nemščina]]
[[szl:Mjymjecko godka]]
[[sr:Немачки језик]]
[[sh:Nemački jezik]]
[[fi:Saksan kieli]]
[[sv:Tyska]]
[[tl:Wikang Aleman]]
[[ta:இடாய்ச்சு மொழி]]
[[roa-tara:Lènga tedesche]]
[[tt:Alman tele]]
[[te:జర్మన్ భాష]]
[[tet:Lia-alemaun]]
[[th:ภาษาเยอรมัน]]
[[tg:Забони олмонӣ]]
[[chr:ᎠᏂᏓᏥ ᎧᏬᏂᎯᏍᏗ]]
[[tr:Almanca]]
[[tk:Nemes dili]]
[[udm:Немец кыл]]
[[uk:Німецька мова]]
[[ur:جرمن زبان]]
[[ug:نېمىس تىلى]]
[[za:Vah Dwzgoz]]
[[vec:Łéngua todésca]]
[[vi:Tiếng Đức]]
[[vo:Deutänapük]]
[[fiu-vro:S'aksa kiil]]
[[wa:Almand (lingaedje)]]
[[zh-classical:德語]]
[[vls:Duuts (toale)]]
[[war:Inaleman]]
[[wuu:德语]]
[[yi:דייטשיש]]
[[yo:Èdè Jẹ́mánì]]
[[zh-yue:德文]]
[[diq:Almanki]]
[[zea:Duuts]]
[[bat-smg:Vuokītiu kalba]]
[[zh:德语]]

さちれいん

ああ 感歎

あい 哀愁

あえび 兄弟姉妹

あをりべ キッチン





いぇ


いぇの 水浴び、海水

いぇび キャンディ

いぇれぶ 目を見張る




うい うれしい

うな でしょうか 副詞 だといいな 副詞

うぃ

うぃけぶ 継続性

うぃめ 一億

うぅれむ 状態動詞

うぅべ 倉庫、入れ物

うぇ

うぇきれ 汲む




えふる 包む、被せる



おぼと 石灰水





かるで あるく

かるぼ 上肢

かるを 上肢


きゃで つめ

きぇしゅ 悪いものなどを刈る


きぇふぉ 遺体、遺品


きにぇ 雇った

きの 思い出し

きほる 1

きるも 距離を測る

きじゅて 見慣れないこと

きぇれ 一千

くぇよて 誰かを騙す

くをふぁ 髪色



けしも 集う

けにょれ 酸味

けるを 一十


けり 見慣れない、見慣れない人

こうとる 受付

こど 銀河系

こじぇ 憧れの

こふぃの 大地、 country

こべろ 嗜好に合わせて選ぶ

こるほ 常套句


さきゃ 2

さきろ 食器、鉄製

さぞ 机、書斎

さむ 味わう、味覚


さろぶ 石器




しりあ 代価、交替

しむ 作業台

しゃきて 課題

しゃごる 落下する


しゅけのれ 夕


しゅる 鎮痛剤、無痛剤


しぇり 川 河川 幅が広いと

しぇるげ 森

しぇおん 灰色


せおめ 確率的


せきぇる 現代化

せくぇ 9


せごほ うれい



せじ 苦い

せじょ 角、つの


せにぇ せあん senj senje 白

せむ 拾い上げ


そ ではない

そうぅと 雪


そうず 異質


すあん 紅茶、茶


すぁれ 見とれ


すうぇ 確実性、成功率が高い




たうこ 6



たじ 誓う、懇意


たるえぎ あくび、机上


ちゃめ 学校

ちでろ 張り付く

ちゅの キー、鍵

ちぇ

ちぇこ 可読性

ちぇり 社会、社会生活


ちょじぇて 顔を洗うなどの


ちら 何か良い物を成功する


てこ ぶどう

てしぇら 内部変化

てでぃほ 宇宙空間

てにぇ 陽が落ちる、陽が出る

てび 傷、傷を作る

てべ それをつかって 接尾辞

てぼる やめる

てみこ 経過


ても 乳製品

てれく 7

とぶる 名詞

とるに tolni 帰属性 

とれさ 塩味


とほ 誰かに教える


なえど 思う、思い出



なうぼ 脚、あし

なぐを あける、欠伸

なごしぇ 現在

なすろ 協力、人力


なちぇ 食材の加工


なぼれ 落胆、がっかり感

にきょ 無拘束

にたる 加算


にすれ 流れの


にど 音楽、曲


にご 性格

にるべ 甘い

にゃほ コミック、漫画

にぇく 竹馬

にぇす 動物などの肌

にぇひぐ 雨などが落ちる


にゅこふぇ 語彙数

にゅほ 精神的な注視

にゅぼ 息子、消息

にじゅ 雀

にる 一億

にをた ガラス製


ねう これもまた

ねく メロン

ねきぇ 流れの

ねご 地位、立地

ねしぇ およそ知的

ねは 【他動詞】愛する【自動詞】愛に目覚める
ねみゅく 8

ねめ くすり、薬品

ねふ 箱

ねべ 分ける

ねふぉ 近代

ねりぇ 油性

のしれ 代謝

のぜて 詩

のばれ 話をする

のび 解決

のるて 不良、不具合

のろ 際限


はいら 生き物
はいれ カードゲーム

はそ 肌着

はみょ 魚

はるめ かさなる


ひぇこる 窓

ひそ 匂う、嗅ぐ

ひにぇ 誰かの許可

ふぁなく 寝具

ふぁりご 整え


ふぁにぇて 作る

ふぃし 照、輝く、反射を含める

ふぁき ひらいた

ふぃらき 犬

ふぃれご 吐き気、不快なもの

ふぃろ そのときに 接尾辞


ふと 3

ふぇろ 蓄積、書籍

ふぇず 不要

ふぉけ 南

ふぉるご 冬


ふぉろく ありえないこと


ほうば 捨てるもの


ほこ かわいい名称 the suffix use for feminins
ほ かわいい名指し the suffix use after name of girls

ほぞ 成し得た

ほきりぇ 満足、しあわせ

ほるも 重さを計り

ほりきょ 注ぐ

ばきょす 洗濯機

ばそ 金銭

ばほじゃ 蛙

ばみぇら 語気

ばれ 自然などの環境に囲まれる


ばえんて たしかな、間投詞の確かに


びご 数字、整数

びざ 実行


びれいん 知り合い

へろき 部署

へみ 要点などを掴む

べこ 【他動詞】作る【自動詞】できる

べきょ 0



べきぇん 正解、正答

べせ 大切に
べちれむ 動作動詞

べすろ 嬉戯

べの 鼻


べりこ おみやげ



ぼうぇす 着せ替える、取り付け

ぼうぇら 烏


ぼき 頭

ぼれく 悪意、敵

ぼり 冗談


ぼるせ 一百


まちぇ 体力

まで 聞く、訪ね

まふぉ 社会的集まり


もにぇじ 筆記、書き置き


みと 反証

みとれ 息


みにれ 体内


みにょ 由来、誕生

みゃす 亜人種

みゅじ Myuzik ミュージック

みぇこ いのち、生存


みぇしゃず 代謝する


みぇる 持ち運び

みょき 線、電線

みょぜ 不要なものなどを剃る

みょるこ 内部肌





むしぇ 離れた

むぇね オフィス

めしゃく 4

めろく デッサン




もるこ 可笑しい

もると 調理器、マイクロウェーブ


や 直接目的語の接続詞


やこつ 三角形


ゆ 名詞に接続する動詞のための機能語

ゆの 鳩 鳥



よ 名詞に接続する動詞のための機能語


よふぉて 地理的連続

よれ 娘、発祥

よび 先祖、人


らど 跳躍


らめ 荷物、運ぶ


りふぇ 浴槽に浸かる


るご 馬、馬車


れう 猫

れご そのばしょで 接尾辞
れじぇ 食料


ろじぇ 怪訝




わひる 耐える





をれ 何か悪いものを被る

ん べりと
ばぜと-めろご

複合語
ハイフン
でつなげる
慣れがあれば
ハイフンはいらないです
しかしそこまで習得する人はいないと規定します
常に安定してハイフンは使います









 
でぃるほ
強勢

各語の音節を高めにしてアクセントとする
















句読点
、 。

? を必要としない。



()
-










ひとごれ

ああ 感歎

あい 哀愁

あえび 兄弟姉妹

あをりべ キッチン





いぇ


いぇの 水浴び、海水

いぇび キャンディ

いぇれぶ 目を見張る




うい うれしい

うな でしょうか 副詞 だといいな 副詞

うぃ

うぃけぶ 継続性

うぃめ 一億

うぅれむ 状態動詞

うぅべ 倉庫、入れ物

うぇ

うぇきれ 汲む




えふる 包む、被せる



おぼと 石灰水





かるで あるく

かるぼ 上肢

かるを 上肢


きゃで つめ

きぇしゅ 悪いものなどを刈る


きぇふぉ 遺体、遺品


きにぇ 雇った

きの 思い出し

きほる 1

きるも 距離を測る

きじゅて 見慣れないこと

きぇれ 一千

くぇよて 誰かを騙す

くをふぁ 髪色



けしも 集う

けにょれ 酸味

けるを 一十


けり 見慣れない、見慣れない人

こうとる 受付

こど 銀河系

こじぇ 憧れの

こふぃの 大地、 country

こべろ 嗜好に合わせて選ぶ

こるほ 常套句


さきゃ 2

さきろ 食器、鉄製

さぞ 机、書斎

さむ 味わう、味覚


さろぶ 石器




しりあ 代価、交替

しむ 作業台

しゃきて 課題

しゃごる 落下する


しゅけのれ 夕


しゅる 鎮痛剤、無痛剤


しぇり 川 河川 幅が広いと

しぇるげ 森

しぇおん 灰色


せおめ 確率的


せきぇる 現代化

せくぇ 9


せごほ うれい



せじ 苦い

せじょ 角、つの


せにぇ せあん senj senje 白

せむ 拾い上げ



そうぅと 雪


そうず 異質


すあん 紅茶、茶


すぁれ 見とれ


すうぇ 確実性、成功率が高い




たうこ 6



たじ 誓う、懇意


たるえぎ あくび、机上


ちゃめ 学校

ちでろ 張り付く

ちゅの キー、鍵

ちぇ

ちぇこ 可読性

ちぇり 社会、社会生活


ちょじぇて 顔を洗うなどの


ちら 何か良い物を成功する


てこ ぶどう

てしぇら 内部変化

てでぃほ 宇宙空間

てにぇ 陽が落ちる、陽が出る

てび 傷、傷を作る

てべ それをつかって 接尾辞

てぼる やめる

てみこ 経過


ても 乳製品

てれく 7

とぶる 名詞

とるに tolni 帰属性 

とれさ 塩味


とほ 誰かに教える


なえど 思う、思い出



なうぼ 脚、あし

なぐを あける、欠伸

なごしぇ 現在

なすろ 協力、人力


なちぇ 食材の加工


なぼれ 落胆、がっかり感

なりほ 経験する、経験したこと
にきょ 無拘束

にたる 加算


にすれ 流れの


にど 音楽、曲


にご 性格

にるべ 甘い

にゃほ コミック、漫画

にぇく 竹馬

にぇす 動物などの肌

にぇひぐ 雨などが落ちる


にゅこふぇ 語彙数

にゅほ 精神的な注視

にゅぼ 息子、消息

にじゅ 雀

にる 一億

にをた ガラス製


ねう これもまた

ねく メロン

ねきぇ 流れの

ねご 地位、立地

ねしぇ およそ知的

ねは 【他動詞】愛する【自動詞】愛に目覚める
ねみゅく 8

ねめ くすり、薬品

ねふ 箱

ねべ 分ける

ねふぉ 近代

ねりぇ 油性

のしれ 代謝

のぜて 詩

のばれ 話をする

のび 解決

のるて 不良、不具合

のろ 際限


はいら 生き物
はいれ カードゲーム

はそ 肌着

はみょ 魚

はるめ かさなる


ひぇこる 窓

ひそ 匂う、嗅ぐ

ひにぇ 誰かの許可

ふぁなく 寝具

ふぁりご 整え


ふぁにぇて 作る

ふぃし 照、輝く、反射を含める

ふぁき ひらいた

ふぃらき 犬

ふぃれご 吐き気、不快なもの

ふぃろ そのときに 接尾辞


ふと 3

ふぇろ 蓄積、書籍

ふぇず 不要

ふぉけ 南

ふぉるご 冬


ふぉろく ありえないこと


ほうば 捨てるもの


ほこ かわいい名称 the suffix use for feminins
ほ かわいい名指し the suffix use after name of girls

ほぞ 成し得た

ほきりぇ 満足、しあわせ

ほるも 重さを計り

ほりきょ 注ぐ

ばきょす 洗濯機

ばそ 金銭

ばほじゃ 蛙

ばみぇら 語気

ばれ 自然などの環境に囲まれる


ばえんて たしかな、間投詞の確かに


びご 数字、整数

びざ 実行


びれいん 知り合い

へろき 部署

へみ 要点などを掴む

べこ 【他動詞】作る【自動詞】できる

べきょ 0



べきぇん 正解、正答

べせ 大切に
べちれむ 動作動詞

べすろ 嬉戯

べの 鼻


べりこ おみやげ



ぼうぇす 着せ替える、取り付け

ぼうぇら 烏


ぼき 頭

ぼれく 悪意、敵

ぼり 冗談


ぼるせ 一百


まちぇ 体力

まで 聞く、訪ね

まふぉ 社会的集まり


もにぇじ 筆記、書き置き


みと 反証

みとれ 息


みにれ 体内


みにょ 由来、誕生

みゃす 亜人種

みゅじ Myuzik ミュージック

みぇこ いのち、生存


みぇしゃず 代謝する


みぇる 持ち運び

みょき 線、電線

みょぜ 不要なものなどを剃る

みょるこ 内部肌





むしぇ 離れた

むぇね オフィス

めしゃく 4

めろく デッサン




もるこ 可笑しい

もると 調理器、マイクロウェーブ


や 直接目的語の接続詞


やこつ 三角形


ゆ 名詞に接続する動詞のための機能語

ゆの 鳩 鳥



よ 名詞に接続する動詞のための機能語


よふぉて 地理的連続

よれ 娘、発祥

よび 先祖、人


らど 跳躍


らめ 荷物、運ぶ


りふぇ 浴槽に浸かる


るご 馬、馬車


るせを 晩夏


れう 猫

れご そのばしょで 接尾辞
れじぇ 食料


ろじぇ 怪訝




わひる 耐える





をれ 何か悪いものを被る

ん べりと
右メニュー
**更新履歴
#recent(20)


&link_editmenu2(text=ここを編集)


プラグイン > 人気商品一覧
* 人気商品一覧
@wikiのwikiモードでは
#price_list(カテゴリ名)
と入力することで、あるカテゴリの売れ筋商品のリストを表示することができます。

カテゴリには以下のキーワードがご利用できます。
|キーワード|表示される内容|
|ps3|PlayStation3|
|ps2|PlayStation3|
|psp|PSP|
|wii|Wii|
|xbox|XBOX|
|nds|Nintendo DS|
|desctop-pc|デスクトップパソコン|
|note-pc|ノートパソコン|
|mp3player|デジタルオーディオプレイヤー|
|kaden|家電|
|aircon|エアコン|
|camera|カメラ|
|game-toy|ゲーム・おもちゃ全般|
|all|指定無し|

空白の場合はランダムな商品が表示されます。

※このプラグインは[[価格比較サイト@PRICE>>http://atprice.jp]]のデータを利用していま

す。

-----

たとえば、
#price_list(game-toy)
と入力すると以下のように表示されます。

ゲーム・おもちゃ全般の売れ筋商品
#price_list(game-toy)

ノートパソコンの売れ筋商品
#price_list(game-toy)

人気商品リスト
#price_list()

ジ一覧 (更新順)

ページは1つもありません。

haisha

ようこそ、yeeuogoriさん


yeuge

giodgorigiodro

ぶあらもか
2 : 名無しさん@3周年 : 2006/03/26(日) 10:26:32
>>MR.666
例えば英語しか知らないイギリス人もエスペラントを教えるべきではない。
ということか?ヨーロッパ人でもゲルマン系とロマンス系とスラブ系の言語を
知ってる人間じゃなければ教えてはだめだという理論にならないか?

3 : 名無しさん@3周年 : 2006/03/26(日) 11:41:36
>>2
教養あるイギリス人は必ずフランス語を知っているから、論理はわかる。
だから、教えてもよい。
でも、中欧スラヴ系教養人だとエスペラントの思考法がもっとよくわかる。
日本でも現代ロマンス語の仲介役として大学生に教える意義はあると思う。
しかし、日本のエスペラント関係者と接触をもってはいけないという助言には納得した。
他国語と表現法を比較して、「インテリぶる」という批判がでるのは
ここの板でしかありえない。ひまなときに多くの板で質問に答えているが初めて。

4 : 名無しさん@3周年 : 2006/03/26(日) 11:59:07
>>3
ほかの所でも、「その言語を学ぶ前に2言語以上知っていないと、学習は無理だ。
よってお前達の大部分が不適格者だ。まあ俺様は知ってるから学習する価値があるがな。

しかも学習というより読んで比較する程度だしな」
と言うのか?

5 : 名無しさん@3周年 : 2006/03/26(日) 13:11:04
>>3
自分が嫌われる理由が本当に何も分かってないんだな。他の言語と言語学的に
比較するのは良いんだよ。それだけで「インテリぶる」なんて言われる訳ない
でしょ。

問題は、「俺は色んな言語を知ってるからこういうことにも気がつくが、
お前らは知らないから気づかなかっただろう」というような書き方をする
から嫌われるんだ。分かってる?

他の言語をいくら知ってようと、エスペラントでは初心者なんだから、もっと
謙虚になろうよ。そして、他の言語での常識をエスペラントに当てはめない。
違う言語なんだから。

前スレ >>998
その答えは既に前スレ >>991 で予想済み。そう書いてくるだろうと思って
あえて >>991 を書いていたのに、それでも解説してくるとはね。そんな
ことは解説されなくても既に分かってるの。それを受けて >>991 を書いてる
んだから。

じゃあ、前スレ >>987 の「語順はこれで固定している」というのは何だったんだ。

6 : 名無しさん@3周年 : 2006/03/26(日) 13:20:12
エスペラント学習人口が一番多い国って日本なの?

ぶあるもあらこ
palori > paroli
これとkoleri、私も必ずと言って良いほど逆にしてしまうほど
よく間違えました(つーか今でも時々不安に)
ただ、両方とも不正解の方の語は無いので、たぶん真意は他国
の人にも通じるとは思いますが

中国の人は書いたエスペラントは、いかにも中国語風で「あぁ、
こんなんでもいーんだ」と安心させてくれます、ネット上で
ハケーンできるかは知りませんが
あと同じく中国の人のエスペラントの発音もやたら分かり易い
です、これはインターネットラジオか何かがどっかで聴けるはず
(中国語と韓国語もLとRを区別しないので、彼らもその苦労に
同情してくれるでせう)

まあ少なくともエスペラントは中国・韓国・日本間の国際語とし
て使えるぞ、とゆーことで(この3国中では中国が一番盛んなの
ではないかな)

383 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/12(水) 16:43:47
> 中国語と韓国語もLとRを区別しないので
ダウト

384 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/12(水) 18:17:41
>382
誤りの指摘、どうもありがとうございます。
手元にいい辞書がないのが問題のようです。
今度、都会の本屋で探してみます。



385 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/12(水) 22:10:24
>>383
北京語のRはエス語や英語等のRとは全然違うからねえ。
韓国語のLも独特だし。

386 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/13(木) 09:27:49
どうして国際補助語の話があんなにたくさんあるのか不思議だ?
要は英語を国際語とするかエsペラントを国際補助語にするかの
二者選択じゃないの?

387 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/13(木) 11:07:12
>>386
そんな単純な話になる訳がないよ。

まず、自然語の方だが、英語のみが国際語として機能しているわけではない。
国連でも英語、フランス語、スペイン語、ロシア語、中国語、アラビア語の
6言語が公用語であって、英語一つではない。日本では、アメリカの影響が
強いので「英語が国際語」と思っている(思わされてる?)だけ。実際は
公用語の一つに過ぎない。

で、人工語の方は、エスペラントが完璧によく出来た言語ならこれも意見が
統一されるかもしれないけど、そこまで出来がいい訳でもない。一部の信者は
別として、大抵の人は「他の言語よりマシ」という程度での支持が多いと思う。
だから、改良案みたいなのが乱立して統一されない。

388 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/13(木) 11:19:30
改良語はつね大衆からの不支持で失敗している。そこにESPERANTOの
保守性の良さがある。

389 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/13(木) 11:49:14
>エスペラントが完璧によく出来た言語ならこれも意見が
>統一されるかもしれないけど、そこまで出来がいい訳でもない

そんなにエスペラントが嫌なら、自分で国際補助語でも作れば?

390 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/13(木) 12:35:33
>>386 の質問に >>387 が答えただけなのに >>389 が見当違いの反応をしているね。

391 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/13(木) 13:22:57
母語同士でも誤爆は避けられないことの証だな。

392 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/13(木) 13:54:11
言葉はその人のものであり、人は言葉によりて生きるもの。

393 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/13(木) 14:14:06
言葉は神であった。(ヨハネ福音書)

394 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/13(木) 14:54:45
口に入るものは全て清いものとされた;
口からでるもの:悪口、ねたみ、嫉み(略)が人を汚すのである。

395 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/13(木) 14:56:16
よって、キリストは食事の前に手を洗う必要はないと言った。
って、ばっちーじゃん(w

tjnmni indik nuyi dew dea
396 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/13(木) 15:35:12
あなたたちの義がパリサイ人や律法学者のお義より勝っていなければ
天国へはいけない。

397 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/13(木) 17:55:13
>>386
英語とエスペラントの二者択一なんて間違い。
ノシロ語と英語とエスペラントの三択だと思う。

398 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/13(木) 18:33:07
篠沢教授のフラ語に全部!

399 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/13(木) 23:10:32
>397
はあ、あんた、ひょっとしておりこうさまですか?


400 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/13(木) 23:13:11
>395
聖書のどこかにそんな話があるのか?


401 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/13(木) 23:17:38
>>389
「完璧ではない」と言うと「そんなに嫌なら」ですか…。
きっと >>389 は完璧なものしか許せないんでしょうね。
>>389 にとってエスペラントは完璧ですか?

402 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/13(木) 23:45:12
>>386 の質問に >>387 が答えただけなのに >>389 が見当違いの反応をしているね。

403 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/13(木) 23:48:00
>>401
いやがらせなら国際大会のときでもまたーりやってくれ!
あんたみたいのを慇懃無礼というんだな。

404 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/14(金) 00:39:29
http://www.gakushuin.ac.jp/univ/let/fr/Jshinovie.html
篠沢 秀夫
所属学会 日本フランス語フランス文学会 文体論学会 記号学会 エスペラント学会

405 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/14(金) 08:41:43
ノシロが人工言語?笑わせてもろたよ。よくこんなの世に出せるなあという感じ。
俺の前に来ないでほしい

406 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/14(金) 09:09:16
>>405
「国際補助語?」と言って笑うのなら分かるが、人工言語なのは、
誰がどう見ても人工言語だよ。

407 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/14(金) 09:30:11
>>405
ヒント:ここはエスペラントのスレ

408 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/14(金) 10:10:55
>>400
丸子7:1~7:23を解釈すると、手を洗わなくていいという結論になると思われ。
(並行記事 真鯛15:1~15:20)

409 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/14(金) 11:46:47
ああ、手をあらわないで云々のお話か。聖書に弟子たちが手で麦を畑から食べているの
を見て特に何もいっていない。むしろパリサイの種に気をつけるよう戒めている。

410 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/14(金) 22:03:08
>>408
荒地・砂漠気候の中近東ならともかく
日本ではマジヤヴァいのでいたづらに
上っ面だけ見て真似ると逝けるかと

聖書世界では油で足洗ってたりするので
水は貴重か、あるいは逆に水の方が汚な
かったのかも(バイ菌が活性化するとか)

411 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/15(土) 08:43:19
ぞくぞくと罪人がヨハネのもと、洗礼をうけているが、やっぱり
不潔なのかねえ・・・

412 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/15(土) 08:56:00
水をぶどう酒に変えたりはしてるけどね。

413 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/15(土) 11:36:53
いまさら、こんなことを聞くのが恥ずかしいけどここのスレッドのそもそもの
目的って何ですか?

414 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/15(土) 11:54:21
運動問題がウザイので、純粋に言語問題をあつかうスレ。
聖書スレではない。

415 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/15(土) 12:09:03
了解しました。聖書ネタはもうやりません。失礼しました。

416 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/15(土) 13:52:07
FAQだろうがpatoroの対となるmatoroはどうしてないの?

417 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/15(土) 15:10:17
>>416
patoro > patro, cxu ne?
対語は従ってmatroですが、まったく無いというわけでは無く
たぶん一部に「みんなこれを使え!」と自身では使っている人
もいるかと思われます、西欧語起源なので初見でもたいていの
人には意味も推測可能とも思われますし(matriarko(女家長)
という語はあって、patriarko(家父長)と対を成してます)。
でも、一向に広まらないので辞書等に載らない、というのが
現状なのです。

おそらく、matroだと対的ニュアンスが消えて、まるで女が
1人だけで子を産み育てる、いわば無性生殖的ニュアンスが
生じてしまうためかもしれません、いずれ、欧米人には馴染
めない、日本人には理解し難い暗黙の何かがあるのでしょう、
こーゆー場合はたいてい。
mible siomot daga tadasisa ga uwanose bog janaikarana bible ko
biblioteccaw
sioko ttedake nauw
以上を踏まえて、それでもpatrinoは変だと思うなら、matro
を使うのはその人の自由です。あと一応、damo(貴婦人)と
ゆー語もありますが、日本語で「姫」と言うような妙なニュア
ンスが付随しそうな感じではあります。

418 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/15(土) 20:31:18
すみません。誤爆ばかりしてもうしわけありませんでした。
patro自体も綴り間違えてしまってごめんなさい。

でも、根幹に係わるような話は国際委員会などでは話題にならないのでしょうか?



419 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/16(日) 11:10:10
「母」という単語を付け加えたいなんて話が通れば、次は「姉」をって
ことになって収拾がつかなくなるからじゃないのかな。接尾辞 -in の
存在意義が下がるというか…。

私はそれより「左」という単語がないのが不自然に感じる。「上下」
「南北」「東西」などは全て別の単語になっているのに「左右」だけ
別の単語になってなくて、「左」は「反右」としか言いようがないのは
変だ。「上下」も mal- で表すというのなら、まだ統一感はあったが。

420 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/16(日) 11:31:09
mal- ってなんだか悪い意味の語という印象を受ける。
malignancy, malaria, malabsorption, grand mal...

421 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/16(日) 19:02:31
いろいろ要望はあるようですが、その要望を実現させるにはまずどうしたらいいんでしょ


か?

422 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/16(日) 21:19:14
今となっては人工国際補助語のEsperantoが最大手。他の改良案や新提案語は
大衆の保守性のため言語の運用に失敗している。

 よく聞く言葉にエスペラントはできが悪いとかきくが、それなら対案を
発表、普及に努めてから話をしようじゃないか? といいたい。


423 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/16(日) 21:21:08
idoとかノシロはいやよ。

424 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/16(日) 21:33:30
>>418
エスペラントの国際委員会(アカデミー)は、あくまで後付けの
承認機関であって、トップダウンにあれこれ指示することはあり
ません、つまり、一般使用者において、そうした変革よりも従来
通りの安定を好む人の方がまだまだ多い、ということでしょう。

この間たまたま英語版ウイキペディアのエスペラントの項を読ん
だら、アメリカではそうした語に強く批判的である一方、ドイツ
では逆に男女を区別しないアプローチをむしろ性差別的と感じる
よーです。
まあいずれ、黒人をニグロからブラックに呼び替えても、差別主
義者は一向に減らないよーなのと同様に、言葉だけ替えても当事
者の自己満足に終わってかえって真の改善を遅らせる要因にもな
りかねないし、大多数のエスペランティストは様子見、といった
あたりでしょー、たぶん

425 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/16(日) 21:43:10
>>419
エスペランティストはどうも、「不要な改良はしない方が良い」と
いう発想が主流なよーで、より自然な新語よりも不自然な旧語の方
をしばしば好む傾向が強くあります。新語は、だから、造語により
便利だと示すのが良いのではないかな、それが可能なら、ですが

>>420
どーもザメンホフは「万人に自然」な言語はとうに諦めて、「万人
に(等しく)不自然」な方を選んだよーです、malはラテン語源で
「否」のような意味があるので、ロマンス語話者にはエスペラント
のこれはひどく不自然に感じるとか

426 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/16(日) 21:59:33
>>421
まず自分が使いまくり、その便利さを内外にアピールするしか
ないでせう。エスペランティストはザメンホフの改良案すら否
決したほどの保守派志向ですから、もうそれ無しにはいられな
い、と言えるほどに便利でなおかつエスペラントの本質に馴染
むもの辺りがかろうじて可能性があるのではないかな

>>423
IDOは、アクセントのズレる例外規則がいきなり萎えますた、
ロマンス語話者にはその方が自然だそーですが
ノシロは語の意味範囲が言語によって異なることを知らない
らしいことが不思議です、作者の経歴を見る限りは
しかし、エスペラントもそんな彼らのことを笑ってはいられ
ません、あの膨大な語彙を整理圧縮しないと、ね

427 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/16(日) 22:49:01
>424-423
素人の私でも理解できる解説をどうもありがとうございました。
まずはESPERANTOの勉強に励みたいと思います。では失礼。

428 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/17(月) 11:57:44
>>426
> しかし、エスペラントもそんな彼らのことを笑ってはいられ
> ません、あの膨大な語彙を整理圧縮しないと、ね

具体的には、エスペラントのどういった語彙を、どういうふうに整理圧縮しようと
お考えなんでしょうか?

429 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/17(月) 15:34:54
>>428
私は、Plena Vortaroおよび新選エス日辞典にザッと目を通しました。
そこで気づいたのは、Akademia Vortaroまでの語はよく整理・本質
化されているのに、それ以外の語はまだ「生煮え」な感じが強くする、
とゆーことです。英語的であり過ぎたり、それらの由来である自然言
語の時の錯綜さをまだ強く残していたり、あるいは明らかにAkademia
Vortaroまでの語で十分に言い換えられるものであったり。
それらがあくまで実験的にのみ使われているならまだしも、エス何々
辞書が多くPIVの影響下にあるためか、現在非常に広範囲にかつ不用意
に使われてしまっています。
エスペラントが自然言語にとってかわる「世界語」を目指しているな
らまだしも、あくまで「国際(補助)語」であらんとするなら、かよ
うな語彙の無秩序な膨大化はベテランと初心者との間に無用な垣根を
作ってしまうものであり(例えばゲームがベテランプレイヤー向けに
進化した挙句初心者にやりづらくなるような)、好ましくありません。

実際、最もアクティブな英語系ベテランエスペランティストである
Auldさんは、「PIVの悪い影響で語彙が不用意に増え過ぎた、現在
6000語程度に抑えた辞書を作るプロジェクトを進行させている」と
語っており、これを問題視する人は少なくありません。
(続く)

430 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/17(月) 15:47:58
(続き)
さらにまた、私自身であれこれ研究した限り、Akademia Vortaroで
さえ、専門的過ぎて一般人には会得すること自体が苦痛であるのにお
そらくに一生使い道の無い語や、あるいはあまりに欧米圏に偏り過ぎ
た生物種名の選択等、改善の余地がなおあります(とは言え、それら
はあらかたフンダメントに属するので、置き換えでは無く新規追加、
さらには「新たなフンダメントの制定」という形でのみ改善が可能な
わけですが)。

専門語は選り分けて、専門家向けの共通辞書の形にし、さらには一般
人向けに普通の語での言い換えも用意されているとなお良いでしょう。

生物名は、さんざんウィキペディアで調べて痛感しましたが、国際語
としては現在のような属名では無く科名をこそ基本語とし、属名はそ
の合成語、種名はそれにさらに形容詞プラス、という形で導出される
べきです。

ちなみに私自身、最後のはともかく、専門的過ぎる語の選り分けや
Akademia Vortaro中の語での言い換えの作成に四苦八苦している最
中で、いつかそれらが成就した暁には、こうした状況はいくらかでも
改善されるかもしれません(ただ、できれば、私みたいな学習途上の
者では無く、ベテランな人々にこそやって欲しい作業ではある、と、
それが言いたいことなわけです)。

431 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/18(火) 09:19:48
>430
あまりな激務じゃないですか? 他に作業者を募って
グループ作業にはしないんですか?

kara Amiko

432 : 遺賢 : 2006/07/18(火) 11:23:10
アルカ lao,lae
patarino pataro

アルカ ao,ae
bona,malbona

433 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/18(火) 21:10:40
>>431
BROの分はもうほぼできていて、Akademia Vortaroの一部以外と
Plena Vortaroの語の、Akademia Vortaro中の語での再定義自体
も既にできています(さすがに意味の現象学的突き詰めは時間がか
かり過ぎるので、Plena Vortaroの定義中のそうでない語をAV中の
語に置き換えただけですが)。また、それらの中の、学名を要する
生物名と化学式で表現される化合物名(含む原子名)の分離一覧化
もほぼ完了しています(あと、Plena Vortaro中の植物名が半分ほ
ど残っているだけ)。なお、元々は初心者がReta Vortaroを使い
こなせるようになるための中埋めとして企図されたので(そこでは
Plena Vortaroレベルの語が定義中に当たり前に頻出します、
Plena Vortaroの定義をベースにブラッシュアップしたものなので
当然と言えば当然なのですが)、これ以外の例えばPIVの語まで
手を伸ばすつもりはハナからありません(コンピュータ関係の用語
だけは、それな用語集を読んだ上で簡単に一覧化しておきたいとは
思ってはいますが)。
それで残る作業は、Akademia VortaroおよびPlena Vortaroの語
を、とりあえずの再定義を元に、現象学的にその本質的意味を突き
詰めるだけなのですが、この作業ができる人はあまりいそうには
ありません(自力で例の類義語の三区分を見い出せるほどの人で
なければならないでしょう)。それで、時間はかかるでしょうが、
自身の学習の意味も込めて、最後まで1人でやるつもりです。

まだBRO部分を読み返していない等ミスも多いですが、もしよろ
しければどぞご参考下さい。
http://www.h7.dion.ne.jp/~samwyn/


434 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/18(火) 21:15:20
>>432
patrinamo, patramo, bonpatrineco, malbonpatrineco

エスペラントの語の「美しく無さ」「座りの悪さ」は、
合成語機能を最大限に発揮するためのものである、と
思うに至りますた
アルカはそのあたり、どーなんでしょう?(HP一応見
たけどよく分からなかったので)

435 : pedant ◆mN11BBDroY : 2006/07/18(火) 22:36:56
patrinamo, patramo, bonpatrineco, malbonpatrineco
arka:laotial,laetial,aolaoati,aelaoati
too many vowels

436 : pedant ◆mN11BBDroY : 2006/07/18(火) 23:14:34
>>434
Although compound words are in general use in both Arka and Esperanto, the latter has a

major difficulty giving its speakers expressions with flexibility and stability for lack of some

structural means as typified by "n-words" in Arka.

437 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/19(水) 21:22:13
>>435
母音の多さは、日本人には気になりませんが、欧米人はあまり好ま
無いよーですね
アクセントが第1音節、というのがちょっと不安かな、それが最後
の方にあるエスペラントでは、必然的にそこまでの音節を軽く速く
言うことになりますが、アルカだと後ろにいくほど軽く速くなるは
ずなので、文中での合成語の多用に難があるかもしれません(しか
し合成語を多用するドイツ語も第1音節がアクセントなので、何ら
かの解決方法はあるのかもしれませんが)

>>436
N対語はそちらのHPでも書いていたように発音ミスに弱いようです
が、書きミスにも弱いのではないかな(母音1つ書き間違えただけ
で正反対や別方向の意味になってしまいますから)

438 : pedant ◆mN11BBDroY : 2006/07/20(木) 02:05:41
>>437
ex.
foot/feet
goose/geese
singular/plural

No one gets confused by them.

You have a point there, however, there's a serious problem in Arka. The primary accent always

falls on the first syllable, while ablaut for "n-words" occurs in the last syllable. This imbalance

might increase misunderstandings.

439 : pedant ◆mN11BBDroY : 2006/07/20(木) 02:30:47
P.S.
You asked me how "n-words" are vulnerable to a slip of the pen, but I've not assessed the

influence of it yet and I suppose you have a couple of things to inquire of the Master.

440 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/20(木) 13:41:21
ノイロのWEBページ見て来たが全く理解不能。これが国際補助語になるとは考えられな




441 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/20(木) 14:06:35
>>440
ノイロじゃなくてノシロでしょ。
国際補助語なんて最初から目指してないからならないよ。
ノシロ語は国際補助語ではなくて国際言語。
英語に取って代わるはずだ。
ホームページ見てわかるように欧州連合とアジア連合の公用語になっているし。

442 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/20(木) 14:12:57
>441
確かにノイロとノシロを取り違えていました。誠にも申し訳ありません。
以後、注意しますのでご容赦ください。

443 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/20(木) 14:16:13
ノシロの作者ってお金があって、特別な能力を持った人なのでしょうか?

444 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/20(木) 16:14:32
>>442
間違えた罰としてノイロ語を作ること。

445 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/20(木) 18:49:19
>444
すいません、僕にはちょっとエきません。何とか勘弁して盛らないでしょうか?

446 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/20(木) 19:02:43
無理にノイロ語をやろうとするとストレスでノイローゼになるぞ。

447 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/20(木) 19:17:55
>>446
うまい!座布団一枚!!!
これが国際補助語になるとは考えられない

ルッスのWEBページ見て来たが全く理解不能。


448 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/20(木) 19:32:47
>>443
ノシロ語の作者の水田先生は著名な世界有数の言語学者風の方です。
ノシロ語がブレイクするのでお金はこれから入る予定です。


449 : 名無しさん@3周 : 2006/07/20(木) 19:44:37
水田博士がノシロ語で講義してるのを聴いてみたい。

450 : 名無しさん@3周 : 2006/07/20(木) 19:49:50
ノシロだけで頭脳全壊です。ノイロって自分でできれば発表するけど

今のところ、エスペラント以上の国際補助語には出会ったことはない。

451 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/20(木) 20:30:06
>>438
単複の差程度なら、本質的意味は同一なので、ミスっても文脈で分かるでしょー、たぶん
でも、もし英語でradが青、ridが黄色だったりしたら、
red shoes and a rad car, and also rid clothes
なんて文ではよほど神経を使わないと言いミスや書きミスが多発するのではないかな(特
に引用や模写される時)

あと、アクセント云々は長い合成語が文中で連続するような場合のことです。文自体にも


黙のアクセントがあって、例えば列挙では普通最後の語(表現)を強めに言い、逆にそれ


り前はすべてより弱めに言うので、ただでさえ弱い合成語の終りの方がことさらに弱くな


てしまいます(語の最初は自然な強さが加わるので、アクセント後置式ではこの問題は生


ません)

これらの傾向からすれば、アルカが広まるにつれ、N対語はよりミスしにくい別語に漸次


き換えられ、また合成語は、せっかくその機能はあってもあまり使われなくなるのでは、


思います。

書きミスについては、エスペラントで権威の1つとされるPlena Vortaroで、1/3~半分近


の定義に書きミスがあることを書いておきましょう。稀に数分にらめっこしないと分から


いミスもありましたが、大抵のミスはすぐに正しい形が分かりました(それでも、不安に

なっ
て本当にその語が無いかどうかチェックしましたが)。新規に学ぶ国際語にはミスが付き


ですが、「ミス耐性」自体は発案者が事前に自身で十分に使い込んでいれば見い出しカバ


可能ではあると思われます。エスペラント以外の国際語は大抵、そこまで使い込む前、思


付いた時点で慌てて発表されているように思われることが残念です(発表後の変更は学習


の意欲を大きく削ぐので、発表までの使い込み度がその新言語の拡がりを大きく左右する


と言っても過言では無いか、と)

452 : 名無しさん@3周 : 2006/07/20(木) 20:39:05
アルカという国際補助語があるのね。
学ぶ人が百万人を越えたら私も勉強する。

453 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/20(木) 22:28:14
ノツロって、書く/言う分には自国語の語順的で良くても、読む/聞くためには
1種と2種両方の語順をマスターしておかなくちゃならないんじゃ(機械翻訳で
の変換も、常にできるわけじゃ無いし)
どーせ両語順マスターするなら、どちらか片方だけに統一した方が労力が半分で
済むのだが(まあそれやるとノツロの一番の売りが消し飛ぶがな)

454 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/20(木) 22:55:31
SVO か SOV かなんて些細なことさ。
売りでもなければ負担にもならない。

455 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/20(木) 22:59:33
>>453
SVOでもSOVでもどっちでも良いから、自分にとって楽なほうでマスターして、
それから、もう一方の文型に慣れれば良いだろ。

単語を身につけるのが、いちばん大変だと思うんだが。

456 : pedant ◆mN11BBDroY : 2006/07/20(木) 22:59:40
>>451
Ah, now I've got your point. I agree with you on the possibility of "n-words" as a cause of

misunderstandings. Let them keep going, then. Nobody but they will know whether "n-words" like

"har" work properly or not.

Compound words that are too long, by the way, are not popular in Arka.
When I said to a moon,"tee,man tu et oefkomset", she didn't get me at all and was like "es "tee"

eyo?vain se it-in set kon kom sete?son passo"! And I was like "whad'ya mean by that?!" 8-(

Plena Vortaro! I didn't know there were so many errors in grammar. I'm afraid I can't detect

all of them.

457 : 名無しさん@3周 : 2006/07/20(木) 23:00:54
Sが主語 Vが動詞 Oが目的格でいいのかな?

458 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/20(木) 23:03:21
いいよ。

459 : 名無しさん@3周 : 2006/07/21(金) 08:32:40
普通の中学なら三年目に習うものをダメダメ教師のお蔭で高校で始めてしった俺


460 : 名無しさん@3周 : 2006/07/21(金) 08:34:29
英語帝国主義に侵されている俺にはSVOのほうが自然に思われる。

461 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/21(金) 10:38:52
自然言語に例を見ない語順は OVS だっけ?

462 : 名無しさん@3周 : 2006/07/21(金) 10:57:52
いや世界は広い。その語順OVSで語り合っている民族がいるかもしれないぞ。

463 : 名無しさん@3周 : 2006/07/21(金) 15:55:55
アルカのWEBページを見てきました。評価はちょっと・・・ノーコメント
百万人の人が学び始めたら勉強しようかな?
misundre stungdiung nante sfel kak nin site jomaneesuw dea
464 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/21(金) 17:17:54
百万という数をあげている点で果たしてWEBページを見てきましたと言えるかどうか。
エスペラントの秤で全てを考えてないかい?

465 : 名無しさん@3周 : 2006/07/21(金) 18:25:43
そうですが、何か問題でも?

466 : 名無しさん@3周 : 2006/07/21(金) 19:39:48
問題があるのか、ないのか、はっきりいってくださいよ。

467 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/21(金) 21:30:42
>>456
アルカ、閉鎖してしまいましたね、エスペラントの学習が完了した後に、IDOやその他
ともども本腰入れて読んでみようかと思っていたので、ちょと残念
まあ、N対語の解説を読んで、何となく階級性の強さが見え隠れしているな、とは感じ
ていたので、その系のトラブルに弱いんではないかな、とほんのちょっと不安に思って
はいたのですが(新言語では、エスペラントみたいに創始者がその権利を完全に放棄す
るとかしないと、必ずと言って良いほどその手のトラブルが生じます)
なお、単語の方はチェックしていなかったので、4~5行目はほとんど意味不明です、
あしからず

>Plena Vortaro
いえ、ミスが多いのは「語義の定義」であって、文法的ミスはさすがにほとんど見られ
ません(揺れも、「書き手の文体」の範囲内です、ちなみにPlena Vortaroの書き手は
少なくとも4人おり、名文とも言える鋭い定義を簡潔明快にする人、明らかに母語を直
訳していると思われる人、Plena Vortaro内で定義されていない語をビシバシ使う人(
さすがにこれには参りました。NPIVが無ければ解決できなかったでしょう)等、実に
「良い意味で群雄割拠」状態です)

468 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/21(金) 21:40:00
>>455
>単語を身につけるのが、いちばん大変だと思うんだが。
確かに。ノツロを完全マスターするには、世界中のすべての言語のすべての単語を
マスターせにゃならんからな
ところで、誰かノツロのアクセントを知らないか?

469 : ◆UOXJ7Oxg.I : 2006/07/22(土) 00:25:57
fatoo, sentant.

470 : 名無しさん@3周 : 2006/07/22(土) 14:18:32
純正のEsperantoという気がするけど、実はもっと洗練された国際補助語候補とか
ありますか?

471 : 名無しさん@3周 : 2006/07/22(土) 14:51:53
ヴォラピュクは作者本人がしゃべれないという結果を聞いているが、
esperantoもそうだったらいやだな。

無論、歴史上は全く違うけれどね。

472 : 名無しさん@3周 : 2006/07/22(土) 15:05:46
次から次から出てくる国際補助語案。決定版は出ないのかな?

473 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/22(土) 16:18:42
英語

474 : 名無しさん@3周 : 2006/07/22(土) 16:28:09
英語よりスペイン語話者が多いという現実をどうする。
蛇足だが民族語が国際補助語となるのは好ましくない、というザメンホフの
考え方は正しいと思う。

475 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/22(土) 19:17:29
誰か孤立語でASCII表記のやつ作れ。

476 : 名無しさん@3周 : 2006/07/23(日) 09:31:36
アルファベットと漢字は人類が作成した最大の文化物だと思う。

477 : 名無しさん@3周 : 2006/07/23(日) 10:08:12
しかし、アルファベットの覚えやすさ、反面、漢字の習得の困難さ。
どちらを選ぶといわれたら私はアルファベットを選ぶ。

478 : 名無しさん@3周 : 2006/07/23(日) 13:41:35
目印言語として「止めれ」「すすめ」とか日常的な事柄を作成していってる(?)
かも知れないね。

479 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/23(日) 16:13:35
アルファベット系も語幹見慣れて来ると漢字と一発認識性大して変わらなくなるよ

特に合成語が規則的で多用されるエスペラントだとなおさら
(英語は無関係な多義性が強過ぎて見慣れづらいかも、あと語幹が変化しちゃう
言語も)

そーなると音表記が不確かな漢字はいくらか不便

480 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/23(日) 16:24:40
話し言葉では表意文字の利点は低減するしね。
それでも完全になくなるわけではないけど。

481 : 名無しさん@3周 : 2006/07/23(日) 19:00:30
>479-480
素人が深い考えもなく意見を出してしまいました.ご容赦ください。

482 : 名無しさん@3周 : 2006/07/24(月) 16:14:51
実に小さな質問ですが、このスレでは何かの生成を図っているんですか?
本当にくだらない質問でした。

483 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/29(土) 00:43:35
>>482
エスペラントへ純情無知な日本の青少年を引きずり込むアリ地獄の生成を図っています。

484 : 名無しさん@3周 : 2006/07/29(土) 09:03:59
483はスルーしてください。本人じゃありませんから。

485 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/29(土) 20:10:26
素朴な質問なんですが、
エスペラントを勉強する意味はなんですか?
実用ではなく知的好奇心のみですか?
そういう意味では、ラテン語を勉強するのと同じなのでしょうか?

486 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/29(土) 20:48:01
ラテン語よりは実用的かも知れない。

487 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/29(土) 20:59:27
本講座では人工言語開発史における第1期の代表言語であるエスペラントを
概観し、その特徴と問題点を学びます。

人工言語エスペラントはプログラミング言語でいえばFORTRANに当たり、
広く実用に供された最初の言語です。設計思想が古いため今日では
特定の応用分野を除いてほとんど使用されていませんが、その後の
人工言語の開発に大きな影響を残しました。

488 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/29(土) 21:01:22
>>485
エスペラントをやってる人間を観察すると、いろいろと勉強になる。

489 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/29(土) 21:09:58
>>486
ビミョーですねー
欧米の学名は基本ラテン語(といくらかギリシア語)ですし、現代文学は無くても
古典文学なら今なおエスペラント以上にあるし

ただ、ラテン語は各国が勝手な発音をしている(学名でさえ最低2通りあります)
むろん文法も、欧米人ですら挫折する人が少なく無いのを見れば、やはり明らかに
エスペラントに分があります(ギリシア語は論外;動詞の変化形が1000近くあ
る言語をこそやりたい、というなら止めはしませんが)

私自身の経験で言えば、エスペラントを学ぶことは「仕組み」を学ぶことに等しい
と思われます、言語自体の「仕組み」もありますが、コミュニケーションの何たる
かという「仕組み」も、エスペラントだと文法や語法にあまり煩わされずにより深
く集中できます;むろんその代わり、単なるパズルとして文法や語法を学びたい人
には、やはり簡単過ぎるでしょー(定型や用例の模倣に終始しない、積み木ブロッ
クのような独創性を発揮できる類のパズルなら逆にエスペラントこそが最適解です
が)

一番良いのは、意味や意義がどーとか言う前に、自身で16条文法と500語程度
の単語(BRO1-6と呼ばれる語群辺りが適切)をいわば「試食」してみることです
(ただしこの範疇でも「使いこなす」ことには奥がありません、この意味で、英語
を将棋とすればエスペラントは囲碁の如し、です、ちなみにギリシア語は本物の戦
争、ラテン語はウォーゲームぐらいの難しさになるのでしょーか)

490 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/29(土) 21:31:57
>>487
FORTRANはLisp、Forthと並んで今でも全然現役なんですが(Cでもカバーしきれない
超高速演算は、例えばゲームの画像処理用ライブラリとか、Linuxでは今でも一部は
FORTRANで記述されてるし(GNU CコンパイラセットにはFORTRANコンパイラも
デフォルトで用意されているし))

興味深いのは、むしろ、第2世代以降の言語が、CとAdaとスクリプト言語を除いて
ほとんど全滅してることの方かな(Adaは米国防省御用達言語のためで、一般には
ほとんど使われてないけど)

それと、エスペラントはむしろLisp辺りに呼応させるのが適当ではないかな
FORTRANはボラピュク、Forthはベーシック・イングリッシュ辺りとゆーことで
(語や文の短かさではボラピュクが今だ一番か、と;人用言語ではほとんど無意
味な長所ですが)
でCが英語ってことで

491 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/29(土) 21:44:20
>>490
そーそー、BASICとJavaを忘れていますた
でも、これらも「特定の応用分野」に偏ってるけど
(BASICはデータベースのインターフェース作成用、
JavaはWEBアプリ作成用)
ちなみに、LispはEmacsはもちろんLinuxの日本語入
力があらかたこれで記述されてて、Forthは有名どこ
ろでは旧MacのROMモニタ(爆弾が出た後、たまに移行
できるデバッガモード)がそれで記述されてた、とか

492 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/29(土) 23:52:01
エスペラントは通用する範囲がモザイクや水玉に例えられると思う。
一方アイスランド語はどこでも通用しない可能性が高いが、唯一アイスランドではほぼ全

ての人に通用する。

493 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/30(日) 12:54:38
>>492
現状では、事前に当地のエスペラント団体に連絡をつけて、案内や通訳の支援を
依頼する、という方法論になっています。エスペラントの同志、ということで、
一般にはボランティア的な無料支援がある程度は期待できるようです(ホテルが
取れなかったらその人の家に泊めてくれた、という話もよく聞きます)

最低でも、現地のエスペラント組織の場所などを事前に調べておけば、困った時
にはそこを訪ねれば暖かい歓待とある程度の支援が期待できるでしょう、その意
味では、エスペラント組織は全世界普遍の市民大使館のようなものです。

なおちなみに、アイスランド語は中世ノルウェー語の派生言語なので、方言間程
度の通用性で良いなら意外と通用範囲は広いように思われますが(スカンジナビ
ア3国間の諸語も互いに同程度でなら通じるようですし)。

494 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/30(日) 13:34:15
諾瑞丁と氷とは違い過ぎるよ。
氷諾どちらも知っていれば類似性には気付くだろうけど疎通は無理じゃないかな。

495 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/30(日) 14:49:19
事前にエスペラント団体の支援を頼まないとまともに通じないなんて、
それじゃ実用性は0だなあ。
準備なしに日本にやってきた外国人が道行く人々に手当たり次第に
Cxu vi parolas Esperanton?って尋ねて、1000人目でようやく
エスペランティストに出会えたってしょうがないよ。
確かに、アイスランド語で手当たり次第にAfsakið, talarðu íslensku?って
尋ねて通じる確率よりは高いかもしれないけど。

496 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/30(日) 15:45:43
反日運動をやっている人たちの間では、ものすごく役に立ってるみたいです。

【護憲勢力の正体を現す】エスペラント運動・8
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gogaku/1146985480/l50

ぶらもあらか
322 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/06(木) 07:44:22
「読んで」という辺りが、民族語教育の大切さと、
同時に世界共通語エスペラントの授業の早い時期の導入が(ry

323 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/06(木) 08:01:04
エスペラントで学んだこと。

イタリア語とスペイン語が良く似ていること。

これなら欧州語が母語の人にはエスペラントは学びやすいはずだということ。


324 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/06(木) 08:34:27
>>323
世界中で英語教育を一切やめて外国語はエスペラントにすべて切り替えたとしたら、
日本やアジアの子供たちは6年間でどれくらい話せるようになるんだろうか。
まあ、発音と綴りは一致してるから、英語みたいに文盲な生徒は生まれないだろうけど…

複数形と冠詞辺りで落ちこぼれが生まれ、
前置詞でふるいにかけられ、
関係詞でエリートだけが残っていく希ガス

325 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/06(木) 08:36:03
エスペラント初心者です。

今、入手しやすく、初心者向けの入門書を教えてください。m(__)m

326 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/06(木) 08:38:42
>>324
まずはエスペラントの教育講座をNHKに放送させるのが第一歩
でしょう。

327 : 324 : 2006/07/06(木) 08:46:38
追加:ちなみにEU諸国の子供たちは文法事項、すべてクリアね。


>>325
ttp://www.jei.or.jp/katalogo/katalogox/n020101.html

328 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/06(木) 09:23:41
>>327
ポインターをどうもありがとうございました。

>>324
追伸:欧州の子どもたちは接続法で死んでいると思う。根拠ないけど。

329 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/06(木) 10:29:12
インド・ヨーロッパ語族でない日本人だがイギリス語を教育されるより
よりエスペラントを消防に教えた方がいいと思う。

330 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/06(木) 10:52:48
>>324
日本人が英語を話せないというのは、別に文法で脱落しているからではなく、
会話練習不足と、ネイティブとの壁のせいでしょ?

エスペラント文法は英語よりは簡単だから、その分の時間を会話練習に当て
れば、あとはネイティブとの壁はないから、そこそこ行くとは思うけどね。
まあ、その前に「英語教育一切やめてエスペラントに」なんて仮定が
あり得ないけど。w

>>325
やっぱり、「CDエクスプレス エスペラント語」と「エスペラント小辞典」の
2冊を買うのがお勧めだと思う。大きな書店にはあるし、amazonでも買える。

331 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/06(木) 11:09:21
>>330
実は二つとも自宅にあります。今は病気療養中なので実家にいます。
ありがとうございました。




332 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/06(木) 11:41:02
エスペラント日本語辞典も買うべし。今なら5,250円

333 : 324 : 2006/07/06(木) 11:41:18
確かに「英語教育一切やめてエスペラントに」という仮定はあり得ないんだけどねw
でも、万一、エスペラントの方針にすると、ネイティヴが存在しないから、
現在のALT(最悪の場合、白人なら英語ネイティヴじゃなくても雇わている外国人英語

教師)にかけている人件費は抑えられるだろうな。

まあ、子供にとっては、「外人」教師と話すワクワク感はなくなるけど。もっとも、これ

から、もっと「外人」が増えるだろうから、珍しくも何ともなくなるか。

ところで、エスペランチストの皆さんに質問しますが、
万が一、世界のエスペラント教育が盛んになったとき、外人が日本で働く場合、慣れるま

では別として、彼らは日本語を話すべきだと考えますか?それとも永遠に、こっちも向こ

うもエスペラントで話すべきだとお考えですか?


334 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/06(木) 12:32:11
>>333
日本で働くなら日本人に合わせて日本語を話すべき。
給料貰うんなら甘えてちゃだめだよ。
それ以外ならばエスペラントで通しても構わないと思う。
資産家で働く必要はないけど日本に定住している場合は場面に応じてよしなに。

335 : 333 : 2006/07/06(木) 14:07:43
>>334
ありがとうございます。
では、世界に2千人ほどいるといわれる「エスペラント・ネイティヴ」の人たちの親って

、どういうつもりなんでしょうね。
だって、一緒に暮らすってことは、どちらかの国で働いて暮らしているわけですよね?じ

ゃあ、相手にもそこの言葉(公用語)を習得してもらわないといけないのでは??

(仮に)エスペラントが重要とされる世の中だとすれば、子供の頃からのエスペラントを

話すネイティヴ・エスペランチストはこの上なく有利ですね。
世界に通用する論文を書くにも有利で、就職にも有利で…。

最終的には、橋渡し言語じゃなく、みんなの母語になりそう(まあ、このままでは世界中

、英語有利⇒英語国になるのは時間の問題だけど)

世界の言語が早いうちに英語にまとまるか、あるいは、時間をかけてエスペラントになる

かの違いってこと?

336 : 334 : 2006/07/06(木) 15:16:56
>>335
エスペラントが母語の人は結局もう一つ別の言葉を習得する必要に迫られるでしょう。
エスペラントが共通語になっている町や村でもあるならば一生エスペラントだけで生活す

ることも可能でしょうけど。
エスペラントが共通語になっている町や村でもあるならば一生エスペラントだけで生活す

ることも可能でしょうけど。
エスペラントがどんなに重要になっても周囲の人々の母語が別の言葉ならば生活に支障を

来たすと思います。
日本で英語しか話せない人を想像してみれば有利不利以前に日常生活が成り立たないこと

が理解できるはずです。
では極論としてエスペラントが世界中の人の母語になったとしたら、それならばエスペラ

ントだけで問題なく生活できます。
もう一つの可能性として、母語ではないけれど世界の共通語になり論文やビジネスはエス

ペラントを使用する場合はどうでしょうか。
このような世界は米国のヒスパニック系住人と英語との関係に近いものだと考えられます


小学校くらいでバイリンガルになる人が多数いるものと思われます。
そのコミュニティーで英語を話す幼児はどのような扱いを受けるでしょうか。
近所の同年代の子供と遊ぶときに疎通は可能でしょうか。
私はそのような状況は好ましくないと思います。
結局は日常生活を営むことができる範囲内の他の人と同じ言葉を母語とすることが現実的

で望ましいと思います。
「エスペラント・ネイティヴ」を育てる親にはそれなりの理想や信念があると思いますが

果たしてコミュニティーに受け入れてもらえるかどうか気になるところです。

337 : 335 : 2006/07/06(木) 16:55:51
>>336
>日本で英語しか話せない人を想像してみれば有利不利以前に日常生活が成り立たないこ

とが理解できるはずです。

エスペランティストの方々は、それが生活できるようになりつつある現代日本を危惧して

、エスペラントを広めているものと思っておりましたが…

>このような世界は米国の…
>私はそのような状況は好ましくないと思います。

の例の意味が、私が馬鹿だからよく分からないのですが、ご説明いただけませんか?
だから、近所の同年代の子供たちは英語でもなくスペイン語でもないエスペラントで意思

疎通をする社会が理想だということなのですか??

338 : 334 : 2006/07/06(木) 19:08:15
>>337
英語しかできなくても日本で日常生活に支障を来たさないなら、それで良いと思います。
「それが生活できるようになりつつある現代日本を危惧して」について、何を危惧するこ

とがあるのかよくわかりません。
英語を母語とする人が有利になることを危惧しているのならば、それなら「エスペラント

・ネイティヴ」の代わりに「イングリッシュ・ネイティヴ」を育てれば済むこと。
私ならば英語でもエスペラントでも日本語以外の言葉が優勢になることで日本語が廃れる

ことを危惧します。

ヒスパニックと英語の例は、つまり、周囲の子がスペイン語なのに一人だけ英語では仲間

はずれにならないか心配だ、ということです。
「エスペラント・ネイティヴ」の場合も同様で、エスペラントしか解さない子が家の外に

出て家族以外の人と接した時に果たして疎通を取ることができるのか懸念されます。

最後にもう一つ別の観点から。
日本でもエスペラントで何不自由なく生活できるようになったとして、エスペラントだけ

で安全かというとやはり疑わしい。
防犯上の理由からも、その土地の言葉は理解できた方がいい。

339 : 337 : 2006/07/06(木) 19:32:30
>>338
分かりにくくて、すみまそん。私は、
「世界的にも英語を母語とする人が様々な分野で有利で、現代日本では英語だけでも生活

できるようになりつつある」ということをいいたかったのです。
したがって、私も「英語でもエスペラントでも日本語以外の言葉が優勢になることで日本

語が廃れることを危惧します」に、賛成ですぅ

今の段階では、現実問題として英語がその力を発揮しそうで心配。それでエスペラントの

方は、>>335で述べたとおり、当分は心配ないだろうけれど、究極的にはどの民族語よりも

優性になる時代が来るのでしょうね。

340 : 339 : 2006/07/06(木) 19:34:07
優性⇒優勢

341 : 334 : 2006/07/06(木) 20:06:50
世の中は奇麗事を言う人はいても所詮は弱肉強食なわけで、大国強国には勝てないわけで

すよ。
言葉も例外ではなく強い言葉が優勢になるのは避けられません。
それを快く思わない人も当然いるでしょうけど誰も抗うことはできないでしょう。
逆に、自分が何か外国語を学ぶ場合にどういう基準でどの言葉を選ぶか考えてみてくださ

い。
多くの人は「使える言葉」を選ぶはずです。
中国語は話者人口が多い、スペイン語は公用語としている国が多い、などなど、誰でも優

勢な言葉を好むはずです。
誰かが自分より有利になることを嫌う一方で、自分も有利な集団に加わりたいと思うのは

当然のことだと思います。

さて、では本当に英語ができないと不利かというと、そうでもないと思うのです。
日本語しかできなくても資本力があれば通訳を雇うことができます。
また、英語ができるからと言って必ずしも有利になれるとは限りません。
英語と無縁な職業もたくさんあります。
>>336のエスペラント村の例えにしても同じことが言えます。
一部の外交や貿易を担当する人以外はエスペラントしかできなくても良いのです。
アメリカ中心、英語中心の世界になったとしても急に日本語を忘れる必要はないはずです



342 : 340 : 2006/07/06(木) 20:49:59
>>341
341さんは、どうしてエスペラントを選んだのですか?個人的な理由とかでしたら結構で

すが、お答えできる範囲で。
感動したら、私もやってみますw

343 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/06(木) 21:54:37
>>317
自己訂正
severa、striktaと組になるべき類義語はrigidaでは無く
rigoraであるべきでせう

ちなみに
severa financo: 自分にとって厳しい財政状況
strikta financo: 数字的に切り詰めた財政状況
rigora financo: 懲罰的に深刻な財政状況
と言ったニュアンスの違いになります
(rigida financoなら「融通の利かない硬直した
財政状況」です)

344 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/06(木) 22:14:47
エスペラントの最大の長所は、エラーに対する敏感さが養われ、
もって言語の使い方が自ずと鍛錬できる点にあると思います。
むろん、英語や日本語でもそれはできますが、独習的鍛錬性で
はやはりエスペラントが現状ズバ抜けているか、と。

であるなら、エスペラントの位置すべきは、日常語というより
は、例えば日本語における漢文、ヨーロッパ語におけるラテン
語のような「模範語」、すなわち自国語をより良く鍛えかつ他
の諸外国語との橋渡しともなれるような「モデル言語」でこそ
第1にあるべきでしょう。

エスペラント母語者は、たいてい「一応エスペラントも使える
が、日常語としては父母のどちらかの言語を使」っているよう
です、いずれ、エスペラント界で母語者の大活躍という話は聞
いたことがありません。おそらく、真にエスペラントを使いこ
なすには、本来の母語とエスペラントとの間の葛藤的学習こそ
が重要であり、つまりエスペラントは元来後天的学習向けにこ
そ特化された「非日常的モデル言語」としてこそやはりその本
領を存分に発揮する、ということではないかと思います。

345 : 334 : 2006/07/06(木) 22:19:52
>>342
語学オタの興味本位です。
エスペラントは有名だけど人工語だしどこの公用語でもないのであまりやる気はなかった

んですよ。
エスペラントよりも使える言葉はたくさんあるし、エスペラントよりも興味のある言葉も

いくつかありました。
更にヨーロッパの言葉をいくつか知っているとなんとなく意味もわかるのでわざわざ勉強

しなくてもいいかなとも思っていました。
でも、なんとなくわかる語はあっても正確な意味はわからないわけで、その中途半端な状

態が気持ち悪かったんですよ。
それでまとまった金額のアマゾンのギフト券が手に入ったのでエクスプレスをいくつかま

とめ買いして、その中にエスペラントもあったと。
当初の目標は2chの書き込みは理解できるようになることでした。
エスペラントのスレを読んでいて所々はわかるけどはっきりとはわからないようなもどか

しい思いをしなくても済むようになりたかったので。
教材にエクスプレスを選んだのは CD が付いていたからです。
ネイティブがいない人工言語の音声教材とはどのようなものか興味深かったので。
でも実は二千人もネイティブがいるんですね。知らなかったなあ。
同じ理由からラテン語のエクスプレスも持っています。こちらはドイツ語なまりでアレで

したが。
それから前スレの666さんがあまりに褒めるので、それに感化されたというのもありま

す。
人工言語も多々ありますが、その中でも突出して支持を得ている稀有な言葉なのだから、

少しは知ってみたいと思っても不思議ではないでしょ。
私は普及に力を入れていない不良エスペランチストだけど、同好の士が増えることはやぶ

さかではありませんよ。

346 : 342 : 2006/07/06(木) 22:40:00
>>344
かっこいい説明ですね。
「非日常的モデル言語」ですから、「Fuku vin!」とか言う言葉も必要なさそうですね。

>>345
感動した!

347 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/07(金) 07:22:34
http://www.helsinki.fi/~jslindst/denask-l.html
DENASK-L
Esperanto kiel denaska kaj familia lingvo

348 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/07(金) 09:02:41
>346
ドイツ語だと「Ficken sich」だと思われる。

349 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/07(金) 15:41:54
>>346
Fuku vin! : ヒバマタ(褐藻)を着用せよ!
エスペラントではFek!(日本語と同じ「糞!」)の方が
普通かと
英語のFuckin'的使い方なら-acx-をそこ強調付きまたは
-acxeg-で

350 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/07(金) 21:30:07
>>344

>>独習的鍛錬性ではやはりエスペラントが現状ズバ抜けているか、と。
根拠は?どうしてエスペラントがラテン語や漢文よりも「独習的鍛錬性」
という観点で優れているの?

>>エスペラントの最大の長所は、エラーに対する敏感さが養われ
別にエスペラントでなくてもいいんじゃない?

>>元来後天的学習向けにこそ特化された「非日常的モデル言語」
うーん。でもさ、「非日常的モデル言語」と形容するのと全く同じだけの
正当性をもって「ロマンス語の一亜種に過ぎない」との形容も可能だと思うけど。
要するに、ロマンス語話者にとっては文法的にも語彙的にも決して
「非日常的」ではないということ。日本語や中国語話者にとって
非日常的であるのは疑いようのない事実だけど。

例えば

>>318
esti en bona aux
malbona stato, precipe pri la korpo
これなんか、ロマンス語話者にとってはほとんど母語だよ。

351 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/07(金) 21:53:24
当時の世界状況を考えると日本とタイと中華民国のみが独立国家で
あとは皆、欧米の植民地だったこと。

独立国であり帝国主義国でもある欧米で使用されなければならない、
と考えるのは至極当然のことで、それををやろうとしたのがESPERANTOだと思う。

352 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/07(金) 22:12:54
>当時の世界状況を考えると日本とタイと中華民国のみが独立国家で
>あとは皆、欧米の植民地だったこと。

>>251
とあわせて読むと興味深い

353 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/08(土) 08:28:33
完全に中立で学びやすくはできない。だからザメンホフは欧州中心の人工言語
をまず作ったということだ。

354 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/08(土) 11:12:59
>>350

>>ラテン語や漢文よりも
現代語の簡易さとそれら古典語の規範性を同時に兼ね備えているから、
かな。「かな」と言うのは、これは理論的帰結だからでは無く、私自身
の経験によって自ずと気づくに至ったことだからです。
エスペラントでは、ミスるとまず拭い難い違和感が生じ、そして他人の
目になって何度か自身の文章を読み直すと、どこをどうミスり、どう直
せば良いのかが自ずと了解されてきます。エスペラントのミスり易さは
有名だと思いますが、逆に私は、以上から、エスペラントはむしろわざ
とミスり易いように作られているのではないか、と思うに至りました、
つまり、ザメンホフは古典語を学習する意義をかく捉え、その意義に集
中せしめる形で「古典語のより合理的代用品としての」人工語としてエ
スペラントを設計したのではないか、ということです。
だとすれば、他の人工言語はもちろん、自然言語の現代化の過程でも見
られる「より簡易に、よりお気楽に」という方向性は明らかにエスペラ
ントのそうした指向とは逆方向を目指すものであり、そうであるならば
それらにはエスペラントのような「古典語代用可能品質」はハナから期
待できないことになります。そのような言語でそれを実現するには、特
別な心構え、特別な方法論が不可欠であり、これが「他言語でもできな
くは無いが、エスペラントのように自然に無意識のうちにそれができて
しまうわけでは無い」であろうと見なす根拠です。

>>ロマンス語の一亜種
むしろ、ロマンス語話者の間にこそ、エスペラントに対する拭い難い違
和感が非常にしばしば報告されていることはご存知でしょうか。つまり
彼らにとって、エスペラントは一見ロマンス語に似ているがその実体は
非なるもの、なのであり、そしてそれがそうした違和感の正体ではない
かと私は推します。
(続く)


355 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/08(土) 11:21:59
(続きますた)
>>ほとんど母語
エスペラントの語の意味範囲は、しばしばロマンス語はもちろん、どの
ヨーロッパ語とも異なっている場合が多いのですが、これはエスペラン
トが最低でも全ヨーロッパ語の最大公約数的意味のみに限定することを
良しとするためでしょう。一見ほとんど母語だが、厳密には異なる、こ
れはむしろ一番厄介な形です、実際、ヨーロッパ語話者でもけっこう頻
繁にミスっているのを私はよく見かけます(極端な話、例えばPlena
Vortaroという最初期の権威的エスーエス辞書でも、その語定義文の半
分近くにもミスが見られたりします)。
日本語話者に分かり易い例をあげれば、例えば「関東」。これは日本語
では東京とその周辺の地域ですが、中国語では満州のことになります
(少なくとも太平洋戦争中は)。もし両者の中間を取って、共通語語彙
として「関東=険しい山脈の東の広い平地」と定義したら、それは結局
日本語話者にとっても中国語話者にとっても違和感バリバリの使いづら
い語になりはしないでしょうか(九州の関東地域で云々とか上海の関東
地域で云々とか、そんな使われ方を心良く受け入れられるでしょうか)。


356 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/08(土) 11:24:02
>>353
エスペラントが登場する頃には、既に中国語とアラビア語は書き文字限
定でとはいえけっこう広範囲な地域国際語として普及しており、また他
の地域も大英帝国の躍進によって英語が急速に普及しつつありました。
つまり、ザメンホフにとっては、「まず欧州中心」では無く逆に、欧州
における共通語確立の遅れを逆手に取ってそれらを超えた真の共通語を
こそ作る、という意識があったのではないかと思われます(彼の、当時
既に準国際語として躍進しつつあった英語への、敬意と見下しの半ばす
苦情が殺到するほど間違えまくっており、それを彼はあたかも「だから
英語ではダメなのだ」と言わんばかりの態度で切り捨てています)。つ
まり、ザメンホフはハナから完全中立なしかし結局馴れ合いにしかなら
ない言語でお茶を濁すつもりは毛頭無く、むしろ革新的にして原理的な、
人間の言語活動そのものを根底から刷新するような言語をこそ作ろうと
していた、のではないかと私は推します。そしてそうであれば、言語が
機能的に最も複雑精緻でそれでいて精密なヨーロッパ諸語(これは、ヨー
ロッパでは長い間統一政権が確立されず、諸国諸民族入り乱れて切磋琢
磨せざるを得なかったことが大きい、と私は見ます)をこそベースとす
るのはむしろ必然であったことになるでしょう(例えば格のような、む
しろ世界中の言語に普遍的に見られる要素を削って、未来形や関係詞等
ヨーロッパ諸語にほとんど固有ともいえる要素を中心に持って来ている
辺りが却って1つの証左になるか、と)。
いずれ、この頃のヨーロッパは、英国の躍進を横目に諸国が果て無き争
いに互いを削り合う、という、ちょうど今の日本のような暗澹たる状況
であった有り様で、その中で東欧の一ユダヤ人として迫害の危機を受け
止めながらその不安と怒りを人工語という理想に昇華せしめたザメンホ
フのヨーロッパ観は、今の日本で一般的な牧歌的、天国的、特権的なそ
れとは同じではあり得なかったであろう、とは私は思います。


357 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/08(土) 12:27:48
蛇、長すぎる

358 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/08(土) 16:21:50
趣味としての存在価値はあるが
人間と人間がコミュニケーションを取るという目的は果たせないのがエスペラント。
お互いにエスペラントの通訳をつけても意思はつたわりにくいだろう。
ネイティブの意味を超拡大解釈して2000人いるという詭弁を言う人がいるが
テレビ、ラジオ、近くの本屋、近くの学校、住んでいる町、国の言語がエスペラントとい

う環境で育ったネイティブはいない。
これだけ普及しなかったのだから考えそのものが間違っていたといえる。
どこかの国家の支持を得られないならこれ以上、国際語とか国際補助語としての価値を議

論することは無駄。
孤独にエスペラント訳の小説を読むぐらいしか使い道がない。
対人間の会話なんて永遠にできない。
大物の意見ならともかく2chの人間の政治的意見などどうでもいいよ。
一般的な政治的意見でいえば
エスペラントなんて必要ないのさ
英語が嫌いとかいったって誰もアメリカを倒せないし、
ビルを二つ飛行機でぶつけたって国は崩壊しなかったし。

359 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/08(土) 16:35:03
>>358
エスペラントがそんなに気に食わないのなら
ここに来るなよ。目障りなんだよ。

360 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/08(土) 17:12:13
359だが、エスペラントを何かのカルトと間違えてはいないか? アメリカの地球支配も
いつまで続くものやら・・・

361 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/08(土) 17:12:57
>>358
キミは英語をやっとりなさい。
エスペラントを押しつけたりはしないから。

362 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/08(土) 17:44:09
英語はもういいよ、ありがとう。
英語を使ったのは英語の技術用語を調べたくらい。


363 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/08(土) 18:02:14
ウィキペディア「エスペラント」のパロディ記事をアンサイクロペディアに創ったんだが

、まだまだ電波度が足りない。
ひまだったら、編集してえげつない電波な記事に育ててほしい。
http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%9A

%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%88

364 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/08(土) 18:45:08
>363
あんた馬鹿あ?

365 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/08(土) 18:55:23
あんまりおもしろくない

366 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/08(土) 19:19:13
>>363
>あんたらの了見、しっかりと見せてもらった。
口を閉じて黙っていろ。ここには二度と来るな。

367 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/09(日) 09:59:55
虫、無視、無視、無視 ムシムシ大行進
hebi yobawariw dabun tyoobunsi kraw dre
368 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/09(日) 10:52:16
>>363
367は363についてからだかね。

369 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/09(日) 14:13:40
>>358

>>小説を読むしか
これも立派なコミュニケーションですが、それが何か?

>>意思は伝わりにくい
意思程度ならジェスチャーでも十分伝わる気が

>>テレビ云々
自然言語でもそんな環境に置かれているものはいくつも
あるよーな。

>>考えそのものが間違っていた
それは確かに。今でも伝統派と改良派の暗闘が続いてるよーだし
誰もがどこかしらエスペラントとゆーものを誤解してるよーに思われ

>>国際補助語としての価値を~無駄
これも確かに。そんなことを議論していたら人類はこの世の終わりま
で国際語を獲得できまいもまいも

>>対人間の会話なんて
エスペラントが発表されて間も無く、1人の青年がザメンホフを訪ねて
いきなり会話しちゃってますが、それが何か?
(ボラピュクではできなかったそれが無問題でできて、その青年はエス
ペラントの成功を確信したそうな。普及の遅さに後に絶望したようだが)

>>2chの人間の政治的意見なんて
以下4行はスルーせよ、とゆーことでつか

370 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/09(日) 14:26:25
>>358

>>英語が嫌いとか云々
何かアメリカやばげなんですが、石油やらヒスパニックやら
(一部地域でははやスペイン語も公用語として承認されてる
みたいだし)
もしアメリカが英語&スペイン語になったら
やっぱり世界中からエスペランティストたちが今こそとなだ
れ込んでザメンホヒュ踊りでも踊り狂うのでせうか

>>ビルを二つ
ビル・ゲイツ飛行機でぶつけたら
次々期WindowsはKamikazeになると思われ

371 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/09(日) 19:03:59
放置、放置、放置

372 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/10(月) 12:22:09
>>371
放置じゃなくて、無視無視無視。

373 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/10(月) 12:58:51
>>370
口を閉じて、もうここへは来るな。
お互いの時間の浪費だ。

374 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/10(月) 17:54:08
>>373
おまえが来るなよバカ

375 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/10(月) 19:22:44
>>374
放置、放置、無視無視

376 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/10(月) 19:59:23
>>はいはいido,ido,ido


377 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/11(火) 10:07:34
mi, vi しか覚えがないのですが大丈夫でしょうか?

お決まりのKiel vi fartas? Bone, dankon!
は何とか覚えました。

何か良い教科書があったら教えてくださいm(_)m


378 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/11(火) 21:41:41
>>377
>>330 の後半



379 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/11(火) 21:59:54
いまさら「エスペラント小辞典」でもあるまい。

380 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/12(水) 07:44:55
Bonan Tagon!

Mia nomo estas nanasisan.

Kiel vi fartas?

Bone, dankon!

これが辞書無しで書けるes文の全てです。
間違いなどありましたら、指摘をお願いします、

スレちがいだったらご容赦を


.


381 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/12(水) 11:20:06
Chu vi paloras Esperanton?
Mi ne paloras Esperanton.

間違いがあると思うので、ご指摘願います。
.


382 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/12(水) 16:06:06
>>381
palori > paroli
これとkoleri、私も必ずと言って良いほど逆にしてしまうほど
よく間違えました(つーか今でも時々不安に)
ただ、両方とも不正解の方の語は無いので、たぶん真意は他国
の人にも通じるとは思いますが

こんなんでもいーんだ」と安心させてくれます、ネット上で
ハケーンできるかは知りませんが
あと同じく中国の人のエスペラントの発音もやたら分かり易い
です、これはインターネットラジオか何かがどっかで聴けるはず
(中国語と韓国語もLとRを区別しないので、彼らもその苦労に
同情してくれるでせう)

まあ少なくともエスペラントは中国・韓国・日本間の国際語とし
て使えるぞ、とゆーことで(この3国中では中国が一番盛んなの
ではないかな)

383 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/12(水) 16:43:47
> 中国語と韓国語もLとRを区別しないので
ダウト

384 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/12(水) 18:17:41
>382
誤りの指摘、どうもありがとうございます。
手元にいい辞書がないのが問題のようです。
今度、都会の本屋で探してみます。

ぶらもある
とりなしで はいればいいのに ねー
tりつけてzいえnぽいじゃんkああ
292 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/04(火) 09:22:28
エスペラント自体がおおよそ100年以上前に作られた国際補助語だから
いろいろな慣用句ができているようです。初心者は「教えて君」になって
しまいがちですが、そこのとこをどうかよろしくお願いします。

293 : ◆sObPEaHMGM : 2006/07/04(火) 11:07:49
http://www.rivo.mediatti.net/~lanxante/

人工言語アルカ。
知ってますか?ノシロ曰く、誰も知らないそうです。

エスペラントについてボロクソに書いてます。
その反面、エスペラントとアルカを学ぶことを薦めてます。

アルカからすればノシロは欠陥で取るに足らず、薦めることはできないそうです。
エスペラントは考えは違うが薦められるそうです。
ノシロ信者はアルカに劣る点をひた隠し、「出直して来い」などといって人を笑わせます



アルカは1年も満たぬうちに急成長を遂げた世界一優れた言語だそうです。
エスペランチストに警鐘を鳴らしています。

294 : ◆sObPEaHMGM : 2006/07/04(火) 11:11:29
エスペラントに語法はありますか?
文化と風土は言語に影響を与える。でもエスペラントにはない。
西洋語をおパクりになったから。
語法も借り物。でもザメンホフも誰も規定してないので外人とは話せないなぁ。
誤解だらけになってしまう。エスペラントをよく話した経験のある方はご存知でしょう。
アルカはそれらを全部持った唯一の人工言語ですよ。
エスペランチストは直ちにアルカを学び、エスペラントを精進させるべきです。

295 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/04(火) 11:29:37
>>293-294
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gogaku/1109756541/819
相互リンク

296 : ◆sObPEaHMGM : 2006/07/04(火) 11:41:46
ごめん、リンクしわすれてた。

是非ともアルカには100年の誤謬を糾して頂きたい。


297 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/04(火) 12:03:17
またか、はい放置、放置。espero espreo

298 : ◆sObPEaHMGM : 2006/07/04(火) 12:26:25
なんだやっぱエスも知ってんじゃんw
ほらみたことか。
はい、終了。じゃあな

299 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/04(火) 13:15:49
ssObPEaHMGMというかたは、放置しておくのが一番だと思います。

300 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/04(火) 13:49:19
ルック

301 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/04(火) 17:16:47
ルックルックこんにちは

302 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/04(火) 17:48:51
ルック、そしてノシロ。
スレの感染だー

303 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/04(火) 20:28:31
セレンの計画を考えてみた。

態と悪態を吐く。元からのアンチは嫌悪して無視し、アルカをネタにさえしなくなる。中

立と擁護は「作者と作品を見分ける客観性があるかいなか」を試される。
そうして生き残った連中の中にしか「遺賢」はいないだろうってことだ。どう転んでもセ

レンにはOK.
つまり、悉く馬鹿どもはセレンの手の平の上で踊ってたってことだ。



304 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/04(火) 21:41:15
>>303
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gogaku/1109756541/822
相互リンク

305 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/04(火) 23:32:45
<<290
微妙に自己レス

bonaは厳密には「他者客観的に有意義である」こと、対はbelaの
「主観的に有意義である」こと、で、日本語の「良い・美しい」と
は微妙に違っています。このため、malbonaも厳密には「他者客観
的に有害である」意味となり、日本語の「悪い」とはズレが大きく
なって、その一部の意味にしか使えなくなってしまうのです(英語
のgood、badは品質の良し悪しのことで、エスペラントのbona、
malbonaはそれらともまたやはり微妙に意味がズレています)。

だから、エスペラントの少なくともBRO1~6の語は、できる限り
日本語や英語の対訳で済ませずに、Reta Vortaro等の例文を参照し
つつその意味を現象学的に突き詰めて会得するようにして下さい。
それによって、それら基本語の応用力・新語発明力に歴然たる差が
出ます(エス日辞書でそれをカバーするのがあるのが最良なのです
が...現状では7月に出る新辞書に期待するしか)

306 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/04(火) 23:41:23
新しいエス和辞典は、もう売ってるぞ。急げ!

307 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/05(水) 00:17:23
>>306
その辞典に語法や用例は強化されて載ってます?
服がきついって言いたいのですが、striktaで良いのか迷うところ。
英語ではtightですね。

ところでtightは経済用語とコロケーションを作れます。
tight financesで苦しい家計、とか。
striktaにこの用法はあるのでしょうか。
アメリカ人ならtight=striktaだったら経済にもstriktaといいそうですが、
日本人だったら経済にはseveraを使いがちでしょうね。
そういう学習者が迷ってしまうミスを語法注記として載せてますか。だったら買いですね



308 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/05(水) 00:26:12
>>307
そんな語法を作者以外に誰か決める人はいるの?

309 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/05(水) 00:30:43
"strikta"「きつい」とか「ぴったりした」という意味と用例は一応載ってますが、あなた

が期待されてるほどは詳しくないですね。
まして「苦しい家計」に"strikta"は使えるかどうかという話は書いてないです。
>>307さん的には買いではないかもしれないですね。

310 : ◆pdL1P7GMb2 : 2006/07/05(水) 01:07:44
307です。エスペラントスレッドに書き込んだのは307で初めてになります。

何だか拙語に関してご迷惑をおかけしたようで申し訳ありませんでした。

このスレッドは随分真面目に議論されていますね。
私の掲示板は消しましたが、拙HPでもエスペラントについて論議しています。

私の懸念しているのはたとえば308さんの仰るようなことなのです。
アルカはエスペラントに対して逆のタイプの言語ですが、
よろしかったらアンチテーゼとして研究材料にお使いください。
別の言語に触れることで見えることもあるかと思います。

309さん。ご返答ありがとうございます。英語のtightなら語法辞典を見れば載っています


やはり現状、語法に関する情報の絶対量が英語と比べて少ないところが懸案ですね。
用例第一主義で語法を決めるとなると圧倒的に西洋語の語法を継承してしまいそうですし


かといって語法があいまいではちょっとした日常会話で言いたいことで困ってしまう。
その辺りは人工言語総体としての悩みだと思いますが、いかがでしょうか。

乱文失礼しました。

seren arbazard


311 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/05(水) 09:54:15
>>308

そのために国際委員会があるんじゃないですか?

312 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/05(水) 10:14:43
しつこいようで、すみません。
Kiel vi fartas?
と言われたら、Mi estas bona, dankon. kaj vi?

といえばいいのですか?

313 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/05(水) 12:06:52
英語で
"Fine, thank you. And you?"のところ、
独語では、
"Danke, gut. Und ihnen?"
と「ありがとう」を先に言うことが多いと思いますが、

エスペラントでは、
"Bone, dankon. Kaj vi?"がいいですか?それとも
"Dankon, bone. Kaj vi?"がいいですか?


それとも、日本人なら、
"Danke al vi, mi vivas en paco. Kaj via edzo?"とかがいいのかな…


315 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/05(水) 12:32:13
>>313
"Dankon, bone. Kaj vi?"がいいですか?

これが一番しっくりきます。ありがとうございました。


316 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/05(水) 21:53:50
>>312
「Mi estas bona.」じゃ「私は善人だ」というような意味になるのでは?
「Kia vi estas?」に対する答えならそれでいいだろうけど。

正確に答えるなら「Kiel vi fartas?」だから「Mi fartas bone.」。
これを略して「Bone.」と言っている。

317 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/05(水) 22:49:05
>>307
severaは主観的なきつさ、striktaは普遍客観的なきつさ、rigidaは
他者客観的なきつさ、で使い分けられます(一般に、エスペラント
の類義語はすべてこの3つ「主観的か・普遍客観的か・他者客観的
か」を主な相違としています。逆に言えば、エスペラントでは重要
な語義は大抵3つの類義語に分かれています)。

エスペラントには事前的コローケーションは無いので、どれでも使
何かに影響されてミスって使っているのだと分かるのでそれを考慮
して理解してもらえ、英語のように非慣用的というだけで理解不能
になることは(その母国語等の表現がよっぽど特殊で無い限りは)
まず無いはずです。

ちなみに衣類のきつさではもう1つmalpufaも使えますが、さすが
にこちらは「衣類等のふくらみ」の正反対、のより限定的意味なの
で、経済用語に使うと変な顔をされるでしょう、たぶん。

なお、Reta Vortaro、Plena Vortaro、PIV辺りの用例は類義語等の
使い分けの模範として厳選されたものなので、西洋語の語法に由来
するものでもエスペラント的見地から不合理や非普遍的と思われる
そのまま安心して参照して良いと思われます(ただし、PIV系はフラ
ンス語的過ぎるとして時々ネット上等で批判されていたりするので
ご注意下さい)。


318 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/05(水) 23:20:45
>>316
善人にはbonulo(悪人にはmalbonulo)という語があるので、
Mi estas bona.
でも、不正確ではあれ真意(en bona stato)は相手に通じる
でしょう、この場合の文脈ならば。
Mi bonfartasとか様々な言い方もあるようですが、一番簡単な
のはMi estasは省いて単にbona、Malbonaだけで済ますこと
のようです(fartiはPlena Vortaroを見るとesti en bona aux
malbona stato, precipe pri la korpoというような意味なので
Kiel vi fartas?はKiel vi estas, en bona aux malbona stato,
aux ia alia?の意味に還元できるので)。


319 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/05(水) 23:25:19
estiは多義すぎてあいまいになるからと心配してわざわざ専用の
動詞fartiを用意したザメンホフの親心くらい分かってやれよ。

320 : ◆pdL1P7GMb2 : 2006/07/05(水) 23:27:53
>>317
初めてエスペランチストから真面目な教えを頂きました。
malpufaの話は初めて知りました。
後日このレスポンスを受けて記事を書き換えます。助かりました。

321 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/06(木) 02:03:37
あのさー、正論を言ってしまうけど、エスペラントなんて役に立たないよ
英語で十分

むしろ、英語をエスペラントって読んでほしい

べりぎまぢおろ(132d) 削除
べりぎまぜわの(132d) 削除
べりぎまどりはい(132d) 削除
べろぎまぎぁあ(132d) 削除
べろぎまだいろ(132d) 削除

べろぎま
937 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/17(月) 15:56:37
>>858
スペルミスはからくもいいのがれたようだがpregnancy chainには驚かされた。形容詞と名

詞の区別もつかない教師とはな。

938 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/17(月) 16:16:32
別にいいんじゃないか?
pregnant chain だと鎖が妊娠していることにならないか?
というか、俺釣られちゃってる?w

939 : ◆pdL1P7GMb2 : 2006/07/17(月) 16:45:46
pregnant chainだと「妊娠した鎖」になります。連鎖が妊娠することはできないでしょ?
前置詞を間に入れて順序を逆にすることもできるけど、最近の英語は孤立語的性格が強く

、名詞を形容詞のように使う用例が増えてきています。
たとえば妊娠検査もpregnant testではなく、pregnancy testです。

批判は構わないけど、その皮肉気な言い方は止めなさい。
正面きって罵倒して間違えるほうが遥かに見苦しくないから。

940 : ◆pdL1P7GMb2 : 2006/07/17(月) 16:46:45
939は937宛

941 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/17(月) 22:04:27
だれか人工言語ポータルサイト作ってくれ!!
まぁ、だれも言ってないだろう
万が一言ってる人でもいたら、自分で作ってるだろうから



ttp://dir.yahoo.co.jp/Social_Science/Linguistics_and_Human_Languages/Languages/Constru

cted_Language/

943 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/18(火) 11:08:00
これは難解な言語です

944 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/18(火) 11:19:26
アルカ:onkdans
pregnancy chain

945 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/18(火) 15:08:06
公式サイトの掲示板とかは?

946 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/18(火) 15:11:05
ない!!

947 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/18(火) 15:15:57
ブログは?


949 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/18(火) 15:47:08
どこに?

950 : 能代 : 2006/07/18(火) 15:51:51
水田・・ノシロやってくれたな!

秋田県藤里町で4月、町立小4年の長女彩香ちゃん=当時(9つ)=を橋から川に突き落

として殺害したとして、能代署捜査本部は18日、殺人容疑で母親の畠山鈴香容疑者(3

3)を再逮捕した。


951 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/18(火) 15:53:48
>>949
つーか何の話してんの?なんのだれのブログ?ノシロの?

952 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/18(火) 16:56:17
なにが!?

953 : 1 : 2006/07/18(火) 18:45:06
無事に1000を迎えられそうですね。
僕の予想通りにノシロ語が普及したということです。

954 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/18(火) 19:43:15
>>934
いやそれがさ飲み始めたころはまあ世間話で良かったんだけども、
そのうち話題尽きちゃって。二人でタバコひたすらスパスパーって
かなり酔っ払っちゃって…
トイレ行ったついでにバックれちゃいました。酔った勢いもあって。


955 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/18(火) 19:50:58
(続き)

次の日はカナリ良心の呵責っていうのであろうか、かなり
落ち込んでたのよ。そのあと3日くらいも。
そんで2週間位過ぎたころかなー、そいつの事なんかすっかり忘れち
まった頃、駅行く道歩いてたら突然バーンと鉄拳が右斜め後方から…
俺的には心の片隅ではあん時は悪かった、と思いつつ、
「んダァコラー!!!」、、って感じでタイマン突入という…



956 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/18(火) 21:15:00
http://yy41.60.kg/clngplus/

957 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/18(火) 21:29:52
>>956
管理人の詳細不明のとこじゃはやらないよ
別のことで人気がある管理人とか匿名性の低い管理人でないとね

958 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/18(火) 21:37:18
>>955
その小説面白いから最後まで執筆お願いします

959 : ビン・ラディン : 2006/07/18(火) 22:39:22
その小説。
ノシロ語でお願いします。

960 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/19(水) 09:24:50
>>957
そんじゃ、やらなくていい っていうか、やらんでくれ

961 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/19(水) 09:29:29
>>957
じゃ、消す

962 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/19(水) 09:31:15
>>957
消したwこれでいんだろw

963 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/19(水) 09:34:28
>>957
やらないんじゃなくて、やれないんだな、こいつ

964 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/19(水) 09:37:01
>>957
そうそう、やれない

965 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/19(水) 10:11:01
「流行らない」って書いてもおまえらの国語能力じゃ読めないだろうから
「はやらない」と書いたがやっぱり、おまえらの国語能力じゃ誤解しかしないな。
外国語の前に・・・・

966 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/19(水) 10:17:07
普通に会話するのは不可能

967 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/19(水) 10:29:59
だって、お前頭よすぎるから

968 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/19(水) 10:33:04
だって、俺すんげー頭悪いから

969 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/19(水) 10:38:09
普段使ってるの人工言語だし…

970 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/19(水) 10:45:54
いちいち日本語に訳すの面倒くさい…

971 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/19(水) 12:52:06
とりあえず今日中に埋めるか

972 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/19(水) 15:55:36
nei ya ba eli anse walol fa pero?
yan,ba eli anse walol fa pero...

973 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/19(水) 16:09:36
yan ya muni "bit gumosopo hanas fue!" ib pe.

974 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/19(水) 16:32:09
yan ya( muni( bit(gumosopo hanas)fue! )ib )pe.

975 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/19(水) 16:38:10
否定:Vの先頭に置く
nei ya ain puccun pon fue?

yan muni bit gumosopo hanas fue! ya ib pe.

976 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/19(水) 17:10:25
どうせ作るなら、膠着語か抱合語

977 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/19(水) 17:16:13
屈折語の方がロマンがあっていいぞ。

978 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/19(水) 17:38:02
おい!ルック語がすげーぞ!! (驚
 
おい!グモソ語がすげーぞ!! (驚

おい!ノシロ語ってなんだ?? (不

979 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/19(水) 18:24:15
一番語彙が充実していて表現力があるのはグモソだよな。

980 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/19(水) 21:17:08
            ミ -― ̄ ̄ `ノ ―--ノノ  _ .. ..
          , ´         ,    ~  ̄、"ー 、
        _/      #   / ,r # _   ヽ ノ
       ν            / /   ●   i"
    ,/   ,|   #     / / _i⌒ l| i  ミノ   ・・・
   と,-‐ ´ ̄          / / (⊂ ● j'_ >>1ミ
  (´__   、       / /    ̄!,__,u●   |
       ̄ ̄`ヾ_     し       u l| i /ヽ、 シクシク
          ,_  \           ノ(`'__ノ
        (__  ̄~" __ , --‐一~⊂  ⊃_
           ̄ ̄ ̄      ⊂ ̄    __⊃

981 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/19(水) 21:18:15
             ∩___∩
               | ノ      ヽ
             |    ( _●_)  ミ >>1 もうこんな糞スレ立てちゃだめだク

マ~。
           /彡、__ |∪|. ∠__
         ./  .___)ヽノ ___)_
        / , ´         ,    ~  ̄、"ー 、 
        _/          / ,r    _   ヽ ノ
       , ´           / /    ●   i"
        (__  ̄~" __ , --‐一~⊂  ⊃_
           ̄ ̄ ̄      ⊂ ̄    __⊃
                   ⊂_____⊃

982 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/19(水) 23:35:07
なんか動き出したみたいだ

983 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/20(木) 00:33:52
次のタイトル考えないとね

984 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/20(木) 11:35:41
ノツロで話そう!!
ba nopona a Emily lieb fa Oka. ←これは、クモソだ

985 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/20(木) 21:05:22
ノツロは未完成人

986 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/20(木) 22:25:32
Op teasti sim reqaad fu.
Bui ske ssagenda hjawid lesi...

987 : あ : 2006/07/20(木) 22:31:47


988 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/21(金) 00:20:47
ノシ口語 vs. ノシ文語

989 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/21(金) 00:23:12
板違い

人工言語は言語学板へhttp://academy4.2ch.net/gengo/


LCSMS語の事についてのスレ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1144049537/l50

人工言語を作ろう!その2
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1116205173/l50

 フィールドワーク「人工言語」 
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1146677979/l50

人工言語について語りましょう part2
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1139296693/l50

既存言語と人工言語を巧みに織り交ぜた文学作品
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1138112855/l50

人工言語について
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1145164196/l50

人工言語文明アルカ part1 世界制覇!!
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1131711652/l50

人工語を作ろう!(初心者OK 荒らし冷やかしはNG)
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1128264633/l50

この人工語を完成させて下さい。
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1091962107/l50


990 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/21(金) 09:04:28
ノツロ~ノシロ改造案その16

991 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/21(金) 09:45:00
ノシロ語ってのしろ市と関係あり?
てか水田ってのしろ市生まれ?

まぁノシロ語のしろ市の公用語くらいならなれんじゃん!

992 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/21(金) 11:04:33
のつろ氏

993 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/21(金) 12:21:23
目的地 MAnJIL 中

ノシロでは目的地はマン汁ですか。
どの辺が中国語なのかさっぱり分からん。


[2chスレッドへ] [外国語板に戻る]
タイトル検索:


[993 res] 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 801- 901- 最新50



ショートURL

おすすめスレッド
[外国語] ■台湾語スレッド2
[外国語] ■ラテン語スレッド
[オカルト] ■☆★☆百物語スレッド☆★☆
[外国語] ■ジャワ語スレッド
[言語学] ■ノシロ語 Part2
[ニュース速報] ■言語スレ
[ニュー速VIP] ■ノシロ語勉強しようぜ!
[古文・漢文] ■論語スレッド
[エロパロ] ■淫語スレッド・2猥語
[園芸] ■【21世紀の】サボテン統一スレッドPart5【癒し系】
[万博・地方博] ■19世紀の万国博覧会総合スレッド
[言語学] ■罵倒語スレッド
[言語学] ■【超ナル】ノシロ語 vs ノジ語 【最年少】
[モ娘(狼)] ■化物語スレッド
[エロパロ] ■淫語スレッド

べりぎまぢおろ
べろぎまでぃおろ


791 : ◆zAL6fwZtH2 : 2006/07/03(月) 13:53:53
2chは素の言葉で書けて気楽だわ。
罵り合うのも偶には良いもんだな。スッとする。文字だけなのが侘しいが。
普及型だったらある程度善人ぶらんといかんところだ。

ところでちょっと考えてみようか、君ら。
ここでダラダラ人の非難して自己満足を感じるのと、努力して何か成し遂げて本当に満足

するのとどっちがいい?
自分でできないならノシロでもなんでも手伝えばいい。なんかやろうよ。
とりあえず人の足ひっぱるの止めろ。

小松さんにせよXAnさんにせよ水田さんにせよ、君ら批判じゃなくて非難ばかり向ける

よな。
聞くところによると小松さんは厨房らしいが、子供が努力してるのをからかって足引っ張

って得られる愉快って何だ?
俺は人間壊れてるけど、そこまで腐ってないな。意味、分かるか?

まぁ、人工言語創ろうなんて奴は多かれ少なかれ頭おかしいよ。
普及型ならともかく、世界観型なんて一人か小団体の中にひきこもっていくだけで、どん

どんおかしくなってくもんさ。
だからって人格と作品を混同しちゃいかんよな。
Although you're just a figurehead and have got this crazy temper,I think those facts shouldn't

reflect badly on your capability to deal with our jobとカノジョに言われたが、尤もだと思う。
それは誰にでも適用できることだ。意味、分かるか?


792 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/03(月) 13:58:08
悪いがアルカのウォッチはやっていないんだ。
ここはノシロ語スレだし。
わざわざ興味持って調べてやるようなことはしない。
広めたくないなら来るなよ。
まあ、どうせフィリピン人なんだろうな。
かーちゃんは娼婦なんだろ?
バイバイ。アルカ関係の掲示板にお帰り。

793 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/03(月) 14:11:42
まじめに新人工言語を提唱するのなら非難はしないが
不真面目なんだよな。超やる気ないし。
目立ちたい、かまって欲しいために人工言語の名を出すが
だから非難される以外の道がない。
一人ではできないは言い訳。
提唱者が頑張っていれば同士は増えるよ。
提唱者が超やる気ないんだから一人でするしかないじゃん。


794 : ◆zAL6fwZtH2 : 2006/07/03(月) 14:41:44
>>793
やる気ないよ。お前俺の経歴読んでないだろ。
あるわけないだろ、自発的なやる気なんか。
水田さんとかと違って趣味じゃないからね。
でも一番出来の細かい言語を作っちゃったわけだ。
不思議だねぇ?なんでだろうねぇ?

じゃあやる気のない一人の人間がここまでの言語を作る方法を教えてくれよ。
そうしたら誰でも簡単にできるもんな。凄い方法だ。みんな知りたがるだろうよ。

できないよな?経験も実績もないもんな。
何もやってない奴が何かやった奴に物申すなら、それなりの準備してからでないと勝ち目

は無い。考えろ。
俺の人間性に刃向かうなよ。言いがかりつけたいなら自分も何か成し遂げてから敵の素っ

首俺に晒して物申せ。

795 : ◆zAL6fwZtH2 : 2006/07/03(月) 14:59:03
人間性と能力は別の力だってことがよく分かるだろう。
俺という人間が嫌いだからアルカも嫌っていう女々しい考えか、あいつは嫌いだが作品は

別個と考えるか。
さぁ、君らの度量の試されるときだな。答えは見えているが。

広めるわけないだろ?訳もするわけないだろ?俺はもうアルカ作り止めたんだから。
ただ、アルカ自体はよくできてるから、何かに役立てないかと考えた結果が現在のHPだ



あのな、スケートとか演技を見てると簡単そうに見えるよな。知らないほど。
知ってればいかに難しいか分かる。トリプルアクセルの価値も分かる。
俺はやってないからいくら浅田がくるくるしててもよう分からん。
でも実際には細かい技術があるんだよ。アルカもそう。紫苑一個取っても細かい裏方の上

に成り立ってる。

君らが何語を学習してるか分からんが、ちゃんと勉強してるんかね。
たとえば英語にはなぜ中間構文があると思う?
中間構文を持たない言語はそれに相当する文をどうやって作る?
なぜその言語は中間構文を持たないのだと思われるか?
そういう対照を経て、自言語を磨いていく。
そしてこういうことの累積で文法を作る。だが文法など初手だ。
紫苑にも中間構文に相当する文が出る。七面倒な研究の上に出来た文だ。
で、聞くが、俺がそういう勉強をしつつアシェットの仕事や本来の学業や部活、バイトな

どをしている間に、君らは何をしてたのかな?

お前らの人の苦労の分からなさを見てると、浅田を見てる俺を想起する。
したがって、「あぁ、何もわかってねぇな、っていうか努力もしてないな」というのが丸

見えだ。
何がノシロウォッチだ。偉そうに上から見てるが、お前にノシロが作れるのか?
というかHPに書いてある程度の内容は理解してるのか?してないよな。クズがからかい

たいだけだもんな。
多分俺がフィギュア見てご開帳とか思ってるのと同じくらいゲスだろうな。

796 : ◆zAL6fwZtH2 : 2006/07/03(月) 15:01:54
OK、今日一日2ちゃんに居てお前らに説教してやるわ。
考えろよ、自分で。下らない生き方止めろよ。
批判はいいけど非難はするなよ。

797 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/03(月) 15:02:25
口調が変わった(というか不自然な文体にした)のは、“新しいキャラ”という設定ですか



798 : ◆zAL6fwZtH2 : 2006/07/03(月) 15:03:54
>>797
違う。口で喋る言葉をそのまま打ってる。
もう日本での立場とかどうでもいいから素で。

799 : これまでさんざん君の人格を嘲笑してきた者だけど : 2006/07/03(月) 15:08:20
携帯からの粗雑レスwになるのがやだから家帰ったらマジレスするね


800 : ◆zAL6fwZtH2 : 2006/07/03(月) 15:14:57
>>796
と思ったが女に呼ばれたのでムリになった。
まぁ言いたいことはまだ残ってるが、帰れたらまた来る。
来んなっつっても都合が付けば来るからな。

801 : ◆zAL6fwZtH2 : 2006/07/03(月) 15:16:45
ん?マジレス?そうか、わかった。マジな話なら真面目に聞く。
ただ、もし時間なくて返せなかったらすまん。

802 : ◆zAL6fwZtH2 : 2006/07/03(月) 15:22:29
じゃあちょっと行ってくるけど、早く終わったとしても車だから道路事情でいつになるか

分からないよ。
あと、自分で読み返してみたけどここまで素を出す必要なかったかな。
ふだんいかに口汚いかが分かった。HPしか知らなかったらショックだろうな。良くなか

ったな……。

803 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/03(月) 15:25:05
複数人いるみたいだけど、俺は
セレンさんのことほとんど調べていない。
ぼくは世界的にノシロ語を広めようという提唱者の発言からノシロ語に興味を持っている


だから広めたくないなら来るなって。
ここはノシロ語のスレだし。
セレンさんに興味はないが興味を持って欲しかったら最低限のことをしろというだけ。
やる気ないなら来るな。それだけ。

804 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/03(月) 16:35:52
基本的に、人工語を作って発表している人には、自由にやってもらえば良いと思う。
ただし、世間の人たちのニーズに合っていないと、支持を得られる可能性が低く
なるってことはある。

部外者は、感想とか提案とかを述べるのは構わないと思うけど、命令はできない。
(法律に触れたり、他人の迷惑になってる場合などには、はっきり言ってよい)

805 : LWCC語で ◆zbnW6COSOI : 2006/07/03(月) 17:38:47
てかなんで2chの人々は人工言語をそんなに非難するんだ?
全く持って意味不明だ。

806 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/03(月) 17:43:07
警告
人工言語は使えないんですよね。
2ちゃんねるは下らないんですよね。
貴方には誇れる言語と仲間がいるんですよね。
子供もいて仕事もあるんですよね。
ではそんな下らない人たちと話さないでより上を目指して世の中に羽ばたいて行ったらど

うでしょうか。
ここでくすぶる理由はないと思います。

807 : LWCC語で ◆zbnW6COSOI : 2006/07/03(月) 18:16:35
>>806
アドバイスありがとうございます。
ではさようなら。

てか何で怒ってんの?


808 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/03(月) 18:25:38
横からマジレス。
アルカスレが伸びなくなった理由が分かりますか。
からかいの対象じゃないからです。
ここの住人は格好の遊び相手がほしいんです。
完成された言語もないし、それを共有する仲間も友達もいない。
結婚経験どころか彼女さえいない人もいます。
したがって自分の遺伝子を継ぐ子供も作れない。
運動経験も勉強経験もそこまで努力してこなかった。
ハーフと聞いただけで身なりのよさを決め付けて嫉妬します。
こんな時間に書いてるんだから学生か定職のない人なんでしょう。世間を知らないのです


こんな彼らからすれば、貴方は要するに「持っている人」なんです。
彼らに出来ることは貴方を疑うこと。自分と違いすぎる境遇の存在を否定して見ないよう

にすること。
そして疑う余地がないとなれば貝のように口を閉ざすこと。だからスレが落ちました。

809 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/03(月) 18:26:35
貴方がしていることは貧民街にベンツで乗り上げて金のネックレスを見せびらかしている

ようなものです。
そして「せいぜい俺のようになってみろよ」と。はいはい凄いですね。ベンツを買うには

さぞ苦労したことでしょう。でも嫌な人ですよね。
ベンツを見た人は何て言いますか。「どうせ偽モンだよ」「趣味悪ぃ」
それが彼らにできる唯一の自己防衛です。もしベンツが宝くじで当たれば大喜びするのに


でもけして彼らは自分が貧民であることを認めません。貧民にも貧民のプライドです。
貴方に唱和する者が現れれば金を貰ったサクラだと決め付け、ベンツに少しでも掠り傷が

付いていればひたすらそこを論う。
この後の私に対するレスを御覧なさいな。涙ぐましい非難に襲われるでしょう。或いはも

はや言葉を失うか。図星を突かれれば人間そんなものです。
誰が悪いって言えばそれは高みに昇ろうとしない貧民です。でもそれを貴方がサルベージ

する立場ではないし貴方の態度は自慢に見えてもサルベージには見えません。
対象を彼らに絞る時点で間違い。絞ってしまったのなら彼ら用の対策を立てるべきでは?
自分の凄さを見せてほらこうなれよって言われて人々が付いていきますか。
ダビデ=ベッカムの話から貴方は何も学ばなかったようですね。
或いは100人探せば1人気概のある男が来るだろうからそれで良いという考えですか。

810 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/03(月) 18:27:17
なんで失敗した人工言語のスレが定期的に上がらなきゃいけないのか。

英語(及び英語帝国主義)が嫌いなんだったら、新しいもの作るとかじゃなく、おとなし

くエスペラントやってりゃいいじゃん。
そうやって地道に支持が増えていけばEUの公用語になるし、アメ公だって仕方なく勉強

しだすんだよ。
そんなら、おまいの望む言語の平等が訪れるってわけ。

811 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/03(月) 18:30:44
>>805
人工言語は具体的な人を攻撃することができるので愉快なんだろう。
自然言語は作者を叩くわけにはいかず、話者も多く漠然としているので叩き甲斐がない。
自然言語を叩く場合は一部の擁護者や学習者や研究者が対象になるだろう。
その点ルックもノシロも関係者が反応してくれるから楽しいんだろう。
一方アルカはと言うと、作者は反応してくれるが言語そのものは非難の対象になり得ない


一見よく出来ていそうなので、知らない人は叩けない。
まじめにアルカを学習しようと言う人は少なからず好意的に接しているから最初から叩く

つもりもない。
人工言語が叩かれる理由としては、言語の出来に不備があり、尚且つ関係者が煽りに乗っ

てくれることが必要だ。

812 : XAn : 2006/07/04(火) 02:29:46
ノシロHPのノシロ訳か!!

ってか、すっかり忘れていたな。
>>768サンキュー☆ナイスアドバイスです。

813 : ◆zAL6fwZtH2 : 2006/07/04(火) 02:50:36
ただいま。東京タワーの夜景、良かった。
10時までなのが残念だ。あと外人多すぎ。経由地の六本木、タクシー多すぎ……。

>>808
口調が随分変わりましたね。
こちらも合わせて同じ口調で。
1人の気概ある男っていうのは確かにそうです。
スレが伸びない理由とやらは分かりました。
そんなに見せびらかしているつもりはないっていっても、相手にそう見えなきゃ意味ない

でしょうね。
ここは大人しく引き下がることにします。
では。

それにしてもアルカの決定権を失ってほっとしてる半面、残念だ。
自分が作った言語なのに人に取られてしまった。
それって普及型には羨ましい話かもしれないけど、実際なってみると良い気持ちはしない

んだ。

>>811
なまじ学習資料を多く出してる分、そうでしょうね。
アルカを非難するには勉強しないといけないけど、私を非難するには1レス読めば十分だ

から。
それと同じことが人工言語全体にもいえるし、それ以外の分野にもいえる。
私も同じ解釈です。では。

814 : ◆zAL6fwZtH2 : 2006/07/04(火) 02:55:03
さっきドライブで言われたんですが、ネットって精神衛生上良くないそうです。
別に彼女は心理学者でもなんでもないですが、一般人としてそう感じているそうです。
確かにガラ悪くなるし、人目も憚らなくなるかも。
それに2chは特にガラ悪くいられる空間だから拍車をかける。
810を見てると特に実感する。「あげなきゃいけないのか」っていう価値観が存在するこ

とが驚き。
スレッドがあがるとかさがるとかがそもそも問題視されることなんだということに驚き。
多分、2chに染まった価値観なんだと思う。
確かに私には色々やることがあります。
806は小松さんではなく私宛だと思いますが、仰るとおりですね。
次は現実、資本主義経済の下で会いましょう。

815 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/04(火) 03:18:59
>>814
>確かにガラ悪くなるし、人目も憚らなくなるかも。

ガラが悪いのは個人の資質で、たぶんネットとはあまり関係ない。

816 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/04(火) 05:27:03
なんか変な発言あったから一応反応しておくけど
アルカが良くできた人工言語だと思っている人は少ないと思うよ。
悪いといっているわけではなく無名だし誰もホームページ見ないよ。
ちょっと見たことあるけど量もさほど多くなさそうで良い物だとは想像しにくい。
俺がノシロ語を知ったのは外国語板で頻繁にネタにされていたからだ。
ホームページ見てもつっこみどころがあり面白かった。
それに加えてエスペランティストの反応がすさまじく見ていておもしろかった。
アルカは外国語板もエスペランティストも無視していて存在にきづく人は少なかった。
俺も最近まで知らなかったほど。
ノシロ語が載っている人工言語屋のホームページに各人工言語の紹介があったがそこにも

アルカは無かったと思う。
アルカが相手にされないのは、発言が面白くないからだと思う。
ノシロ語のようにエスペラントを敵に回して世界の公用語にするといった壮大な発言があ

ったら少しは相手にされたかもしれない。
アルカはノシロ語と違って男の壮大なロマンを見せてくれない。
本人もやる気ないとか広める気ないとかいっているんじゃそれで終わりでしょう。
だから興味ないだけ。
すばらしい言語だからノシロ語ほど相手にされなかったというのは誤解。
言語学板で相手にしてくれている人がいるようだがノシロファンじゃないと思う。
ノシロファンから見ればアルカなんて出なおしてこいよとしか思えない。
わかったら勘違いやめて、言語学板の人と言語学板で遊んでください。


817 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/04(火) 07:08:54
>>814
810じゃないけど、後半は結構いいこと言ってると思う。アゲとくけどw

818 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/04(火) 08:02:38
>>814
ネットが良いか悪いか、ネットでその人がどう変わるか、それは人それぞれだよ。
荒れているスレにわざわざ参加して騒ぎを大きくするか、知らんぷりして静かに過ごすか


町中でケンカしている人がいて、わざわざ仲裁に入るか、知らんぷりしてやり過ごすか。
どのように振舞うかは場ではなくその人の人格によって決まること。
ネットでガラが悪くなる人は元々そういう性格傾向なだけだよ。
ネットは、まあ、匿名だしケンカしても殴られるわけじゃないからネット弁慶は存在する

けどね。
私は煽られたらいい気はしないからそうならないように配慮して書き込むようにしている


そういう人もいるのよ。

スレを上げることを嫌う人がいるのは、上がると目立って業者の宣伝が書き込まれること

があるから。
学問板ではあまりないけど他の板では頻繁に目にすることもあってジャマなのよ。
これは現実世界にはないことだけど、語学やってるなら、そういう異文化も尊重できるは

ずでしょ。

819 : ◆sObPEaHMGM : 2006/07/04(火) 11:00:34
>>816
ノシロの恥さらし。
セレンが嫌いなら無視すればいいだけ。煽りに乗った時点で負け。
こういう阪神ファンやイスラム過激派がいると普通にノシロやってる人まで理性を疑われ

る。
煽りに乗るなら客観的に言いなよ。見てるこっちが恥ずかしいからフォローさせてもらう

よ。

エスペラントがノシロを相手にするのは同じようなタイプの言葉だから。
そしてノシロがエスペラントにちょっかいを出しまくったから。それはここ数年の流れで

見てきたとおり。
けしてノシロがエスペラントにライバル視されてるんじゃない。
2ちゃんで話題になるのも水田の人格がアウトなのと大口叩くわりに何もできてないから



人工言語野はアルカが発表されたときには更新を止めている。
載らないのは当然。調べが足りない。人工言語野に飛べばすぐ確認できる。浅はか。

単語数でノシロはエスペラントには勿論アルカにも負けている。
文法記事に至っては完全に脆弱。
ノシロ文献の少なさもさることながら、水田本人による実演もない。そのくせ大言壮語。

みっともない。
だからそれを改善すべきなのに、欠点を隠して直さないからいつまでもネタにされる。

俺はいっとくがノシロ信者じゃないし、エスペラントやアルカよりでもない。
中立的に見る目を失ったら人間終わりだからだ。
でもエスペラントでアルカが無名なのは確か。これは暇つぶしができそうだwまぁ見てな

べりぎまぜわの

757 : 名無しさん@3周年 : 2006/06/30(金) 07:15:28
>>747
宮沢賢治の作品なんかは、どうかな?
賢治は1933年に亡くなってるから、著作権は1984年に切れている。

758 : 名無しさん@3周年 : 2006/06/30(金) 23:07:23
>>757
エスペランティストの作品はノシロ的には却下。

>>744
そのウィキの記事によると岩波書店は「星の王子さま」というタイトルをパクる場合は
訳者である内藤濯の翻案の考案だということを明示して欲しいと要望しているそうだね。
あるいはパクらずに自分でタイトルを訳すなり考えろと。
タイトルだけでガタガタ言うのだから、訳文パクったらえらいことだ。
なお、その記事では「王子」は誤訳で「君主」とあるべきらしい。
フランス語のわからないX氏は前途多難だね。

>>X氏
あまりおおっぴらに宣伝しなければパクってもいいという考えには呆れた。
やはり君のような道徳のかけらもない変人にはノシロがお似合いだ。

759 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/01(土) 00:24:56
「ポルの王子さま」のノシロ語訳きぼんぬ

760 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/01(土) 09:16:28
XAnさんさあ、なんでフランス語できないって正直に言わないかな。
君がどうやったら原文を参考にできるんだよ。
対訳本買ったって、君が読めるのは日本語訳部分だけなんだからさw

761 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/01(土) 23:22:11
>>758
セレンに至ってはむしろ金の亡者なんかに遠慮する必要はない、こっそりダビングしてエ

ロビを回すかの如く回せと教唆してたが、翌朝消えた。


762 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/02(日) 00:49:03
>>761
エロビデオの場合はこっそり一人で一度見て終わりだから
堂々と自分が世界的著名作品の翻訳者であると半永久的に公表するのとはあまり比較でき

ないなあ
マイナーな人工言語の作品を読む人は少ないだろうから対訳の日本語文が無ければ何を原

文としたかがばれる可能性は少ないけど
できれば日本語訳も載せたいよね。
世界的著名作品から訳そうとしないで普段の自分の掲示板などのへの書き込みから訳して

いけばいいと思うが
要は目立ちたがり屋だから、自分の力ではなく著名作品の力を借りて目立ちたいんだろう

ね。

763 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/02(日) 22:19:53
小島俊明先生の第三書房、対訳フランス語で読もう「星の王子さま」には
図版はすべてサンテグジュベリ権利継承者から原版を提供され、複製されたものです。
と書いてある。
岩波書店による独占翻訳は切れても、サンテグジュベリ権利継承者は存在するということ




764 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/02(日) 23:56:20
ネットから原文を引っ張ってきてそれを訳せば問題ないんじゃないの?

765 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/03(月) 01:36:36
>>764
しつこいなあ、同じことを何度も言わせるなよ。
「誰が」原文を訳せるんだよ。
原文は中級者以上の実力の人が長い日数かけてしか訳せない。
フランス語は文法が難しいうえに、原文の量はかなり多い。
バカが初心者でも二週間で訳せるといっているがそんなことは絶対ない。
問題なのはフランス語を全く知らない無知の人間が「翻訳する」と言い張っていること。
原文を訳すというならその前にフランス語の実力が必要だろう。
最初から三バカ自称翻訳隊はフランス語の勉強などする気はなく
原文ではなく誰かの日本語訳をパクる気だった。
ひとりは今は許可を取ろうとしているが多分断られるだろうな。
フランス語を中級レベルまで勉強する気を三バカは見せていないし
中級レベルに達してから、はじめて「原文を翻訳」という話を出そうや。
X氏の今の態度は
日本語訳パクり中心で多少は原文を参考、おおっぴらに宣伝しなければどうせ誰も見ない

からいいや
という態度。
三バカ全員がフランス語など知らず勉強する気もなく
どこから「原文を翻訳」という話が出てくるんだよ


766 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/03(月) 02:38:14
せっかちな人だな。
これからフランス語を学習して中級程度の実力になればいいじゃないか。
長い日数が必要ならそれでいいじゃないか。
で、もう一度言うが、ネットから原文を引っ張ってきてそれを訳せば問題ないんじゃない

の?
たとえ何年かかろうとも。

767 : XAn : 2006/07/03(月) 03:24:04
えらく問題にされちゃったので一言。
例の「王子様」を対象にしたのには結局自分自身の好みによるところが
大きかったし、こだわることもなかったな。
フランス語中級程度になれるかどうかはいいとして、
「翻訳」とかいう大きなことしようとしたら母語に近いレベルでの
読解力くらいは必要だよな。
母語話者にしかわからんような語義のニュアンスとかもあるだろうし。
原文はネットで引っ張れるの??本自体は簡単に入手できた。
フランス語も王子様フランス語訳も長い目で考え、
趣味的にこそこそやるとしてとりあえずネット上公開は
(少なくとも)当面やめときます。

いらん議論させちゃってゴメン。
文学にこだわる必要もないが、どんな物語だったら訳すのに適してるのかねぇ?


768 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/03(月) 03:45:29
原文をネット上で探して見ようとしたがみつからなかった。
どこかにあるのかも知れないが。
原文には著作権はない(切れた)という誤解があるようだが
http://www.lepetitprince.net/frameset.html
によると、
保護機関はあと70年延長される方向で進んでいるらしい。
商標登録、意匠登録もされているらしい。
岩波書店による、独占的な日本語への翻訳権が切れたということが
原文の著作権も切れたと過大解釈している人がいるようだ。
著名なフランス語の専門家ならともかく、匿名で人格も疑われ何の実績もない人に有名作

品を翻訳して欲しくない人は多いはず。
なんらかの反発は避けられないだろう。
>>767
>文学にこだわる必要もないが、どんな物語だったら訳すのに適してるのかねぇ?
どんな作品であっても有名なものならファンもいるだろうから反発は食う。
上手に使いこなせる言語に翻訳という態度ならともかく、日常会話さえできないのにいき

なり有名作品を翻訳という態度がふざけて見える。
まずは、自分が普段から使って回りから使えると認めてもらうこと。
それが最初だと思う。
それを通り越していきなり有名作品となるとその作品への侮辱ととれる。
セレンさんの紫苑の書でも翻訳すればいいんじゃないかと思う。
その前に以前から叩かれていることであるノシロ語のホームページの翻訳がどう考えても

先だろw
なんでノシロ語のホームページはノシロ語で書けないのかという矛盾をなんとかしようよ
そういうことも放置の態度でノシロ語は世間をバカにした態度しか取っていない。
そんな言語に翻訳とか言われたら有名作品関係者は気を悪くすることぐらい理解できるだ

ろう。

769 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/03(月) 03:56:57
というか、著作権継承者がいて
保護機関が70年延長されそうで
日本語訳にも著作権があることなどを
自分で全く調べようとしない人は、いかなる他人の作品にも手をつけないほうが賢明だと

思うよ。
また、そういう人は語学で活躍しようともしないほうがいい。
まあ、犯罪だと感づいているから匿名なんだろうけど

770 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/03(月) 04:04:44
「あと70年延長される」わけじゃないよ。
現行法の「50年の保護期間」を「70年の保護期間」に
延長しようという話。フランスの著作権法でも70年だし、
欧米の多くの国の著作権法が70年の保護期間を設定していることを
考慮して、日本でも保護期間を著者の死後70年にしようかなと
考えている。
日本の現行法では、星の王子さまの著作権はすでに確実に消滅した。
もし将来、「保護期間」は70年というふうに著作権法が改正されたら
あらためて著作権が「復活する」、という可能性があるだけ。

771 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/03(月) 04:12:51
>>770
登録商標、意匠登録されていないことは確認した?
ネットで世界の人が見れる状態にする場合にフランス側の法律は無視されるということも

確認した?
訳者の訳の著作権も消滅したことは確認した?

772 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/03(月) 04:16:02
御三家のうちの二名に聞きたいけど
自分が大好きな有名作品を
セロン(仮名)とかXOn(仮名)といった匿名さんに翻訳されたらどんな気分になる?
普通はムカツクぜ

773 : 通りすがりですが : 2006/07/03(月) 05:09:57
適当なフランス人とっ捕まえてノシロとやらを叩き込んで翻訳させればいいじゃん。
それでそのノシロを解読して日本語訳にしたらいい。
なんで仏語→日本語→ノシロというプロセスを辿ろうと考えるのか分からない。

774 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/03(月) 08:28:37
>>772
XAnはともかく小松とセレンは実際に使ってる名じゃないのか。
その被害妄想はどこからくるんだ。彼らに翻訳されたら心がムカつくんだ?「普通」は一

々ムカついたりしないと思う。スルーでしょ。子供だな。

>>769
人を叩くときだけ誰しも善人になるっていうのは極めて滑稽なことだよね?

775 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/03(月) 09:13:41
というかですね、人工言語をやる前に自然言語を相当学ぶべきなんじゃないかと。
セレンさんはその点クリアーできてそうだけど、他の方々はどうなのかしらね。

776 : ◆zAL6fwZtH2 : 2006/07/03(月) 10:15:31
星の王子様問題

「三馬鹿」の一人だがね。
経済価値がないなら別に勝手に訳しても良い。
たとえば俺がイマアイやハリポタを勝手に訳して挙げても誰も読まないだろう?
仮に読んだとしても「俺はアルカ版読んだから買おうと思ってた原本買わないでいいや」

って思うやつがいると思うか?
ないよな?ないよ。アルカ版読む奴は既に原本読んでる可能性大だし、アルカ版読むには

むしろ原本の助けを借りて対照しないと無理だろ。
ノシロやTetouteだけで書かれてる訳本のみを読むか?読まないよな。原本と対照するは

ずだ。
むしろそれがきっかけで原本が売れるかもな。

岩波の星の王子様が売れれば岩波の懐も潤う。
プティ・プランスが売れればフランスが利益を得る。
でもアルカやノシロ版が売れても俺や水田さんの懐は潤わん。
それどころか原本や岩波の利益に繋がる可能性がある。

そういう考えだ。考え無しに法律に従うなよ。
あと、遵法的に生きてるわけでもないのに、他人が破ると叩くの止めろ。
小学校でいたよな。自分は決して「いいこ」じゃないのに人が決まりを破ると鬼の首取っ

たような奴。くだらね。


777 : ◆zAL6fwZtH2 : 2006/07/03(月) 10:17:24
結局向こうは商売なんだ。勝手な引用されてもそれが不利益に繋がらないかぎり訴えない

んだよ。
ウチにも広告関係がいるが、法律なんてあってないようなもんだ。
要は鼻につかなきゃ放置。むしろそれが自社の広告に繋がれば内心喜びつつ黙認する。

残る問題は日本語なり原文なりを一緒にアップするか否かだ。
で、これはアップしちゃまずいだろ。相手方の利益を明らかに損なう。
結論として、遵法かどうかというより、訳してアップしたら誰が損害を受けるのかを考え

るのが重要だ。
損を受ける奴しか訴えないからだ。そこだけ気を使えば良い。

というわけで訳して自言語だけアップし、原本や他の訳本と対照するように薦めるのが一

番だな。

あと、研究するための引用というのは遵法だ。
したがって、訳の難しいところなどを部分的に引用するのはオッケー。
冒頭の少しとか、その他の要所だけ拝借すればいい。
始めから全部アルカやノシロで書いてあったら正直みんな引くだろ。
さわりだけ対訳してあったほうが人目を引きやすくてフレンドリーだ。
無愛想に訳だけ置いとくより遥かに読んでもらえる。

778 : ◆zAL6fwZtH2 : 2006/07/03(月) 10:49:01
>>761,762
エロビとまでは言ってないだろ。俺はDVD世代だ。
音楽CDのケースに2枚重ねにしておけば彼女バレも嫁バレもせん。

名作を訳すのは虎の威を借りたいわけではなく、できるだけ人が読みやすいようにとの配

慮だ。
俺は自分で創作するほうが好きだから内容的に劣っても紫苑みたいなのを書く性向だがな


あと、正直著作権の問題を避けるためというのもある。
青空文庫を漁ってもいいが、果たしてあんたら学生のときに文学ちゃんと読んできたんだ

ろうな?

これは全員にだが、そもそも名作名作なんていうけど、ちゃんと読んだ上で言ってるんだ

ろうな?
俺は星の王子様は対照研究で使ったから東西問わず訳本を読んだが、正直内容自体名作だ

とは思ってない。

>>765
本音を言うと、俺は原文が日本語か英語じゃないと訳す気が起きない。正直に言えば自信

がない。
XAnさんの言うとおりだが、ネイティブ並みに読めないと無理だ。
あと、ぶっちゃけ言えば訳本を訳すというのも嫌だ。

訳ってのはかなり荒いもんだ。原文とかなり違う。それをもう一度訳したらどうなるか。
原本の源流は残るが、別物になってしまう。ヴィトゲンシュタインの家族的類似性と近い

ものがある。
どこかしら似ているところはあっても、やはり同じではないし、共通のルールも見出せな

い。


779 : ◆zAL6fwZtH2 : 2006/07/03(月) 10:49:44
>>772
俺もお前の神経が分からない。そもそもお前の本でもないしね。てゆうか仮名作るな。
翻訳されてムカつくか。初めて聞いた概念だな。発想は面白い。
ガキに車にボールぶつけられてムカつくとかならありえる話だが、翻訳とムカつくという

コロケーションは初めてだ。

>>775
日中英をやって、余裕があれば亜(俺は未習)。これだけでわりと言語的文化的にバラン

スが取れてる。
無駄に西洋語、特に希・羅をやる必要はなし。
屈折を楽しみたいならともかく、衒学でやる奴は望みなし。
その後、エスとアルカをやって両極端を学んでから作るといい。
簡潔にいえば人工言語作成者が学ぶ便利なルートがこれだと思う。

>>768
アルカ版の紫苑さえ数人しか読んでないのに、これ以上マイナーにしてどうしますかね。

誰にも利得がないでしょう。
ノシロHPでノシロを選択すると工事中というのは確かに引くな。
サーバーの容量不足なら仕方ないけど、そうでもないし。じゃあ目次書かなきゃいいのに

っていう気持ちは分かる。

で、ノシロスレなので次はノシロについて。

780 : 名無しさん@3周年 : 2006/07/03(月) 10:54:31
御大キタ────────(゚∀゚)────────!!!!
でも何言っても叩く人は叩くから一々反応しない方がよろしいかと。

781 : ◆zAL6fwZtH2 : 2006/07/03(月) 11:00:05
正直ノシロは不遇だと思う。「協力者求む」に書いてあるが、一人でやれない領域だそう

だ。
でもね、元々人工言語は一人じゃ厳しいよ。
「もはや一人でできない」のはノシロの内容じゃなく、本人の心の方だろうな。

ノシロは古アルカに似てるとこがある。他の人工言語もそう。
個人でやるとこの辺が限界だろう。団体でやるから乗り越えられる。ノシロ見て再認識し

た。

彼は15年以上一人でやってるそうだ。俺も今年で16年目だな。でも質も量も全然違う。
文法や音韻体系なんか1年もなく作れる。問題はそこから。辞書が悪魔に見えてくる。
俺が公開してる日本語の単語帳だけで12000語。俺の手持ちのPDICにある辞書にはそ

れに一々細かい記述が付く。
でもこれは俺個人のもの。アシェット管理のものは莫大になる。

一人で単語を数万作り、語法を付し、語源を記述し、訳や創作をしていく。
これは不可能だ。単語を自然言語からパクるノシロならアルカより遥かに時間がかからな

いが、それでもこれだ。
15年かけても万という単位の語が公開されない。それが個人の限界だと思う。

俺はこういう人がアシェットみたいな環境を与えられれば良かったと思う。
俺は嫌々作ったが、彼は作りたくてもコミュニティがなかった。
世の中いつもそうだよなぁ。妹ほしいのに弟だったり、何でウチには兄ちゃんがいないん

だろ、とか。