Entries

neikanol

neikanol
他人ひとのはいろいろ参照させてもらいます。
覚える意義でも
語彙数の多さにやる気がうせるますか
よくあることです。
つこる意義でも
私は作ることで楽しませてもらいます。


 オムレツ風のお好み焼き 省略形は オムレツ風 お好み焼きオムレツ風 オムレツ風のお好み焼き オムレツ風お好み焼き お好み焼きのオムレツ風


白く使う 無駄にする っけい 採用 同じく ゼロで使う
灰色に使う わるこ など 追加します
黒く使う 悪化させる とか

じゃあ 黄色では とか 赤では とか
何色では こう とか 考えんのが 面白いわけ ですよ
楽しんでます、私



道と歩く/歩行が同語根か ありですね 通行のことですね
通るととおり の関係性ですね



なになにしようぜ (shall) we/ leuzuomaso/ maso* traedes we* of include you and I


それに交作して つもり と ていたかも がある
完了相と未完了相 がある。それと工作して
時制はオプションではない、彩語。 そゆう文法事項がない。


人工言語 ネーミング語として使用 プログラムとして 設定上の
架空言語として小説の中で と 自然言語があることは前提になっていて
覆しようがないと考えている、私。これより狭い範囲で使用されるものと考えている。



あらゆる面で自然言語のほうが優れているですだが
好みがあります。彩語。






飛ぶ蜂がはち または はちがはち
地の蜂が蟻 ありはあり ありとゆう語は使わない。



「テキストが何語で書かれてても 絵が同じなら同じ価値がある、
すきな言語で読む権利があり、これは公式大会で 保障される。」


以下の範囲で清掃を実行する、全域。A地区。西地区。


このやろう この こちら ひとなどは こちら とゆう 習慣 であると このは もの扱いのこと つまり 罵倒語彙に充当る。彩語 こいつという いいかたが 日本語にはあります。
名詞クラスがあるならです。
これは 方法でして 日常語彙 の再利用です。
これ以外にも卑語 は あります。



ディーの口ふた化は ぢー ghe ではなく じー dz, /zhe かもしれないじゃないですか
みたいな音かもしれないじゃないですか。たとえば かりに
menyo は めんよ または めんじょ
shakke は すはけ
matsho は ましょー
berdo は べっろ 
極端にいえば  itso は いそ または いっそ と発音すべきで とゆうことになります。
そしてこれを 二字で書くか、二文字と同価値かなどは 言語ごとに解釈が
違い どれが正しいということもない これがというものではない
口ふたおと
拗音や
い音との同時調音など う音との はどこにもよくあるが
母音の連続か二重かも似たように 合音で変化するときは 二重といえる


数学の表記は一種類しか使われていない。

物理の法則こそ表記が一種類しかない。


初耳
初聞きです こちらを使います。


人工言語の内、人が使う/しゃべるものの大半はイミテーション、結論はです。うまく見せてるのは表層の部分だけとゆうことでし。彩語も例外じゃないんです。

Kana:semoina,agoinos

三次とは比喩表現などです。


二次語とは合成語と慣用句などです。
熟語は難解だと判断されたら 置き換えるべきです。


「ちひろちゃんがおすすめ、ほっとココア」 文節単位で名詞の前に行きます。



「何については」最後に補足します。
「だれが」のは最初に明示します。
下位接続は前方におきます。

「いつ」「どんなとき」「なにを」「どうゆうふうに」+「した」。
とゆう感じでし。

上位接続は次も文で整形します。

上位接続と下位接続
wh 飾詞 は 下位接続
that は 上位接続

が は 下位接続
それは は 上位接続



アクセントは最初にあるパターンと最後が下がらないパターンのふたつある。


Jinoi:asewfzcu

これをどうゆうか これは どうするのか
一次語にするのかしないのか
高級語の範囲は






テレポート は 意空間出現と 瞬間移動と 遠路輸送のどれかでまかなう。


船を水上をゆくものに限定しない。
移動手段として 専門知識が要る 多人数が一度に乗船する。とゆうものです。
異次元を移動することはできない。


Hagoinynebaigo:sdauxocple


足が労働力という語まで派生する かどうかは わからない。


モテることは 異性に人気がある とゆう。
関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://scavui.blog22.fc2.com/tb.php/1069-4abef614
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

Author:je_luo d'hishwards
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索