Entries

yubanio//riop

hasima, lamaano'.
kinoma-kasada.
varaku- ni- me. mej ne, maene.
teipolokaj,
talosa,
paneto -/- jaguto
poloto,hasyaide hasyagisugite zubette dubette petante sopte goqte
jokusae,
kinomoi-haseto,
vazaraena, hasita-loteneeki,

{ ^http://ja.wiktionary.org/wiki/%E5%88%A9%E7%94%A8%E8%80%85:Entanglescaos }

Entanglescaos自分のトーク個人設定ウォッチリスト自分の投稿記録ログアウト
利用者:Entanglescaos

Entanglescaos自分の会話個人設定ウォッチリスト自分の投稿記録ログアウト
日本語の文は動詞が最後に来るようになっていますが、形容詞で終わるのも一般的です。文脈上や会話などで言わなくても分かることを言いません。これは、言葉にしていない部分を読むことは美徳であり、会話は協力して作るという意識の表れです。
「てにをは」などの助詞が直ぐ前の名詞に付き文法上の働きを決め、自立させます。したがって、語順は自由です。これはラテン語やロシア語と通じます。「が」は動詞の主語または行為者を示す。「は」で話の話題を示す。「を」は目的を示し、「に」は移動してくる場所を示す。


http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E8%8B%B1%E8%AA%9E&diff=prev&oldid=3572501
普通の文で、[[動詞]]の前にある[[名詞]]が[[主語]]である。
I'm Jessy. 「ジェシーです。」
なお、短縮形がある場合短縮しないとその語を強調することになる。
I am John.  「私がジョンです。」
動詞 Do か、[[助動詞]]で始めれば疑問文である。
 Do you use? 「使う?」
 Let's chat. 「話そう!」
動詞で始まり主語が無ければ命令である。
 Go right! 「右へ行け!」
動詞の過去形は、現在とは関係の無いことを意味する。過去に起こったことなどを表現する。_doosa o sita konsekinadoganaikoto desu_
日本語の「見た」とか「聞いた」などは現在完了形に近い。
副詞は文全体を[[修飾]]し内容を具体的にする。動詞を修飾するには動詞の直ぐ前に置く。

[[前置詞]]はその後ろの語を、直ぐ前の語につなげる。もしくは、前置詞を含むかたまりは、文全体を修飾する。_ago wa hukusiku o cukuru_
[疑問詞]]や[[関係代名詞]]は分からないものとして提示し、説明を要求する。説明が続くいてない文は疑問文となる。

現在の英語は、[[インド・ヨーロッパ語族]]共有の名詞の[[性_(文法)|性]]や[[格]]の概念がほぼ消滅しており、インド・ヨーロッパ語族のなかで特異な存在である。文法において、語順の果たす役割が重要となっている。
人称疑問詞・関係代名詞whoは、単数複数関係なく'''主格who / 所有格whose / 目的格whom''' の格変化をする。(非人称疑問詞what/whichは所有格whoseの変化のみ)。
可算名詞は、複数を表す語尾として"'''-s'''"を付する(例:books「本」)。語が無声音で終わっていれば発音は[s],有声音なら[z]となる。もともと語尾が"s"になっている語では、"-es"と付する(例:gases「(ある種の)気体」)。また、"f"[f]で終わる語の中にも複数語尾が"-es"となる語があり、その場合[f]は有声化し[v]となる(例:leaves「葉」)。
ある名詞が所有者・所有場所を示し、直後に置かれる他の名詞を形容詞的に修飾する場合、単数の場合は語尾に"'''-'s'''"、複数の場合は"'''-''''"([[アポストロフィ]]のみ)を付する(例: king's mother「王の母」/ kings' mother「王たちの母」)。中英語期まで、所有を表すには[[属格]]を用いていたが、現代では弱変化名詞属格の活用語尾の名残としてこのような形になって一般化した。
一般動詞は、三人称単数現在形で'''"-s/-es'''"が付される人称変化がある。時制による変化は不規則変化動詞においては現在形、過去形、過去分詞形でそれぞれ変化するが(例:rise/rose/risen「昇る」)、規則変化動詞では過去形、過去分詞形に"'''-d\-ed'''"語尾が付されるのみとなる(例:walk/walked/walked「歩く」)。また、動名詞・現在分詞においては全ての動詞において原形に"'''-ing'''"語尾を付する。

英語の時制は、もともと'''現在'''・'''過去'''の二つであった。これは[[ゲルマン語]]系言語に共通する特徴である。過去形は不規則変化動詞においては語幹変化で、規則変化動詞においては"-d\-ed"語尾を付して表現する。'''未来時制は助動詞"will", "shall"を用いて表現するか、"be going to"という慣用表現を用いる。現在進行形で近い未来や確実に起こる未来を表現することもある。

現在完了形''の例: She ''has gone'' to India.「彼女が現在インドへ行っている。」

'''進行形'''は、「助動詞"be"+現在分詞形動詞」によって表される。ただし、動作を表す動詞を用いることが多い。状態を表すか、もともと継続的な意味の動詞は、一時的という意味が加わる。また、進行相の時制は、助動詞beを過去形"was","were"にすることにより表現することが可能である。
命令法'''は、動詞を原形で[[文]]の最初に置くことによって表現する。
例: He would say that the building had been being built. 
+
「彼が、その建物はその過去の時点までに建てられていていたと、言うのだろうか・・・。」

  Let's chat. 「話そうよ!」

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E8%8B%B1%E8%AA%9E&diff=prev&oldid=3573854
[[疑問詞]]や[[関係代名詞]]は分からないものとして提示し、説明を要求する。十分な説明が続かない場合は疑問文である。

{ _http://ja.wiktionary.org/wiki/%E5%88%A9%E7%94%A8%E8%80%85:Entanglescaos }
関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://scavui.blog22.fc2.com/tb.php/21-854de492
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

Author:je_luo d'hishwards
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索